ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2012年 05月 13日 ( 1 )

5月13日(日) 晴れ
GW前に山馬鹿さんから、「GW明けに一緒に山歩きしませんか?」とのお誘い。
こちらに来てからは、1月22日に須磨アルプスをそよかぜさん、山馬鹿さんと歩いた以外はいつも単独行。
願ってもない申し込みに、直ぐに行きますとの返事。
提案があった山は、堂満岳・・・・ 知らない・・・  調べると昨年登った武奈ヶ岳の近くです。
コース設定から待ち合わせ時間まで、山馬鹿さんにお世話になり、比良駅7時38分着の電車に山科から乗る。
最後尾の車両に乗っているとのやり取りをしていたので、一緒に比良駅まで。
登山客が10名ほど同じ登山口を目指して歩いて行く・・・。参考までに比良駅の標高は120mです。
後をついて行く方が良いので遅れて歩きます。
今日目指す堂満岳は綺麗な形をしています。(正面やや左の三角錐の形の山)
d0182075_192081.jpg
後で苦しむことになるとはこの時には思いもしませんでした・・・。
別荘地の中を抜け、イン谷口を目指します。その手前に堂満岳への案内板。迷っていたら、イン谷口から降りてきてこちらへ進むご夫婦がいたので聞いてみると、当初予定したルートより楽そうと聞き、迷わずコース変更!
駅を出てから1時間ほどにある「ノタノホリ」(440m)
d0182075_19172060.jpg
ここで小休止する。
楽と聞いていたが、ここまでは割と急な登りでした・・・。
d0182075_19223834.jpg
休んだ後に登っていくと、琵琶湖が見えます。橋が見えるのは堅田の町のようです。
d0182075_19233343.jpg
そこから少し登ったところにイワカガミ!風来坊にとっては初イワカガミですので早速撮影!
撮影の振りをして休むずるさも50歳を超えると迷わず実行!
d0182075_19255294.jpg
しばらく歩いて巻道になったところで20名ほどの団体客を追い越したら、再び登り。沢沿いの登りです。
d0182075_19271363.jpg
d0182075_19272376.jpg
d0182075_19273162.jpg
沢を直登したあと、ジグザグの登りが続きます。結構、急な傾斜ですのでゆっくり登ります。
今日は先頭に立って、山馬鹿さんのペースにさせないようにしています。大事な作戦です。
尾根に取り付き(710m)、しばらく登るとシャクナゲ!本州での初シャクナゲです!
d0182075_19302287.jpg
色が濃い!
d0182075_19344159.jpg
あちこちにあります。
シャクナゲに元気をもらい、登り始めます。標高が高くなり、新緑も淡い色になりました。
d0182075_19465219.jpg
スミレもきれいです。
d0182075_19503325.jpg
ここから最後の急登が大変でした。
d0182075_19495314.jpg
先に団体客が居たので、その後をゆっくり登って、ようやく堂満岳(1,057m)駅から2時間45分くらいで到着。
d0182075_1949633.jpg
山頂手前にはかわいらしいツクバネソウがありました。
d0182075_19511746.jpg
そして山頂にもシャクナゲ。
d0182075_195146100.jpg
山頂を過ぎた辺りで休んでいたら、こちらの道を教えてくれたご夫婦が通り過ぎて行きます。
お話したら昨年が当たり年で、今年は昨年の2割の花の量しかないそうです(驚)
確かに木は沢山ありますが、全部に花が付いている訳ではありません。昨年は山頂付近がピンクだったそうです(まるで、いーさんみたいな表現)
小休止して、金糞峠へ向かいます。峠に向かう間にもシャクナゲが咲いています。
そして、イワウチワ。
d0182075_4571488.jpg
かわいらしいです。山馬鹿さんによると太陽の方向に向かって咲くそうです。
そして金糞峠。多くの人が休憩していました。
d0182075_4155435.jpg
峠に居た人と話をしたら、ここからの下りはガレ場で多少危ないかもとのこだったので、八雲ヶ原湿原に向かい、そこから降りることにする。時間はあります。
沢沿いのコースは平坦らしいのでそちらに行こうかと思ったら、少し、ぬかるんでいて歩きにくいかもとのことで、登って回り込むルートを選ぶ。でも、結果的にはこちらが正解だったかも・・・。
d0182075_422698.jpg
シャクナゲがこちらにもたくさんあります。
展望が利く場所から堂満岳を振り返ります。
d0182075_4233948.jpg
山の左側の傾斜が山頂までの最後の登りの傾斜でした・・・・。
しばらく歩いていると山馬鹿さんが、「あっ!白山が・・・」
d0182075_4251522.jpg
分かるでしょうか?手前の山の奥に白い頂の白山が見えました。感動!
今年の夏は行くぞ。待っててね、白山。
d0182075_4264128.jpg
しばらく、シャクナゲが続きます。山馬鹿さんも撮影に忙しい。
八雲ヶ原へは北比良峠から回り込みます。北比良峠から八雲ヶ原へは昨年通っていましたが、記憶が定かではありませんでした。八雲ヶ原で昼食。丁度、12時過ぎでした。
湿原にはミズバショウが数株ありましたが、花は終わっていました。
d0182075_4313792.jpg
日陰で食事したら、体が少し冷えてきます。では、帰るとしますか・・・ 湿原を振り返ります。
この辺りは、昔、北比良峠からのスキー場だったようで、その名残があります。
再び、北比良峠。眺めが良いです。
d0182075_4351360.jpg
ここから、ダケ道を下ります。丁度12時45分。ほぼ1本道なので分かりやすいです。
d0182075_438980.jpg
しばらくしたらイワカガミの群落。
d0182075_4384384.jpg
そして白花のイワカガミも・・・
d0182075_4391597.jpg
こちらの道にもシャクナゲが・・・
d0182075_4395299.jpg
緑も良い・・・
d0182075_4401692.jpg
チゴユリもありました。
d0182075_4404010.jpg
撮影ばかりしているのでどんどん抜かれて行きます。
更にツツジ。一つはミツバツツジでしょうが・・・もう一つは不明。
d0182075_4421651.jpg
d0182075_4422834.jpg
1時間20分ほどで大山口に着く。ダケ道にはイワカガミが沢山ありました。
d0182075_4432159.jpg
ここで小休止。この辺りにはタニギキョウが咲いていました。
d0182075_4435844.jpg
ここから、比良駅まで約50分。急げば、14時53分の電車に間に合いそうだったが、ゆっくり歩くことにする・・・。
比良駅に53分発の電車が到着して出発するのを見ながら、比良駅へ。
駅で汗を拭き、上着を着替えて、15時21分の電車で帰りました。堅田で新快速に乗り換えて、風来坊は山科で降ります。
山馬鹿さん、ありがとうございました!
by furaibow581203 | 2012-05-13 19:55 | 九州外の山歩き | Comments(8)