ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

11月29日(土) 曇りのち時々晴れ
先週、S・TATOUさんと雷山~井原山を縦走した時に、来週は九千部でもと約束。土日の天気の良い方にしましょうとも。でも、週半ばになっても予報は良くない。ギリギリの金曜日に土曜日に行くことに決めた。
九千部山に行く時には、グリーンピア那珂川の駐車場が閉鎖されていることがほとんどなのですが、11月末までは駐車場が開いているので駐車場(100円)へ。丁度、オープンしたばかりで誰も居ない・・・。
準備して、9時44分スタート。舗装路を軽く歩いて、登山路へ。
ここからが速いS・TATOUさん。軽く登って行かれる・・・。まるで羽が生えているかのようです・・・。
d0182075_11354934.jpg
普通の人は平坦なところよりは登りは少し遅いのですが、S・TATOUさんは全くペースが変わらない。
階段も軽く登って行かれる。風来坊は階段も半段、三分の一段くらいずつ登るのでますます遅れます。
ようやくお気に入りの場所に来てお休み。45分歩きっぱなし・・・。
d0182075_11423249.jpg
ここで初めて本日の給水。
ここからは登りも緩やかになるのとモミジがあるのでゆっくりペースへ(嬉)。
登り始めて1時間10分で九千部山山頂(848m)。
d0182075_114327100.jpg
展望台に登るがガスで展望は無い・・・。
d0182075_1143594.jpg
そこで石谷山まで歩いて晴れるのを待つことに。1時間ほどで石谷山(754m)。
d0182075_11463584.jpg
丁度12時を過ぎていましたので、ここで昼食。
風来坊はおにぎり、S・TATOUさんはパン。20分ほどの昼食タイム。
日差しが出て来ましたので引き返します。
d0182075_11482427.jpg
でも、日差しも時々雲で遮られ、チャンスを窺いながらの撮影。
d0182075_11491819.jpg
d0182075_11492642.jpg
縦走路は平坦ですので速い、速いS・TATOUさん。
d0182075_1150940.jpg
でも、もみじがあると止まってくれます。
d0182075_11504364.jpg
こちらでも・・・
d0182075_1151683.jpg
帰りは九千部に寄らずに時間短縮。S・TATOUさんの好きな場所で撮影。
d0182075_11523066.jpg
日差しが出ていますので写します。
d0182075_1153887.jpg
しばらくして日差しも無くなりましたので下ります。
でも、最後の方で再び日差しが・・・。
d0182075_11535725.jpg
14時35分駐車場へ。本日の山歩き、4時間50分(休憩含む)。
今シーズン、最後と思われる紅葉を楽しんだ山歩きでした。
S・TATOUさん、今日もありがとうございました。
by furaibow581203 | 2014-11-30 11:55 | 山歩き | Comments(8)
11月27日(木) 晴れ
先週、S・TATOUさんと雷山~井原山を歩いた際に、アクロス山の存在を聞きました・・・。
そこで、26日の出勤前に登ろうと思ったのですが・・・。
d0182075_346124.jpg
早朝は登れません・・・。
そこで今日の昼休みに足を延ばして天神へ。目指す山は大きい!?
d0182075_3463370.jpg
登山口は二か所。周回できるようになっています。
d0182075_3472150.jpg
最初の取り付きを登ります。登山路は迷わないようになっていて安心。
d0182075_3481417.jpg
取り付きを登るとちゃんと山の表示があります(笑)。
d0182075_3485830.jpg
何と、登山路には滝も・・・。
登山路が一部濡れているところもありますので、用心しなければなりません。
d0182075_3495015.jpg
d0182075_349564.jpg
そして紅葉もきれいです。
d0182075_3501769.jpg
d0182075_3502355.jpg
更にハギの花も残っていました・・・。
d0182075_3505527.jpg
登り始めること6分ちょっと。山頂が・・・。
d0182075_3513693.jpg
でも、平日は禁止です。
d0182075_3524822.jpg
山頂手前で景色を楽しみます。
天神付近のサラリーマンも結構多い。ちゃっかり昼間のデートをしているカップルも・・・。
d0182075_3533884.jpg
d0182075_3535096.jpg
景色を楽しんだら下山。
今年最後かも知れない紅葉を楽しみます。名残の紅葉。
d0182075_3551947.jpg
カメラを持った人も多かったです。
d0182075_3554486.jpg
15分ほどで山歩き完了。
アクロスが出来た時には、その斬新さに驚きましたが初めてステップガーデンを歩きました。
なかなか面白いですね。水もザックも不要の山でした・・・。
S・TATOUさんに感謝。お話を聞かなければ知らない山でした・・・。
by furaibow581203 | 2014-11-28 03:59 | 山歩き | Comments(6)
11月24日(月) 晴れ
肉まんさんとソニックで宇佐へ。先週は飛行機で宮崎、今週は特急で大分と大名山歩き。
こんなことを続けると破産するかも・・・(笑)
d0182075_4453076.jpg
うすきハッピーリタイアメントさんに迎えていただき、今日のメイン、中山仙境へ。
実相院前の駐車場に駐車して、先ずは登山口へ。8時49分出発。
10分ほどで登山口。肉まんさんいささか緊張気味。それは途中の無明橋が待っているから・・・。
d0182075_4444898.jpg
今日のルートは下の通りです。
d0182075_4451462.jpg
狭い登山路をアップダウンを繰り返しながら登ります。ところどころ札所があり、展望が開けている。
d0182075_4484435.jpg
しかし、まあ岩の山ですね。土があるのが不思議なくらいです。
d0182075_4492765.jpg
登山路の途中にあった沼田場。
d0182075_449533.jpg
今まで「ヌタバ」と思っていたが漢字を見ると「ヌマタバ」がなまってヌタバになったのでしょうか?
それはさておき、鎖場が続く登山路を歩きます。
d0182075_4514974.jpg
この山で初めて見た植物。
d0182075_4522434.jpg
これも何なのでしょうね・・・。宿題が出来ました・・・。
そして緊張の無明橋。でも先に行かれた肉まんさんのホッとした声が聞こえた。「これなら大丈夫です!」
私が岩に登った時には既に歩かれた後。最後に渡って振り返ると看板が・・・。
警告とあり、何でもちょっと前の地震で痛んでいるので禁止と書いてありますが、渡った後にしか見えませんでした・・・。先に見ていたら渡らなかったかも・・・。
d0182075_455750.jpg
肉まんさんにいただいた私の渡る写真。
d0182075_554199.jpg
ここで少し休みます。周囲は岩が多いが、擦れ落ちそうな岩が遠くにありました!
d0182075_456738.jpg
無明橋の看板に書いてある地震と関係があるのでしょうか?色々な課題が出てくる山です。
ここから少し下るとプチ無明橋。これは全然問題なし。
d0182075_4575113.jpg
そして登山口から1時間10分で山頂(317m)。
d0182075_5384550.jpg
うすきハッピーリタイアメントさんが先にどうぞと譲ってくれました。感謝!
山頂には先客がお一人。お二人も登って来ます。
d0182075_4592780.jpg
ここからの景色は最高!
d0182075_503063.jpg
d0182075_503923.jpg
とても300mの山とは思えない雰囲気・高度感があります。来て良かったです。
それにしても今日は暖かい。汗をかきましたが風も無く寒さを感じない。景色を楽しんだら下山。
直ぐに下るかと思いましたが、少しやせ尾根を歩きます。
d0182075_534477.jpg
d0182075_53599.jpg
道幅も広いのですが、躓いたりしたら危ないので足元をしっかりと確認しながら歩きました。
そして激下りの始まり。でも、鎖があるので大丈夫。
d0182075_55361.jpg
風来坊的にはここより、次の巻き道が嫌でした・・・。上は岩の崖、下も岩の崖。巻き道に土があるのが不思議なくらい。もしかしたら、土ごとずるっと剥げるのではと思いながら歩いて行くと隠洞穴へ。
d0182075_572046.jpg
ここまで来るとその心配は無くなりましたが、ここからの下りは苔の付いた石が続く下り。慎重に下ります。
そして下山間近のところでメタセコイア。まさかここで見るとは・・・。
d0182075_582525.jpg
そして下山。最後まで気の抜けない山でした。駐車場に戻ったら11時7分。
2時間20分ほどの中山仙境の山歩きでした。

次は、回り込んで猪群山へ。登山口の駐車場でおにぎりを1個頬張る。
この登山口の駐車場付近はかなり整備されている。もみじやミツマタも植栽されて来る人を楽しませてくれる。
d0182075_513714.jpg
d0182075_5132268.jpg
トイレはもちろんのこと、小さな山小屋まである。
ここから歩き始めるが銀杏の葉が落ちて黄色のじゅうたんを歩いているよう・・・。
d0182075_5141933.jpg
そして左に折れると藤棚があり、そのあとは再びもみじ。
d0182075_5145874.jpg
人工的な登り口ですが、ここを過ぎると、自然林の山になります。石垣がある登山路。この辺りは山城でもあったのでしょうか・・・。
今日は色々と課題が山積して行きます。
d0182075_517370.jpg
少し登ったところで立石。
d0182075_5173263.jpg
ここから意外に急登が続く登山路をゆっくりと登ります。途中の展望が開けた場所で小休憩。
そして再び登ると登山口から1時間10分ほどで猪群山山頂(458m)。
d0182075_5193042.jpg
展望はほとんどありませんのでストーンサークルへ。
d0182075_520924.jpg
文章を読むとご神石の中に潮の干満と同じように動く水場があるらしい。今年行った宮島の弥山にも同じようなところがありました。でも、こちらは金魚が居てみると盲目になるらしいので遠くから見るだけにしました。
d0182075_5234364.jpg
ここから中山仙境の眺めが良い。
d0182075_5243377.jpg
Tシャツ1枚でも全然寒く無い。むしろ気持ち良いくらいでした。
帰りに周囲を見渡したら、由布岳も霞んではいましたが見えました。陰陽石の間を抜けて下山します。
d0182075_527990.jpg
一旦、山頂まで引き返して下ります。
あとは近くの真玉温泉で汗を流す予定ですが、何でも肉まんさんがここのかき揚げ丼が食べたいらしい。
しかも、昼のオーダーストップが14時。山頂に引き返したのが13時11分。急いで下り、下山したのが13時45分。うすきハッピーリタイアメントさんが急いでくれて、何とか間に合いました。
先に食事をしてお風呂に入り、宇佐駅まで送っていただきました。15時40分。49分のソニックで福岡に。
電車では日本酒まで飲んでほとんど寝てましたzzz・・・。
うすきハッピーリタイアメントさん、運転ありがとうございました。また、肉まんさん、企画・切符の手配などお世話になりました。写真もありがとうございます。
中山仙境は楽しみにしていましたが、猪群山、こちらも意外に良い山で良かったです。登って見なければ分かりませんね。
by furaibow581203 | 2014-11-25 05:39 | 山歩き | Comments(12)
11月23日(日) 晴れ
今日は家内と娘と3人で近所の鳥兆へ。近所では人気の焼き鳥屋です。
d0182075_2502454.jpg
飲み物を注文すると突出しが出て来ます。
先ずはこれで乾杯!
d0182075_251754.jpg
ボリュームのある鳥兆サラダ。
d0182075_2513638.jpg
お刺身もありましたのでカワハギの刺身を頼みました。
d0182075_2521189.jpg
焼き鳥屋ですので、串も注文。でも豚バラから(笑)。
d0182075_254355.jpg
他にも何本か注文。そしてチーズフライ。
d0182075_2543392.jpg
ここは焼き鳥だけでなくサイドメニューも充実。
それが人気の秘訣なのかも・・・。最後に鶏のモモ焼き。
d0182075_255329.jpg
夕食を作らずに済ませて家内孝行。少し点数がアップしたでしょうか・・・。
by furaibow581203 | 2014-11-24 02:57 | グルメ | Comments(4)
11月23日(日) 晴れ
昨日の方が天気が良いと天気予報で判断して山に行ったが、今日も良い天気。
今日は、畑仕事と図書館行きなどを済ませる。先ずは畑へ。
今日は畑の敷地でイベントがあるようなので虫取りを中心に済ませる。
先日丁寧に取ったニンニクの虫が結構残っていたのはショック・・・。
雑草取りはそこそこにして、少し大きくなったダイコンを収穫。なかなか綺麗と家内に褒められました(嬉)。
d0182075_15361164.jpg
来週には他のダイコンも収穫の時期を迎えそうです。
他には植え替えたニラの葉を収穫。あとは少し雑草を取り、畑を後にします。
そして向かったのが、曲淵ダムパーク。花乱の滝の入口の近くのバス停に駐車するのが良さそうです。
d0182075_15385210.jpg
と言うのも、公園への狭い道は行き帰りの車で混雑。なかなか進めません。
駐車場はこれくらいしかありませんので引き返すしかありません。
結局、水源池バス停の駐車場へ停めました。
d0182075_1540795.jpg
バス停の駐車場から歩いても直ぐ。
紅葉が綺麗です。皆さん、良い場所を知っているようでそこそこに人も多い。
d0182075_1541279.jpg
d0182075_1541389.jpg
きれいですね。今日の紅葉を満喫。
d0182075_15423214.jpg
奥に進むと紅葉が綺麗です。落葉も盛んですので丁度見頃だったかも・・・。
d0182075_15432514.jpg
d0182075_15433278.jpg
d0182075_15434067.jpg
今日は落葉したもみじを楽しめました。
d0182075_15452362.jpg
近くの民家では皇帝ダリアも咲いていました。
d0182075_15455187.jpg
この花は数年前にちらほらと目についたのですが、花の名前が分からず仕舞い。
でも、先日うすきハッピーリタイアメントさんのブログで名前が分かった・・・。最近、何故か多いですね。

ここから図書館へ。周囲の紅葉もきれいでした。
d0182075_1548350.jpg
図書館近くのTNC会館内の木の花ガルテンへ行く。
うすきハッピーリタイアメントさんが先日みたヤマウツボが売っていました!(300円)
d0182075_15493773.jpg
d0182075_15494552.jpg
安いですが、山で見るのが良いでしょう・・・。
ここで白菜を二株買って、漬物の準備。
d0182075_15513371.jpg
以前は一日ほどしか陽に干していませんでしたが、少し長めに干した方が漬かりが良いようです。
これから白菜の漬物が楽しめる時期です。日本人で良かったと思う時です。
by furaibow581203 | 2014-11-23 15:56 | その他 | Comments(2)
11月22日(土) 晴れ時々曇り
今日はS・TATOUさんと雷山~井原山周回コースを歩く。車に乗せていただき、キトク橋駐車場まで。
既に7,8台駐車。準備して9時10分過ぎに出発。
昨年11月30日に同じコースを歩いたのですが、この時には山頂近くは雪が積もっていました。
今日は雪や雨の心配も無い天気。先ずは山腹の周回コースを歩きます。いつもの風景。
d0182075_5123559.jpg
この集落を抜けたところに貸別荘の文字。覗いてみると紅葉がとても綺麗でした。
d0182075_5133231.jpg
雷山への周回コース、以前は暗くて一人で行くのは少し寂しい感じでしたが、杉の木を伐採しているようで明るくなっています。また、人が多く歩いているようで踏み跡もしっかりと付いていました。
d0182075_5152054.jpg
舗装された林道に出会い、しばらく歩くと清賀の滝への登り口。
ここを登ると清賀の滝。ここまで1時間15分ほど。
d0182075_517453.jpg
一息入れて登りますが、登り始めの急登、大分道が崩れています。
最近思うのですが、雨の日や雨の直ぐ後の登山は山によっては控えた方が良いのでは?
今年春に登った市房山の登山路も以前に比べてひどくなっていました。
登山ブームも良いのですが、山を傷めては良くないですね。これから考えて登りたいと思います。
それはさておき、快調に登られるS・TATOUさん、付いて行くのがやっとです。
d0182075_5202898.jpg
時折、見える紅葉で止まっていただき何とか追いつくことが出来ました。
そして、清賀の滝から40分ほどで上宮。
d0182075_5225127.jpg
ここの紅葉の色づきはもう一つでしたが、赤いのもありました。
d0182075_5233756.jpg
d0182075_5234538.jpg
10分ちょっと休んで山頂までの急登を登ります。
先日の地蔵岳に比べると楽ですが、それでも結構きついです。
d0182075_5244974.jpg
そして歩き始めて2時間40分、11時45分過ぎに雷山(955m)山頂。
d0182075_5271590.jpg
結構、人が多かったです。ここで昼食。おにぎりとお茶。
山頂からの展望はやや霞んでいます。でも二丈岳や浮嶽は見えました。20分ほどで出発。
ここからの縦走路が良いんです・・・。
d0182075_5292418.jpg
さすがに縦走路では紅葉は無いと思っていましたが、南斜面の方では残っていました(嬉)。
d0182075_5302215.jpg
d0182075_5303398.jpg
紅葉の写真を撮る時以外は、飛ばすS・TATOUさん。
d0182075_5311574.jpg
時折、紅葉を探して歩きを止めました・・・。
下の葉は裏から写すとまずまずでしたが、表はさっぱり(笑)。光で全然違うのですね。
d0182075_532075.jpg
ミツバツツジの花芽はしっかりと付いていました!
d0182075_5342245.jpg
縦走路を1時間30分で井原山(983m)へ。14時前ですので雷山より人が少なくなっていました。
d0182075_5343491.jpg
10分ほど休憩して下ります。
ダルメキ谷コースを下るのは前年の時以来。
ここの紅葉より落葉した落ち葉のじゅうたんを期待して下ったのですが・・・。意外に紅葉が。
d0182075_5365141.jpg
その分、落ち葉のじゅうたんは無くて残念。
でも、水辺で少し落ち葉の紅葉を楽しめました。
d0182075_538169.jpg
歩き始めて6時間半ほどで下山。
下山する途中は暗くなっていましたが、平地はまだまだ日が高かったです。
S・TATOUさんに送っていただき、無事に家に帰り着きました。今日もありがとうございました。
by furaibow581203 | 2014-11-23 05:41 | 山歩き | Comments(8)
11月17日(月) 曇りのち雨のち晴れ
土日、宮崎の山登りを楽しんだ。そのため畑の手入れは出来なかった…。
月曜日に予定が無かったので有給休暇を取得して、畑の手入れへ。バスで畑へ向かったが畑近くのバス停には接続が遅れて行けず、3.5km ほど歩いて畑に着いたのが8時40分頃。
この時にはまだ曇りで仕事にかかる・・・。
2週前に蒔いたソラマメの芽が出ていました(嬉)。
d0182075_5235364.jpg
サヤエンドウも少し大きくなりました。次は蔓が掴まれる竹でも添えねば。
d0182075_525598.jpg
ダイコンに付いている虫は成長に影響を与えそうにありませんが、ニンニクの様子がおかしい・・・。
d0182075_5265039.jpg
この頃から雨。畑に置いてあるビーチパラソルを差してニンニクの虫取り。お蔭で雨に濡れずにすみました。
結構、念入りに虫を取ったのですが雨が止んでから再び確認すると未だ虫がいます。
d0182075_5281198.jpg
ニンジンも少し葉が大きくなりました。
d0182075_5283664.jpg
でも、もう少し早く蒔くべきと反省。来年に活かしたいですね。
ホウレンソウは土寄せをします。次の週には少し間引きが必要かも知れません。
d0182075_530956.jpg
ダイコンは大分太くなりました。来週には最初の収穫が出来るか!?
d0182075_5315867.jpg
13時頃まで作業してバス停まで再び歩きます。途中の紅葉が綺麗。
d0182075_5325060.jpg
遅めのお昼はお気に入りの「ふくちゃん」へ。
14時半を過ぎていたのに平日でも結構多い。ちょっとびっくりでした。
by furaibow581203 | 2014-11-19 05:36 | 野菜作り | Comments(4)
11月16日(日) 曇り
日曜日の天気がずっと心配でしたが、朝の天気予報で確認すると曇りのようです。
安心して朝食をいただきます。
d0182075_512234.jpg
6時40分前に民宿を出発。国道265号を椎葉方面へ車を走らせて途中から国道388号へ。ここがなかなか狭い。朝早いので車が少なくて良かった。
1時間ほどで登山口へ。思った以上に時間がかかりました。準備をして出発。
この山域は九大の演習林なので登れるルートはここだけです。
d0182075_5143769.jpg
植林を左に見ながら少し登ると自然林が拡がります。
登山者用に作られた木の階段が無残・・・。皆さんが歩いた跡を探しながら登ります。
d0182075_5171524.jpg
最初のピークに差し掛かると市房山がきれいに見えました。朝日を浴びて堂々としています。
d0182075_518474.jpg
次の1,366mピーク手前ではコケと倒木が。
d0182075_5184094.jpg
ここまで来ると三方岳が見えます。
d0182075_519748.jpg
登山路は踏み跡が少なく時々外れたりしますが、看板がありテープと併せて確認すれば大丈夫。
d0182075_5203542.jpg
一旦、下って再び登ります。地図では200m程登るようです。
次の山もあるので体力を消耗しないように気を付けました。
d0182075_5211457.jpg
そして登り始めて2時間弱、9時20分に三方岳(1,479m)山頂。
d0182075_5221420.jpg
南に米良三山が見えます。
d0182075_5225451.jpg
あの3つを登ったのだと思うと感慨深い・・・。肉まんさんは市房山が未踏なので何となく優越感に浸る(嬉)。
次もあるので早々に下ります。
d0182075_5241777.jpg
紅葉は少しだけありました。
d0182075_5244088.jpg
紅葉より、倒木のキノコが凄い!
d0182075_525740.jpg
登山路の葉で残っているのはアセビくらいでしょうか。
d0182075_5254919.jpg
あと20分ほどで登山路かなと言うところで「今日は誰にも会いませんでしたね」と話した途端、二人とすれ違いました。いるんですね、来る人が・・・。びっくりします。
d0182075_5275199.jpg
そして11時ちょっと前に下山。
d0182075_528273.jpg
次の地蔵岳までは時間がかかりそうなので先ずは昼食より、移動。
でも、途中の紅葉が綺麗でした。車中や途中で停めて写真を撮りましたが、日差しが無くちょっと残念。
d0182075_5313430.jpg
d0182075_5314459.jpg


来た道を引き返して民宿あさぎりを通り過ぎ、国道219号を西都方面に走らせる。途中の尾八重の看板がある場所で左折して大椎葉トンネルを抜けて、少し行ったところの分岐から登山口へ行くのですが、この10kmほどの道が狭い。行く方は余裕を持つこととライトを点灯して行くこと(肉まんさんの経験)をお勧めします。確かに時折すれ違う車は皆さんライトを点灯していました。
そして、13時頃登山口へ。ここで昼食をいただき、13時20分登山口へ。
d0182075_5353167.jpg
山と渓谷社の分県登山ガイドでは渡渉するルートが紹介されていますが、コヨーテさんのブログで渡渉せずに行けるのを知っていましたのでこの登山口を選びましたが、ちゃんと看板があります。でも、最初の斜面は慎重に歩いた方が良いです。
そして杉林の急登。ジグザグに登りますが、それでもなかなかの急登。
d0182075_5382861.jpg
途中からはほぼ真っ直ぐな登り。やせ尾根あり、ロープ場ありです。
d0182075_539337.jpg
d0182075_5394965.jpg
ここをクリアすると少し展望が開けた場所。尾八重の集落でしょうか?
d0182075_5404567.jpg
登っている途中で、肉まんさんが「自分一人だったら13時過ぎには登らないですね」と。もっと早く言ってくれれば止めたのにと思うくらいのきつさです。
でも、ここからは少しは平坦な場所があります。打越分岐の紅葉。
d0182075_54359100.jpg
分岐とありますが、片方の道が木でふさがれていますので、そちらは今は登れないのでしょうね。
本にはここから20分とありますので最後の力を振り絞り登ります。
d0182075_5453547.jpg
そして登山口から1時間25分で地蔵岳山頂(1,089m)。
d0182075_5471040.jpg
登っている時には地蔵岳で無くて地獄岳では?と思っていましたが、山頂のお地蔵さんが仏様に見えました(笑)。
d0182075_5475574.jpg
山頂の紅葉が綺麗。登った甲斐があります。
d0182075_5482622.jpg
d0182075_5483886.jpg
時間も無いので下山します。途中で靴ひもを締め直して慎重に下ります。時々登山路を間違えながら打越分岐へ。
d0182075_5495483.jpg
そして更に下って行くと登る時には気付かなかった高野槇。
d0182075_5504658.jpg
ここからのロープ場、やせ尾根、杉林を無事に下って、16時前に下山。
西都の温泉で汗を流して、その後に麺でもと思いましたが時間が厳しい。
そのままレンタカーを返却する宮崎空港へ。空港のラウンジでビールをいただきました。
飛行機での往復、ホテル・民宿での宿泊と大名山歩きでしたが、なかなか奥深い山に行けて良かったです。
肉まんさん、この週末で九州百名山三山追加。最近のペースが凄いです。
お付き合い下さいましてありがとうございました。
by furaibow581203 | 2014-11-18 05:57 | 山歩き | Comments(4)
11月15日(土) 晴れ
金曜日の夜、最終便で宮崎入り。そして週末の土日に肉まんさんと西米良の山を登る。
当初は大崩山方面を登ろうと思っていたが、山友さんの有り難い情報で大崩山よりは近場の西米良村の山を登ることにした・・・。西米良村は人口1,183人(2014年10月推定)で宮崎県で人口が最も少ない自治体です。
8時に宮崎市の中心部でレンタカーを借りて、石堂山を目指す。
国道219号線から265号線へ、しばらくして林道へ入り登って行くと分岐。
d0182075_18211117.jpg
ここの分岐から車を走らせ石堂山へ。宮崎市から2時間ちょっとで石堂山登山口に着きました。
準備をして10時20分過ぎに出発!
登り始めると青空と紅葉がとても綺麗です。思わず写真を撮る、撮る、撮る・・・。
d0182075_18262512.jpg

d0182075_18271351.jpg
登って行くと霧島連峰が見える・・・。
d0182075_18282466.jpg
この後も、紅葉を堪能しました。
d0182075_18303040.jpg
尾根道になり気持ち良い登山路が続く。
d0182075_18311474.jpg
再び、紅葉。
d0182075_18313596.jpg
そして登山路。良い雰囲気です。
d0182075_1832356.jpg
そして、もみじの大木。
d0182075_18323099.jpg
まだまだ紅葉。
d0182075_18325613.jpg
紅葉の次は、霧氷? かと見えたブナの枝。
d0182075_18334851.jpg
そして1時間ほどで林道との交差。
d0182075_18342199.jpg
ここまでは順調。ここから山頂まで1時間とガイドブックにあったが、直ぐに着くと思っていた・・・。
直ぐそこに山頂らしきものが見えるんです・・・。
d0182075_18355983.jpg
違いました。今度こそは山頂と思いましたが・・・。違います。
d0182075_1836313.jpg
三度目の正直で山頂が見えました。
d0182075_18383625.jpg
ここが九合目。林道の交差から30分かかりました。
肉まんさんは好調に登っています。遅れること10分ほどで石堂山山頂(1,547m)。登山口から1時間50分。
今年50回目の山歩き。今まで47回/年が最多回数でしたが、ようやく50回の大台に到達。満足。
山頂手前からの市房山。きれいな形をしています。
d0182075_18404268.jpg
そしてこちらは山頂からの霧島連峰。ガスがかかり幻想的です。
d0182075_18413969.jpg
山頂で昼食。石堂山を満喫して下ります。
下りは急ですので慎重に下らなければなりません。
d0182075_18442880.jpg
d0182075_18444010.jpg
d0182075_190425.jpg
1時間30分ほどで下山。14時です。
時間に余裕があるので、米良三山の一つ、天包山(あまつつみやま)へ向かう。
14時35分過ぎに登り始めます。
d0182075_18464388.jpg
登り始めて直ぐの場所に坊主岩。
d0182075_18473117.jpg
この辺りは西南戦争の時に激戦となった場所らしい・・・。肉まんさんが弾痕を確認しています。
d0182075_18485261.jpg
アップで弾痕を見ます。
d0182075_18492254.jpg
再び登るとこちらは淡い紅葉。
d0182075_18495580.jpg
登山路は整備されています。
d0182075_1850199.jpg
登り始めて25分ほどで天包山(1,189m)山頂。
d0182075_19395793.jpg
これで米良三山制覇!
今日登った石堂山(右)と市房山(左)が見えます。
d0182075_1852690.jpg
展望を楽しんだら下山。時間に余裕があるので西米良温泉の「ゆたーと」へ。
ゆたーとへ行く途中の紅葉。これもきれい!
d0182075_18594175.jpg
そしてゆたーとへ。ここのお湯は良かった。ゆっくりと浸かって今日の宿、民宿「あさぎり」へ。
あさぎりの部屋から見える一ツ瀬川。
d0182075_18542375.jpg
6時から夕食。鮎の甘露煮やこんにゃくの刺身、シイタケが並びます。
一番右はハチの子をはちみつで佃煮にしたもの。ハチの子を九州で食べるとは意外でした。
d0182075_18551167.jpg
そしてしし鍋です。
d0182075_18553863.jpg
みそ味の鍋。こんな感じです。
d0182075_1856591.jpg
最後はおじやで締めます。
d0182075_18565949.jpg
肉まんさんと相部屋かと思っていましたが一人ずつ泊れました。
肉まんさんに迷惑をお掛けすることなく8時前には爆睡しました・・・。

肉まんさん、50回記念の登山にお付き合い下さいましてありがとうございました。
by furaibow581203 | 2014-11-17 19:05 | 山歩き | Comments(10)
11月14日(金) 晴れ
2週間ほど前に、LEKIのトレッキングポールの修繕を好日山荘にお願いした・・・。
その少し前に、新しいポールも購入したのだが、お店の方が「LEKIはアフターケアがしっかりしているので結果的にはお得ですよ」と言われた。それで、以前から持っている2本のストックの一番下のポールが曲がったりしたので修繕に出したのだ。
木曜日に電話があり、出来ましたとのこと。昼休みに受け取りに行きました。
d0182075_5554311.jpg
上の銀色のポールの一番下のポールは無償で交換。下の金色のポール、これは風来坊が山を始めた時にご一緒した方が会社を辞める時に記念にもう一人の方と一本ずついただきたもの。
大分前に山歩きした時にバランスを崩してポールの一番下が曲がってしまった・・・。
このストックは10年以上前のものだが、ちゃんと部品があるのにびっくり。色は大分違うがちゃんとサイズは合っています。今回はこの金色のポールの交換代1,600円のみ!
2本とも真ん中のポールも少し曲がっていますよと連絡があったのだが、そんなに気にならなかったので交換しなかったが、真ん中になると2~3,000円するらしい。でも、ありがたいですね。
しかも今回修繕したのは好日山荘で購入したものではない。どの店で買ったものでもちゃんと受け付けてくれる。LEKIは安心して使えるトレッキングポールですね。

修理したポールで宮崎の山歩きを楽しむことにしました・・・。
by furaibow581203 | 2014-11-17 06:06 | その他 | Comments(0)