ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9月27日(火)晴れのち雨
今日は、朝の内に畑へ。
日曜日、山の後に寄るつもりでしたが、雨になり寄らずに帰ったので、今日は是非行かねば。
今日を逃すと、週末まで雨予報で大変そう。
実は、気になっていた野菜があるのです・・・。
薄暗い時間に家を出て夜明け頃、畑に到着。朝が遅くなりましたね。

最初に蒔いたダイコンは大きくなり始めました。
左のネットにあるのは第二弾のダイコンです。
d0182075_02325823.jpg
間にある小さなダイコンは間引き用に残してあるもの。
大きいのから間引いていますので、残っているのは小さいですね。
ダイコンの間引き菜は結構美味しいのです。

ジャガイモは萌芽しています。
d0182075_02330309.jpg
今週末には芽を間引かなきゃいけません。
先々週、カットしたニラ、伸びてきました。
d0182075_02330975.jpg
ニラは伸びて直ぐに切ると柔らかい。
他にはエダマメ、このところの日照不足の影響なのでしょうか・・・、実の太りがイマイチ。
少しだけ採って、夜、ゆがいていただきましたが、マメの味が薄いよう・・・、残念。
秋キュウリは病気で成長が鈍化、ようやく一つ生っていたので収穫。
ピーマンやシシトウはまだまだ元気でした。

そして、アナグマに食べられて収穫できていなかったパプリカ。
先日対策した袋に今度はちゃんと守られていました。
その袋を外すと・・・。
d0182075_02331434.jpg
ようやく出来ました(嬉) 今度は無事でしたね、大成功!

この一個を作るのに大変でした・・・。
d0182075_02331975.jpg
少しキズなどありますが、まぁ上出来でしょう。
工夫しながら収穫できるまで育てるって、楽しいです。
あと数個は収穫したいです。来年は、赤と黄色を揃えたいねっ・・・。



by furaibow581203 | 2016-09-28 02:47 | 野菜作り | Comments(8)
9月25日(日) 曇りのち雨
今日は、ポンちゃん企画で洗谷コースが初めてのけいこたんさん&じゅんパパさんと歩く。
ガック隊長と風来坊は補佐役を務める(笑) 総勢5名。
キトク橋から歩く予定だったが、ポンちゃんが今朝の予報から判断し、少し短縮して歩くよう変更。
車をデポし、8時14分洗谷コース入口のふぢ橋横から入山します。
杉林の中を通り過ぎて、狭い沢沿いの道を進むと流れが三つに分かれる小滝の場所へ。
d0182075_04295495.jpg
手前にツクシミカエリソウが咲いていましたので、小滝をバックに写しましたがいまいちでした。
洗谷は沢沿いのコースで、何度も渡渉します。
今日は雨の影響で水量が多かったです。
そして第一のロープ場へ。初めてみると高さがあるのでちょっとびっくりするのですが・・・。
d0182075_04300675.jpg
けいこたんさん、クリアして直ぐ次のロープ場へ。
d0182075_04301297.jpg
けいこたんさん、今日は風来坊の後ろを歩いていたので、何度も被写体になっていただきました。
ここを抜けて、しばらくはロープ場は無いのですが、沢を何度も渡ります。
下は、滝をそのまま登るところ。
d0182075_04301754.jpg
優しいポンちゃん、すかさず誘導してくれていました。
風来坊は独立精神を養っていただくために手を貸しません(笑)
先月登った時には沢の水が心地よかったですが、今日は寒さも少し感じるようになりました。
d0182075_04302897.jpg
洗谷コースは陽が当るところになるとキツリフネがあちこちに咲いています。
ツリフネソウより多いです。
d0182075_04303445.jpg
そして第三のロープ場へ。
ここは、木の根っこなどがありますので、それを掴んで登っていただきます。
d0182075_04304000.jpg
この辺りにはモミジハグマがたくさん咲いていました。
先月来た時よりはるかに多い。
d0182075_04304684.jpg
そして、いよいよ峠までの最後の登り。
d0182075_04305251.jpg
途中、休みながらもようやく峠へ到達!
d0182075_04305917.jpg
良かったですね。初めての洗谷コースはいかがだったでしょうか?
そのうち、病み付きになると思います(笑)
ちなみに風来坊の補佐役とは、いわば毒見役。
つまり、先頭でロープを登り、風来坊で大丈夫なら全員大丈夫と判断されるという
貴重な役回りでしたので役目は峠までで終わりでした(笑)

縦走路を歩き、途中ツルニンジンなどを写しながら、山頂へ。
10時53分、登山口から2時間40分、風来坊が先月キトク橋から歩いた時が3時間ほどですので、
ほとんど変わらないペースです。けいこたんさん&じゅんパパさん、自信を持って下さいませ。
d0182075_04310794.jpg
山頂で早めの昼食をいただき、下山します。
山頂のホソバノヤマハハコは先月の時より元気そう。
d0182075_04311701.jpg
先月は暑かったですからね・・・。
そして、ヤマボウシの実がたわわに実っていました。
d0182075_04313091.jpg
赤色の濃い実をいただきましたが、優しい甘さがありました。
ヤマボウシの実が食べれるとは思いませんでした。
水無への激下りを終えて、好きな風景の場所へ。
d0182075_04314042.jpg
そして、少し明るい場所ではミゾソバが開花中。
d0182075_04315194.jpg
なかなかきれいに写せませんでしたが、とりあえず掲示。
そしてアンの滝へ向かう下りで、色白のトリカブト。
d0182075_04315934.jpg
ポンちゃんの花眼力に脱帽です。
風来坊は下りの足場ばかりに目が行って全く気付きませんでした。
井原山はレイジンソウも色白で、北斜面なのだからでしょうかねぇ・・・。
d0182075_04320648.jpg
アケボノシュスランは思わぬ場所にあって、びっくり。
びっくりしすぎて写真がピンボケしました(残念)

最後は小雨になり、ポンちゃんの判断が正しかったのがよく分りました。
今日は、天候判断力や花眼力、また優しいサポート姿勢とポンちゃんを見習うばかりでした。
ガック隊長は最後尾を固めていただきましたが、お仕事ぶりを拝見出来ませんでした。お許しを。

井原山、今年は1月と7月を除いて毎月登っていますが、まだまだ知らないことだらけで、奥が深い。



by furaibow581203 | 2016-09-26 19:02 | 山歩き | Comments(12)
9月24日(土)晴れ
金曜に鹿児島出張があったので、いつもの出張利用の山歩きを(笑)
9月初めにも出張があって、土日で大隅半島の九州百名山4座を登る計画を立てていたが天候不良で中止。
今回は日曜に予定があり、今日一日だけで御岳~大箆柄岳の2座を登ることにした。
鹿児島市を4時過ぎに出発。
東九州自動車道が一部(20kmほど)無料なので、この高速利用ルートが安い。
しかも桜島フェリー利用や垂水フェリー利用より多分、早い。
土曜なので鹿児島からの高速料金はETC利用で1,290円でした。
レンタカーのナビが古くて鹿屋までのルートはコンビニで地図を確認して走った。
「鹿屋体育大学前」の信号を右折すると、ほどなく下の写真の信号があります。
d0182075_17395970.jpg
この信号を右折しますが、角には「鳴之尾牧場」の看板も一緒にあります。
先に進むと下のような案内板がところどころにあり、迷うことはありません。
d0182075_17400611.jpg
でも、牧場まで3kmのところに分岐があり、良く見るとテレビ塔までの案内は
右を示しています。(風来坊は見逃し左にそのまま牧場まで進んでしまいました)
d0182075_17401302.jpg
引き返して、右に進んでいくと電線が垂れています・・・。
無理かと思いましたが・・・。
d0182075_17402097.jpg
左側をギリギリに進むと借りたヴィッツは何とか通過。
あとはそのまま走ると・・・。
右端のとんがりがテレビ塔、その直ぐ左が御岳です。
d0182075_17402632.jpg
テレビ塔まで0.4Kmの標示がある駐車スペースに着きました。
先まで行けるかも知れませんが、こちらが広いのでここに駐車。
(ここから少し先に5合目の看板と4,5台停めれるスペースがあります)
鹿児島市内からは間違えずに走ると2時間ちょっとです。
d0182075_17403054.jpg
準備して、6時50分前に出発。
今日の御岳~大箆柄岳往復は7時間程度かかる見込み。
この時期ですので早い方が良いと判断し、この時間に来ました。
歩き始めるといきなりだんごならぬ、いきなりのタカクマホトトギス!
d0182075_17403802.jpg
他の方のブログで直ぐに見たとありましたが、その通り。
あっさり、課題の花をクリア。
道端の草が刈ってありますが、ナンバンギセルが顔を出しています。
d0182075_17404467.jpg
そして、テレビ塔下登山口の行き止まり。
ここに複数台駐車するとUターンなど苦労しそうですので、ここには駐車しないのが良さそうです。
奥の階段手前に何かあります・・・。
d0182075_17405483.jpg
カウンターでした。
d0182075_17410034.jpg
風来坊もちゃんと1回押しました。
階段を登って振り返ると牧場や高隈の山々がきれいに望めます。
d0182075_17411054.jpg
整備された登山路を進むとテレビ塔。
その手前で、下山してくる若者と出会いました。
話すと、どうやら山頂でキャンプしたよう。
ここから見ると御岳までは三段構えのピークが待っていました。
d0182075_17412078.jpg
一旦、下って鞍部へ。
鞍部にはタカクマヒキオコシが・・・。
d0182075_17412842.jpg
下ってからの登りはクサリ場。
d0182075_17414983.jpg
ここをクリアして直ぐにツチトリモチ発見。
d0182075_17415782.jpg
ここまでの間にはタカクマホトトギスがこれでもかと言うほど咲いています。
でも、なかなかきれいな花は少ない。
先日の台風の影響なのか、環境が厳しいところに咲いているからなのか、
どちらででしょうかねぇ・・・。
薄黄色に斑点があるのが何となくホトトギスって感じがします・・・。
d0182075_17421127.jpg
普通のホトトギスもあるのですが、異常に少ない・・・。
d0182075_17422281.jpg
縦走路にはところどころにスズコウジュなどあり、花は多い。
d0182075_17423031.jpg
この山の植生は豊富と確信します。

急な登りのあとには、平坦で歩き易い道が控えていて嬉しい。
d0182075_17423977.jpg
先月平治岳で見たツクシコウモリがあった!
d0182075_17424854.jpg
さらにツクシミカエリソウも。ここは筑紫の国では無いですぞ!(笑)
d0182075_17430688.jpg
八合目(水場あり:でも水は飲みたくない感じ)を過ぎて少し登ると九合目。
祓川登山口(2時間)との合流点でした。
d0182075_17431664.jpg
ここから5分ちょっとで御岳山頂(1,182m)奥に見えるのが大箆柄岳かな。
山頂には一等三角点がありました。
d0182075_17432973.jpg
山頂周囲には、リンドウ(天山で見れなかったので嬉しかった)や
d0182075_17433829.jpg
アキノキリンソウが待っていてくれた。
d0182075_17434674.jpg
でも、今日は御岳~大箆柄岳往復なので急がねばと先へ進む。
御岳山頂から20mほど下ったら・・・。
d0182075_17435505.jpg
登山路が崩落で消えている・・・。
とても先に進むのは厳しそうです・・・。歩いた跡も無さそう・・・。

まだまだ時間はあるものの、無理は禁物です。
諦めて引き返します。
御岳山頂から妻岳方面を良く見ると崩落しているところがありました。
d0182075_17440378.jpg
先日の台風の大雨の影響は想像以上でした。
帰りは思った以上に順調でしたが、テレビ塔が見えるところに戻ったら
結構急なところにあったのですね。
d0182075_17441641.jpg
2時間半弱の山歩きを終えて、下山。
登山口付近で地元の方とすれ違いました。
あの電線をくぐったのが風来坊だけでないと思ったら、少し気持ちが楽になりました(笑)

帰りは電線の垂れ下がる林道を慎重に下って、間違えた分岐を過ぎたところ付近で御岳を望みます。

d0182075_17442654.jpg
右のピークから真ん中のピークが今日歩いたコース。
途中は結構急傾斜ですね・・・。
昼前には鹿児島市内に戻って、地元の今日の南日本新聞を見ると・・・。
d0182075_17443412.jpg
大箆柄岳山頂西斜面(多分)の崩落が凄い。
今回の被害では、しばらく大箆柄岳への登山は厳しそう。
テレビ塔下からの御岳往復は大丈夫です。でも電線には要注意。
情報を良く確認して登るのが良さそうです、ご用心を。

今日の行程
 駐車スペース6時49分→テレビ塔7時19分→八合目7時45分→九合目7時53分
 →御岳山頂8時~14分→駐車スペース9時8分




by furaibow581203 | 2016-09-24 19:24 | 山歩き | Comments(10)

9月22日(木) 曇り
天山にはこの時期しか登ったことが無い風来坊ですが、季節を問わず人気の山です。
この時期は風来坊の好きな花が多いのです・・・。
で、天気が良さそうだったので急遽企画したのですが、
前日の予報で午後から雨に変わった・・・。
S・TAROUさんをお誘いしたものの振られて、一人で向かいます(笑)
上宮駐車場に車を停め、8時過ぎに出発。
駐車場の先客は2台だけ。

d0182075_17474342.jpg
さすがの天山もこの時間は登山客は少ない。
ゆっくりと歩き、先ずはキバナアキギリの咲く場所へ。
d0182075_17475535.jpg
この花を見ると先に似たようなとんがりがある蛾を思い出す。
しかも苦手な蛾ですので、好きになれない花ですが動かないので写せます(笑)
登山路を登って行くとアケボノソウが咲いています。
年々、この登山路のアケボノソウが減っているのが気になりますねぇ。
d0182075_17480207.jpg
登山路を登ってあめ山分岐からあめ山へ向かう。
ノダケはいつもこの登山路にあります。
d0182075_17480963.jpg
オミナエシも同じですね。
d0182075_17481653.jpg
リンドウが昨年は咲いていたのに今年は蕾しか見つけることが出来ません。
(あとで天山の主の一人のタクさんはちゃんと見つけていたので力不足を痛感)
d0182075_17482248.jpg
あめ山山頂から引き返し、天山を目指します。
d0182075_17482855.jpg
そう言えば、先週天山を歩かれた山友さんが写していたサンキライ(サルトリイバラ)の実。
あめ山のは大分色づいていました。
d0182075_17483540.jpg
そして天山山頂を目指します。
センブリやアキチョウジなどの花を楽しみながら登って行くとあと少しで山頂。
山頂手前にはキュウシュウコゴメグサ。
d0182075_17484162.jpg
そして山頂。
丁度、山頂から下って来たグループとすれ違ったので無人の山頂。
朝早いとはいえ、この時期の天山ではありえないことですね、ラッキー。
d0182075_17484665.jpg
山頂はそのままスルーして、先ずはウメバチソウの場所へ。
d0182075_17485739.jpg
先日の雨で大分傷んでいる感じです。
マツムシソウも終わりのようですが、何とか残っています。
d0182075_17490469.jpg
代わりに元気なのがツルリンドウ。
d0182075_17491221.jpg
今日は縦走路のあちこちに咲いていました。
今日のお目当ての一つ、トリカブトは元気。
d0182075_17492485.jpg
例年立ち寄るこの場所では、沢山の花をつけたのが今年もあって嬉しい。
d0182075_17493299.jpg
天山北壁が望める場所近くで引き返す・・・。
d0182075_17494234.jpg
皆さん、この辺りをUターンの場所にしているようでした。
縦走路、今年はセンブリが多い印象。
皆さん、そうおっしゃっていました。良いことですね。
d0182075_17495108.jpg
再び山頂に戻って西方面を望むと八幡岳方面には少し雲海がかかって
何となく幻想的です。
d0182075_17500008.jpg
ここから天川駐車場方面に下山します。
駐車場に着く頃に少し小雨が降り、駐車場横の小屋で休んで昼食タイム。
この小屋で、今日何度かすれ違った方とまたまた出合い、
このあと上宮駐車場までご一緒することになった。
ツリフネソウはあちこちに咲いています。
d0182075_17501461.jpg
昨年みたツルニンジンは今年も健在。
d0182075_17502331.jpg
舗装路にきれいなサイヨウシャジンが・・・。
d0182075_17503085.jpg
上宮駐車場に帰ったのは4時間後。
この後、ススキが邪魔する周回路を帰っていたら、なんと!
タクさんにお会いした!
天山を良く知らない風来坊にとって、タクさんはマッスルさんと共に
天山の主とも言える超ビッグな存在。
ブログでも読者が多くて、文章も上手な尊敬する方です。
今日、レイジンソウを探していた方と最後に歩きましたので聞いてみると。

アケボノソウの群落地や
d0182075_17503770.jpg
レイジンソウがタクさん(笑)咲く場所に案内していただいた。
d0182075_17504511.jpg
ありがたい、ありがたい。
こうやって風来坊の貧相な知識に貴重な情報が積み重なるのです。
どんどん脱落するのが玉にきずですが・・・(笑)

今日天山で一番見たかったのは、これ。
ムラサキセンブリ(英名:イブニングスター)
花の形や色を見るとイブニングスターと言う名前に納得です・・・。
d0182075_17505146.jpg
この場所はある山友さんに教えていただいたのだが、元々の情報元はタクさん。
d0182075_17505893.jpg
と言うことは、タクさんさまさまの花歩きなのです。
そのタクさんに最後に出会えて、嬉しかったです。
タクさん、ありがとうございました!
d0182075_17510576.jpg
今日は良い山歩きを楽しめて大満足でした。
そう言えば、ガガイモやシロバナサクラタデ、タクさんに聞けば良かった・・・。
またの機会に楽しむことにします。




by furaibow581203 | 2016-09-22 18:39 | 山歩き | Comments(10)
9月17日(土) 曇り時々晴れ
今日は、キス釣りに行くつもりだったが、昨日の東京日帰りで疲れたので朝のんびりしていたら
気分が変わり、山歩きに変更した・・・。
原付で花乱の滝登山口まで登り、準備してスタート。2台の車が先に停まっていました。

4週前には暑かったのが嘘のように涼しい・・・。
オタカラコウが最初に出迎えてくれ、花を探しながらゆっくり登ります。
d0182075_18230208.jpg
先日の雨で沢の水量はまずますです。
d0182075_18230782.jpg
今日はなぜかあちこちでヘビに遭遇・・・。
d0182075_18231300.jpg
アゴ坂・直登コース分岐まで1時間20分以上かかりましたのでゆっくりペースでした。
分岐で2、3分ほど休んで直登コースへ向かう。
d0182075_18232345.jpg
今日は久し振りに直登コースを登りましたが、意外に先客が下って来ました。
先月も結構歩く人が多かった花乱の滝コース、人気上昇中でしょうか・・・。
でも、最後の登りはきついのですよねぇ・・・。
d0182075_18232912.jpg
ここを登り切り、峠から少しで金山山頂。
先客の夫婦連れがいました。挨拶して写真を撮ってあげて山頂をあとにします。
d0182075_18233518.jpg
今日は風が強かったので、アゴ坂峠に向かう縦走路を歩き、庭園風の広場で昼食。
d0182075_18234198.jpg
ここで昼をいただくのは久し振り。
ゆっくりとした時間を過ごしました。
d0182075_18234667.jpg
休憩が終わったら、あとは下山。
沢の水を楽しんで下りました。
今日見た花です。
モミジハグマ。
d0182075_18235352.jpg
この花の場所はスズメバチが多いとある方のブログで知っていたので、スズメバチ用の
スプレーを準備して行きましたが、今日は使うことも無く安心して見れました。
そしてツルリンドウも見っけ・・・。
d0182075_18235968.jpg
ギンリョウソウモドキはあちこちで見ましたが、きれいなのは少なかったです。
d0182075_18240678.jpg
ツルニンジン、無いかと思っていましたがありました!
d0182075_18241455.jpg
ツルニンジンの横にはアケボノソウも。
こんなところに咲いているとは意外。
d0182075_18242289.jpg
今日はあちこちでレイジンソウが咲いていました。
でも、陽が差しにくい場所は色白で、下のように紫がきれいなのは少なかったです。
d0182075_18243434.jpg
今日一番見たかったアケボノシュスラン。ありました!
d0182075_18244648.jpg
ピンクが濃いのがかわいいですが、腕が・・・。
d0182075_18245391.jpg
なかなかきれいに写せず残念。
でも、見れて嬉しかったです。

今日の行程
 登山口9時3分→分岐10時27分→山頂11時23分→庭園11時46分~12時9分→登山口13時49分

 



by furaibow581203 | 2016-09-17 18:47 | 山歩き | Comments(14)
9月11日(日)曇り時々晴れ
昨日は山へ行きましたので、今日は海へ。
実はキス釣りには先週も出かけたのですが、予備の仕掛けを忘れたので、
二投目に根掛かりして糸が切れたら、それで終了。
今日は仕掛けをちゃんと持って出かけました(笑)
野北に着くと「天気晴朗なれど波高し」
これくらいは良くあることですので、準備して投げるのですが、釣れるのはフグばかり。
フグが多いと針も切られて、大変面倒なのです・・・。
d0182075_19243387.jpg
何回が投げた後に、フグに切られた仕掛けを付け替えしていると先に釣っていた人が話しかけてきた。
何でも、やっぱりフグばかりですと・・・。釣り場を変えるそう。
先人の意見に素直に従い、場所を変えて投げるが、そこでもフグばかり。
さらに場所を移動します。
外海はサーファーが多かったので、湾内の大原へ。
d0182075_19244211.jpg
でも、ここもフグや鯛の子など・・・。
d0182075_19251305.jpg
こんな日は無理をしないこと。そう決めて納竿しました。
釣果ゼロは久し振り。 このままではシーズンを終われませんね・・・。

一旦家に帰り、畑へ向かいます。
先日、赤ピーマン(パプリカ)に虫対策で不織布を掛けましたが、袋を破られ見事に完食されてしまいました。
d0182075_03450646.jpg
下が不織布を掛けた時の状態(二週間前)
d0182075_07272067.jpg
虫では無くアナグマと推定。相手がアナグマなら不織布だけでは防御できません。
そこで、色々と防御グッズを探して、これを準備してきたのです。
アナグマ対策用パプリカ保護袋などは当然売っていませんので、無い知恵を絞りました(笑)
d0182075_03452090.jpg
プラコップなども考えましたが、薄い育苗用のビニール鉢を水きりネットで囲むようにします。
育苗用のビニール鉢は薄くて軽く、穴も空いていますので雨が溜まることもありません。
しかも軽くて値段も安い(と言ってもパプリカを買った方が安いかも(笑))
内側に不織布を巻き、その上にビニール鉢とネットを掛けてみました。
軽いとはいえ重くなるので、棒で支えるようにも対策を怠らない。
d0182075_03452909.jpg
「アナグマ君、これでどうだ!」です(笑)
これでダメなら、イタチごっこならぬアナグマごっこを繰り返すかも(爆)

ダイコンはネットを掛けてここまで育ちましたので、間引きした後、ネットを外して育てます。
ネット越しでも虫が群がっているのを見るとネットが無ければ大変だったことと思った次第でした。
でも、ここまで育てばあとは大丈夫です。使っていたネットは次のダイコンに転用。
ネットって高いので使いまわしで対応です。
d0182075_03453822.jpg
エダマメは順調に実をつけました。
d0182075_03454668.jpg
来週か、もう少しすると豆が膨らんで食べれそうです(嬉) ビールを冷やして待ちましょうね(笑)

畑の敷地内ではヒガンバナが咲き始めました。
d0182075_03455322.jpg
この辺りは平地よりは少し気温が低いので、一足先に彼岸を迎えたよう。
でも、先日の台風以来、あっという間に涼しくなりましたね。



by furaibow581203 | 2016-09-12 04:26 | キス釣り | Comments(8)
9月10日(土) 晴れのち曇り
先週、台風の影響などもあり山に行けなかったので二週間ぶりの山歩き。
行きたくてムズムズしていました(笑)

今日は船石橋から歩き始めて、小爪橋から登り小爪峠に出て、矢筈峠まで縦走するつもりで出掛けた。
船石橋に原付を停め、8時45分過ぎに出発。
舗装された林道をやや下り加減に歩きます。
途中、ツリフネソウを写したり、他の花を楽しみながら歩くと40分弱で小爪橋。
d0182075_03423656.jpg
ここで唐津から来たと言う人と出会い、しばらく一緒に歩くことになった。
どうやら小爪川を登るのは初めてらしい。
風来坊が先導して進むことになりました。
d0182075_03424204.jpg
でも、途中から何か変な感じ。
踏み跡が無かったりしてテープを探しながら登ります。
すると林道工事をしているところに出会いました。
5月に下った時には林道なんて無かったのに・・・。
こんなに道を作って林業にプラスになっているのか全く分かりません・・・。
d0182075_03424929.jpg
テープを目印に登りますが、どうもいつもの道と違うよう・・・。
しかも途中からテープも見つけられなくなりました。
ご一緒した人に「引き返しますか?」と聞いたが、
「ここまで結構登ったので・・・」とのことだったので強引に登ることに。
d0182075_03425783.jpg
かなり急な坂を登りに登って、何とか縦走路に出た時にはホッとしました。
登山路って有難いですね。
でも、道迷いしたおかげ?でこんな花(のあと)に出会いました。
d0182075_03430487.jpg
ナツ・・・ですね。ひと月前ならきっと花を楽しめたでしょう。
でも、この山域にあるのを見ただけでも満足です。
この後、鬼ヶ鼻岩でお昼をいただき、矢筈峠まで縦走します。
今日の縦走路にはギンリョウソウモドキが乱立。
d0182075_03431228.jpg
花らしい花も無く、好きな場所まで来ましたので涼みます。
d0182075_03440797.jpg
この先でようやくツルニンジンに出会えて、嬉しい。
今日はこの花の場所を三か所確認出来て、さらに満足しました。
d0182075_03441431.jpg
矢筈峠から下りますが、いつも登りで使うので何となく景色が変。
d0182075_03442083.jpg
車谷も花が少なく、ツクシミカエリソウくらい。しかも色が薄い。
d0182075_03442912.jpg
もう少し花を楽しみたい・・・ で、少し寄り道して、この花があるのではと行ったところ、ありました。
アケボノソウです、まだこれからの様子でしたが写せただけでも嬉しい。
d0182075_03443736.jpg
オタカラコウも写して下山しました。
d0182075_03444682.jpg
今日は道迷いして思ったより時間もかかりましたが、思わぬ花を見つけて嬉しかったです。
皆さんは道迷いしないよう、気を付けて下さいませ。

今日の行程
 船石橋8時46分→小爪橋9時22分→林道出合10時19分→鬼が鼻岩11時54分~12時26分
 →矢筈峠13時44分→船石橋15時7分



by furaibow581203 | 2016-09-11 04:11 | 山歩き | Comments(8)
9月1日(木) 晴れ
1日の夕方から鹿児島へ出張。
出張と言えば「山」ですが、今日は平日ですので、先ずは飲むことに。
お店は、黒豚串焼きのお店「黒いだるま」
黒豚料理は、しゃぶしゃぶやトンカツが思いつきますが、串焼きは珍しい・・・。
早速行ってみると・・・。
d0182075_01101229.jpg
店内は、手前がカウンター、奥に座敷があります。
d0182075_01101865.jpg
先ずは、突出し(左)にクリームチーズをおつまみに乾杯。
d0182075_01102598.jpg
この店の売りの一つが、黒豚の刺身のようです。
赤身刺とガツ芯刺を注文します。
d0182075_01103156.jpg
上がガツ芯刺で下が赤身刺。
ガツは胃袋だそう。湯通しして出してくれている・・・。
d0182075_01103955.jpg
ワサビをつけてガツ芯刺をいただきます。
d0182075_01104564.jpg
コリコリとした食感がなかなか良い感じで、美味しい。
赤身刺も美味しくいただきました。
ビールから焼酎に変更して飲み続けます・・・。
次は、黒豚のスジ煮込み。
d0182075_01105120.jpg
柚子ごしょうでいただきました。トロトロに煮込まれていました。
さらに、今度はもう一つの名物の串焼き。
上はレバー。下は忘れました(笑)
d0182075_01105675.jpg
レバーの火の通し加減が絶妙。ねっとりとした食感が良いです。
もう一皿。
左は豚タンですが、右が豚サガリ。でも、真ん中は思い出せません・・・。
d0182075_01110259.jpg
黒豚のロースやヒレ肉では無い部分を使っての料理。
なかなか良いお店でした。満足・・・。

週末の山は、台風接近のため中止して帰りました。こちらは残念です・・・。




by furaibow581203 | 2016-09-03 01:29 | グルメ | Comments(8)