人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

カテゴリ:グルメ( 288 )

9月30日(月)曇り時々晴れ
明日から10月、いよいよ残り三か月。
このところ、疲れを感じやすいので、活力をうなぎで補充!することに。
中州の吉塚うなぎが好きなんですが、新しい店が出来ているようですので、そちらへ。
薬院の「山道」へ。
d0182075_00102512.jpg
人気店なので、予約して行きました。場所も遠いですしね。
メニューは、丼もあるのですが、うな重にします。
最近は、うなぎが取れないので、高くなりました・・・。でも、仕方ないです。
d0182075_00103353.jpg
店内はきれいで、テーブルの上にはランチョンマット(紙)が敷いてあります。
d0182075_00103864.jpg
うな重の前に、小鉢と茶碗蒸しが出てきました。
d0182075_00104680.jpg
そして、お待ちかねのうな重。
やっぱり、うなぎは良い。香り、味が何とも言えません。年に1回は食べたいと思います。
d0182075_00105272.jpg
吉塚は、タレが別皿で来るので、濃いめの味を楽しめますが、今日はやや、あっさり味で。
日本人で良かったと思えるうな重を堪能しました。

by furaibow581203 | 2019-10-05 00:08 | グルメ | Comments(0)
9月20日(金)曇り
テレビで煮魚少年と言う変わった名前の定食屋を知った・・・。
煮魚を専門に出す店らしいが、面倒な煮魚を専門にするとは面白い。
で、行ってみることに。
キャナルシティから住吉神社に向かって歩くと神社の手前にありました!
d0182075_05093563.jpg
オープン直後の11時30分過ぎに行きましたが、既に先客が6、7名。人気店ですね。
メニューには色々な煮魚がありますが、定番らしいサバの味噌・醤油煮の二種類を注文。
注文は、魚を選んで、ごはんのセットも選ぶ。
ご飯にはおかずを付けるか付けないかの選択があります。
風来坊はおかず1品(卵焼き)を付けたセットで注文。
しばらくして出て来ました!
d0182075_05094475.jpg
サバは思ったよりは小さいけど、二種類ありますので、味の変化を楽しめます。
左の瓶は高菜の漬物。専用のトングで好きなだけ、取って、食べれます。
サバは、左が醤油煮、右が味噌煮。サバの数を増やすことも出来るようです。
d0182075_05095125.jpg
スプーンが付いてくるので、煮汁を味わえるのは嬉しい。
d0182075_05095740.jpg
また、香辛料を掛けて、味の変化も楽しめます。
サバは小さいですが、このサイズがサバを安く仕入れることが出来るのだと思います。
二切れでも十分おかずの量としては、十分。
次に行く時には、他の煮魚も試してみたいと思わせるお店でした。

by furaibow581203 | 2019-09-23 23:37 | グルメ | Comments(2)
8月10日(土)晴れ
今日から三連休、例年なら、お盆に夏休みもあるんですが、今年は大体休みが多く、
会社の年間休日を満たしたため、盆休みは無し。
と言っても、この時期は仕事も少ないので、有休取得推進期間で、ほとんどの人が有休を取得して休みます。
風来坊は、すでに7月に計画有休を消化して、昨年病気で有休、全部消化しましたので、今年は少ないんです。
ですから、カレンダー通りの勤務。
ただ、折角ですので、帰省して、親孝行や友人との時間を過ごすことにしました。

午前中に帰って、庭の手入れ。庭にはびこるヤブカラシ。
2、3年前から除草剤を葉に塗って枯らそうとしているんですが、なかなか根絶やしに出来ません。
昨年は、病気で対策が出来ませんでしたので、再び、勢いを取り戻している様子。
この除草や雑草取りを済ませて、夕食は焼肉。
貧血気味の風来坊に肉をとの母親の配慮。遠慮なく、食べることにしました。

小松原にあるヨコムラに初めて行くことに。
d0182075_07471413.jpg
店のオープンは、17時から。電話で聞くと、
「予約は取らないけど、17時ごろなら十分空いています」
とのことでしたので、17時10分前に行くと、一番乗り。
開店と同時に掘りごたつのテーブルに座って、注文。
特選盛り合わせ(6,000円、5~6人前)とタン塩をとりあえず注文。
出てきた盛り合わせは、思ったより豪華。
d0182075_07472017.jpg
これに、ステーキ肉(ほかの肉からの変更で)
d0182075_07472584.jpg
これだけあれば、かなりの量です。
7人で、盛り合わせを2つに塩タンやホルモンなど頼みましたが、おなか一杯になりました。
d0182075_07473122.jpg
最初は、塩タンから開始。あとは、適当にいただきました。
初めてのお店でしたが、みんなの満足度高く、チョイスして良かったです。
鹿児島では、「白川」とこの「ヨコムラ」が比較的安くて美味しいと評判ですが、
白川ほど混まず、値段も変わらない感じでしたので、次からはチョイスに迷いそう。
肉の脂身が少ないのが、ヨコムラで、多いのが白川と思うというのが、妹の診断結果でした(笑)

12日に帰りましたが、昼には、鹿児島中央駅のアミュプラザにある「素敵庵」でも肉をいただきました。
d0182075_07473740.jpg
980円のランチ。安い!
昼時で帰省客も多かったので、かなり混雑して、待ちました。
カップスープが先に出て、パンと熱々のステーキ皿に盛られた肉と野菜が続きます。
d0182075_07474290.jpg
これで、1,000円未満は安い。
鹿児島は、畜産王国でもありますが、それを実感した休みでした。

by furaibow581203 | 2019-08-13 07:01 | グルメ | Comments(2)
8月5日(月)晴れ
出張で、北九州へ。
北九州でお昼を食べる時の一番の候補が、八幡にある芭蕉庵。
かれこれ、20年ほどのお付き合いになります。
八幡駅から歩いて、5分ほど、尾倉のバス停前に店はあります。
d0182075_00402342.jpg
駅方面から歩いていたら、手前に調剤薬局が出来ていて、お店が見えず、閉店か?と慌てましたが
ちゃんとありました(嬉)
店内の自動販売機で、鴨せいろ(1,700円)を選択。
ここは全体的に値段は抑え目です。鴨せいろも食べれば、納得のお値段です。ご安心を。
鴨肉の焼ける匂いを楽しみにしていたら・・・
d0182075_00402865.jpg
鴨肉は、厚く切った鴨肉が6枚。焼きネギもたっぷり。
蕎麦と鴨肉を楽しみました。そば湯も最後に足していただき、満足しました。
ここが近くにあると嬉しいんですが、でも、出張の楽しみでもあります。

by furaibow581203 | 2019-08-09 00:46 | グルメ | Comments(2)
7月7日(日)晴れ
山を終えて、帰りに、盛岡でお土産購入、そして、盛岡三大麺の一つ、じゃじゃ麺をいただくことにした。
選んだのは、じゃじゃ麺の元祖の白龍(ぱいろん)
ナビの設定に従っていくが、狭い道に入りそうだったので、違う筋に入ったら失敗。
次にナビの通りに通っても、駐車場が無く、仕方なく、三度目の正直で、近くのお役所関係の有料駐車場に停めて(お店は城跡近くにあり、周囲は官公庁ばかり)、お店へ。
盛岡の街を走っていても、人が少ないのですが、この店の周囲だけ賑わっていました(少し盛ってます)
d0182075_06552991.jpg
店内は、カウンター席と小さなテーブル席。20名弱で満席とこじんまりした店です。
風来坊は、テーブル席にカップルと相席しました。
カウンターやテーブル席には、生卵が丼に山盛り。
d0182075_06553905.jpg
卵、どんなふうに使うかというと・・・。
その前に、メニューの紹介。
じゃじゃ麺、小、中、大とあります。中で600円。
下に「ちいたんたん(玉子スープ)50円」とありますが、それに使う卵でした。
d0182075_06554804.jpg
じゃじゃ麺を、混ぜて、普通に味わい、ラー油やニンニクなどで味の変化を楽しんだ後に、少し残した野菜と麺に卵を落として、混ぜたものにスープを入れてくれるので、味噌などで味を調えて味わうのだそう。
風来坊には、少し重すぎるのでチャレンジしませんでしたが、行かれる方はぜひ、チャレンジを!
d0182075_06555595.jpg
そのスープのことを「ちいたんたん」というのです。

じゃじゃ麺、平打ちの麺に肉味噌ときゅうりが載せてあり、横におろしショウガとショウガのかたまりが添えてあります。
先ほど書いたように、かたまりのショウガ以外のものは混ぜます。
d0182075_06560375.jpg
こんな感じにです。
あとは、途中でラー油・酢などで変化を楽しんでいただく。
d0182075_06561095.jpg
あまり、期待していなかったじゃじゃ麺(失礼)でしたが、これが美味しかった!
前のカップルの会話を聞いていたら、駅前の支店より、ここの本店がやっぱり美味しいと。
「何でだろうね」と話していました。
最後の最後まで満足できて、良かったです。岩手、バンザイ \(^o^)/
皆さんも盛岡に行ったら、食べてみてくださいませ。

by furaibow581203 | 2019-07-20 15:56 | グルメ | Comments(6)
7月5日(金)曇り
久々の遠征に選んだ岩手の花巻。二日目の山の記事の合間にグルメの紹介を・・・。

花巻は、小さな町ですので、お店のチョイスに迷います。昼と夜の間の休みを取る店が多いんです。
お昼時間をかなり過ぎた時間だと苦労します。
山歩き前の昼食に選んだのは、花巻駅から400mほどにある「花龍(かりん)」
ここは、昼の休憩時間が無い様だったので、花巻に着いて、15時ごろの昼食には最適と判断。
ナビの案内に従って、走らせます。住所は大通ですが、最後に小さな路地に入っていくとあります。
なかなかに歴史を感じさせる建物です。
d0182075_06531961.jpg
お店の入り口の電気は消えていましたが、声をかけると、すぐに対応してくれました。
店内も外観と同じような古風な作り。
懐かしい感じです。
おしぼりが出てくるのも久しぶり。夏なら、これで汗を拭くでしょうね、オジサンなら。
d0182075_06532437.jpg
ここは、「焼きおにぎり定食」(670円)が人気らしいので、それを注文。
おかずには、野菜の天ぷらでしたが、魚だったり、コロッケだったりとおかずは日によって、もしかしたら時間によっても違うと思われます。
待つことしばし、お盆の上にきれいに並べられた定食。
d0182075_06532911.jpg
おにぎりが、丸い!しかもこげ茶一色。八丁味噌を塗ってあるようだが、中は白い。↓
腹黒い人とは真逆。清廉潔白、誠心誠意なおにぎりでしょうね、きっと(笑)
d0182075_06533566.jpg
定食のあとには、水ようかんが、お茶とともに出てきました。
観光地では、このくらいで結構高いお店もあるのですが、ここは良心的。
最初のチョイスは大成功。山のチョイスと同じで満足しました。

by furaibow581203 | 2019-07-18 18:20 | グルメ | Comments(0)
6月13日(木)曇り
1年ぶりの沖縄出張。前日は、お気に入りの「いつ世」でてびちなどをいただき、満足。
今日の昼食は、沖縄そばに決めて、リサーチしていました。
今回選んだのは、ゆいレールの小禄と赤嶺の間にある「とらや」
帰りの飛行機に乗るのに都合が良いですし、近くのイオンで買い物も出来ますから便利な場所です。
12時過ぎに立ち寄ったら、意外にすんなり入れました。
(写真は、帰りに撮影。店の前に数名並んでいました)
d0182075_20555367.jpg
外観は古びた感じでパッとしないけど、店内は、きれいに整理整頓されて、気持ち良い。
カウンターも奥行きがあって、圧迫感がなく、内装などはとても気に入りました。
d0182075_20555956.jpg
メニューは、下の写真の通りですが、店内に入ったら、先に自販機で券を購入します。
平日は、ご飯ものが、80円と割引価格です。
風来坊、思わず、ご飯のものまで注文してしまいました。
d0182075_20560590.jpg

着席すると、店員さんが、漬物の容器を置いてくれ、麺の希望を聞きます。
中細麺と平麺があるんですが、中細麺を勧めています。
風来坊、とりあえず、お勧めの中細麺でオーダー。

少し待ったら、熱々のそばとひじきが高く盛られたご飯がきました。
ソーキは別皿に盛ってあります。(沖縄そばの三枚肉は丼に一緒に入っています)
スープが熱々なのが好きな風来坊のツボをぐいぐいと刺激してくれます(笑)
d0182075_20561153.jpg
スープを味わい、麺をゆっくりと味わい、ソーキにかぶりつきます。美味しい!
漬物も良い感じの味付けで、口直しにも、ご飯にも、とっても合う。
お店に入った時には人が少なかったのですが、帰るころには外で待っている人もいて、納得しました。
なかなかの良店と思いました。また沖縄に行く機会があれば、再訪間違いなしです。

by furaibow581203 | 2019-06-14 05:53 | グルメ | Comments(2)
4月13日(土)晴れ
結婚記念日が近いので、家内と食事に行くことにした。
折角なので、長女と次男も一緒に4人で楽しむことに。多い方が賑やかで良いからねっ!
そうなると、予算が心配になるんですが、ここは、リーズナブルと聞きましたので、予約。
場所は、西新のオレンジ通りから路地に少し入ったところ。
こんなところに鉄板焼きの店があるとは知りませんでした・・・。
名前も、フクダサンチとは面白いネーミング。楽しみです。
周りには、何軒か食事の店があります。
d0182075_02291407.jpg
入口には、「本日は予約のため満席」と書かれてありました.
私たち以外には、もう一組がテーブル席で先に食事中。小ぢんまりとしているお店ですね。
頼んだのは、お魚も付くリーズナブルなコース(笑)
魚介類は、鯛とホタテを焼いてくれるよう。
d0182075_02292292.jpg
お肉は国産牛。阿蘇の赤牛のコースもあります。
d0182075_02292831.jpg
そして焼き野菜。
先に焼く食材を見せてくれます。
野菜や魚介類は糸島産のものを購入していると聞きました。
d0182075_02293424.jpg
魚を焼いている間に、前菜。鴨のローストやサザエのバター焼きなど。

鉄板で魚を焼くのを見ながら、ゆっくりといただきます。
d0182075_02294224.jpg
しばらく待って、焼けた鯛は、皮がパリっと身はふっくらして、美味しい。
d0182075_02295022.jpg
私たちの魚を焼いた後に、もう一組のお客さんの肉を焼いてから、私たちの肉を焼き始めてくれます。
d0182075_02300096.jpg
焼いた野菜を先に皿にのせてくれましたので、手前の岩塩を付けたりしていただきます。
d0182075_02320487.jpg
フランベの際には、撮影の準備ができるまで待ってくれます(笑)
d0182075_02321032.jpg
そして、一口サイズに切って、皿に盛ってくれます。
風来坊はお腹が膨らんできたので、肉は少なめ。
d0182075_02324439.jpg
最後にガーリックライスと赤だし。
d0182075_02325154.jpg
これに、アイスとコーヒーでコース終了。
HPにコースの値段が書いてありますが、リーズナブルな値段です。
西新は、まだまだ開拓の余地がありそう・・・。

久々に食事の店をアップしました。
  お店のHPはこちら→  http://fukudasanchi.com/

先日の入院でかなり体力が落ちましたが、少しずつ回復して入院前に戻りつつあります。
この週末は、畑仕事に花散策も楽しんだほどです。来週は、もう少し山歩きを頑張れるかも。

by furaibow581203 | 2019-04-15 06:31 | グルメ | Comments(16)
5月12日(土)晴れ
大崩山を終えて、美人の湯でのんびりと汗を流したら、延岡へ。
日曜は、尾鈴山と決めましたので、延岡で食事を楽しみます。
情報が少ない中、選んだのが、ホテルに近い「多賀田」
d0182075_03012004.jpg
店内は、カウンターと個室がありました。
腰の悪いKさんでしたので、急遽、畳の上にテーブルを置いた席に変えていただきました。
先ずは、三種盛りで乾杯!
d0182075_03012653.jpg
次に出たのは、エビとニベの焼き物などの三種盛り。
d0182075_03013154.jpg
エビとニベの焼き物が美味しかった。
そして刺身は、今朝釣ったばかりのアジ。
d0182075_03013883.jpg
これが美味しかった。
カツオも添えてあったのですが、アジが美味しくて。
刺し身は好きですが、同じものを何切れも食べない風来坊もたくさんいただきました。
次は鯛の真子の煮付け。
d0182075_03014474.jpg
椀物は、ハモの土瓶蒸し。
d0182075_03015097.jpg
ハモは京都では夏、良く出ますが、久し振り。
小エビのかき揚げも出て来ました。
d0182075_03015550.jpg
さらにニベの煮付けも。
九州風の甘い煮付けでしたが、Kさんも食べてくれました。
d0182075_03032697.jpg
これで終わりかと思ったら、牛肉ステーキ。
d0182075_03020133.jpg
そしてご飯。味噌汁はアジのアラを使って。
d0182075_03021365.jpg
デザートは写すのも忘れました(笑)
このコースで、4,000円。お酒込みでは、5,500円でした。
延岡の相場で安いのか、高いのか、分かりませんが、大満足でした。

by furaibow581203 | 2018-05-16 23:58 | グルメ | Comments(6)
3月23日(金)晴れ
今月誕生日を迎えた次男、4月には就職するので少し贅沢にお祝いを。
どこが良いかと聞いたら、「皿で出て来ない寿司屋」と。
寿司屋か・・・。良い寿司屋には縁が無い風来坊。
色々と調べて、風来坊の財布が耐えられそうなのが「小柳寿司」のよう。
予約して、今日を迎えた。待ち合わせて、18時半にお店へ。
ネットに紹介されていたお店は「いかにも昔のお寿司屋さん」と言った外観でしたが
洗練された感じのお店でした・・・。
d0182075_03140738.jpg
店内に入って、カウンターでも小上がりでもといわれましたが、4人なので小上がりへ。
カウンターの様子はこんな感じです。
d0182075_03141334.jpg
息子と私はビール、家内と娘はウーロン茶を注文して、乾杯!
最初の一品はツブ貝。
d0182075_03190227.jpg
次はアラ刺し。大きな皿に3枚ずつ。
d0182075_03192220.jpg
小ネギを巻いて、ポン酢でいただきましたが、アラは美味しいですね。
次は長い木に盛ってきたヒラスにマグロ。小皿に移して撮影。
d0182075_03204534.jpg
ビールからお酒に。ぬる燗で(嬉)
普段、家では食べない刺身ですが、やっぱりお店でいただくのは美味しい。
茶わん蒸しもねっ・・・。
d0182075_03243102.jpg
焼き魚はシシャモでした。意外。
d0182075_03252191.jpg
もちろん、ちゃんとしたシシャモ。
尾頭付きですから縁起が良い。今日の席にはちょうど良かった。
煮物はキンキ。風来坊は目玉の付近を。
d0182075_03274520.jpg
骨をしゃぶるようにしていただきました。
そして、貝。何貝だったか忘れました(笑)
d0182075_03285487.jpg
ここからはお寿司。まずはクルマエビにヒラメ。
d0182075_03304543.jpg
クルマエビはまだ身が動いていました。活きエビで良いかどうかは直前に聞いてから。
そしてコハダにマグロ。
d0182075_03305082.jpg
ウニにアナゴです。ウニは九州では3月が解禁になりますので旬。
d0182075_03305956.jpg
先ほどのクルマエビの頭やしっぽを焼いてくれて・・・。
d0182075_03310766.jpg
最後は焼き目を付けたアラ。
d0182075_03353041.jpg
椀物は最後にしました。家内と娘はお寿司の最初から。
d0182075_03353849.jpg
風来坊はこれで満腹。息子は、アマダイやサザエなど追加して満腹に。
最後にデザートの果物。
d0182075_03354481.jpg
これが7,500円のコース。家族も満足してくれました。
財布も何とか耐えることが出来て、良かったです。
家族や知り合い同士で使うには良いお店と思いました。

by furaibow581203 | 2018-03-25 03:39 | グルメ | Comments(8)