人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2019年 09月 09日 ( 1 )

9月8日(日)曇り
気になる花があり、雷山、井原山を周回する予定を立てた。
脊振を歩くときは参加したいと頼まれていたかずさんに直前に声掛けしたところ、
参加されるとのことで、二人で歩くことに。
時期的には、花の端境期になるんですが、場所とかをお教えすることに。遺言と思って(笑)
久しぶりに中腹林道を歩きます。
最初は変わらない印象でしたが、ある程度進むと歩いた形跡が少なく、雑草が勢力を増していました。
d0182075_05382414.jpg
途中、道が分かりにくいところがあり、少し間違えたほどです。
登り初めにも案内があったのですが、林道に降りたところでも案内をしていました。
糸島市は結構、親切です。
感謝せねばなりませんが、その前に歩くルートの情報をちゃんと入手しなければいけませんね。
d0182075_05383153.jpg
帰ってから、調べると・・・ 糸島市のHPにちゃんと案内がありました。
準備不足が露呈しました(反省)
d0182075_09354169.jpg
d0182075_09355687.jpg
HPには、工事が、9月末までとなっていますので、あと少しの辛抱です。
でも、日曜で工事が休みでしたので、林道(上の新しい林道)を普通に何事もなく歩いて、清賀の滝の近くから、登山路へ。
※工事は、下の古い林道かも知れません。
清賀の滝の水量多く、迫力がありました。
d0182075_05383613.jpg
手前左の小さな滝も、水がそこそこ流れていて、写していたら団体さんに追い越されました。
が、隊の最後の方が、コヨーテさん、おお、お久しぶりです。
風来坊が痩せたので最初は分からなかったようでした。少しお話ししましたが、懐かしかったです。
清賀の滝で交わしたお約束、ちゃんと果たせるように頑張ります!
d0182075_05384294.jpg
滝から上は、しばらく急登が続きます。
体力が無い風来坊、かなりのスローペースですが、相手のかずさんも似たり寄ったりのペースで安心しました(笑)
ですから、追い越されるばかりでしたね。
d0182075_05384784.jpg
滝から、上宮まで1時間ほど。
この時点で、10時半を過ぎていましたので、昼食は雷山山頂にしましょうと決めました。
d0182075_05385338.jpg
普通なら、ここから30分ほどで山頂ですが、足取りは重たい・・・。
野生児と言われたかずさんも、「痩せ意地」で頑張っていますが、風来坊を追い越す勢いは全く無し(笑)
d0182075_05391562.jpg
この坂を登っているときに、追い越された方が、折り返して下ってくるのに出会います。
聞くと、山頂はガスって展望もなく、風が強く寒いほどだとのこと。
じゃあ、汗をかかない今のペースのままで。
d0182075_05392287.jpg
ようやく急登が終わるところくらいからブナの木が目立ち始めます。
折角ですので、接写!
d0182075_05392892.jpg
そして、山頂手前の祠。ここからは、あと少し。
d0182075_05393402.jpg
でも、そうそう早くには行けません。
のんびりとコケでも写して・・・。
d0182075_05402632.jpg
そうこうしていると、日が差し始めてきました!
d0182075_05403367.jpg
太陽から、元気をチャージして、最後のひと踏ん張り。
とはいかず、ヘロヘロのかずさんでした。
d0182075_05404009.jpg
スタートから4時間ちょっとかけて、ようやく山頂。
この日の雷山の山頂は大賑わい。私たちが着いた時には、熊本からの団体さんが大勢。
d0182075_05404767.jpg
大勢の人から逃れるように、岩の陰に移動して、昼食。
登ってくる途中のソーメン岩にちなんで・・・。
d0182075_05405661.jpg
今日もソーメン。
というのはこじつけで、買ったソーメンが、あと1回分残っていたからでした(笑)
d0182075_05411200.jpg
でも、見た目は良くしようと、スダチの輪切りを散らし、塩分補給に梅干しも添えました。
薬味は、シソとミョウガ。ショウガは色がすぐに茶色になるので不採用。
ソーメン2束、以前なら軽く食べていたのですが、今は、時間をかけて、ようやく完食。

食べ終えてから、井原山方面に向けて、縦走路を歩きます。
d0182075_05412346.jpg
944のピーク(富士山)の手前にある糸島尾根への道。
昨年くらいに、分岐からしばらく続くササが刈られていましたが、案内板まで設置されていました。
そんなに魅力的な道では無いんですがねぇ・・・。
でも、エスケープルートには使えますので、便利かな。
d0182075_05413678.jpg
944のピーク手前のススキ。青空をバックに写します。この時期、必ずと言って良いほど使う構図です。
マンネリで申し訳ありませんが、ススキが出始めると撮りたくなるんです、お許しくださいませ。
d0182075_05423147.jpg
縦走路を歩きながら、このペースなら井原山の山頂はパスして、手前の分岐から、下ろうと決めました。
ここは好きな場所ですが、登るのがキツイ。写真を写して休みを取ります(笑)
d0182075_05424737.jpg
洗谷への分岐まできましたが、あと、もうひと登り、残っています。
そこを登れば、あとは下るだけです。
d0182075_05435739.jpg
何んとか、最後の登りをクリアして、正面道への分岐へ。7時間近く経過。
d0182075_05440734.jpg
正面道を下り、アンの滝へご挨拶。
水量が多く、水しぶきで涼しかったです。
d0182075_05441565.jpg
キトク橋に着いた時には、約9時間経過。長い一日でした。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
かずさん、遅くなりすみませんでしたが、知っている情報は、ほぼお伝えしました。
あとは、どれくらい残っているかですが、それはかずさん自身の問題です(笑)

今日の花、まずは、アメリカフウロかなぁ・・・。
風来坊「フウロソウの仲間のようですが、何ですかねぇ・・・」
かずさん「アメリカフウロとかじゃ、ないですか~」
風来坊「なるほど・・・」と話していたんですが、調べると、アメリカフウロの可能性が高い。
かずさん、当たりました!(数、打ちゃ当たる!のではなく、一発目に当てました)
似た花にゲンノショウコがありますが、シロバナは東日本には多いらしいが、九州には少なそう。
ゲンノショウコは、「乾燥した葉を煎じて飲むと20~30分で効き目が現れることから「現に良く効く証」という意味で名前が付けられた」(四季の山野草より抜粋)そうですが、アメリカフウロも同じような効用はあるんでしょうかねぇ・・・。
d0182075_05444489.jpg
次は、オタカラコウ。アンの滝周辺で咲いていました。
d0182075_05445832.jpg
この時期、オトギリソウは多いですが、標高の高いところでは終わっていました。
d0182075_05451086.jpg
キツリフネ、まだ、咲いている花が少なく、今年は遅く、少ない気がします。
d0182075_05455207.jpg
ツリフネソウも少ない印象。
ハチがホバリングしているところをパチリ。
d0182075_05460149.jpg
ヤマホトトギス、今が盛りかな。
d0182075_05461425.jpg
これから、増えると思われるのが、アキチョウジ。
色が濃いのが好きです。
d0182075_05462410.jpg
今回、一番多いと思っていたクサアジサイ。意外に少なかったです。
d0182075_05463479.jpg
縦走路でたくさん見れると思っていたツルニンジンも、意外に少なく・・・。
ですから、見つけた時には嬉しかったです。
でも、スズメバチに気を付けて・・・。今日はいませんでしたので、安心してパチリ。
d0182075_05465994.jpg
下山途中にあったソーセージじゃなくて、ツチアケビ。
このルートで見たのは、初めての気がします。
d0182075_05475641.jpg
同じ茶系では、タマゴタケが受けました!
かずさん、初めてらしく、かなり喜んでくれました。普通に見かけると思うんですが・・・。
d0182075_05480747.jpg
レイジンソウ、もう咲いていると思っていたら、まだ、つぼみでした。
しかも、まだまだ先の感じ。
d0182075_05482606.jpg
ツクシミカエリソウも、まだまだで・・・。こちらも、期待外れ。
d0182075_05483566.jpg
気になる花は、こちら。
ポンちゃんのレポで、今年も花芽が付いていないのは知っていましたが、自分の眼で確かめたく。
いつになったら咲くんだろう。
葉っぱは昨年よりは大きくなっていますので、来年に期待。
d0182075_05494023.jpg
良い意味で裏切られたのが、アケボノソウ。
見かけたほとんどが、まだまだ、つぼみが硬かったのですが、この1株だけ、咲いていてくれました!
好きな花ですので、嬉しい!
d0182075_05492432.jpg
アケボノと言えば、こちらも。
ポンちゃんから教えてもらった場所のです。
d0182075_05494712.jpg
でも、同じ花を雷山川で、発見しました! 風来坊的には、これが一番うれしかったです。
d0182075_05493431.jpg
前に、ポンちゃんと探したのですが、無くて・・・。ここには無いと思っていたんですが、ありました!
予定していたより、かなり遅く下山しましたが、この時期のこのルートをじっくりと観察できました。
お付き合いいただいたかずさん、ありがとうございました!

今日の行程
 洗谷登山口7時30分→清賀の滝9時26分~37分→上宮10時38分~47分→雷山11時43分~12時22分
 →正面道分岐14時16分→キトク橋16時27分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2019-09-09 05:42 | 背振山地の山歩き | Comments(12)