ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10月29日(木) 晴れ
今年の日本シリーズ、開幕前はホークス有利の予想ばかり。
でも、短期決戦は何があるか分からない・・・。
不安を抱えて開幕したが、第2戦までは圧勝と言って良い勝ち方。
4連勝もありうると思ったところで、中田が打たれてムードが一変。
それをエースの摂津が抑えた。
昨日の摂津は細川のリードに応えて構えたところにボールを投球。摂津ならではの投球でした。
再び、ホークスへ流れを変えた・・・。摂津に感謝、感激でした。
そして、今日第5戦。スタンリッジの先発予想。

そんな中、昼休みにアクロス山に行ってみた。
d0182075_4254964.jpg
下から見る限りではステップガーデンの紅葉はまだまでです。
登って公園を見るとサクラが紅葉して、落葉し始めています。
d0182075_4264765.jpg
階段を登っていくとドングリが落ちていました!
d0182075_4272193.jpg
こんなところでドングリを見つけるとは。嬉しいですね。
上まで登ってステップガーデン東側斜面を写します。
d0182075_4282139.jpg
西側斜面はこんな感じ。
d0182075_4284276.jpg
少し色づいているのがありました。
今はハゼの木が少し紅葉しています。
花はツワブキが咲いていましたね。
d0182075_4294223.jpg
ホークスの黄色です。
木の実もセンリョウの実が・・・。おっ、これも黄色・・・。
d0182075_4302596.jpg
と言うことは、ホークスに吉兆の証し(明石?)・・・。

今日は大分の時に仕事をした他の会社の人と西新で飲みました。
15年近く前の話をしながら盛り上がりました。懐かしかったですね。
西新で飲んでいたので、幹事のYさんがヤフオクドームへパブリックビューイングはいかがと提案。
二つ返事でOK。
行ってみると9回表の攻撃途中。柳田のどん詰まりのタイムリーで盛り上がる。
そして最後は守護神サファテが最後のバッターを空振り三振!
写真はその瞬間です!
d0182075_4351566.jpg
胴上げの後の工藤監督のインタビューが始まるところです。
d0182075_4354238.jpg
今年のプレッシャーは大変だったと思いますが、ありがとうございました!
昨年に続きヤフオクドームで優勝の瞬間を見れで大満足。今年はケガなしでした(笑)
お陰様で良いシーズンでした。


by furaibow581203 | 2015-10-31 23:58 | 遊び | Comments(2)
10月25日(日) 晴れ
21日に裏英彦コースを歩いたら、それなりに紅葉していたので鷹ノ巣山も見頃と判断し緊急企画。
MaRiKoさんとS・TAROUさんと3人で出掛けた。
日曜日で混雑すると思ったが、8時に豊前坊に着いた時にはまだ余裕があった。
準備しているとやまごえさんご夫妻が・・・。少しお話ししてお別れ。
やまごえさんには裏英彦が見頃とお勧めしました。どうだったでしょうか・・・。
8時13分に出発。林道から鷹ノ巣山へ向かいます。ここは歩き始めて直ぐに急登が始まる。
d0182075_624669.jpg
歩き始めて30分ちょっとで一ノ岳山頂。
山頂付近の紅葉はまだまだ・・・。
でも、遠目からはそれなりに色づいている木もあるのです・・・。肩の付近は良い感じ。
d0182075_642528.jpg
近いところで紅葉しているのもあるのですが・・・。
d0182075_64528.jpg
今日は鷹ノ巣山が初めてと言うMaRiKoさんに岩登りを楽しんでもらおうと気持ちを切り替える。
d0182075_654885.jpg
岩場を登って一ノ岳、英彦山方面を振り返ります。
d0182075_66178.jpg
そして二ノ岳へ到着。
d0182075_664144.jpg
三ノ岳が近くなりました。
d0182075_67059.jpg
二ノ岳から長いロープを降りたところにキッコウハグマがありました。
久し振りです・・・。うれしい。
d0182075_674618.jpg
三ノ岳直下の紅葉もまだまだ。
今日は岩場の登り下りを楽しもう。2時間弱で三ノ岳。
d0182075_692052.jpg
山頂付近のテラス、昼食にはまだ早いので早々に下山開始。
d0182075_69596.jpg
紅葉しているのを少しだけ写しました。
d0182075_6104779.jpg
三ノ岳からの巻き道は倒木や土砂崩れが昨年より進んでいました。
歩く方はテープを良く確認して歩いて下さいませ。
3時間ほどで鷹ノ巣山歩きを終えましたが、これではあまりにも寂しいので裏英彦ルートへ行ってみる。
尾根筋を登り巻き道になって直ぐのところが良かったのです。
水曜日はこんな感じでした。
d0182075_6135226.jpg
今日もきれいでした。黄色は少し減っていますが、赤が鮮やかになっています。
d0182075_6141948.jpg
ここで昼食タイム。
この周囲の紅葉は良かった。
2枚ほど写真を・・・。
d0182075_6151471.jpg

d0182075_6152171.jpg
ここでようやく満足して帰ります。
鷹ノ巣山の紅葉はもう少し待たないといけませんね・・・。
d0182075_6161766.jpg

今日の行程
  豊前坊8時13分→一ノ岳8時45分→二ノ岳9時24分→三ノ岳10時10分→登山口11時15分
by furaibow581203 | 2015-10-26 06:17 | 山歩き | Comments(12)
10月21日(水) 晴れ
例年なら英彦山の紅葉は11月初旬と思っていたが、先週の大船山や三俣山の山麓の紅葉を見たら
今年は思った以上に早くなると判断。
鷹ノ巣山にも行きたいと思っているが、まずは少し標高の高い英彦山を見てみたい。
そこで、S・TAROUさんに水曜日のご都合を聞き、行くことに決めた。
有給休暇を有効に使おう! 今年のテーマです(笑)
折角なので、信ちゃん&俊ちゃんさんご夫妻もお誘いした。
(お二人が今週行かれるとブログを見て判断しお誘いしたのですが、本来は来週だったようです)
ところが、先週の冷え込みも一段落して、今週は暖かい日が続いている…。
早まったか…、そう思いながら本日の山行となった次第。
豊前坊駐車場に待ち合わせ時間の8時30分ギリギリに到着。失礼しました。
8時45分に出発。裏英彦山コースは2010年以来久し振り。
林道を歩いて、登山口までは以前と変わらない印象だったが、登り始めると昔と違うと感じた。
杉林は踏み跡がしっかりとして分かり易くなっていた。杉林のあとの自然林はスズタケが減った印象。
鹿害の影響でしょうか、心配です。
登って行くと木の隙間から鷹ノ巣山が見えた。
でも、今日はPM2.5の影響で近いのに霞んでいます。まずまず色づいていますね。
d0182075_5182547.jpg
見頃には早いかと思われましたが、結構見頃を迎えているようでした(ホッ…)
d0182075_5183216.jpg
色づいていない木もありますので、しばらくは楽しめそうです。
でも、雨が降っていないためか、葉に潤いが無くパサパサした感じですね。
今日は黄色の紅葉がとても良い感じでした。
d0182075_5183792.jpg
先週の大船山は真っ赤でしたが、今日は黄色がベース。
でも、赤が混ざるとさらにいい感じになります。
d0182075_518423.jpg
下に行って見上げると…。黄色がさらに鮮やかに!
d0182075_518487.jpg
黄色だけでなく、だいだい色もありました! これもなかなか良い。
d0182075_5185563.jpg
裏英彦ルートはところどころに岩場もあります。
d0182075_51904.jpg
そして歩き始めて1時間半弱で、ケルンの谷。
名前の通りに、ケルンがきれいに作ってありました。
昔はこんなにきれいに積んでいなかったような…!?
d0182075_51963.jpg
以前に比べて倒木も増え、道も以前とは少しずつ違う印象です。
木の下を潜り抜けたり、乗り越えたりして進みます。
d0182075_5191285.jpg
ここのロープ場は何故かいつもきれいな紅葉が楽しめます。
今日も下の通り。
d0182075_5191785.jpg
そして籠水峠まであと少しのところで上に向かいます。
d0182075_5192667.jpg
結構な急登です。風来坊はこのコースは初めて。
何でも鹿の角へ向かうらしい。途中の展望の良い岩場から見える斜面。
それなりに色づいています。
d0182075_5193567.jpg
岩場の先端は狭い。一人なら絶対に行かないと思われる場所でした。
でも、気持ちの良い展望所でした。信ちゃんさん、俊ちゃんさん、ご案内ありがとうございました。
d0182075_5194347.jpg
先ほどの岩場を登山路から写すと。
d0182075_5195217.jpg
結構、怖そうなところでしょう?
d0182075_5195993.jpg
11時半にお初の鹿の角(1,071m)に到着。ここで昼食タイム。
木漏れ日の当たる気持ちの良い場所でした。
倒木が背もたれ付きの椅子のようになっていて楽チンでした。
20分ほどで済ませて、歩き始めます。
紅葉がきれい!
d0182075_520885.jpg
今日はこの辺りの高さの紅葉が一番だったかも知れません。
d0182075_520156.jpg
黄色と赤のバランスが絶妙…。自然の造形はすごい。
途中にあった奇岩。名前はありません。
d0182075_5202454.jpg
この岩のすぐ上が、鬼の舌と言われる場所。
ここまでも急登でしたが、ここからはさらに急登。
d0182075_52033100.jpg
木を掴みながら登りました。
南岳の肩に着いたようです。少し蒔くと中岳の上宮が見えます。
d0182075_5204338.jpg
そして中岳(1,200m) 鹿の角でも信ちゃんのお知り合いに出会いましたが、ここでも。
さすが信ちゃん、顔が広い。
d0182075_5205140.jpg
5分ほど居て、下山します。
下山のルートもお初。
d0182075_5205931.jpg
自然林の中を歩く気持ちの良いコース。
少し下ったところから見えた向こう側の山の斜面と谷の紅葉がきれいでした。
今日見た中では一番良い色合い、色づきだったと思います。
d0182075_521896.jpg
急登を下ったところで、もみじ谷の巻き道に出合います。
ここからは知っています。
d0182075_5211539.jpg
下って行くとスキー場跡の原っぱへ。
ススキが一面に。日が当って輝いています。
d0182075_5212299.jpg
ここから豊前坊まで1kmちょっと歩いて、今日の山歩き終了。
信ちゃんさん、俊ちゃんさん、ご案内下さいましてありがとうございました。
お蔭で知らない英彦山を楽しむことが出来ました。
S・TAROUさん、お付き合いいただいただけでなく、車もお願いしてありがとうございました。

今日の行程
 豊前坊8時45分→ケルンの谷10時19分→鹿の角11時30分~50分→中岳12時43分~48分→豊前坊14時2分





by furaibow581203 | 2015-10-22 05:22 | 山歩き | Comments(8)
10月18日(日) 晴れ
快晴の天気に山への気持ちが揺らぎますが、秋冬野菜の手入れをしなければいけません。
朝一番に散髪を済ませてから、畑へ。

8月20日過ぎに種を蒔いたダイコン。
成長が遅かったですが、先週の水撒きが功を奏したのか、ようやくダイコンらしくなってきました。
新しい葉が上を向いて成長し始めています。こうなるとダイコンの成長は早くなります。
d0182075_19445247.jpg
9月に第二弾を蒔いたのですが、こちらは虫にやられて全滅。
今日、遅ればせながら第二弾を再度蒔きました。
でも、上手くいくかは微妙ですね。もう時期が遅いですからねぇ…。
9月20日過ぎに蒔いたカブは順調で、間引きしました。
d0182075_19453896.jpg
間引き菜はこれだけありましたので、出汁で揚げと煮ていただきました。
ダイコンの葉よりも柔らかくて美味しかったです。なかなか気に入りました。
d0182075_19451486.jpg
家内がカブは好きではないので今まで作らなかったのですが、春にも作ってみたいです。
良いカブを作って、家内のカブに対する評価を上げねばなりませんね(笑)
ニンニクは順調ですが、二本芽が出ているのは一つにして、化成肥料を根元に。
ニンニクは一かけら毎にして植えているのですが、時々二つになっているのがあるのです。
薄皮を剥くと分かるのでしょうが、薄皮を付けたままだと分からないんですよね・・・。
d0182075_1946698.jpg
シュンギクはまずまず。次は間引きして大きく育てねばならないでしょうね。
d0182075_19461977.jpg
ミズナも同様にこれからの間引きが重要です。
こちらも間引き菜を美味しくいただきましょう。
d0182075_19463765.jpg
9月にダイコン第二弾が虫で全滅したので、アブラナ科のカブやミズナには少し農薬を。
そのお蔭で、虫にやられずに残っているのです。
来年は防虫ネットで虫対策をして、無農薬にしたいです。
サニーレタスもこれからでしょう…。
寒さで葉が赤く紅葉しています。今日は草モミジならぬ野菜モミジを楽しみました(笑)
d0182075_19465253.jpg
九条ネギも虫にやられているのもありましたが、土寄せをしてこれも根元に施肥。
d0182075_1947282.jpg
今日は、夏野菜のピーマンと空芯菜を抜いてしまいました。
最後の収穫はこれだけ。空芯菜は育ちが遅くなったので硬そうですから先っぽだけ少し。
d0182075_19471628.jpg
夏野菜は、サトイモと落花生が残るだけ。今月末か、来月初めに収穫しましょう。

今日はソラマメの種も蒔きました。お歯黒と言われる部分を下にして斜めに挿して植えます。
頭を少し出して挿すのがコツらしいです。
(でも、風来坊は今まで頭を出さずに植えていましたが、何とか芽が出ていました。)
ソラマメは芽が出てからの作業が更に大事だそうですので、今年はちゃんとしてみます。
収穫量に差が出ると期待しています。

このところ雨が降っていないので、今日もしっかりと散水しました。
ダイコンやカブ、その他の苗が大きく育ちますように・・・。
by furaibow581203 | 2015-10-19 19:30 | 野菜作り | Comments(2)
10月17日(土) 晴れ
ここ数年、紅葉の山歩きは大船山からスタートしている・・・。
この週末はどうかなと思っていたら、冷え込みが続き良さそう。
そんな中、山友さんのレポが次々とアップ。期待出来そうです(嬉)
風が吹くと葉が落ちそうですので、天気予報では風ばかり気にしていました・・・。
そして週末、S・TATOUさんと一緒に大船山へ。
今水から登ることが多かったのですが、長者原から登ったことが無かったので今回は長者原からにしました。
7時に長者原をスタート。
d0182075_4172528.jpg
タデ原湿原を通り抜け、直ぐに林の中へ。
湿原歩きが長いかと思っていましたが、意外に短かったです。
日が差さないので少し暗い林の中を歩きます。
d0182075_427252.jpg
歩いて行くと紅葉がチラホラと見えますが、光が無いので写真を少しだけ写します。
d0182075_4291387.jpg
でも、日が差すときれいです。
三俣山の北斜面に日が少し差していましたので写してみました。結構きれい。
d0182075_4295727.jpg
違った場所で山全体を写します。思ったより下まで色づいています。
d0182075_4302325.jpg
歩き始めて1時間ほどで雨ヶ池。
d0182075_4423947.jpg
手前で本日初めての花。マツムシソウに出会う。
d0182075_443132.jpg
花期が結構長いです。
そしてしばらく進んだところで小さなナギナタコウジュ。
d0182075_444431.jpg
2時間近くかけてようやく坊がつるへ。
d0182075_4451082.jpg
ここからが山歩きらしくなる。
d0182075_448392.jpg
この登りが思っていたより長かった。
段原には1時間以上かかって到着。ここから見えた大船山の山頂付近は赤く染まっていた・・・。
段原からはそれほど登りも無く、山頂は近い。山頂まであと少しのところで景色を楽しむ。
振り返った段原方面。
d0182075_4512887.jpg
由布岳方面も。
d0182075_4522376.jpg
3時間半で山頂に着きました。
d0182075_4525462.jpg
既に大勢の人、人、人。
南斜面も赤く染まっています。
d0182075_4534871.jpg
でも、何と言っても御池が赤い!
d0182075_4541983.jpg
風来坊が見た御池で一番赤かったです。少し降りては御池を写します。
d0182075_455125.jpg
そして池まで降りて写します。
d0182075_4553640.jpg
本当に真っ赤ですね。
d0182075_45614.jpg
場所を変えて写します。
d0182075_4562633.jpg
鮮やかな赤にただただうっとりするだけです・・・。
d0182075_457843.jpg
1時間以上紅葉を楽しみました。11時40分前に下山開始。
登ってくる人が多くて、離合が大変。
皆さんが通らない道を選んで歩いてもそちらでも登ってくる人がいて大変でした。
大船山の東斜面もなかなかきれいです。
d0182075_4595883.jpg
上ばかり見ていましたが、足元にはリンドウがあちこちに咲いています。
d0182075_504594.jpg
段原にようやく着きました。振り返って大船山を再び写します。
d0182075_515945.jpg
帰りは北大船山方面へ。
d0182075_523154.jpg
こちらはそれほど人も多くなく。でも道は狭い。
北大船山から40分で大戸越。少し休んで下ります。
d0182075_544110.jpg
足元が悪いので下ばかり見ているのですが、上を見ると紅葉が綺麗なのです。
d0182075_552934.jpg
d0182075_554091.jpg
赤だけでなく黄色が入るとさらに良い感じ。
d0182075_561280.jpg
ようやく坊がつるに到着。朝よりテントが増えていました。
ここから見える紅葉も良い感じでした。
d0182075_572370.jpg
まだまだ長者原までは長い。
でも紅葉が忘れさせてくれます。
d0182075_582393.jpg
午後の三俣山斜面。
d0182075_585042.jpg
既に14時を過ぎていますが、まだまだ登ってくる人が絶えません。テント泊の方ですね。
d0182075_59506.jpg
まだまだ紅葉が。
d0182075_5101894.jpg
長者原が近づくと緑に変化。
d0182075_5105524.jpg
8時間ほどの山歩き。
鮮やかな紅葉に満足でした。
S・TATOUさん、お付き合い下さいましてありがとうございます。

今日は今まででしたことのない忘れ物をしました・・・。
山友さんの忘れ物を笑ってきましたが、今回は大失態。
何と、起きるのを忘れました・・・。
S・TATOUさん宅に4時45分で待ち合わせたのですが、目が覚めたら4時32分。
慌てて準備し、メールで送れる連絡をして、20分ほど遅れて5時5分に到着。
失礼しました・・・。

今日の行程
  長者原7時→雨ヶ池8時6分→坊がつる8時50分→段原9時58分→山頂10時25分~11時39分
  →段原11時54分→北大船山12時2分→大戸越12時41分→坊がつる13時28分→長者原15時7分
by furaibow581203 | 2015-10-18 05:17 | 山歩き | Comments(16)
10月15日(木) 晴れ
昨日から始まった日本シリーズ進出を決めるクライマックスシリーズ。
昨夜は家でTV観戦したが、何とか内川選手のサヨナラヒットで辛勝。
今日は出来れば近くで応援したいと思って、昼休みに金券ショップを覗くと・・・。
d0182075_3534352.jpg
ありました!
一番安い外野指定席を購入。
定時に仕事を切り上げて、ヤフオクドームへ。
d0182075_3545938.jpg
この時には試合開始早々ノーアウト2,3塁のピンチ。
ラジオを聞きながら場内に入ると何とか0点で抑えてくれました。
2回裏にイデホのライトスタンドへのホームランで先制しますが、先発のバンデンハークはピリッとせず2回、3回とランナーを背負います。守っている時間がとても長い。
4回には9番の田村にタイムリーを打たれて同点。この回までで投球数は100球。
ソフトバンクは先制したものの、3回、4回、5回と凡退が続きます。流れは悪い・・・。
でも、5回に初めて三者凡退に打ち取ったバンデンハークが6回も三者凡退。
期待して6回裏の攻撃を応援しましたが、簡単にツーアウト。
今宮が久し振りのヒットで出塁。柳田に期待しますが、ショートゴロ・・・と思ったら内野安打。
流れが変わったのでしょうね。ここで内川がレフトオーバーの勝ち越しタイムリー2塁打!
この後、ヒットが続きこの回一挙5点の猛攻。
リーグ優勝が決まってから、1イニングで5点取ったのってあったっけ?
久し振りの猛攻に満足しました(嬉)
d0182075_435938.jpg
これで勝負あり。
7回裏はジェット風船を飛ばしますが、点が入らなくても気分はハイ!
d0182075_445240.jpg
6回まで先発バンデンハークが1点に抑え、7回は森、8回は五十嵐が完璧に抑えて
最後9回は寺原が三振で試合終了!(下の写真は試合終了直後)
試合後半はシーズン中の強さが戻ってきた感じでした。
d0182075_461564.jpg
終わってみれば6対1の快勝ですが、前半はとても雰囲気が重かった・・・。
TVやラジオを聞いていると、よく「三者凡退で試合の流れを作る」と言いますが、今日の試合がまさしくそれ。
序盤はマリーンズが凡退せず、先発を攻めたてます。3回までは何とかしのぎましたが、4回には同点打を浴びます。でも、同点で堪えたのが良かったですね。
ホークスは、3回から5回まで凡退を繰り返します。しかも淡白な攻撃。あっという間に攻撃が終わる。
4回までの両チームの先発はバンデンハークが100球も投げたのに、相手の古谷は36球と三分の一。
でも、バンデンハークが5回、6回と三者凡退に打ち取った後に6回の猛攻になりました。
試合の流れと言うものを感じる試合でした。
d0182075_4132357.jpg
これで日本シリーズ進出まであと1勝。
一気に決めて欲しいものです。試合終了後、内川選手などのインタビューも終わり、セレモニー。
d0182075_4151453.jpg
久々に屋根が開くのを見ましたね・・・。
d0182075_4154024.jpg
春秋の気候が良い時期は開閉式ドームの良さのルーフオープンで試合を見たいですね。
昔、ドームが出来た時は開閉していて良かったのですが、今年は2回ルーフオープンデーを設定しただけ。
それだけが寂しいですね…。
それはともかく、日本シリーズのチケットも買いたくなりました(笑)
昨日、お酒を飲まずに応援して勝ったので、今日もお酒を飲まずに応援しました(奇跡)
ゲン担ぎも大変ですが、勝って良かったです。


by furaibow581203 | 2015-10-16 04:23 | 遊び | Comments(4)
10月12日(月) 晴れ
東北の山歩き、最終日は面白山(おもしろやま)へ。
珍しい名前です。
今回は栗駒山の後には鳥海山、月山と思っていましたが、天気や紅葉の様子で変更もありうると考え
宮城・山形の山を分県登山ガイドでいくつかピックアップしていました。
その一つが面白山だったのです。
最終日は、朝の天気や予報を確認して月山か、面白山に決めようと前夜決めました。
夜には星も見えていたのですが、空が明るくなると月山のある西の方は雲がかかり、
面白山のある東は雲がかかっていませんでした。
予報でも、日本海側は曇りか雨になるところもある一方、太平洋側は晴れるでしょうと。
面白山は宮城県と山形県の県境で太平洋側に近いですので、こちらに決めました。
折角なら天気の良い方に登りたい。しかも、面白山のネーミングは良い。
九州の人でこの山に登ったことがある人は少ないでしょう。
風来坊の山友さんのブログでも見た記憶はありません。人が登っていない山に登りたい!
天気予報を聞いた5時半頃、道の駅を出発してナビの案内に従って登山口へ向かう。
1時間ほどでJR仙山線面白高原駅上の駐車スペースに停めて準備をする。
d0182075_2295843.jpg
この案内板の前に3台ほどの駐車スペースがありました。
すぐ横にはトイレ。水洗できれいなトイレでした。
帰りのことも考えて荷物を整理する。シュラフは車の中で広げて少しでも乾かすようにしました。
準備完了して出かけますが、6時57分に列車が来ますので待ちます。
線路脇の白い建物は旅館。
駅の写真を撮っていたら、仙台へ帰る人がここから降りてきていました。
面白山を歩いて泊まり、朝帰るとのこと。日帰りしないところが良いですね。
d0182075_22131480.jpg
写真を撮ってから出発。
駅の上を通って天童高原方面に進むと直ぐに登山口があります。7時にここを出発。
d0182075_22141674.jpg
登山口から少しの間は谷筋ですが、あとは尾根の登りが続きます。
しかも登りはほぼ真っ直ぐの登り。
d0182075_22151975.jpg
登って、少し平らなところがあり、再び真っ直ぐの登り。
紅葉もところどころで見られます。
d0182075_22155619.jpg
自然林が気持ち良いです。
松が多いところもありました。
d0182075_22163881.jpg
そして登りが続きます。
d0182075_22181547.jpg
標高を稼いでいくと色づいた葉が増えてきます。
d0182075_22184736.jpg
1時間ほどで長左衛門道を横切るところへ。
d0182075_22194446.jpg
この道は車用では無さそう。
ここから再び同じような登りが続きます。
d0182075_2221922.jpg
少しずつ木が低くなっていきました。
d0182075_2221599.jpg
大分登って来て、ようやく展望が少しずつ楽しめるようになりました。
下の写真の左のピークが面白山でしょうか・・・。
d0182075_2223916.jpg
紅葉も赤や黄色だけでなく混色のものも楽しめます。
d0182075_22242884.jpg
先が見えると元気も出ます。
登り始めて2時間弱で面白山山頂(1,264m:別名 北面白山)到着。
d0182075_22261567.jpg
山頂からの展望は360度。
月山の方向は雲がかかっていて良く分かりません。正解だったかなぁ・・・。
南側にはテーブル状の特長のある山が見えます。
d0182075_22274584.jpg
大東岳です。この山も候補として準備していました。
北の方はこんな景色。こちら方面では候補として船形山を準備していましたが、宮城県側からのルートしか調べていませんでしたので、止めました。
d0182075_22282092.jpg
山頂には5分ほどいて周回します。
振り返った面白山。山頂付近は紅葉がきれい。
d0182075_2229116.jpg
尾根沿いを歩いて中面白山へ。その手前から再び振り返りました。
「く」の字形の稜線を歩いてきました。
d0182075_2230021.jpg
中面白山(1,223m)は山頂の標識が良く分かりませんでした。
山頂と思われる付近で風を避けて、おにぎりでガソリン補給。10分ほど休んで下山開始。
d0182075_22315059.jpg
先ほどの大東岳が近くなりました。右は南面白山。北面白山から4kmほど離れているらしい。
笹の高原帯を下ると長左衛門平へ。
標識に従って右に折れます。少し進むと分岐があり、そこは左に下ります。
そこからの下りの道は広くブナ林も良い感じです。
d0182075_22362798.jpg
ここからの下りは谷筋です。
d0182075_22365323.jpg
沢沿いの道は今回初めて。
d0182075_22374285.jpg
紅葉も良いのですが足元のコケも良い感じです。
d0182075_22381793.jpg
なだらかな下りを降りていくと緑が増えてきます。
d0182075_22385965.jpg
でも、もみじがきれいに色づいているのも時折楽しめます。
d0182075_22393853.jpg
この頃、ようやく登山客に出会う。
それまでずーっと一人。時々、大きな声で熊へ合図を送っていましたが、もう心配なさそう。
手作りの吊り橋もどきもありまして、なかなか面白い。
d0182075_22413120.jpg
遠くに滝が見えると下山口が近い。
d0182075_22421963.jpg
4時間ほどの山歩きを楽しむことが出来ました。
一応、これでも累積標高差1,000m、距離も10kmほどのコースです。
予定していた鳥海山、月山は登れませんでしたが、珍しい名前の面白山と紅葉を楽しめて満足。

今日の行程
  登山口7時→長左衛門道出合8時6分→山頂8時54分~8時59分→(途中10分休憩)
  →長左衛門平9時59分→下山口10時58分

汗は、蔵王温泉で流したい!
今回、銀山温泉、肘折温泉に入りましたが、締めはやっぱり有名な蔵王温泉でしょう。
そのために少し急いで歩いたのです。
1時間ほど走って、蔵王温泉に到着。目についた温泉に飛び込む。
450円、安い!と思いましたら、石鹸、シャンプーが無い温泉でした(笑)
d0182075_22462118.jpg
でも、風呂から紅葉も楽しめて良かったです。
温泉らしい硫黄の匂いのする良い湯でした。
風呂からだけでなく車中からも蔵王の紅葉を楽しんで、一路仙台空港へ。
途中、宅急便の手配も済ませて、16時20分発の飛行機に乗って福岡に帰りました。
今年は、北海道、東北、関東、信越、北アルプス、北陸、中国、四国とあちこちへ遠征しました。
さすがに遠征はこれでおしまい。
自由に遊ばせてくれる家内に感謝しなければいけませんね。



by furaibow581203 | 2015-10-15 03:19 | 山歩き | Comments(4)
10月11日(日)曇り時々雨
車中泊の道の駅で夜中に目を覚まして空を見ると曇りの様子。
やっぱり雨かなと思いながら、再びシュラフへ・・・。
朝起きても曇りです。5時の予報を確認すると雨。
でも、雲は高い。予報が外れることもあるよねと車を月山登山口へ走らせた途端に雨。
少し走って月山方面に行きましたが、西の方はガスが掛っていましたので引き返し作戦を変更。
観光するか・・・。
酒田・鶴岡は遠いし、それほど行きたいところも無い。
米沢はお金があったら米沢牛が美味しそう、でもお金が無い・・・。
で、先ずは月山の北方面(今いるところは東南方面)へ廻りこんで肘折温泉へ行くことにした。
山形は温泉が多い。中でも大きく紹介されていたのが昨日の銀山温泉、蔵王温泉と肘折温泉。
ならば行ってみようか。入浴料も安い。
距離80kmほど。高速を使わずゆっくりと行きます。
最上川の流れに沿って走ったりして着いたのが、開湯1,200年の歴史を誇る肘折温泉。
d0182075_3125645.jpg
温泉街の外れの立ち寄り湯に行きました。
立ち寄り湯と言っても温泉街の旅館よりも立派な施設(笑)
d0182075_3143232.jpg
9時から入れます。時間があったので少し待って入りました。
九重の筌の口温泉に似た感じの良い湯でした。
温泉街の朝市も目当てにしていたのですが、風来坊が着いた8時30分頃には既に撤収をしてました。
雨で早じまいしたようです。
狭い道が続く温泉街でしたがなかなか風情があるところで満足。
温泉をあがって、引き返す途中、地元の物産を売っているお店に寄りました。
ここがなかなか面白かった。3人のおばさんがそれぞれ手作りの品を売っています。
山菜やキノコ。キノコは塩漬けもありました。
平等に3人それぞれから品物を買いました(笑)
面白かったのは、シソ巻。
もち米を練ったものにクルミやゴマなどを混ぜて小さく切り、シソで巻き油で揚げたもの。
家に持って帰りましたが、家内や娘も美味しく食べてくれました。
それとシソの実の塩漬け。これは塩代わりに使うそう。今年の白菜漬けを漬ける時に使ってみます。
キノコの塩漬けもありましたが、使う機会が少なそうとパス。
天然のマイタケもありましたが、高かった・・・。香りだけ嗅がせていただきました。
ここで結構楽しめました。
次は近くの大石田のそばへ。
ガイドブックで紹介されていた七兵衛へ行くと11時の開店前にもかかわらず車がいっぱい。
そこで近くのそば切り源四郎へ。
板そば大盛り(1,000円)とキジ汁(350円)を注文。
すると先ずは山菜が出て来ます。ビールが欲しくなりますが我慢、我慢。
d0182075_3263476.jpg
この流れは長野の飯山の富倉そばを食べた時と似た感じ。
雪の多い地方は同じ風習なのでしょうね。
そして・・・。
d0182075_3281443.jpg
d0182075_3281993.jpg
蕎麦はやや硬めで、もう少し水分があった方がと思いましたが、普通の盛りそば風とキジ汁に漬けていただくキジせいろ風の二つの味を楽しめて面白かったです。
食べ終わっても12時前。まだ時間はありましたが、車中泊は何度も目が覚めて寝た感じがしませんので夜の食事など買い込んで再び月山近くの道の駅にしかわに帰って、お酒を飲んで寝たり起で時間を潰しました・・・。
明日は最後、何とか楽しめると良いですね。



by furaibow581203 | 2015-10-14 03:32 | 遊び | Comments(4)
10月10日(土) 曇りのち晴れ
9日夕方に仙台空港到着。レンタカーを借りて、一路栗駒山登山口へ。
栗駒山の紅葉は日本一とも云われるらしい。一度は見てみたい…。
昨年も同じ時期に計画したのだが台風の影響もあり中止。
今年、再チャレンジです。
本当は9月末から10月初めが良いのですが、何とか持って欲しい。そう期待してきました。
いわかがみ平へ着いた時には真っ暗。でも、他に車は無し・・・。
もしかしてここまで来て良かったのかな・・・と思いながらも、買ってきたお酒を飲んで車中泊。
夜中は風が強く、車が揺れるほど。雨の音も。
「ああ、葉が落ちる」と思っていました。
でも、途中で起きたら星がきれい。
何とか晴れるかなと思って再び寝ましたzzz。

そして5時過ぎに周囲が明るくなり始めます。その直前から車の音が続々。
ようやく人気の山らしくなりましたが思ったほどではありませんでした。
天気は今一つ。短時間で登れる山ですので晴れるのを待つことにします。
d0182075_4435318.jpg
少しずつガスが取れ始めます。日出ではありませんが、朝日も見れました。
隣に駐車した人と話すと今日は200人ほどの大会があってその準備で来ているとのこと。
昨日、仙台は良い天気だったが、栗駒山にはガスがかかっていたらしい。
今日はまだ雲が取れないので厳しいなと思っていたらだんだんとガスが取れてきました。
d0182075_4462026.jpg
ならばそろそろ登ろうかと6時半前に出発。
d0182075_447167.jpg
最初はこちらの東栗駒コースを登り中央コースを下るつもりだったが、隣の方の話ではかなりぬかるんで段差も多いと聞いて中央コースをピストンすることにした。
d0182075_450528.jpg
レストハウス前のナナカマドがきれいでした。
中央コース登山路は整備されていて登山靴で無くても登れそう。
d0182075_4495013.jpg
なだらかな道を登っていきます。
ようやく視界も晴れて周囲が見えます。
紅葉はどうやら下の方が良さそうな雰囲気。
d0182075_4505856.jpg
上の方は葉が無い・・・。
やっぱり遅かったか・・・。
残念です…、紅葉の時期を当てるのは難しいですね。
山頂が見えました。
d0182075_4521616.jpg
この斜面が赤や黄色に色づくのを見たかったのですよね。
途中で会った地元の人の話では、山頂付近の紅葉はSWが良かったらしい。
例年よりも早かったそう。
SWに山頂付近が紅葉していたらそれから3週間近くです。
期待していた紅葉は見れず・・・。
草もみじくらいしか楽しめません。
車が少なかったのは皆さん情報を知っていたからなのですね。
納得しました。
d0182075_453983.jpg
1時間ちょっとで栗駒山山頂(1,627m)
d0182075_4533253.jpg
風が強い。10分ほどで下山します。
振り返ると青空が少し見え始めました。
d0182075_4574939.jpg
下っていくと色づいた葉が増えます。
d0182075_4581532.jpg
人も増えます。
d0182075_4583523.jpg
確かにまだ8時くらいです。普通の人はこれから登りますよね。
登山口付近になると紅葉が増えますが、昨日の風で散った葉も多そう。
d0182075_50463.jpg
そして8時半過ぎに下山。
駐車場は既に満車で一般車は入れないようになっていました。
シャトルバスで往復しているようです。
この辺りの紅葉が綺麗でした。
先に話した地元の方の話では先週は色づいていなかったらしい。
d0182075_511711.jpg
d0182075_512535.jpg
こちらは車から撮った写真。
d0182075_513240.jpg
栗駒山の実力の一部を垣間見ることは出来ました。
まだ早い時間ですが、次の山に行くには厳しい時間です。
もう少し近場の山をリサーチしておくべきでした(反省)。

今日の行程
  登山口6時23分→山頂7時35分~46分→登山口8時37分
 
当初の予定では、鳥海山、月山と登る予定でしたので、庄内方面を目指します。
お昼は新庄駅前にある一茶庵分店「とりもつラーメン」をいただきます。
d0182075_54386.jpg
新庄では「愛を取り持つ」ラーメンとして売り出しているらしい。
とりもつが色々と入っており、美味しかったです。
でも、愛には縁は無さそうな味でした(笑)。
愛よりも紅葉を取り持って欲しいですね(爆)
食べている間に調べると、11時過ぎの天気予報では明日は雨とのこと。
そこで鳥海山の予定を変更して山形方面へ向かうことに。
途中、銀山温泉に寄ります。山間の小さな温泉街。
d0182075_56410.jpg
木造の建築物がレトロな雰囲気。
d0182075_563157.jpg
立ち寄り湯(500円)で汗を流しました。
今日は、月山近くの道の駅で車中泊することにした。
と言うのも11時過ぎの天気予報では明日午前中は曇りとの予報だったので月山なら午前中で往復できると。
何とか持ってくれれば・・・。そう期待します。
d0182075_585266.jpg
夕焼けを見ながらzzz。



by furaibow581203 | 2015-10-13 05:15 | 山歩き | Comments(6)
10月6日(火) 晴れ
夜に熊本に入って、訪れたのが会社近くの「あめや」
風来坊が34年前新入社員で熊本に来た時から知っているお店です。
ここで家内とも知り合いました・・・。
昔は町の食堂と言った店構えでしたが、今は古民家風の店構えになっています。
2年前に「吉田類の酒場放浪記」の取材も来たそうです。
d0182075_614318.jpg
店は変わりましたが、大皿料理は昔と変わりません。
d0182075_615196.jpg
冬にはおでんもあります。
ビールを注文すると突出しには湯豆腐。
d0182075_61558100.jpg
大皿にあった昔と変わらないメニューを注文。
d0182075_6164076.jpg
ニガウリとナスの味噌和えにこはだの南蛮漬け。
こはだはお刺身でも良く出していましたのを想い出しました。
ビールから日本酒に変えて、飲んでいきます。
おからもお願いしました。
d0182075_6182674.jpg
昔と変わらない味。34年前と同じ味を堪能した夜でした。
お母さん、お兄さん(昔からそう呼んでいました)ありがとうございました。


by furaibow581203 | 2015-10-08 06:20 | グルメ | Comments(4)