人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2019年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

6月29日(土)曇りのち雨
先々週中止した北海道の山歩き、今週は岩手県にに絞り、行けないかと天気予報とにらめっこしていましたが、なかなか厳しく、金曜日にようやく諦めました(笑)
なら、地元の山です。今の時期の車谷、ヤマアジサイには少し早いんですが、登れる時に登っておきましょう。天気予報を確認し、空を見ると、午前中は持ちそうでしたので、急いで準備して出かけました。
船石橋に着いた時には一番乗り。準備して7時前に出発。

登山口のササがきれいにカットしてあります。
d0182075_15252429.jpg
この時期、ササで覆われることも多いですので、助かります。カットしていただいた方に感謝です。
先週は、皆さんから早いと言われたのですが、今日は身体が重い・・・。
先週はご一緒した皆さんの「気」が背中を押してくれたんだと思います。
急ぐ必要はないので、身体と相談しながら、ゆっくりと足を運びます。
d0182075_15253071.jpg
雨で緑が濃くなっている気がします。
ヤマアジサイも青さを増しているよう・・・。こちらは林道脇のヤマアジサイ。
d0182075_15253681.jpg
林道からの急坂もゆっくりと登ります。
沢が分岐するここで一休み。ここまでも何度も休んでいるんですけど、ちゃんとした休憩(笑)
d0182075_15254158.jpg
行動食でカロリー補給しても、ペースは変わりません。
のんびりと歩いていたら、あとから登ってくる人に追い越され始める。
直ぐに道を譲り、ゆっくりと写真を写します。好きな滑滝も水量が増えて良い感じ。
d0182075_15254959.jpg
滝の横のヤマアジサイも加えて、写してみます。
d0182075_15255640.jpg
こちらは、違うところで、もう一度ヤマアジサイのアップ。
d0182075_15260639.jpg
車谷でこの時期好きなヤマアジサイの大株、見頃には少し早かったけど、見れただけでも満足。
早いと思って来たので、思ったより開いてくれて、嬉しい。
d0182075_15261272.jpg
標高を上げていくと少しずつガスが・・・。
朝から山の上の方にはガスがかかっていたので、そのまま。でも、お陰で幻想的に。
d0182075_15261978.jpg
矢筈峠まで、3時間ほどかけて登りましたので、背振山はパスして、縦走路を西へ。
ピークは、唐人の舞を踏むことにします。
d0182075_15262506.jpg
唐人の舞辺りから、少し雨粒が・・・。最初は霧雨程度でしたので、気にせず歩きます。
唐人の舞の西斜面の登山路のササもきれいにカットしてあり、随分と助かりました。
ここは、ササで道が見えないことが多いですからね。
d0182075_15273863.jpg
そして、椎原峠へ。
ここからの下りはじめの道はあまり好きで無いので、西椎原峠まで足を延ばします。
d0182075_15274738.jpg
西椎原峠辺りから、雨粒が大きくなりましたので、少し足を速めて。
d0182075_15275583.jpg
メタセコイア手前で、雨が止んだので、再びのんびりペースに戻して下山。
6時間ほどの山歩き、楽しみました。

今日はヤマアジサイがメインでしたが、この時期車谷では、コケイランモドキも楽しめます。
ちょうど見頃でした。
d0182075_15280408.jpg
アップにすると、コケイランと比べて、側萼片が丸い感じです。
d0182075_15281423.jpg
他には、ウリノキの花が、まだまだ咲いていてくれて、嬉しかったです。
d0182075_15282274.jpg
このクルリンとなった花は、ユーモラスで見るだけでも楽しくなります。

ヤマツツジはもう終わりかなと思っていましたが、まだ見頃のもあって、これまた嬉しい。
d0182075_15282964.jpg
下山してくると、植林地でオカトラノオが開き始めていて、パチリ。
d0182075_15284218.jpg
車谷のコクランは、他より遅いので、咲いているとは思わず、現況の確認だけ。
あと少ししたら咲きそうですね。
d0182075_15285189.jpg
こちらは、もしかしたら・・・と期待したんですが、1週間ほど早かった・・・
d0182075_15290157.jpg
と思って、もう1か所のを見に行ったら、一輪だけ咲いていました(嬉)
ここのは、昨年無くなったと思っていましたので、二重に嬉しかったです。
d0182075_15291216.jpg
そして、車谷と言えば・・・。
この花の状況を知りたい方も多いのでは?
d0182075_15314405.jpg
登山路脇でつぼみを多く見かけました。
最初のは、一番陽が当たりそうなところでしたので、早いと思います。
ほかは、下の写真くらいのつぼみ。
d0182075_15315209.jpg
私の中での開花予想は立てましたが、間違えると大変なので、書きません。
登山路の直ぐ横で、つぼみがそこそこありましたので、踏み荒らさないようにしましょう!

最後のは、別のところ。
ここは、イノシシの踏み跡があり、少し荒れています。少しだけつぼみが。
でも、車谷と咲く時期が同じくらいになりそうです(例年は、こちらが少し早い)ので、車谷で十分。
d0182075_15320092.jpg
オニコナスビ、花ばかり追うと、足元の株を踏んでしまいます。
ぜひ、登山路脇で楽しんで下さいませ。それなりにつぼみはありましたよ~。

今日の行程
 登山口6時47分→矢筈峠9時59分→唐人の舞10時52分→西椎原峠11時40分→登山口12時46分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-06-30 15:24 | 背振山地の山歩き | Comments(10)
6月23日(日)晴れ
昨年6月終わりに偶然見つけたムヨウラン。
風来坊は初めて見る花でしたが、周りに見たことがいない方がほとんど。
なら、一度はご案内せねば!と企画。ただ、昨年1回見ただけで、咲く時期などのデータはありません。
病気のため、下見に充てる時間も、十分に確保できないので、とりあえず、昨年と同じ時期を選んで企画書立てて、メールで送信。
12名の方に集まっていただきました。

前の週に、下草刈りはしましたが、咲く場所までは到達せず、引き返していたので、咲いているかどうかが不安。また、例年と比べて、今年の6月は涼しく、雨も少ない。これも不安材料でした。
ただ、どうあがいても仕方ないので、咲く場所まで案内すれば良いと割り切って、この日を迎えました。
幸い、天気だけは最高!最近、雨男になりつつありましたが、晴男に戻りました(笑)
集合時間前に皆さん集まり、自己紹介ののち、コース説明をして、登山口から歩き始める。
d0182075_20041361.jpg
前の週に下見していたので、最初は順調。
ただ、途中から、道をふさぐ倒木や草木にペースダウンを強いられ・・・。
d0182075_20042205.jpg
時々、沢の水に癒され・・・
d0182075_20051048.jpg
目的地へ。
そして、たどり着いた場所で・・・。

無い!まったく無い! 心配が現実になった・・・。
12名の期待を一身に背負っていたことを思い出す!

ところが、ポンちゃんが、「ありました!」と。
ホッとしました。

でも、花が小さく、暗く、足場が悪い場所での撮影で時間がかかります。
おかげで、近くで他にも花が見つかり、ようやく、にぎやかに。
d0182075_20051994.jpg
今年のムヨウラン、昨年と比べると花が小さく、つぼみの数も少ない。
(下が昨年の花、きれいに開花していました)
d0182075_20052700.jpg
そして、昨年の咲いている様子。全体像。
d0182075_20053614.jpg
でも、今年皆さんと一緒に楽しんだムヨウランが、私にとっては、昨年以上に良かったです。
一期一会の精神で、楽しませていただきました。

次は、イチヤクソウ。
まだ、つぼみのが多かったです。昨年より10日くらい遅い感じですね。
でも、咲き始めのきれいな状態を楽しめました。
d0182075_20054345.jpg
何とか無事に目的の花に出逢えたのは、参加者の皆さんの日頃の行いが良いからでしょう。
おかげで幹事の面目が保てました。ありがとうございます。

毎年同じように咲いているのではなく、違うことを再認識でき、良い勉強になりました。
でも、何といっても今日初めてご一緒した山沢さんやYさん、また2年ぶりのはなこさん、今日一緒に歩いたメンバーと同じ時間を共有できたのが一番でした!
「やっぱり、山は良か・・・」


by furaibow581203 | 2019-06-24 06:06 | 背振山地の山歩き | Comments(20)
6月16日(日)曇り
本来は、16日北海道のアポイ岳に登っている予定(17日は室蘭岳)でしたが、低気圧の通過により週末の予報がかなり悪く、金曜日に断念しました。金曜日は、キャンセルに伴う連絡などで忙しかったです・・・。
以前の好調時の風来坊でも厳しかったと思いますので、仕方ないんですが・・・。残念。

ですから、今日は、何も決めていなかったんですが、23日歩く予定のコースの下見というか、下刈に(笑)
そこは、歩く人が少ないので、今の時期、荒れていて大変なんです。
今日の空き時間を有効活用して、23日に備えるべく、朝から気合を入れていたんですが、6時ごろには小雨となかなか天気の回復が遅い。
ようやく空が明るくなったので、出かけましたが、登り始めが8時半と遅くなりました。
鎌に剪定ばさみ、のこぎりと完全装備で歩き出し、荒れた登山路に手を入れながら歩きました。
いつも苦労するところで、かなり時間を喰い、この滝まで来た時にはもうお昼に。
d0182075_06395570.jpg
なので、ここであっさり引き返しました。
でも、ここから先はそれほどひどいところもありませんので、何とかなるでしょう、きっと(笑)
登山路脇では、もうヤマアジサイが咲き始めて・・・
d0182075_06400887.jpg
マタタビも咲き始めでした。
d0182075_06400159.jpg
今日は、昨年購入した「パワー森林香」(林業の方が愛好するという強力な虫取り線香)を使ってみました。
d0182075_06401318.jpg
本体は作りがしっかりしています。何となく頼もしいです。
線香も厚みが違います。普通の蚊取り線香の倍近い厚み。
裏には、予備の線香を入れるスペースもあり、長時間の使用にも耐えうる。
詳細な時間は測定しませんでしたが、1巻で5時間くらいは持ちそう。
d0182075_06402759.jpg
今日は、割と涼しかったので、効果は不明ですが、虫には刺されませんでした。
値段は高いんですが、登山ショップでは売っています。虫が嫌な方はご参考までに。

by furaibow581203 | 2019-06-17 06:39 | 背振山地の山歩き | Comments(6)
6月13日(木)曇り
1年ぶりの沖縄出張。前日は、お気に入りの「いつ世」でてびちなどをいただき、満足。
今日の昼食は、沖縄そばに決めて、リサーチしていました。
今回選んだのは、ゆいレールの小禄と赤嶺の間にある「とらや」
帰りの飛行機に乗るのに都合が良いですし、近くのイオンで買い物も出来ますから便利な場所です。
12時過ぎに立ち寄ったら、意外にすんなり入れました。
(写真は、帰りに撮影。店の前に数名並んでいました)
d0182075_20555367.jpg
外観は古びた感じでパッとしないけど、店内は、きれいに整理整頓されて、気持ち良い。
カウンターも奥行きがあって、圧迫感がなく、内装などはとても気に入りました。
d0182075_20555956.jpg
メニューは、下の写真の通りですが、店内に入ったら、先に自販機で券を購入します。
平日は、ご飯ものが、80円と割引価格です。
風来坊、思わず、ご飯のものまで注文してしまいました。
d0182075_20560590.jpg

着席すると、店員さんが、漬物の容器を置いてくれ、麺の希望を聞きます。
中細麺と平麺があるんですが、中細麺を勧めています。
風来坊、とりあえず、お勧めの中細麺でオーダー。

少し待ったら、熱々のそばとひじきが高く盛られたご飯がきました。
ソーキは別皿に盛ってあります。(沖縄そばの三枚肉は丼に一緒に入っています)
スープが熱々なのが好きな風来坊のツボをぐいぐいと刺激してくれます(笑)
d0182075_20561153.jpg
スープを味わい、麺をゆっくりと味わい、ソーキにかぶりつきます。美味しい!
漬物も良い感じの味付けで、口直しにも、ご飯にも、とっても合う。
お店に入った時には人が少なかったのですが、帰るころには外で待っている人もいて、納得しました。
なかなかの良店と思いました。また沖縄に行く機会があれば、再訪間違いなしです。

by furaibow581203 | 2019-06-14 05:53 | グルメ | Comments(2)
6月9日(日)曇り
土曜日は、深夜から起きて、撮り溜めしたVTRを見て、それから山に行きましたので、早々にダウン。
その分、日曜も早く起きてしまいました(笑)
この日は、借りた本を読んで、朝を迎え、早朝にGSで洗車。
結構、朝早くからいるんですよね、洗車する人が。風来坊族とでも言いましょうか・・・。

洗車を終えたら、バイクで畑へ。
来週は遠征で時間が無いので、今日、畑仕事をしておかねばなりません。選択の余地なし!

今年は、種からカボチャを育てたり、今までやったことが無い野菜作りに挑戦しています。
そして、今回は、苗を自分で育てるサツマイモ作りにチャレンジしていたんですが・・・。
d0182075_06595271.jpg
4月後半くらいから、種イモをカットして、水に浸して、水耕で苗作りをしましたが、苗がなかなか伸びず・・・。
1か月半以上育てても、こんなものでした。作戦、失敗・・・。
で、苗を購入しました(笑)
苗作りの手間と時間を考えると苗代は安いと思いました。
d0182075_06595823.jpg
比べると、苗の長さが全然違いますね。
次に苗を作るときには、簡易でも温室栽培するか、もう少し早く作るかせねば無理です。
でも、こんなことも経験しなければ分かりません。良い勉強になりました。
畝を仕立ててから、植え付けをします。
苗を横にして、葉っぱは、きれいに出しておきます。葉の付け根から根が出て、これが芋になりますので、葉っぱが残った方が、数多くの芋を収穫できることになります。
d0182075_06531625.jpg
一応、芽を出させた自家製の苗もいくつか植えてみました。
d0182075_06532143.jpg
サツマイモの苗は、4月末くらいから販売されますが、6月の今の時期でも間に合うそうです。
今の時期に植えれば、玉ネギやニンニクの後を使うことができるので、効率的です。
狭い農園の場合は、作付けを考えるのも大事ですよね。

カボチャ、雌花は毎日のように咲いていますが、意外に、雄花が少ない。
受粉できなかった雌花は、大きくなることなく、枯れていくようです。
d0182075_06532878.jpg
幸いにして、受粉できた雌花は、実になっていくようで・・・。
開花後、45日くらいで収穫適期らしいですので、7月半ば以降が目途。
d0182075_06533246.jpg
この日は、初めて作った半結球レタスが好評でしたので、ちょっと時季外れにはなるんですが、チャレンジ。
苗を作って、植え付け。寒冷紗で日差しから守ってあげます。
d0182075_06533834.jpg
こちらも種から育てたニガウリ。ようやく成長してきました。
ホームセンターなどで売られているのは、苦みがきつくない短い沖縄ゴーヤですが、風来坊は苦みがきつい長レイシが好きですので、種から育てました。少しですが、売っていますので、わざわざ種から育てる必要はありませんけど。
種から育てるのは結構大変です。高温でないと発芽しにくいので、こちらも温室などで保温しておくのが良い。
d0182075_06534267.jpg
8時前から作業を始めましたが、気が付いたら15時前に。
いったん、自宅に帰り、予約した本が届いたとの連絡があったので、市の総合図書館へ。
G20で百道の規制が17時から始まるらしいので、急いで、借りに行きました。
深夜から、夕方まで忙しい週末。この日も19時過ぎには轟沈。翌日3時まで寝ていました。
それにしても忙しい週末でした。


by furaibow581203 | 2019-06-11 06:41 | 野菜作り | Comments(2)
6月8日(土)曇り
今日は、久々の大人数での山歩き。
信ちゃん&俊ちゃん、けいこたん&じゅんパパさん、ひーちゃん&へこさん、higetiasさん、ポンちゃんと風来坊の9名。こんなに大勢の皆さんと歩くのは、昨年10月の平尾台以来、久しぶりです。
集合場所に30分前に集まったので、早めにミーティング開始。
d0182075_06582900.jpg
ちょっと前まで雨だったので、ポンちゃんから「いくつかルートを考えていましたが・・・」と説明があったものの
ちょうど止み始めた頃でしたので、当初の予定通りのコースでスタート。
今日は、けいこたんに先導を務めていただき、その後を付いていきます。
河原谷から入り、うさぎ道を登っていきました。
d0182075_06583421.jpg
私のとってはなかなか良いペース配分で、進んでくれました、感謝です!
しかも、雨が降らず、暑くもなく・・・で良い山日和となりました。
おかげで、汗もかかず、虫も少なく、この時期にしては最高の天気だったと思います。
さすが、天気までコントロールしたポンちゃん!
宝満山への最後の岩場も足取りが軽そうです(下写真)
d0182075_06584054.jpg
山頂に着いたら、静か・・・!
裏から来ると、山頂までは静かでも、山頂は賑やかなんですが、今日はほとんど人がいない!
「G20で表登山道が規制されているんでしょうかねぇ・・・」などと冗談が出るほど静かでした。
d0182075_06584541.jpg
静かな山頂に未練を残しつつ、キャンプ場で、早めの昼食を取ることに。
まだ早い時間なので、ゆっくりと降りていきましょうね。
d0182075_06585113.jpg
キャンプ場も、ここも静かでした。宝満山への回数は少ない風来坊ですが、今までで一番少なかったです。
こんなこともあるんですね。
縦走路を少し歩いてみましたが、雨で緑が生き生きとしていました。
d0182075_06585635.jpg
あとは、下るだけですが、ポンちゃん好みの激下りが用意されていました。
d0182075_06590243.jpg
そんなに長くないといわれましたが、思ったよりは長い下り。
でも、楽しく感じました。下りは体力を使わないので、皆さんに付いていくのは何とか大丈夫。
そんなに長いコースではなかったですが、終わったら、良い時間になっていました。
皆さんと久しぶりの山歩きを堪能できた一日でした。
ポンちゃん、皆さん、ありがとうございました!
そして、けいこたん、なかなかの先導ぶりでしたよ!

花はいくつもありましたが、上手く写せず、ヤマシグレや
d0182075_06591326.jpg
ヤマツツジに
d0182075_06592767.jpg
キリンソウをご紹介。
d0182075_06593302.jpg
最後に、ナナフシのこども?
d0182075_06594588.jpg
保護色のこんな小さな虫まで見つける皆さん、色々と探していただきました。
ありがとうございます。

今日の工程は省略。YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-06-10 06:58 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(10)
6月3日(月)晴れ
3日間旅行して、畑の手入れをしていませんでしたので、月曜日の朝、行って様子見。
カボチャの花(雌花)が咲いていましたので、受粉をせねば・・・。
d0182075_23393403.jpg
雄花を探して、花びらを取り去ります。
d0182075_23394632.jpg
これを、雌花に受粉させました。
d0182075_23395336.jpg
今のところ、カボチャは元気。
d0182075_23400117.jpg
小さい脇芽から、
d0182075_23401027.jpg
少し伸びたものまであります。
d0182075_23422585.jpg
中には、こんなに伸びたものまで。
d0182075_23423400.jpg
でも、葉っぱには多少異変があるんです。
うどん粉病が疑われますね・・・。
d0182075_07174901.jpg
で、昨年、ネットで調べて作ったオリーブオイルと重曹を混ぜたのを希釈した液をスプレーします。
d0182075_07182155.jpg
他にも、隣に植えたズッキーニが、葉が縮んで様子が、変。
たぶん、何かの病気です。仕方ないので、抜き取ることにしました。
病気の伝染が一番怖いですからね。
d0182075_23424325.jpg
ソラマメや、玉ねぎなども病気で、畑の主と同じような状況です(笑)
薬剤による土壌の消毒をしなければいけないようです。調べてみましょうかね・・・。

オクラ、ようやく大きくなり始めました。1ヶ所に2株ずつ植えています。
d0182075_23425110.jpg
モロヘイヤもようやく本葉が出てきました。
小さいうちは根切り虫に気を付けねばなりませんが・・・。
d0182075_23425816.jpg
これから暑くなると、せめて2日に1回は行かねばならないですね。
頑張ります!カボチャはうまく育てたいですが、果たして・・・。

by furaibow581203 | 2019-06-06 06:06 | 野菜作り | Comments(0)
6月2日(日)晴れ
最終日は、平泉の金色堂観光をして、平泉で昼食。
仙台に戻って、お土産購入を済ませて、夕方の飛行機で帰福です。
ホテルの朝食を食べて、8時前に出発。1時間ちょっとで中尊寺へ到着。
さすがに9時ごろは駐車場もまだガラガラ。ゆっくりと楽しむことにしましょう!
まずは弁慶の墓へ挨拶。
d0182075_23340209.jpg
傾斜がやや急な月見坂を登って、平たんになると地蔵院や地蔵堂、観音堂などが左右にあります。
そして、中尊寺本堂。中に入り、丈六仏の本尊へご挨拶。
d0182075_23361314.jpg
すぐ横に、目のご利益で知られる峯薬師堂。
絵馬に「め」と書いてあります。
d0182075_23340864.jpg
峯薬師堂の反対側には、不動明王が本尊の不動堂。
今年厄年の家内と病気進行中の風来坊は、護摩焚きの札をそれぞれ奉納しました。
ご利益がありますように・・・
d0182075_23360705.jpg
少し進むと金色堂の拝観券発売所があり、拝観券購入。
そして、風来坊にとっては二度目の金色堂。
d0182075_23361945.jpg
金色堂の豪華絢爛な作りを堪能した後に、昔の覆堂へ。
1288年建築され、約700年の間、金色堂を守っていたと伝えられるお堂です。
d0182075_23362576.jpg
少し離れた白山神社へも参拝。
娘がお守りを買ってくれました。感謝です。
d0182075_23363078.jpg
最後に、中尊寺の秘宝を展示している讃衡蔵を見学して、毛越寺へ移動。

毛越寺の広大な庭を見学して、平泉の観光終了。
d0182075_23365459.jpg
お昼は、一ノ関駅近くの「ふじせい」
d0182075_23370728.jpg
もちをたくさん食べる習慣のある一ノ関では、「もち膳」があり、それを少しアレンジしたものを出してくれるお店です。
真ん中に、大根おろしがあり、周りにもち。右上から、納豆、あんこ、しょうが、2段目がくるみ、ごま、3段目が、えごまの実のじゅうね、ずんだ、えびと色々な具材で味の変化を楽しめます。
最後に、雑煮をいただくのが作法らしい。
d0182075_23371552.jpg
小さいながらも、全部で10個の餅を完食。満足しました。
食べ終えたら、仙台へ。駅でお土産や夜のご飯用の駅弁などを購入。
風来坊は、駅にあった成城石井でエシレのバターを見つけて、これが土産。
最近、マイブームがバターなんです。見つけたときは嬉しかった(笑)
仙台空港では、ずんだシェイクなどをいただいて、機内へ。
楽しい3日間でした。
天気にもまずまず恵まれ、家内や娘も喜んでくれて、良かったです。
次は、北海道でも楽しみます!

by furaibow581203 | 2019-06-05 18:35 | 遊び | Comments(2)
6月1日(土)晴れ
先ずは、佐勘の風呂でゆっくりと汗を流した風来坊。
この旅館の風呂は、ほぼ24時間利用できるのが、超朝型の風来坊には嬉しかったです。
4時半ごろに朝日を見ながら、ゆっくりと朝風呂を楽しめました。
そして、朝食を値段以上にしっかりといただきました。満足、満足。

準備をして、9時頃佐勘を出発。
目指すは石巻の石ノ森萬画館。娘がアニメ好きなので、こちらへ。
そして震災の影響も見れるところでもあるから。
以前来た時より、復興が進んでいました。それでもまだまだなんでしょうが、着実に進んで欲しいですね。
萬画館は、子供連れが多く、老夫婦と娘では場違いな雰囲気・・・。
風来坊にとっては、サイボー009のイメージが強い石ノ森章太郎ですが、
d0182075_20292843.jpg
家内に云わせると、今の子供や若いお母さんには、仮面ライダーが人気らしい。
風来坊には、下の初期のころの仮面ライダーしか分かりません(笑)しかも、藤岡弘のようなごっついタイプ。
でも、今は、イケメンの優男風が主流だそう。
d0182075_20291830.jpg
石ノ森章太郎、愛用品も昔の感じです。レイバンのサングラスに、ダンヒルのタバコ。
d0182075_20300805.jpg
3階には震災以降に描かれた復興支援の漫画家の色紙が飾ってあります。
d0182075_20320774.jpg
1時間半ほど楽しんだら、仙台市内へ帰って、牛たんの「司 東口店」へ。
仙台の牛たんは、「一仙」しか知らない風来坊ですが、あそこは昼でも喫煙率が高かったのが、頭に残っており、今回は避けましたが、一仙のトロ芯タン、ちょっと高いけど、美味しんですよねぇ・・・。禁煙になったら行きたいお店です。
d0182075_20324664.jpg
食事を済ませて、仙台駅を買い物散策して、少し時間をつぶしました。
早めにホテルにチェックインして、青葉城と瑞鳳殿に行こうと思っていたら、ホテルの近くに似顔絵の店を発見したので、立ち寄ってみました。

名前は、ガンジースタジオ http://nigaoeya.client.jp/ 
店主と話して、面白そうだったので、こちらで、似顔絵を描いていただくことにした。
NHKのカルチャーセンターの講座も持っている人でした。地元の話なども聞けて良かったです。
予定とは違いましたが、こういうハプニング的なのも旅の楽しさでしょう。
描き終えたら、夕方になったので、とりあえず、タクシーで仙台城址へ。
記念撮影をして、城址からの眺めを楽しみました。
d0182075_20325302.jpg
そして、歩いて国分町へ。
予定より、早かったのですが、ほかに寄るところもなく、山塞料理?の地雷也へ。
d0182075_20344633.jpg
お店は地下にあります。炭火で魚などを焼いて出すのがメイン。
中でもキンキ(こちらでは吉次と言って重宝するらしい)を焼いて、食べた後に、残った骨を使ってスープにしてくれるのが人気と聞いていました。
まずは、ツブ貝の煮付けとフキの煮物の突き出し。意外に、量がある。
d0182075_20353451.jpg
下ので、1人前の刺身盛り合わせ(3,500円:メニューには1、2名分と書いてありますが・・・)
2人前のにしなくて良かったです。
d0182075_20354098.jpg
仙台白菜(500円)の漬物を口直しにと注文したら、これがまた量がすごい!
d0182075_20360793.jpg
ジャガイモ焼きには、バターだけでなく、イカの塩辛や明太マヨがついてきました。味の変化を楽しめますね。
d0182075_20361741.jpg
他にもサラダや牛たん焼きも注文して、メインのキンキの塩焼き(半身)登場。
大根おろし、半端ない量でした。
d0182075_20362565.jpg
最後に、骨を焼き直して、スープにして出してくれる。
これが何とも言えない味でした。
d0182075_20363258.jpg
お店のHPを見ていたら、一品の値段が高く、少し恐々だったのですが、量が多いお店です。
大人数で、少しずつ、つまむのが良いですね。
今は食が細くなった風来坊と女性2人には、ちょっとお腹への負担が大きいお店でした。
仙台には似たようなお店で食べログ人気上位の居酒屋「ちょーちょ」やチェーン店ながら評判の良い「蔵の庄」とかありますので、お好みに合わせてチョイスされると良いですね。
今日は、朝から佐勘のバイキング、牛たん、夜の塩焼きと贅沢しました。
似顔絵は、ホテルへ帰ってから、息子2人に写メで送りました!予定とは違いましたが、楽しい一日でした。

by furaibow581203 | 2019-06-04 18:40 | 遊び | Comments(6)
5月31日(金)曇りのち雨
がん再発と分かってから、考え始めて計画したのが、家族との思い出作り。
マイレージもあるし、これを利用して、出来るだけ遠くに(セコイ!)出かけようと4月初めごろに考え始めました。
最初は、「季節の良い7月に北海道!」と考えました。
ただ、マイレージで家族分のチケットを取るにはかなり難しい状況と思われましたので、こちらはマイレージを諦めて、早割で購入。宿は、のんびり探せばとリサーチ始めたら、7月の三連休の初日、中日は、4月初めで、すでにほぼ予約で満室のところばかり。あわてて、急いで探し、何とか予約しました。
平日は何とかチョイスする余裕が残っていましたが、三連休の初日、中日は大変でした。
とりあえず、北海道旅行を組んだあとに、マイレージを使う旅行も計画せねば・・・と考えたのが、仙台旅行。
北海道は、家族5人で行きますが、仙台は家内と娘の3人で。
家内と二人だけなら、あとで思い出話をする時に家内以外に知っている人がいなくて、寂しいですからね。
旅行のプランは、入院中にまっぷる、るるぶを持ち込んで細部の計画を練りました。
最新版以外に、古い本も図書館で借りて、資料を作成。
るるぶとかは、不要なところまでありますから、必要な部分やネットで調べた情報などを組み込んだ風来坊オリジナル。(下の写真)
d0182075_18400587.jpg
オリジナルというよりは、るるぶ・まっぷるの海賊版といったところです(笑)

初日は、10時前に仙台着ですので、車を借りて、松島へ。
遊覧船や瑞巌寺を散策した後に、秋保温泉へ。
二日目は、仙台市内観光と石巻の石ノ森萬画館見学。
最終日には、平泉の金色堂見学して、仙台でお土産を買い、帰宅。
秋保温泉以外は、風来坊が行ったところばかりなので、詰込みを止めて、ゆったりとプランニングしました。

前日の予報で、31日の午後から天気が崩れるとあったので、遊覧船を13時から11時に変更。
それに合わせて、食事の時間を変更しましたが、31日が平日でしたので可能でした。
d0182075_07104959.jpg

以前、松島に来たときは、仁王丸に乗船しましたが、今回は丸文松島汽船の船を利用。
ネットで割引もありましたし、コースも若干違いますから、良かったです。
松島は、震災の時に外にある島から守られて、被害が少なかったことなどの話も聞けて良かったです。

d0182075_07105614.jpg
船内のアナウンスも、放送を流すだけでなく、目の前で話してくれたのも良かったですね。
家内たちも、喜んでいました。喜び料として船内でのお土産販売には、協力させていただきました(笑)

遊覧が終わってから、昼食。近くのさんとり茶屋であなご丼。
d0182075_07111173.jpg
家内たちはまぐろ丼にしましたが、こちらが良さそうでした。ご参考までに。
食事を終えたら、瑞巌寺へ。
中に入っていくと入り口でガイドの方に声をかけられる。
3人で案内料1,900円とのこと。せっかくなのでお願いしてみました。
入り口右の壁に沿ってある鰻塚と西国三十三観音像の説明から始めてくれました。

d0182075_07112368.jpg
鰻塚は、昔、松島湾でウナギが取れたことから大正時代に設置。
観音様は、昭和の初めに西国の観音様を簡単にお参りできるように設置されたと聞きました。
前回は、スルーしていましたので、ガイドを頼んでよかったです。
参道も昔の写真を見せてくれ、震災の浸水で杉の古木が枯れて、伐採されたことなど教えてもらいました。
確かに、スケスケの参道ですね(下写真)
d0182075_07110442.jpg
本堂手前で浸水が止まったので、本堂手前の杉は大きいままです。
杉の上のほうには、大きなセッコクがきれいに花を付けていました。
d0182075_07111703.jpg
本堂、前回来たときは補修工事中でしたが、今回、補修されたのを見れて良かったです。
ガイドさんは、本堂まで案内・説明してくれ、単に見るより良かったです。
皆さんも時間に余裕があれば、お願いしてみるのも良いと思います。
瑞巌寺を終えたら、松華堂でお茶。
カステラやプリンより、ダックワース風の「きなこサンド」の評判が良かったです。
きなこサンドは、仙台駅でも売っていましたよ。

次は、16時から「とんぼ玉作り体験」ですが、少し時間に余裕があったので、仙台市内の売茶翁(ばいさおう)へ立ち寄り茶菓子の購入。
d0182075_07112769.jpg
仙台では、有名な茶菓子の店らしいのですが、電話番号非公開、ネットなしという古風な店です。
d0182075_18401138.jpg
ここで少しだけ、茶菓子を買ってから、体験教室へ。
d0182075_07113201.jpg
とんぼ玉は、作るものによって値段が違います。
写真の値段に、仕上げの材料費などを加えて、一人3,000円ちょっとでしたが、二人とも1時間強の作成を楽しんでくれましたので、安かったです。観光だけより、体験などもあったほうが、より印象深くなると思って計画しましたが、良かったです。
この前後、大雨になりましたが、ちょうど良いタイミングで雨の影響を避けられました!ラッキー!

そして、本日のお宿。秋保温泉の佐勘へ。
結構、大きな宿で、3棟からなる巨大旅館でした。(部屋数:約180室、収容客:約800名くらいとのこと)
d0182075_07125306.jpg
天井の高いロビーやロビーから見える滝や池など贅沢な作りです。
d0182075_07130016.jpg
元々は、伊達藩の山守、川守、湯守から始まったらしい。
昔の神棚は古いが、大きくて存在感たっぷり。
d0182075_07130702.jpg
囲炉裏の火は、絶やさないようにしているらしい。
東北、仙台らしく伊達政宗のミニねぶたまでありました。
d0182075_07133043.jpg
お風呂は、二カ所。
こちらはやや小さめの湯。宿泊者専用。ここのすぐ下に河原の湯があります。
d0182075_07133928.jpg
いったん、外に出て、廊下を下ると河原の近くにお風呂(翌朝、撮影)
d0182075_07134854.jpg
名取川の流れを見ながら、入れます。男女、入れ替え制で入れるようになっています。
d0182075_07135581.jpg
夕食は、多品種、少量のコースでお願いしました。
d0182075_07140313.jpg
最初は、やっぱり量が少ないかな?と思っていましたが、最後のご飯のころには満腹。
しばらく動けませんでした・・・。
d0182075_07140908.jpg
翌日の朝食は、仲居さんからクロワッサンが人気と聞いていましたので、洋食で。
おかずも、キャベツのアンチョビ炒めなどバイキングでは出ないような料理があって、楽しく、美味しかったです。
ソフトクリームまでありました。
d0182075_07141507.jpg
佐勘、これで一人2万円でしたが、満足しました。
今回の旅行では、一番のメインにしたのですが、正解でした。
初日は、満足度高かったようで、何より。

by furaibow581203 | 2019-06-03 18:40 | 遊び | Comments(6)