ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2018年 05月 14日 ( 1 )

5月12日(土)晴れ
同期のKさんとYさんと一緒に、宮崎の大崩山へ。
全国の山を歩いているKさん、Yさんに大崩山を紹介したくて企画。
風来坊が宮崎に出張するタイミングでの実施となりました。
前日、仕事を終えてから大崩の茶屋に宿泊。
宿は古いけど、食事などは良くて、これで一泊二食5,000円はリーズナブルですね。
d0182075_20084375.jpg
翌日は、5時前に朝食をいただき、300円の弁当を受け取ってから出かけました。
大崩山の登山口では、車内荒らしが多いと聞いていましたので、宿の方にお願いして
宿に預かってもらいました。宿の息子さんの話では、車内荒らしは数年前の話だそうです。
でも、用心するに越したことはありませんからね。

登山口に着いて、6時前に出発。
スタートしてしばらくして、Kさん「予備の水を忘れた・・・」
ここから引き返すと時間のロス。でも水は貴重。
風来坊、Yさんは多めに準備していましたので、計算して、足りると判断。引き返さず進む。
もしかしたら、大崩山荘にはあるかも・・・と山荘の裏を見たらありました!ホッ・・・。
長い時間がかかるし、今日は気温も上がりそうなので水を補給出来て良かったです。
お陰で不安なく進めます。渡渉して、森の中を歩く。
緑がきれい。
d0182075_19454355.jpg
歩いて行くと、ロープ場が。これからロープ、ハシゴが連続します。
d0182075_19454907.jpg
でも、緑に癒されて、歩いていて楽しい。
d0182075_19455749.jpg
今日は折角なので、途中のポイントには全部寄るつもり。
米岩が見えるポイントにも寄り、次の袖ダキ展望所へ。
d0182075_02395744.jpg
祖母・傾縦走をされた女性3人組と抜きつ、抜かれつで進んでいます。
ここではKさん、Yさんも声が出ました(笑)風来坊もポーズを・・・。
d0182075_02400861.jpg
良いポイントですもんね。3人組も一緒にパチリ。
3人組のザックは縦走しただけあって重そう。
d0182075_02401574.jpg
写真の構図の撮り方などをレクチャーするYさん。
ある写真誌の6月号に自分の写真が掲載されると話していました。
d0182075_20085138.jpg
次は、乳房岩。
ここは今まで寄ったことが無く初めて。たまたま、踏み跡に気付いたので、寄ってみました。
d0182075_02402255.jpg
左の下に袖ダキ展望所が写っています。
ここもなかなかに良いポイントでした。
d0182075_02402872.jpg
乳房岩の上に乗った後続のグループの人もいれてパチリ。
次は下ワク塚、中ワク塚へ。
d0182075_02484583.jpg
長いハシゴや、ロープ場をクリアして。
d0182075_02485200.jpg
Kさん、Yさんの後ろに見えるのは桑原山?
木が良い感じで生えていたので、写してみました。
d0182075_20090161.jpg
こからの眺めも良いね!
d0182075_02490042.jpg
もちろん、上ワク塚にも寄りました。
d0182075_02491108.jpg
上ワク塚への登りでは、昨年秋には無かったロープも作りつけてあって安心して行けました。
ワク塚ルートの全展望を楽しんだら、緩やかな森の坂を登ります。
上の方はまだ新緑って感じで良い。
d0182075_02522191.jpg
何とか残っていたアケボノツツジもあり、撮影。
d0182075_02523011.jpg
でも、アケボノはこれくらいで、あとはミツバツツジが満開。
山頂の周囲には結構多いと知りました。
d0182075_02551221.jpg
ミツバツツジのトンネルを歩いているよう。
d0182075_02552033.jpg
登山口から5時間半で山頂。ゆっくり目のペースでした。
d0182075_02552854.jpg
もう11時半ですので、ここで昼食。
途中でも行動食をいただいていましたが、ゆっくりとごはんをいただくのは楽しい。
300円の弁当、なかなか内容充実。アルプスだったら、これでも1,000円と言われるかも。
満足しながら食べたら、下山。
帰りはもちろん坊主尾根。
今日、登ってきたワク塚を見ながら下ることにしますが、その前に花を。
d0182075_02592717.jpg
ツクバネソウや、ワチガイソウが倒れた木の根のすき間で咲いていました。
d0182075_02593623.jpg
ですから、後続のグループに追い越され・・・
d0182075_02594552.jpg
でも、皆さんが寄らなかったところからも展望を楽しみました。
d0182075_02595640.jpg
下ワクと中ワクが見えるポイント。下ワクには人が居ました。
アップすると分かります?
横から中ワク塚を見ると、地層が斜めになっています。
せりあがって出来たのが、大崩山だと分かりますね。ブラタモリで出るかな~?
d0182075_03000901.jpg
地層も気になりますが、風来坊は、岩の模様が気になり・・・。
浮き上がったように見える模様が、鼻が短い象のように見えました。
小積ダキにも寄り、これから歩く象岩・坊主尾根を案内。
d0182075_03002111.jpg
ちょうど人が歩いていました。
上から見るとあんなところを歩くなんて信じられません。
私たちも下って行き、Kさんが象岩を歩くのをパチリ。Yさんは後ろで待機中。
d0182075_03053406.jpg
Kさん、Yさんとも初めてでしたが、難なくクリア。もっと怖がって欲しかったです。
d0182075_03054461.jpg
下りながら景色を楽しみます。
下って行くと長いハシゴ・ロープ場では渋滞が発生。
d0182075_03055533.jpg
岩の上を通り、ハシゴ・ロープで下る場所。
下から写すとこんなところです。
d0182075_03060844.jpg
登る時に遠目に見た米岩が直ぐ近くに・・・
d0182075_03091305.jpg
岩のすき間を縫うように下ります。
d0182075_03092856.jpg
林道分岐まで下ると安心。でも、最後まで気を抜かずに。
山荘近くの沢は岩伝いに渡れました。
d0182075_20091073.jpg
そして、15時半過ぎに下山。
今日は延岡に泊りますので、ゆっくりと歩いて、大崩山を堪能しました。
美人の湯でのんびりと汗を流して、延岡のホテルへゴー!

YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-05-14 19:48 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(14)