ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1月30日(金) 雨のち曇り
早いもので明日で1月も終わり・・・。
そんな月末、寒波が日本列島へ。東京でも最大3㎝の積雪があった。
東京出張の仕事を終え、福岡へ帰る前に、昔から行ってみたかった「岸田屋」へ。
月島にあります。月島はもんじゃ焼きや焼肉のお店が多い。
d0182075_1626573.jpg
そんな中で開店前から行列が出来るお店が「岸田屋」。
このお店は30年ほど前に「美味しんぼ」で知った・・・。
日本人の留学コンテストの審査員で来日したフランス人のコックが牛肉の本当の美味さは内臓を食べなければ分からないと言うようなストーリーで、ここの牛の煮込みを気に入ったという話が紹介されていた(多分、かなり省略しています)。
その時以来、一度は行ってみたいと思っていた店ですが、なかなか行けずにいました。
今日は早めに仕事も終わり、飛行機に乗る前に寄りました。
今日は天気も悪く、しかも寒い。お蔭?でいつもより並んでいる人が少ないようです。
(並んでいる人の会話より)
商店街の中にあるのですが、入口はこんな感じ。
d0182075_16311674.jpg
店内に入ると、コの字型のテーブルとサイドのテーブル。20名ほどで満員。
看板も年季が入っています・・・。
d0182075_16325128.jpg
メニューも同じく年季が・・・。
d0182075_16332057.jpg
風来坊は8番目に入店。日本酒二合と煮込み、ぬた、肉豆腐ハーフ、ポテトサラダを注文。
日本酒が先に届き、ゆっくりと啜りながらつまみを待ちます。入店した順番にちゃんと料理が出て来ます。
風来坊に最初に来たのは肉豆腐ハーフ。
d0182075_16383691.jpg
醤油の色が濃いだけでなく、味も少し濃かったかな・・・。
関東の人にはこれくらいが良いのでしょうか・・・。
そして念願の煮込み。ネギは注文の際に必要か不要か聞かれます。風来坊は当然、ネギ付き。
d0182075_172768.jpg
一切れ一切れが大きいのだが柔らかく、全く気にならない。
美味しくいただきます。もつの処理が丁寧になされていますね。
絶品です・・・。客の全員がこれを注文していますが、分かります。

この後に来た「ぬた」。酢味噌で舌をリフレッシュ出来ます。
ぬたをメニューに出しているお店は少ないですが、つまみとしては良いです。
d0182075_174150.jpg
最後にはポテトサラダ。
d0182075_1742312.jpg
これもなかなかいける・・・。
全部で2,620円。煮込みとぬたで1,000円くらいでしょうか・・・、ポテトサラダが300円、肉豆腐ハーフが400円くらいか・・・。
お酒は820円だったかな?。でも、3,000円以内は安い!
人気なのが分かりました。もう一度くらい、ゆっくりと楽しみたいですね。
by furaibow581203 | 2015-01-31 17:15 | グルメ | Comments(2)
1月24日(土) 曇り時々晴れ
本来なら25日(日)に登るつもりだったが、土曜日に登ることに変更。
九州百名山(146峰)の未踏の檜原山・鹿嵐山・大岩扇山、出来れば渡神山も登るつもりで出発!
朝早く準備が終わったので、下道で行くことにした。費用節約である(笑)。
5時20分自宅を出発して、最初の檜原山登山口へ着いたのが、7時50分前。
思っていたより20分ほどかかった・・・。
その前に道案内を。日田から中津へ向け国道212号を走る。旧耶馬渓町の中心部を過ぎると「九州百名山 檜原山 8km」の看板がある。ここを左折して県道2号を走る。2㎞ほどで下の写真の案内版。
d0182075_417950.jpg
右折してしばらく走り、途中2回右折(案内板があります)して走るとようやく駐車場へ着く。
下の写真は麓から見えた檜原山。
d0182075_4201640.jpg
駐車場はいくつかあり、一番奥に停めるのが良いが、風来坊は第三駐車場へ停めてしまった。
でも、大した差はありません。トイレも隣にあり便利です。準備をして7時50分出発。
d0182075_4214768.jpg
2分で正平寺本堂。
d0182075_4221255.jpg
今日の無事を祈願する。
本堂の左に登山路があります。
d0182075_4225687.jpg
3分ほどで分岐。登りは左から。
d0182075_423273.jpg
巻道を歩き、登りでは押別岩や針の耳などの狭いところをすり抜ける。
d0182075_4251141.jpg
d0182075_4251936.jpg
登り始めて25分ほどで合流し、直ぐ先に上宮。
d0182075_427762.jpg
この奥が檜原山山頂(735m)です。
d0182075_4274372.jpg
山頂は展望は無い。
山頂の奥に岩座と言う場所があり、そこからは英彦山などが見えるらしいが気付かなかった。
次もあるので下山。途中には護摩焚き岩などあり、修験の山であったことが偲ばれる。
d0182075_4314022.jpg
登る時はそんなに登った記憶が無いが、下りは意外に下るものだと思いながら歩きます。8時30分下山。
折角なので、駐車場から750m先にある「千本かつら」を見に行く。10分ほどで着いた。
d0182075_4331350.jpg
杉林の中で存在感がある。葉が茂った時がもっと良さそうです。
駐車場へ引き返して、次の鹿嵐山へ向かう(8時55分)。

国道500号から行くつもりだったが、分岐が良く分からず県道27号から廻りこむ。地図で見るとそんなに距離に差は無さそうだった。県道27号は道も広く走りやすかった。
1時間ちょっとで鹿嵐山第二登山口駐車場へ到着。
d0182075_4414728.jpg
お腹が空いたので小さなパンを2個、スープと一緒にいただく。10時10分駐車場を出発。
最初は林道らしい広い道。途中から登山路らしくなり、15分ほどで地蔵峠へ。
ここからのやせ尾根が「万里の長城」なのか看板がある。
d0182075_4442053.jpg
万里の長城は周囲の岩のことかも知れません。それほど危ない場所はありません。
でも、ここを過ぎ山頂までの登りがきつかった・・・。
d0182075_4471055.jpg
登山路周辺の木々が伐採されていて眺めは良いのだが、それを楽しむより、足場を確保して登るので精一杯。
途中、下山してくる若者たちとすれ違ったが、皆さん、先がもっと傾斜がありますと言って下って行った。
最後の登りは確かにきついが、木があるので掴みながら登る。
そして、登山口から1時間で鹿嵐山山頂(758m)。
d0182075_4502328.jpg
宇佐方面の眺望が良い。少し景色を楽しみ、雌岳へと向かう。でも、下りも結構な傾斜。慎重に下ります。
7分ほどで下り終えるが長く感じた。
d0182075_4532462.jpg
ここから登ると雌岳なのだが、滑りやすいので用心して、中央登山口を下ることにした。最初の予定では雌岳を往復してから下るつもりだったが、足場を考えると短縮も仕方あるまい。
と思ったが、ここからの下りも結構きつい。ロープ場もあるし、道も分かりにくいところがある。
d0182075_456480.jpg
この山は道が乾燥した時に来るべきですね。そして山頂から30分ほどで中央登山口へ。
この道も時間以上に長く感じた・・・。
d0182075_4575567.jpg
ここから6分で第二駐車場。次の大岩扇山へ向かいます(11時50分)。

玖珠町を目指して走ります。信号もほとんど無く、快調に走る。でも、登山口がなかなか分からなかった。
で、簡単に案内します。宇佐方面から玖珠町へ向かって行くと、大岩扇山が見えてきます。
d0182075_505719.jpg
そこから少し走ると森町。荒木医院の直ぐ先の信号を左折。
(下の写真は帰りに撮りましたので玖珠方面からの写真です)
d0182075_523237.jpg
橋を渡ると神社が見えます。
d0182075_525821.jpg
この突き当りを左へ。少し走ると下の看板。ここを右へ。
d0182075_534183.jpg
少し登ると「影の木部落」の小さな看板。
d0182075_54775.jpg
ここを鋭角に左折。あとはそのまま登ります。
すると山頂まで1.43kmの案内板手前に駐車スペース。ここに停めました。
d0182075_572149.jpg
風来坊は迷いながら辿り着きましたので、鹿嵐山から1時間10分ほどかかってしまいました。
しかも、この案内板を最初は通り過ぎて先まで行きました。
d0182075_510261.jpg
ここは私有地のようですが、案内板があるので歩きます。
(風来坊は最初、ここまで車で入ってしまって引き返しました。失礼しました!)
d0182075_5125342.jpg
民家を抜けて少しすると八丁坂の標示。
d0182075_5134613.jpg
石畳の道があります。
d0182075_514959.jpg
600m程進むと林道を横切り、今度は草原の道になります。
d0182075_515271.jpg
登り始めて23分で山頂(691m)。
d0182075_5153820.jpg
下から見るとこんな感じの山頂には見えないのですが、万年山と同じような山頂です。
同じ道を引き返します。東には日出生台の演習場があります。
d0182075_517085.jpg
今日は演習をしていませんでしたが、していたら結構大きな音がするのでしょうね。
13時46分下山。大岩扇山は駐車スペースがほとんどないので、写真で紹介した下の神社に停めて歩くのが本当は良さそうですが、ほとんど舗装路歩きになってしまうので判断に迷うところですね。

ここから渡神山までは1時間以上かかりそう。30分ほどで往復できそうなところから登るつもりだったが、この時間では止めておいた方が良いと判断して帰ることにした。
帰りも下道。日田で寶屋のちゃんぽんをいただく。
d0182075_5193172.jpg
15時前に寶屋を出て、福岡へ。太宰府からは都市高速で帰りました。16時45分に帰宅。
未踏の三山を登れて満足の一日でした。

今日の行程は省略(笑)。

費用  ガソリン代 4,000円(320km) 都市高速 580円、ちゃんぽん 780円、パン 102円
     合計 5,462円。 高速代 3,000円ほど節約しました。大きいですね。
by furaibow581203 | 2015-01-26 05:31 | 山歩き | Comments(12)
1月23日(金) 曇りのち晴れ
今日は熊本へ日帰り出張。と言うことでお昼は熊本でいただく。
会社に近くにお気に入りのお店があるのだが、新規開拓で選んだのが「勝烈亭」
なかなか激しそうな名前ではあるが、人気もなかなからしい・・・。
d0182075_3545366.jpg
11時30分から開店らしいが、30分前には既にお客さんが入って行く。なので風来坊も入店。
店員の方は気持ち良くお迎えしてくれ、席へ案内していただく。
メニューを見て、今日(金)はサービスランチが「ひれかつ」なのでそちらを注文。曜日によって肉が違う。
注文したランチが来るまでにどんどんお客さんが入ってくる。広い店内だが結構満席になって行く。
そんな頃、ランチが出来てきた。
d0182075_3574836.jpg
「ひれかつ定食(大)」(1,274円)。メニューを良く見ていなかったが大と小?があったのか?
ひれかつ4枚。結構なボリュームです!
d0182075_403383.jpg
食べ始めると周りの方にも注文した品が出来てきた。油の温度が上がったのでしょうね。
定食のご飯・味噌汁・キャベツはお代わり自由。漬物も食べたいだけ取って良いらしい。
肉以外は全てお代わりが出来ると言うサービス振り。肝っ玉が据わっています(驚)。
若者には良いでしょうね・・・と思いつつご飯を食べていたらご飯が無くなった・・・
するとすかさず店員が「お代わりは?」。タイミングの良さについお代わりしてしまった・・・。
味噌汁が赤だしなのだが、お代わり無しで豚汁にしてくれると風来坊的には最高です。
でも、肉もご飯も美味しかった。
支払いのカウンターにある名刺をいただくと昭和50年創業とあったが、風来坊が熊本に居た時には気付かなかった・・・。
人気(食べログ全国でも上位)なのが分かるお店でした。
by furaibow581203 | 2015-01-24 23:49 | グルメ | Comments(2)
1月18日(日) 晴れ
先週、三郡縦走路でサプライズの出会いをした肉まんさんと小岱山を登ることに。
有難いことに自宅まで迎えに来ていただけるとのこと。「帰りは井尻までで良いですよ」と甘えて熊本へ。
この日は前夜が晴れだったので放射冷却で冷え込んでいる。
玉名の辺りは、肉まんさんの車の温度計で「外はマイナス4度です」と。冷え込んでいますね…。
7時30分前に蛇ヶ谷公園へ到着。寒いものの風は無く、体感的にはそれほど寒さを感じない。
絶好の山日和です(嬉)。
d0182075_4421980.jpg
7時33分出発!
既に散歩を終えた方などとすれ違う。この辺りの人の良いウォーキングコースにもなっているよう。
少し登ったとことの展望所からは朝日を浴びた雲仙が綺麗に見えました。
d0182075_4464572.jpg
今日の冷え込みなら霧氷が見れたのでしょうかねぇ・・・、ちょっと気になります。
それはさておき、登山路を歩きます。ここは道幅が広く歩きやすい。しかも自然林が続く。
d0182075_447952.jpg
結構、アップダウンもあり長い階段もありました。
d0182075_4474681.jpg
今日もダブルストックで快調に登ります(笑)。
そして、登り始めて1時間半ほどで観音岳(473m)。
d0182075_449870.jpg
反対方向から歩いてくる方もいらっしゃいます。
この山はあちこちから登山路がありますので、どこからでも登って来れるという感じでした。
ここから先に進むと岩場もあります。
d0182075_451922.jpg
そして登り始めて2時間弱で小岱山最高峰の筒ヶ岳(501m)
d0182075_452325.jpg
ここから眺める雲仙はまた少し雰囲気がが違います。
d0182075_4523569.jpg
先ほどの観音岳で少し休みましょうと言うことで引き返します。
d0182075_4531285.jpg
結構急な登りもあるのです。
観音岳に引き返したら、先ほどは無かったたき火が。お坊さんが火を熾しギンナンを焼いていました。
d0182075_4544639.jpg
「どうぞ」と言われてギンナンをいただきましたが、ほっこりと焼けていて美味しかったです。
ここで少し休んで再び歩きます。
途中の丸山からは阿蘇が見えました。噴煙を上げていますので間違いないかと。
d0182075_4554679.jpg
笹千里を過ぎて更に快調に下ります。
この辺りの竹はところどころで密集して成長していて珍しかったです・・・。
d0182075_4583063.jpg
そして11時25分下山。12.6kmを4時間弱。なかなか良いペースでした。
小岱山、低山ながらなかなか良い山。しかも歩き甲斐がある。
帰りは多くの登山客とすれ違いました。親しまれている山ですね。

途中で肉まんさんが悪魔のささやき、「玉名ラーメン、二店舗調べたので二つとも行きませんか?」
快調に歩いていた私は二つ返事で了解しました。そこで先ずは「桃苑」へ。
この場所がなかなか分からず、着いた時には行列が・・・。でも少し待ったら少なくなってきました。
d0182075_515979.jpg
並ラーメン、600円を注文。
d0182075_522835.jpg
とんこつスープがしっかりとして、麺も風来坊の好み。大満足。
次は「千龍」。直ぐ近くです。
d0182075_532765.jpg
こちらも行列。
中に入ると直ぐにラーメンが。ランチタイムは小ご飯がついて580円。
d0182075_542425.jpg
こちらのスープはやや薄めで塩が効いている感じ。麺も細い。
ラーメンだけなら何とか二麺大丈夫と思いましたが、ご飯がお腹に堪えました…。
風来坊的には「桃苑」が好みですね。次にこの辺りに来たら「桃苑」で大盛りかな(笑)。
そして玉名温泉(200円)。
d0182075_561482.jpg
ゆっくりと浸かって足の疲れ
を取りました。
帰りも肉まんさんの運転で。太宰府ICは15時前。井尻駅で下していただき電車で帰宅。
楽チンでしたね。肉まんさん、ありがとうございました!

今日の行程
蛇ヶ谷公園7時33分→観音岳9時7分→筒ヶ岳9時30分→観音岳9時57分(5分休憩)→蛇ヶ谷公園11時25分

費用   交通費(割り勘) 1,700円 ラーメン二杯 1,180円、温泉 200円 電車 510円  計3,590円
by furaibow581203 | 2015-01-19 05:12 | 山歩き | Comments(4)
1月11日(日) 曇り
S・TATOUさんと11日の三郡縦走しましょうと約束した後に、9日~10日の山歩きを決めてしまった・・・。
三日目が一番距離の長い三郡ではしんどいか・・・、でも、先に言い出したのは自分だし・・・。
そう思ったのだが、これから先、遠征することもあるかと思うと三日連続の山歩きは経験しておくのも良いことと考え直して今日の日を迎えた。幸い、昨日が割と早くに歩き終えたので疲れはそれほどではない。
ただ、用心して昨年ホークス優勝セールで一割引きで購入したストックを初めて使い、ダブルストックで足の負担を軽減しようと試みることに。
7時27分博多駅発の電車で篠栗駅へ。
d0182075_61482.jpg
トイレを済まして、7時50分出発。
S・TATOUさんとは昨年も年間山行の半分はご一緒させていただきました。
今年もよろしくお願いしますなどとお話ししながら歩きます。
風来坊の疲労を考えて、スローペースで歩き始めていただいたようでした。
ダブルストックの効果は割と早い時期に感じた。最初が舗装路なのでしっかりと地面を掴んでくれるので推進力が無駄なく伝わっている。なかなか良い感じ。
駅近くの住宅地も前に歩いた時より街並みが変わっていたが、そこを過ぎるとそんなに変化はない。何となく安心して歩ける。途中から階段状の登山路を登り、9時3分楽園キャンプ場。
d0182075_685984.jpg
数張のテントがありキャンプを楽しんでいる人がいる。虫がいなくて気持ち良いかも知れない。
ここを過ぎると舗装路の登山路をひたすら登る。
一旦、駐車場で一息入れて再び登ります。
d0182075_612181.jpg
9時40分若杉山(681m)山頂へ。歩き始めて1時間50分。まずまずでしょうか。
疲れはほとんどない。これなら縦走出来そう。
d0182075_61411100.jpg
そう思って最初のピークを迎えた。
ここからショーケ越に下るが、少し下った若杉ヶ鼻からの景色。
d0182075_6183243.jpg
残念ながら展望は良くない。まだまだ先は長いので写真を撮ったら先へ進む。
ショーケ越を10時25分に過ぎ、ここから鬼岩谷山までの長い登りが辛い。
d0182075_6203550.jpg
この登山路がぬかるんでいて歩きにくかったのだが、ここでもストックの威力を痛感。
S・TATOUさんに付いて行くのが楽と思ったのは、久し振り(笑)。
本当はS・TATOUさんが風来坊の疲れを考えていただいたからだと思うのですが・・・。
で、11時3分鬼岩谷山(774m)に到着。
d0182075_6242314.jpg
ここまで来るとあとは大きな登りは無い。一安心です。
S・TATOUさんの足取りも軽くなっていました・・・。
d0182075_2014131.jpg
でも、下りがありますのでその次に待っているのは登り(悲)
d0182075_20144388.jpg
11時26分に砥石山を過ぎ、11時43分前砥石山。
そろそろ昼食をと思うがなかなか強い風をしのげそうな場所が無い。
12時30分頃に登山路の脇で昼食。さすがにお腹が空きました。
昼食の準備をしていると、何と肉まんさん!
S・TATOUさんのブログを見て、予想して来られたとのこと。嬉しいですね。
前回も同じように途中で出合いました。
二度あることは三度あるかも・・・と肉まんさんにプレッシャーを掛けます(笑)
食事が終わったら、肉まんさんとお別れ。元気をもらって歩きます。肉まんさん、また会いましょう!
d0182075_20201569.jpg
12時55分出発。三郡山へ向かいます。
d0182075_20205256.jpg
縦走路の雪はほとんど残っていませんでした。
そして13時23分三郡山(936m)山頂
d0182075_20222221.jpg
前に来た時には無かったレーダーが。
また、三郡山山頂裏から抜ける道が通行止めになっていました。何でも新聞への投書で通行止めになったらしい。でも、登山は自己責任ですので投書はいかがなものかと個人的には思うのですがねぇ・・・。
それはともかく、先を急ぎます。思ったより時間がかかっています。
d0182075_202679.jpg
ブナ林を過ぎて、14時33分宝満山(829m)
d0182075_20273778.jpg
さすがに人が多い。ここで参拝して下山します。
この正面道は石段が多いので通りたくないのですが、縦走の時だけは仕方ないです。
d0182075_2029870.jpg
今日のS・TATOUさん、最初の入りが遅かったせいか、なかなかペースが上がらないまま下りました。
竈神社に着いたのが16時2分。
d0182075_20303235.jpg
太宰府天満宮で参拝を済ませて、西鉄電車に乗ったのが16時56分。
d0182075_20312422.jpg
9時間ほどの山歩きとなりました。
三郡からの縦走路付近から古傷のある左膝がやや痛くなりましたが、大したことなく歩け通せました。
S・TATOUさん、ありがとうございました! また、肉まんさんサプライズ感謝します!
初登りからの三連チャン、大いに楽しむことが出来ました。

今日の行程
篠栗駅7時50分→楽園9時3分→若杉山9時40分→ショーケ越10時25分→鬼岩谷山→11時3分
→砥石山11時26分→前砥石山11時43分→昼食(12時30分~12時55分)→三郡山13時23分
→仏頂山14時13分→宝満山14時33分→竈神社16時2分→西鉄太宰府駅16時55分

費用   地下鉄ほか 1,240円 昼食 260円 計1,500円  丸一日遊んで1,500円は安い!
by furaibow581203 | 2015-01-13 06:26 | 山歩き | Comments(8)
1月10日(土) 晴れ時々曇り
昨夜寒さを感じながら床に就いたのだで心配していたが、杞憂に終わって良かった・・・。
朝4時半頃目覚めると、体調は良い。7時間の睡眠が良かったかも知れない。
疲れは多少残るものの、今日は午前中で登り終える予定です。
駅のコンビニで朝食を買い、準備を進める。昨日のこともあり、朝食は滑り落ちないものにしました(笑)。
6時58分別府発の電車で西屋敷へ行きます。
d0182075_11453818.jpg
この時期の7時前はまだ暗い。
40分ほどで西屋敷駅。すっかり明るくなりました。駅を出て線路をくぐって右に折れ真っ直ぐ歩きます。
d0182075_1148082.jpg
多分、あれが津波戸山でしょうか・・・。なかなか手ごわそう。低山と侮れません。
駅から20分ほどで駐車場。勿論、夜明け直ぐのこの時間、来ている人は居ない。
d0182075_11504824.jpg
更に進んでいくと登山口。ここまで約30分。
d0182075_11533183.jpg
最初は広めの道だが、直ぐに狭くなる。そして猪に荒らされた道に。
20分強歩くと二番札所。一番札所は気付かず通り過ぎたようだ・・・。
d0182075_11553921.jpg
この裏から西岩尾根に取り付く。いよいよクサリ場が続く難所です。
d0182075_11574584.jpg
岩尾根伝いに登って行くと無明橋。ここを渡って先に進むと思っていました。
d0182075_11582617.jpg
渡って気付いたのが、引き返さねばならないと言うこと。ですから怖い方は渡らなくても先に進めます。
このコースはクサリが無ければ岩尾根を登ると思って良さそうです。そして、ヨコバイへ。
d0182075_1212893.jpg
横に進んだら下るのですが、最後の足場が見えないのがちょっと嫌ですが、背の高い人なら一気に降りれますので安心を。
下から見るとこんな感じ。一番下の方の二つの足場が上からは見えないのです。
d0182075_123721.jpg
一旦、大きく下り再び登ると先ほど下った岩場が見えます。
d0182075_1235044.jpg
再び下って、針の耳。ここは滑りやすいとどなたかのブログで見ていたので慎重に下ります。
d0182075_1252278.jpg
ここはクサリを掴む前の土の部分が滑りやすそう。クサリをしっかり掴めば大丈夫です。
「針の耳」とあるので狭いかと心配しましたが、風来坊でも楽々と通れるところでした(ホッ)。
ここを下るとまたまた登り。山頂方面が近くなっているのが分かります。
d0182075_1265161.jpg
更に登ると三十七番札所。
d0182075_1273164.jpg
右の方に踏み跡があるのでそちらへ下りましたが、違います。
三十七番札所は、上に登らねばなりません。ここまでくれば難所は過ぎています。何度目かの下りを終えると普通の登山路になります。
d0182075_1292860.jpg
少し登ると硯石水がありました。
d0182075_12105835.jpg
一滴ずつ落ちて水が溜まっています。でも、冷たそうなので飲みません。
ここから峠は直ぐ。左に向かうと展望場所があるが更に進むと津波戸山山頂(529m)。
登る時にはどんな狭い山頂かと心配しましたが、まったく大丈夫でした。
d0182075_12132887.jpg
ここまで駅から2時間。山頂は展望が無いので西展望所へ。
d0182075_12143693.jpg
今日はPM2.5の影響なのか展望はさっぱり。
5分ほど景色を楽しんで、9時47分下山開始。
下りは石場が続き、苔があるので慎重に下ります。20分ほど下ったころに夫婦岩が。
d0182075_121701.jpg
この岩の裏手に弘法大師像。
d0182075_12173268.jpg
ガイドブックによれば西岩尾根コースの途中に見えるそうだが、登る時には気付きませんでした。
夫婦岩の少し下から東岩尾根コースへ。登って行くと東岩尾根コースの始まり。
d0182075_1219171.jpg
西岩尾根と比べると山頂方面が少し遠く感じます。
こちらのコースは短く、ほぼ真っ直ぐの尾根コース。
d0182075_12201650.jpg
歩いて行くと登山路沿いに使い終えた鳥の巣。
d0182075_12214199.jpg
登山路沿いにあったので無事に営巣できたのでしょうか気になるところです。
そして八十八番札所で霊場巡りの終了。
d0182075_12223574.jpg
ここから一気に下ります。岩場から林の中へ入り、クサリを伝って下りました。
d0182075_12232182.jpg
あとはそのまま下って西屋敷駅へ。駐車場を見ると軽自動車が一台だけ。意外に登る人が少ないのですね。危険な個所があるので一般向けでは無いかも。でも面白い山でした。
駅に着いたのが11時9分。電車の時間が11時24分とばかり思っていましたが、42分・・・。


30分ほど待って電車に乗り、西小倉で乗り継いで戸畑へ。目指すは戸畑ちゃんぽんの老舗「八福」へ。
d0182075_12271616.jpg
13時30分を過ぎているのに並んでいました。
でも、そんなに待つことなく店内へ。勿論、ちゃんぽんを注文。値段は400円。
d0182075_1229891.jpg
戸畑ちゃんぽんは麺が独特の蒸し麺らしい。写真では分かりませんが細目の茶色っぽい麺でした。独特の味わい。でも、今どきちゃんぽんが400円とは安い。確かにスープはやや薄めですが、この値段では仕方無いでしょう。ちなみにラーメンは350円でした。
14時19分発の電車で博多へ帰り、自転車で自宅に着いたのが16時過ぎ。
今日は次男が成人式のため正月に続き帰ってくるので早めに帰りました。

今日の行程
西屋敷駅7時40分→駐車場7時57分→登山口8時8分(衣服調整)→西岩尾根取付8時34分→無明橋8時42分
→針の耳8時55分→硯石水9時28分→津波戸山頂9時39分→西展望所9時42分
山頂9時47分→夫婦岩10時10分→西岩尾根取付10時12分→西岩尾根から登山路10時30分
→登山口10時42分→西屋敷駅11時9分

費用   電車代(青春18きっぷの残り)1,750円、朝食ほか418円、昼食400円  計2,568円

二日間で1万ちょっとの旅&山歩きに満足。未踏だった犬ヶ岳、求菩提山、津波戸山の三山へ行けた。
春か夏には5回分の正式な青春18きっぷで楽しむのも悪くない・・・。
by furaibow581203 | 2015-01-12 12:45 | 山歩き | Comments(6)
1月9日(金) 晴れ
3日の由布岳が事前調査不足でダメだったので、初登りはどこにしようかと迷っていた・・・。
年末に買った青春18きっぷ2回分は使い切ったが、今後単独での登山には使えそうとコースの検討も暇に任せてしてはいたのです…。
そんな折、6日昼に博多駅近くに用事があり、金券ショップを覗くと、青春18きっぷ1回分が3,500円、2回分が6,500円で売っていた。でも、この値段は年末と同じ値段。10日に期限が切れるので高いと思って放っていたのだが、7日昼に再び覗くと1回分は売り切れていたものの、2回分が4,000円にディススカウント。ここで少し心が動く・・・。でも、2回分だと9日に有休を取らねば1回分無駄になる。
3日に使った切符は天気次第では8日か9日に使おうかとも思っていたので9日に重要な仕事は幸いにも無い。午後に9日の有休確認をして夕方金券ショップへ。
店主らしき人と交渉して、3,500円で購入。この時点で9日を休むことに決定。
家に帰って、登る山と交通の接続を調べた。
結果、犬ヶ岳と求菩提山周回をすることに。
この二つの山は九州百名山でもあり、しかも未踏。我ながら良い選択と自画自賛(笑)
9日は朝4時46分博多駅発の小倉行に乗り、西小倉で乗り換え宇島駅へ。
ここからバスが5分で接続している。30分ほど乗って7時46分求菩提山資料館に着く。
乗客は少ないと思っていたのだが、駅から高校生や途中で小中学校生が通学に使っていて思ったより多かった。
乗ってから気付いたのだが、このバスには両替機が無い!(表示してありました)乗客が居なくなってから運転手さんに聞いたら「終点に自動販売機があるので、そこで両替して下さい」と。一安心・・・。
でも、このバスを使う方は、駅から終点までの500円を事前に準備しておくことをお勧めします。
前置きが長くなりましたが、時間通り求菩提山資料館前に到着。料金を支払い、準備して7時50分出発。
d0182075_8363358.jpg
バス停を後にして進むと左に犬ヶ岳の案内版。橋を渡り舗装路を進みます。でも、真っ直ぐ行っても先で一緒になります。
15分ほど歩いたところが登山口。ここには駐車場とトイレがあります。バス停のトイレで用をたしたのですが、山友さんが以前この山(両山とも修験の山なのです)で途中で用をたしたら大けがをしたと聞いていましたので、再度トイレへ。
万全の準備完了。左方向のやや急な林道を歩きます。
d0182075_842876.jpg
このコースはうぐいす谷コースと言うらしい。川を右に見ながら進む。しばらく登ると分岐。
ここは案内版の通りに右に進みます。この辺りで川が二つに分かれているのだが、左に流れる川しか最初は見えないので、何となく左に行きたくなるのです。でも先に進んで見ると右手にうぐいす谷の川が流れていました。ガイドブックの川はこちらの川しか表示していない。
d0182075_845587.jpg
この先くらいから杉林が多くなり、急登になって行く。
その前に人がギリギリ入れそうな小さな石屋が散在している。修行を行ったのでしょうか?
d0182075_8464739.jpg
ジグザグに登って林道と出合ったのは登山口から約1時間後。
d0182075_847398.jpg
登ってきた向きから右(上の写真では左)に540m進むと再び登山路に入るようです。
ここから犬ヶ岳?(一番奥の山)が見えます。
d0182075_8484512.jpg
林道脇にはつららがあちこちに。
d0182075_8491218.jpg
10分ほどで綺麗なテーブルがある場所へ。ここから再び登ります。
d0182075_923076.jpg
意外に雪が残っていたので、ここで軽アイゼンを取り出しやすいところへ出していつでも使えるようにします。
今日は平日。雪があるところを歩いていても足跡も無い。助けを全く期待出来ないので安全最優先。
なだらかな登りをゆっくりと登って20分ほどで笈吊峠。
d0182075_8531117.jpg
この先に今日の一番の難所、笈吊岩があります。30m程の岩場。
d0182075_85452.jpg
大きなクサリが付いているのですが、下の方は氷結しています。しかもクサリが氷の中に埋まっています。
何とか手の届くクサリに手を掛けて登ろうとするのですが、アイゼンが氷を掴めない。それほど固く凍っている。
朝食を食べた時にウインナーを落としたのを想い出す・・・。あれは警告だったのでは・・・。
ウインナーは3秒ルール(風来坊の年代は知っていると思うのですが…)で事無きを得たが、風来坊には3秒ルールはないでしょう…、落ちれば無事ではすまない。
今日この山にいるのは間違いなく自分だけと思うと無理は禁物。結局引き返して廻り込んで登りました。
この辺りからシャクナゲが増える。でも、肝心の花芽は・・・。
d0182075_98261.jpg
こんな感じのシャクナゲが多い。今年のシャクナゲは今一つと予想。
でも、こんなシャクナゲもありますので、5月頃に楽しんで下さいませ。
d0182075_991889.jpg
なだらかな縦走路をゆっくりと登りながら歩きます。豊前市方面が綺麗に見えます。
d0182075_9103243.jpg
そしていよいよ犬ヶ岳山頂が近い。
d0182075_911889.jpg
バス停から約3時間で犬ヶ岳山頂(1130.8m)
d0182075_912192.jpg
この辺りは風が強い。お腹も空いたので小さなクリームパン2個を頬張る。
山頂の展望台らしきところに登って1132m位の高さからの景色を楽しんで再び周回。
d0182075_916814.jpg
30分ほどで一の岳(1124m)。
d0182075_9171856.jpg
ここから豊前坊まで7.4kmの表示。犬ヶ岳から豊前坊までの縦走も面白そう。
一の岳からは英彦山が近くに見えました。8kmくらいしか離れていないのですから。
d0182075_919343.jpg
一の岳からアップダウンを繰り返して40分で杉の宿跡。
d0182075_921468.jpg
そして同じく40分ほどで虎の宿跡。雪が少なくなってきました。
d0182075_9214039.jpg
そして30分ほど歩いて求菩提山山頂の上宮(782m)。
d0182075_9225712.jpg
参拝を済ませて、残っていたパン2個を食べて下山。水分は控えめにしたので尿意を催すことなくここまで来れました。
下山は正面道を下ります。でも、これが結構大変でした。下の写真の石段(鬼の石段)。
d0182075_9245237.jpg
急なのと雪が残っているので滑りやすい。
朝のウインナーはこちらのことかも・・・。そう思うと余計慎重になります。
ゆっくりとクサリの手すりと離さずに下ります。へっぴり腰になっていましたね。
d0182075_9263532.jpg
石段を下ってしばらくすると舗装路に。安心して下ります。
d0182075_9272559.jpg
でも、こちらの道はかなり回り道になります。急ぐ方は上宮から虎の宿方面へ引き返して、胎蔵界護摩場跡から下るのが早いです。
一般道へ出会い、ここを右に歩いて山頂から1時間ちょっとで資料館前バス停。5分ほど遅れましたので、1時間ちょっとここで3時半のバスを待ちます。待っている間に体が冷えてしまいました。
宇島へ戻り、16時23分の電車に乗り、乗り継いで18時32分に別府駅へ。
今日の宿は別府駅前にある「駅前高等温泉」。 一泊(個室&入浴代込)2,700円。
d0182075_9325983.jpg
二人部屋が空いていたのでそちらに案内されました。大部屋もあり、そちらは1,700円(同)。でも、他の人がいると気を遣います。
部屋にはエアコンもありました。勿論テレビも。
d0182075_9344856.jpg
トイレは共同ですが、ウォシュレット。これは嬉しかったです。
夕食は近くの「うたの」の和風ちゃんぽんと決めていたのですが、何と臨時休業・・・(悲)。
第二候補のぎょうざの「湖月」(別府市北浜)へ。7人ほどで満席のお店。2名の女子留学生が並んでいました。
d0182075_9374224.jpg
でも、程なくして入店出来、餃子2人前とビールを注文(料金1,800円)。
d0182075_9383150.jpg
ここの1人前は15個。これでお腹が一杯になり、宿に戻って風呂に再び入って寝ました。
犬ヶ岳付近の寒さを長く引きずり、明日はもしかしたら風邪をひいているかもと心配しながら。

今日の行程
求菩提山資料館前バス停7時50分→登山口8時8分→経読林道9時4分(途中10分休憩)→笈吊峠9時41分
笈吊峠9時50分→犬ヶ岳10時47分(5分休憩)→一の岳11時30分→杉の宿跡12時10分→虎の宿跡12時43分
→求菩提山(上宮)13時12分(5分休憩)→一般道出合(14時)→求菩提山資料館前バス停(14時17分)

費用  電車代(青春18きっぷ1日分金券ショップ)1,750円、バス1,000円、駅前高等温泉2,700円
     湖月1,800円、コンビニ(昼食ほか)999円  計8,249円
by furaibow581203 | 2015-01-11 20:41 | 山歩き | Comments(4)
1月3日(土) 晴れ
今年の初登りは由布岳と昨年末に決めていた・・・。
登り納めが長崎、九州の西だったので、登り始めは大分と・・・。
青春18きっぷで別府まで行き、別府からバスで登山口へ。
由布岳を登り西登山口に下山後、由布院温泉で汗を流して日田でちゃんぽん、そして帰福。
完璧な段取りと思っていました・・・。
博多発4時46分の電車を乗り継ぎ、予定通り別府駅に到着。
d0182075_11564797.jpg
別府駅到着が9時8分。湯布院までのバスは9時35分発。
駅周辺で時間を潰してバス停に行くと係員の方と乗客が話している・・・。
聞いていると、何と!雪で堀田温泉(別府IC近く)までしか行かないとのこと・・・。
そこからだと由布岳は厳しい。鶴見岳なら何とかなりそうだが、時間を調べていないので危険かも・・・。
迷った末に、取りあえず大分まで行き、湯布院周りで帰るのを検討することにした。
でも、大分で調べると湯布院周りは乗り継ぎが悪い。困った・・・。
結局、来た通りに小倉経由で帰ることに。  16時前に帰宅。
自宅を4時前に出発して12時間。電車で本を読むために大分まで往復しただけ(笑)。

上の写真のようにお手上げ状態の風来坊でした…。

幻の由布岳登山、バス会社に確認しておくべきでした・・・。こんな失敗で初登りはお預け・・・。
今年の山歩きは計画的に、しかも状況の事前調査をしっかりとする!
これを学んだ幻の由布岳登山・・・。
by furaibow581203 | 2015-01-04 12:11 | 山歩き | Comments(8)