ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

6月22日(月) 晴れ
北海道から帰った翌日の月曜夕方に沖縄出張。
北から南まで日本は長い~。
今月二度目の沖縄。
前回はお気に入りの「いつ世」に行きましたので、今日は新規開拓で東北の料理を出す「小やじ」へ。
d0182075_615462.jpg
中は20人ほどで満員の小さなお店。既に満員です。
突出しに出たのは、山形でダシと言われる野菜を小さく刻んで味付けしたのを豆腐にかけていただく料理。
d0182075_632867.jpg
これがあっさりして美味しい。
これなら似たようなものを家庭でも作れそう・・・。
あっさりついでで東北では無いが水ナス。この時期は食べたくなります。
d0182075_643831.jpg
日本酒が進みます(嬉)
あっさり系が続きましたので、次は仙台名物の牛タン。
d0182075_65297.jpg
これは外せません。
そして何故かギョウザ。連れが東北だけでなく宇都宮まで範囲拡大。
最初に水ナスを頼んでいますので言えませんね…。
d0182075_662138.jpg
他にはタコブツやサラダを二人でいただきました。
沖縄に来て東北の料理と言うのも何でしたが、いつもいつ世ばかりではと新規で行ってみました。
でも、なかなか良いお店でした・・・。
by furaibow581203 | 2015-06-26 06:09 | グルメ | Comments(4)
6月21日(日) 晴れ
朝、目覚めると空が明るい。少し雲があるようだが良くなっていきそうな気配です(嬉)
朝食前の朝の散歩でオロンコ岩(下の写真の右の岩)まで出かけることにした。
d0182075_335387.jpg
近づいて行くとゴジラ岩が・・・(上の写真の真ん中の岩)
d0182075_3361658.jpg
風来坊が昨日クルージングした船はゴジラ岩観光なのだが、こちらから命名したそうです。
そしていよいよ登ります。
d0182075_337212.jpg
階段はやや急ですが、手すりもついているので大丈夫。
登ると・・・
d0182075_338068.jpg
割と広い。眺めも良い。しかもお花畑。
羅臼岳もガスの上に見えました。
d0182075_3385778.jpg
しばらく景色を楽しみました。
エゾカンゾウ、こちらに来てから何度も見ましたが近づいて見れたのは今日だけでした。
d0182075_341367.jpg

朝食をいただき、チェックアウトして、いざ知床五湖へ!
d0182075_342446.jpg
駐車場へ着き、受付に行くと15分ほどゆっくり出来るとのことでしたので、木道を散歩。
d0182075_3433214.jpg
ガスがどんどん晴れていきます。そして最後には・・・。
d0182075_344695.jpg
今日の知床五湖トレッキングは、日本で二つしか指定されていない利用調整地区(もう一つは西大台ケ原)を歩きますので、色々と決まりごとがあります。また、ガイド付きで歩くのはここだけ。最初にガイドさんの説明を聞いてから出発します。
建物を出たところで服や靴に着いた種を落としてから歩きます。いざ!
d0182075_3481788.jpg
わくわくします。こんな感じも森の中を進みます。下のササはチシマザサ。
d0182075_3485495.jpg
ガイドさんより先には進みません。しかも離れずに・・・。
d0182075_3494594.jpg
木道がところどころありますので、その際にはちゃんと木道を歩きます。道幅が広くても木道を歩いて下さいと言われましたが、その理由は、こちら。
d0182075_3513498.jpg
足跡が分かるからです。写真はシカの足跡ですが、クマの足跡があれば気を付けなければいけません。
そんなことを知るためにガイドさんの言うことは守りましょう!
こちらはクマのつめ跡。
d0182075_3533542.jpg
クマがヤマブドウの実を食べるのに登った跡らしい。
そして最初の湖。五湖です。
d0182075_355165.jpg
エゾハルゼミの抜け殻がありました。
d0182075_3555270.jpg
そして生きているエゾハルゼミ。
d0182075_3561452.jpg
五湖のほとりで草が倒れているところをガイドさん発見。
d0182075_35727.jpg
昨日は無かったそうなので、昨日の夜から今朝の間に歩いた跡と思われる。こんな情報が大事だそうです。
そして次は四湖。五、四、三、二、一と逆に回ります。
d0182075_3581497.jpg
こちらではサルメンエビネが。
d0182075_3593083.jpg
北海道にもあるのですね。サルメンエビネは初めてでしたが、道を外せませんので遠くから写しただけです。
そして場所を移動して、再び四湖。
d0182075_405580.jpg
良い雰囲気ですね。
次は三湖です。途中、アカゲラの巣跡が。
d0182075_415180.jpg
アカゲラの生態など詳しく教えていただきました。
また、空洞がある木があり、木は芯より外側が大切と教えていただきました。
d0182075_431137.jpg
d0182075_432230.jpg
上の二つの木は芯はありませんが、ちゃんと生きています。
ここから少し先にクマゲラがエサを取るために空けた跡もありました。エサを取るために空けた穴は大きかったです。でも、キツツキの仲間は枯れ木にしか穴を開けませんので、こんな木を見つけたら倒れる可能性があるのを頭に入れて行動することが大事だそうです。
そして三湖。
d0182075_462231.jpg
三湖の辺りが一番クマが出るらしい。
ガイドさんが「ホイ、ホイ」と大きな声を出し、その声に反応するクマの動きを察します。
d0182075_481780.jpg
上がクマが食べたミズバショウ(根の部分)。草が倒れているのが分かります。
この池にはネムロコウホネが咲いていました。これが精一杯の開花状態。午後には閉じるそうです。
d0182075_494975.jpg
三湖の反対からの景色。
d0182075_4101578.jpg
そして二湖へ。
d0182075_4104440.jpg
きれいです。波が立たないうちに写します。
d0182075_4112389.jpg
ひっくり返しても使えそう(笑)
d0182075_4113135.jpg
昨日はガスって何も見えなかったそうです。
風来坊は昨日は斜里岳とクルージングにしたのですが、その理由は危険分散。昨日クルージングの代わりに五湖トレッキングにしたらガスでダメだったでしょう。正解でした。
もう一度違う角度でパチリ。
d0182075_4134938.jpg
今日のガイドさんは鈴木謙一さん。
風来坊が最初に選びました(最初に申し込む人は時間とガイドを選べます。あとの人は、空いている時間を選ぶシステム)。このコースのことも詳しく安心できる人でした(他のガイドさんもちゃんと毎年試験があるそうですので安心と思います)。
d0182075_41620100.jpg
そして最後は一湖。ここは風が通りやすいので水面が波立つそうです。
d0182075_417013.jpg
木道を歩いて終了。3㎞を3時間かけて歩きましたが、知床五湖トレッキング、ガイド付きで歩くのが良いですね。
5,000円は安いと思いました。しかもこの天気、大満足です。
11時を過ぎていますので中標津空港へ向かいます。
帰りにエゾシカをパチリ。
d0182075_4192356.jpg
そして知床峠から見る羅臼岳。
d0182075_4195182.jpg
晴れているので国後島がきれいに見えました。
d0182075_4201577.jpg
13時過ぎにレンタカーを返却。空港で土産を買って帰ります。
d0182075_4205510.jpg
サヨナラ、北海道・・・。
ボランティアから始まった5日間。
ボランティアも思った以上に良い勉強になり、その後の観光も天候に恵まれて良い5日間でした。
by furaibow581203 | 2015-06-25 04:21 | 遊び | Comments(10)
6月20日(土) 曇りのち時々雨
ボランティア終了後の計画は、金曜午後が摩周岳トレッキング、そして土曜日は斜里岳登山と知床でのヒグマウォッチングクルーズ。最終日の日曜日が知床五湖トレッキングと我ながら完璧(笑)
今日が一番のメインの日なのです。
ところが・・・。3時ごろから明るくなって見える山の方はガスで・・・。
雨よりは良いものの、ガスならクマも見えにくい・・・。
鈴とラジオはちゃんと用意しているが大丈夫か・・・。
迷った末に、折角なので取りあえず登ってみることに決めて、準備。
4時40分、登山口にある清岳荘の横から登山届を書いて出発。
d0182075_3544311.jpg
林を少し歩いた後、林道を歩く。5分ほど歩くと再び登山路へ。
その辺りにはまだ雪が残っていました。
雪が多いとは事前の調査で知っていましたが下でもこれだけ多いとはちょっと想定外。
d0182075_3564067.jpg
登山路に入るとエンレイソウがお出迎え。
d0182075_357439.jpg
今日の斜里岳は花も多そうなので楽しみです。
少し進むと最初の渡渉地点。かなり水量が多い。
ここの渡渉の際には赤い石は滑らないそうなので赤い石を選んで渡る。
d0182075_3573867.jpg
だんだんと雪が増え、雪の上を歩きます。
d0182075_359428.jpg
この先では薄い雪を踏み抜いてしまいましたが、浅くて問題なし。
ところがここに来て、判断に迷ってしまいました・・・。
d0182075_405954.jpg
皆さんの踏み跡は雪の右側を歩いていますが、そこは薄そう・・・。かといって左は木が邪魔になりそう。
まだここでこんな状況ならアイゼン無しで登るのは厳しそう。5分ほど考えて、敢え無く撤退することに。
今回はアイゼンが手荷物では運べないので持って来ていませんでした。
でも、アイゼンがあっても雪道の経験が少ない風来坊には厳しかったでしょう。
4時40分に登山開始して、5時40分には下山しました・・・。

今日はもう一つのヒグマウォッチングクルーズは15時集合。まだまだ時間があります。
さてどうしよう・・・。網走に行くか、それとも知床で時間を潰すか・・・。
取りあえず、知床へ行ってみよう!
斜里荘から舗装路までは林道。でも、ここの林道は舗装路並みでした。
d0182075_48962.jpg
斜里町のコインランドリーで1時間ほど服を洗濯してからいざ、知床へ。
土曜の朝ですが車は少ない。知床八景のオシンコシンの滝へ直ぐに到着。
d0182075_4105058.jpg
そして宇登呂を経由して羅臼へ。
道の駅で土産物など覗きます。我が家は魚は風来坊以外は好まないので見るだけ。
大きなホッケも魅力的でしたが、焼くのが大変そう。
羅臼の町から宇登呂へ引き返す途中の熊の湯へ寄りました。
道路脇に駐車して、川を渡ったところが熊の湯。
手前の女性の湯にはドアがちゃんとありましたが、奥の男性の湯はドア無し。
d0182075_4144319.jpg
乳白色の良い温泉でした。
d0182075_415878.jpg
斜里岳登山(笑)の汗を流します。
温泉の後は宇登呂へ向かいます。でも横断道はガスで視界悪し。
d0182075_4162696.jpg
宇登呂に着いてもネイチャーセンターや道の駅で時間を潰すだけ。
ホテルに電話して13時半にチェックインしてソフトバンクの試合をTV観戦。
ウォッチングまでゆっくりと観戦でしたが、快勝の試合でしたので良かったです・・・。
15時前にウォッチングの受付。13時の知床岬のクルージングは中止になったそうですが、ヒグマウォッチングは何とか出発。
d0182075_419492.jpg
船は大きくないですが、大きくないので入り江に近づけるのが特長です。
救命胴衣をちゃんと付けて出発。しばらく走ったとことのフレペの滝。乙女の滝ともいわれるそうです。
d0182075_4233395.jpg
こちらは乙女の滝に対して男の滝とか言っていましたが名前は忘れました・・・。
d0182075_4245448.jpg
海岸沿いの岩にはカモメの巣があったり、オジロワシが岩に留まっているのが見えます。
d0182075_4255326.jpg
そしてカムイワッカの滝や
d0182075_4261751.jpg
何とかの滝。
d0182075_4263593.jpg
この辺りから断崖絶壁の海岸からやや低い海岸へ変わります。
そうです。ここくらいからヒグマウォッチングの開始。
でも遠くて小さいのです・・・。なかなか見つけられませんがようやく・・・。
d0182075_4312137.jpg
しばらくこの親子を観察した後、次のクマは風来坊が発見!
d0182075_4322360.jpg
何となく見つけるコツがわかった気がしました。
帰りにはミンククジラの背びれが・・・。分かります?
d0182075_4331972.jpg
中央右の黒い点のようなもの。それが背びれでした。
ガスがかかって展望はありませんでしたが、ちゃんとヒグマも見れ、クジラも見れて満足のクルージングとなりました。
ホテルへ帰って食事。そして風呂に入ってこの日も勿論早めに就寝。
いよいよ明日は最終日。晴れて欲しい! そう願いながらzzz・・・。
by furaibow581203 | 2015-06-24 04:39 | 遊び | Comments(6)
6月19日(金)晴れのち曇り
金曜午前中でボランティアが終わってから、折角の機会ですので山歩きをしました。
午後からの時間ですので比較的簡単に登れる山と言うことで観光と山歩きを兼ねて
摩周湖と摩周岳(カムイヌプリ:神の山の意)へ。
第一展望所の駐車場(有料500円)へ駐車して展望所から先ずは一枚パチリ。
d0182075_6522124.jpg
摩周湖と言えば布施明の「霧の摩周湖」が風来坊の年代(50代後半)では必ず頭に浮かぶはず…。
ですが、晴れの摩周湖でした(嬉)。中央右の火口のような山が摩周岳です。
湖をぐるりと半周、7.2km歩くコース。ガイドブックには4時間半とあるが4時間で帰ってくるつもり。
すでに14時前。普通なら今から登る時間ではありませんが、折角ですから行きましょう!
d0182075_6522959.jpg
展望所の横からコースがスタートします。
少し歩くと摩周岳が左に見えるようになります。コースに入ってすぐからエゾノクサイチゴやオオヤマフスマなどの白い花が足元を賑わせてくれます。
d0182075_652397.jpg
そして北海道らしいシラカバ林。
シラカバは成長が早いので草地に早く生える木らしいです(野鳥の会の方から聞きました)
d0182075_6524897.jpg
この辺りを過ぎるとしばらく摩周湖が見えなくなりました。
d0182075_652566.jpg
歩き始めて1.5kmを過ぎると白い花から青色系の花が目立ちます。
まずはエゾフウロ。
d0182075_653233.jpg
この山系にはチシマフウロもあるらしいですが、帰ってから二種類あると気付き、違いをお見せすることが出来ませんでした。準備不足でしたね…。
次はハクサンチドリ。
d0182075_653795.jpg
そしてヒオウギアヤメ。これは毒があるので牧草地にあっても食べられずに残ってしまうそうです。
d0182075_653172.jpg
青に押されていますがゴゼンタチバナや
d0182075_653288.jpg
ツマトリソウも頑張っています。白と青の競演。
d0182075_6533790.jpg
歩きやすそうな草原ですね。気持ち良かったです。
d0182075_6534576.jpg
ここはスタートして4.2km地点。54分で到達。
ここで女性二人組に会いましたが、この方々が最後の方のようでした。ですからこの後はクマが出ないか冷や冷やしながら歩くことになり、少しペースが上がりました。
摩周岳が近くになりましたね。
d0182075_654682.jpg
歩いていくと登山路にミヤマオダマキ。嬉しいです。
根室の町にはいたるところにミヤマオダマキが咲いていましたので珍しくはありませんが、
やはり山で見るのが嬉しいですね。
d0182075_6541423.jpg
そして登山口から70分で5.6km地点。西別岳への分岐です。ここから1.6kmで山頂。もう近いです。
d0182075_6542317.jpg
1Kmほどは同じような道を歩きますが、残り400mほどでようやく登り。
この辺りでヨツバシオガマを発見。今日はこの1株しか見つけられませんでした。
d0182075_6543159.jpg
登っている途中から山の火口側を写します。とても登れそうな感じではありませんね。
d0182075_6544095.jpg
登山路は火口の外側を歩きます。
こんな感じで全然怖くありません。
d0182075_6544890.jpg
歩き始めて1時間38分で摩周岳(857m)山頂。
思った以上に歩きやすく、思ってた以上に花が多いコースでした。
d0182075_654577.jpg
少し曇り始めたのと遅くなりたくないので5分ほど展望を楽しむだけにしました。
火口の縁の部分は切り立っています。
d0182075_655629.jpg
後ろは摩周湖の裏の部分。
右の端は浅くて少し色が違っていて良い感じでしたが、写真では分かりにくいですね。
d0182075_6551418.jpg
山頂付近にはキクバクワガタと思われる花や
d0182075_6552282.jpg
エゾツツジの蕾と思われるものなど登山路とは違った花を楽しむことが出来ました。
d0182075_6553085.jpg
山頂から少し下ったところで写した西別岳。こちらも花が多いそうです。
時間に余裕がある時は両方楽しむのが良いですね。今回は仕方ありません。
d0182075_6553984.jpg
帰りはひたすら歩き登山口へ。もうすぐ終わりに近づいたときに西側に高い山。阿寒岳のようです…
d0182075_6554849.jpg
結局、3時間10分で摩周岳登山完了。
日没までは時間はありましたが、曇って少し暗くなっていましたので急いで良かったです。
車で川湯温泉へ向かう途中で第三展望所へ寄り、違う角度の摩周湖を写しました。
d0182075_655573.jpg
d0182075_656478.jpg
摩周湖と摩周岳の両方を楽しめた良い山歩きでした。
このコースなら足が強くない方にも大丈夫。しかも花多数。
近くには川湯温泉があり、汗も流せます。他にも温泉は沢山ありますが川湯が近いですね。
温泉で汗を流して斜里町へ。途中で雨になりました。
明日は百名山の斜里岳に登る予定ですが、結果は如何に…。

今日の行程
  登山口13時58分→3.1km標識14時40分→4.2km標識14時52分→5.6km標識(分岐)15時8分
  →山頂15時36分~41分→分岐16時2分→4.2km16時18分→3.1km16時31分→登山口17時7分
by furaibow581203 | 2015-06-23 04:54 | 山歩き | Comments(8)
6月17日(水)午後~6月18日(金)午前
道東でのボランティア活動に参加してきました。
ボランティア活動と言っても社内のですが…。
あまり詳しい内容は書けませんが、日本野鳥の会の方のご指導の下、鳥類の保護区の現状や
今後の事業計画の講習、また森林再生のための植樹などを行いました。
実質2日では何も分かっていないとは思うのですが、少しでも鳥獣類の保護の実態に触れて
貴重な経験が出来ました。
こちらは保護区の実地研修。ガスがかかっています。
この隣で今年度植樹する場所の詳細調査を行いました。
d0182075_4375592.jpg
野鳥の会の方は直ぐに鳥を発見して教えていただきました。
野鳥の生息する場所や普段好む場所を知っているので直ぐにわかるそうです
今回は植樹も行いました。下がこれから植樹するエリア。鹿害を防ぐために金網で囲ってあります。
d0182075_4403072.jpg
風来坊は15本ほど植樹。老体に鞭を打ちました(笑)。ササの根があるので掘るのが大変でした。
植樹後5,6年経過した木。今回植樹した木が上手く育つのを祈ります。
d0182075_4415780.jpg
最終日には詳細調査したエリアで植樹に適した場所を特定しました。
d0182075_442365.jpg
緑で囲まれたエリアが植樹適正地(調査エリアの広さは130m×125m)。
他のエリアは湿地だったりして植樹は出来ませんが、それはそれで良いらしい。
今回初めて日本野鳥の会の活動の一部を知ることが出来ました。
日本野鳥の会と言えば紅白歌合戦の時に紅白の数を数えること(実際には野鳥の会が数えたのは2,3回だけらしい)しか知りませんでしたが(恥)、色々な活動をしています。
また、野鳥の保護にはかなりの自然(森林や湿地、草原など)が必要と知りました。
今回学んだ精神を大事にしたいし、伝えていきたいですね・・・。
森林の再生には永い年月と莫大な費用や人手がかかります。失くすのはあっという間ですが…。
森を大切にしたいですね。
by furaibow581203 | 2015-06-22 10:48 | Comments(4)
6月14日(日)曇り時々小雨のち晴れ
土曜日に東京でプライベートな飲み会があるので、近くの山歩きを計画し始めたのはかなり前。
当初はこの時期花が良い谷川岳に登りたいと思っていたのですが、ロープーウェイがお休み期間ですので
日帰りは不可能。月曜日を休まなければいけません。
そうしようかと思っていた矢先に、17日の水曜日から3日間休むことになったので、さすがに月曜日も休むと言う訳にはいかない・・・。
で、迷った末に決めたのが鎌倉アルプス…。そう言えば鎌倉の街には行ったことが無い。

14日朝、まだ前日のお酒が残っている体で鎌倉へ。
d0182075_3242487.jpg
さすがに6時45分の鎌倉の駅には人が少なかったです(笑)
でも、普段の鎌倉を知らない風来坊はこんなもんだと思ってしまいました(後で間違いに気付く)
今日のコースは下の写真を参考にして下さい。
右側やや下の赤い点線を下に向かって歩きます(一番先まで、天園コース)。
そして左中央部の点線(祇園山コース)。最後が中央上の点線(裏大仏・葛原ヶ岡コース)。
そうすれば鎌倉の町をぐるりと一周出来ます。鎌倉アルプスは天園コースの別名。
鎌倉アルプスだけなら少し物足りませんが、周回すればそこそこ運動になるし、山歩きと言えそう。
d0182075_3244048.jpg
鎌倉アルプスは建長寺からスタートしていくのですが、8時半にしか開きませんので
時間制限がない鶴岡八幡宮で時間を潰します。静かな鶴岡八幡宮。
d0182075_3245514.jpg
ほとんど人がいませんで、中年の夫婦連れが数組だけでした。中年の皆さんは朝が早いようで(笑)
d0182075_325229.jpg
池の蓮の花を見に行ったら葉にお賽銭が…。面白いことをするもんですね。
鶴岡八幡宮でゆっくりするつもりでしたが時間を持て余し、建長寺へ行ってみる…。
でも、案の定門は閉ざされたまま。ここで門が開くまで待ちました。この時間は時折雨がパラついていました。
d0182075_325837.jpg
少し早い8時20分前に開門。拝観料300円を払って中に入ります。
家族連れもいましたが、トレッキングの格好。鎌倉アルプスを歩くのでしょうね…。
d0182075_3251757.jpg
山門を過ぎるとビャクシンの大木。アジサイと一緒に写しました。
d0182075_3252312.jpg
拝観は適当にしてゆっくりと進みます。
道脇の石垣にイワタバコ。少し終わりかけでしたがパチリ。
d0182075_3252994.jpg
奥へ進むと半僧坊への階段が始まります。
登り切った半僧坊の横からが天園コースの始まりです。
d0182075_3253950.jpg
この辺りは階段が続くのですが、雨で滑りやすそうに見えましたので慎重に歩きます。
d0182075_3254925.jpg
登りきったところからの展望。かすんでいて今一つですね。晴れていれば富士山も見えるらしい。
ここから先は山道になります。
d0182075_3255665.jpg
小さいながらもロープ場もありました。
d0182075_326484.jpg
登山路脇ではオカトラノオや
d0182075_326149.jpg
ホタルブクロの花が咲いていて目を楽しませてくれます。
d0182075_3262196.jpg
建長寺を歩き始めて50分。9時9分にこのコース最高点の大平山(159m)。
d0182075_3262833.jpg
山頂からの景色はほとんどなく見えたのはゴルフ場のクラブハウスだけ(笑)。
先に進んだところでコースが見えました。因みに4番ホール。打ち下ろしのミドルでした。
距離は無さそうでしたが、狭いですね。風来坊ならOB確実でしょう(笑)。
d0182075_3263653.jpg
さらに進むと峠の茶屋。残念ながら営業時間外だったよう。アジサイがきれいでした。
d0182075_3264469.jpg
朝が早かったのでトレイルランの夫婦連れに抜かれた以外には2,3人しか会いませんでした。
他にはオオバジャノヒゲの花との出会い。
いわゆるリュウノヒゲの仲間。葉は良く見かけますが花は初めてでした。
d0182075_3265132.jpg
そして歩き始めて1時間20分ほどで下山。
最初はゆっくりと歩き始めましたがだんだんと早くなってしまいました。
下山口はかなり狭い。逆から歩き始めると大丈夫かと心配になる感じですね。
この頃には雨も上がり傘を仕舞って歩きます。
d0182075_3265922.jpg
次の祇園山コースまで住宅地を歩きます。
道路脇はアジサイが見頃。
また、住宅もしゃれた建物が多かったです。さすが鎌倉といった感じでした。
d0182075_327712.jpg
そして祇園山コースへ。登山口近くには東勝寺跡や北条高時が自害した腹切りやぐらがありました。
d0182075_3271667.jpg
このコースは一番短い。コースの終わりに見晴台(祇園山)があり、そこからの眺め。
d0182075_3272412.jpg
ここから3分ほどで八雲神社の下山口。こちらも下山口は狭い。
祇園山コースは所要時間23分でした。
d0182075_3273221.jpg
次は八雲神社近くの妙法寺へ。
ここのお目当てはコケの階段。確かにコケだらけ…。
d0182075_3274094.jpg
上からも写してみました。
d0182075_3274940.jpg
今日はアジサイをメインにしようと思っていましたのでアジサイは必須(笑)。
d0182075_3275683.jpg
妙法寺の次は今日のメインの一つの長谷寺。
ここの近くに来たら人がいっぱい。昼前でしたので人が多くなっていたと思うのですが、すごかった…。
d0182075_328595.jpg
「アジサイの路」は2時間待ち(驚)。早々にメインを諦めました。
d0182075_328129.jpg
折角ですので鉢植えのアジサイをパチリ。
d0182075_3282663.jpg
長谷寺を早々に退散して近くの高徳院の鎌倉大仏へ。これはやっぱり外せません…。
d0182075_3283528.jpg
大仏も早々に済ませて三つ目のコースへ向かいます。
トンネル脇から登ります。12時8分。
d0182075_3284398.jpg
階段を登り始めると下山してくる人とすれ違います。
先ほどの二つとは大違い。普通の人が歩く時間になったのですね(笑)
d0182075_3285244.jpg
大仏コースが終わり、葛原ヶ岡コースに変わると道が断然広い!
びっくりしていたら葛原ヶ岡神社の参道でした(笑)
d0182075_329162.jpg
神社入り口には花が沢山。ここでもアジサイをパチリ。
下は、コース終点の浄智寺の入口のアジサイ。約50分ほどのコースを終了。
d0182075_329915.jpg
本来は明月院のアジサイを見るつもりでしたが、明月院へ行く道路を見ただけで止めました(爆)
そこで、明月院の次に寄る予定だった東慶寺へ寄ってみます。山野草が良いらしいとのこと。
d0182075_3291670.jpg
d0182075_3292528.jpg
d0182075_3293254.jpg
山野草よりアジサイが意外に多くて良かったです。
ここを終わったのが13時すぎ。お昼も食べずに歩いておなかペコペコですが、どこもお店は満員御礼。
北鎌倉駅から羽田へ移動して、羽田でそばをいただきました。
今日は色々なアジサイを見ましたが、気に入ったのはダンスパーティーと名付けられたこのアジサイでした。
d0182075_3301568.jpg
鎌倉方面へ行くJRは15両もあり、それだけ人が乗るのだと思うとすごいですね。
15両って新幹線並みですもんね…。
最終で帰るつもりでチケットを手配していましたが、16時20分のに変更して帰りました。
やっぱり都会は疲れます…。
ほとんど休憩もせず5時間以上歩きました。歩数も3万歩以上。
でも、初めてで多分最後の鎌倉、満喫いたしました!

今日の行程
  建長寺8時19分→大平山9時9分→終点9時41分→祇園山入口10時13分→終点10時36分→
  妙法寺・長谷寺・高徳院→大仏コース入口12時8分→終点12時56分→東慶寺
by furaibow581203 | 2015-06-15 03:31 | 山歩き | Comments(6)
6月7日(日) 曇り
例年なら5月にはキス釣りを始めるのだが、今年は山歩きに押されて今日が釣り始め。
朝起きて、近所の釣具屋で釣り糸を購入して、リールの糸の交換作業。
昨年の糸を変えていませんでした。キス釣りの準備は不十分なまま(笑)
仕掛けは二つ残っているので、今日はこれで何とかしよう。針は蓄えがありました。
6時半が干潮なのと準備が必要でしたのでいつもより遅めに出かけました。6時半過ぎに野北へ。
昨日納車になった原付は竿をどうやって原付で運ぶか決めていませんでしたので、自動車で行きました。
次の釣行からは原付で行こうと思っています。
d0182075_4345850.jpg
ここで今年の投げ始め。
少し波が高い。三投目にようやくアタリが(嬉)。
d0182075_436887.jpg
20cm越えのまずまずの型。
でも、この後余り釣れない。2時間ほどで10匹弱・・・。幸先悪し…。
「キスは足で釣れ」と言われますので場所を変えて大口海岸へ。足で無く車で移動しました(笑)
d0182075_437551.jpg
既に9時過ぎ。
でも、この変更が良かったです。
d0182075_4383774.jpg
6本針に4匹。こうでなくっちゃ(嬉)。
そして、今日一番の22cmサイズ。
d0182075_4394487.jpg
更に5匹の一荷釣り。
d0182075_4402481.jpg
2時間で30匹くらい釣りました。300円分のエサが無くなりましたので納竿。
今日は20cm前後のキスが14匹。この時期は型は良いのですが、数は釣れないので満足ですね。
d0182075_4423292.jpg
キスで一番好きなのは骨せんべい。
d0182075_443424.jpg
ビールとの相性バッチリ。
明日が健康診断なので禁酒日にしようと言っていたが、朝令暮改(笑)
今年初ですので身もいただきます。我が家では冷凍できるフライにしていただくのが多い。
d0182075_4435588.jpg
40匹の釣果。今年は幸先が良い?
過去4年は10回に届いていない釣行ですが、今年は何とか二けたに乗せたいです、大丈夫か…。
今日は糸島の海岸をラブアース運動で綺麗にしていました。感謝いたします。
風来坊も仕掛けが切れない釣りを心掛けたいですね。

例年5月になるとキス釣りの記事へのアクセスが増えます。
今年もそうでしたが、ようやく今年のキス釣りの記事を公開できました。お待たせしました(笑)
参考になれば幸いですが、釣りは昨日良かったからと言って、明日が良いかどうかは分かりませんのであくまでも自己責任でお探しくださいませ。

今日のデータ
  中潮(福岡船溜まり 干潮6時24分、満潮12時27分) 旧暦4月21日  
  大口海岸では、80m前後でアタリが一番多かった。野北もほぼ同じだが近くで釣っている人もいました。
  9時から11時くらいが良く釣れました。
by furaibow581203 | 2015-06-08 07:16 | キス釣り | Comments(10)
6月6日(土) 曇りのち晴れ
この週末はかねてより課題の五島へ行く予定でしたが・・・、ご一緒する山馬鹿さんが急遽海外出張とのこと。
早ければこの週末にも出発とのことで、五島は止む無く中止に。
中止後、出張が来週初めになったとのことで九千部岳のお誘いに変更・・・。
九千部岳は九州百名山に選ばれたことがあるので登るつもりでいました。
しかも五島が天候不良で延期なら九千部岳に行こうと思っていたのです。
渡りに船とはこのことです。即答でOK。

自宅を4時半前に出発して一般道をひた走る。
2時間半で待ち合わせ場所の田代原トレイルセンターへ到着。
久々にご一緒するhirokoさんご夫妻は前日から来られていたようでした。
そよかぜさん、山馬鹿さんが到着されて準備完了。7時38分スタート。
d0182075_19131571.jpg
登山路に入ると自然林が始まる。
歩きやすい道です。山馬鹿さんの案内でゆっくりと登ります。
ヤマツツジはこれからが見頃のよう。
d0182075_19143090.jpg
これはキリシマテンナンショウ。
紫のカバーをめくると白いめしべ?があるのが目印らしいのでめくりました。
d0182075_19155497.jpg
めくるという作業。何となくときめくと言うか、微妙(笑)。久々にめくりました(爆)
結果、白いめしべ?がありましたのでキリシマテンナンショウと認定!
山頂近くになるとロープ場があります。
d0182075_19173473.jpg
岩が濡れているので慎重に登ります。
登山口から1時間半ほどで九千部岳山頂(1062m)
d0182075_19185284.jpg
ここからヤマボウシの白色が拡がるはずだが、真っ白なガス。
d0182075_19195469.jpg
山頂直下の九千部大明神へお参りなどしてガスが晴れるのを待つがダメ。
諦めて下山します。
降りて行く途中にイナモリソウの花がありますと教えていただくが少し時期が早かったようでつぼみ。
でも、クモキリソウは丁度良い時期でした。
d0182075_19232716.jpg
北尾根から登り周回しましたが、登山路脇にはキイチゴが。いただきます!
d0182075_1924818.jpg
前日の雨の影響なのか、何となく水っぽい味でした。
下山路を歩いて登山口へ。
d0182075_1925361.jpg
下山して九千部岳を見上げると見えました。キャンプ場からです。
d0182075_19262749.jpg
今年はヤマボウシの花付きは悪そうでした。
下の写真くらい花が付いていると見ごたえがあると思うのですが・・・。
d0182075_19272148.jpg
この後、汗を流して小浜の「龍」へ。
d0182075_19275589.jpg
小浜チャンポン、美味しかったです。
d0182075_1928201.jpg
街中には「ジャカランダ祭り」の幟があちこちに。ジャカランダの花はこれです。
d0182075_19293999.jpg
遠目には桐の花かと思ったのですが、なかなか良い花でした。
亜熱帯の植物らしいです。世界三大花木の一つらしいですが、他の二つは調べて下さいませ(笑)
落花にあたると幸せになるらしいのですが、後で知りましたので
今度行かれる方は宝くじを持っていくと良いかも。

いつも長崎のお二人にはお世話になります。感謝です。
8時集合にしていたら晴れたかも知れませんが、一般道でしたので早い時間にお願いしました。
勝手を言って失礼しましたがお許し下さいませ。
また、hirokoさんご夫妻とも久し振りにお会い出来て良かった山歩きでした。満足、満足。

福岡に帰ったら、原付の納車。畑とキス釣り用に購入しました。
明日は今年初のキス釣り。準備は心配だが、疲れて21時過ぎにはベッドへzzz・・・。

今日の行程
  登山口7時38分→九千部岳9時4分~23分→登山口10時53分
今日の費用
  ガソリン代 2,350円、有料トンネル 310円、食事代 1,100円、温泉 300円 計 4,060円
by furaibow581203 | 2015-06-07 19:42 | 山歩き | Comments(12)
6月2日(火)曇りのち雨
今日はお昼を挟んで久留米へ。
折角なので久留米で食事をすることに決めた。
選んだお店は西鉄久留米駅から近い牛車。この辺りでは人気のお店のようです。
d0182075_5157100.jpg
お店は2階にありますが、1階の入口にメニューがありますので、ここで注文するものを決めた。
2階に上がります・・・。
d0182075_516386.jpg
開店直後のお店には既に先客が1組。
今日は贅沢にステーキランチB1,300円を頼みました。風来坊のランチ二食分の値段(笑)。
たまには良いでしょう・・・。
まずはサラダ。
d0182075_5183754.jpg
ドレッシングがたっぷり。
野菜が冷えていて美味しい。そして・・・。
d0182075_5192218.jpg
210gのサイコロステーキ。こちらもソースがたっぷりと・・・。
いただきま~す!
d0182075_5202293.jpg
結構、ボリュームがありましたね。
久々に牛肉を食べたような・・・。明日からはワンコインのランチへ(笑)。
by furaibow581203 | 2015-06-05 05:23 | グルメ | Comments(2)
5月31日(日) 曇りのち晴れ
30日早朝のいーさんからのメールでとんとん拍子に決まった平治岳。
風来坊は7,8年ぶり二度目となります。29日に行きそびれていたのでなおさら嬉しい。
九重のミヤマキリシマを盛期に見るのは前に行った平治岳以来かな…。
男池集合が6時20分ですので、4時30分にS・TAROUさん宅を出発。
約束した時間通りに到着しましたが、あいにくの霧雨状態。
天気予報では昼前から晴れるとのことですが、とりあえず出発してみましょうと6時35分出発。
かくし水を過ぎたところの森。良いですねぇ…。
d0182075_4471129.jpg
「ソババッケからは直登コースと大戸越経由と二通りありますが?」といーさんから言われましたが、ガスが晴れるのを期待して時間がかかる大戸越経由にします。
ここからは本格的な登りになりました。ガスの森もなかなか良い。
雨は上がったようですが、木の葉から落ちてくる水滴で少し服が濡れます。でも、汗で濡れる方が多い。
d0182075_4471853.jpg
そして歩き始めて2時間弱で大戸越。さすがに天気が悪いためか人は少ない。
人より虫が多かったです(悲)。
d0182075_4472476.jpg
大戸越近くのミヤマキリシマは茶色になっています。悲しいですね。
d0182075_447323.jpg
それでも登っていくとようやくピンク色が増えてきました。
d0182075_4473924.jpg
そして平治岳南峰付近のミヤマキリシマ。それなりにきれいなのもありますが、茶色の株も目立つ。
虫も結構いますので来年は山頂付近も厳しいかも。
d0182075_4474530.jpg
まだガスっています。本峰西側の南斜面はそれなりにピンクのじゅうたんのよう。
d0182075_4475175.jpg
本峰へ向かってみます。
途中から見えるミヤマキリシマもまずまずですが、こちらにも虫があちこちにいます。
d0182075_4475793.jpg
そして久しぶりの平治岳(1643m)。ここまで3時間近くかけて来ました。
d0182075_448598.jpg
そして南峰から見えた南斜面へ向かいます。
d0182075_4481260.jpg
なかなか良いポイントが見つけられませんがまずまず楽しめました。
d0182075_4481991.jpg
雨露に濡れたミヤマキリシマです。
d0182075_4491848.jpg
ここでしばらくガスが晴れるのを待ちましたが、諦めて北大船山へ向かいます。
いーさんの足の調子が悪いとお聞きしていましたのでてっきり平治岳だけで帰るかと思っていました。
嬉しい誤算。しかも北大船山は未踏です。
大戸越は先ほどより人が増えていましたが、例年ほどの人数ではない模様。
大戸越からの登りではいーさんに花のポイントを教えていただきながらゆっくりと進みます。
d0182075_4492663.jpg
そしてお初の北大船山(1706m)。
ここで昼ご飯をいただきました。
食事中に少し晴れたのですが、構わず食べた結果、本日唯一の展望を見損なってしまいました…。
d0182075_4493328.jpg
ここから大船山へ行きましょうといーさんが出発しましたが、段原辺りまでしかミヤマキリシマがありませんでしたので、こちらもお初の段原まで行き引き返すことにしました。
d0182075_4494131.jpg
下は段原から振り返った北大船山方面。
d0182075_4494818.jpg
いーさんの山友さんに教えていただきヨウラクツツジを鑑賞。
d0182075_449584.jpg
本日三度目の大戸越からはようやく平治岳が見え始めたところでした。
写真では分かりにくいですがピンク色になっているのは上の少しだけ。
d0182075_4502159.jpg
本当に茶色が目立ちます。
そして登山口の男池まで帰ります。
d0182075_450284.jpg
男池に戻ったのは14時51分。8時間超、山を楽しませていただきました。
今日はいーさんに案内していただき、初めてが多かった山歩きを堪能できました。ありがとうございました。
また、S・TAROUさん、いつもお付き合いいただきありがとうございました。
また休みに好きなことをさせてくれる家内に一番感謝しなければいけませんね。

今日で5月も終わり。今年の初めに立てた目標(トリプル6)の中間報告。
山歩き30回(目標60回、達成率50%) 禁酒日33回(同60日、達成率55%) 減量4.5kg(同6kg、達成率75%)
今のところ順調に進んでいますが、体重は変動するので心配です。

今日の行程
  男池6時37分→ソババッケ7時32分→大戸越8時33分→平治岳9時28分~57分→大戸越10時25分
  →北大船山11時23分~43分→段原11時50分~12時13分→大戸越13時→ソババッケ13時47分
  →男池14時51分

今日の費用
   コンビニ弁当398円、高速・ガソリン代2,994円(ほぼ折半)、温泉500円 計3,892円
by furaibow581203 | 2015-06-01 19:33 | 山歩き | Comments(23)