ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

大崩山(宮崎県延岡市北川町)

10月8日(日)晴れのち曇り
10月の三連休、紅葉にはまだ早いこの時期、どこに登ろうかと思案した結果、
九州百名山の未踏の夏木山、その近くの大崩山に登ることにした。
大崩山はGWに上鹿川から鹿納山とセットで歩いた時に山頂を踏んではいます。
でも、10年ほど前にワク塚ルートからチャレンジした時に、山頂手前で雷が鳴ったので、坊主尾根ルートを急いで下山。最後は豪雨に打たれながら撤退したのです。
あのルートを一度はちゃんと登りたい・・・。そう思って決めました。
ポンちゃんと他のことで電話していて、大崩山に登ると伝えたら、「祝子川の渡渉、水位に注意が必要。宮崎県の雨量・河川水位観測情報で確認してから行くと良いですよ」とアドバイスを受けた。
早速、確認したら7日の朝の時点で79㎝(80㎝を越えると危険らしい)、7日は晴れ予報なのでこれ以上増えることは無いと安心して出かけることにしました。さすがポンちゃん、良く知っています。ついでに道も聞きました。
7日、レンタカーに荷物を積んだりしたあと、アルコールの力を借りて18時には就寝。
0時前に起きて準備。1時ごろ出発。途中、休憩や朝食をとり、6時頃登山口へ。
ポンちゃんに聞いた下赤郵便局からの道は走りやすかった。道幅も広い。
(以前は藤河内渓谷入口付近から行ったのではと思います)
祝子川温泉美人の湯の駐車場には2台しか駐車していなかったので、やっぱり少ないかと思っていたら、登山口には結構な車。さすがジオパーク認定の大崩山です。
空いたスペースに駐車して、6時過ぎに出発。少し明るくなってきましたのでライトは不要。
20分ちょっと歩くと大崩山荘。
d0182075_01393263.jpg
帰りに中を覗いた写真です。
d0182075_01400085.jpg
シュラフが置いてあったので、ここに泊った人もいたよう。
また、山荘下にはテントも張ってありました。
ここから渡渉すれば坊主尾根コースですが、そのまま川沿いに進む。
山荘から20分ほどでワク塚コースの分岐。ここから渡渉します。
d0182075_01415603.jpg
佐賀から来た団体さん、ロープを使って、渡ろうとしていましたが、一箇所深くて流れが早そうなところがあったので、風来坊は川の右を巻いて浅そうなところから渡渉しました。もちろん、靴は脱いで。一応、サンダルを持参していました。こちらが簡単そうでしたので、団体さんにもお伝えしました。
皆さんが渡り始めて、安全に行けそうなのを見ながら、靴を履き直して出発。
川からはこれから行くワク塚が見えていました。快晴で気持ち良い。
d0182075_01465433.jpg
自然林の中を歩きますが、途中、道を間違えて、沢の反対を進んだりする。
前日、夕立があったようで踏み跡が消えていたのも影響しているかも。
大崩山はテープが必要最小限しかなく、それが良いのですが、その分、確認しながら進むのが大切でした。
もちろん、立派な案内板もあります。
d0182075_01523987.jpg
自然林を味わいながら登って行きます。
最初のハシゴに到着。坊主尾根はハシゴが連続していたのは覚えていましたが、ワク塚コースにもあったのは全く覚えていませんでした。ダメですね。
d0182075_01550627.jpg
しばらく登って行ったら、展望が良さそうなところがあり、寄ってみる。
ドウダンツツジが色づき始めてきれい。
d0182075_01570146.jpg
展望は思ったほどではなく、米岩が多くに見えました。
d0182075_01575452.jpg
ここは直ぐに移動して、さらに上に向かいます。
登山口から2時間ほどで袖ダキ展望所へ。下ワク塚をパチリ。
d0182075_01585827.jpg
正面には小積ダキでしょうか・・・?
d0182075_02003203.jpg
小さくないけど(笑)この景色は大崩ならではですね。
ここでライン用の後ろ姿の写真を撮ってもらったが、帽子をかぶっていない後頭部の髪の薄さにガックリ。帽子を被るべきでした・・・。で、写真は不採用(笑)
まだ上に行って展望を楽しみましょう。
ここはハシゴも最小限しかありません。普通なら写真のハシゴの下にも付けそうですが、ハシゴの下までは自力で行かねばなりません(行けますけどね)
d0182075_02015618.jpg
でも、それが良いですね。楽しい。
d0182075_02060404.jpg
登って行くと下ワク塚への分岐。
d0182075_02064774.jpg
当然進みます。ハシゴを登って進むと下ワク塚到着!と思ったら、右にロープがあり、そこを登る。
d0182075_02065742.jpg
振り返ると、あれが中ワク塚なのかな?
d0182075_02070731.jpg
どんどん先へ歩きましょう。次は中ワク塚から見た上ワク塚?
d0182075_02071737.jpg
奥にはGWに登った鹿納山のとんがりが見えました。
次は上ワク塚ですね。そう思って進みました。
途中、頼りなげなアルミの橋。これが思案橋なのでしょうかねぇ。
d0182075_02133330.jpg
何となく、滑りそうに見えるのです。ワイヤをしっかり持って歩きました。
そうして登りがなだらかになったところを左に歩く。
上ワク塚の案内は無く、たまたま先を歩いていた人がいたのであとを追うように。
上ワク塚基部から見た中ワク塚。
d0182075_02135319.jpg
アップすると人が見える。自分もいたのでしょうが、見ている方が怖い。
d0182075_02151681.jpg
ここから先、足場が悪かったところがあり、上ワク塚には行かず、引き返しました。
上ワク塚を過ぎて少し行くとりんどうの丘方面の分岐。
d0182075_02214366.jpg
以前はこの近くで雷鳴がしたので、ここから坊主尾根に向かって下ったはずです。
ですから、ここから先は全くの初めて(上鹿川からの分岐まで)
(と言っても、ここまでも袖ダキ以外はほとんど覚えていませんでした(笑))
d0182075_02233293.jpg
ここを少し登って、上の方の坊主尾根分岐まで来ると、あとはほとんどフラット。
上鹿川からの分岐から先は経験済み。半年ぶりの山頂。
d0182075_02250897.jpg
でも、上ワク塚を過ぎた辺りからガスってきて展望はほとんどない。
d0182075_02300233.jpg
ここでおにぎりをいただきながら、他の登山客とお話して時間を潰すが、晴れそうにない。山頂に30分ほど居て、下山することに。
坊主尾根へ向かって下って行ったところで足が攣りかけた・・・。
塩を舐め、漢方の68番を服用して、しばらく休む。ようやく痛みも引いたので歩き始めるが、少し下ったところで再び攣りかけた。再度、休憩。塩追加。
この先の下り、象岩やハシゴの途中で攣ると大変ですもんね。
小積ダキに来たものの岩に登ると足が攣るかもと思って自重。
d0182075_02310332.jpg
景色だけ見て、下ります。
下から見た小積ダキ?でしょうか・・・。
d0182075_02314813.jpg
そして象岩。足は何とか大丈夫そうなので、無理な姿勢を取らないよう慎重に。
d0182075_02324755.jpg
通った後に見ると怖いですよね。それほどでも無いのですが、ワイヤからロープになる最後が足場が滑りそうで怖かったです。
ここからは、ハシゴの連続。
d0182075_02344432.jpg
途中、こんなところあったかな?と思う岩の上を歩く。
d0182075_02352417.jpg
それほど怖くは無いですが、最後はハシゴで岩から降ります。
d0182075_02360389.jpg
降りて、周囲を見たら岩の横の土が流れていました。以前は、こちらを歩いていたよう。
少しずつ変化しているのですね。
こちらの橋は思案するほどではなく、安心(笑)
d0182075_02374197.jpg
大分下ったところで米岩が大きく見えました。
d0182075_02381724.jpg
ワク塚コースの最初の展望地点と高さは変わらないと思われますので、だいぶ下ってきました。
でも、まだまだ用心しなければ。
下はハシゴで少し下った後にトラバースして下のハシゴを下る場所。
d0182075_02393696.jpg
降りてから見ると、こんなところに良くハシゴを掛けたよねと思います。
ハシゴは結構下まであります。
でも、ここまで来ると一安心。この頃には足も回復して良かったです。
d0182075_02413755.jpg
大崩山荘手前で二度目の渡渉。渡れそうな岩を探して、無事に渡渉。
d0182075_02431029.jpg
14時の時報を聞いて、登山口へ。
d0182075_02435613.jpg
9時前後からガスがかかって大展望を堪能することが出来なかったのと、足が攣りかけて小積ダキをパスしたりでしたが、朝のうちは展望も楽しめましたし、無事に歩き通せて良かったです。
大崩山、やっぱり山らしい、山深い山でした。
この後、祝子川温泉美人の湯で汗を流して、道の駅宇目へ。
ここで寝て、明日は夏木山です。
今日見た花は、シコクママコナ。あちこちで咲いていました。
d0182075_02455330.jpg
ダイモンジソウは祝子川と思案橋付近で。
d0182075_02460201.jpg
タツナミソウの残り花。苔の緑がバックできれい。
d0182075_02461126.jpg
他にはアキノキリンソウや
d0182075_02462352.jpg
フクオウソウに
d0182075_02463468.jpg
モミジハグマ。
d0182075_02464458.jpg
でも、今日は山頂のリンドウが印象的
d0182075_02492135.jpg
あちらこちらでも咲いていてくれました。

今日の行程
 登山口6時11分→大崩山荘6時34分→渡渉6時54分~7時4分→袖ダキ8時12分→
 下ワク塚8時49分→山頂10時23分~52分→象岩12時5分→登山口14時
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2017-10-10 02:52 | 九州の山歩き(背振系除く) | Comments(12)
Commented by ポンちゃん at 2017-10-10 12:30 x
こんにちは、風来坊さん
お疲れ様でした。
とにかく時間のかかる山ですよね。
そのぶん、達成感も素晴らしく、登ったなあ!と思わせてくれるヨカ山です。
渡渉はいくたびに岩の配置など変化してますので、一番神経を使いますね。
序盤天気が良くて湧塚の展望を楽しめ良かったですね~
Commented by けいこたん at 2017-10-10 18:19 x
風来坊さん、こんばんは。
写真に添えられた説明がとても丁寧で、おまけに心情もよく表されているので、風来坊さんが、どんなところをどう歩かれたのかがよくわかりました。
なので〜、
おお、怖っ!
自分では見れない景色を見せていただきました。
渡渉の時の団体さんは、風来坊さんのアドバイスが有り難かったに違いないですね。
風来坊さんらしいと思いました。
Commented by へこさん at 2017-10-10 19:48 x

風来坊さん、今晩は
我が家には縁遠い「大崩山」
行くのも大変、登るのも大変、下りるのも大変、そんな大変な様子がよく伝わってきました。
それにしても、
梯子やロープを備え付けていただいた方々に感謝、感謝! 山行きの度にいつも思うことですが、改めて思いました。
Commented by tinnan1515 at 2017-10-10 19:52
風来坊さん、こんばんは。
どちらに遠征なされているのか興味津津でしたが、大崩山と夏木山は全く気が付きませんでした。
大崩山はやはり素晴らしいですね。
ワク塚コースの渡渉は苦労しますが、風来坊さんの適切なアドバイスは流石です。
 
Commented by yamabakanikki at 2017-10-10 21:25
こんばんは~
三連休・山三昧、お疲れ様です!
大崩に単独、山好きですね♪
久しく行ってません、齢かな~(笑)
   
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 06:29 x
ポンちゃん、おはようございます。
GWに上鹿川から登りましたが、やっぱり今回のコースが登り甲斐があります。
登山口までも意外に行きやすく、時期を変えて楽しみたくなりました。
いつかご一緒しましょう!
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 06:34 x
おはようございます、けいこたん。
なかなかいい景色を楽しめましたが、高所は苦手なので腰が引けていたと思います(笑)
登山路も簡単には行けないようになったりして、さすが大崩山って感じでした。
渡渉、ポンちゃんのアドバイスが非常に参考になりました。
ポンちゃん、さまさまです。
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 06:36 x
へこさん、おはようございます。
今回のコースはハシゴやロープなしではとても登れませんので、本当に助かります。
また、登山路も以前とは違うようになっていて、地元の方の普段の整備の賜物と感謝しますね。
ありがたく、そして大切に歩きたいと私も思いました。
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 06:40 x
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
今回は急に思い立ったので、夏木山、勝手に行きました(詫)
大崩山は、GWに登ったものの以前雷で撤退した今回のルートを歩きとおしてみたくなり、行きましたが、良かったです。
近くにあるうすきさんが羨ましいです。
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 06:42 x
山馬鹿さん、おはようございます。
大崩山、遠いですが、行った甲斐がありました。
年に一度は行きたいと、今は思っていますが、遠いのが…。
前泊とかして体調万全で登りたい山です。
今回は足が攣りかけ、結構、心配しました。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-10-11 20:10 x
こんばんは。
大崩山、祝子川からだと歩いたなぁ~と達成感がありますね。
ワク塚の岩峰の眺めが素晴らしいですよね。
大崩山荘の前の川の流れを確認して登ってました。
ササユリの頃と紅葉の頃が好きです。アケボノツツジのころもいいですよねぇ~行くところが多くて大変ですが・・・
サイボーグさんも足がつりましたか~~
Commented by 風来坊 at 2017-10-11 20:48 x
信ちゃん、こんばんは。
>祝子川からだと歩いたなぁ~と達成感がありますね。
そうなんです。上鹿川からの登りは岩峰も見えず、らしくなかったので達成感が今一つで。
紅葉の頃、三里河原を歩いて楽しむのも良さそうな気がします。
季節を変えて、楽しみたい山ですね。
>サイボーグさんも足がつりましたか~~
汗をかくと特になりやすく。68番は離せません(笑)
でも、無事に歩き通せて良かったです。
象岩を渡っている時に攣ったら大変ですからね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード