ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

9月28日(日) 晴れ

27日の御嶽山の噴火により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに負傷された方へお見舞い申し上げます。
日本には沢山の火山があり、山に登る際には気を付けなければならないと改めて感じさせられました。
風来坊も気を付けねばなりません。

その翌日、肉まんさんと肉まんさんが最近2回ほど一緒に登っている若者U君と3人で天主山へ。
早朝福岡を出発。鮎の瀬大橋を過ぎて、いよいよ登山口への道。
でも、ここからが難路。水たまりあり、落石あり、倒木ありで進んでいくが、登山口1kmほど手前で駐車している車があったのでそこで停めることにした。もしかしたらそこから先は厳しいかも知れない。そう判断して駐車。昨日洗車したばかりの車はすっかり泥だらけ・・・。
そして準備。でも、隣の車は良く見ると釣りに来た車だった・・・。
d0182075_1431699.jpg
でも、肉まんさんによると登山口まで1kmほどで行けそうとのこと。林道を歩きます。
d0182075_1485726.jpg
日が差すと雰囲気が良いですね。歩き始めて20分ほどで登山口。先に3台ほど駐車していました。手前に停めて良かったかも。
d0182075_1502213.jpg
ガイドブックで急登が続くとあったがその通り。
d0182075_151108.jpg
しかも登り一辺倒。でも、登って行くとだんだん雰囲気が良くなる。木も大きくなります。
下の木、肉まんさんが手を拡げてくれました。分かります?
d0182075_1522943.jpg
そして良い雰囲気の林。
d0182075_1525952.jpg
天主の舞台と言われるところまで登山口から約1時間。先客が休憩中。
d0182075_1551877.jpg
ここから天主山が見えます。直ぐそこに見えるのですが、ここからが意外に長い・・・。
二度ほどアップダウンをして登ります。
d0182075_1564919.jpg
その前に紅葉が・・・。
d0182075_1572983.jpg
そしてブナの木が増えてきます。良い感じ。
d0182075_1581523.jpg
最後の登りになると土が濡れていて滑りやすい。気を付けて登ります。
周囲にはお花が増えてきました。先ずはアケボノソウ。
d0182075_1592266.jpg
そしてトリカブト。
d0182075_1594927.jpg
山頂の直ぐ近くには大群落。
d0182075_202355.jpg
登山口から2時間10分ほどで天主山(1,494m)山頂。展望は無い。
d0182075_221673.jpg
ここから三方山方面に少し歩いたところで早めの昼食。風来坊はこのところ定番のラーメンとおにぎり。
30分ほど休んで下山しますが、その前に白色のトリカブトがありました!
d0182075_252429.jpg

d0182075_253589.jpg
下りも急ですので慎重に歩きます。途中10名ほどの団体さんを待ちます。
そして滑りやすい箇所を過ぎると雰囲気の良い美林。
d0182075_274059.jpg
ブナの大木。
d0182075_275880.jpg
ブナの枯れ木。
d0182075_281578.jpg
急な坂を慎重に下って登山口へ。下りも1時間40分ほど。結構時間がかかりました。
でも、車のところへ戻ったのは13時くらい。慎重に悪路を戻り、通潤山荘で汗を流して肉まんさんリサーチの麺へ。通潤橋近くの「おちか」。
d0182075_2111831.jpg
小さな店でしたが、結構お客さんが多い。14時半近いのに続々とお客さんが来ました。
出て来たラーメン(530円)。消費税増税のためどのメニューでも一律30円増しと書いてあります。
値段の付け方はいい加減でしたが・・・。
d0182075_2121128.jpg
久々に熊本ラーメンらしいラーメンをいただきました。美味しかったです。

あとは高速をひた走り、家に着いたのは17時30分。朝、家を出たのは4時30分。
脊梁系の山は遠いですね。でも無事に帰れて良かったです。
これからも安全な山歩き、安全運転に気を付けて登りたいと思います。
by furaibow581203 | 2014-09-29 02:15 | 山歩き | Comments(10)
9月27日(土) 晴れ
今日は畑に専念。今までより少し広く場所をいただくことになったので種類を増やしてみる。
2週間前に植えたジャガイマの芽が出ていました。
d0182075_15533296.jpg
ニンジンの芽も出そろいました。
d0182075_1554225.jpg
ダイコンは順調です。間引きして土寄せをする。
d0182075_1555246.jpg
でも、これからは虫との戦いが・・・。特に厄介なのが黒っぽい甲虫。ちょっと触ると下に落ちて分かりにくい。
そしてニンニクも芽が出て来ました。今年は大きく育てることが出来るだろうか・・・。
d0182075_15562068.jpg
そして買ってきたブロッコリーの苗を植える。
d0182075_15564896.jpg
この秋冬の畑です。
一番手前の畝には、水菜とサニーレタス、次がジャガイモ。落花生の奥がニンニク。そしてダイコン。一番奥にブロッコリーと空いたところに九条ネギを蒔いています。
d0182075_1557263.jpg
ただ空き地があるのでまだ使って良いと言われるが、手入れが大変なんですよねぇ・・・。
植えるとしたら、サヤエンドウやソラマメ、タマネギか・・・。
by furaibow581203 | 2014-09-27 16:03 | 野菜作り | Comments(4)
9月25日(木) 晴れ
佐伯から戻って、夜は昔、通った「安呑」へ。
大分ではここと「もっこす」、それに安呑の近くの焼き鳥屋に行くことが多かったのですが、焼き鳥屋は無くなりました。この店は風来坊開拓のお店。今は、駐車場になったので入口も明るいのですが、昔は「とんねる横丁」と言うほど薄暗く奥まった場所にありました。最初に入る時にはちょっと勇気がいるほどでした・・・。
d0182075_3503667.jpg
今は駐車場があるのでとんねるの感じはしません。
先ずは、ポテトサラダで乾杯。
d0182075_3535646.jpg
そして、タイとアン肝。
d0182075_3543581.jpg
これはしっかりと混ぜていただきます。
d0182075_35524.jpg
普通は肝和えと言うと同じ魚で和えることが多いですが、違う魚の肝和えもなかなか・・・。
お酒に会いそうですので日本酒へ。
そして、サンマのたたき。こちらもお酒が進みます(嬉)。
d0182075_3551615.jpg
魚が続いたので連れが肉を注文。ローストビーフ。
d0182075_356466.jpg
二人でいただいていますので結構量があります。
ピザで締めました。
d0182075_3565433.jpg
黒板のメニューを見たら昔懐かしいメニューばかり。お店の大将は愛想は無いのですが味は良いと思います。
大分の魚を満喫した一日でした。
by furaibow581203 | 2014-09-27 04:00 | グルメ | Comments(2)
9月25日(木) 晴れ
朝から大分へ向かい、更に南下して佐伯へ。
昔から疑問に思っているのだが、佐伯の町は大分の方もほとんどが、皆さん「さえき」と発音する。
でも、道路標識は「さいき(saiki)」と表示してある。ウィキペディアで調べると、昭和32年1月までは国鉄の佐伯駅も「さえき」と表示していたらしいが、15日から「さいき」と変えたらしい。
以前、元越山に登って以来の佐伯、久し振りです。昔とは町の中が変わっています。

さて、仕事を終えて昼食。最近は佐伯と言えば寿司のイメージなのだが案内されたのは津久見寄りに走ったところにある「塩湯」。海水を温めてお風呂にしているらしいのだがお風呂より海鮮丼が人気らしい。
d0182075_3323126.jpg
海沿いに建物が並んでいます。
d0182075_333887.jpg
d0182075_3331978.jpg
お風呂の横に食事処があります。平日の12時前なのに既に待ち時間が・・・。
店内にはいけすがあります。魚だけでなく貝類も多い。
d0182075_3344930.jpg
しばらくして席に通される。見ているといけすから魚を選んでいます。
d0182075_3353964.jpg
建物の中からは景色がそれほどではありませんが、外に出るとこんな感じです。
d0182075_3363012.jpg
今日は晴れて、空と海の青がきれいです。こんな日に元越山に登ったら最高ですね。
しばらく待ってようやく海鮮丼(1,200円 税別)の登場。
d0182075_3375813.jpg
魚介類が沢山載っています。ご飯が探せないほど・・・。
上のえびや貝を食べて、ほじくるようにご飯を探します。殻はちゃんと皿が付いてきますのでそちらに載せます。そして完食。
d0182075_3435169.jpg
津久見に近いので帰りは佐伯ICより津久見ICから帰ることに。途中の上浦の夫婦岩。
d0182075_3443726.jpg
でも、良い天気ですね・・・
by furaibow581203 | 2014-09-27 03:46 | グルメ | Comments(4)
9月24日(水) 曇りのち雨
今日は北九州で得意先廻り。10月の異動で転勤する人が送別会に出席出来なかったので、今日一緒に飲むことになった・・・。希望のお店を聞いたら会社近くの「やす多゛」(やすだ)。
d0182075_22164560.jpg
最初に出たのはゴマ豆腐。普通のイメージではゴマ豆腐の角切りがあるのだが具材が上にあり何となく茶わん蒸し風。
d0182075_2220021.jpg
混ぜながらいただきましたが、いきなりの変化球にびっくり。
次はナスの上にアワビのステーキにアワビのキモを和えたものが載っている・・・。
d0182075_22204877.jpg
次はタイの刺身。お店特製のポン酢を掛けていただきます。
d0182075_22214881.jpg
d0182075_2221568.jpg
普通のお店では、刺身の盛り合わせと言うと三種盛りくらいが出てくるのだが一種類とはびっくり。
また、ポン酢でいただくのも珍しいが、これがなかなか美味しかった・・・。
次は、この時期定番のマツタケとハモの土瓶蒸し。
d0182075_22242696.jpg

d0182075_22252298.jpg
仲居さんに言われた通り猪口に材料を乗せた後にかんきつ類を絞ります。確かにその方が美味しい。
次はオマールエビとアマダイの包み揚げ。
d0182075_22274191.jpg
この辺りから洋風に変化します。お寿司は牛肉とフォアグラ。
d0182075_22345944.jpg

d0182075_222918.jpg
これで終わりかと思ったら、牛肉の炙り。
d0182075_2234194.jpg
仕上げはうどんです。
d0182075_22303446.jpg
最後にデザートで今日の料理は終わり。
d0182075_22372640.jpg
でも創作洋風和食のジャンルでしょうか・・・。
なかなか面白いお店でした。多分いつも美味しいものを食べていると言われそうです・・・。
by furaibow581203 | 2014-09-26 22:38 | グルメ | Comments(2)
9月23日(火) 曇り
今日は折角対馬に来たので、山を歩こうと計画。選んだ山は有明山と洲藻白嶽。
この二つは九州百名山に選ばれたことがある対馬の山。九州百名山を目指そうとは思っていないが、最近肉まんさんからお誘いを受ける・・・。多分、いくつかご一緒すると思うのだがそうなれば必然的に九州百名山が増える・・・。ならば、チャンスがある時には登っておこう・・・。
と言うことで先ずは有明山。日が登る前の5時50分ホテル出発!
d0182075_3453524.jpg
登山口の八幡宮神社。
d0182075_346425.jpg
登山口が分かるかなと心配しましたが、神社左横から登り口がありました。先ずは民家の横を通り抜けるようにして登ります。そして、山道へ。
d0182075_348267.jpg
最初は暗かったのですが、道は分かりやすく登りやすいです。
そしてようやく明るくなりました・・・。
d0182075_348582.jpg
下山路に選ぼうとしていた万松院へのコースはダメなようです。
d0182075_352579.jpg
対馬の山(有明山と洲藻白嶽)にはこのような標識がありますので分かりやすい。
d0182075_3511520.jpg
ここが半分くらいの地点でした。
登りながら帰りは久田道から下ろうかと思っていたら・・・。
d0182075_3531953.jpg
ピストンしか選択肢が無くなりました。ここから少し登って1時間20分で有明山山頂(558m)。
d0182075_3543739.jpg
標識の右にあるのが対馬最高峰の矢立山でしょうか・・・。
山頂は草原でススキを刈ってあります。奥に進むと洲藻白嶽が見えます。
d0182075_3564459.jpg
でも、厳原の町は見えません。少し下ったところからでこれくらいの展望。
d0182075_3572057.jpg
次もあるので下山します。途中の広々とした道。S・TAROUさんが好きな三郡山への道の雰囲気がしました。
d0182075_359877.jpg
帰りは清水山近くの山城へ寄り道。
d0182075_40471.jpg
二の丸からは厳原の町が良く見えます。
d0182075_40384.jpg
民家に戻るとダンギク?
d0182075_411091.jpg
折角なので寄り道して金石城跡の楼門。
さすがに朝早かったので誰にも会わず、鹿数匹に出会っただけでした。
d0182075_414842.jpg
そして対州藩の菩提寺、万松院へ。中に入るにはお金が要りますので外から(笑)。
d0182075_443175.jpg
ホテルに着いたのが8時30分。思っていたより早かったので、ホテルの朝食をいただきます。これが昼食代わり。部屋に戻って、ドライヤーで服を乾かして次の洲藻白嶽へ。

県道から白嶽への案内の通りに進んでいくと、割ときれいな道が続きます。でも狭い。離合は大変だなと思って登山口へ到着。9時40分。誰も居ません。先ほどの有明山は早朝でしたので誰にも会わないのは当然と思っていましたが、まさか洲藻白嶽も誰も居ないとは・・・。ちょっとびっくりしながら準備していると、もう一台来ました。ナンバーを見ると地元の方のよう。
d0182075_491199.jpg
先に歩かせていただきました。登山口近くの滝。水がきれいです。
d0182075_410370.jpg
早朝登っていたので後に来た方に追いつかれると思いながら登って行きます。最初はなだらかな道。沢が続きます。小さな沢ですが魚はたくさん泳いでいます。
d0182075_413239.jpg
しばらく歩くと案の定、追いつかれました。道を譲りますが、お話ししながら歩きます。やっぱり地元の方の様子。対馬の山にお詳しいので「HPかブログをされているのですか?」と聞くと「ええ、ちょっと」。続いて「あなたは?」と聞かれたので「風来坊のアウトドアライフと言うブログをやっています」と返事。そうしたら「肉まん(実はここは肉まんさんの本名)さんと歩かれている?」と来ました。お話ししながらもしかしたらと思っていたvisionさんでした。これも何かの縁。ご一緒させていただきました。
d0182075_4183152.jpg
35分ほどで鳥居。ここで少し休みます。
d0182075_4193926.jpg
「ここからがちょっときついです」とvisionさん。私より6歳若いがそれ以上にお若く見えます。
ここから岩が続く道を登ります。下の写真は下りの時の写真です。
d0182075_4221668.jpg
そして山頂まで100mちょっとのところで一休み。
d0182075_4225121.jpg
岩を登って、洲藻白嶽西峰(519m)山頂。奥に見えるのが東峰。登山口から約1時間10分。
d0182075_4245186.jpg
地元では、西峰が男岩、東峰が女岩と言うらしいです。そんなお話を聞かせていただきました。
女岩と言われる東峰の神社に案内していただきました。
d0182075_4273825.jpg
そして風の強い山頂からvisionさんお気に入りのテラスへ。
d0182075_428178.jpg
テラスから見える白嶽が良い・・・。
d0182075_4285298.jpg
ここでのんびりと時間を過ごします。
visionさんから白嶽にまつわるお話を聞かせていただきましたが、肉まんさんが来月対馬の山を一緒に登るそうなのでここでは内緒にしておきます。
下山して、駐車場でお別れ。visionさん、ありがとうございました。
風来坊は滝のところで汗を拭いて、背広に着替えます。飛行機の時間まで余裕がありましたので、万関橋へ向かいますが、洲藻の集落近くからの白嶽です。
d0182075_4323434.jpg

そして万関橋。
d0182075_4333892.jpg
ここはロシアとの日本海海戦を前に堀った水路。回り込むと時間がかかるのですが、ここを抜けると直ぐに島を横断出来ます。そのための水路です。
d0182075_436109.jpg

d0182075_4361843.jpg
16年振りの対馬でしたが、道も良くなりました。一方で昔のお店が無くなり時間の経過を感じました。

でも、驚きの出会いがあり良かったです。肉まんさんの人脈は凄い!
by furaibow581203 | 2014-09-24 04:44 | 山歩き | Comments(14)
9月21日(月) 晴れ
今日は長崎へ。その後対馬へ出張。
仕事を終えて、先ずは昼食。
昔、山馬鹿さんが「ここが良いけど人数が多いから」と行かなかったと思われる共楽園。
先日の出張の際には定休日・・・。今日、ようやく行けました!
d0182075_18545212.jpg
山馬鹿さん、間違っていたらすみません。でも、ここだと思って入ります。
注文は当然チャンポン(720円)。少し待って出て来ました。
d0182075_18554069.jpg
感想は、長崎のちゃんぽんの平均的なお店。平均的と言うと悪いイメージかと思われそうですが、色々な人の好みに対応できそうなお店でした。
見た目はカマボコが目立ちますが、スープは多分嫌いな人は居ないと感じます。野菜の炒め方は好みがありますので何とも・・・。風来坊的には美味しいお店と思いました。

この後、長崎空港から対馬へ。長崎空港の利用は初めてです。
d0182075_18591518.jpg
対馬へは16年振りです。プロペラ機で行きました。
d0182075_18593737.jpg
夜は居酒屋で飲みましたが、「いかのこ」は初めていただく味でした。
d0182075_1902257.jpg
久し振りの対馬の夜を楽しんで明日は山歩きを楽しみます!
by furaibow581203 | 2014-09-23 19:03 | グルメ | Comments(4)
9月21日(日) 曇り時々晴れ
九重の周辺で登ったことが無い山が涌蓋山。
何度かS・TAROUさんに行きませんか?と企画を投げても「あそこは牛のフンが多いから」とつれない返事。
でも、先日うすきハッピーリタイアメントさんと緩木山・越敷岳を歩いた際に聞くと、フンは無い(今は、放牧していない)とのこと。それを話してようやく許可が下りて今日の山行が実現した(嬉)。最初は3名の予定だったが2名で登ることに。二人なので出来るだけガソリン代を節約しようと言うことでエアコンを入れずに運転。
でも、涼しかったので十分。帰りにガソリンを入れたら燃費が12.7km。安く行けて良かったです。
では、その山行をこれから。登山口に着いたのは8時前。数台が既に駐車。準備して8時5分に出発。
d0182075_5101021.jpg
一目山経由で登りますが、最初から花が沢山。先ずはサイヨウシャジン。
d0182075_5105723.jpg
ワレモコウ。
d0182075_5111260.jpg
そしてママコナ。
d0182075_511347.jpg
盛りだくさんのアキノキリンソウ。
d0182075_5115086.jpg
いつもはスタートダッシュのS・TAROUさんも遅れています。
一目山(1,287m)に着いたのは歩き始めて40分近く経ってから。
山の本には15分とありますので3倍近くかかりました(笑)。
d0182075_5125179.jpg
下って行くとこちらにはイブキトラノオ。
d0182075_5133111.jpg
ヤマラッキョウは蕾がほとんどです。
d0182075_5135365.jpg
なだらかな稜線を歩いていたら外西さんにバッタリ。早い時間にお帰りでした。
笹がある道を歩いていると季節外れのミヤマキリシマが少し咲いていました。
d0182075_5154520.jpg
涌蓋山をバックに撮影。
そしてみそこぶし山へ向かいます。山の手前にはホソバノヤマハハコ。
d0182075_5165133.jpg
そして本日の2つ目のピーク。みそこぶし山(1,300m)。
d0182075_5173975.jpg
ここまで1時間45分ですので結構予定より遅い。草原が続くのでつい花を探してしまいます。
涌蓋山まではまだまだ時間がかかりそう。
d0182075_5204585.jpg
マツムシソウはところどころに咲いています。
d0182075_5214542.jpg
今日の道草隊隊長はこの方・・・。
d0182075_5222410.jpg
そして涌蓋越から樹林帯を登ります。これからが本格的な登り。
d0182075_523533.jpg
10時45分、3つ目のピーク、女岳。
d0182075_5233160.jpg
ガスっていましたのでここが山頂かと思いましたが先がありました。直ぐにガスが晴れて涌蓋山まであと少し。
d0182075_5241141.jpg
ここから花が増えました。
d0182075_525529.jpg
コオニユリが残っていました。
その近くにはイヨフウロ。色の濃いものと淡いものが。
d0182075_525525.jpg
d0182075_526240.jpg
そして途中では咲いていなかったヤマラッキョウが咲いていました!
諦めていただけにうれしかったです。
d0182075_5264481.jpg
さらにこれはイワギク?
d0182075_527796.jpg
登り詰めると平坦な草原。リンドウがあちこちに咲いていました。
d0182075_52843.jpg
念願の涌蓋山(1,500m)。登り始めて約3時間。11時過ぎです。
d0182075_528559.jpg
ここで昼食タイム。今日はラーメンとおにぎり。おにぎりは先週と同じ京都のちりめん山椒をまぶした手製のおにぎり。S・TAROUさんにもおすそ分け。食事はおいしくいただいたのですが、ガスって展望はありません。ちょっと残念でしたが今日の天気予報からすればこれで十分。
そして、食べ終わる頃にどこかで見た犬が・・・
d0182075_5305361.jpg
悟空さんのご家族です。まさかここでお会いしようとは・・・。差し入れもいただきありがとうございました。
30分ちょっと休んで下山します。11時40分。
帰りは少し違うルートを選びました。他にも花が無いかと思ったのですが、なかなかありません。
でも、センブリがありました!
d0182075_5334025.jpg
帰りは1時間50分ほどで下山。13時30分前でしたので長者原へ寄り道。

花が目当てでしたが少し遅かったようです。
d0182075_536387.jpg

d0182075_5364876.jpg
d0182075_5365660.jpg
お風呂はチープな筌の口温泉。200円。
d0182075_5373771.jpg
ちゃんと石鹸とシャンプー用意していました(笑)。
帰りもエアコンを切って運転。さすがに福岡市内に入ったら入れましたが、燃費が良い運転が出来ました。
S・TAROUさんも涌蓋山を見直してくれて良かったです。
by furaibow581203 | 2014-09-22 05:41 | 山歩き | Comments(14)
9月18日(木) 晴れ
今日は若い人が多い社内の会議。秋に退職する人もいて会議の後に送別会がありました。
場所は大名の「TAKA’s KITCHEN」。少し遠いですが渡された地図を見ていたら以前行ったことがあるお店の2階。迷うことなく行けましたが、初めての人は分かりにくいかも・・・。
1階の狭い入口から入り、2階の階段を登ると・・・。
d0182075_2475736.jpg
店内はこんな感じです。カウンター側からの景色。
d0182075_2482964.jpg
入口近くが広くてそこで会食。メニューはちゃんと会社名を入れて印刷してくれています。
d0182075_2511119.jpg
壁にはプロジェクターで会社名など写してくれて演出が良いです。ここなら何かの二次会などでも使えそう。
感じの良いお店でした。
先ずはビールで乾杯。4人分の料理が盛られて来ます。
d0182075_2531087.jpg
直ぐ後にカルパッチョ。
d0182075_2535150.jpg
更にサラダです。
d0182075_254285.jpg
下の写真の様に溶かしたチーズを付けていただきます。
d0182075_25512100.jpg
メインのローストビーフ。
d0182075_2553950.jpg
この頃は既に酔っていて食べたのか忘れてしまいました(笑)。
この後パスタなど出ましたが、写真は無し。最後にはケーキも出て来ました。
d0182075_2564577.jpg
プロジェクターの画面も少しずつ変えて、演出さすがです。
最後に全員で写真撮影して食事会の終了。
風来坊は帰りましたが、二次会やその後にラーメン(替え玉まで)まで食べた人もいてびっくりしました。
でも、TAKA’s KITCHEN、良いお店でした。
by furaibow581203 | 2014-09-20 03:00 | グルメ | Comments(2)
9月15日(月) 曇りのち晴れ
先週3匹に終わったキス釣り、非公開コメントでも今年は不調との連絡をいただいていた。
でも、9月半ばで終わるのは寂しい・・・。と言うことで今日も出かけてみました。
いつもの釣具屋で情報を仕入れると、博多湾内の生の松原や大原では小さいながらも釣れているらしい。
でも、湾内より外の方が良いので、野北へ向かう。
d0182075_357438.jpg
最初はフグ。二投目にキスらしきアタリが・・・。でも小さなアタリ。
釣れていましたので取りあえず写真を撮りました。
d0182075_3592465.jpg
まさか、これが今日最初で今シーズン最後のキスになるとは思いもしませんでした・・・。
この後、場所を変えてもフグばかり。幣の浜に移動しましたが、一投目で仕掛けが根がかりして切れました。
そこで、もう気力も切れて・・・、今シーズンの釣り納めとしました。

まだ、早い時間でしたので13日に手入れした畑へ向かいます。
途中の田んぼの稲穂が色づき、ヒガンバナが綺麗でした。
d0182075_424198.jpg
昨年から3畝ほど借りていましたが、他の方が年齢や病気で厳しいとのことでいくらでも良いと言われますが結構広いのでそこまでは厳しそう。13日には3畝植え付けをしました。
d0182075_445024.jpg
一番手前にはじゃがいも。二番目は落花生。こちらは発芽率が悪く、数株しか成長していません。3番目にはニンニク。一番奥には大根とニンジン。
この畑までは遠いので、ガソリン代など考えると買った方が安い(笑)。完全に遊びですね。
じゃがいもの土寄せをして、周りの雑草を抜き、水をまいて今日の作業は終わり。午前中に済ませました。

午後からは、福岡市博物館へ。久し振りです。
d0182075_494935.jpg
大河ドラマの軍師官兵衛展。
d0182075_4101815.jpg
人はそれほど多くは無いもののなかなか進みません。
でも、ドラマで見ているので流れを整理できて良かったです。終わったら横の図書館で本を借りて帰ります。
この三連休、天気も良くて良かったです。キス釣り以外は・・・(悲)。
by furaibow581203 | 2014-09-16 04:14 | キス釣り | Comments(2)