ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月29日(日) 曇り
昨日は山を楽しんだので、今日は畑の手入れ。
サヤエンドウとソラマメの手入れをしに朝から畑へ出掛けました。
先ずはワラ(3束で600円)を購入。先日、脇山の「ワッキー主基の里」に予約していました。
d0182075_5494366.jpg
4粒ずつ種蒔きをして育っているサヤエンドウ。もう少ししたら成長の良いもの2本立てにします。
廻りの土をスコップで土ならしします。

d0182075_5495393.jpg
そして、ワラを北側を中心に囲うようにしてひもで上を固定します。
下は先ほどならして柔らかくした土に少し差し込むようにします。
差し込まないとワラが風で動いて苗を傷つけるから。
これは他の方のブログで紹介してあったやり方の手抜き版。
でも、ワラで囲むのはなるほどと思ったので、真似てみました。
これだと寒い北風からサヤエンドウを守ってくれそうです。
d0182075_550483.jpg
そして完成。年内に2本に仕立てる予定です。
さて、上手く育ってくれるでしょうか・・・。
d0182075_5501692.jpg
次はソラマメの仕立て。
一番最初に出た芽が一番大きく育っています。
風来坊は今まで出る芽は全部そのままにしていただけでしたが、やはり先ほど真似た人のブログで脇芽を伸ばす方が良いと知りました。
d0182075_5502565.jpg
最終的には切るのですが、脇芽が育つまでは葉から栄養を取って、脇芽に回してもらうことにするのだそう。
ですから、今日は先端の芽を手で取ります。
d0182075_5503534.jpg
これで、最初に出た芽は成長点が取られてそのまま。
d0182075_5504578.jpg
そして脇芽を育てます。脇芽を5,6本ほどの揃えて、これを大きくして実らせる方法。
まだ脇芽が2本ほどですのでもう少し出るまで待ちましょう。
12月末には先端を取った主芽を根元から切るらしい。その頃には脇芽が出揃っているでしょう。
上手くいくか楽しみです。
d0182075_5505550.jpg
そして2週前に植えたタマネギの様子を確認。
先がかじられて短くなったのがありました。根の周りをピンセットで掘ってみるとネキリムシ。
ニンニクやネギでも葉がかじられている下に必ずいます。
こまめに見つけて処分するのが大事ですね。
d0182075_551221.jpg
タマネギは寒くなる前にあまり大きくしない方が良いらしいので、これで十分でしょうか・・・。
年明けに3回ほど追肥して、大きく育てるようです。
こちらも新しいやり方を取り入れてみます。色々と試してみるのは面白い。
今日はこれで作業は完了。
あとは冬の間に空いているところの雑草取りをしなければ。
スギナがはびこっているのでこのスギナとの戦いが長引きそうです・・・。



by furaibow581203 | 2015-11-30 05:51 | 野菜作り | Comments(8)
11月28日(土) 曇り
年末で家内が大活躍。先週は風来坊の家の掃除など、今週は実家の掃除をすることになった。
実家では風来坊は全く役に立たないので、山歩きで時間を潰すことに。
で、6月6日雲仙九千部岳以来の九州百名山ニューピークを登ることにした。
家内と娘を実家に送って、熊本市西区河内へ。
JA芳野支店(案内板では、河内支所となっている)近くの駐車スペースに車を置いた。
支店から北に50mほどのところです。
d0182075_1236533.jpg
芳野支店前の変則な四差路をどちらに行けば良いか探す。
山と渓谷社「新・分県登山ガイド 熊本県の山」の地図に農協河内支所と記してある場所を起点に歩こうとしたのだが、地図と合わないのです。
でも、「三ノ岳・聖徳寺」と案内板があったので、取りあえずそちらへ進むことにしました。
d0182075_12401877.jpg
10分ほど歩くと分岐。
左の方角に「三ノ岳」とあったのでそちらへ進む。
でも、地図と合わないのですよねぇ・・・。(あとで理由が分かりました。最後に地図を載せます)
d0182075_12432439.jpg
テクテクと歩いて行くと先ほどの分岐から30分ほどで案内板らしきものが見えた。
前にまわると二ノ岳と三ノ岳の中間点のよう。
(下の写真の右の方から歩いてきたのです)
d0182075_12455656.jpg
分県登山ガイドの地図で「林道歩き」と記されている地点です。
ここから200mほど歩くと三ノ岳登山口の標識。
d0182075_1245819.jpg
ここからようやく土の道を歩けた。
少しずつ登って行き、左に登る案内板のところからは木製の階段に変化。
d0182075_12472465.jpg
木の階段が終わると程なく三ノ岳山頂です。
d0182075_12475756.jpg
奥に三角点とケルン。
d0182075_1248234.jpg
三角点の横には熊本市方向を向いた祠がありました。
d0182075_12491150.jpg
そこからの景色です。
d0182075_12493140.jpg
今日は霞んでいましたが、澄んでいると遠くまで見通せそう。
直ぐに引き返して二ノ岳へ。先ほどの中間点から登って行くと二ノ岳が直ぐ。
二ノ岳山頂手前からは三ノ岳がきれいに見えます。なかなか良い形をしています。
d0182075_125214100.jpg
そして二ノ岳山頂。先客が二名いらっしゃいました。
d0182075_125248100.jpg
こちらからは有明海方面がきれいに見通せます。
霞んでいて雲仙は見えませんでした。
d0182075_12531822.jpg
二ノ岳山頂から野出方面へ5mほど下ると「河内支所2.7㎞」の案内。
近いのでこちらへ下ることにします。
d0182075_12544555.jpg
こちらの下りは結構急です。10分ほどでここ(下の写真)へ降りました。
(下の写真の左側の荒れた道を下って来ました)
d0182075_12552897.jpg
ここは先に歩いたところでした。
ここから行けるかなとも思ったのですが、案内も無いのでパスしたのです。
駐車スペースもこのようにあります。
d0182075_12564845.jpg
もう一度全体写真を載せます。
左の林道を行くと野出登山口の方へ行けるようです。(最後に載せた地図の緑色のルート)
d0182075_12571855.jpg
最後に分県登山ガイドの地図を載せます。
d0182075_12575995.jpg
河内支所(JA芳野支店)の場所が違いました。
今日はピンクでマークしたルートを歩きました。
九州百名山を登る方は、風来坊が停めた駐車スペースか、先ほど載せた写真の場所(ガイドの地図に「林道、河内支所分岐」と記してある、もしくは手書きでPと記した場所)に停めて歩くのが良いですね。
芳野支店の電話番号は096-277-2002。ナビで設定すると風来坊が手書きした河内支所に着きます。
お間違えの無いように気を付けて。

二ノ岳・三ノ岳の行程
 駐車場所10時18分→分岐10時28分→中間点11時1分→三ノ岳登山口11時5分→
 三ノ岳山頂11時18分~21分→中間点11時34分→二ノ岳山頂11時53分~56分→駐車場所12時31分

次は美里町の甲佐岳へ向かう。4月にここに登るつもりだったのだが、雨が降り始めたのと道が良く分からなかったので断念した山です。川沿いからも登れるのですが、4月に通った時に道路幅が狭く苦労した記憶が残っていたので今日は福城寺まで登って、そこから歩くことにした。
零台橋を渡って200mほど先から左に入って道なりに進む。民家があるところに出て小さな橋を渡ると突き当り。
「福城寺・甲佐嶽」の案内版が左へとある。左へ折れて400mほど走ると右手に案内板。(下の写真)
d0182075_1325368.jpg
あとは案内板の通りに進むと福城寺。手前にきれいな駐車場がある。
d0182075_1326268.jpg
福城寺は小さいが歴史を感じるお寺です。
d0182075_13265395.jpg
寺の左の道を進むと立派な案内がある。
d0182075_13273656.jpg
登山路は植林の中をジグザグに作ってある。
d0182075_13303879.jpg
石がごろごろあるが、石灰岩が多い。
もしかしたら花は多い山かも知れないが、この時期は何もありません。
植林から自然林に変わる手前に山頂まで200mの標識がありました。
そこから8分ほどで展望のある山頂(753m)に出る。
d0182075_13305096.jpg
吉見神社もあります。
d0182075_1331215.jpg
展望が良いので山頂の標識があるようですが、本当の山頂は神社奥に100mほど進んだところ。
d0182075_13321170.jpg
確かにここが一番高いようでした。
帰りは来た道を引き返して下山。福城寺のモミジもまだ緑の葉が多かった。
d0182075_13332446.jpg
1時間ほどで登山を終え、佐俣の湯で汗を流して、家内の実家へ。
そのまま内と娘を乗せて福岡に帰りました。
家内は親孝行、私は山歩きが出来て良かったです。

甲佐岳の行程
 駐車場14時13分→山頂14時44分→三角点14時47分→駐車場15時13分


by furaibow581203 | 2015-11-29 13:38 | 山歩き | Comments(10)
11月15日(日) 曇りのち晴れ
毎年この時期になると九千部山を登っている、最後の紅葉の楽しみに。
例年、S・TAROUさんと行くのですが、今年は日程が合わず一人で登ることになりました。
朝、山の方は晴れていましたが、北西の方から南東へ雲が流れて雨。
その雨が上がったのを確認してから9時半ごろに家を出た。
原付で南畑ダムへ向かう。
コンビニでおにぎりを買うつもりが早良高校から先にはコンビニも無く買いそびれたと思ったら
中之島公園で何かの市をやっていたのでそこでかしわおにぎりを購入。良かったです・・・。
そして、登山口へ到着。例年この時期、グリーンピア那珂川の門は閉鎖されているのですが、
駐車場の無料化の試験中で開門している。トイレもあるので上の駐車場へ。
準備して10時34分にスタート。
サクラ谷コースを登ります。すこし登って渡渉。水量が少し多い。
d0182075_454270.jpg
雲が残っていてなかなか晴れない。
ですから景色も冴えません。ほとんど写すことなく登っていきます。
大分、登ったところにあったキノコ?
何だかひき割り納豆を枯れ枝にくっつけたみたいです(笑)
d0182075_471335.jpg
そして登り始めて1時間10分ちょっとで九千部山山頂。
d0182075_484723.jpg
山頂にはテーブルもあるので、昼食タイムにします。
小郡から来たと言うおじいさんと話しながらいただきました。
雲が取れず、気温も上がらないので体が冷えてきました。
ですから歩いて体温を上げることにします。石谷山まで縦走。
晴れ間が出た時がチャンスと、紅葉の写真を写します。
d0182075_4112133.jpg
50分で石谷山。
d0182075_4104466.jpg
帰りには日が差す時間が長くなり、紅葉を写すことが出来ました。
d0182075_412823.jpg

d0182075_4121415.jpg
青空をバックに写すとやっぱり良いですね。
黄色もなかなか良いです・・・。
d0182075_412552.jpg
上ばかり写していましたので縦走路の様子もご覧ください。
d0182075_4132744.jpg
冬枯れと云ってもいい風景ですね。
帰りは九千部山へは寄らずに巻いて帰ります。
S・TAROUさんの好きな場所の紅葉も今一つでした・・・。
今年は色付きが良くない感じがしますねぇ・・・。
d0182075_415473.jpg
今日は紅葉よりは落葉した葉を楽しみたいと思って来たのです。
数年前にS・TATOUさんと歩いた時の落葉したカエデの葉がとても綺麗で、それを狙ったのですが
思ったより色もきれいでなく、こんな感じでした・・・。
落葉を楽しむには少し早かったかも知れません。
d0182075_417461.jpg
d0182075_4171252.jpg
そして駐車場へ到着。
帰りには車が少し増えていました。
d0182075_4175579.jpg
最後に一麺で那珂川町西畑のラーメン屋さんに寄る。
ここは蕎麦屋やうどん屋など過去にも美味しい店が営業していたのですが、場所が悪く長続きしません。
そこで頑張ろうとしているお店のラーメン。お店の名は確か「一恭」
d0182075_4195672.jpg
ちぢれ麺は好きなのですが、少し短い・・・。
何で短いのでしょう・・・。


by furaibow581203 | 2015-11-16 04:21 | 山歩き | Comments(10)
11月14日(土) 曇り時々雨
今日は予報はすぐれないが、明日は山に行きたいので畑仕事。
畑に行くとジャガイモの葉が枯れている。
他の畑ではまだ枯れていないので病気でもなったのでしょうか・・・。
で、収穫することにした。
一つの種イモからこれだけ。
d0182075_725734.jpg
芽が出てから二ヶ月ちょっとですので、十分でしょう。
思ったより早く大きくなるものです。
そしてカブ、ダイコンを収穫。
d0182075_741041.jpg
カブは来週くらいがちょうどいい大きさのようです。
ダイコンは根が割れているのもありました。
収穫の適期を見分けるのは意外と難しい・・・。
そして今日は秋冬野菜の準備の最後、タマネギを植えます。
中早生のタマネギ100本、根を少し切り、葉も15cmほどに切って植えます。
d0182075_77523.jpg
先週蒔いたサヤエンドウも芽を出していました。
これで秋冬野菜の準備は終わり。
ダイコンなどは収穫していますので、収穫と準備が同じ時期になります。
空いた畝は天地返しや雑草取りなどして春夏野菜に備えることにします。
by furaibow581203 | 2015-11-15 07:09 | 野菜作り | Comments(6)
11月7日(土) 曇り
週末の天気予報が悪いので、先ずは畑仕事を優先。
今日はサヤエンドウの種蒔きもしなければ・・・。
明日8日は立冬です。早いですね、もう冬に入るのです・・・。
種蒔きの前に先ずは収穫。落花生です。
d0182075_427593.jpg
葉が黄色くなってきましたので、スコップで周りから掘り上げます。
d0182075_4275275.jpg
一つ一つ切り取り、土を洗って持ち帰ります。
水から20分ほど茹でて出来上がり。
d0182075_429416.jpg
今年は夏の肥料不足が影響したのか、実が小さかったです。
来年はもう少ししっかりと手入れをしなければ・・・、反省です。
冬野菜の水菜は順調。間引きを少しずつしています。
d0182075_430465.jpg
カブも葉が大きくなっています。
d0182075_4311279.jpg
根回りが大きくなってきました。
d0182075_431362.jpg
来週には収穫出来そうです。
他にはサトイモを掘り上げ、大根を1本収穫。サニーレタスも葉を数枚取りました。
雑草がまだまだ残っていますので、来週にはきれいにしたいですね。
雑草はこれからは成長が遅いので今のうちにきれいにしたい。
最後にサヤエンドウを蒔いて今日の畑仕事も終わり。それでも、夕方近くなりました。
明日も予報が悪いので、インドアライフになりそうです・・・。
by furaibow581203 | 2015-11-09 04:35 | 野菜作り | Comments(4)
11月3日(火) 曇りのち晴れ
2日の朝、いーさんのブログを見て、野峠から犬ヶ岳の紅葉が良いと知る。
そこでS・TAROUさんにメールして山行企画の案内。同時にいーさんにも様子を聞く。
直ぐに企画成立して、8時頃野峠を出発する計画とした。
いーさんからは一緒に行くとの連絡もいただいた。頼もしい。
夕方には信ちゃんさんからも連絡があり、5人で歩くことになった。
この辺りに詳しい信ちゃんさん、いーさんの参加は非常に心強い。
8時待ち合わせで7時45分過ぎに着くと既に皆さんお待ちかね。
準備を済ませて7時56分スタート。
野峠登山口の駐車場は4台ほどのスペースでしたが、野峠付近の道路が広いので
そこに駐車している人が多かったです(帰りに見ました)
d0182075_4511313.jpg
登山口では日田の白ヘルさんもいらっしゃって一緒に歩く形になった。
白ヘルさんとはGWに五葉岳でお会いして以来です。
歩き始めは狭い岩稜歩きが連続する。最初のクサリ場。
d0182075_4524810.jpg
でも、しばらくすると登山道は広くなる。
d0182075_4531314.jpg
初めてでも歩きやすい道です。
朝は寒気の影響か、雲が出て日が差さない。
ですから紅葉も少し色が冴えません・・・。
d0182075_4543641.jpg
大船山山頂のようなはっきりとした色合いでは無く、優しい色合い。
d0182075_4552672.jpg
大人の紅葉、侘び寂びの紅葉とでもいうべきでしょうか・・・。
d0182075_4555021.jpg
同行した白ヘルさんによると例年はもっと良いらしい。
今年は九重が良いとこ取りをしたようですね(笑)
紅葉だけでなく、キノコも立派!
d0182075_45761.jpg
先頭をお願いした信ちゃんも激写!
d0182075_4573074.jpg
でも、さすが信ちゃんです。上ばかりだけでなく、足元への観察力も凄い。
キヌガサタケに似た感じのキノコを発見。
d0182075_501529.jpg
「おそらく属か科はキヌガサタケの仲間でしょう」ともっともらしく説明した風来坊。
今週、少し調べてみましょうかねぇ・・・。
歩き始めて2時間半で一の岳(1124m)到着。
d0182075_513045.jpg
置いてあるものが修験の山を偲ばせます。ガイドブックなどによるとここから45分で犬ヶ岳。
では、行きましょう!
d0182075_531927.jpg
縦走路の葉はほとんど落ちていましたが、紅葉したカエデがありました。
下からアップで。
d0182075_54071.jpg
アップダウンを繰り返して50分ほどで犬ヶ岳山頂(1131m)。
d0182075_544038.jpg
ここで昼食タイム。
途中スズメバチがまとわりつき、少しおっかなびっくりの時間もありましたが、
何事もなく去って行ってくれました…。
ハチ騒動の後に人がどんどん増えてきました。20分ほど休んで、引き返します。
再びアップダウンを繰り返すのですよねぇ。
d0182075_562460.jpg
で、時々休んで写真タイムにしました(笑)
d0182075_57083.jpg
11時過ぎから雲も取れ、日差しが注ぎ、紅葉が鮮やかになりました。
d0182075_58465.jpg
一の岳から20分ほど歩いた地点から経読林道へ降ります。
d0182075_585217.jpg
ここから林道をテクテクと。
d0182075_591348.jpg
林道ではいーさんと山談義。色々と教えていただきました。
14時に登山口へ帰りました。
今日は英彦山の護摩焚きが13時から開始と朝、通った時に書いてありました。
まだ間に合うかもと豊前坊方面を突破。風来坊たちは何とか渋滞に会わずに帰れましたが、
しゃくなげ荘方面から別所駐車場へ向かう車は大渋滞でした。
11月3日の英彦山周辺は注意が必要です。
いつもお付き合いいただくS・TAROUさん、ご案内していただいた信ちゃんさん&俊ちゃんさん、
貴重な情報を提供していただいたいーさん、ありがとうございました。
途中までご一緒した白ヘルさん、またお会いしましょう!

今日の行程
  野峠7時56分→一の岳10時25分→犬ヶ岳11時13分~37分→一の岳12時21分
  →林道へ12時42分→野峠14時
by furaibow581203 | 2015-11-04 05:14 | 山歩き | Comments(16)
10月31日(土) 曇りのち晴れ
この週末は一人で車中泊し脊梁の山へ行くつもりだった・・・。
しかし、家内が熱を出して体調不良。さすがにそのまま出かける訳にもいかず近場へ。
脊梁から背振へチェンジ。
コースはどうしようかと迷った末、三瀬峠から矢筈峠へ縦走することにした。
椎原バス停までバイクで行き、バスで曲渕へ。
曲渕から三瀬峠までは車道を歩いて行くことにした。
全体の歩行時間が予想できないが途中でエスケープも可能なので大丈夫と判断。
椎原7時49分発のバスに乗って、曲渕へ。
どこが終点だろうと思っていたら、前に行ったことのあるうどん屋の前でした。
d0182075_454099.jpg
バスは時間通りに着いて8時16分に出発。
ちなみにバス停の裏にはトイレがあります。でも紙が無いので注意!
国道沿いに歩いて行くと無料区間のループ橋が見えます。
d0182075_4563273.jpg
ここで横断歩道を渡り、左側の舗装路を歩いてみる。
直ぐに二手に分かれますが、右は先に柵がしてあるので左手の狭い舗装路を歩く。
歩いて行くと途中、土砂で舗装面が埋まったところもありますが、舗装路が続く。
すると有料区間のループ橋が上に見えます。
方向は間違っていない、大丈夫と安心して進む。
d0182075_459829.jpg
そのまま進んで行くとループ橋が出来る前の旧道に出会い、合流。
この道は今はほとんど車が通らないようです。道端にはツリフネソウがまだ咲いていました。
d0182075_50539.jpg
そして無料区間の道路へ合流。
ここを登っていきます。ここからは時々車が通りますので要注意。
最初は右側を歩きましたが、車が下ってくる方なので登ってくる方の左へ。
その方が安全でしょうね。登りですから速度も遅い。ブレーキも効きやすい。
歩き始めて40分ほどで三瀬トンネル入り口付近を通過。
d0182075_543135.jpg
単調な舗装路に飽きる頃に木の実が気持ちを和らげてくれました。
先ずはサンキライの赤。
d0182075_562597.jpg
そしてムラサキシキブの紫。
d0182075_564722.jpg
峠近くでは紅葉している木もありました。
d0182075_571279.jpg
いつもは車で通り過ぎるだけだった「西印の森」。
d0182075_575549.jpg
看板を読むと「西日本印刷」がスポンサーの森らしい。
そう言えば、登ってくる途中にセブンの森(セブンイレブン)、docomoの森などありました。
企業の社会貢献、ありがたいですね。
そして1時間10分でようやく三瀬峠。
d0182075_5101717.jpg
ここまで1時間くらいとは予想していましたので想定内です。
ここから金山までは3.7kmと表示。結構長いな・・・。
以前何度か歩いてはいるのですが、距離はすっかり忘れていました。
自然林の中を進むと30分ほどで三瀬山。
d0182075_5121953.jpg
標識は以前もあったかも知れませんが山の名前は初めて意識しました。
今日は晴れ予報でしたが、曇っていて日差しがありません。
d0182075_5133155.jpg
自然林を歩いて行くと15分ほどで城の山。
d0182075_5141520.jpg
こちらも初めて認識。
少し進んだところから金山が見えます。こちらからでも形がいい。
d0182075_5145532.jpg
こちらから見ることはほとんどないので新鮮。
アゴ坂峠を過ぎ、登っていきます。山中地蔵からの道と合流する地点の庭園風の場所の様子。
d0182075_5165220.jpg
紅葉はそれほどでもありません。
そして三瀬峠から1時間半ほどで金山。
d0182075_5182356.jpg
ここでは二組の先客。
それまでは一組を追い越しただけで静かな山歩きでした。
山頂から少し引き返したところで昼食をいただきます。
ここから椎原峠までは4kmの標示。今までよりも距離が長い。
椎原峠から矢筈峠までの距離を合計すると10kmほどの縦走になりますね。
気合を入れ直して、先ずはブナ林の中を歩きます。
d0182075_521187.jpg
小爪峠を過ぎ、猟師岩山へ到着。
d0182075_5213284.jpg
今日はここから鬼が鼻岩までのシャクナゲの蕾の観察をしようと思っていました。
蕾はあるにはありますが、登山路脇のシャクナゲの蕾は非常に少ない。
d0182075_5223849.jpg
そして鬼が鼻岩西側の岩場で紅葉した木がありました。
d0182075_5233872.jpg
これまで紅葉した木が無いわけでは無かったのですが日差しが無く写す気になりませんでした。
そして鬼が鼻岩へ。背振山が近くなりました。
d0182075_5244975.jpg
金山から1時間40分ほどで椎原峠を通過。13時前でしたので予定通り矢筈峠を目指す。
ここから先の登山路は笹がきれいに刈ってありました。
d0182075_5262533.jpg
8月に歩いた時には笹が凄かったのですが、その後に刈っているようです。
気象台レーダー近くになってようやく紅葉しているカエデが。
d0182075_528941.jpg
気象台レーダー近くの舗装路と合流する少し手前の紅葉はこんな感じでまずまず。
d0182075_529397.jpg
予定通り矢筈峠から下ります。
紅葉はほとんど見られず、枯れ葉が沢に落ちているくらい。
d0182075_53058.jpg
でも下の方で少し色づいているカエデ発見!
d0182075_5304971.jpg
椎原登山口に着き、舗装路を下ります。
一番下にある大井手橋は橋の上に仮の橋を架けていました。
d0182075_5321510.jpg
何かひびでもあったのでしょうか・・・。
そして歩き始めて7時間。ようやく椎原バス停へ。
d0182075_533172.jpg
バイクが寂しそうに待っていてくれました。
初めてのルートでしたが、意外に面白そう。背振の縦走を楽しみたい時に良いかも。
そう言えば、先日のクマ騒ぎがあったので、クマ注意の看板でも残っているかと思いましたが、
何もありませんでした…。

風邪の家内に代わり、夕食は風来坊が準備しました!
ホカ弁を買って(笑)

今日の行程
  曲渕8時16分→三瀬峠9時27分→三瀬山9時52分→城の山10時6分→アゴ坂峠10時19分
  →金山10時52分→昼食10時55分~11時7分→小爪峠11時53分→猟師岩山12時5分
  →鬼が鼻岩12時31分→椎原峠12時49分→矢筈峠13時39分→登山口14時45分→バス停15時13分


by furaibow581203 | 2015-11-02 05:38 | 山歩き | Comments(10)