ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2018年 06月 04日 ( 1 )

6月2日(土)晴れ
先週が満開と皆さんが記事をアップされていたんですが、まだまだ間に合うと判断して
いそいそと出かけました。
晴れが続いているので歩きやすそうだし。理由はいくつも並べることが出来ますね(笑)

昨年と同じように深夜2時に出発。4時半過ぎに男池に着いて5時前に出発。
少し、空が白み始めた頃でした。
d0182075_03281219.jpg
でも、森の中は暗いので、ヘッドランプを点けて歩きましたが、しばらくしたら消灯してもOKでした。
d0182075_03281730.jpg
かくし水まで20分ちょっと、水量が少なく沢から取水していました。
水量が少ないので、濁りなど気にして、飲まずに進みます。
d0182075_03282359.jpg
東尾根に取り付く頃には、陽も差し始め、登るにつれて明るくなります。
d0182075_03282871.jpg
でも、この急登がきつく、何度か休んで、息を整えます。
木が低くなり、大船山が木の間から見えるようになると1,500mまで登ってきたことになり
元気が出ます。ちらほらとミヤマキリシマもあるのでなおさら。
そして、男池から1時間40分強で平治岳山頂。
ミヤマキリシマも満開。
d0182075_03283417.jpg
色があせはじめた株もありますが、大半は満開状態。
昨年風来坊が見たのよりきれいでした。
まだ、太陽が低く、影が映りますが、おかげで、影平治岳を写すことが出来ました。
d0182075_03284010.jpg
しばらく待つと、何とか自分の影が映らないようにして写しますが、どうしても手だけはチラリと。
d0182075_03284746.jpg
涌蓋山もきれいにミヤマキリシマでお化粧。
d0182075_03285920.jpg
三俣山を入れるには、自分の影が入りますので、あえて入れてパチリ。
d0182075_03290900.jpg
でも、一面のミヤマキリシマ、本当にきれいでした。
アップで写しても、こんな状態のが多かったです。
d0182075_03291718.jpg
北峰と南峰の鞍部から見上げたのを写します。
この頃にはだいぶ、人も増えてきました。
d0182075_03294460.jpg
南峰からもう一度写します。
d0182075_03295239.jpg
北峰を入れ忘れたので、もう一度(笑)
d0182075_03295929.jpg
南峰からの三俣山は定番ですが、まだ影が映りますねぇ。
朝早いとこれが欠点なんですよねぇ・・・。
d0182075_03300801.jpg
皆さん、あちこちの岩に立って、撮影しています。
風来坊は人がいても気にしませんが、人を入れたくない人もいますので、長居は無用です。
d0182075_03301698.jpg
そんなこんなしている間に続々と登山客。皆さん、登ってから歓声がひときわ大きくなる感じ。
大阪からと思われる団体さんも喜んでいました。この風景はくじゅうならではですもんね。

そしてミヤマキリシマだけでなく、ベニドウダンや
d0182075_03302400.jpg
シロドウダンも満開
d0182075_03303175.jpg
下りでは、白のミヤマキリシマが昨年より花が多くて目立つ。
d0182075_03303979.jpg
昨年は少なかったので、気付かない人も多かったと思いますが、今年は気付かない方が少ないでしょう。
大戸越まで来ると、登山客がうじょうじょ。登りの登山道も人の列。
d0182075_03304710.jpg
昨年は、大戸越から帰りましたが、今年は北大船山まで登り、段原から風穴へと降りて帰るルートを選択。
これなら、人に会うのが少ないと考えてのことです。
また、段原から風穴までは歩いたことがありませんので、一度はと。
大戸越から少し上のツクシドウダン。
d0182075_03305517.jpg
オオヤマレンゲはつぼみだけで残念。まだ、6月初めですからね、仕方ありません。
でも、次の週末には開いているのが見れると思います。
低木や火山礫で歩きにくい登山路を登っていきますが、時折振り返ってみる平治岳がピンク一色。
d0182075_03314550.jpg
山裾まで流れるように色づいてきれいです。
風来坊が今まで見た平治岳で一番きれいだったと思います。
d0182075_03315317.jpg
上に登っていくと、イワカガミや
d0182075_03320004.jpg
マイヅルソウが増えてきて、登りも楽しく感じます。
d0182075_03321048.jpg
北大船山の肩まで登って、手前のミヤマキリシマと一緒に写しても良い感じ。
d0182075_03321986.jpg
何度も似たような構図で撮りました。でも、良いですねぇ。燃えるようなピンクにうっとり。
d0182075_03322818.jpg
三俣山も同じような構図で。
d0182075_03323926.jpg
振り返って、大船山も同じように。考えがパターン化しています。
d0182075_03324822.jpg
北大船山に来てから、斜面と三俣山。
d0182075_03333834.jpg
同じく斜面と平治岳。
d0182075_03341111.jpg
山頂の標識と大船山。
d0182075_03342582.jpg
調子に乗って、写していたら、北大船山でデジカメの電池が切れました。
前日に充電しようか、迷うくらいの残量でしたので、気を付けなきゃと思っていたのですが、
見事なミヤマキリシマを見て、すっかり忘れていました・・・。
段原まで来て、試しに起動したら写せたのでパチリ。でも、ここでダウン。
d0182075_03351926.jpg
段原でカレーめしを食べて、下山。
米窪を抜けましたが、ミヤマキリシマの間を抜けるのが大変でした。
下りになると大戸越からの下りよりは下りやすく。風穴まで来るとここからは経験済み。
d0182075_03355962.jpg
でも、ここからは岩場が続く道ですので、歩きにくいですが、人には会いません。
ソババッケからは人とすれ違いますが、相当な登山客が入山したと思う割には静かに歩けました。
ヨウラクツツジは久し振り。
d0182075_03360965.jpg
サワルリソウは、まだ開花し始めたばかりで、開いているのが少なかった。
d0182075_03361896.jpg
なので、バイケイソウをパチリ。
d0182075_03362684.jpg
ほかの場所へ移動して、イナモリソウを写す時に1枚だけデジカメ復活。
昨年は沢山開花していましたが、今年はこれを含めてまだ、3輪だけ。
d0182075_03363595.jpg
もう少しあとの方が良さそうでした。
帰りも下道で、途中、日田でチャンポンを食べて、夕方4時半に帰宅。
風呂に入って、ビール、日本酒を飲んだら、バタンキュー。疲れましたが、満足の一日でした。

本日の行程
 男池駐車場4時53分→平治岳北峰6時37分~7時19分→南峰7時30分~52分
 →大戸越8時9分→北大船山9時19分→段原9時24分~49分→男池12時26分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-06-04 03:37 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(14)