ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

10月31日(日)
30日に根子岳に行く予定にしていた。でも台風の影響を考え、予備日の31日に変更した。
皆さんとの連絡も上手く済み、予備日を作っていたのが正解とこの時点では思っていた。
でも、土曜の福岡の天気は割りと良い天気。しまったと後悔する。
阿蘇方面の天気は土日、ほとんど変わらない。
ならば、天気予報が外れ、台風一過の好天を期待するしかない。
で、日曜、基山SAで待ち合わせして熊本へ向かう。
熊本で待ち合わせのかずさんは随分と早い時間に着いていた。気合十分です。
俵山トンネルを抜け、阿蘇のカルデラの中に入ると、雲が・・・。
そのうち晴れると良いですねと言いながら登山口に到着した途端、雨になる。

レインウェアを着て、登る準備をする。この時は綺麗なウェアです。
d0182075_4420100.jpgd0182075_443415.jpg







着替えて、ザックを担いでいると牛が近づいてくる。 
雨は止む気配がない。7時頃より登り始める。
ゲート左の隙間から、牧場に入る。舗装された道を下を見ながら歩く。牛のウンチがあちこちにある。
d0182075_4102299.jpg
避難所の裏へ回り込み、登山道へ入る。
今日のコースは登り一辺倒。
今日初めてご一緒したマッスルさんも「そうです、ただただ登るコースです」と。
最初から滑りやすい・・・・。
ワラでも掴みたいが、ワラでは効果がない。

登っている途中で、早くも下山する人とすれ違う。「止めた方が良いよ」と言って下っていく。
まだ登り始めなので、とりあえず登る。
写真を撮る余裕もなく、雨の中を登る。登る。滑る。
自然林が増えた辺りで休憩する。
d0182075_4181094.jpg

大岩の先の崩落地からの展望が良いらしいので、そこまで登る。
大岩付近になると自然林も増え良い感じだが、あいにく見えない。
そして、崩落地へ
d0182075_4223935.jpg

d0182075_437840.jpg

かすかに見える天狗岩。ここからの写真が良く使われるのだとか・・・。
しばらく、見ながらガスの晴れるのを待つ。時折、紅葉した木々が見えるが直ぐにガスの中へ。
頂上を諦め、ここから戻る。帰りの下りが大変そう。
d0182075_4262166.jpg

このあとの下りからは、カメラを出すことすら忘れてしまいます。
でも、笑い声がこだまする。お互いの姿が面白いらしい。
危ない箇所を過ぎ、ホッとするとスッテン。
がに股になり、木や根を探しての下り。
登ってくる人とすれ違うが、「すみません。更に上りにくくつるつるにして来ました」と心で呟く。
ようやく、下まで降りる。
d0182075_4313239.jpg

振り返ると斜面に紅葉が見える。
これを近くで見たかったのだが、残念です。
この斜面には花がたくさん。南斜面なのだからでしょう。
d0182075_433297.jpg
かわいいワレモコウ。
紅葉が見える向こうの斜面には牛が急な場所で草を食んでいる。
今日は道草する余裕もなく、ここでしばしの道草隊の結成。
のどかさん、かずさん雨もしばらく止んで楽しそうです。

そして、下山。
d0182075_4403462.jpg
再び、ウンチに気をつけ歩く。
車に戻り、スパッツや靴を脱ぐと泥だらけです。
ウェアがどうなったかは、S・TAROUさんのブログを見てください。(リンクの技をマスターしていませんので知っている人だけ見て下さい)
戻ったのが10時過ぎ。
お風呂は入れる時間です。近くの高森温泉館へ。
お風呂に入って、高森田楽保存会へ。
d0182075_447509.jpgd0182075_4435779.jpg







2年ほど前に肉まんさんに連れて来てもらってから、今日で5度目。
雰囲気のあるお店です。

帰る途中で、面白そうな場所が・・・・。
車を止め、しばらく眺める。チェーンソーでの木彫り、初めて見ました。
d0182075_4504074.jpgd0182075_4505347.jpg







薪ストーブのお店のようでした。
萌の里でソフトクリーム、空港近くの店でミカンなどを買って帰る。
いつもより早い時間に家に着きましたが、帰ってからも大変でした。

ブログアップする前に、土曜の根子岳のレポを探したら、そよかぜさんが行かれていました。
土曜もガスで見れなかったとあります。何となくホッとします。
来年は錦秋の根子岳を楽しみたいです。
# by furaibow581203 | 2010-10-31 23:54 | 山歩き | Comments(14)
10月30日(土)
今日予定していた根子岳を明日に変更したのが昨日。まさか今日の方が天気が良いなんて・・・・。
山友さん、すみません。判断ミスでした・・・。あとは、天気予報が外れるのを期待するのみ。

で、今日は畑へ。2週間ぶりですので雑草が・・・と思ったが、意外に雑草が大きくなっていない。
寒くなってきたのだとあらためて感じます。
d0182075_1258939.jpg

落花生が枯れている。今日は落花生と里芋を収穫するつもりで来た。
クワで掘り上げて、落花生を収穫する。里芋も親芋から外して、根を取る。
d0182075_1312898.jpgd0182075_1314524.jpg







落花生は洗って土を落とす。ついでに九条ネギも抜いて洗う。
今日の夜は、落花生をつまみにお酒を楽しみます。
d0182075_1374869.jpg
収穫したあと、耕運機で耕し、石灰をまく。
ここには何を植えようか?
タマネギとサヤエンドウ。
他に思いつかない。
家に帰ったら、ゴボウをトタン板で寝かせるようにして作ると作りやすいとTVで紹介されたと聞く。
いつ植えるか調べてみよう。

ダイコン、サニーレタスなど大きくなっています。
チンゲンサイは虫にやられています。これから無事に大きくなるかな?
ニンニクは大分伸びましたが、ようやく芽を出したのがある。何でも同じようにはいかないのですね。
d0182075_13193293.jpgd0182075_131949100.jpg







d0182075_13201487.jpgd0182075_13231213.jpg







お昼までに畑を済ませて、午後からは図書館へ行く。
出かけたついでに、電器屋も覗いてみよう。
デジカメ、欲しいな・・・。今のは大きすぎる。耐寒・防水タイプを調べている途中です。
# by furaibow581203 | 2010-10-30 13:29 | 野菜作り | Comments(0)
10月25日(月)
数人で、唐人町の「桧がき」へ。
唐人町商店街の直ぐ横にある店です。この辺りは普段来ない場所なのですが、知人に教えていただきました。今日が二度目です。
昼のランチは結構多いと聞いていますが、今夜も満席に近い・・・・。
夜のコースメニューは4,200円、6,300円の2種類。当然、4,200円を注文する。
突き出しに、タイラギのヒモをポン酢で和えたもの。次がお刺身。
d0182075_432020.jpg

サバ・カンパチ・カツオ・タコ・鯨のサエズリ・アサヒガ二・タイラギの7種類。
豪華に見えます。
このあと、モチウオの塩焼き、土瓶蒸しが出て、お鮨が・・・。
d0182075_482577.jpgd0182075_483613.jpg







イカにクロウニ・マグロ・タイ・バッテラ・ナス、そしてタマゴ。
d0182075_4141826.jpg
最後に味噌汁、デザートです。
福岡で回転寿司以外のお鮨屋さんはなかなか値段が分からず入りにくいが、ここは店の外にメニューが置いてあるので安心出来ます。
長浜の「たつみ寿司」のご出身のようです。
# by furaibow581203 | 2010-10-25 23:53 | グルメ | Comments(9)
10月23日(土)
前日、沖縄へ出張、夜は懇親会。遅くなることも考え、朝一番の便で帰るのは無理そうかな。
2便は、12時30分(JALの場合)。これを予約した。今日は、午後から仕事があるがこれだと間に合う。
結局、前日は午前様になることなく終わったので、今日はのんびりと朝を迎える。
本来なら、紅葉真っ盛りの山に行きたいところですが、今週は日曜も会社のレイアウト変更工事の立会いがあって無理です。
飛行機の時間までの間、首里城へ行くことに決めていた。何度か来ている沖縄ですが、遊びで来たのは1回だけでその時はゴルフが中心だったので、首里城は未訪問。
ホテルを9時に出て、モノレールで首里城へ向かう。

駅から歩くが、暑い!今日の予報では30度だが、既に30度ありそう・・・・。
暑いけど折角なので首里城公園の城壁ルートを歩くことにする。
d0182075_5484863.jpg

公園のトイレ。
沖縄の建物風の作りです。
公園近くのバス停も屋根がこんな感じでした。
沖縄に来たと感じます。


城壁を巡るコースを歩く。アップダウンがあり、汗がどっと出る。
ハンカチが早くもぐっしょりです・・・・。
d0182075_5543752.jpg

城壁の周囲は緑が一杯。
さすがに、紅葉とは無縁のようです。でも・・・・。
d0182075_5565372.jpg

ススキがありました!
何となく沖縄にススキがあるとは思っていなかったのでびっくりしました。
やっぱり、秋なんですね。ススキの周りには赤とんぼが飛んでいました。
ようやく、入口へ。
d0182075_5584017.jpg

太平洋戦争末期の沖縄戦で大半は焼失したらしいが、残っているものもある。
そして、おなじみの守礼門。
d0182075_61194.jpg

人がたくさん歩いています。記念写真を撮る業者もいます。
修学旅行の高校生も多かったです。
そして、首里城正殿へ。
d0182075_642357.jpg

券売所はこんな建物です。
周囲とマッチしてる。
入場料は800円。


で、中へ・・・
現在、建物の塗り替え工事中とのことです。
d0182075_675277.jpg

50m四方の庭があり、周囲に建物がある。
中国の影響を受け、赤を主体とした建物。そして龍の彫刻・柱があちこちにある。
無料の観光ガイド(50分)がある。丁度10時からの案内が始まったばかり。
d0182075_6154155.jpg
民族衣装の女性が説明をしてくれる。
こんなことならもう少し早く来れば良かった。
のんびりしていたのが失敗と後悔する。
首里城へ来たらこの説明を聞いて見るのが良さそう。
1回8名が定員ですが、多少のオーバーは許されそうな雰囲気です。

最初だけ、説明を聞いて中へ入る。
南殿・番所から入り、書院(国王の日常の執務場所やお客様の対応場所)、正殿へ。
d0182075_6251170.jpg

国王の椅子。ここは撮影が許されている場所です。
最後は、土産売り場ですが、模型で昔の姿を再現している・・・。
d0182075_6273192.jpgd0182075_6273986.jpg







首里城を後にして、国際通り近くの公設市場へ向かう。
沖縄独特の品がある市場と聞いた・・・・。
で・・・・。いきなり、ブタの頭。豚足。サングラスをかけているのでユーモラスだが、頭です・・・・。
沖縄の観光案内のテレビで結構紹介されるらしく写真がたくさん飾ってある。
d0182075_6313476.jpg

ブタの次は魚です。
d0182075_6342984.jpgd0182075_6343868.jpg







熱帯魚みたいな魚や大きな貝・エビ・ヤシガニなどが並んでいる。
魚はここで買って、上の食堂で食べれるらしいが、今日は時間が無い。
再び、モノレールで空港へ。モノレールにも修学旅行生。
d0182075_6393433.jpg

飛行機からの沖縄です。雲が少しありますが、晴れです。
近くの奄美大島は曇りの予報。早く晴れて欲しいですね・・・。
青い空と海、境が分かりません・・・
d0182075_641213.jpg

# by furaibow581203 | 2010-10-23 23:59 | 遊び | Comments(4)
10月17日(日)
今日は所用で朝8時までしか時間が取れない・・・・。
そこで日の出と同時に畑へ着くように出かける。
d0182075_433558.jpg
朝、こんな時間です。
空気が冷たいですが、気持ち良いです。
今の気温が最高ですね。
今日は、ダイコンなどの虫が心配です。
山友さんからもご注意との連絡もあり
何としても行かねばといった気持ちです。


心配したダイコン、思ったより虫の被害が少ないです・・・。
間引きして、1本にする。ダイコンってこれからの成長は早い。毎週大きくなります。
下左が間引き前で、右が間引きした後です。すっきりしました。
d0182075_4365089.jpgd0182075_437223.jpg







同じアブラナ科のチンゲンサイも間引きして土寄せする。
d0182075_4391674.jpg
こちらも虫に多少は食べられていますが
心配したほどではありませんでした。
山に近く、平地より気温が低いからなのでしょうか?
でも、ほっとしました。


今日は作業できるのは1時間ちょっと。
雑草は畝の間はクワでこするようにして取る。畝の上はさすがに手で取る。でも、十分ではありません。
来週も時間が取れないので雑草の方が心配になりました。
d0182075_444284.jpgd0182075_4444956.jpg







d0182075_4451215.jpgd0182075_4455285.jpg







写真左上:サニーレタス、右上:ニンニク、左下;ニンジンです。
写真右下の落花生、枯れてきています。病気なのか?
でも収穫の時期でもありますので、2週後の休みに収穫することにします。
本日の収穫は間引きしたダイコンです。
d0182075_451462.jpg

この後、車を洗い時間通りに家に帰る。短い中でも充実した時間でした。
# by furaibow581203 | 2010-10-17 23:30 | 野菜作り | Comments(6)
10月16日(土)
先週の黒岩山の紅葉状況を見て、大船の御池の紅葉が綺麗なのではと期待して行くことにした。
家は4時前に出た。基山SAに5時集合の約束。
アップルさん、のどかさん、S・TAROUさん、toshiyanさんの5名で合流して出発する予定です。
5時集合だが、時間前に皆さんちゃんと来ている・・・。
仕事で5時集合とかなったら、文句の1つも出そうだが、誰も文句など言わない・・・。
それどころか喜んで来ている。子供の遠足と一緒ですね(笑)

大分道は車は少なかった。
でも、今日は多いのだろうと思いながら長者原に着くと、予想に反して車は多くない。牧ノ戸峠も多くない。
ここで少し車を停める。気温7度くらい。
さすがに、半袖の風来坊には少し寒いが、長くいる訳でもないので大丈夫です。
夜明けの時間になっています。牧ノ戸峠を降りる途中で停車して。写真。
三愛の交差点をまわって空が綺麗なので、再び停車、そして写真。
赤川の辺りでまたまた停車、写真・写真。デジカメならではの乱撮の数々。
・・・と楽しみながらの道中です。車中から早速、道草の始まりでした。
d0182075_3571794.jpgd0182075_3573992.jpg







2年前に行った時より、基山では45分ほど早かったが、登り始めた7時30分は2年前と15分しか違わなかった。30分の撮影時間があったことになる。
駐車場は既に満車状態だったが、奥にスペースがあり、余裕で停める事が出来た。
で、いよいよと思ったら、草紅葉が綺麗です。早速、パチリ。
d0182075_42183.jpgd0182075_42387.jpg







ようやく、歩き始める・・・。
すると・・・・。ツリフネソウが・・・。また、撮影。登りでもないのに時間がかかる(笑)
d0182075_474572.jpg

ここのツリフネソウ、色がとても綺麗です。
薄紫の色。
他の場所では見られない色と思います。


ツリフネソウが続く道を歩くと、取り付きが。
d0182075_416362.jpg

自然林の中へ進む。
登り始めにもツリフネソウ。
ゆっくりと歩く。
人も増えてきた感じ。


d0182075_4175134.jpg

この辺りは、まだまだ緑ですが、遠くに色づいた木が見える。
しばらく歩くと、有刺鉄線に気付く。何であるのだろうかと思い、進むと分岐。ここから案内板を見ながらの歩き。コンクリート道も突然、途中に現れる。いつの道なのだろう?
d0182075_4222697.jpgd0182075_4225084.jpgd0182075_423063.jpg




上右の写真の案内板で岳麓寺からのルートと合流する。
人も増えてきた。いよいよ大船を目指す。
岩の上にたくさんの木がある場所で小休止。お腹もすいてきました・・・。
d0182075_4284534.jpg

入山公のお墓の近くに来たら、色づいている木が増える。
公のお墓で今日の安全を祈願する。
そして、皆さんに気付かれずに祈ったのが、「カメラの電池が持ちますように」でした。
電池の残量を示す印が、一旦、あとわずかのところに来ていました・・・。
「しまった!充電をしておけば良かった・・・」 今さら遅い!頂上の写真が撮れなければレポも締まりません。
携帯は持ってきているので、最悪、携帯画像にするかと考えながら歩く・・・・。
良い景色を見ても、頂上まで出来るだけ温存!結構我慢しました・・・。
d0182075_4323628.jpg

そんな中で出会ったのが・・・・。
今日一番の紅葉と思いました(下の写真)    でも、綺麗に撮れていませんでした。
写真って難しいです・・・・・・。
でも、目に焼きついた画像では今日一番のお気に入りでした。
d0182075_435058.jpg

で、更に紅葉が続きます・・・。したがって、なかなか前に進みません。
写真の枚数と歩数が同じくらいのペースで増える感じです。

d0182075_4361497.jpgd0182075_4382485.jpg







d0182075_4393689.jpgd0182075_4395224.jpg







それでも、だんだんと高度を上げ、いよいよ頂上が見えました!人も見えました!
d0182075_20562980.jpg

頂上が見えると気になるのが御池の紅葉。
どうなのか気にしながら登る。そして頂上へ・・・。
d0182075_210221.jpg

予想通りの紅葉が目の前に拡がっています。
この紅葉を目の前にしての昼食タイム。美味しくないはずがありません。
至福のひとときです・・・・。
d0182075_2122290.jpgd0182075_212453.jpg







山頂を後にして御池へ下る。
d0182075_2152154.jpg

御池を後にして最後に・・・
d0182075_2155625.jpg

名残惜しいが時間も少ない。
下りは結構急な坂を下る。慎重に足を運びながら降りる。
途中の紅葉が疲れた足に優しい・・・。
d0182075_2173278.jpgd0182075_2174671.jpg







長かった大船の歩きも終わりに近づき、寂しい感じです。
d0182075_21102691.jpg

登った時に分かれた道に気付くことなく下山となりました。
心配したカメラの電池も持ちました。
登山口の車はかなり少なくなっており、私たちののんびり山歩きを物語っています。
下山後は、汗を流して帰りたいものです。
d0182075_21121832.jpg

七里田温泉、鉄分を含んだ優しいお湯でした。
家に帰ったのは20時頃、16時間ほど遊び歩きました。
お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました!
# by furaibow581203 | 2010-10-16 23:48 | 山歩き | Comments(14)
10月14日(木)
水炊き長野に久し振りに行った。
この店は学生の時から知っているので、言うなれば「30年来の客」
と言うと常連中の常連に聞こえるが、店の人は私を知らない・・・・。
結構行きたい店ではあるのですが、行けない事も多いのです。

この店は冬場ともなると平日でも結構予約で埋まる。だから当日行きたくなっても無理なことが多い。
ちょっと前、8月終わりのまだ暑くて、鍋なんて・・・  の頃にたまたま週末の予約状況を聞いたら満席ですとの返事が来た時にはさすがにびっくりした! 恐るべし、長野です。
料金が安いので、気軽に水炊きを楽しめる店と言うことでしょう。
d0182075_5173296.jpg

鍋にはスープが張ってあり、これに火をつける。
鍋が温まるまでの間には、酢モツで一杯。
d0182075_518563.jpg

・・・・で、鍋が煮えると先ずは、スープ!
d0182075_5212671.jpg

水炊きはこのスープが美味いです。
肉から先に食べ、途中でスープを飲み、野菜は最後に。
d0182075_5211462.jpg

今日の参加者はカロリー控えめが必要な方だったので、雑炊は止める。
でも、本当は雑炊で締めたい・・・。

この後、天神のGSパブ「ウィンディー」へ。
ここも20数年来のなじみ。と言ってもそんなに回数を行っている訳でもない。
それでも、顔は認識してくれているようです・・・。  会社名とコマーシャルソングと共に・・・。
ここは、ボーカルの松本さんの語りが面白い店です。特に、50歳以上にはとっても面白い店。
でも、若い女性が行くと松本さん頑張りそうです・・・・。行って下さい!(店の回し者ではありません)
d0182075_525781.jpg

この後、こちらへ・・・
d0182075_5253528.jpg

と言うことはせず、ウィンディーから家に帰りました。
# by furaibow581203 | 2010-10-14 23:10 | グルメ | Comments(5)
10月11日(月)
今度の連休、9日・10日は予定を決めていたが、11日は空けていた・・・。釣りと畑で過ごそうか・・・・。
そこに東京のKさんからの電話。
「11日夜、仕事で福岡に泊まるので、夕食一緒しない?」
なら、「朝早く来て、山、行きませんか?由布岳でも・・・」と誘いをかけた。
「えっ・・・、でも・・・」とやり取りした後に、由布岳がキーワードだったようで、結局行くことになった。
Kさんは、九州の百名山は開門岳以外は登っているけど、由布岳は未踏。前から行きたかったらしい。
「では、6時半羽田発ので来て下さい」

当日、6時半頃メールが・・・  「乗り遅れた。1時間後に変更。始発電車に乗ったけど間に合わなかった」と。
後で聞いたら、始発の電車を調べたところ、羽田に出発15分前着くようになっていたが、大丈夫と思って行くと搭乗手続きが終了していたって。
私だったら事前に航空会社に連絡して確認しておくのに・・・・。  
Kさんはそんな細かいことには構わない人。
「始発に乗って間に合わないなら仕方ないね」とおっしゃっていました。 大物です・・・・

で、福岡空港を9時30分に出発。太宰府付近の混雑も大したことはなく、11時に登山口へ到着。
駐車場は満車状態だが、この時間になると帰る車もあり、空いていた。これは想定内。
d0182075_3464895.jpg

d0182075_3584614.jpg

さあ、Kさん、初の由布岳に行きましょう・・・。

草原を過ぎていよいよ林の中へ。
ここからの歩きは気持ちよい。
薄日が射す明るい林を登る。

d0182075_422043.jpg

昨日の、黒岩山では紅葉も結構始まっていると感じたが、由布岳の下はまだまだです。
でも、ところどころで・・・・
d0182075_442153.jpgd0182075_443758.jpg







紅葉が楽しめます。
山が久し振りのKさんに配慮して、ゆっくり登る。
今日はKさんに見せたい花がある。   ここで見れるか分からないが横の飯盛ヶ城にはあるとのネット情報。
でも、今日寄る時間は無さそうかな・・・  なら登る途中で探すのみ!
d0182075_410194.jpgd0182075_4124483.jpg







合野越での休憩もそこそこに登る。
Kさん、意外と元気です。
だんだん木が低くなる・・・・
d0182075_4163057.jpgd0182075_416594.jpg







木が無くなると花が迎えてくれる・・・。目立つのはアザミ。ヤマラッキョウも多い。
目当ての花を探しながら登る風来坊。  「Kさんに見せたい」の一心で・・・。   
でも、そんなことにはお構いなく登るKさん。
だんだんと距離が空く。でも見せたい・・・・。

結局、目当ての花を見つけることが出来ませんでしたが、Kさんは全く興味が無かった様子。
Kさんのお仕事にも関係ある花なのですよ!
d0182075_4233380.jpg

先に進んだKさんとマタエで合流。マイペースのKさんです。
d0182075_4262739.jpg

ここから東峰へ。
帰りの渋滞を考えてお鉢廻りは諦める。
今日は家族連れも多い。



周囲が見渡せる。 空気が澄んでいるとまではいかないが十分、景色を楽しめる。
d0182075_4285626.jpg

そして頂上へ。 昨日行った九重も見えます。
d0182075_4305885.jpg

ここで昼食。近くのパン屋で買ったパンとスープ。
二人でのんびりと過ごし、周りの景色を楽しむ。
「あっちは高崎山、その向こうが大分です」などと説明する。
着てよかったですね、Kさん。寒くも無く、気持ち良い山頂でした。
帰りは、少し急いで・・・。
d0182075_437388.jpg

15時ごろ、登山口に無事下山。
で、折角なので由布院の温泉で汗を流しましょう。 有名な夢想園へ・・・。
着いたら、「立ち寄り湯は15時までです」   調査不足ですみません。

おっと・・・、困った。近くの旅館で聞くと大丈夫とのこと。ここの露天からの由布岳。
d0182075_442765.jpg

少しぬるい湯だったが、眺望が良い。人も居ない。
のんびりと汗を流して、福岡へ。

かなりの渋滞を覚悟していたが、筑後小郡で降りる車の列で近くが渋滞した時には、これが太宰府まで・・・と覚悟の割には軟弱なことを思ったが、何とかそれほどでもなく、19時前には福岡の自宅に着いた。
このあと二人で飲みに行き、一日を堪能した。

由布岳の紅葉はまだまだでしたが、センブリには会えたし、天気も良く、Kさんとの久し振りの山歩きを楽しめました。3日連続の山を許してくれた家族にも感謝です。
この日、先日藻岩山を一緒したYさん、八甲田山で百名山完登です。おめでとうございます!
# by furaibow581203 | 2010-10-11 23:57 | 山歩き | Comments(10)