ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

7月27日(月) 曇りのち晴れ
先週、黒川゛のおかみさんから直々に電話。
お店から電話をいただくことは珍しいので「支払い忘れでもあったかな…」と思って電話に出ると
「7月30日でお店を閉めます…」
えっ! そのあと少し電話でお話ししました・・・。
黒川゛は会社が祇園近くに越して以来お付き合いしてきたお店。
風来坊も足掛け20年以上のお付き合い。古いお付き合いになっていたのですが…。 残念。
4年前のどんがらがんの閉店も寂しかったが、今回もとても寂しい。
黒川゛には数えられないくらいお世話になりました。
それなのに今までレポしていないことに気付き、最初で最後のレポをしたい!
と言うことで最後の訪問を暑気払いという名目でしました。
d0182075_7532.jpg
お店は黒川゛(くろがわ)と濁って発音します。
先ずはここの名物、イカの活き作りを注文。
d0182075_751040.jpg
そしてこれも必ず頼んでいたゴマサバ。
d0182075_751685.jpg
そして自家製さつま揚げ。
この三点はほぼ必ずと言っていいほど注文しました。
d0182075_752543.jpg
本社から人が来た時はここに連れてきたのでお世話になった人も多いだろうなぁ・・・。
焼酎のボトルが残っていたので最後に空にしようと思ったが、たくさん残っていたので全部は飲みきれませんでした(笑)
イカ刺しの残りは天ぷらか塩焼きにしてもらえるのだが、今日は天ぷらで。
d0182075_753066.jpg
おかみさんに自家製の酢ラッキョウをお土産にいただき、店を後にしました。
さようなら、黒川゛。 お世話になりました!


by furaibow581203 | 2015-07-30 03:30 | グルメ | Comments(8)
7月26日(日) 晴れ
昨夜はぐっすり寝て、いつものように朝早く目が覚めた。
宿のおかみさんに朝食はおにぎりにして欲しいとお願いしてたら立派な弁当が準備してあった。
4時ごろ宿の食堂で一人静かにいただく。
料金は紙に書いてあったが、温泉代が抜けていたので修正しお土産を買ってキリの良い料金にしてお金を置いて出かけるつもりだったが、おかみさんが起きてきてご挨拶をすることが出来ました。
苗場荘は建物は古いですが、料理や宿の方々の対応はとても気持ちよく良い宿でした。
秋山郷に来て良かったです。秋山郷は越後秋山郷、信州秋山郷に分かれるのですが、風来坊が泊まった苗場荘は信州秋山郷にあります。でも、長野から信州秋山郷に行くには通常、新潟県を経由するのですが、一旦他の県を経由して行くって珍しいですよね。夏場は秋山林道と言われる道が通れて奥志賀に通じています。

それはともかく、宿を出て車道を登っていくと三合目の小さな案内板。でも駐車スペースが無い。10分ほどのところに駐車場があるらしいので、ガイドブックを見直すと大きな駐車場らしい。そこまで車で走りました。
最初の案内版は歩いて来た人のための看板だったようです。
駐車場には既に10台以上の車があり、ちょうど出発する人も数名いた。
登山届を提出して小赤沢ルート登山口を5時12分出発。
d0182075_3463692.jpg
最初はぬかるんだ道が続きます。昨日と同じです。
でも、アジサイがかわいく咲いていました。写真のはガクだけの珍しいアジサイでした。
d0182075_3464359.jpg
少し登ると尾根筋に変化。
木の根があちこちに出ていて気を付けながら登ります。
d0182075_3464927.jpg
そして木の根?をくぐるところもありました。
d0182075_3465681.jpg
下の方では足元にサツマイナモリに似た花が咲いていました。
調べるとツルアリドウシと言うらしい。
d0182075_347272.jpg
もう少し登ると昨日は蕾しか見れなかったイワオトギリが咲いています。
d0182075_3471129.jpg
登山道は尾根筋から巻き道に変化。再びぬかるんだ道になります。
このコースは木の輪を下に敷いてぬかるんだ道への対策をしてくれていました。
有難いですね。
d0182075_3471796.jpg
三合目登山口から四合目までは23分、五合目までは43分で登りましたが、五合目から六合目までが26分と長い。その間、ギンリョウソウや
d0182075_3472338.jpg
ゴゼンタチバナが癒してくれました。
d0182075_463793.jpg
登山路の様子はこんな感じ。
d0182075_3473029.jpg
六合目近くで見たミヤマシャジン。
d0182075_3473895.jpg
六合目から先はクサリ場やロープ場が連続しますが、危険な個所はありません。
d0182075_3474338.jpg
火打山でも探していたベニバナイチヤクソウ、多分これだと思うのですが蕾しか見ることが出来ず残念。
d0182075_3475261.jpg
七合目を過ぎ、少し先のロープ場を登ると八合目。
ここまで来ると登りはほとんど終わり。
d0182075_34818.jpg
八合目から少し登ると・・・。視界が開けます。
d0182075_348948.jpg
そして坪場と言われるところに到着。この解放感がたまらない!
遠くには昨日登った火打山や妙高山もきれいに見えました。
d0182075_348175.jpg
ワタスゲと風来坊のコラボ(笑)
d0182075_3482653.jpg
チングルマは花は終わっていましたが、風に揺れて気持ち良さげ。
d0182075_3484355.jpg
日差しをたっぷりと浴びたキンコウカ。黄色が鮮やか。
d0182075_3485358.jpg
大小の池塘があります。
奥に見える尖がった山は秋山郷の西にある鳥甲山。
二百名山で登れるそうですがかなりきつそうな山です。
d0182075_349192.jpg
坪場から少し先は樹林帯に変化。
足元は岩があり歩きにくい。
d0182075_3491140.jpg
でも樹林帯の中にはハクサンシャクナゲ。少し痛んでいましたが嬉しい出会い。
d0182075_3491970.jpg
そして再び高層湿原の世界へ。
d0182075_3492977.jpg
超~気持ち良い! たまらないですね。解放感に浸ります。
d0182075_3493827.jpg
山頂近くには雪も残っていました。雪の模様が面白い。
d0182075_3494520.jpg
そしてショウジョウバカマや
d0182075_3495466.jpg
タテヤマリンドウ。
タテヤマリンドウは帰りには増えていましたので日差しを浴びて開いてくれたようでした。
d0182075_35021.jpg
山頂に近づくと石碑などが目立ちます。
昔から信仰の山だったことがうかがわれます。
d0182075_3501815.jpg
そして山頂(2,145m)。一等三角点がありました。
d0182075_3503096.jpg
山頂の横ではニッコウキスゲが全開。元気そう。
d0182075_3503836.jpg
苗場山の景色を楽しんだ後は下山。
名残惜しいですが、天空の楽園、苗場山。来て良かった・・・。
天気も最高! 先週の台風のことはすっかり忘れました。
d0182075_3504754.jpg
イワイチョウにもお別れを告げます。
d0182075_3505521.jpg
2時間弱で下山。まだ9時半過ぎですが、帰りを急ぎます。

今日の行程
  三合目登山口5時12分→五合目5時55分→六合目6時21分→八合目6時50分→九合目7時6分
  →山頂7時36分~41分→八合目8時21分→五合目9時4分→登山口9時37分

と言うのも台風が近づいているから・・・。今週の台風は忘れる訳にはいきません(笑)
進路は九州北部へ向かっているようです。
飛行機が飛ばないなら電車で帰らねばなりません。帰りは秋山林道で奥志賀を通りました。
雪が残っているところや
d0182075_351315.jpg
ヤナギランの花や
d0182075_3511082.jpg
クガイソウの花を楽しみ。
d0182075_3511999.jpg
滝も楽しめる良い道でした。林道とは思えない立派な道でびっくり。
でも、冬は通れないでしょうね。
d0182075_3514958.jpg
帰りは名古屋経由で帰りましたが、結局飛行機は飛んでくれたので飛行機にすれば良かったと後悔・・・。
7時間近くかけて帰りましたので疲労困憊でした・・・。
二週連続で台風に悩まされましたが、火打山、苗場山共に好天の中歩けたので大満足の週末になりました。
by furaibow581203 | 2015-07-28 03:53 | 山歩き | Comments(6)
7月25日(土) 晴れ
先週は台風11号の影響で北岳・間ノ岳を諦めた…。
先月の斜里岳棄権に続き、期待していた夏山の遠征が思うようにならない。
今回の遠征は、夏山のトップシーズンなので人気のアルプスや八ヶ岳を避けて、妙高連峰の火打山に登ることにした。そして、秘境と言われる秋山郷に泊まり、翌日は苗場山に登る計画。当初は、妙高山に登ろうと思ったが、火打山のほうが花が多いとの情報で、火打山に変更した。
今週も週半ばまでは台風12号の影響が心配されたが、何とか大丈夫そうになり、ほっとした。
金曜日、本社での仕事を終えて東京から長野へ新幹線で移動。長野駅でレンタカーを借りて妙高高原へ。
事前に調べた休憩所はトイレは閉鎖されていたが、暗くて探すのが面倒なのと早くビールを飲みたかったので、そこで車中泊することにした。
翌日、近くのコンビニのトイレを借りて用を済ませて、笹ヶ峰登山口へ行く。
薄暗い路を走り、登山口駐車場に到着。駐車場は広く、トイレもある。
ここで車中泊しても良かったかも知れないがコンビニのトイレのほうがきれいかも。
準備運動をして、4時46分登山届を出しゲートをくぐって登山開始。
d0182075_7105573.jpg
最初はブナが混じる自然林の中を歩く。木道がきれいに整備されていて歩きやすい。
d0182075_711188.jpg
40分ほど歩くと黒沢橋。
ここで十日市から来た方に追いつかれ、少しお話しした。
話の後、お二人は風来坊より先にどんどん進んでいきました。
d0182075_711872.jpg
橋を渡って少し進むと十二曲が始まる。案内板が設置されています。
d0182075_7111429.jpg
結構大変な登りかと心配しましたが、それほどでもなく10分ちょっとで登り切ります。写真のような登りです。
d0182075_7112229.jpg
登りきる前に木の隙間から北アルプスが見えた。今日は天気も良さそうです。
d0182075_711298.jpg
登山口付近ではツクバネソウを見かけたがそれ以外ではズダヤクシュの花が終わったものが多かったのだが、十二曲を過ぎると花が増えてきた。
先ずはマイヅルソウ。
d0182075_7113593.jpg
他にはゴゼンタチバナもありました。
そしてキヌガサソウ。
d0182075_7114145.jpg
さらにエンレイソウ。
d0182075_7114758.jpg
黄色のオオバミゾホウズキも増えてきます。
d0182075_71157100.jpg
極めつけが風来坊の好きなサンカヨウ。
サンカヨウの花は純白で清楚という言葉がぴったりと思うのです。
d0182075_712974.jpg
まだまだ花が出てきます。ミツバオウレン。
d0182075_7121984.jpg
何とショウジョウバカマもありました。
d0182075_7122877.jpg
イワカガミに
d0182075_7123772.jpg
ツマトリソウ。
d0182075_712466.jpg
花がどんどん続きますので登りが辛くありません。
気付くと木が低くなっていました。少し進んだところが富士見平。富士見平まで1時間50分ほど。
d0182075_712549.jpg
先月摩周岳で見かけたズダヤクシュ。今回はきれいに写せました。
d0182075_71319.jpg
富士見平からは登りらしい登りはありませんが、下がぬかるんでいて歩きにくい。
でも花はあって楽しませてくれます。
下ばかり見ていましたが目を上げると火打山の姿が見えてきました。まだまだ遠いですね。
d0182075_713963.jpg
葉っぱの感じで多分モミジカラマツ。
d0182075_7131687.jpg
アキノキリンソウ?も。
d0182075_7132369.jpg
本当に退屈しません。2時間半ほどで高谷池ヒュッテが見えてきました。
d0182075_7133045.jpg
ここから先はしばらく湿原の風景と花が楽しめます。
d0182075_7133746.jpg
コバイケイソウに
d0182075_7134561.jpg
ミズバショウもありました。遠かったのでズームで写しましたが何とか撮れていました。
d0182075_7135364.jpg
ヒュッテの方を振り返るとこんな感じ。
d0182075_714053.jpg
さらに足を進めるとハクサンコザクラ。かわいいです。
d0182075_714974.jpg
雪も残っていて久し振りに雪の感触を味わえて満足。
d0182075_7141625.jpg
ヨツバシオガマに
d0182075_7142622.jpg
ハクサンチドリ。
d0182075_7143579.jpg
クルマユリもありました。
d0182075_7144384.jpg
そして天狗の庭。
この近くの池に映った火打山の写真が良く紹介されていますが、今日は風が強くてダメでした。
d0182075_7145045.jpg
まだまだ花は続きます。ワタスゲの群落。
d0182075_7145888.jpg
イワイチョウも咲いています。
d0182075_715922.jpg
湿原を過ぎるとヤマハハコに
d0182075_715219.jpg
ヒメシャジン。ヒメシャジンは群落になっているところもありました。
d0182075_715305.jpg
ミヤマホツツジのメシベのくるりんが何となくユーモラス。
d0182075_71538100.jpg
振り返ると妙高山(写真左奥)が近くに見えます。
d0182075_7154830.jpg
ヤマオダマキに
d0182075_7155637.jpg
ミヤマオトコヨモギ。
d0182075_716471.jpg
エゾシオガマも。
d0182075_7161282.jpg
そしてウメバチソウ。九州では秋の花もこの時期に楽しめます。
d0182075_7162015.jpg
次からは黄色の花五連発。トップバッターはミヤマコウリゾナ?
d0182075_7162922.jpg
マルバダケブキ。
d0182075_7163795.jpg
オタカラコウ。
d0182075_7164579.jpg
ミヤマキンポウゲに
d0182075_7165361.jpg
締めはウサギギク。
d0182075_717031.jpg
次はネバリノギラン。
d0182075_7171055.jpg
山頂直下まで花の連続。
そして登山口から4時間弱で火打山(2,462m)山頂。
風が強い。登っている途中で会った人は立って居られないくらいとおっしゃっていたが少し弱まってきたよう。
それでもなかなかの風が吹いています。
d0182075_71717100.jpg
今度は展望を楽しみます。
手前の影火打、焼山の奥には北アルプス。
d0182075_717248.jpg
北アルプスの南側には槍ヶ岳が見えます(写真はズームアップしています)
d0182075_7173378.jpg
そして富士山も見えました。
d0182075_7174163.jpg
北側には日本海も。
d0182075_7175357.jpg
日本の主な山々を堪能出来ました。
景色を楽しんでいたら体が冷えてきましたので下山します。
d0182075_718180.jpg
帰りも同じ花を楽しみながら下り、天狗の庭近くに戻ってきました。
風がなければ逆さ火打山が見れるのですが、残念。
d0182075_718976.jpg
湿原の景色も良い。ハクサンコザクラの群落。
d0182075_7181937.jpg
足元にはアオノツガザクラ。
d0182075_7182620.jpg
ミヤマキンバイも。
d0182075_7184758.jpg
高谷池からのぬかるんだ道を歩いて帰ります。
この頃には登ってくる人とかなりすれ違いました。皆さん、花を楽しみに来ているようです。
火打山、さようなら。また訪れたい山になりました。
d0182075_7185519.jpg
そして大好きなサンカヨウにもさようなら。
d0182075_719390.jpg
十二曲まで来るとぬかるみも少なくなります。
d0182075_7191416.jpg
下って黒沢橋手前の沢の水で熱くなった頭を冷やしました。
d0182075_7192223.jpg
再び林の中を歩き、12時過ぎに下山。大満足の火打山登山でした。
d0182075_7193252.jpg
今日は花の写真をたくさん載せましたが、写真以外にもベニバナイチゴ、ゴゼンタチバナ、タニキキョウ、ヒメウメバチソウ、タカネニガナなど本当に多くの花に出会えました。

今日の行程
  登山口4時46分→黒沢橋5時28分→十二曲(5時38分~50分)→富士見平6時37分
  →高谷池ヒュッテ7時18分→天狗の庭7時35分→ライチョウ平8時10分→山頂8時39分~56分
  →天狗の庭9時47分→富士見平10時41分→黒沢橋11時39分→登山口12時8分

ここから秋山郷へ移動するのですが、少し寄り道して飯山の富倉そばをいただくことにします。
富倉地区にある「はしば食堂」
d0182075_7194230.jpg
店内は民家の居間にテーブルを置いただけのシンプルなつくり。
d0182075_7195219.jpg
座るとおかずが出てきます。山菜を調理したもの。
普通は1テーブルにセットで出てきて200円だそうですが、風来坊は一人でしたので写真の分で100円。
これをつまみながらお茶をいただきます。
d0182075_720026.jpg
そして富倉そば(800円)。
戸隠のボッチ盛りに少し似た感じの盛り付け方です。
オヤマボクチの葉の繊維をつなぎに使っていますのでつるつるっとした食感。汁はやや甘めでした。
以前、松本に居たときに食べれなかった富倉そばをいただけて満足。
d0182075_720981.jpg
そして秋山郷へ。15時過ぎに今日の宿、苗場荘に到着。
ビールを飲んで近くの小赤沢の温泉で汗を流しました。
18時から夕食。再びビール(笑)
おかずの品数が多い。まずはイワナの刺身。
d0182075_7201681.jpg
天ぷらはマタタビやドクダミの葉もありましたが、美味しかったです。
ドクダミの葉は天ぷらにすると独特の匂いがしないのに驚きました。
d0182075_7202539.jpg
鍋は鹿肉を炊いた感じ。
d0182075_7203424.jpg
イワナの塩焼きも出てきて
d0182075_720444.jpg
最後は山菜ごはんとお味噌汁。
d0182075_7205146.jpg
大満足の夕食でした。日本酒も苗場山という地元らしい銘柄をコップで4杯(1杯250円、安かった!)
昨夜が車中泊であまり寝つけなかったので、その分までたっぷりと寝ました・・・zzz
by furaibow581203 | 2015-07-27 07:20 | 山歩き | Comments(12)
7月20日(月) 曇りのち雨のち晴れ
今日は海の日ですので、出来たら釣りを楽しみたいと思っていましたが、天気が良く分からない。
朝起きて空を見ると、曇り空。5時の予報を確認すると午前中は良さそうなので、準備して出発。
どこで釣ろうかと迷ったが、釣り始めが干潮なので、干潮の時に良く行く野北へ。
6時から釣り始める・・・。
d0182075_453171.jpg
第一投目でアタリがあり、まずまずの型があがる。
そして少し投げた後に釣れたのが20cmオーバー。
d0182075_4545020.jpg
この後にトリプルでも釣れましたが…。
d0182075_4551565.jpg
でも、しばらくするとアタリも無くなり、場所を移動しましたものの、今度はリールが壊れました・・・。
もう何年も使っていますので、そろそろ買い替えを考えていましたが、
今日の海の日を選んだかのように壊れてしまいました。合掌・・・。
竿も古いので8月には新しい竿とリールで臨みたいと思っていますが、出費が痛い・・・。
でも、今までのはそんなに高くありませんでしたので、十分楽しませていただきました。感謝ですね。

今日のデータ
  中潮(福岡船溜まり 干潮5時39分 満潮11時56分) 旧暦6月5日
  釣った時間6時~9時  3,4色で釣れましたが、釣れたのは6時~7時30分 釣果14匹
by furaibow581203 | 2015-07-21 04:59 | キス釣り | Comments(6)
7月19日(日) 曇りのち雨
午前中は畑仕事。雑草取りに追われました・・・。
昼からは一転して雨。しかも雷雨。
夕食は近所の焼き鳥屋「鳥兆」に昨年11月以来久しぶりに行くことにしました。
この三連休、山、畑と家族サービスをしていませんのでせめてもの外食です。
d0182075_1434034.jpg
突出しは3人に三種類。
d0182075_14361623.jpg
風来坊はモズクをいただきました。
家内が注文した酢もつ。
d0182075_14354762.jpg
風来坊も少しいただきます。
そしてサラダ。これは3人でいただきます。
d0182075_14371677.jpg
何てことは無さそうなサラダですが、ドレッシングが美味しいんですよねぇ…。
さらに風来坊注文のカマンベールチーズのフライ。前回も注文していました(笑)
d0182075_14382350.jpg
そしてメインの焼き鳥。
d0182075_14385845.jpg
家内たちはさつまいもバターも注文して食べていました。
d0182075_14395539.jpg
早い時間に食べ始めましたが、帰る頃にはほぼ満員状態になっていました。
やっぱり人気店です・・・。
by furaibow581203 | 2015-07-20 14:41 | グルメ | Comments(2)
7月18日(土) 曇りのち晴れ
今日が三連休の中では天気が良いとの予報で登る山を検討。
久し振りの井原山、洗谷コースを登り、水無へ下るコースと決めて雲が晴れるのを待って出発しようと思っていたが、なかなか晴れないので9時半過ぎに出発。
今日もバイクです・・・。キトク橋駐車場は満車。こんな時停めるのが楽ですね(嬉)
でも、すぐ横を流れる川の音の大きさに驚く。これでは洗谷は無理と判断し、ダルメキ谷を登ることに変更。
これを臨機応変とみるか、優柔不断、意志薄弱ととるかはお任せします。
登り始めて最初の渡渉地点。
d0182075_552253.jpg
ここで断念した方もいらっしゃったようです。
でも、この先の林道から上にある渡渉箇所が厳しかったですね・・・。
d0182075_564581.jpg
ここはさすがに厳しく少し上にエスケープして浅めのところをジャンプして渡りました。
この後もいくつか水量の多い箇所を渡り、ようやく尾根筋へ。
と思ったところでヒナノウスツボと出会いました!この時期に会えるとはびっくりです。
d0182075_583616.jpg
さすが井原山と思って登りましたが、今日は全体的には花が少なかったですね・・・。
森はガスがかかり幻想的。
d0182075_5105218.jpg
途中の休憩地点では体調が悪そうな方がお休み。
連れの人に安全な道を聞かれたので水無方面に下る尾根コースを紹介。
山頂に行きたかったようですが大丈夫だったでしょうかねぇ・・・。
上がっていくとガスが晴れて日差しが差しこんで来ました。
d0182075_513332.jpg
登山口から2時間ちょっとでようやく山頂。今日も大勢の登山客でにぎわいます。
d0182075_5141867.jpg
ガスは晴れていましたが、登って来た糸島方面には雲海が残っていました。
なかなか見れない景色です。
d0182075_5151236.jpg
佐賀方面は快晴。
d0182075_5153013.jpg
山一つ隔ててもこんなに違うのですね。
オニギリをいただき、ミニチキンラーメンを啜って昼食完了。
水無方面へ下山します。縦走路に花があるかと期待しましたが、ハンカイソウくらい。
d0182075_5172734.jpg
ハンカイソウにのったアサギマダラは写せませんでしたが、今年初めての姿を写せました。
d0182075_5181896.jpg
急な下りを過ぎてしばらく進むと、いよいよオオキツネノカミソリのルートになるのですが・・・。
d0182075_519546.jpg
まだまだのようですね。群生地付近はこんな感じ。
d0182075_5194514.jpg
日差しがあるところではまずまずのところもありましたが、
d0182075_5201558.jpg
水無登山口近くでもこんな様子だったです。
d0182075_520465.jpg
来週末くらいが見頃になるのでしょうか・・・。
来週、再来週とこちらに居ないので、これが今年の井原山での見納め。
来年、また会いましょう!オオキツネノカミソリさん。

今日の行程
  登山口10時20分→山頂12時33分~58分→水無登山口14時3分→キトク橋登山口14時47分
今日の費用
  ガソリン代50円くらい、おにぎり248円、ミニチキンラーメン43円 計350円
by furaibow581203 | 2015-07-19 05:26 | 山歩き | Comments(4)
7月14日(火) 晴れ
今週は東京出張が2回。
先ずは月曜日に行き、火曜日に帰る。
そして木曜から再び出張。金曜日に帰るのではなく休みを取って北岳に行こうと計画。
ところが、台風で・・・。
週初めの関東は良い天気でした・・・。
火曜日の朝、福岡に帰ります。その時の富士山。
d0182075_4153692.jpg
東京から帰る時はA席では無く、反対側の窓側を指定することが多いのですが、今回初めてA席に変更。
富士山、結構近いですね。
福岡から東京へ行く時はA席を指定します。北アルプスや南アルプスが見えるので好きです。
こちらから見える富士山はいつもこんな感じ。
d0182075_418434.jpg
この富士山を北岳から見る予定が、台風で・・・。
もしかしたら台風一過で良くなるかも知れませんが、予報は悪く無理は禁物で中止・・・。
今年の遠征の目玉が早くも頓挫でした。
17日~18日、こんな天気になって欲しかったですねぇ。
by furaibow581203 | 2015-07-16 04:23 | その他 | Comments(6)
7月11日(土) 曇りのち雨
朝早くに目覚めたものの、昨夜のアルコールが抜けていない・・・。
お茶を飲み、新聞を読み、本を読み、TVを見てようやくすっきりした。
井原山にするか迷ったものの、久し振りに車谷を歩くことに決めた。
今日は、一月ほど前に購入したバイクで登山口に向かう。
d0182075_4154189.jpg
バイクなら駐車スペースを気にせず、離合も大丈夫です。
キス釣りや畑仕事にも使えます。でも、通行量が多いところは怖いので気を付けて走ります。
準備して9時53分登山口から登り始める。登山口付近のササは刈ってありました。
しばらく進むと自然林へ。気持ち良いんですよね・・・。
d0182075_4183846.jpg
今日は水の音も高らかです。
d0182075_419060.jpg
水も多かったですが、花も結構咲いていました。
登山口付近ではヌスビトハギが咲き始め、林道から上にはホトトギスも咲いていました。
d0182075_4202237.jpg
そして、この花? ミズタビラコでした。信ちゃんさん、ありがとうございます。
d0182075_4204186.jpg
花の感じはヤマルリソウに似ているのですが、名前が分かりませんでした。
そしてオトギリソウ。
d0182075_421244.jpg
この時期はヤマアジサイがきれいです。
d0182075_4215836.jpg
水と一緒が似合いますよね。
d0182075_4222113.jpg
そして大株のヤマアジサイ。
d0182075_4224065.jpg
矢筈峠には1時間50分後に到着。今日はゆっくり登りました。
オニコナスビの観察もしましたが、まだまだのようでしたね。
他には、今が盛りのオカトラノオや
d0182075_4241642.jpg
キンミズヒキは咲き始め
d0182075_4244655.jpg
ウツボグサは終わりかけでしょうか・・・。
d0182075_4251130.jpg
唐人の舞に立ち寄ります。金山がきれいに見えました。
d0182075_4254428.jpg
この辺りからポツポツと雨。
お蔭でここから先のササでぐっしょり・・・。水も滴る風来坊になりました。
でも、それほど雨も降らず縦走路を気持ち良く歩きます。
d0182075_4273745.jpg
そして鬼が鼻岩。背振がきれいに見えましたが、再び雨が・・・。
d0182075_4281968.jpg
直登ルートを下ることにします。でも、これが失敗。
急な坂を苦労しながら下り
d0182075_4294163.jpg
滝を楽しんだところまでは良かったのですが
d0182075_430893.jpg
林道から先が草で道が分かりにくく、しかも折からの雨で濡れます。上から横から濡れました。
しかも最後はかなりの雨になり、登山口に戻った時にはぐちょぐちょに濡れてしまいました。
ポンちゃんさんに刺激され、帰りにはふくちゃんでラーメンと思っていましたが、さすがに濡れた格好では迷惑を掛けますので、諦めてそのまま帰りました・・・。
でも、今日はこの花に出会えて良かった。カキランです。
d0182075_4343233.jpg
通い慣れた車谷ですが、まだまだ知らないことや知らない花が多いのに改めて気づいた日でした。

今日の行程
  登山口9時53分→矢筈峠11時40分→唐人の舞12時19分→鬼が鼻岩13時4分→登山口13時54分
今日の費用
  ガソリン代:多分50円程度(推定)、食事は買い置きのビスケットのみ。
by furaibow581203 | 2015-07-12 04:36 | 山歩き | Comments(10)
7月8日(水) 晴れ
宮崎から帰ったと思ったら、今日は鹿児島へ。5月に帰省して以来二か月ぶり。
今日の鹿児島は晴れていました!
タクシーの運転手も会社の人も口を揃えて、「昨日から久し振りに晴れ間を見ました」と言っていましたので
それだけ、雨が続いたのでしょうね・・・。
鹿児島中央駅に着いたのが昼前でしたので、先ずは腹ごしらえ。
宮崎では地鶏をいただきましたので、鹿児島では黒豚をいただくことに決めていました(笑)
駅近くの「川久」。食べログの評価も高い。
d0182075_253185.jpg
店内はそんなに広くは無い。
空いた席に座り、迷わず「黒豚ロースかつ定食(150g)」(1,900円)を注文。
なかなか贅沢なランチにしました。そして・・・。
d0182075_2552831.jpg
手前の器にソースや塩を準備していただきます。
d0182075_2562349.jpg
この肉は美味しかった・・・。黒豚の肉を久々に食べた感じ。
肉が美味しく、脂身は甘い・・・。
値段の分だけあったと満足。
by furaibow581203 | 2015-07-10 02:58 | グルメ | Comments(4)
7月6日(月) 曇りのち雨
週明けの月曜日、夕方から宮崎へ。
宮崎と言えば、地鶏のもも焼きですねぇ・・・。
色々なお店があるのですが、今回は有名店の「ぐんけい」へ。
「ぐんけい隠蔵」と言う名前でしたので、支店かなと思いましたが、ここが今は本店のようです。
d0182075_205841.jpg
お店の看板を見て「ぐんけい」って軍鶏と書くって初めて知りました!
二階に通されて、ビールを注文していただきます。
先ずはサラダ。鶏のたたきが和えてあります。
d0182075_235612.jpg
そして鶏刺し。
d0182075_241366.jpg
鶏刺しは鹿児島や宮崎ならではですね。レバーが美味しい。
ビールから焼酎へ。
宮崎では白霧島の20度を飲むのが多いんです。
宮崎式でいただきますが、ちょっと薄いのでロックでいただく。
「よか、よか」 焼酎がすすみます(嬉)
そして、メインのもも焼き。柚子ごしょうを付けていただくのが最高!
でも、宮崎のお店では柚子ごしょうはお金を取るところが多いですね。ここもそうでした・・・。
d0182075_254187.jpg
何はともあれ、これがあれば何も要りませんね・・・。
久し振りに来ましたが、やっぱり美味しいですね。
by furaibow581203 | 2015-07-08 02:14 | グルメ | Comments(4)