ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

4月29日(日)晴れ
昨日長い時間歩いたのと午後から用事もあるので、軽く歩ける山をと選んだのが羽金山周回。
昨年ゆっくり歩いて、3時間半でしたので、ちょうど良いと思って白糸の滝へ。
でも、白糸の滝近くに来たら、GWは「やまめ釣り」とののぼりが・・・。
夏のソーメン流しの時など県道まで車が並んでいるのを想い出した。
いまさら山の変更を考えれるほど、この付近は詳しくない。
仕方なく、白糸の滝無料駐車場に停めて、歩き始める。
でも、遅くなると大変そう・・・と思って、急ぎ足で。
舗装路のヤマルリソウ、ピンクのがあったので写してみる。
d0182075_14345096.jpg
舗装路の終点、鎖がしてあり、行き止まり。鎖の先へ進むと羽金山のNTTでしょうね。
でも、ここに車を置くスペースがあるのは今回覚えました。
林道を左へ進む。この道で良かったかな・・・。
だんだん思い出してくる。途中に咲いていた花。何だろう?
d0182075_14333040.jpg
今日はホウチャクソウがあちこちで。
地味な花なので、暗いと映えません。陽が当たったのをパチリ。
d0182075_14333610.jpg
羽金山が近くなりました。新緑がまぶしい。
d0182075_14334049.jpg
写真もそこそこに、羽金山の山頂もパス。
10時前には戻りましたので、まだ、駐車場も満杯ではありませんでした・・・。
GWや夏にはこの山のチョイスを避けよう・・・それだけは学習。
ただ、写真がほとんどない山歩きになってしまいました。

YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-04-29 14:39 | 背振山地の山歩き | Comments(4)
4月28日(土)晴れ
この時季、朝のバイクは寒い。登山口に着いたら身体が冷えて・・・。
急いで登りたいところですが、ゆっくりと花を探しながら歩く。
d0182075_02332364.jpg
沢沿いの滝が良い感じですが、身体が温まっていなくて冷たく感じます。
ここらあたりまで来るとようやく温まりました。
d0182075_02332971.jpg
途中からバリエーションルートへ突入。
落葉広葉樹のみどりが鮮やか。
d0182075_02345265.jpg
一方、照葉樹の森は暗い・・・。
d0182075_02345944.jpg
花を探してウロウロと。山頂にはなかなか到達せず。
d0182075_02350549.jpg
峠からまたまた下って・・・。
d0182075_02351219.jpg
12時になったので昼食はここでいただきました。
d0182075_02352048.jpg
そして縦走路でブナを楽しみ・・・。
d0182075_02352693.jpg
金山から背振に向けてのブナ林はいつ行っても良いです。
d0182075_02382746.jpg
ここを歩ける幸せを噛みしめて・・・。
d0182075_02390878.jpg
縦走路のミツバツツジは終盤でした。
d0182075_02391771.jpg
猟師岩山でようやく山頂を踏み、シャクナゲを楽しんだら帰ります。
d0182075_02392682.jpg
沢沿いを下って、帰ったのは8時間後。堪能しました。
今日出会った花を一部。
この時季、ツクシタニギキョウは下から上まであちこちで待っていてくれます。
d0182075_02412566.jpg
ニリンソウは少しだけ。
d0182075_02413440.jpg
アケビの花も咲いています。
d0182075_02414132.jpg
フデリンドウも結構あちこちでありました。
d0182075_02415137.jpg
あちこちと言えば、ギンリョウソウも。
d0182075_02415962.jpg
そして、ヒメナベワリ。風が吹いて写すのが大変でした。
d0182075_02420825.jpg
でも、今日の主役はツクシシャクナゲ。
縦走路で楽しめるかと思っていたら、沢沿いでも!
d0182075_02452245.jpg
あるんですね、咲くんですね、びっくりでした。
上に上がるとあちこちで。
でも、今年は猟師岩山付近が良いと思っていましたので寄ってみました。
山頂から北側のシャクナゲ。
d0182075_02452916.jpg
満開でした。
脊振に少し進んだところはまだこれから。
d0182075_02453859.jpg
GW期間まで楽しめそうです。
d0182075_02454683.jpg
シャクナゲを楽しんで下山しました。
今日のお目当ては昨年見つけたエビネ。どちらだろうと思っていたら、ジでした。
d0182075_02494041.jpg
もう一ヶ所のはつぼみ。
d0182075_02494769.jpg
そしてこちらはまだまだ。
d0182075_02495370.jpg
GW最終日の6日にもう一度行ってみようかな・・・。

今日の行程は無しです。
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-04-28 23:59 | 背振山地の山歩き | Comments(4)
4月26日(木)曇り時々晴れ
開幕戦以来のヤフオクドームへ。
今年は西武の打線が好調。昨日まで5戦連続9点以上と言う打線に勝たねば優勝は無い!
その重役を担ったのは、育成出身の石川投手。年棒の順位では、ホークスの下の方にいる選手。
でも、今日は一番輝いていました!チャンスらしいチャンスを与えず、8回1失点。
試合もテンポよく進んで、8時半には終了。
今シーズン、西武戦、ようやく初勝利です・・・。
d0182075_06444432.jpg
ホークスの投手でテンポが良いのは石川と和田。この二人が投げる試合は好き。
平日だと遅くなると困りますが、今日はヒーローインタビューも最後まで楽しんで。
もちろん、白のジェット風船もあげました!
d0182075_06445153.jpg
今日のヒーローインタビューはもちろんこの人。
d0182075_06445663.jpg
もう一人のヒーロー、ホームランを打った松田は年棒通りの活躍。
でも、石川は年棒以上の活躍と思います。
by furaibow581203 | 2018-04-27 06:49 | 遊び | Comments(4)
4月21日(土)晴れ
月曜に井原山を楽しんだので、今日は背振山の周りを楽しもうと・・・。
車谷はこの時期何度も歩いているので、本チャン車谷を歩くことにしました。
もう一つ東にある谷も歩きたいと思ったのですが、先ずは少しずつ・・・ね。
ですから、車谷登山口から入山。
登山口直ぐの雪で倒れた杉の木の枝を切ろうとノコギリを準備していきましたが、
きれいにカットされていました。あれからだいぶ経過しましたから、遅かったです・・・。
少しだけ、でっぱりを切って、先へ。持って来たから使わなきゃ・・・。
植林地を抜けると途端に良い感じになります。
d0182075_20105737.jpg
この時期のみどりが一番好きですね。
d0182075_20110362.jpg
林道に上がると、こちらへ。
d0182075_20110875.jpg
で、この沢沿いを登ります。
d0182075_20111419.jpg
登山路には歩いた形跡が無く、足元も一面の緑。
気持ち良いけど、足の置き場に困ります・・・。
d0182075_20112007.jpg
石や倒木などの上を出来るだけ選んで歩きました。
花の数が多くないのは車谷同様ですが、自然が残っている感じがとても良い。
そんなこんな景色をのんびりと時間をかけて楽しんで、上の滝へ。
d0182075_20112658.jpg
20mほどの滝、もう少し上でアップを。
d0182075_20113303.jpg
本当はここを登るつもりでしたが、意図的に後を付けてきているような人が居た。何か嫌な感じ・・・。
で、少し下って、コース変更。予定とは違う涸れ沢を遡上しました。
最後の登りがミヤコザサに阻まれて苦労しました。
山頂付近は葉が出始めたばかり・・・。
d0182075_20113944.jpg
縦走路のみどりも未だ薄く・・・。
d0182075_20114482.jpg
ミツバツツジは、咲いているのもありますが、全体的にはこれからと言ったところ。
d0182075_20114986.jpg
好きな場所で一枚。
ここで風に当たるのが気持ち良いのです。今日は暑かったので風も楽しみます。
d0182075_20121726.jpg
縦走路のミツバツツジ、青空に映えます。
d0182075_20122400.jpg
もう少し先が見頃でしょうね。
d0182075_20123320.jpg
まだ咲き始めなので、アップしてみるときれいです。
d0182075_20124055.jpg
唐人の舞に上がるところで見つけたのが色が濃くきれい。
少し陽に透かして・・・。
d0182075_20124808.jpg
新緑が良いですね。色んな緑があってこの景色は山を歩かなければ楽しめません。
d0182075_20125617.jpg
唐人の舞を少し椎原峠に進んで開けたところのミツバツツジはかなり開いていて圧巻。
d0182075_20130509.jpg
今日は鬼ヶ鼻岩から下ることにしました。
d0182075_20131796.jpg
下って、沢の水をアップで。ここに浸かりたいくらいの気温でしたね。
d0182075_20132650.jpg
帰りにレンゲ畑をパチリ。今日はピンク色の花を堪能しました。
d0182075_20133215.jpg
それだけでは寂しいので、今日出合った花を順不同で。
ラショウモンカズラは、これからまだまだ増えそう。
d0182075_20141062.jpg
ツクバネソウもねっ。
d0182075_20141834.jpg
ニリンソウ、花数は水無に敵いません。
d0182075_20143405.jpg
良いポイントを探すのですが・・・。
d0182075_20144428.jpg
でも、好きな花なので、3枚目を・・・。
d0182075_20145351.jpg
ワサビもたくさん咲いていました。
d0182075_20150141.jpg
ムシカリも満開!
d0182075_20151005.jpg
フデリンドウ、朝は開いていませんでしたが、昼にはきれいに開いて。
d0182075_20151810.jpg
ギンリョウソウ、少しだけ出ていました。
d0182075_20152518.jpg
まだだな・・・と思っていたヒメレンゲ、最後に少しだけありました。
d0182075_20153912.jpg
ツクシタニギキョウもこれから増えそう。
d0182075_20181312.jpg
ヤマフジ、登山口に向かうところでは目にしていましたが、山でようやく遭遇。
d0182075_20182678.jpg
5時間半ほどの山歩きを楽しめて、良い一日でした。

YAMAPはこちら

日曜は朝、畑を済ませて、図書館。午後からランランランの山歩き。
キエビネに
d0182075_04425204.jpg
タカネエビネに
d0182075_04425858.jpg
少し色違いのタカネエビネ。緑がかっている感じ・・・。
d0182075_04430302.jpg
ジエビネもあります。
d0182075_04431033.jpg
シュンランもありますよ~
d0182075_04432097.jpg
キンランはこれからのようでした。
d0182075_04431514.jpg
ポンちゃん、ありがとうございました!

by furaibow581203 | 2018-04-23 03:14 | 背振山地の山歩き | Comments(10)
4月16日(月)曇り時々晴れ
先週末の予報が悪かったので、月曜日を休んで井原山のニリンソウを楽しむことにした。
12月で定年を迎える風来坊、今年こそは有休を使いきってみたいと(笑)
平日の井原山は、たぶん人も多くなく、あちこち寄り道してみようと思っていました。
洗谷から上がって、水無へ下る。そして正面道から下山が基本。
でも、途中でコースアウトしたりして楽しみました。
洗谷、ツクシタニギキョウがスタンバイ中。
d0182075_04253772.jpg
ラショウモンカズラもスタンバっていました。
ツクバネソウは咲き始めのを見ることが出来ましたが、ピントが甘い。
d0182075_04254361.jpg
ヒトリシズカもあったのですが、写真が悪くて・・・。
洗谷は午前中は光が少ないのでもっと配慮しなければなりませんでした。
ヒメレンゲ、週末くらいには咲いているのが少しくらいは見れるのでしょうかねぇ・・・。
d0182075_04254975.jpg
水量は、土曜の雨の影響か、少し多かったです。でも、渡渉には問題なし。
d0182075_04255619.jpg
ジロボウエンゴサク、結構咲いていました。洗谷では、ヤマエンゴサクはほんの少しだけ。
d0182075_04260362.jpg
2番目のロープ場手前で、ニリンソウをパチリ。
色々と場所を変え、構図も変えた割にはぱっとせず・・・。がっくり。
d0182075_04261090.jpg
登山路半ば付近の向い側に咲いているニリンソウ。
d0182075_04261631.jpg
ここは以前は洗谷では一番の群生地だったところですが、斜面で土が崩壊して随分少なくなり
その後、ようやく持ち直してきたところです。ですから、足元注意で撮影。

下ばかり見ていましたが、新緑も良い。
d0182075_04262241.jpg
水量がまずまずなので、滝もなかなか良い感じです。
風来坊のコンデジはシャッタースピードが選べないのが欠点といえば欠点・・・。
でも、腕が悪いので機能があっても宝の持ち腐れでしょうね。
d0182075_04262998.jpg
下では終わっていたイワボタン。上の方ではまだ何とか楽しめて嬉しい。
d0182075_04263563.jpg
そして、途中からコースアウトして登っていったところがこんなところでした。
d0182075_04272343.jpg
でも、写真の辺りでは踏み跡がちゃんとあったんです。
縦走路に出る直前に目印の赤テープがありましたので、使っている人がいるんですね。
縦走路の日当たりの良い場所では、ニシキゴロモが。
d0182075_04273275.jpg
そして入山して3時間でようやく山頂。予想通り静かです。
d0182075_04273887.jpg
食事して、水無へ。
ミツバツツジは開花寸前のものもいくつか。見頃は例年より少し早いのでしょうか・・・。
d0182075_04274547.jpg
水無へく下っていったら、思わぬところでトウゴクサバノオを見つけて嬉しかったです。
d0182075_04275223.jpg
何でかと言うとニリンソウと同じ時期に見頃だったので。
今日は洗谷でトウゴクサバノオを見れると思っていたのですが、花があっても開いていなく・・・。
諦めていたところでしたので、余計に嬉しかったです。あとで探していた方にも教えて差し上げました。
急坂を下って緩やかな登山路をのんびりと歩きます。足元を飾るニリンソウ。
d0182075_04280138.jpg
水無で、ヤマエンゴサクをようやく撮影出来ました。
d0182075_04280945.jpg
新緑の柔らかな緑が何とも言えません。緑色のわずかな変化を楽しめるのはこの時期ならでは。
d0182075_04281684.jpg
良いなぁ~。ずーっとここに居たい。
d0182075_04282568.jpg
第二鍾乳洞から新村分岐へ少し上がったところのニリンソウ。
d0182075_04283500.jpg
奥まで白い点々が続いています。
d0182075_04291734.jpg
ラショウモンカズラも日当たりの良い場所で咲き始めていました。
ここではツクシタニギキョウも咲いていましたが、きれいに写せないんです、少しだとなおさら難しくて。
d0182075_04292893.jpg
ヒメナベワリはまだつぼみ。
d0182075_04293714.jpg
イチリンソウで今年や自分の干支である犬の字を表現。分かります?
ちょっと斜めで分かりにくいかも。
d0182075_04294668.jpg
キクザキのイチリンソウが咲いていた場所では今年も無くて。
もう見ることが出来ないんでしょうかねぇ。とっても残念です・・・。
ワサビの花、もう終わりかけでした。
d0182075_04295719.jpg
ニリンソウの後ろにアンの滝を。
d0182075_04300874.jpg
2年前に見つけた群生地、足場が無いので1枚だけ。
d0182075_04302075.jpg
そしていつもの場所へ。
d0182075_04304962.jpg
ニリンソウだけも良いんですが、沢をバックにするのが好きなんです。
でも、今年は良い感じで写せそうなところが無く、残念・・・。
d0182075_04311751.jpg
昨年よりは花数も多く、例年通りと言ったところでしょうか・・・。
d0182075_04313161.jpg
ちょうど見頃に行けて満足しました。
d0182075_04321150.jpg
首を長く撮るとニリンソウらしくて好きです。
d0182075_04322131.jpg
雨に打たれたら、直ぐに折れそうな細い首。細いけど、しなやかで強いんでしょうね、きっと。
今年も井原山のニリンソウを楽しめて良かったです。有休、バンザイ!

今日の行程
 洗谷登山口8時48分→井原山11時46分~12時11分→正面道林道出合15時22分
正面道林道から歩いて洗谷登山口へ行こうとしたところ、水無で会った長崎の方が送って下さいました。
大村のSさん、ありがとうございました!

YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-04-17 18:49 | 背振山地の山歩き | Comments(14)
4月15日(日)雨のち晴れ
朝まで続いた雨が止まず、畑に行ったのは9時半過ぎ。
今日は昨日買った野菜の苗の植え付けや種蒔きに専念すると決めていました。
明日は有給休暇を取って、山をゆっくりと楽しみます(笑)

先ずは芽が出たジャガイモの芽を3本に仕立てる。
数が多すぎると、ジャガイモが大きくならないからです。
d0182075_19103299.jpg
芽かきした後は、土寄せして、肥料を施す。
ソラマメの脇芽も摘まねばなりません。
d0182075_19110006.jpg
油断するとどんどん出て来ます。ソラマメの生命力はすごい。
でも、ウイルス病に何株かがやられていて、この先が不安です。
他の方の畑ではウイルス病は出ていません。種が悪いのか・・・。

手入れはダイコンやカブの間引きも。
d0182075_19112492.jpg
一本に仕立てて、追肥をします。カブも同様に。
d0182075_19113304.jpg
苗は、去年上手くいったズッキーニに。
d0182075_19103870.jpg
キュウリや
d0182075_19111852.jpg
ナス。昨年は間違えて賀茂ナスを買ったので、今年はちゃんと確認して。
d0182075_19110823.jpg
長ナスです。
ピーマンも植えましたが、パプリカも1本ずつ。
ミニトマトもアイコの赤と黄色。
d0182075_19111341.jpg
ニンニクは花芽が出始めました。
d0182075_19112942.jpg
この花芽は柔らかく美味しいんです。
サヤエンドウや間引き菜を持ち帰り、夕食に。
種蒔きは、落花生に枝豆。トウモロコシやシソ、オクラなどずんばい(笑)
5時過ぎまで野球を聞きながらの作業でした。
サファテが打たれて、負けたと思った試合、最後に逆転ホームランで勝って満足。
良い一日。昼ご飯も食べずに頑張りました!
これからは、雑草を取ったり、虫を取ったりとアフターフォローが重要。

明日は、皆さんが働く中、ゆっくりと井原山を楽しみます。

by furaibow581203 | 2018-04-15 19:21 | 野菜作り | Comments(6)
4月13日(金)晴れのち曇り
今日は、長崎の日帰り出張。
用件を済ませたあと、帰りの電車まで少し時間があったので、
長崎が初めてと言う連れをグラバー園へ案内。
案内と言っても、グラバー園は中学の修学旅行以来なので45年振りぐらい(笑)
初めてと言って良いほどですね・・・。
d0182075_01101048.jpg
築町で乗り換えて、終点の石橋から斜めのエレベーターで裏口へ登り入場。
豪華客船が横切って行く姿を入れてみました。

上からの景色が良い。花も満開で見頃でした。
d0182075_01104434.jpg
海も見えて、最高! ラナンキュラスも満開。
d0182075_01104920.jpg
観光客も大勢で賑やかでした。
西の方は雲がかかってきましたが、東の方面は未だ青空が残っていて・・・。  半分、青い。(笑)
d0182075_01105546.jpg
少しずつ下って、こちらは旧オルト邸。
d0182075_01110140.jpg
最後がグラバー邸でした。
d0182075_01110759.jpg
邸の周囲の白いバラがきれいで思わず写してしまいます。
d0182075_01111203.jpg
正面も良い感じでした。
d0182075_01113363.jpg
横のアーチを入れても良い感じ。
d0182075_01113945.jpg
グラバー園、グラバー邸だけかと思っていましたが、なかなか良いところでした。
遠くに塔がちょっぴり見えたので写しましたが・・・。
d0182075_01114491.jpg
グラバー園を出て、下っていったら、大浦天主堂の塔だったんですね。
d0182075_01201239.jpg
そしてオランダ坂を見て。
d0182075_01202495.jpg
閉館間近の出島に入り・・・
d0182075_01204426.jpg
少し急いで見る。
こちらが全景。出島のミニチュア。
d0182075_01203268.jpg
中を歩いていたら、ここが見どころですと言われ、カピタン屋敷の二階へ。
d0182075_01205370.jpg
案内所で聞いたら、出島、ここ10年ほどで整備されているという。
d0182075_01210090.jpg
最後の最後に眼鏡橋まで足を延ばしました。
d0182075_01210788.jpg
出張で長崎は何度も行きましたが、なかなか行けず仕舞いで。
でも、行ってみると良いですね。良い出張でした(笑)

by furaibow581203 | 2018-04-14 23:48 | 遊び | Comments(4)
4月8日(日)
ポンちゃんに古処山を案内していただく。
古処山にハシリドコロが咲くという話は聞いていたんですが、ちょうど見頃らしい。
ハシリドコロは奥多摩で多く見ていますが、こちらでは見たことが無い。
ほかにも花があるのでとのお誘いに乗りました。今回は楽チンらしいので安心して(笑)
古処林道を登って、上の駐車場からのスタート。
花を探しながらですので、スローペースで歩いてくれ、話に偽りなし(爆)
d0182075_07114399.jpg
駐車場から登山路や沢沿いにはシロバナネコノメソウがありましたが、
マッチ棒のようなオシベが付いているのは少なくて。
d0182075_07114878.jpg
急登を登ると水舟。
この辺りの斜面は土が露出していて、根がしっかり張っていないと流されそうです。
キツネノカミソリは球根の分が土に埋まっているので、残っているのでしょうかね。
d0182075_07115366.jpg
ここからは、ツゲの木が続く巻道になりますが、入口付近のコショウノキが満開。
d0182075_07115928.jpg
ポンちゃん、キンカメムシも探しながら歩いていました。
鋭い視線にキンカメムシも恐れをなして、姿を現しませんでした・・・。
d0182075_07120516.jpg
標高を上げると木の上に雪が残っているのが見えたので、パチリ。
d0182075_07121065.jpg
山頂の周囲ではヒトリシズカが大勢で姿を現し、賑やかでした。
d0182075_07121588.jpg
ちょうど、開き始めの花が多くて。
開く前のこんな姿も好きなんですよねぇ・・・。
d0182075_07122018.jpg
お目当てのハシリドコロ、雪で倒れている株が多くて、真っ直ぐな株を探すのが大変でした。
d0182075_07122541.jpg
ユリワサビも寒そうに縮こまっているよう。
d0182075_07123024.jpg
ホソバナコバイモ、もう終わりかけで、今シーズン最後の見納めかも。

d0182075_07125386.jpg
山頂には、ナシ?の花が少しだけ開いて。
ほかの方のブログには、梨の原種、梨、ヤマナシとありますが、梨の原種を支持したいところです。
d0182075_07130080.jpg
山頂からは、もう一度花を探しながら下山。
YAMAPはこちら

この後、ポンちゃんの秘密の場所へ連行されて(笑)
トウゴクサバノオや
d0182075_07130867.jpg
d0182075_07131768.jpg
こちらの花を愛でました。ヒメフタバランだそう。
こちらは初めてで、面白いというか何とも言えない風情でした。
d0182075_07132441.jpg
写真に撮るのが難しく、何枚撮ってもほとんどがボツ。
d0182075_07133091.jpg
この花の咲く場所を知らずに見つける方は、かなりの視力の持ち主と断言します。
d0182075_07133691.jpg
でも、初めての花(ナシ、ヒメフタバラン)を見れて、良かったです。
ポンちゃん、ありがとうございました!眼も舌も満足しました。
ご一緒した信ちゃん&俊ちゃん、楽しかったです。
今週末は水無のニリンソウを楽しむつもりですが、予報が悪い・・・。

by furaibow581203 | 2018-04-10 02:30 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(6)
4月7日(土)曇り時々雪
昔、大分に住んでいたので、家内や娘も大分に知り合いがいます。
久し振りに大分の知人とお話しする機会を作ろうと6日に湯布院に泊り、
翌日二人は大分で昼間遊んで、風来坊は山へ行き、帰りに合流するプランにしました。
しかし、義母の具合が良くなく、二人は翌日実家で義母のお世話をすることに変更。

折角休むことにしたので湯布院行きは決行。宿に入る前に「山荘無量塔」の喫茶で一休み。
ここのタンズ・バー、好きな場所なのです。
d0182075_04141583.jpg
無量塔は有名な離れ形式の旅館。古民家風の造りが癒しを与えてくれます。
中に入るとフロント前の暖炉の火が嬉しい。
d0182075_04153901.jpg
奥に進んで、バーへ。ここの暖炉とスピーカーが良いんです。
d0182075_04161848.jpg
庭も雑木林風で気持ち良い。
d0182075_04165186.jpg
ケーキセットが、1,300円前後でいただけます。コーヒーだけなら700円。
この雰囲気をこの値段で味わえるのは安いと思っています。
出来たら、ここに泊りたいのですが、風来坊の財布が許してくれません(笑)
ここで高級な雰囲気を味わって、リーズナブルな旅館へ。
お風呂に入って、夕食。
d0182075_04212000.jpg
このあと、お刺身や吸い物と続き、焼き物。
d0182075_04213768.jpg
メインは、牛しゃぶ。ご飯やデザートなどいただき、お腹が一杯になりました。
仕上げは、来週結婚記念日なので、ケーキを予約して・・・。
d0182075_04221981.jpg
結婚して、34回目の記念日の一週前のお祝。喜んでいただきました。
たまには家内孝行を。
翌日の朝食も品数が多くて。
d0182075_04250440.jpg
泊った宿は、ここでした。
d0182075_04253563.jpg
宿は大きくなく、部屋なども、高級な旅館に比べると劣りましたが、
食事は美味しくて、値段の割には満足出来ました。

家内と娘は車で実家へ出発。風来坊は西登山口へゴー!
d0182075_04281264.jpg
曇っていましたが、時折陽が射し、山頂も見えます。
湯の坪通りからも由布岳がきれいに見えて・・・。
d0182075_04281937.jpg
山頂は白く、霧氷が付いているよう。
でも、12時頃に着きそうなので残っていないでしょうねと思いながら歩いて行きました。
宿から20分で西登山口。手前のコンビニでおにぎり購入。
d0182075_04282753.jpg
荒れた登山路を登り、植林の中を進みます。
西側なので日当たりも良くなく、花は探すもほとんどありませんでしたが
ヤマルリソウが咲き始めていました。
d0182075_04283455.jpg
植林を過ぎたら由布岳が近くなりました。
d0182075_04342257.jpg
この辺りで桜の花びらが舞っていると思ったら、良く見ると、雪で・・・。
でも、これからは晴れるだろうと気にせず進みます。
野焼きした防火帯を登って行くと、キスミレがあちこちで。
d0182075_04343303.jpg
登って行きますが、下からの風が強く。
d0182075_04344281.jpg
結構な傾斜でしたが、フォローの風に押されて助かりました。
登って、巻き道を進むとアセビの花が見られます。奥には飯盛ヶ城。
d0182075_04345109.jpg
登山路と合流して、直ぐ水場。
d0182075_04393013.jpg
前回はスルーしましたが、上を見たら、標示版のようなものがあり、行くと。
d0182075_04393704.jpg
ここが大分川源流とありました。知らなかったなぁ~。
そして、飯盛ヶ城との分岐まで来ました。
d0182075_04394857.jpg
由布岳が更に近くなり、少し進んで合野越。少し休んで、登ります。
d0182075_04400180.jpg
ジグザグに進むとだんだん木が低くなっていきます。
d0182075_04432849.jpg
西登山道では誰にも会いませんでしたが、正面道では人に会います。
合野越から1時間でマタエ。
d0182075_04433805.jpg
登って行く途中から、雪が降り始め、風も強く寒い。
マタエで上着を着て、防寒対策してから山頂へ。
登り始めが遅かったので、お鉢廻りは止めて東峰へ。こんな日は無理は禁物。
d0182075_04434950.jpg
霧氷と言うより、木に着雪しています。
d0182075_04440184.jpg
雪が舞っているのが、写真でも分かるようになり、下山してくる方も寒いと言っていました。
何でも、山頂は氷点下10度だったそう。山頂は踏むだけにしようと決めました。
ようやく山頂が見えました。
d0182075_04492904.jpg
登山口から2時間半で東峰。直ぐにスルーして東登山路方面へ。
風来坊は東登山道から登ったことが無く、今日はこちらから下ることにしました。
d0182075_04493964.jpg
狭い登山路。ロープ場が連続して、思っていたより険しい。
d0182075_04495036.jpg
慎重に下って、岩場を過ぎるとホッとしました。
5,6名のグループとすれ違いましたが、寒いですよとお話して下山。
分岐からは正面道へトラバース。
ここまで下れば雪も止むだろうと思いましたが、一旦止んだ雪が再び。
d0182075_04500448.jpg
蜘蛛の巣にも雪が。
d0182075_04543329.jpg
山頂から1時間40分でようやく正面登山口へ。
d0182075_04544099.jpg
このあと、登山口でも雪。バスで由布院駅まで降りましたが、ここでも雪。
先日まで良い天気が続きましたが、今日は寒い一日でした。

今日の行程
 西登山口9時24分→合野越10時36分→マタエ11時35分→東峰11時49分
 →正面登山口13時28分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-04-08 04:57 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(12)
4月1日(日)晴れ
前日の大縦走の疲れが残っていましたが、気になる場所があり、山へ。
今日は場所を伏せておきます・・・、お許しを。
ですから、知っている方も、知らない方も「○○でしょう?」とか、コメントしないで下さいませ。
返答に困りますので・・・。


こんな沢があるところをのんびりと歩きます。
d0182075_06164223.jpg
コケの緑が鮮やかになってきました。
d0182075_06164820.jpg
あとひと月もしないうちに、沢の岩にはヒメレンゲが咲くのでしょうね。
d0182075_06165589.jpg
そして、ここへ。目的の場所はもう少し先。
d0182075_06170203.jpg
で、さらに進んでいきました・・・。

ところで、今日出合った花。
これはヨゴレネコノメでしょうか?違っていたら、教えて下さいませ。
イワネコノメソウと思われます。ポンちゃん、ありがとうございます!
d0182075_06170983.jpg
コガネネコノメはあちこちで見ることが出来ましたが、沢を背景にするのが好きなので。
d0182075_06171525.jpg
こちらはワサビの花。まだ、咲き始めでした。
d0182075_06172302.jpg
ホソバナコバイモもあちこちで。
d0182075_06172969.jpg
カンアオイは、落ち葉を払って。撮ったら、元に戻しますね。
d0182075_06173583.jpg
そして、今日お目当ての場所はこんな感じ。
ツクシショウジョウバカマが一面に。
d0182075_06175985.jpg
ちょうど良いタイミングだったよう。
d0182075_06180516.jpg
ほんのりとピンクがかったものや
d0182075_06181366.jpg
オレンジに近いものまであって嬉しい。
d0182075_06181970.jpg
陽射しも入って、見事な群落。今日来て良かったです。
来週なら、遅かったですね。
d0182075_06182900.jpg
こちらは、帰りに違うところの小群落を。
d0182075_06183671.jpg
少し離れたところにも。ここにはバイケイソウもちらほらと。
d0182075_06184361.jpg
そして、こちらでも。
d0182075_06185005.jpg
ツクシショウジョウバカマを堪能しました!

by furaibow581203 | 2018-04-03 03:50 | 背振山地の山歩き | Comments(8)