ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2012年 04月 30日 ( 1 )

4月29日(日) 晴れのち曇り
当初の予定では、今日は立山の雪の大谷ツアー。前日、金沢でゴルフをするので泊まって、金沢からのバスツアーで行く計画。バスツアーを探して、申し込んでいた・・・。最低催行人員25名に対して22名(4月10日頃)だったので楽勝と思っていたら、今年は雪が多いので4月中は、途中ケーブルカーを使って登らねばならなくなり、料金が3,000円以上アップとの案内。折角の機会なので承諾したのだが、値上げでキャンセルが続出したらしい・・・  そして中止・・・。 
で、ゴルフが終わったら一目散に京都へ19時前に帰り、最終ののぞみで福岡に帰った。家に着いたのは24時30分。でも、途中、車中で寝ていたので睡眠不足では無い。でも、ゴルフであちこち走り回った疲れが残っている(笑)

二週前に見つけた井原山のニリンソウの谷の様子を見てみたく、S・TAROUさんと一緒に行くことに。
混むことが予想されたので、8時30分に駐車場に着くように行ったら、ほぼ満車。
準備をして出発。今日はニリンソウを楽しむつもりなので、午後にニリンソウを見れるよう、雷山に廻り、縦走路を歩いて、井原山へ向かうコースを選択。洗谷コースから登って、雷山へ行き、折り返して井原山とも思ったが、ゴルフの疲れを考えて前述のコースにした。雷山は久し振り。調べたら、2010年12月23日に甘党さんと洗谷から雷山周回コースを歩いて以来ですので、1年5ヶ月振り。

洗谷コースの入口へ入らず、階段を登って雷山観音の案内がある方面を目指します。
d0182075_4104782.jpg
一旦、林道に出ますが、直ぐに登山路へ。
杉林が続く登りをしばらく歩くと、峠を越えそれからは下ります。そして、再び林道へ(下の写真左)
d0182075_413430.jpgd0182075_4131483.jpg







林道を歩いていくと「清賀の滝」への案内板(上の写真右)
再び、登山路を登ると清賀の滝。
d0182075_4163413.jpg
一旦、小休憩。ここまでは、ヒトリシズカやツクシタニギキョウの花。清賀の滝にはニリンソウも咲いていました。
ここからは登り、そして巻き道、上宮、最後の急登と続きます。じゃあ、登るとするか・・・
d0182075_4203250.jpg
d0182075_4204379.jpg
巻き道の緑がきれいです。途中から人が多くなりました。家族連れ、山ガール連れ、夫婦連れ、様々です。
上宮で休みます。行動食にバナナを食べました。
d0182075_4225930.jpg
杉林の急登を過ぎると、自然林の急登。
S・TAROUさんは軽々と登って行きます。付いて行くのがやっとの風来坊。
d0182075_4243858.jpg
でも、時々、登山道のスミレなど写真を撮ってくれるので何とか離れずに付いて行けます(笑)
そして、今年、背振系で初めてのミツバツツジ!
d0182075_4265313.jpg
ここから一踏ん張りで、山頂です。山頂にはまずまずの人。雷山では多いほうです。
d0182075_429723.jpg
山頂の南斜面に咲いているミツバツツジを撮影。
d0182075_4295413.jpg
上宮で休憩したので、雷山では休憩せず、井原へ向かいます。
d0182075_4304590.jpg
ミツバツツジのピンクが目立たないですね。
d0182075_4322720.jpg
でも、従走路の新緑がきれいです。この時期しか楽しめない様々な色の緑。
従走路の雰囲気も良いです。
d0182075_4334296.jpg
時折、満開のミツバツツジが目を楽しませてくれます。
d0182075_434172.jpg
また、こんな枝振りの木も面白い・・・
d0182075_4345256.jpg
今日のミツバツツジの様子はこんな感じでしょうか・・・
d0182075_4353824.jpg
GW後半から10日くらいまでが見頃かも知れません。
そして、歩き始めて4時間で井原山山頂へ。凄い人です。
d0182075_4381545.jpg
オキナグサの横でおにぎり2個いただく。S・TAROUさんも今日はおにぎり。
食事を済ませたら、新村から水無へ降りるコースを歩きます。
その前に山頂東斜面の写真。
ミツバツツジが多い時には、ピンク色に染まるらしい(風来坊は未経験)のですが・・・  緑一色です(笑)
d0182075_44137100.jpg
新村へのルートは以前、雷山~背振を縦走した時に歩いて以来です。全然覚えていませんでした。
d0182075_4433520.jpg
意外に急な下りが続きます。乾燥した枯葉で足が滑りそうになるので、気をつけながら下って、分岐へ。
水無へ下ります。少し下ったところにニリンソウの群落が・・・
d0182075_4463267.jpg
ここで長崎のバンブーさんに会いました。この辺りは登山路の周辺にニリンソウがたくさんあります。先日見つけたニリンソウの谷の話をしてお別れ、S・TAROUさんやこのブログで参考にして下さいませ。
d0182075_4492945.jpg
水無方面に下りる途中にあったイチリンソウ。
d0182075_4533631.jpg
また、見上げるとこの谷の緑も良いです!
d0182075_4541779.jpg
水無からの登山路に突き当たります。左に折れ、少し登り返してアンの滝へ向かいます。この辺りは先日は無かったコンロンソウが目立っていました。
また、分岐からの登りでは、ほとんど花が終わっていました。でも、緑はきれいです。
d0182075_4565226.jpg
次の楽しみはキクザキのイチリンソウ。ダルメキ谷コースとの分岐近くにあるのですが、今年は少ない・・・
d0182075_4563784.jpg
ちょっと残念でした。
この辺りで見たニリンソウ。水の流れと一緒に写しました。
d0182075_459370.jpg
更に下るとアンの滝。
二週間前の桜は見事でしたが、今日は緑に囲まれています。
d0182075_504274.jpg
沢ではこんな花が・・・。
もう、春から夏に向かっているようです・・・
d0182075_51441.jpg
そして16時頃、駐車場へ。
d0182075_532669.jpg
7時間半。17Kmの山歩き。駐車場の車は4台しか残っていませんでした。井原山を堪能した一日でした。
S・TAROUさん、ありがとうございました。

ところで、ニリンソウの谷の様子はと言うと・・・
d0182075_554666.jpg

d0182075_571534.jpg
d0182075_572630.jpg
d0182075_573783.jpg
とても良かったです!

満足の一日でした。
by furaibow581203 | 2012-04-30 05:13 | 背振山地の山歩き | Comments(10)