人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

カテゴリ:背振山地の山歩き( 179 )


8月18日(日)曇り
今日は、数年前に見つけた「なっちゃん」を楽しむだけでなく、新規開拓も目的に加えました。
少しでも、背振に詳しくなりたいですからね。
そこで、単独ではなく、ポンちゃんとへこさんご夫妻にご協力をお願いしました。
もう一人、近所のYさんも考えたんですが、直前まで遠征だったのと朝が早いのでお誘いしませんでした。
すみませんでした。
7時ごろに入山。まずは新規開拓から先に済ませようと、こんな沢沿いを歩きました。
d0182075_01300149.jpg
台風の雨の影響で、水量が多かったですね。
d0182075_01300761.jpg
でも、おかげで沢沿いを歩くときは涼しかったです。
しかも、お天道様が隠れていましたしね。
d0182075_01301452.jpg
そして、新規開拓の調査を何とか終えたら、いつものところへ。
d0182075_01301952.jpg
普段、歩く人がいないので、荒れていて、毎回ちょっとずつ、歩くルートが違うんですが、
風来坊の身体ナビ、最終目的地は外しません(笑)
d0182075_01302428.jpg
そして、いつものところの風来坊が知らないポイントも教えてもらいました。
ここが、今日の最深部でした。
d0182075_01303002.jpg

さて、新規開拓のご報告ですが、狙っていた通り、ありました! チョー嬉しい。
d0182075_01303609.jpg
こちらにも。
先ほどのはつぼみでしたが、こちらはちょうど満開。
d0182075_01304246.jpg
きれいな状態で、満足満足。
d0182075_01304845.jpg

そして、いつものところへ行きましたが、こちらもちょうど見頃を迎えていました。
d0182075_01305307.jpg
下のが、ここで一番花数が多い株。今年は9本花茎が立っていました。
d0182075_01322049.jpg
ここは、何カ所か点在しているんです。
d0182075_01322828.jpg
こちらは、この谷で初めて見付けた時の株。
さしづめ、名前を付けるとしたら、初江さんか、初美さんです(笑)
d0182075_01323611.jpg
ちょうど見頃で嬉しかったです。
なんだか、風来坊を待っていてくれたようで、嬉しい。
d0182075_01324452.jpg
その近くにあった色が濃いなっちゃん。
d0182075_01325546.jpg
これだけ楽しめれば、大満足なのですが・・・
欲張りな風来坊、ここで知らない株をポンちゃんに教えていただきました!
d0182075_01330311.jpg
昨年は、梅雨の雨量も少なく、その後も雨が降らなかったので、なっちゃんも元気がありませんでしたが、
今年は5、6月は少なかったものの、梅雨の後半から雨が適度に降ったおかげで元気でした。

花を楽しんだら、ダンゴでしょう・・・。
今日は、早朝(ふつうの人にとっては深夜)に作った(というか茹でただけの)ソーメン。
彩りに、自家製のきゅうりとミニトマトを散らして、薬味は朝、採ったシソを手でちぎり散らしました。
d0182075_01331216.jpg
目的が果たせた後だけに、美味しかったです。
あとは、下山するだけ。
急登が好きなポンちゃんが選んだコースを青息吐息で下りました。
d0182075_01331915.jpg
12時半過ぎに車を停めた場所にかえりました。
今日は、へこさんご夫妻、ポンちゃんのおかげで、目的が果たせて、良かったです。
ありがとうございました!

他には、キジョランや
d0182075_01351322.jpg
ミゾホオズキや
d0182075_01352154.jpg
まだ残っていたミズタビラコを楽しみ・・・
d0182075_01352901.jpg
シシウドを見ると、なぜか条件反射のように花火が頭に浮かびます。
d0182075_01353624.jpg
ちょっと不明の花。
調べても特定できませんでした。ヒキオコシが一番近そうなんですがねぇ・・・。
d0182075_01354248.jpg
そして、この時期、目を楽しませてくれるクサアジサイも堪能しました。
色が濃いのがきれいなんですよねぇ・・・。
d0182075_01354870.jpg
こちらは、春○○○かな? 来年の楽しみも増えましたよ~。
d0182075_01355756.jpg
この時期にしては、暑くなく、身体の弱わった風来坊向きの良い山日和でした。
めでたし、めでたし。

帰りには、畑に寄って、モロッコインゲンなどを播種。
前日には、8時間ほど台風で傷んだ夏野菜の片付けや雑草取りなどをしたのですが、手がかかります。
でも、おかげで随分ときれいになりました。来週以降は、秋冬野菜の準備が本格化します。
休みの日は、身体がいくつも欲しいですね(笑)

by furaibow581203 | 2019-08-19 06:29 | 背振山地の山歩き | Comments(4)
8月4日(日)晴れ
昨日の土曜日は、海でしたので、今日は当然、、山!
今日も暑そうですので、ハードな山歩きは止めて、いつもの車谷を歩くことにしました。
と言っても、少し欲を持っていたんですが・・・(笑)
畑に寄った後に、登山口へ。8時前に出発!
この時間、山は涼しいです。せっかくですので、体温を上げないように、ゆっくりと進みます。
d0182075_01191131.jpg
林道までは、日が差し込まず、割りと暗い道を歩きます。
林道を過ぎると時間も経過して、少し明るくなってきました。
林道から少し、上がったところで、下関から来たというご夫婦に出会いました。
林道手前でも下ってくる方に出会いましたので、「早いですね」と声を掛けたら、「上から降りてきました」と。
「オニコナスビですね」と返したら見れなかったそう。
ポンちゃんが土曜に歩いて、残っていたと聞いていましたので、「あるはずですよ」とお話し。
どうやら、気づかずに降りてきたらしい。
ゆっくりで良ければ、場所までご案内しますとお話しして、一緒に登ることにしました。
ゆっくりな上に、好きな場所では定点観察の写真を撮って、上へ。
d0182075_01191693.jpg
「この辺りから、ヤマジオウが増えます」とお話しして、ヤマジオウの撮影や、「ここからがオニコナスビが見ることができます」などど案内して、オニコナスビの場所へ。
着くと、思ったより、きれいな状態のが残っていました。
今年は例年になく花が多かったですね。見ていただいて良かったです。
ここで、お別れして、風来坊はのんびりと矢筈峠へ。
d0182075_01192100.jpg
今日は、背振経由のバリエーションか、縦走路を歩いてのバリエーションかと迷っていたんですが、
背振経由は、小さな小さな花を探すつもりでしたので、一人では厳しいと考え、縦走路を選択。
その前に、気象台の建物の陰で、昼食タイム。
冷やしソーメンを自作するつもりでしたが、買っておいたソーメン、家内が仕舞った場所が分からず、コンビニの冷やし中華に。
d0182075_01192661.jpg
金山方面を見ながら、いただきました。
次は冷やしソーメンにしますね。実は、そのために器も準備しているんです(笑)
縦走路は風が通らず、やや暑い。気象台のところが良かったなぁ・・・。
d0182075_01193149.jpg
いつも風が吹き抜けるここも、風、停滞していました。残念!
d0182075_01193749.jpg
そのせいか、唐人の舞に着くころに、足が攣りかけました。
塩分を補給し、68番を飲んだのですが、回復が思うようにいきません。
d0182075_01194266.jpg
なので、縦走路からバリエーションルートで下って、ある花を見るつもりにしたのですが、無理をせず、西椎原峠から下ることにしました。
d0182075_01194745.jpg
西椎原峠で、13時でしたので、正解でしたね。
ここも、ゆっくりと降りて、ようやくメタセコイアの森。
d0182075_01195324.jpg
登山口に降りた時には、14時を過ぎていました。
d0182075_01195927.jpg
今日のお目当ての一つ。先週は上から下って見たので、何となく、登って見たくて。
d0182075_01205379.jpg
割ときれいな状態の花が残っていました。
今年も昨年同様、登山路脇で見ることが出来ています。
登山路を外して踏み荒らすことなく見れていて、良かったです。
d0182075_01205928.jpg
ヤマジオウも前回よりはヤマジオウらしく写せました。
d0182075_01210688.jpg
オオキツネノカミソリは、下の方では咲き始めていました。
d0182075_01211366.jpg
縦走路近くのトラノオは終盤。
d0182075_01212036.jpg
コオニユリ、青空に映えますね。
d0182075_01212758.jpg
今日は、小さな花を大きくと頑張りました。ヌスビトハギに
d0182075_01213649.jpg
ミズヒキ。
ミズヒキは、赤いゴマ粒のようなものしか知らなかったのですが、ちゃんと花になっているんですね。
d0182075_01214200.jpg
昨年、ポンちゃんが、「ミズヒキ、開いていました?」と聞いてきた時には、意味が良く理解できていなかったのですが、ようやく一年越しに理解しました(笑)
この一枚を撮るのに、必死でした。苦労の一枚です(笑)

今日の背振山経由のバリエーションルートでは、この花を探すつもりでしたが、風来坊の眼力では無理と思って、止めたんです。
d0182075_06465030.jpg
小さくて、大体の場所を知っていても、なかなか気づかないんですから、ましてや、知らない場所では無理ですね。この花を探すには、ポンちゃんの絶大なる協力が不可欠です(笑)
またの機会にしますかね・・・。

今日の行程
 登山口(船石橋)7時51分→矢筈峠10時43分→昼食11時4分~28分→唐人の舞12時
 →西椎原峠13時3分→登山口(船石橋)14時7分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-08-06 07:22 | 背振山地の山歩き | Comments(10)
7月27日(土)曇り
前週の20日にオニコナスビの観賞会の企画を立てたのですが、雨で中止。
ただ、その日に歩いた猛者さんのブログでは、まだ、つぼみだった・・・。
風来坊の開花予想が見事に外れたのでした・・・。
実は、6月30日の時点では、こんな感じでした・・・。
d0182075_15314405.jpg
d0182075_15315209.jpg
ので、2年前の経験から、3週後と判断したのですが、失敗!
まだまだ、知らないことばかりで猛省しています。

そんな中、今週の半ば過ぎから、オニコナスビの写真がブログなどで公開され出した・・・。
オニコナスビの肝心の開花時期は外したのです。
反省とともに、この日別件で集まった前週の企画に参加予定だった皆さんと見てきました。
一人を除いて、期せずして同じメンバーだったんです。リベンジというところでしょうかねぇ・・・。

時間の都合上、上から下って、花の咲く場所へ。
情報の通り・・・。
d0182075_03493500.jpg
見頃のオニコナスビ、堪能出来ました!
d0182075_03494876.jpg
思っていた以上に花が多かったです。
d0182075_03500284.jpg
花の中心がオレンジ色なのですが、花によっては中心に色が無いものも・・・。
d0182075_03501069.jpg
でも、中心部はうっすらと色が付いていますので、時間の経過とともにオレンジなるのかも知れません。
d0182075_03501703.jpg
つぼみもあったので、変化の様子を確認してみたいですが、今年は無理ですね。
私のブログを見て、20日前後に行かれた方には申し訳ありませんでした。
2年前はちょうど当たったのですが、花は難しいです。
年によって違うこともありますので、自己判断でお願いしますね。

他には、ネジバナや
d0182075_03502223.jpg
キノコ類。白のツチグリ
d0182075_03502841.jpg
半透明な小さなキノコなど
d0182075_03504082.jpg
山の恵みを楽しんだ一日となりました。
この日は、曇りで、歩くにはベストな日でした。
今回の企画を立てたポンちゃん、持っています!ありがとうございました!

by furaibow581203 | 2019-07-29 03:58 | 背振山地の山歩き | Comments(6)
6月29日(土)曇りのち雨
先々週中止した北海道の山歩き、今週は岩手県にに絞り、行けないかと天気予報とにらめっこしていましたが、なかなか厳しく、金曜日にようやく諦めました(笑)
なら、地元の山です。今の時期の車谷、ヤマアジサイには少し早いんですが、登れる時に登っておきましょう。天気予報を確認し、空を見ると、午前中は持ちそうでしたので、急いで準備して出かけました。
船石橋に着いた時には一番乗り。準備して7時前に出発。

登山口のササがきれいにカットしてあります。
d0182075_15252429.jpg
この時期、ササで覆われることも多いですので、助かります。カットしていただいた方に感謝です。
先週は、皆さんから早いと言われたのですが、今日は身体が重い・・・。
先週はご一緒した皆さんの「気」が背中を押してくれたんだと思います。
急ぐ必要はないので、身体と相談しながら、ゆっくりと足を運びます。
d0182075_15253071.jpg
雨で緑が濃くなっている気がします。
ヤマアジサイも青さを増しているよう・・・。こちらは林道脇のヤマアジサイ。
d0182075_15253681.jpg
林道からの急坂もゆっくりと登ります。
沢が分岐するここで一休み。ここまでも何度も休んでいるんですけど、ちゃんとした休憩(笑)
d0182075_15254158.jpg
行動食でカロリー補給しても、ペースは変わりません。
のんびりと歩いていたら、あとから登ってくる人に追い越され始める。
直ぐに道を譲り、ゆっくりと写真を写します。好きな滑滝も水量が増えて良い感じ。
d0182075_15254959.jpg
滝の横のヤマアジサイも加えて、写してみます。
d0182075_15255640.jpg
こちらは、違うところで、もう一度ヤマアジサイのアップ。
d0182075_15260639.jpg
車谷でこの時期好きなヤマアジサイの大株、見頃には少し早かったけど、見れただけでも満足。
早いと思って来たので、思ったより開いてくれて、嬉しい。
d0182075_15261272.jpg
標高を上げていくと少しずつガスが・・・。
朝から山の上の方にはガスがかかっていたので、そのまま。でも、お陰で幻想的に。
d0182075_15261978.jpg
矢筈峠まで、3時間ほどかけて登りましたので、背振山はパスして、縦走路を西へ。
ピークは、唐人の舞を踏むことにします。
d0182075_15262506.jpg
唐人の舞辺りから、少し雨粒が・・・。最初は霧雨程度でしたので、気にせず歩きます。
唐人の舞の西斜面の登山路のササもきれいにカットしてあり、随分と助かりました。
ここは、ササで道が見えないことが多いですからね。
d0182075_15273863.jpg
そして、椎原峠へ。
ここからの下りはじめの道はあまり好きで無いので、西椎原峠まで足を延ばします。
d0182075_15274738.jpg
西椎原峠辺りから、雨粒が大きくなりましたので、少し足を速めて。
d0182075_15275583.jpg
メタセコイア手前で、雨が止んだので、再びのんびりペースに戻して下山。
6時間ほどの山歩き、楽しみました。

今日はヤマアジサイがメインでしたが、この時期車谷では、コケイランモドキも楽しめます。
ちょうど見頃でした。
d0182075_15280408.jpg
アップにすると、コケイランと比べて、側萼片が丸い感じです。
d0182075_15281423.jpg
他には、ウリノキの花が、まだまだ咲いていてくれて、嬉しかったです。
d0182075_15282274.jpg
このクルリンとなった花は、ユーモラスで見るだけでも楽しくなります。

ヤマツツジはもう終わりかなと思っていましたが、まだ見頃のもあって、これまた嬉しい。
d0182075_15282964.jpg
下山してくると、植林地でオカトラノオが開き始めていて、パチリ。
d0182075_15284218.jpg
車谷のコクランは、他より遅いので、咲いているとは思わず、現況の確認だけ。
あと少ししたら咲きそうですね。
d0182075_15285189.jpg
こちらは、もしかしたら・・・と期待したんですが、1週間ほど早かった・・・
d0182075_15290157.jpg
と思って、もう1か所のを見に行ったら、一輪だけ咲いていました(嬉)
ここのは、昨年無くなったと思っていましたので、二重に嬉しかったです。
d0182075_15291216.jpg
そして、車谷と言えば・・・。
この花の状況を知りたい方も多いのでは?
d0182075_15314405.jpg
登山路脇でつぼみを多く見かけました。
最初のは、一番陽が当たりそうなところでしたので、早いと思います。
ほかは、下の写真くらいのつぼみ。
d0182075_15315209.jpg
私の中での開花予想は立てましたが、間違えると大変なので、書きません。
登山路の直ぐ横で、つぼみがそこそこありましたので、踏み荒らさないようにしましょう!

最後のは、別のところ。
ここは、イノシシの踏み跡があり、少し荒れています。少しだけつぼみが。
でも、車谷と咲く時期が同じくらいになりそうです(例年は、こちらが少し早い)ので、車谷で十分。
d0182075_15320092.jpg
オニコナスビ、花ばかり追うと、足元の株を踏んでしまいます。
ぜひ、登山路脇で楽しんで下さいませ。それなりにつぼみはありましたよ~。

今日の行程
 登山口6時47分→矢筈峠9時59分→唐人の舞10時52分→西椎原峠11時40分→登山口12時46分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-06-30 15:24 | 背振山地の山歩き | Comments(10)
6月23日(日)晴れ
昨年6月終わりに偶然見つけたムヨウラン。
風来坊は初めて見る花でしたが、周りに見たことがいない方がほとんど。
なら、一度はご案内せねば!と企画。ただ、昨年1回見ただけで、咲く時期などのデータはありません。
病気のため、下見に充てる時間も、十分に確保できないので、とりあえず、昨年と同じ時期を選んで企画書立てて、メールで送信。
12名の方に集まっていただきました。

前の週に、下草刈りはしましたが、咲く場所までは到達せず、引き返していたので、咲いているかどうかが不安。また、例年と比べて、今年の6月は涼しく、雨も少ない。これも不安材料でした。
ただ、どうあがいても仕方ないので、咲く場所まで案内すれば良いと割り切って、この日を迎えました。
幸い、天気だけは最高!最近、雨男になりつつありましたが、晴男に戻りました(笑)
集合時間前に皆さん集まり、自己紹介ののち、コース説明をして、登山口から歩き始める。
d0182075_20041361.jpg
前の週に下見していたので、最初は順調。
ただ、途中から、道をふさぐ倒木や草木にペースダウンを強いられ・・・。
d0182075_20042205.jpg
時々、沢の水に癒され・・・
d0182075_20051048.jpg
目的地へ。
そして、たどり着いた場所で・・・。

無い!まったく無い! 心配が現実になった・・・。
12名の期待を一身に背負っていたことを思い出す!

ところが、ポンちゃんが、「ありました!」と。
ホッとしました。

でも、花が小さく、暗く、足場が悪い場所での撮影で時間がかかります。
おかげで、近くで他にも花が見つかり、ようやく、にぎやかに。
d0182075_20051994.jpg
今年のムヨウラン、昨年と比べると花が小さく、つぼみの数も少ない。
(下が昨年の花、きれいに開花していました)
d0182075_20052700.jpg
そして、昨年の咲いている様子。全体像。
d0182075_20053614.jpg
でも、今年皆さんと一緒に楽しんだムヨウランが、私にとっては、昨年以上に良かったです。
一期一会の精神で、楽しませていただきました。

次は、イチヤクソウ。
まだ、つぼみのが多かったです。昨年より10日くらい遅い感じですね。
でも、咲き始めのきれいな状態を楽しめました。
d0182075_20054345.jpg
何とか無事に目的の花に出逢えたのは、参加者の皆さんの日頃の行いが良いからでしょう。
おかげで幹事の面目が保てました。ありがとうございます。

毎年同じように咲いているのではなく、違うことを再認識でき、良い勉強になりました。
でも、何といっても今日初めてご一緒した山沢さんやYさん、また2年ぶりのはなこさん、今日一緒に歩いたメンバーと同じ時間を共有できたのが一番でした!
「やっぱり、山は良か・・・」


by furaibow581203 | 2019-06-24 06:06 | 背振山地の山歩き | Comments(20)
6月16日(日)曇り
本来は、16日北海道のアポイ岳に登っている予定(17日は室蘭岳)でしたが、低気圧の通過により週末の予報がかなり悪く、金曜日に断念しました。金曜日は、キャンセルに伴う連絡などで忙しかったです・・・。
以前の好調時の風来坊でも厳しかったと思いますので、仕方ないんですが・・・。残念。

ですから、今日は、何も決めていなかったんですが、23日歩く予定のコースの下見というか、下刈に(笑)
そこは、歩く人が少ないので、今の時期、荒れていて大変なんです。
今日の空き時間を有効活用して、23日に備えるべく、朝から気合を入れていたんですが、6時ごろには小雨となかなか天気の回復が遅い。
ようやく空が明るくなったので、出かけましたが、登り始めが8時半と遅くなりました。
鎌に剪定ばさみ、のこぎりと完全装備で歩き出し、荒れた登山路に手を入れながら歩きました。
いつも苦労するところで、かなり時間を喰い、この滝まで来た時にはもうお昼に。
d0182075_06395570.jpg
なので、ここであっさり引き返しました。
でも、ここから先はそれほどひどいところもありませんので、何とかなるでしょう、きっと(笑)
登山路脇では、もうヤマアジサイが咲き始めて・・・
d0182075_06400887.jpg
マタタビも咲き始めでした。
d0182075_06400159.jpg
今日は、昨年購入した「パワー森林香」(林業の方が愛好するという強力な虫取り線香)を使ってみました。
d0182075_06401318.jpg
本体は作りがしっかりしています。何となく頼もしいです。
線香も厚みが違います。普通の蚊取り線香の倍近い厚み。
裏には、予備の線香を入れるスペースもあり、長時間の使用にも耐えうる。
詳細な時間は測定しませんでしたが、1巻で5時間くらいは持ちそう。
d0182075_06402759.jpg
今日は、割と涼しかったので、効果は不明ですが、虫には刺されませんでした。
値段は高いんですが、登山ショップでは売っています。虫が嫌な方はご参考までに。

by furaibow581203 | 2019-06-17 06:39 | 背振山地の山歩き | Comments(6)
5月11日(土)晴れ
先週、山中地蔵から金山を歩いたので、今週は、三瀬峠からの金山往復を。
リハビリは、少しずつ頑張らなきゃね(笑)
畑の作業を済ませてから、10時半過ぎに三瀬峠へ。峠には先客が3台。
準備して、登山口へ向かうと・・・。
「あれっ!」 「通行止」の看板が立てかけてある・・・。
通行止めって、特に情報は聞いていないし、どこがダメなのかも書いていないので、とりあえず、進めるところまで行ってみようと無視して、進むことに決めました。
d0182075_06461083.jpg
ここからは、緩やかな登りと思っていたんですが、今の風来坊にはきつい傾斜。
ですから、ゆっくり、息を整えながら、登っていきます。
登り始めの時間が遅かったので、ペースが遅いなら金山の山頂を踏まなくても良いし・・・。
途中に、三瀬山、城の山があるので、ピークは踏めますから。
そう思って、進んでいくと峠から1kmの案内表示が。
ここまで40分! ゆっくりですねぇ(笑)
d0182075_06461536.jpg
ここから、15分ほどで三瀬山の山頂。
ここまで休み休み歩いて来たので、ここは休まずスルー。
d0182075_06462157.jpg
少し下ってから、登り返し、あとはアップダウンの少ない縦走路をのんびり歩く。
花を探してみたんですが、新しい発見は無いまま、三瀬山から45分で城の山。
d0182075_06465842.jpg
ここも休憩なしで、そのまま進みます。
城の山の少し先に金山を見れるポイントがあります。
ここからの金山の形はきれい。でも、遠くに感じます・・・。
d0182075_06473863.jpg
城の山を過ぎると、アゴ坂峠までは、急な下り。
帰りは、これを登り返さないといけないんだな・・・と思うと下りも辛い(笑)
アゴ坂峠から、少し登って平たんな道を歩きます。
昨年の「西郷(セゴ)どん」ではないが、「もうここいらで良かろかい」と
お昼を適当な場所でいただいて、帰ることにしました。
d0182075_06474356.jpg
帰りに、何か違うと思って、道を逸れたとろろに林道の工事が・・・。
d0182075_06474979.jpg
こんなところまで工事しているんですね。
三瀬峠の古場岳への道の反対側に道があったのですが、それが伸びているのでしょうかねぇ。
確認するには、こちらを進めばいいのですが、面白そうな道でもなさそうなので、今日は登山路を引き返しました。
d0182075_06475562.jpg
三瀬峠からの登山路は、陽が直接当たるところが無く、気持ちよく歩けました。
この日は気温もどんどん上昇しましたが、木陰は良い感じの気温で心地よかったです。
結局、5時間ほど歩いて、三瀬峠に戻りました。

今日は、登山路でヤマフジ。
d0182075_06480982.jpg
フジの花は、道路脇などに咲いているのは何度も見かけたんですが、登山路の近い距離で見るのは、今シーズン初めてでした。
ほかは、ツクシタニギキョウの花くらいしか、無くて、葉っぱの観察会。
d0182075_06480423.jpg
こちらもラン科。
d0182075_06493634.jpg
帰りにシュンラン発見。今日の唯一の新発見でしたので、嬉しかったです。
花は終わりかけでしたけどね。
d0182075_06494381.jpg
そして、先週確認したキンラン、開き始めていました。
d0182075_06495261.jpg
もう少し先が見頃なんでしょうが、先週との比較で、どんなペースで開いていくのか、少し分かった気がします。
金山には到達できませんでしたが、満足したリハビリの山歩きでした。

by furaibow581203 | 2019-05-13 06:45 | 背振山地の山歩き | Comments(8)
5月5日(日)晴れ
当初の予定では、今日が、リハビリ山歩きの予定だったんですが、
体調が良かったので、前倒しして、昨日歩きました。

で、朝、起きたんですが、きつくなかったので、今日も歩こうと準備して出かけました。
昨日は、山歩きして、畑に行ったのですが、日中は暑くて・・・。
今日は、畑仕事を済ませてから、山歩きすることにしました。元気でしょう?(笑)
今日の畑仕事は、ショウガの植え付け、落花生の種蒔き。他には支柱立てなども。3時間ほど。
これでようやく、夏野菜の準備がほぼ終わりました。
サツマイモやモロヘイヤ、エンツアァイなどが残っています。
今の状況を後日、紹介しましょうかねぇ・・・。

それはさておき、
山中地蔵からの登山路と林道の合流地点付近に駐車して、10時40分スタート。
d0182075_20484155.jpg
今日の気温は25度以上。シダの葉を熱帯のものに感じてしまう(笑)
でも、木の陰に入ると涼しい。
d0182075_20491313.jpg
森って、良いですね。
色々な生き物をやさしく守ってくれている・・・。
d0182075_20494965.jpg
山中地蔵からの登山路は、前回よりも傾斜を感じるので、休み休み登ります。
帰りに確認すると、意外に傾斜がありました。ゆっくり歩きって、すごいです。
でも、昼食場所までは、1時間以上かかりましたけど(爆)
d0182075_20500237.jpg
折角なので、あちこち散策。
d0182075_20501319.jpg
ブナの新芽も出ていました。
d0182075_20502361.jpg
結局、金山山頂には、14時頃到着。予定より、かなりオーバー。
急ぐ、理由はありませんが、三瀬越えの道の渋滞が、気になったので、スピードアップ。
番所跡で、水の交換をして、あとは一目散。
d0182075_20503340.jpg
山頂から、45分で駐車場所へ(笑)
15時前に帰り始めましたが、峠越えの道は、ダム近くのトンネルから渋滞。
佐賀方面に行かれた行楽客、多いんですね。
GW前半の天気が悪かったので、後半に集中したんでしょう。お疲れ様でした。

今日、出合った花。
ジロボウエンゴサク、山頂付近ではまだ見頃でした。
d0182075_20555317.jpg
雨が降らないと、ギンリョウソウの元気が無さそう・・・。
d0182075_20560421.jpg
ヒメレンゲ、もう一度チャレンジ。
d0182075_20561695.jpg
ツクバネソウは、葉に映った影ツクバネソウが面白かったので、パチリ。
d0182075_20562571.jpg
ヒメナベワリ、今年は株が少なかった・・・。
花が何とか咲いていたこの株で、何枚も写しました。
d0182075_20563488.jpg
オウギカズラ、今年も逢えました!嬉しい!
d0182075_20564328.jpg
ジエビネにもね!
d0182075_20565055.jpg
キンランには少し早かったけど、今年も存在を確認できて、嬉しいです。
d0182075_20565805.jpg
リハビリ山歩き、お目当ての花に逢えて、最高でした。
「今回が最後かも知れない・・・」と思いながら、見た花たち・・・。
これからは、毎回そんなふうに感じながら歩くことになるでしょう。

by furaibow581203 | 2019-05-06 14:46 | 背振山地の山歩き | Comments(8)
4月21日(日)晴れ
土曜日は少し遠出をして、畑仕事をしなかったので、朝のうちに済ませて、山に行こう!と決めた。
前日の疲れは心配したほどではありませんでした。(歩いていて、結構、息切れしていましたので)
畑の様子は、この次の記事で、紹介する予定です。なので、省略(笑)

畑を終えて、3月終わりに福重で新規オープンした「丸源商店」で腹ごしらえをしてから行くことにしました。
d0182075_01130374.jpg
11時前に着くと、オープン直前だったが、既に20名ほど並んでいてびっくり。
でも、家族連れが注文を考える前に注文して、割と直ぐに食べることが出来ました。
「肉そば」(702円)、初めて食べたが、意外に美味しい。
名古屋の店らしいが、九州でも受け入れられるかも知れませんね。

水無の駐車場は、思ったより混んでいませんでした。12時から歩き始める。
新緑が目にまぶしい!良い季節です。この緑を見るだけでも癒されそう。
d0182075_01134302.jpg
登山路に入ると、コンロンソウが咲き始めていた。
d0182075_01130929.jpg
ムラサキケマンは、終わりが近そうで、主役をコンロンソウに譲りそう。
d0182075_01131594.jpg
ジロボウエンゴサクは今が盛りとあちこちで咲いていました。
d0182075_01132074.jpg
ヤマエンゴサクは少なく、ひっそりと。ヤマエンゴサクの薄い青が好きなんです・・・。
d0182075_01133027.jpg
上の3つは、いずれも、ケシ科キケマン属の花です。
代表種のフウロケマンをついでにご紹介しておきましょう。こちらは、他のところで撮影したもの。
d0182075_01133620.jpg
ほかには、ミヤマケマン、エゾエンゴサクなどありますが、九州では見ることができません。
幸にして、両方とも見たことがありますが、エゾエンゴサクの花が大きいです。

少し進んでいたら、ラショウモンカズラが咲いていて、びっくり。
d0182075_01134971.jpg
もう少し後かな?と思っていました。
そして、イチリンソウ。ちょうど見頃だったようで、あちこちで咲いていましたね。
d0182075_01135527.jpg
純白の大きな花は、群生すると見ごたえがあります。
d0182075_01214408.jpg
陽射しをたっぷりと浴びて、嬉しそう。
ツクシタニギキョウも咲き始めていました。まだ群落を形成するほど多くはありません。
d0182075_01223630.jpg
この花をきれいに撮った試しがありません。らしさを出すのが難しい。
d0182075_01224623.jpg
そして、今日のメインのニリンソウ。
前の週に、S・TAROUさんと歩いた時に、「今年は少ないような・・・」と聞いていましたが、その通り。
d0182075_01225926.jpg
だから、意外に車が少なかったんでしょうかねぇ・・・。
登山路脇のニリンソウを少しでも多く見せるように写すんですが、感じが出ません。
d0182075_01232165.jpg
ニリンソウの群落地に入っても同じ。いや、もっとひどいかも。
群落地は、沢の中を歩くんですが、ニリンソウが咲く場所を歩いた踏み跡が・・・。
最初に歩いた人は、自分だけと思っているのかも知れませんが、そこを皆さん歩いている。
踏んでしまうと、土も堅くなるし、どんどん踏まれてしまうので、群生が減ってしまいます。
d0182075_01234280.jpg
皆さん、沢は水量も少ないので、沢を歩いてくださいませ。
よろしくお願い申し上げます。
d0182075_01235058.jpg
少しさみしくなった群落地ですが、日差しを浴びたニリンソウには罪はありません。
d0182075_01233127.jpg
ありがたく、楽しませていただきました。
でも、花を紹介する際には、今まで以上に分からないような配慮をしなければ!と思いました。
私の記事で行く人は少ないと思いますが、お許し下さいませ。
日本庭園風の場所まで行ってから、Uターン。
d0182075_01262584.jpg
カメラの電池が切れたので、寄り道も止めました。疲れてきたしね(笑)
ネコノメソウで好きなイワボタン、少し遅かった・・・。
d0182075_01260416.jpg
シロバナネコノメソウ、赤色のシベが残っていたのが、一輪だけ。ラッキー!
d0182075_01263972.jpg
スミレは種類が多く、名前を知っているのはほとんどない。
その数少ない一つのエイザンスミレ。
d0182075_01261584.jpg
ツクバネソウは、いつもの場所で咲いていてくれました。
d0182075_01255502.jpg
ニリンソウは残念でしたが、それでもたくさんの花を楽しめました。
トウゴクサバノオは、昨年、上の方で見つけたところが、豪雨の土砂で埋まっていて、見れませんでした。
下の方のは、実になっていて。

前日、歩いたところで、サバノオは見ることができたので、良し!としましょう。
d0182075_01273814.jpg
フデリンドウ、今年初。
d0182075_01274704.jpg
こちらは先週歩いた際に写したヒトリシズカ。
d0182075_01275428.jpg
ようやく、山を歩けるまでに回復しましたが、25日から入院。
26日から、再び抗がん剤治療。辛いけど、山の花をまだまだ楽しみたいので、頑張ります。
皆さんの励ましがありがたいです。

昨年は行かなかった遠征も企画しています。どこに行くかは内緒(笑)
前回の入院で萎えた気持ちも、ようやく復活し始めましたよ~!
でも、皆さんのブログを見ることが極端に少なくなり、お邪魔していません。
コメントをいただいていながら、申し訳ありません・・・(詫)

by furaibow581203 | 2019-04-22 05:15 | 背振山地の山歩き | Comments(10)
3月24日(日)晴れ

25日から4月2日まで入院、治療いたします。
再発しました・・・。
今回は、放射線治療と抗がん剤治療。放射線治療は5月初めまで外来でも。
厳しい状況ですが、頑張るしかない・・・。
入院していますので、コメントへの返事が遅れます。お許しを。

畑の仕事もあったので、サクサクっと歩けるコースを考えました。
山中地蔵からの金山。これなら、今の風来坊にも安心。
さらに距離を短縮して、キャンプ場からで無く、林道から取付きました。
佐賀側から歩くのは少ないんですが、傾斜が緩やかで良い(笑)
途中から、バリエーション・ルートを歩いて、金山の山頂には昼前に。
d0182075_04352668.jpg
既に10名弱の登山客がランチ中。
風来坊は北側の展望が開けたところに座って、昼食。
済ませたら、下山。
d0182075_04353574.jpg
ブナの新芽は、あとひと月ほどで楽しめるでしょうかねぇ・・・。
山中地蔵分岐近くの庭園風のところも緑は少ない。
d0182075_04354165.jpg
この登山路の名所?の滝へ立ち寄り、パチリ。
d0182075_04354943.jpg
4時間ほどの山歩き、ちょうど良い感じで歩けました。
d0182075_04355549.jpg
今日、出合った花は、ホソバナコバイモに
d0182075_04413035.jpg
ワサビの花。
d0182075_04413807.jpg
2週前に脊振でつぼみを見ましたが、ようやく花に会えました!
ショウジョウバカマもあちこちで咲いていました。今年初!
d0182075_04543910.jpg
実は、今日のお目当ては、バリエーション・ルートにあるショウジョウバカマ。
前日の雪がうっすらと残っていて、咲いているのが分かりにくかったんですが・・・。
d0182075_04544768.jpg
こんな感じで顔を出していました。
d0182075_04545602.jpg
ゆっくりと楽しんでいたら、もう一人ここを訪ねてきました。
少しだけお話させていただきました。大切にしたい場所ですよね。
d0182075_04553490.jpg
金山、今日は花乱の滝から登ろうかとも考えたのですが、時間を考えて止めました。
山で会った方に聞いてはいたんですが、ブログに載せるにはこの目で確認してから帰りに寄ったら、花乱の滝付近の林道から上は閉鎖中。
d0182075_04554495.jpg
登山口近くの林道の舗装を行っているからと思います。
予定の工事期間は終わっているので、もう少ししたら開通しそうと思われます。
でも、登山口への横からの林道は通れます。
知っている方は、そちらをご利用してくださいませ。

今日の行程
 登山口9時6分→山頂11時43分~12時8分→登山口13時9分

by furaibow581203 | 2019-03-25 09:33 | 背振山地の山歩き | Comments(20)