人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2019年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

10月14日(月)晴れ
今日は久し振りに天山へ行くことにしました。
何でかと言うとムラサキセンブリが見たくて。先週の由布岳で見れませんでしたから。
しかも、信ちゃんのブログで、シロバナのムラサキセンブリが紹介されています。
これは何としてでも行かねば!と気合十分、いや十二分でした(笑)

天川駐車場までの道路は大雨の被害で、車は通行止めとの事前情報。
でも、原付のバイクなら、小回りが利くので、通れるだろうと思っていました。
三連休最終日、昨日までの2日間、割と運動しましたので、少しでも体力を使わない山歩きをしたくてのズル。
お許し下さいませ。
8時頃に天川駐車場へ。少しエネルギーを補給してから出発。
d0182075_00131680.jpg
天山は、登り始めの標高が高いので、最初は木があるんですが、すぐに無くなります。
この日も風が強く、天山に着く前から、寒さを強く感じていました。
d0182075_00132647.jpg
登れば、身体も温まるだろうと思っていましたが、風に体温を奪われて、寒さが募るばかり。
温まらないまま、山頂へ。
天気は良いけど、気温は低い(のか、風で寒く感じたのか分かりません)。
d0182075_00133590.jpg
縦走路を歩いたりして、シロバナのムラサキセンブリを探しました。
でも、さっぱり分からずにいたら、スマホが震えています。
何だろうと思って、出たら、かずさんでした。マッスルさんも来ているとのこと。
おー、久しぶりのマッスルさん。
ぜひ会いたいものですと山頂に引き返していたら、いらっしゃいました。
d0182075_00134291.jpg
何年ぶりでしょう・・・。懐かしいというか、嬉しいというか。
肉まんさんから、今年話を聞いたのと、先日信ちゃんとご一緒した記事を見ただけでしたからね。
久しぶりにお逢いして、山頂の石の標識の陰でお話しして、かずさんを待ちました。
下の写真は、一昨日登った雷山、井原山方面をパチリ。
かすんでいましたが、背振までなら大丈夫でした。雲仙は見えず・・・。
d0182075_00135322.jpg
色々とお話ししていたら、かずさんが、はなこさんも連れてきました。
寒いのに、結構登山客が多くて、皆さん山に飢えているんだな・・・と思いましたが、
たぶん、この週にブログに載ったシロバナのムラサキセンブリが目当てだったんじゃないでしょうかねぇ・・・。
そのお目当ての花は、マッスルさんにご案内いただき、他にも天山の花を教えていただきました。
軽く歩いて、昼前には帰るつもりが、何んと!5時間半も滞在しました(笑)
でも、マッスルさんとかずさんが揃ったのも、久しぶりでしたので、楽しかったです。
ありがとうございました!かずさん。ナイス・アシストでした。
だいぶ、待たされましたが、許します、今回は(笑)
d0182075_00140431.jpg
14時前に天川駐車場にようやく下山。
ここからお先にバイクで帰りましたが、帰りにはへこさんご夫妻にも出逢い、皆さん、やっぱり天山詣での日でした。

この日は、リンドウもお目当ての花の一つでしたが、あちこちで咲いていました。
天山のリンドウ、かなり広範囲に分布しています。
d0182075_00141790.jpg
群生地にも案内していただきました。
d0182075_00142555.jpg
こちらは、ツルリンドウとのコラボ。
d0182075_00143187.jpg
ツルリンドウ、今年は背振ではあまり見なかったけど、今日は花も実もたくさん楽しみました。
d0182075_00144169.jpg
さらに、これもお目当てと言っても良いトリカブト。色がきれい。
d0182075_00153222.jpg
空よりも青し・・・。
d0182075_00154109.jpg
そして、一番のお目当てのシロバナのムラサキセンブリ。
風が強くて、使えない写真ばかりでしたが、その中でましなのを・・・。
d0182075_00160008.jpg
純白のムラサキセンブリです。
3年前に初めて見つかって、今回、その時の種から花を咲かせたのでは?と説明を受けました。
これからは、もう少し株が増えて、毎年楽しませてくれると嬉しいですね。
d0182075_00160750.jpg
こちらは、普通のムラサキセンブリとの2ショット。でも、きれいに写せませんでした。
d0182075_00161485.jpg
もちろん、普通のムラサキセンブリもお目当て。十分、堪能しました。
朝一番に見た花。露が残っていて、かわいらしい。
d0182075_00162261.jpg
大株もたくさんありましたが、ややピークを過ぎた感じでした。
d0182075_00163035.jpg
しかも、強風でなかなかピントが合った写真になりません。
でも、この目でしっかり見れたので、満足しています。
d0182075_00163613.jpg
センブリも終わりかけでしたが、開いているのがあって嬉しい。
d0182075_00164823.jpg
最後に、お目当てというか、見れたら嬉しいなと思っていたマツムシソウ。
強風でほとんどの花が散ってしまった中で、残っていてくれました。
他にも小さい花があったのですが、マツムシソウらしい姿を見れて、嬉しかったです。
d0182075_00165430.jpg
ウメバチソウ、マッスルさんから、いつ咲いたかはおしべで分かると伺いました。
さすが、マッスルさん、他にもいろいろと教えていただき、感謝です。
d0182075_00170782.jpg
帰りの道路脇でジンジソウの群落を見つけたので、パチリ。
d0182075_00171185.jpg
ジンジソウを写した直後に、へこさんご夫妻に出逢いました。
今日は、本当に天山詣でが多かったんですね。人のことは言えませんが・・・(笑)

今日の行程
 天川駐車場8時15分→天山山頂8時42分→駐車場13時48分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-10-17 04:24 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(0)
10月13日(日)晴れ
この日は畑や家のことをすると決めた日。
昨日の疲れを取りながら、明日の山歩きに備えねばありません。でも、明日は軽めの山ですので大丈夫です。
まずは、芽が出始めたニンニクの雑草取りと最初の追肥。
このところ雨が降っていないので、液肥で水やり。即効性を期待してのこと。
ニンニクはそこまで急いではいませんが、試しで。
d0182075_21105032.jpg
こちらは、追肥効果を大いに期待してのダイコン。
間引きして、2本に。もう少ししたら、独り立ちしていただきます(笑)
d0182075_21105938.jpg
8月に蒔いたダイコン、少し早いですが、1本抜きました。
少しずつ使っていきます。高菜のタネ袋と比べても、大きくないのが分かると思います。
その高菜、今年も種から育てて、漬物にしようと種まきしました。
高菜の古漬けが好きなんです。ここ数年、毎年漬けています。
高菜の古漬けは、冷凍保存が出来るので、重宝します。
昨年より少し遅いんですが、昨年が少し早かったので、どの時期が良いかを判断します。
d0182075_21111099.jpg
ニンジンは、先に二度ほど蒔いたのが雨でダメになったので、遅くなりました。
自然との闘いをしているんですよ(笑)風来坊も。敵わないですが・・・。
d0182075_21112088.jpg
レタスも同じ。家ではプランターでベビーレタスを育てています。
d0182075_21113092.jpg
サツマイモを収穫して、落花生も収穫。
サツマイモは、やっぱり小さかったです。
もう少し置いておくのが普通ですが、虫に喰われていましたので、もう収穫すべき時期でした。
今年は6月に植えましたが、早めの方が虫に喰われる時期が短そうなので、来年は5月前後に苗を植えよう。
次は落花生の収穫。
落花生の収穫は面白い。初めての人は喜ぶと思いますね。
d0182075_21114316.jpg
落花生、実を取ったら、これだけが食べれそう。
今年は、種苗会社の「オオマサリ」という品種を育てましたが、実は大きい。
茹でて食べますが、こちらも冷凍保存できるんです。
d0182075_21115106.jpg
モロッコインゲン、蒔き直しして育てたのですが、台風にやられて育ちが悪いです。
でも、実は柔らかくて美味しい。来春にもチャレンジしてみます。
d0182075_21120535.jpg
空心菜、次の準備のため抜きましたが、花が咲いていました。初めて見ます。
空心菜は、サツマイモと同じヒルガオ科ですので、朝顔にも似た感じの花です。
そういえば、サツマイモの花って、見たことが無いなぁ・・・。
d0182075_21121526.jpg
調べたら、サツマイモの花は通常の状態では、咲かないらしい。
芋の肥大が無い時(干ばつ時)に咲くことがあるらしいが、咲かない方が良い芋が取れるということなので、見なくて良いです。

こちらは、落花生の花。マメ科の特徴が出ていますね。
d0182075_21122064.jpg
最後に、畑の脇に植えたコスモスの花を少しカットして持ち帰りました。家内にはこれが一番かも(笑)
この日も朝から、買い物、図書館、畑と出ずっぱり。
三連休、アウトドアライフを楽しんでいます。


by furaibow581203 | 2019-10-16 05:13 | 野菜作り | Comments(4)
10月12日(土)曇り
この三連休は、スケジュールを早々に決めて、その通りに歩きたいと思っていました。
台風19号は近づいてはいるものの、九州からは離れて通過しそうでしたし。
ですから、土曜日、台風の影響で曇って山にはガスがかかって、風が強い中でも行ってきました。
今日は、ひと月ほど前に歩いた時に見つけた花をもう少し調べるのと、下山後の花が目当てでした。
それと、洗谷近くから雷山中腹林道へ抜ける登山路が、倒木で道が不明になっていたので、
ちゃんと状況を確認して、通れるようにしておきたかったからです。
で、その登山路を登って、一番高い峠付近から下り始める場所の写真が下。
d0182075_20584624.jpg
前回、写真左の倒木に沿って、右の方へ下ったので、道が分からなくなりました。
今回、良く見たら、倒木を越えていかねばならないことが分かりました。
倒木の枝に赤テープを巻きましたので、その間を通過して下さい。
倒木の先にも小さな倒木があり、足場は悪いですが、超えれば、あとは普通の登山路。
倒木の周りを少しだけ、鎌でカットしておきましたので、分かるかと思います。
林道まで下って、上にある中腹林道を歩きます。
こちらでは、標高が低いからか、秋の花が少し残っていました。
そして、清賀の滝へ。ここで大休止。
d0182075_20585299.jpg
清賀の滝を出発してすぐに5、6名のグループが到着。
きっと追い越されるだろうな・・・と思いながら、杉林の急登を登ります。
すると、前回には無かった補修された階段が出来ていました。
d0182075_20585800.jpg
ありがたいですね。糸島市は、登山路の整備などは割とやってくれています。福岡市とは大違いです。
のんびりと歩いていたら、自然林に入ったあたりで先ほどのグループに追い越されました。
d0182075_20590775.jpg
話されずに歩けば、人を入れた写真が撮れるんですが、無理せず、マイペースで(笑)
上宮の近くまで来たら風が強い。葉が裏返っています。
d0182075_20591128.jpg
上宮は、休憩もそこそこに山頂を目指します。
すると先ほどのグループに追いつきます。どうやら、強風のため用心して登っている感じでした。
d0182075_20591724.jpg
上の方まで来るとガスが残っていて、幽玄の世界を演出。
d0182075_20592453.jpg
今日は展望を楽しむ山歩きではありませんので、ガスは気にせず、山頂へ。
洗谷登山口から、3時間半近くで到チャコ。前回と比べると静かでしたね。風の音だけの山頂。
岩場の陰で風をしのいで、昼食タイム。
d0182075_21001354.jpg
食べ終えたら、縦走路を井原山方面へ。
d0182075_21002013.jpg
縦走路は風が強いというか、すさまじい。
台風本体からかなり離れて、強風域でも無いのに、この風でしたので、台風19号恐るべしと思いました。
d0182075_21010991.jpg
でも、木があるおかげで、かなり和らげてくれて、助かりました。
森って、色々な機能があるんですね。自然に守られて歩けました。
d0182075_21011656.jpg
洗谷コース、今日登ってくる人はさすがに居ないでしょうね。
ここまでで出会ったのは、先ほどのグループと縦走路ですれ違った若い男性1人だけ。
d0182075_21012790.jpg
皆さん、さすがに賢明です。無理は禁物。
そして、ようやく井原山が見えましたが、今日もパス。
d0182075_21013616.jpg
正面道(ダルメキ谷)を下ります。
d0182075_21014256.jpg
下って行けば、少しは風も弱まるかと期待しましたが、尾根は風が強かったです。
d0182075_21014911.jpg
谷になれば、さすがに風は弱まり、安心して歩けました。
で、遊び心で、少し沢沿いの景色を楽しむことに。
d0182075_21015772.jpg
小さな滝があちこちにあり、沢登りも面白そうと思いました。
d0182075_21020995.jpg
そして、水無~洗谷間の林道へ。
ここを左折して、通行止めになっている林道を歩きました。
この時には、車は通れないだろうけど、人は歩けるだろうと思っていたのですが・・・。
d0182075_21021856.jpg
しばらく進むとショベルカーが道路を塞いでいます。
大したこと無さそうと通り過ぎたら、大きな崩落。
d0182075_21030932.jpg
下の写真は、崩落現場を下って、登り返した場所から。
50m以上、土砂が崩れ去っています。これはかなり大きな崩落。復旧出来るんでしょうかねぇ・・・。
それくらい、ひどいです。
この日は、何とか登り返しましたが、土砂がさらに崩れたり、雨の後には通れなくなりそう。
この林道は避けるべきです。(私は知らずに通りましたが、計画の際には通らないようにして下さいませ)
d0182075_21031796.jpg
さらに、進むと今度は、上の方からの土砂が道路を塞いでいます。
ここも、何とか通りましたが、雨の後などには土砂に足を取られそう。
d0182075_21032430.jpg
何んとか無事に、洗谷登山口まで戻りましたが、冷や冷やものの山歩きでした。
「君子、危うきに近づかず」の精神で、通らないようご注意願います。
周回するなら、洗谷登山口とキトク橋駐車場に車をデポして、水無・洗谷間の林道を通らないで楽しんで下さいませ。


さて、お目当ての花ですが、こちらは少しだけ花が残っていました。まだ残っていたとはラッキー!
d0182075_21033375.jpg
割と大きな群落があり、こちらの花は終わっていましたが、咲いていたら、それなりに楽しめそう。
目的を果たせて、大満足。
d0182075_21034005.jpg
登山路の花は、ほとんど終わっていましたが、中腹林道では少し花が残っていて。
ナギナタコウジュや
d0182075_21034758.jpg
アケボノソウ。今年は、もうこれが見納めかも。
d0182075_21035404.jpg
ツルニンジン、登山路にもありましたが、これも見納め組。
d0182075_21040497.jpg
アキチョウジ、このところの寒さで、色が濃くなっている様子。
アキチョウジも、終焉を迎えそう。
d0182075_21041441.jpg
ヤマハッカも同様でしょうか・・・。
d0182075_21042276.jpg
ツキシミカエリソウは、上宮近くのは色が褪せていて、清賀の滝で写したのです。
d0182075_21052185.jpg
ジンジソウ、雨で人の形になっていなくて、こちらは手でずらして撮影(笑)
d0182075_21052819.jpg
でも、やっぱり多い方がジンジソウらしい。
下は、ダルメキ谷を下ったところで写しました、午後になり、乾いてくれて人の形になっていました。
d0182075_21053612.jpg
こちらは、葉の形から、サラシナショウマと判断。
d0182075_21055398.jpg
レイジンソウ、井原山の方が花の数も多く、色も良かったです。
この近くにある白っぽいトリカブト、終わっていましたが、場所の確認は出来ました。
d0182075_21062492.jpg
今年は、キツリフネが少ない。例年なら、嫌というほど見るんですが・・・。
d0182075_21060810.jpg
雷山のセンブリ、大きな株は雨で閉じていたのか、終わって閉じていたのか、分かりませんが
草に隠れた小さなのは、咲いていてくれて、嬉しかったです。
d0182075_21054386.jpg
山歩きを終えてから、もう一つの目的の花へ。
最初、場所を間違えていて、全く見つけられず、今年は無くなったのか?と思ったのですが、
無くなっていたのは、風来坊の記憶でした(爆)
タカネハンショウヅル、今年は昨年より少ない感じですが、見れて大満足。
d0182075_21070824.jpg
アップで写したり、
d0182075_21071918.jpg
下から写してみたりと、楽しみました。
d0182075_21072692.jpg
かずさん、前回はウソを教えていました(詫) ちゃんとありましたよ~!。

今日の行程
 洗谷登山口8時→中腹林道8時42分→清賀の滝9時40分~50分→上宮10時46分→雷山11時23分~46分
 →正面道分岐13時13分→水無・洗谷林道14時57分→洗谷登山口15時35分
YAMAPはこちら


by furaibow581203 | 2019-10-15 06:08 | 背振山地の山歩き | Comments(6)
10月7日(月)曇り
月曜朝から、日帰り出張で熊本駅へ。ホームに着いたら、8時過ぎなのに、外国人が大勢・・・。
???と思ったら、前日、RWCのフランスVSトンガの試合があったそう。
道理で多いはずです。この日は、街中などでもフランス語の会話が聞こえてきました。
内容は分かりませんが、フランス語らしい言葉が飛び交っていました。

さて、新しくなった熊本駅、落ち着いた外観で、好感が持てます。
これで完成ではなく、駅横にアミュプラザのビルが建つらしい。工事が始まっていました。
駅ビルが出来ると、熊本駅も人の流れが変わるんでしょうかねぇ・・・。
鹿児島や長崎、大分は駅から街中までの距離が短いですが、熊本は離れているのでどうなるのか興味津々。
d0182075_01143442.jpg
それはさておき、仕事の合間に、昔の得意先を訪ねたところ、
5日から熊本城の公開が始まったので行こう!・・・と一緒に見に行くことになりました。
聞くと、「よみがえれ!熊本城プロジェクト」と銘打って、10月5日から11月30日まで特別公開第一弾。
来年の3月末まで第二弾、第三弾と続くらしい。
(開催日・時間などは、公式HPでご確認を。土日祝日だけの時も多いとか)
さらに、来年の4月からは、スペシャル編開催予定(小天守も完成?)とのこと。
ただ、天守閣へ入場できるのは、再来年の春まで待たねばならないんだって。
でも、これからは、復興の様子を見ることが出来る機会が増えるので楽しみですね。

熊本城へ行く手前のサクラマチビル?
9月オープンで、バスセンターやショップ、飲食店が入居しているらしい。
今日は、ここはスルー・・・。
d0182075_01143998.jpg
で、熊本城へ。
天守閣が見えます。工事のクレーンも見えますが、天守閣が見えるだけでも違いますね。
写真真ん中下に銅像がありますが、これは加藤清正の像です。
熊本の人は、加藤清正のことを、清正公(せいしょこ)さんと呼んでいます。親しみを感じる呼び方ですよね。
40年近く前に熊本で仕事した時に、「セイショコさん」と聞いた時には、誰なのかさっぱり分かりませんでした(笑)
d0182075_01144480.jpg
お城の外の方にある未申櫓(ひつじさるやぐら)。
この角度だと地震の被害とは無縁に見えたのですが・・・
d0182075_01144884.jpg
横から見ると、石垣が崩れています。
d0182075_01145373.jpg
下の濠には石垣の石などがおいてあります。
今後、修復の際には、大きな石は元あったと思われるところへ積み直すんでしょうね。
d0182075_01150534.jpg
さらに、反対側から見ると被害甚大。石垣はほとんど崩れています。
d0182075_01150060.jpg
順路に従って、進むと結構人が大勢。
外国人(フランス人が多そう)も居たり、日本人観光客も居たりで、多種多様。
それだけ日本の名城、地震の被害に興味があるんでしょうね。
d0182075_01151076.jpg
いよいよ天守閣が近くなりました。
内堀の内側の石垣も一部崩壊しています。
d0182075_01151598.jpg
西大手門入口がもうすぐ。
d0182075_01152003.jpg
そしてニュースなどでも多く紹介された宇土櫓。
手前の石垣はネットで保護していますが、これは良い方。
d0182075_01164289.jpg
下の写真のように、吹き付けしている石垣が多かったです。
宇土櫓は左手前には建物があったのですが、崩壊。跡形もありません。
d0182075_01162478.jpg
そして、ようやく天守閣へ。
小天守は足場で覆われて見えませんが、天守閣はきれいに見えます。
d0182075_01173649.jpg
裏側に回って、写しました。人が多いのも分かります?
d0182075_01174611.jpg
アップにすると威風堂々としている天守閣。
d0182075_01180588.jpg
帰りに、地震前と後の比較写真に気づきましたので、パチリ。
d0182075_01181454.jpg
すごい崩れようですよね。すさまじい地震のエネルギーに驚くばかりです。
見学を終えたら、わくわく座(入園料とセットなら100円アップで入館できます)へ。
地震の被害状況をパネルで紹介。
字が小さいですが、興味のある方は、ご覧くださいませ。
d0182075_01182401.jpg
被害の大きな箇所の写真もあります。
d0182075_01183366.jpg
そして、石垣の復旧作業についてのパネルが3枚ほど。
d0182075_01183967.jpg
これを見ると作業の大変さが分かります。
d0182075_01184862.jpg
まだまだ気が遠くなりそうな作業が待っています。
d0182075_01185441.jpg
石垣以外にも工事の内容が紹介されていて、分かりやすい。
d0182075_01190267.jpg
お得意先の希望もあって、お付き合いしましたが、見れて良かったです。
皆さんも熊本市内にお越しの節はぜひ!

by furaibow581203 | 2019-10-09 01:20 | その他 | Comments(4)
10月5日(土)晴れ
この日は、4週前に歩いた雷山周回コースにするか、由布岳にするか悩んでいました。
ちょうど、そのタイミングで、けいこたん・じゅんパパさんご夫妻のお誘いを受けまして
さらに、悩んだ末に(笑)、由布岳にしました。
雷山周回コースは、次の週にまわして、今の時期の由布岳を楽しみた~い!
一人よりは、多い方が喜びも大きいですしね(笑)

7時45分待ち合わせで、30分前に着いたら、無料駐車場はほぼ満車。
3年前に来た時は、30分過ぎでも余裕で停めれたのに・・・。登山人口増加を痛感!
有料駐車場には、係員らしい人が、手ぐすね引いて(笑)待ち構えています。
でも、工夫すれば、大丈夫そうだったので、停めていたら、お二人も到着。
風来坊の車の隣までは、大丈夫だったので、そこに停めて、準備。
7時40分に登山口スタート。
d0182075_19303822.jpg
抜けるような青空とは、こんなのを言うのだと思います。
8月半ばから、きれいに晴れた日の記憶が薄いので、これだけでも感激!
これだけ晴れていても、気温は割と高く、草むらの露はありませんでした。
まだ、本格的な秋では無いのでしょうかねぇ・・・。
草むらにはアキノキリンソウが目立つくらいで花が少ない。今日は少し早かったか・・・。
お二人には言いませんでしたが、そう思って歩き始めていました。
自然林に入るとまだ、緑が鮮やか。
d0182075_19304496.jpg
これはこれで良いんですが、早い時には紅葉している木がある時期なんですよね。
合野越を過ぎて、登って行っても同じでした。
d0182075_19305098.jpg
紅葉のハシリを味わうことは諦めつつ、お二人に風来坊のこれまでの会社生活などを話していました。
つまらない話につき合わせてすみませんでした(詫)
林を抜けると展望が開けます。解放感が何とも言えません。
d0182075_19305686.jpg
くじゅうや涌蓋山がきれいに見えます。もちろん祖母方面も見えました。
花を探しながら、ゆっくりと。多くの登山客に抜かれながら、歩きます。
マタエには2時間50分で到着。空の青が良い・・・。
d0182075_19310335.jpg
ここでも少し休んで、東峰へ。
下山する人も増えてきた時間でしたので、待ち合わせしながら登って、11時に山頂へ。
d0182075_19310859.jpg
山頂で大展望を楽しみながら、昼食をいただきました。
d0182075_19311478.jpg
山頂からの展望が良いのは、気持ち良いですね。久し振りに味わった気がします。
あとは、下山。マタエまでは登り同様、待ち合わせを繰り返して、しかも慎重に。
岩場を過ぎると安心して下れます。
合野越で、小休止して、飯盛ヶ城へ。
d0182075_19312055.jpg
お二人は初めてと聞いていましたので、ぜひ、案内したかったところです。
少し登り返しますが、花があるので、登りを忘れます。
花を楽しんでいる間に、山頂到着・・・。
d0182075_19312743.jpg
下りでも、花を探してゆっくりと。登山口に戻ったのは、15時前。
いつもなら汗を流して帰るのですが、朝が早かったので、早めに帰りたく、そのまま帰りました。
下山後があわただしくさせて、お二人には申し訳ありませんでしたが、飯盛ヶ城は喜んでいただいたと思います。また、ご一緒しましょう。

今日見た花で面白かったのは、フクオウソウ。もう終わりかけでしたが、少し残っていて・・・。
d0182075_19540093.jpg
おしべの先は、クルリンと丸くなっているのです。
咲き始めは、黄色い花粉があって・・・
d0182075_19540944.jpg
左のは花粉付き。右の花のおしべのクルルン、分かります?
今まで、何となくしか見ていませんでしたが、よくよく見ると違いがあるんです。
皆さんも他の花でも意識してみると、面白いと思います。
他にも終わりかけの花が、イヨフウロに
d0182075_19575413.jpg
ホクチアザミ
d0182075_19580506.jpg
ホソバノヤマハハコ
d0182075_19581647.jpg
一番多かったのは、ヤマラッキョウ。まだまだ、これからも咲きそうでした。
d0182075_19584788.jpg
意外だったのは、トリカブトが少なかったこと。
ほとんどの登山客は知らないまま通り過ぎるくらい少なかったです。
d0182075_19585414.jpg
一株当たりの花の数も少なかったです。
センブリ、これから花が開きそうで、二分咲きくらいかな・・・?
d0182075_20025575.jpg
ワレモコウは飯盛ヶ城で。でも背が低い。風が強いからでしょうか・・・。
d0182075_19592424.jpg
こちらでは、リンドウもありました!
d0182075_20030538.jpg
そして、ウメバチソウは咲き始めていました。これからも楽しめそう。
d0182075_20050302.jpg
姉妹のウメバチソウも(もう一つ終わったのがありますが・・・)
d0182075_20050986.jpg
こちらは、三人姉妹。そろい踏み。
d0182075_20051849.jpg
もっと多いのもありました!
d0182075_20052496.jpg
他にもたくさんのウメバチソウを楽しめて、良かったです。
ムラサキセンブリは3年前同様、空振りでした。でも、満足です。
由布岳にして良かった・・・。

今日の行程
 登山口7時40分→マタエ10時30分→山頂11時~11時38分→合野越13時10分~20分
 →飯盛ヶ城13時51分→登山口14時48分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-10-07 00:07 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(8)
9月30日(月)曇り時々晴れ
明日から10月、いよいよ残り三か月。
このところ、疲れを感じやすいので、活力をうなぎで補充!することに。
中州の吉塚うなぎが好きなんですが、新しい店が出来ているようですので、そちらへ。
薬院の「山道」へ。
d0182075_00102512.jpg
人気店なので、予約して行きました。場所も遠いですしね。
メニューは、丼もあるのですが、うな重にします。
最近は、うなぎが取れないので、高くなりました・・・。でも、仕方ないです。
d0182075_00103353.jpg
店内はきれいで、テーブルの上にはランチョンマット(紙)が敷いてあります。
d0182075_00103864.jpg
うな重の前に、小鉢と茶碗蒸しが出てきました。
d0182075_00104680.jpg
そして、お待ちかねのうな重。
やっぱり、うなぎは良い。香り、味が何とも言えません。年に1回は食べたいと思います。
d0182075_00105272.jpg
吉塚は、タレが別皿で来るので、濃いめの味を楽しめますが、今日はやや、あっさり味で。
日本人で良かったと思えるうな重を堪能しました。

by furaibow581203 | 2019-10-05 00:08 | グルメ | Comments(0)
9月29日(日)曇り
キス釣り不調で今シーズンを終えた失意の中、畑へ(笑)
先週の台風で、サトイモの葉はボロボロ。
今年は早めに掘った方が良いかなと思っていたら、他の方から「そのまま置いていても良いらしいですよ」と言われましたので、当分、そのままにしておくことにしました。
d0182075_00130027.jpg
イモ類では、サツマイモの葉は元気。這っていますので、台風の影響は皆無。
逆に繁り過ぎているので、他の畝の迷惑になるので収穫してみようと試し掘りしました。
収穫の目安は、植えてから110日以上らしいんですが、6月10日くらいに植えたので、ギリギリ日数をクリアしています。
d0182075_00130679.jpg
掘ってみたら、やや小さい。あと2週以上は置いていた方が良いと判断。
小さいのが好きな方は、110日から120日くらいで良いかも知れません。
今年は8月に雨が多かったから、太らないのかも知れません。
試し掘りで確認するのが確実です。

九条ネギは、葉が伸び始めました。
土寄せをして、白い部分を少しでも多くするのと台風対策。
d0182075_00131107.jpg
キャベツのネット、先日の台風では無事でしたが、念のために再度きれいに張り直しました。
d0182075_00131507.jpg
まだもう少し種類を増やしたいと思います。
この時期は、一番植えやすい時期ですが、ちょっとでも遅れると大きくならないうちに冬になるので、タイミングが難しいです。

畑近くにコスモス畑があるんですが、台風で倒れ、花も散りました。
でも、1週ほどで少し回復。ですので、パチリ。
d0182075_00132145.jpg
家内が好きなので、風来坊も畑のヘリにコスモスを少し植えて、一輪挿しに差して、秋の雰囲気を楽しんでいます。

by furaibow581203 | 2019-10-04 01:14 | 野菜作り | Comments(2)
9月29日(日)曇り時々晴れ
本当は、彼岸の三連休で釣り納めをしたかったけど、台風で行けなかったので、29日に行くことにした。
ちょっと遅いかなと思いつつも、期待だけはしていました(笑)
どこで釣り納めをしようかと迷ったのですが、8月終わりにまずまずだった大口を選択。
行ってみると、砂浜に大量の海藻。台風の影響ですかねぇ・・・。
取りあえず、準備して投げる・・・。
でも、釣り針に海藻の切れ端がかかるだけで、キスのアタリが全く無い。
場所を変えて投げましたが、小さいキスが1匹だけ。それも釣ったと言う感触無し。
d0182075_00124162.jpg
居ない訳では無いけど、海底が海藻の切れ端で覆われているのなら、期待薄と釣り場を変えることを決断(仰々しいですね(笑))
野北へ向かいます。
d0182075_00125591.jpg
こちらも少しは海藻がありましたが、大口ほどではありません。
こちらで投げてみました・・・。
d0182075_00125170.jpg
何か変なアタリと思ったら、小鯛でした。
何度か投げましたが、海底はまずまずのきれいと思われましたが、キスの気配がありません。
こんな時は諦めましょう。この後の畑も気になるし。
で、2019年のキス釣り、終了しました。

今年も回数が少なく、見ていただいた方の参考にならなかったと思います(詫)
来年は、身体が元気なら、チャレンジ回数を増やしたいと思います。
来年の5月頃までサヨウナラ・・・。また見て下さいね~。

by furaibow581203 | 2019-10-03 01:20 | キス釣り | Comments(4)