ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2018年 01月 15日 ( 1 )

1月14日(日)曇り
今シーズン一番の寒波襲来の週末、難所ヶ滝は多くの登山客で賑わうだろう・・・。
天邪鬼な風来坊は背振系で楽しめないかと探すが、「背振」&「氷瀑」で検索しても無い。
なら、自分で探してみようと選んだのが、井原山の洗谷コース。
ここが段差がありそうな滝が多いと判断。家を7時半ごろにバイクで出発しました。
d0182075_03042279.jpg
山が白い。昨夜も降ったんでしょうね。雪が深そうと覚悟は決めました。
登山口に着くと6台ほど。
「みんな、好きだなぁ・・・」風来坊もその一人(笑)
準備して8時20分に出発。舗装路を歩いて、登山口へ。
風来坊より少し早く出た人が洗谷に入っていくようなので、少し安心します。
d0182075_03042773.jpg
この辺りでももう真っ白。入山して進みますが、白銀の世界。
踏み跡を見ると、先の一人以外に、もう1、2名先に歩いているようです。心強い。
当初は土曜に歩くつもりでしたが、この様子だとノートレースの中を歩かねばいけなかったかも。
今日にして助かった・・・と思って歩きます。
d0182075_03043450.jpg
と言うのも、比較的歩き易いが、ところどころ木が雪の重みで垂れて邪魔をする。
くぐれるくらいならまだいいですが、回り込まなければならないと大変。
この先はもっと深そうなので、先に歩いてくれた人がいて嬉しかった。
この辺りで15㎝くらいなのでしょうかね。
d0182075_03044187.jpg
沢は水量が多くて、つららくらいしかありません。
d0182075_03132282.jpg
そして第一のロープ場へ来ました。先行している方が登っています。
d0182075_03132737.jpg
取付き地点に来て、氷瀑を探しますが・・・
d0182075_03133664.jpg
ここも水量が多くて、滝の横にあるつららくらいでした。
第二のロープ場を過ぎて、途中の滝でも
d0182075_03135080.jpg
ダメですねぇ・・・。
d0182075_03140114.jpg
少ない水量と垂直の段差が良いようですね。
つららだけは立派なのもありましたが・・・
d0182075_03181360.jpg
そして第三のロープ場(二段の滝)も・・・。
d0182075_03181880.jpg
ここはダメだろうと思っていて、期待していたのは右の流れの少ない滝でした。
水量が少なくて、段差もあるので。でも・・・。
d0182075_03182797.jpg
雪で真っ白なだけでした(笑)しかも段差が緩やかでは無理でしたね。
諦めて登って、ようやく水場へ。水場の水が暖かい。
ここから上はさらに雪が深くて、氷瀑は無理そうでした。
d0182075_03183554.jpg
細い谷を右へ、左へと遡上して谷の終わりが近づきました。
最後の期待もむなしく・・・。
d0182075_03240752.jpg
つららだけでしたね。あとは縦走路に出て井原山へ。
d0182075_03241605.jpg
最後の登りに取り付きます。この日のように雪が深いとロープが有難い。
足場も分からず、掴む根なども見えない時に、ロープは非常に助かりました。
洗谷コースは、積雪した時には単独で行くのは厳しいです。
特にトレースが無い時には無理しないのが良いですね。気を付けて下さいませ。

駐車場から2時間20分ほどで縦走路へ。
d0182075_03242804.jpg
曇っていますが、ガスはありません。うっすらと陽も見えます。
縦走路は雪のトンネルがあちこちにあり、歩きにくい。
d0182075_03243627.jpg
積雪は50㎝くらいでしょうか・・・。
d0182075_03244765.jpg
トンネルが低いところは、はいつくばって進みます。
洗谷の登りも歩きにくかったですが、縦走路も苦労しました。
でも、先行者が居たので助かりました。
今日は、つぼ足の跡を丁寧にたどりました(笑)
最後の方でようやく、つぼ足の跡を歩くコツが少し分かったかも・・・。
d0182075_03314447.jpg
アンの滝コースと合流した先からは、道がきれいに踏み固められていて歩き易い。
歩き始めて3時間でようやく山頂。
d0182075_03321623.jpg
風がほとんどなく、寒くはありません。
お腹も空いたのでここで昼食。カップ麺で温まり、仕上げはココア。
終えたら、アイゼンを付けて、下山します。
d0182075_03335827.jpg
アンの滝コースを下ると登ってくる方とすれ違う。
皆さん、このコースを選んでいますね、正解ですよ~。
d0182075_03341378.jpg
写真では分かりませんが、道がきれいに踏んであり、歩き易い。
離合の際に、脇の雪を踏んで、そこで待つ。でも、順調に下ってアンの滝。
d0182075_03343016.jpg
さすがに氷瀑にはなっていませんが、滝の右上は少しつららが・・・。
d0182075_03343681.jpg
そして滝の左が・・・。
d0182075_03344363.jpg
ちょっとだけ氷瀑っぽい。
真冬日が2、3日続くともう少し立派なのが出来るかも。
ここから下は雪も融けて来たので、アイゼンを外して下山。
脊振系の氷瀑は厳しいのが良く分かった山歩きでした。
13時過ぎに駐車場に着くと、車がいっぱいありました。もちろん路駐も。
宮城ナンバーの若い方と少しお話してから、帰りました。

今日の行程
 キトク橋8時21分→登山口8時40分→縦走路10時38分→山頂11時23分~51分
 →キトク橋13時3分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2018-01-15 03:44 | 背振山地の山歩き | Comments(12)