人気ブログランキング |
ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2010年 07月 18日 ( 1 )

7月18日(日)
先週のリベンジに選んだ山は、大分県佐伯市の元越山。
肉まんさんのリクエストだが、異論は無い! 低山だが、眺望が素晴らしい・・らしい。
第2回目の山の報告に相応しい!
絶景がブログの紙面を飾る姿を、色々と考える・・・はずが、残念ながら余裕の無い風来坊。
「出たとこ勝負で、絶景に頼る」のが作戦!
前日の仕事が遅くなったが、仕事の後のお酒も控えめにして備える。
珍しく午前様になったので目覚ましを準備するが、時間前に起きる・・・ 悲しい習慣・・・。

第2回の山は、S・TAROUさんと肉まんさんと。前日、梅雨明け宣言も出て万全!のはずが・・・
6時10分に井尻を出発し高速に乗り、日田を過ぎた辺りから雲が・・・・。
「あれれ!!!」の声にも、きっと佐伯は晴れですよ」と気丈な風来坊。
一旦晴れたかに見えた大分の空も、南に行っても変化無し・・・・。佐伯に着いても周囲の山の頂上はガス。
登れば、そのうち晴れる!と登山口に・・・ 約2時間40分のドライブ。
d0182075_1826107.jpg清掃の行き届いた登山口周辺。トイレを使った肉まんさんが「今までのトイレで一番綺麗!」と。
早速、確認する。
本当に綺麗! 肉まんさんの足跡しか残っていない! 匂いすら無い!
先ほど、トイレの周りにいたおばあちゃんが綺麗にしていったのだろう・・・。
地元の人に愛されている元越山!第2回に相応しい!と改めて思う・・・。
d0182075_1832954.jpg9時登山開始! 
雨で濡れたすべり易そうな道を歩く。似たような景色、花が無い道、でも綺麗な道を登る・・・
やや単調な感じは、コヨーテさんのブログで学習済み。
そのまま登って行くが、頂上近くなってもガスに変化は無い・・・。
期待しないよう気持ちを切り替える・・・・
今日は冬に楽しむための調査と・・・・  
そして・・・1時間20分後に着いたのが
d0182075_18371655.jpg

眺望は無い・・・、全く無い・・・、白い世界が360度拡がるだけ・・・。30分待つ。
待っている間に来た一人は「ダメですね」と諦めよく、直ぐに帰る。
絶景は姿を見せてくれませんでした。でも今日は調査なので安全確認がメインのはずです。
確認が終わったので、帰ることにする。
眺望を期待していたので、行きの道をほとんど覚えていない!?
ピストンで帰るが、記憶が怪しい・・・。でも、来た道を戻っている・・・
帰りは1時間ちょっとで登山口に戻る。

「やよいの道の駅のお風呂でで汗を流し、佐伯名物「ごまだしうどん」を食べて、本日の調査終了。
残った課題は山頂の「天測点」です・・・・
(上の写真の「元」の字の上にあるコンクリートに貼ってある)
d0182075_18571354.jpg

ネットで調べると・・・・
天測点とは天文測量を実施するために設けられた基準点です。天測点自体は測量機器の重量に耐えうる単なるコンクリート製の観測台で、四角柱や八角柱などさまざまな形をしています。ただし、どの点にも台上部に指標鋲、側面に銘板「第何号 天測点 地理調査所」が取り付けられています。
天文測量を実施した目的は、三角測量で求められた位置座標を規正するためでした。昭和29年から5年間、天測点を利用した天文測量が一等三角点のすぐそばで実施されています。全国48箇所で設置・観測がなされましたが、その後は機器の軽量化により天測点を設置することはなくなりました。また、天測点の数km以上離れた真北あるいは真南には、測量機材を正確な方位に設置するため子午線標という目印の石柱が設置されています。 (情報はこちらのサイトから⇒http://homepage2.nifty.com/sangaku/index.html)

以前、大分に住んで初めて知ったのが、佐伯を本当は「サイキ」と読むこと・・・。でも「サエキ」としか聞こえませんでした。その佐伯市を懐かしく尋ねることが出来ました。
今日は、全国48箇所しかない場所に行けました。
楽しい山歩きでした。S・TAROUさん、肉まんさん、ありがとうございます!
by furaibow581203 | 2010-07-18 19:16 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(2)