人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10月29日(土)
昨夜遅くに福岡に帰り、今日は畑に残したダイコンと落花生を収穫する。
午後から雨の予報なので朝早く来たかったが、畑のオーナーにも挨拶をと思い、9時過ぎに来た。
d0182075_532386.jpg
背振の山に雲がかかり、10時過ぎには小雨になった。
今日収穫するのは、こちらです。落花生とダイコン、ニンニクの芽が綺麗に出揃いませんでした・・・
d0182075_552792.jpgd0182075_553734.jpg








落花生は掘るとこんな感じで実が生っています。大きい実だけ収穫します。
d0182075_573853.jpg
今日初めて気が付きましたが、落花生の実は、花が順々に咲いてその後に順々に実が生っていくので、後半の実は切って、最初のほうの実だけ大きくしたら、大きい落花生が出来るのではないだろうか?
畑を再開する時には、是非、試してみたいですが、その時に覚えているかな(笑)
ダイコンは収穫の時期が遅く、かなり割れていました・・・。
今日は、一緒に畑を使っているお二人ともお会いでき、オーナーにも挨拶が出来ました。
ニンニクが残っているので、来年5月末くらいまでは使わせていただきますが、それ以降はお休み。
d0182075_51206.jpg
今日の収穫の一部です。
ネギも大きくなっていました。
畑の記事は、何年後に再会出来るか!?
by furaibow581203 | 2011-10-30 05:14 | 野菜作り | Comments(10)
10月24日(月)
朝から富山に移動して、富山で仕事。
仕事が終わって、夜の食事。
街中の「海魚」へ。読み名は聞くのを忘れて、分かりません。
d0182075_14313442.jpg
テーブルには料理が並んでします。
生のクラゲと酢の物。酢の物は酢がたっぷり。こんなに多いのは初めて。
d0182075_14332232.jpgd0182075_14333261.jpg








生のクラゲは初めてでしたが、美味しかった。
次に刺身の舟盛り。
d0182075_14344470.jpg
そして鍋。ゴマ鍋です。
この店の得意料理のようです。
d0182075_14353094.jpg
これが美味しかった!
これで3人分でしたが、結構無くなりました。
この店では、冬にブリのしゃぶしゃぶも安くで出すらしい・・・。よだれが出そうです。
冬が待ち遠しい!

次の日、昼食に「富山ブラック」を食べることに・・・
d0182075_14384048.jpg
要は、醤油ラーメンです。
お店のメニュー。
d0182075_1440810.jpg
白エビラーメンも美味しそうだが、先ずは店自慢の富山ブラックを注文。確かに黒い!
d0182075_14411198.jpg
2つ前の写真にあるようにそんなに美味しいとは思わなかったのだが、これから癖になるのだろうか・・・
白エビラーメン。
d0182075_14423058.jpg
こっちの方が、美味しそうに見えた・・・。
店内には富山弁の番付表。
d0182075_14433311.jpg
お店の名前は「いろは」です。
d0182075_14435740.jpg

by furaibow581203 | 2011-10-29 14:48 | グルメ | Comments(4)
10月23日(日)
金沢から昼前に帰って来たら、昨日の雨で順延になった時代祭が見れることになった・・・。
家から歩いて10分ほどの烏丸通りで見ることにする。
京都駅で貰ったチラシに行列の予定の時刻が書いてありました。
時代祭は、比較的新しい祭りのようで、関心が無さそうな地元の人も多い。
明治維新から平安の時代まで遡って、当時の衣装などをかなり正確に再現した行列と主催者コメント。

時間になってもなかなか来ません・・・   で、ようやく先頭が・・・
d0182075_5454259.jpg
この後、市長や市議会議長などの車が通る。写真はパス(笑)
d0182075_605269.jpg
1200年を超える歴史の街ですね。1300年を目指してとありました。
d0182075_62914.jpg
行列はなかなかスムースに動きません。ゆったりとしたところも京都らしい雰囲気。
d0182075_63364.jpg
d0182075_631121.jpg
牛車は、本物の牛が引いていました。時々、もぉ~と鳴いています。
d0182075_631887.jpg
d0182075_632618.jpg
戦国時代まで遡ったところで、見るのを止めました。
お腹が空いたので、家に帰る途中にあったパスタの店に寄ります。
祭りを見に行く時に結構、人が多かったので入ってみることにしました。
d0182075_663916.jpg
店内はこんな感じ。
d0182075_67304.jpg
昼のAランチ(900円)を注文。麺は大盛り(+200円)にする。
d0182075_694463.jpg
根菜のスープ。結構、美味しい。
パスタは九条ネギと何とかのパスタ(忘れました)
d0182075_6104484.jpg
京都は九条ネギが良く使われますね。九条ネギと〇〇と言う料理が多いです。

この後、散歩して堀川通りの商店街を歩いていたら・・・・
d0182075_621380.jpg
懐かしい日用品が売られています。思わず、写真を撮りました・
d0182075_622690.jpgd0182075_6221586.jpg








おかず入れや湯たんぽ、本当に久し振りに見ました・・・
京都の町は歩いてみるのが面白そうです。
by furaibow581203 | 2011-10-29 06:25 | 遊び | Comments(0)
10月22日(土)
金沢は、10月11日、20日に続いて、早くも三度目。
今日は夕方からの仕事です。
金沢の観光などはまだまだですが、玄関口の金沢駅をご紹介。
駅を出て、先ず目に付くのがこれ・・・  立派な門です・・・
d0182075_5273033.jpg
この写真は20日に来た時に撮ったもの。
今日は生憎の曇天。全景はこんな感じです。
d0182075_5284034.jpg
さすが、加賀百万石の駅ですね。
地下は広くて、庭園も立派です。
d0182075_5311077.jpg
地下のホールでは太極拳のような体操をしている集団や市も立っていました・・・
d0182075_5331041.jpg
d0182075_5331744.jpg
山や観光、グルメはこれからのお楽しみ・・・・
by furaibow581203 | 2011-10-29 05:35 | その他 | Comments(2)
10月10日(月)~16日(日)
10日夜に京都に入り、いよいよ明日から引継ぎ業務。
京都駅は大きい。迷子になりそうです・・・。
駅を出ると・・・
d0182075_3261120.jpg
音楽に合わせて噴水が・・・。

15日に引越しも終わり、16日は会社までの道を遠回りしながら探検。
クリーニング屋やスーパーの確認も重要です。
三条の筋を歩いていると・・・
d0182075_330096.jpg
京都文化博物館です。
京都の町にはこのような古い洋館も結構残っていました。
四条を東に歩いていき、鴨川を渡って直ぐのところが・・・
d0182075_3315122.jpg
八坂神社です。
近くに祇園。
d0182075_3323759.jpg
花見小路通りです。
いわゆるお茶屋が並んでいます。
d0182075_3333667.jpg
昼間は舞妓さんはいません。
夜の6時からが彼女達の出番だそうです。

で、別の日の夜、宮川町筋を歩いていた時に芸妓さんが来ました・・・
d0182075_335231.jpg
いいどすなあ~。
夜、歩いてるとお茶屋さんで「とらとーら、とーら、とら」の掛け声で遊んでいる声が聞こえます・・・。
どんな遊びをしているのか分かりませんが、風情があります。

再び、鴨川を渡り、高瀬川沿いの木屋町通りへ
d0182075_3382844.jpg
川沿いにお店が並んでいます。
そして、五条大橋へ。
d0182075_3391885.jpg
義経と弁慶が出会ったとされる五条大橋です。
橋からの鴨川。
d0182075_340463.jpg

まだまだ、慣れていませんが、京都の町は朝早く、人が少ない時間に歩くのが良い感じです。
また、夜の街も雰囲気がありそうです。

京都でプロバイダー契約をしましたが、設置が出来るのが11月5日。仕事の都合やマンションの管理人の都合などでしばらくはレポ出来ません。
今日は、一日だけ福岡に戻り、福岡での残務整理です。10日振りの家は、私の荷物が減って、少し、様子が違いました・・・・。
でも、久し振りの家族との対面。やっぱり、落ち着きますね。
by furaibow581203 | 2011-10-19 03:51 | その他 | Comments(10)
10月8日(土)
転勤前にいつものメンバーで山歩きを楽しみたいと思っていましたが、なかなか都合が合いません。
天気が周期的に変わる時期なので、8日9日のどちらかで行くことにした。
8日が天気が良ければ由布岳。悪ければ9日に順延。9日なら肉まんさんと背振のつもり。
結局、8日が天気が良くなり、由布岳に行くことになった。
万年山に続き、かずさん、S・TAROUさんと3人で歩く。
基山で待ち合わせて、一路、湯布院へ。
途中、かずさんからコーヒーをいただく。
いつも眠気覚ましにコーヒーを準備していただき、ありがとうございました。
気温が低いようで、途中、朝霧が見られる・・・
朝霧と言えば・・・  湯布院の朝霧でしょう・・・・
d0182075_5191339.jpg
期待を裏切らない朝霧でした(笑)
7時過ぎに登山口の無料駐車場に停めることが出来、準備開始。
いよいよ、登ります
d0182075_5303218.jpg
でも、今日はのんびり登山と決めていましたので、こんな感じの光景が数分おきに見られました(笑)
d0182075_5314849.jpgd0182075_5315772.jpg







登り始めの草原の登山路にはセンブリが沢山ありましたが、朝が早いためか蕾が閉じたままでした。
森の中に入ると、色々な色が楽しめました・・・
d0182075_5361399.jpg
d0182075_5362234.jpg
d0182075_5363040.jpg
もう少ししたら黄色と赤が更にキレイになるのでしょうね。
11月の紅葉の時期は京都で仕事もあり、こちらに戻って来れません。
ちょっと寂しいですが、その分、京都の紅葉を楽しまなければ。
d0182075_5394844.jpg
歩く前は少し肌寒い気温でしたが、歩き始めると丁度良い気温。そして気持ちの良い森を歩きます。
合野越で休憩。
こちらに立方体の形の木の実。
d0182075_5415713.jpg
ここからジグザグの登山路が続きます。
だんだん木が低くなり、草が目立つ。トリカブトやアザミの花が多くなります。
ワレモコウは少しだけありました。しかも小さい・・・
d0182075_5452236.jpg
既に20人以上に抜かれました(笑)
ようやく、マタエ。
d0182075_5471387.jpg
空が青い!
予想通り時間がかかったので、お鉢巡りは止めて東峰に向かいます。
d0182075_5483349.jpg
九重が見えます。
1,600m辺りを境に空気の色が違います。上は澄んでいて山頂はくっきり見えます。
d0182075_5503967.jpg
山頂に着きました。
少し早いですが、昼食タイム。
やっぱり山は良い。風を避けていたので、寒くなることなく食事を楽しめた。
今朝は何も食べずに来たので、おにぎりが美味しい。
今日は、お鉢巡りを止めて、飯盛ヶ城へ行き花を楽しみに行きます。
d0182075_5545847.jpg
お鉢巡りの鎖場が渋滞してきました。止めて正解でした。
d0182075_5554820.jpg
下りは抜かれることは少なかったです(笑)が、登ってくる人とすれ違います。
三連休の初日だからでしょうか、登山客が多い。山ガールも多い。
合野越から飯盛ヶ城へ。
「肥前ヶ城」と説明してしまいましたが、豊後の国で肥前は可笑しいですね。
d0182075_5591124.jpg
トリカブトやセンブリ、ウメバチソウなど花が多い。ムラサキセンブリもありましたが、一輪だけ。
d0182075_601119.jpgd0182075_634730.jpgd0182075_683392.jpg




満足の初ルートでした。
d0182075_651079.jpg
景色も良いです。
d0182075_653124.jpg
良い山歩きが出来ました。
この後、温泉に・・・・  の前にムラサキセンブリを探しに雨乞牧場へ車を走らせます。
探しましたが、ありません。
残念と思いながら帰るところで・・・
d0182075_6113763.jpgd0182075_6115441.jpg







良かった!諦めかけていただけに尚更嬉しかったです。
d0182075_6134043.jpg
夢想園の木も色づき始めています。
お風呂から由布岳を眺めて、満足、満足。
d0182075_6205999.jpg


お二人と別れて家に帰ったら、大学の同級生との送別会まで時間が無い!
支度して出かけて、丁度、間に合いました。
ハードスケジュールな一日でした。
by furaibow581203 | 2011-10-10 06:19 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(12)
10月5日(水)
今日は私の所属する部署の送別会。
店は、風来坊も全く知らない「アニオン」 「男のフレンチ」がキャッチフレーズのようです。
天神のアクロス前の細い道を北に入った場所にあります。
d0182075_421885.jpg
この通りに店があることすら知りませんでした。
店内はそんなに大きくありません。一番大きいテーブルに6名で座ります。
スパークリングワインで乾杯!(いつもと違います(笑))
d0182075_4232767.jpg
前菜。ホタテが美味しかったです。
今日はお店の撮影があるらしいので、お断りの挨拶がありました・・・。
勿論、顔は写さないらしいです。
次は、フォアグラ・トリュフが・・・
d0182075_4255176.jpg
板の皿に盛られてきました。
洋食では珍しい皿の使い方の印象。
気がついたら、入口付近で撮影の準備が・・・・
d0182075_428714.jpg
女性二人で取材のようです。
こちらからカメラを向けたら、びっくりされていました(笑)
次は、魚。うろこをつけたままパリッと揚げていました。
d0182075_4302569.jpg
なかなか美味しい。
ワインがすすみます。
メインの肉。
d0182075_4331065.jpg
さすがに、全部は食べれませんでした。
最後にデザート。
d0182075_4335612.jpg
食事が終わり、セレモニーがあり、職場の送別会が終わりました。
連日の飲み会でお疲れモードですが、久し振りに新しいお店に行くことが出来て、満足しました。
ありがとう!
by furaibow581203 | 2011-10-10 04:38 | グルメ | Comments(2)
9月25日(日)
前日に続き、大分の山。
今日は、タクさん、平六さん、肉まんさんの4名。久々の男子会です。
基山SAで待ち合わせて、一路大分へ。
途中の別府湾SAで景色を楽しんでいただく。朝日が綺麗でした。
d0182075_4221073.jpg
そして、臼杵へ・・・。
うすきハッピーリタイアメントさんの案内で、地元の鎮南山へ向かいます。
お墓の横を登り、駐車場へ。
d0182075_4235774.jpg
準備を済ませて、いよいよ歩きます。
d0182075_4245027.jpgd0182075_4245994.jpg







高速道路にかかる橋を渡り、登山口です。3時間ほどの山歩きの始まりです。
案内していただくうすきさんは昨日、祖母山をかなり歩かれたようですが、疲れも知らずに歩かれます。
d0182075_4281713.jpg
どんどん登って行きます。
途中、一合ごとに標識があり、どれくらい来たのかが良く分かります。
地元の人に愛されている山だと感じました。
d0182075_4311570.jpg
あっという間に四合目。
臼杵の町並みが見えました。良い感じです。
d0182075_4315232.jpg
更に登っていくと八合目。
最後の水場です。
d0182075_4343042.jpg
うすきさんの右横にある鳥居は落ちてきた石で壊れて、柱しか残っていませんでした。
ここから10分ほどで塔尾山です。
d0182075_4421682.jpg
山頂には無料の双眼鏡が備えてありました。四国はかすんでいますが分かります。
d0182075_4435342.jpg
ここから10分弱で鎮南山。展望はあまりありません。
d0182075_4464861.jpg

少し先へ歩くと津久見の町が見える場所がありました。
d0182075_445242.jpg
鎮南山に別れを告げ、下山します。降り始めて直ぐにあるホルトの木。
d0182075_4485714.jpg
どんな木なのか調べようと思っていたが、忘れてそのままです(笑)
一旦、舗装路に出て山庵寺に向かいます。
d0182075_4503290.jpg
しばらく下ると立派なお寺があります。ボランティアの方が作業をしていました。
先ずはお参り。
d0182075_452126.jpg
ここでお茶をいただきました。
今日は大安で日が良いので・・・とかまどの火入れが始まりました。
d0182075_4532990.jpg
塩を四隅に振り、お酒も同じく振った後から、火を入れました。
昔の人は、敬虔な気持ちを持っていたのですね。
お茶とセンベイをいただき、お寺を後にしました。
d0182075_4563439.jpg
最後にリトル鎮南山に寄ります。
d0182075_457221.jpg
ここにも無料の双眼鏡。
景色を楽しみ、下山です。駐車場が直ぐです。
d0182075_4584833.jpg
下山したら、臼杵の石仏を観光。28年ほど前に来て以来です。
d0182075_505770.jpg
昔、来た時はこの石仏の頭は下に落ちていました。何年か前に上に載せたそうです。
石仏を見た後に、近くの温泉で汗を流す。良い湯でした・・・。
そして市街地へ向かいます。
d0182075_542537.jpg
映画好きのタクさんがこの日一番喜んでいた「クランクイン」です。
そして、今日のメインの一つ。野上弥生子記念館。
そして腹ごしらえ。小手川商店です。
d0182075_564483.jpgd0182075_565657.jpg







出されたお膳(1,200円)はこんな感じ
d0182075_58237.jpg
美味しくいただきました。
最後に町を散歩します。古い町並みが残されています。
d0182075_5102694.jpg
うすきさんの案内も分かりやすく、お願いした時間に終わるように色々と考えていただきました。
三連休の最終日でしたので、臼杵を14時には出発。お陰で渋滞することなく、帰えれて良かったです。

うすきハッピーリタイアメントさん、前日の山歩きの翌日にもかかわらず、色々とご案内いただきありがとうございました。転勤するとなかなかご一緒する機会が無くなりそうですが、またご一緒しましょう。
今回、企画していただいた肉まんさん。ご一緒していただいたタクさん、平六さん、気を遣っていただき感謝します。
男子会も良いものですね。
by furaibow581203 | 2011-10-06 05:18 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(2)
9月24日(土)
転勤前に、いくつか山に登りたい・・・
そう思って行くことになったのが、「万年山」
昔から名前は知っているが、どの山なのかが良く分からなかった・・・
今日のメンバーは、かずさん、S・TAROUさん、風来坊の3名。
かずさんが運転してくれるとのことで、風来坊は電車でJRけやき台駅に。
前日の送別会で一番遅くなったかずさんですが、元気良く来てくれました(すみませんねぇ・・)
ナビ役は風来坊。
玖珠は良く知っているのですが、地図を見ても入る道が良く分からない・・・
一旦通り過ぎて引き返し、万年山の案内板を確認して、登山路に向かいます。
途中、Uターンに近いような曲がり方で右折し、道なりに走る。
途中にあった民家で確認すると、目指す登山口は直ぐそこですと教えてくれた。ホッ・・・。
黒猪鹿地区改善センター(地区の公民館のような感じ)前に駐車。
d0182075_4133062.jpg
準備をして出発です。
私達だけでなく、この場所が良く分からなかった人が他にもいましたが、メインルートではないようですね。
しばらく舗装路を歩きます。
d0182075_4192614.jpg
右ではなく、左へと向かいます。田んぼが色づいています。今日、稲刈りをする人も見られます。
途中にあったヒエの畑。大きく育っていました。
d0182075_4214898.jpg
家畜のエサになるようです。しばらくは、杉林が続きます。車でも登れそうと話していたら、道に迷ったと言う下関ナンバーの車が登ってきました。その人たちを先に行かせて、のんびりと歩きます。
d0182075_4243692.jpg
冠水していますが、そのまま歩いたほうが無難です。S・TAROUさんは回り道。
ゆっくりと歩いていますので、登っている感じがしません。
d0182075_4261511.jpg
道草隊の本領発揮!向こうに見えるのが、万年山です。
撮影したのは・・・・
d0182075_4274027.jpg
キツリフネソウです。
麓のほうには、紫色のツリフネソウが沢山ありました。
d0182075_4301585.jpg
こんな感じの登山路でした。
更に歩くと、万年山が綺麗に見えます。柱状節理が良く見えるとのことでこちらのコースを選びました。
d0182075_4323459.jpg
d0182075_4324374.jpg
ここからの登りがきつく感じます。それまでがなだらかな道でしたので、余計にきつく感じます。
登りついたら、草の道をヤブ漕ぎ状態・・・
d0182075_4353583.jpg
でも、何となく道は分かります。
で、ようやく万年山山頂へ。
d0182075_436402.jpg
ピークは無く、だだっ広い感じです。
d0182075_4371781.jpg
万年山の様子がようやく分かりました。
ここで昼食。S・TAROUさんのアイスクリームやかずさんの果物で栄養補給。
頂上には、マツムシソウが沢山咲いていました。
d0182075_4431768.jpg
休んだ後、西のほうへ歩いてみます。ずーっとヤブ漕ぎ。途中で引き返す登山客も。
少し開けたところまで来たところで引き返すことにしました。
d0182075_441538.jpg
引き返す途中で気付いた紅葉・・・
d0182075_4414067.jpg
秋の訪れを感じます。
山頂に戻り、少し休んで下山します。
帰りもヤブ漕ぎ
d0182075_4451245.jpg
帰りは、意外に傾斜があるのに気付きます。と言うことは、行きは結構ゆっくりと歩いたのですね。
d0182075_4423244.jpg
で、無事に下山。
帰りは登山口への入り道を確認してみましたが、少し分かりにくいですね。
汗を流して、帰ります。鳥栖のアウトレットショップまで送っていただきました。

今日はかずさん、S・TAROUさんありがとうございました。
かずさんには運転までお世話になり、お疲れ様でした。
でも、お陰で万年山がどうなっているかが良く分かりました。
by furaibow581203 | 2011-10-03 04:51 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(6)