ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月28日(火) 曇り
今日は有給休暇を取って山を楽しむことにした・・・。
休みの日は多くなると思われる井原山をS・TATOUさんと一緒に登る。
それでも、キトク橋駐車場は9時過ぎで満車に近かった・・・。皆さん、暇な人が多いのですね(笑)。
準備している間にも車はどんどん来ました。
準備を済ませて9時21分にスタート。
S・TATOUさんと一緒ですのでロケットスタートかと思いましたが・・・。
花が多いのでS・TATOUさんの足があちこちで止まります。お蔭で助かりました(笑)。
今日のコースはキトク橋を出て、雷山中腹林道を進み、雷山、井原山と縦走して下山する。
歩き始めの舗装路脇ではホウチャクソウが出迎えてくれる。
d0182075_3343049.jpg
そして杉林を登る。花が無い時のS・TATOUさんは速い!
d0182075_3351224.jpg
でも、今日は随所に花がありましたので撮影タイムがあり、何とか付いて行けました。
林道から清賀の滝へと登ります。S・TATOUさんは花を写していますが・・・
d0182075_3363038.jpg
この時点では今日は緑をテーマにと思っていました・・・。
そして清賀の滝。
d0182075_3374125.jpg
ここまで1時間半。スローペース。
でも、ここからしばらくの登りがきついのです。しばらく登って巻道になると楽です。
d0182075_339755.jpg
緑に癒されます。
上宮に着くとお宮の周りはきれいに掃除されていました。
d0182075_340528.jpg
ここではツクバネソウの群落が。
d0182075_3403064.jpg
ここからの急登を登って雷山山頂へ。
山頂手前から少し雨がパラパラと・・・。今朝の予報でもところによって少し雨と言っていましたがその通り。
でも、その後もパラパラで済みました。
山頂南面のミツバツツジはこんな感じでした。
d0182075_3423572.jpg
ここで昼食。おにぎりとミニチキンラーメン。
20分ほどで歩き始めます。縦走路に入るとミツバツツジが点在します。
d0182075_3451118.jpg
そして井原山に行く途中ではミツバツツジが増えてきます。
ここからは緑のテーマを忘れてピンク一色(笑)。
d0182075_3462051.jpg
d0182075_3463030.jpg
花のトンネルは続きます。
d0182075_3465694.jpg
それでも蕾の株も結構あるのです・・・。
d0182075_3473334.jpg
トンネルばかりでは無く・・・。一本でも華やか・・・。
d0182075_3481256.jpg
S・TATOUさんと撮りっこ・・・。
d0182075_3483855.jpg
井原山に近づいてきました。ダルメキ谷への分岐から見た雷山方面。
d0182075_3492697.jpg
そして歩き始めて5時間近くでようやく井原山山頂。東面のミツバツツジの状況です。
d0182075_3503380.jpg
14時過ぎの山頂は静かでした(笑)。
時間も遅いので写真を写したら下山。
井原山周辺のミツバツツジはGWは十分楽しめると思います。是非、登って楽しんで下さいませ。
そう言えば山頂のオキナグサはまだ小さい。今年は花は咲かないのではと思われます。
d0182075_35232100.jpg
今日はミツバツツジを期待していましたが、もう一つ気になっていたのがヒメナベワリ。
少し前に来た時には芽も出ていなかったと思ったのですが、ありました!
d0182075_3535636.jpg
風来坊が知っている場所以外に咲いているところを発見できたのは今日の最大の収穫。
アンの滝近くの八重咲のイチリンソウも辛うじてありました。
d0182075_35524100.jpg
登山路脇にはラショウモンカズラがいっぱい。
d0182075_3555353.jpg
でも、そろそろ終わりのようです。
代わりに増えそうなのが沢にあるヒメレンゲ。
d0182075_3564978.jpg
下山したのは16時半。7時間の長丁場。
今日の道草隊隊長はS・TATOUさんでした・・・。
お蔭でたっぷりと花を楽しめました。ありがとうございました。

今日の行程
   キトク橋9時21分→清賀の滝10時51分→上宮11時44分→雷山12時17分~12時34分
   →井原山14時13分~14時20分→キトク橋16時34分

今日の費用
   ガソリン代500円、おにぎり210円、ミニチキンラーメン46円   計756円
by furaibow581203 | 2015-04-29 03:59 | 山歩き | Comments(10)
4月26日(日) 晴れ
昨日、三条の湯に宿泊し早寝したので何度か目を覚ますが、朝食は5時半。
朝は弁当にして早出したほうが良かったかと後悔したが後の祭り。
外に出ても星は見えない…。晴れるだろうか・・・。心配してもこればかりは天に任せるのみ。
二度寝、三度寝をして時間を潰す。そしてようやく夜が明け始めたので水の用意など準備をする。
(ところで昨日登った御前山は東京都の山、今日登る雲取山も東京都の山なのですが
 三条の湯があるところは山梨県です。風来坊もここに来るまで知りませんでした。)
夜のうちにトイレも済ませたので朝食を食べたら、直ぐに出発する。5時49分、三条の湯を後にする。
今日のコースタイムは7時間。12時23分鴨沢バス停発のバスに乗るつもりですので余裕は無い。
その後の14時前のバスでも飛行機には間に合うのだが、出来れば早く下山したほうが安心です。
d0182075_63623.jpg
食事を終えて、皆さん出発の準備をする中、一足先に登ります。
出発して少し沢筋に下った後に登り始める。
d0182075_634826.jpg
最初の2,30分は汗が出て結構きつく感じる。
山頂までのコースタイムは3時間(約5km)なので出来るだけ時間をかけたくないのですが目印になるものが無く、ペース配分が分からない。
登りは急な坂があるように書いてありますが、思ったよりは急でないのは嬉しい誤算。
d0182075_672725.jpg
目の高さにあるミツバツツジや足元のハシリドコロを眺めながら歩きます。
d0182075_68651.jpg
登山路は巻道になっています。ところどころ橋もかけてあります。
d0182075_684023.jpg
1時間20分ほど歩いてくると周りの木の風景が変わります。
d0182075_692640.jpg
景色が変わりしばらく歩くと三条ダルミの案内板。
d0182075_695350.jpg
ここまで2時間20分のコースタイムだったのだが、1時間半ちょっとで到着。ここからは40分で山頂なのです。
少し、余裕が出来ました。でも、このあたりは結構風が冷たい。少しガスっています。
時間には余裕ができましたが、今日も展望は楽しめないのか・・・。そう思いながら急登を登ります。
d0182075_6124332.jpg
上の方まで来ると少し日が差してきています。出来れば晴れて欲しい!
d0182075_6132463.jpg
登り詰めると山頂近くに出ました。振り返ると・・・。
d0182075_6142362.jpg
富士山が見えました!(嬉) 上のほうだけですが見えれば満足。
ここから山頂までは直ぐ。2時間5分で雲取山山頂(2017m)。
既に結構な数の登山客。
d0182075_6161774.jpg
原三角点(日本に3つしか残っていないそうです)も立派です。
d0182075_6163891.jpg
金曜日に飛行機から見えた富士山でしたが、
d0182075_6171178.jpg
やっぱり山から見える富士山がいい! 先ほどよりわずかながらも少し雲が低くなりました。
d0182075_6173623.jpg
山頂に着いた人も先ずは富士山を見ていました。
d0182075_618843.jpg
反対側から登ってきた人は近くの雲取山荘から来たようです。
昨日の夕方は雷も鳴りましたので、今朝見ようと皆さん来たのでしょう。
富士山を楽しんだ後に下山します。予定より早く着いたので、もしかしたら12時では無く、10時33分のバスに間に合うのではないか?間にバスが無いので12時だと余裕があり過ぎる。
山頂からバス停までは11Km。2時間半で行けるのか? でも、降りてから早めに帰りたい・・・。
そう思って8時5分に下山開始。
この頃には富士山は雲の中へ。山は早出が基本ですね、良い時間に登りました。
d0182075_622436.jpg
岩尾根を下ります。振り返ると山頂付近の避難小屋が目印になります。
d0182075_6221536.jpg
この道は広くて大勢が通れます。急な坂は道は狭いものの複数道があり、すれ違いも楽。
d0182075_622279.jpg
全体的には平坦な道でしたのでスピードアップ。
d0182075_6223997.jpg
下ってくるとミツバツツジが目を楽しませてくれます。ある程度低いところにならないとミツバツツジはありませんでした。
d0182075_6225322.jpg
ブナ坂を過ぎると巻道に変わります。狭くなりますので登ってくる方を待ちます。
途中のポイントで残りの距離を測るが、絶対間に合わないペースではないものの、余裕は全くなくぎりぎりのライン。
d0182075_623225.jpg
時間を気にしながらでしたが、緑がとても気持ちいい。
d0182075_623958.jpg
下に来ると緑が増えてきました。
最後のほうで先を行く人に「バスに乗るつもりですか?」と聞くと「乗るつもりですが、どれくらいで着けるかは分からない」との返事。
この方と一緒では間に合うか心配になりましたので先に行きました。
舗装路に出たのが10時18分。ここから少し舗装路を歩いた後に再び登山路。こちらが近道と書いてあります。
あと15分弱。でも、結構思ったより時間がかかる。登ってくる人も待たねばいけない。
再度、舗装路に出たのが10時29分ごろ。あと少ししか時間がないが、バス停は近そう。
下に降りてバス停を探すとちょうどバスが停まっていました!
バス停までの階段を下りていく途中にドアが閉まりましたが、運転手さんが気付いてくれて乗れました・・・。
下山は10時33分、これだけは覚えました(笑)。
バスで30分走ると奥多摩駅。
駅近くの旅館でお風呂に入って汗と汚れを石鹸を使って洗い流す。ついでにひげも剃ります。
三条の湯で注文した昼食の弁当はここでいただきました。
12時8分の電車に乗り、羽田に着いたのは14時50分。
この時間が長いですね。それだけ奥深い山なのです。
16時20分の飛行機に変更してから、ゆっくりとビールをいただきました。
二日間で35kmほど歩きましたが、最後のダッシュが一番疲れたかも・・・。
バス停までの数分間は田中陽希並みでした。
コースタイム7時間を4時間45分、こちらは陽希並みとまではいきませんが想定外の速さでした。

帰りの機内から見えた南アルプス。
d0182075_6231690.jpg
今年か来年には北岳にチャレンジしたいですね。

今日の工程
  三条の湯5時49分→三条ダルミ7時26分→山頂7時55分~8時5分→ブナ坂8時49分
  →堂所9時32分→舗装路へ10時18分→鴨沢バス停10時33分

二日間の費用
  電車代1,280円、バス代1,480円、コンビニ(水・初日のおにぎりほか)803円
  三条の湯宿泊代(翌日昼食代込)9,000円、酒・ビール代2,100円、入浴代750円  合計15,413円
  他には宅急便代(往復3,000円ほど)、トイレチップ代もかかりましたが、掲載せず。
by furaibow581203 | 2015-04-27 06:25 | 山歩き | Comments(10)
4月25日(土) 曇り
金曜日に東京出張。珍しく宿泊することになったので、山に行こうと早々と計画。
登るのは奥多摩の御前山、そして翌日に百名山の雲取山とした。
ただ天気が悪ければ土曜日に鎌倉アルプスでも歩いて帰るという備え万全の計画(笑)。
週末の天気予報は良さそうなので二日間の山歩きにして、山小屋も予約。
ホテルは朝の出発時間を考えて立川にした。
でも、前日の予報では土曜日はところにより雨と変化。ちょっと気がかりだったが決行。
朝4時47分立川発の電車を乗り継ぎ、奥多摩駅に着いたのは6時。
d0182075_3443780.jpg
さすがにこの時間の電車は人が少なかったと思ったのですが、バスに乗る時には結構いた。
バスがそれほど大きくないのと、荷物が多いので場所を取っているから多く感じたようでした。
感じた通り満車状態。何とかぎりぎりで全員バスに乗り込み、6時5分過ぎに出発。
10分ほどの境橋バス停で降りる。ここで降りたのは風来坊だけ・・・。
d0182075_346333.jpg
橋の上から川を見ると緑がきれいですね。
d0182075_347259.jpg
トンネルの方へ引き返し、右に折れ車道を歩く。
人がいないのはこの車道歩きが嫌がられるのかななどと考えながら歩く。
でも、初めての花をいくつか見れて良かったです。
先ずはセリバヒエンソウ。ちょっとピンボケですが、花の感じが優しい。
調べたら明治時代に中国から輸入された外来種でした。
d0182075_3492349.jpg
そしてクサノオウ。ヤマブキに似た感じの花です。
d0182075_3503081.jpg
他にも知った花などもあり、意外に花を楽しめる車道歩きでした。
しばらく歩いて登山路に入るはずでしたが・・・。
d0182075_3513047.jpg
何と!通行止め。
これが人が少ない原因か?仕方なく車道を歩きます。
登っていくと体験の森センターがある。この辺りは花の木が植樹され、なかなか綺麗でした。
d0182075_3531824.jpg
写真は上から写したもの。
更に進むと車止め。でも、しばらくは舗装された道を歩きます。
そんな中、林の中に白い花。シロバナエンレイソウ。
d0182075_3544260.jpg
エンレイソウも初めてでしたので満足、満足。
すると登山路の標識。風来坊が持参したガイドブックの順路では無いが、1時間ほど車道歩きをしたので登山路を歩きたくなり、こちらへ進む。
d0182075_3563626.jpg
ヒノキ林の中を登り始めます。この辺りからカタクリの葉が増えます。結構、個体数が多い感じ。
中には種になったものもあります。しばらく登ると自然林へ変化。
d0182075_3582314.jpg
お馴染みのヒトリシズカも咲いています。
d0182075_3584896.jpg
再びヒノキ林になりますが、この辺りで増えるのがハシリドコロ。ほとんどこればっかりと言って良いほど。
d0182075_40933.jpg
ハシリドコロも初めてです。蕾は黒いのですね・・・。
d0182075_404549.jpg
そしてしばらく登ったところで最初のカタクリ。
d0182075_412397.jpg
ここから谷筋を登ります。相変わらずハシリドコロが多いのですが、ヤマネコノメソウや
d0182075_422220.jpg
ヨゴレネコノメ。
d0182075_425063.jpg
他にもニリンソウなど結構花が多い道で大満足。
下山した奥多摩湖ダムへの道より、こちらの方が花は多いですね。
そして、谷筋を登り詰めると尾根筋へ。
d0182075_443192.jpg
御前山はもう直ぐ。この辺りから山頂まではカタクリが多いよう。ロープで守られています。
d0182075_453218.jpg
時間が早かったのと日が差していなかったので開いているカタクリがほとんどない・・・。
でも、登山路脇でいくつか写してみました。四姉妹のカタクリ。
d0182075_464936.jpg
ちょっとおすましさんのカタクリ。3つ並んでいます。
d0182075_472274.jpg
カタクリは開いているのが良いのですが…。ようやくありました!
d0182075_475622.jpg
そんなこんなで歩き始めて2時間半ほどで御前山山頂(1405m)。
d0182075_491894.jpg
先客が一人。埼玉から来た方でした。少しお話ししました。
山頂付近からの展望は残念ながらダメ・・・。時間に余裕が出来たので20分ほど休んで下山する。
こちらは山頂付近にぽつんとあったヒゲネワチガイソウ。これも初めて。
d0182075_4121711.jpg
再びカタクリの道を歩きますが、開くにはまだまだ時間がかかりそうですので、そのまま進みます。
途中の惣岳山。ここではご夫婦連れが休憩中。
d0182075_4141672.jpg
広々とした道を下山します。
ユキザサはまだ蕾のものばかり。
d0182075_4151649.jpg
この尾根道、傾斜が緩いところで広々として気持ち良い。
d0182075_4155621.jpg
ギンリョウソウもありました。
d0182075_4161949.jpg
ところどころにカタクリはありますが、登りの道と比べると花の種類や個体数は少ない。
尾根道だからでしょうかねぇ・・・。
急な坂もありますが、そこは狭い。しかも下山するにつれ登ってくる人が増えてきました。
d0182075_418212.jpg
中には40名の団体さんも。
皆さんカタクリの花が咲く時間を考えて登ってきているのでしょうね。
風来坊は一足先に下山しますが、結構待つ時間も増えました。
でもバスの時間には余裕で10時45分に奥多摩湖のダムへ。
御前山、意外に花が多い山で良かったです。期待したイワウチワは無かったのでこれが残念。
d0182075_4201561.jpg
バスは11時15分ですので、余裕です。ここでトイレや早めの昼食を済ませる。
バスに乗り、「お祭り」のバス停で下車。男性5名の団体さんと女性の一人客と風来坊。
皆さんは準備運動などされていますが、朝歩いた風来坊は先に歩きます。11時39分に歩き始める。
脇道に入ると林道になります。でも、道路の状態は悪くない。これなら普通車でも楽々通行できます。
d0182075_4233473.jpg
今日はヤマブキが一番目立っていました。
d0182075_4241445.jpg
バス停から三条の湯までは10kmありますのでひたすら歩きます。
目印が少なくどれだけかかるのかが分かりにくい。奥に行くと渓流釣りの車が多くなる。
確かに川もきれいです。後で聞いたところによるとイワナやヤマメが釣れるらしい。
d0182075_4261910.jpg
道路脇にはワサビ畑もありました。でも、行きづらそうなところです。
d0182075_4271224.jpg
途中から数字を書いた標識がありました。どれくらい続くのかと思っていましたが、
d0182075_4281154.jpg
標識が出始めて、林道の終点まで大体6㎞です。そこから三条の湯までは25分ほど。
ですから、この標識のゼロkmを見たら三条の湯まであと7㎞ほどと思ったら良いでしょうね。
ご参考になれば幸いです。
奥に行くとミツバツツジの花があちこちにあるのですが遠くて写せません。
ようやく写せるものがありました。
d0182075_431789.jpg
林道終点には三条の湯の車が駐車。
ここからは狭いですが、しっかりとした登山路を歩きます。
d0182075_43227.jpg
20分ちょっと歩くと沢沿いにテントを張る人が見え始めます。
するとそこが三条の湯です。テント場の上に立派な建物がありました。
d0182075_4332116.jpg
着いたのは14時過ぎ。
風呂に入り、ビールを飲み、お酒を飲みます。地元の「澤乃井」です。
お風呂は鉱泉を沸かしていますので湯の量は少ない。しかも山の中ですので石鹸・シャンプーは使用不可。
でも、お風呂があるのは良いですね。お蔭でビールもお酒もすすみました(笑)。
夕方になると少し雨がぱらつき、遠くで雷の音。ちょっとびっくりしましたが雨はぱらついただけ。
d0182075_4341058.jpg
少しうとうとして、程なく夕食。17時30分。
d0182075_4344090.jpg
真ん中上の赤い肉は山小屋のご主人が仕留めたシカ肉の燻製。美味シカったです(笑)。
部屋はバス停で一緒に降りた5人組と渓流釣りの一人客の7名。割とゆったりと出来ました。
山小屋はいびきで人に迷惑をかけると嫌だなと思うので出来るだけ泊まらないのですが、今回は風呂に入れてさっぱりとして寝ることが出来たからか、いびきもこの日ばかりはお休みの日だったようで(ホッ)。
5人組は楽しそうに飲まれていましたが、夕食タイムが終わったら気を遣って食堂で飲んでくれました。
良い山小屋の思い出になりました・・・zzz。

今日の工程
  境橋バス停6時17分→登山路へ7時16分→峠8時38分→山頂8時52分~9時10分→惣岳山9時22分
  →ダム終点10時45分
  お祭りバス停11時39分→塩沢分岐12時45分→林道終点13時40分→三条の湯14時5分

 
by furaibow581203 | 2015-04-27 04:40 | 山歩き | Comments(0)
4月18日(土) 晴れのち曇りのち雨
先週は井原山の花を楽しんだので、今週は九州百名山の未踏の山を登ろうと決めていた。
出来れば、土日で登りたかったのだが、週末の予報では日曜日が雨。
で、土曜日に天草と熊本県中部の山を登ろうと一人で出掛けた。
朝1時半過ぎに起床して、3時半に自宅を出発。高速代を節約し三瀬峠を越え、熊本へ。
(三瀬峠は深夜でしたので有料トンネルを利用。深夜の峠越えはさすがに嫌です…)
三瀬峠からが信号に引っかかる可能性が低いと予想してだったが、これが正解でした。
大牟田付近では高速並みの沿岸道路がありスムースに行け、天草の龍ヶ岳町に着いたのは7時10分。
約200㎞を3時間40分でしたので、予定より早かった。
駐車場が見当たらなかったので、消防署の方に聞いて、消防署横のスペースに駐車。
海が直ぐですので見てみるとこんな感じ。
d0182075_7381323.jpg
道路脇に階段があり、海へは簡単に降りれる。
しかも海に階段状の岩があり、まるで海抜ゼロから歩きなさいと言っているよう。
ここはタクさんのマネをしなければ・・・。写真はありませんが、タクさんの儀式をちゃんと踏襲。
7時25分に歩き始めます。まずは住宅の横を登る。直ぐに山の中に入ります。
すると水の音が大きくなる。低い山なのですが、ちゃんと滝もありました。
d0182075_741136.jpg
そしてしばらく登ると老杉。でも杉とは思えない枝ぶりです。
d0182075_741567.jpg
山の神として祀ってありました。感謝の祈りを奉げて再び歩く。
花は無いと思っていたのですが、シュンラン。
d0182075_7432333.jpg
昨年、平尾台で信ちゃんに教えていただき初めてみたのですが、自分で見つけたのはこれが初めて。
嬉しかったですねぇ・・・。
そして少し登ったところではヒメハギ。
d0182075_745811.jpg
20分ほどで林道に出会い、再び登山路。
しばらく登ると「弁慶の足跡」の看板。
d0182075_7461491.jpg
この石を上から見ると確かに足跡に見えるくぼみ(くぼんだ部分が足指)が。ストックと比べると足跡の大きさが分かります。
d0182075_747134.jpg
ここを過ぎた辺りから登山路はジグザグに。明るいところではタツナミソウ。
d0182075_7475010.jpg
このペースだと1時間もかからずに山頂に着くかと思っていましたら、下山する人と出会います。
挨拶してお話しすると下でテント泊して登られたとのこと。この後は太郎丸岳・次郎丸岳に行かれるらしい。
「九州百名山ですか?」とお聞きしたところその通り。昨日、鹿児島の山を登り、今日は天草、夜は熊本市で開催される田中陽希の講演会とスケジュールを組んでいらっしゃった。田中陽希の今年の二百名山へのチャレンジの話など楽しみました。ありがとうございました。
再び歩き始めると直ぐに山頂手前の公園に。ここにはトイレも完備。左に行くと山頂。
階段を歩いて行くと「タヌキのため糞」の看板と大盛りの糞(一番手前の階段の右側にこんもりと・・・)。
d0182075_754037.jpg
何でもタヌキは同じ場所に糞をする習性があるらしい。ここを歩く時はよそ見しないことですね。
そしてしばらく歩くと三角点のある山頂(469m)。山頂のすぐ横には天文台もありました。
d0182075_7551584.jpg
展望台に登り景色を楽しみます。
まずは登山口方面の景色。
d0182075_7554961.jpg
展望台から降りても同じ景色が楽しめます。こちらは御所浦方面。
d0182075_7562851.jpg
景色を楽しんで下山。途中に何かありそうでしたので寄ってみると・・・。
d0182075_7571052.jpg
山王神を祀ってありました。
この辺りの人達にとっては信仰の山だったのですね。
今日の無事を祈って下山開始。40分ほどで下山しました。

次は倉岳。登山路が無さそうな感じでしたので、取りあえず車で行けるところまで行くことにします。
倉岳町方面から登っていくと途中に「アイラトビカズラ」の看板。
寄ってみると全国でも三株しかない珍しいもののようでした。花が丁度咲いているので撮りました。
d0182075_81580.jpg
d0182075_811359.jpg
幹から直接花が咲いているものもあり、珍しい花でした。
再び車で登る。途中に登山路らしきところがあれば登るつもりでしたが、なかなかそんな場所も無く登りついた駐車場から歩く。
ここからは500mと地図に書いてあります。ここから歩きます。
d0182075_83890.jpg
10分で682mの天草諸島最高峰の山頂(笑)
d0182075_844181.jpg
山頂まで道路がありました。
ここからの景色ですが少しかすんで来ました。そして少し曇っても・・・。
d0182075_85335.jpg
下山したら、車で天草入口の大矢野にある「大空食堂」へ。
d0182075_863177.jpg
ちゃんぽんが人気らしい。確かに風来坊がお店にいる間注文があったのはチャンポンのみ。
こちらが730円のチャンポン。キャベツの量が半端ではありませんでした。
d0182075_88769.jpg
小さなえびが7匹。お肉は鶏肉で珍しかったです。しばらくはキャベツを見たくなくなるほどいただきました(笑)。
食事を終えて、甲佐岳に向かいます。1時間ほどで近づくとパラパラと雨。
今日は雨具を準備していませんでしたので諦めて帰ることに。
でも熊本市に近づくと曇り。ならば二ノ岳へと向かいますが、市内が渋滞。これでは遅くなると判断して高速に乗り帰りました。
天気を考えて天草から二ノ岳に行くべきでしたが、仕方ないですね。
でも、天草の山は登れて良かったです。

今日の行程
 龍ヶ岳  登山口7時25分→林道7時47分→山頂8時32分~8時41分→林道9時4分→登山口9時20分
 倉岳   登山口10時24分→山頂10時34分~37分→登山口10時44分

今日の費用
  三瀬有料310円、天草有料200円、高速代2,430円、チャンポン730円、ガソリン代3,260円
  計6,930円
by furaibow581203 | 2015-04-19 08:20 | 山歩き | Comments(14)
4月15日(水) 曇りのち晴れ
今日は久々に小倉で食事。
場所は魚町銀天街にある「晴れときどき魚」。初めてのお店です。
間口が狭く、ちょっと分かりづらいが、良く見れば大丈夫。
d0182075_639594.jpg
最初はシロウオのおどり。
春の福岡の定番ですが、久し振りでした。
d0182075_6395778.jpg
そしてお刺身。
d0182075_6401112.jpg
この後、サラダや天ぷらなどをいただいて、締めは鯛茶漬け。
d0182075_640467.jpg
因みに全部四人前の写真です(笑)。
電車を乗り過ごさないように気を付けて帰りました(ちゃんと・・・)。
by furaibow581203 | 2015-04-16 06:42 | グルメ | Comments(4)
4月12日(日) 晴れのち曇り
今日は投票を済ませて、畑の手入れに出かける。この時期にしては少し早めかな・・・。
と言うのも午後には水無道の花をもう一度見たいと思ったから。
今度の木曜日には昨日ご一緒した信ちゃん達が数名で花を楽しむ約束をしている。
風来坊も行きたいのだが、外せない仕事があり断念。
悔しいので(そんなことで悔しがらなくてもと思うでしょうが・・・)、一足先に開いたニリンソウを見たい!

畑は雑草取りがメイン。普段写真には写さないのですが、雑草がはびこっています。
取っても取っても出てくる雑草。今日も全部出来ずに途中で止めました(笑)。
先週、風で倒れたソラマメ。曲がったところはそのままですが、伸びてくれました。
d0182075_449369.jpg
ニンニクが倒れないようにこちらにもロープを。
d0182075_450887.jpg
ジャガイモは全部芽が出ました(嬉)。
d0182075_450391.jpg
種を蒔いて1ヶ月のダイコン。まだまだ小さい。
d0182075_4512743.jpg
ニラも伸びてきましたが、スギナが根のところに生えているので掘り返して根絶しないと大変です。
今度、植え替えをしなければいけませんねぇ…。
d0182075_4521023.jpg
と言うことでまだまだやることがたくさんありますが、先送り・・・。

で、糸島峠経由で水無へ。
途中にあった内野のチューリップ園。丁度見頃でしたので車を停めてパチリ。
d0182075_4534632.jpg
14時過ぎに水無駐車場。
今日は畑から持ってきた長靴で歩く。
ですから沢に入ってこんな写真も撮ったりします。
d0182075_454589.jpg
登山口から歩いて程無いところにあるトウゴクサバノオ。咲いていました!
d0182075_456054.jpg
昨日上手く撮れなかったジロボウ。
d0182075_4562271.jpg
そしてイチリンソウ。
d0182075_4565165.jpg
何と!トンボもいました!
d0182075_4571729.jpg
風来坊の畑の横の田んぼからカエルの鳴き声が聞こえていましたが、トンボもいるとはびっくりです。
そしてお目当てのニリンソウ。群生地に向かうと・・・。
d0182075_4583155.jpg
d0182075_4593330.jpg
d0182075_4594319.jpg
d0182075_4595623.jpg
d0182075_50587.jpg
大満足!来て良かった・・・。
ゆっくりと堪能します。
今度はアップで写してみます。
d0182075_52578.jpg
d0182075_521564.jpg
d0182075_522459.jpg
まだまだ見頃が続きそう。
しばらくは大勢の人が来ることでしょうね。
S・TATOUさん、信ちゃんさん一足先に楽しみました!
これで今週は違う山へ出かけることに決めました。
by furaibow581203 | 2015-04-13 05:06 | 野菜作り | Comments(10)
4月11日(土) 曇り
肉まんさんの送別会の時に井原山の話になった・・・。
二週前に行った時から花も増えていることだろうと言うことで、信ちゃんさんご夫妻とS・TATOUさんの4人で井原山へ行くことになった。
土日の天気の良い方を選択するとの約束だったので、予報の良い土曜日に決定して集合。
朝5時の予報でも晴れと言っていたのですが、8時過ぎにキトク橋に集まった時にはガスっていた。
駐車場が満車だったので、ダルメキ谷コースの林道と交差するところに1台デポして洗谷登山口に駐車して出発することにした。
ガスもそのうちに晴れると思っていました・・・。
登山口の沢にはワサビの花が咲いていましたので、先ずはパチリ。
d0182075_695173.jpg
洗谷コースはその名の通り沢沿いのコースですが、前日の雨で水量が多かった。
d0182075_6104757.jpg
渡渉の際には気を付けて進みます。
途中でS・TATOUさんがどなたかとお話ししている・・・。
しばらく待っていると一緒に追いついてきたのが、ポンちゃんさんご夫妻。
以前二度ほどお会いしたことがあります(奥様は初めて)が、お久し振りです。
こちらは道草隊になっていますので、お先に進んでいただくことにしました。
で、安心してお花を探すことに。ハルトラノオです。
d0182075_6135542.jpg
第一のロープ場で追いつきましたので後姿をパチリ。
d0182075_6151323.jpg
ポンちゃんさんご夫妻には山頂でお会いしましたが、ポンちゃんは器用な方でこんなテーブルを自作。
d0182075_616613.jpg
凄いですね・・・。
第一のロープ場にはトウゴクサバノオの花がありましたが、残念ながら開いているものがほとんどなく写しませんでした(きれいに写せませんでしたが本当です)。
この後、登っていくとホソバナコバイモが少し。ショウジョウバカマは峠近くで少しありました。
峠に着いてもガス。そして山頂でも一瞬晴れるかと期待した時もありましたが、ガス。
水無に下って晴れるのを期待しましたが・・・。
でも、花は期待していなかったものも見れました。先ずは縦走路のニシキゴロモ。
d0182075_6234217.jpg
そして水無のツクバネソウ。
d0182075_6242087.jpg
水無ではコヨーテさんにお会いしました。皆さん今日の予報に期待して来られたようです。
シロバナネコノメソウはあちこちに。
d0182075_6244244.jpg
花だけでなく緑も良い。
d0182075_625182.jpg
ニリンソウは開いているものがほとんどなかったのですが、群落地の様子はなかなかの花付き。
期待出来そうです。
d0182075_6255782.jpg
d0182075_6261565.jpg
ねっ・・・。良い感じでしょう?
開いている時を見たいですが、信ちゃんさんご夫妻とS・TATOUさんは木曜日に再度チャレンジで話がまとまりました。
群落地を過ぎたところで、higetiasさんご夫妻とSさんに遭遇。信ちゃんさんは何度かご一緒されていますが風来坊は初めて。よろしくお願いします。
少しお話ししている前後にかずさんから電話があったのですが、圏外になったりしてなかなか通じず失礼しました。かずさんも井原に来られたようなのです・・・。
話を終えて再び道草隊へ。イワボタンは水と一緒が似合う。
d0182075_632344.jpg
そしてイチリンソウ。少し開いたのがありました。
d0182075_6325147.jpg
と言うのも少し晴れ間が出たからなのです・・・。
d0182075_6332177.jpg
でも、長続きせず・・・。
ヒトリシズカ。今日はあちこちで見れました。
d0182075_634171.jpg
水無からダルメキ谷へ行く途中で桜の花が見れました。
でも散り始めているようで・・・。
d0182075_6351467.jpg
最後はアンの滝のニリンソウ。
d0182075_635396.jpg
デポした車で洗谷登山口へ向かいここでお別れ。
最初は糸島のJAへ行くつもりでしたが、時間の関係で家に帰ることに変更。
井原の交差点を右折して走ると先を行くジムニー。佐賀ナンバーです。
停めるとかずさんでした(笑)。すこしお話ししてお別れ。山の恰好をしたかずさんは久し振り。
今日予報に反してガスったのはもしかしてかずさんのせい・・・!?(笑)
今日は、ポンちゃんさんご夫妻、コヨーテさん、higetiasさんご夫妻、Sさん
かずさんと花同様沢山の方と会えました。
花の井原山は人も沢山招くようですね・・・。
by furaibow581203 | 2015-04-12 06:48 | 山歩き | Comments(10)
4月4日(土) 曇りのち雨
週末の予報が悪い。朝から山の方面はガスがかかっている。
畑ももしかしたら雨になっているかも知れないが、様子が気になるので出かけた・・・。

畑に着くと荒れていた・・・。前日の風(と思われる)でソラマメが倒れていた・・・。
今週の陽気で一気に伸びたところでの強風でひとたまりも無かったのだろう。
先ずはこちらを起こすことにします。周りに棒を立て、ロープを回します。
d0182075_450573.jpg
何とか立つようにしました。
でも、先週くらいから花が咲き始めました。
d0182075_4515795.jpg
今年は摘果して大きなソラマメを作りたいですね。
そしてサヤエンドウも花が咲き始めました。
d0182075_4525383.jpg
雨に濡れて綺麗です。
これからどんどん成長してくれることでしょう。
二月終わりに植えたジャガイモ。五週間かかってようやく芽が出ました(嬉)。
d0182075_454783.jpg
ジャガイモの種を切って植えたのは初めてでしたので大丈夫かと思っていただけに一安心。
少し雑草を取り、サニーレタスやホウレンソウを収穫して今日の作業は終わり。
d0182075_4555130.jpg
夜は肉まんさんの送別会。
少し昼寝をして体力回復・・・。

でも、飲み過ぎました・・・。
by furaibow581203 | 2015-04-06 04:57 | 野菜作り | Comments(4)