ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7月26日(土) 晴れ
今日は夕方早い時間から仕事が。日曜日も仕事です。
午前中に山かキス釣りのどちらかを選ばねば・・・。 仕事があるので危険性の少ないキス釣りを選択。
いつもの野北へ向かいます。5時半過ぎに釣り始めます。
d0182075_424927.jpg
でも、今日は波は高くは無いもののうねりが残っていて余り釣れません。
そこで水深が少し深い大口海岸へチェンジ。
d0182075_4255679.jpg
ここでは釣れるのですが、サイズが小さい。夏のこの時期は仕方ないと言えばそうなのですが・・・。
d0182075_426419.jpg
それでも、投げる度に少しずつ釣れますが、風も強くアタリが分かりにくく面白くありません。
おまけにこんなのが引っかかって、仕掛けが絡んでしまいました。
d0182075_428977.jpg
30分ほど格闘してようやく仕掛けをほどくと・・・。
d0182075_428435.jpg
海水浴の人が増えていました。9時40分には納竿。今日は小さいサイズが21匹。またリベンジせねば・・・。
by furaibow581203 | 2014-07-30 04:30 | キス釣り | Comments(6)
7月22日(火) 曇りのち晴れ
早池峰山を終えて、次に行こうと決めていたのが遠野市。遠野物語(柳田國男)で有名なところです。
また早池峰山を昔から信仰していたのが遠野の人たちなのです。
先ずは遠野市市立博物館で色々と鑑賞。VTRがたくさんありますので結構時間がかかりました。
特に地元の方がお話しされている言葉は方言ですので少し聞き取りにくいところがありますが、それはそれで風情があります。VTRの終わりには「どんどはれ」で終わります。昔、NHKの朝ドラであっていたような・・・。館の方に聞いたら「おしまい」と言う意味だそうです。

観光するスポットを聞いたらカッパ淵が多いそうです。ならば行ってみようと…。
d0182075_5392588.jpg
車を駐車場へ停めて歩きます。歩いて行くと常堅寺から入るようです。
d0182075_5402950.jpg
お堂の横を抜けると・・・。木の棒はカッパをイメージして彫ってありました。
d0182075_54101.jpg
案内板があります。川は小さくカッパが居たとは思えないような流れです。
d0182075_5415456.jpg
こんな碑が。
d0182075_5421163.jpg
お寺に引き返してみると…。
d0182075_5423360.jpg
行く時に何気なく見たのですが、よくよく見ると頭に皿が・・・。
d0182075_5431787.jpg
面白いですね。
実はここに行くまでにびっくりしたと言うか、初めてのものを見ました。
d0182075_544167.jpg
ビールのホップです。
d0182075_5443564.jpg
実の大きさはこんな感じ。
d0182075_5445712.jpg
遠野が日本で一番ホップを作っているとは知りませんでした。
日ごろから風来坊がお世話になっているところなのですね。意外なつながりにびっくり。

この日は仙台の近くまで走って、車中泊。翌日の天気予報が悪かったので早めに帰ることに決めました。今回はマイレージを使って飛行機を予約したのですが、マイレージの場合、空席があれば当日の他の便への変更が可能なのです。ANAに電話したら空席があると聞きましたので早く帰るようにした次第です。
それでも翌朝、蔵王に行ったのですが強風とガス。諦めて下の遠刈田温泉で汗を流して、宅急便で重いものを送って9時過ぎに仙台空港へ。11時40分発のANAで帰りました。
途中で見えた北アルプス。
d0182075_5502763.jpg
来年の9月の五連休に槍ヶ岳に行ってみたいですね・・・。
今回は、ホテルはポイントを使ったので宿泊代は700円のみ。レンタカー26,000円、ガソリン代13,000円、高速代8,600円が大きかった(5日で1,270㎞走ったので仕方ないですね)ですが、他は一仙の飲食6,000円、かねにのそば1,600円以外は外食もせずチープな旅をしました。他では酒代が一番かかったかも(笑)。
今回の東北の山歩きと観光は、これで、どんどはれ!
by furaibow581203 | 2014-07-29 05:52 | 遊び | Comments(2)
7月22日(火) 曇りのち晴れ
今回の東北の山で登りたかったのは白神岳と早池峰山。週間天気予報ではこの日が好天だったのと今日は平日なのでゆっくり出来ると思って最初からこの日に決めていた。盛岡のホテルを3時過ぎに出発。4時半ごろ河原坊駐車場へ到着しました。5時前ならマイカー規制にかからないと聞いていたからです。
さすがに平日だからか車も少ない。準備をして5時に出発。
d0182075_3414137.jpg
ガスっている森の中を歩いて行くと先ずはクガイソウ。
d0182075_3421921.jpg
昨日と同じガスっている登山路。
d0182075_3424557.jpg
こちらのコースは渡渉を何度かします。
d0182075_3431166.jpg
そして何とかカラマツソウ(苦笑)。
d0182075_3434258.jpg
ダケカンバの林の中を登ります。
d0182075_344555.jpg
センジュガンピが・・・。
d0182075_3443436.jpg
こちらはミソガワソウ?
d0182075_3445325.jpg
段々、木が低くなってきました。
d0182075_3451865.jpg
すると今日初めてのウスユキソウ。ミネウスユキソウでしょうか・・・。
d0182075_345583.jpg
そしてミヤマホツツジ。
d0182075_3464996.jpg
ミヤマオダマキも・・・。
d0182075_347924.jpg
花がどんどん出て来ます。ガスもまだまだ多い・・・。
d0182075_3474248.jpg
ハクサンチドリもきれい。
d0182075_348362.jpg
濡れていたんでいたコメツツジ。
d0182075_3482985.jpg
こちらは少し違うウスユキソウ。
d0182075_349081.jpg
いくつもあるので何ウスユキソウなのか分からなくなりました。それくらいウスユキソウが多かったです。
そして、岩の苔に咲いていたイブキジャコウソウ。きれいでした。
d0182075_350683.jpg
足が動かなくなります。次はナンブトラノオ。
d0182075_3505260.jpg
そして、チングルマの翁。
d0182075_3512456.jpg
まだまだ花が続きます。こちらはタカネシュロソウ?
d0182075_352330.jpg
これはシロバナトウチソウかな。
d0182075_3534374.jpg
アズマギクも増えてきました。
d0182075_3541125.jpg
そしてようやく見つけたハヤチネウスユキソウ。
d0182075_3544492.jpg
もこもこしたガクが何とも言えません。
次はナンブトウチソウ。
d0182075_3561252.jpg
チシマフウロもありました。
d0182075_3563484.jpg
気がつくと少しガスが晴れてきました(嬉)。
d0182075_3572586.jpg

d0182075_3573998.jpg
そして登り始めて2時間ほどで御座走りへ。
d0182075_3582447.jpg
思っていたより急な登山路です。岩場にはロープも。
d0182075_3591665.jpg
でも、岩の間にも花がたくさん。この辺りにはミヤマオダマキやウスユキソウが嫌と言うほどありました。
そしてコミヤマハンショウヅル。
d0182075_40157.jpg
千畳ガ岩には7時35分到着。
d0182075_403376.jpg
山頂がどんどん晴れていきます。嬉しい。
下に蕾があったのですが、上の方でウメバチソウが咲いていました。
d0182075_425742.jpg
ロープに続き鎖場もあります。意外に手強い早池峰山です。
d0182075_434523.jpg
ハクサンシャジンも咲いています。
d0182075_443511.jpg
そして朝のガスで濡れたハヤチネウスユキソウ。何とも言えません。
d0182075_462884.jpg
ヨツバシオガマはアップより遠くからがきれいです。
d0182075_47535.jpg
そして登り始めて3時間。8時5分に早池峰山山頂(1,917m)。
d0182075_475818.jpg
遠くに岩手山が見えます。
d0182075_48208.jpg
山頂で周りの景色を見て休憩。
晴れていますが涼しい。でも少し風が強くなってきました。30分ほど休んで小田越へ下ります。
賽の河原には木道が。自然保護ですね。
d0182075_410357.jpg
この辺りは登山路とは花が違います。
キバナコマノツメ(信ちゃんさんのブログを参考にしました、ありがとうございます)。
d0182075_4105741.jpg
それにコイワカガミの群落。
d0182075_4112245.jpg
チングルマもここでは花が残っていました。
d0182075_4114813.jpg
下山し始めてしばらくすると結構長いハシゴが。二段になっています。上は二つありましが下は一つ。待ち合わせしながら登り下りしなければなりませんが丁度人が少なく待つことなく下ります。
d0182075_414573.jpg
ここを降りて歩いていると目立ってきたのがこれ。
d0182075_4153179.jpg
サマニヨモギと言うらしい。地元の方らしき人がこれは北海道と本州では早池峰山にしかないと教えてくれます。(後で図鑑で調べると八幡平にもあるようですがここは個体数が多いです)。
そしてミヤマアケボノソウ。写真を撮っている人がいて初めて気付きました。
d0182075_4191678.jpg
再びガスって来ました。
d0182075_420018.jpg
岩場に似合うホソバイワツメクサ。
d0182075_4204053.jpg
下から登って来る人が増えてきました。
d0182075_4212348.jpg
タカネナデシコにキンロバイ。
d0182075_4214864.jpg
d0182075_4215915.jpg
岩場も終わりかけ。さようならハヤチネウスユキソウ、ミネウスユキソウ。
d0182075_4224523.jpg
d0182075_4225468.jpg
再び森の中へ突入。こちらを下っていると何か所かに木にぶら下がった缶。
d0182075_42330100.jpg
もしかして熊除け?と思っていたら、登って来た監視員の人からそうですと教えていただきました。朝早い時間にはこれを鳴らしながら登るそうです。四か所くらいありました。
そして、10時10分小田越登山口。
d0182075_4254222.jpg
下は晴れているのですが山頂はガスっています。本当に山は早い時間に登るのが良いですね。
ここから舗装路を歩いて、河原坊駐車場まで歩きます。道路脇にはヤマオダマキがたくさん。
d0182075_428682.jpg
d0182075_4281522.jpg
黄色のヤマオダマキも多かったです。
そしてホタルブクロ。
d0182075_4285122.jpg
宮沢賢治の碑がありました。河原坊の駐車場の直ぐ近く。
d0182075_4294678.jpg
駐車場に帰って山頂を見ると少しは晴れてきたようですがまだまだガスがかかっています。10時40分。
d0182075_43056100.jpg
降りてから早めの昼食。カップラーメンをいただきました。
期待していた早池峰山、期待以上の花と好天に恵まれました。満足、満足。
by furaibow581203 | 2014-07-28 04:33 | 山歩き | Comments(6)
7月21日(月) 曇り時々晴れ
八甲田山を楽しんで、酸ヶ湯温泉で汗を流した後は、奥入瀬渓流の観光へ。そこへ行く途中の森がとてもきれい。思わず車を停めて撮影します。
d0182075_13554243.jpg

d0182075_13561976.jpg

そして奥入瀬渓流へ。奥入瀬渓流館で見どころなど聞いたところ、石ヶ戸(いしがど)に車を置き、そこから子ノ口(ねのくち)まで9kmを歩いて、バスで戻るのが一番ですと教えていただく。バスの時刻表もいただき、先ずは石ヶ戸へ。
10時55分から歩く。渓流館の方からは3時間ほどかかりますと聞いていたが出来れば早めに済ませたい。子ノ口からのバスの時間を見ると、13時6分、13時36分がある。出来れば前のに乗りたい。そう思いながら出発。
d0182075_13544290.jpg
良いですね。言葉は要らない。
d0182075_13582394.jpg
静かな流れのところもあります。
d0182075_13584328.jpg
そして、良く写真などで紹介されているのが「阿修羅の流れ」です。
d0182075_13592538.jpg
d0182075_13593241.jpg
更に歩いて行くと「飛金の流れ」
d0182075_1402118.jpg
奥入瀬渓流は、流れと歩道と車道がほぼ並行してあります。車の排気ガスが気になるのがちょっと残念でしたが、流れのすぐ横をほぼずっと歩けます。
d0182075_1421864.jpg
滝もあります。こちらは「白糸の滝」
d0182075_143919.jpg
再び渓流
d0182075_1441192.jpg
上の場所では絵を描いている人が二人。ポイントなのでしょうね。
d0182075_145496.jpg
渓流だけでなく森も良い。
d0182075_1452753.jpg
またまた渓流。
d0182075_146674.jpg
橋の上からの渓流。
d0182075_1462873.jpg
そして子ノ口近くの銚子大滝。
d0182075_147185.jpg
ここまで来るとあと1.4kmです。何とか13時6分に間に合いそう。そう思いながら歩いて行くと水門がありました。これで水量を調整しているらしい。ですから奥入瀬渓流が保たれるのですね。
d0182075_14111953.jpg
道にはヤマアジサイやウバユリがありましたが、最後にトリカブトがありました。
d0182075_141279.jpg
そして13時過ぎに子ノ口。十和田湖です。
d0182075_14124280.jpg
13時30分に石ヶ戸へ戻り、盛岡のホテルへ。本当はもう少し早くホテルへチェックインしたかったのですが、奥入瀬渓流、ずっと見れて良かったです。
16時頃にチェックインして、先ずは洗濯。そして、ビールを飲みながらPCでブログの速報を作成。
明日は3時ごろに出発するつもりなので結構、忙しかった。食事もコンビニのおかずなどで簡単に。
明日はいよいよ早池峰山。楽しみにしてzzz・・・。
by furaibow581203 | 2014-07-26 14:19 | 遊び | Comments(6)
7月21日(月) 曇りのち晴れ時々曇り
駐車場で夜中1時頃目を覚ますと、外は霧雨。
昨日の白神岳は夜中に星が見えたので晴れるのではと期待したが、さすがに2日連続は無理か・・・。
そう思いながら、二度寝。そして4時過ぎに起きると雨では無いがガスが・・・。でも、取りあえず登る!
準備している間に隣の車でも準備をしている・・・。皆さん、登る気満々。
で、4時45分に出発。駐車場はこんな感じで車は少ない。
d0182075_333404.jpg
駐車場の南東の方向が登山口。看板がありますので分かります。
そこから入ると大分古い鳥居があります。そこをくぐって登り始めます。
d0182075_3342113.jpg
雨で登山路は濡れています。でも百名山だからなのか登山路が崩れないように整備してあります。この辺りは硫黄臭がしていましたが、火山ガス注意の看板もあります。確かに臭う・・・。
d0182075_3363489.jpg
少し周りが見える場所でもこんな感じ。ガスっていました。
d0182075_3371266.jpg
そして森を抜けるとガレ場。やっぱりガスっています。
d0182075_338058.jpg
ガスが多いのでこの辺りにはガスに強い植物しか生息できないと書いてあります。
d0182075_3385138.jpg
しばらく登るとガスに強い花が咲いていました。ゴゼンタチバナとアカモノの群落。
d0182075_3405945.jpg
そしてイワシモツケ。
d0182075_3413715.jpg
少し登ると匂いがしなくなりました。この辺りから花が増えてきます。ミヤマキンポウゲ?
d0182075_343498.jpg
アオノツガザクラかと・・・。
d0182075_3432738.jpg
オトギリソウも咲いていました。
d0182075_3444126.jpg
さらにマイヅルソウ。
d0182075_345656.jpg
ミヤマキンバイ。
d0182075_3452847.jpg
ミヤマホツツジ。とりあえずミヤマを冠につけます(笑)。
d0182075_3464889.jpg
そしてヨツバシオガマ。
d0182075_3473316.jpg
でも、雨で濡れているので花が傷んでいるのが残念。登って行くと木道が。この辺りも花がたくさん。
d0182075_3482130.jpg
チングルマは終わっていました。
d0182075_3492067.jpg
登り始めて1時間20分ほどで八甲田清水。
d0182075_351346.jpg
あんまり暑くなかったのですが、昨夜のお酒が汗となっています。塩と共に水をいただきました。
この辺りも花が多い。木道が続きます。するとこの辺りではイワイチョウが目立ちます。
d0182075_3524822.jpg

d0182075_3525933.jpg
チングルマが何とか咲いていました。
d0182075_3534045.jpg
イワイチョウとコイワカガミの群落。
d0182075_3541189.jpg
ツマトリソウもなんとか。
d0182075_3543770.jpg
こんなに花があると思っていなかったのでびっくりしました。
更に歩くと雪が残っています。さすが青森、八甲田山です。
d0182075_3561225.jpg
この辺りではイワザクラの大群落。でも濡れていて下を向いています。
d0182075_3563228.jpg
湿原を過ぎると再び低い森へ。この辺りになるとアオモリトドマツが多いです。
d0182075_3574971.jpg
下ってくる登山客に出会います。「山頂は晴れていましたよ、でも保証は出来ませんが・・・」と。
もう少し早い時間に登れば良かったかなと思いながら、少し急ぎます。
d0182075_401464.jpg
山頂近くから晴れて来て山頂(1,585m)は晴れ!2時間ほどで着きました。
登って来た南側のコースには雲海が・・・。
d0182075_423378.jpg

d0182075_424539.jpg
北の方は本物の海。陸奥湾がきれいに見えます。
d0182075_432595.jpg
東には井戸岳と赤倉岳
d0182075_43572.jpg
そして西には岩木山がくっきり。
d0182075_443773.jpg
まさかの展望にうっとり。20分ほど景色を堪能します。山頂近くで駐車場の隣に居た女性に追いつきました。お話しすると息子さんが高校で登山部に入ったのを機に登り始めたとのこと。八戸から来たと聞きましたが、その時には八戸がどこにあるかは分かりません。
そして、下山します。山頂にはウサギギクが目立っていましたが株はそんなに多くない。
下り始めたところに、青いものが・・・。 ミヤマオダマキです。
d0182075_484845.jpg
こちら側はガスもなく安心して下れます。
d0182075_492880.jpg
15分ほど下るとほぼ平坦な道を歩きますが、避難小屋の辺りにウメバチソウとショウジョウバカマ。
d0182075_4101862.jpg

d0182075_4103245.jpg
そして低木のあるところを歩いているとギンリョウソウも。
d0182075_4112233.jpg
再び木道がある上毛無岱で見たのが、ウラジロヨウラク。
d0182075_4123668.jpg
湿原と言えばミズバショウもありました!
d0182075_41359.jpg
木道が続きます。この辺りでは登山客とすれ違います。そしてワタスゲ。
d0182075_4135082.jpg
だんだん、黄色のキンコウカが増えてきます。
d0182075_414194.jpg
そして階段の上から見える下毛無岱。
d0182075_415813.jpg
こちらに下るとキンコウカばかりが目立ちます。ここはもう少し早い時期が良さそうです。
でも、ハクサンシャクナゲに出会いました。
d0182075_416429.jpg
木道を終えると再び、森へ。この辺りにはブナが多かったです。
d0182075_4165020.jpg
登り始めて4時間20分で酸ヶ湯温泉へ。ここから5分で駐車場。酸ヶ湯温泉に車で引き返し汗を流しました。
d0182075_4185229.jpg
雲海を見れて満足、花も意外に多くて満足の八甲田山大岳でした。
by furaibow581203 | 2014-07-26 04:20 | 山歩き | Comments(6)
7月20日(日) 晴れ
仙台からはるばる500km。今日は雨でも白神岳を登るつもりで、昨日就寝。
でも、雨は嫌だなと思って夜中に目が覚めると星空が・・・。でも期待しないようにと思い、二度寝。
目が覚めたら4時半。明るい。晴れています!慌てて準備して白神岳へ。
d0182075_1811288.jpg
駐車場へ着いたら1台だけ。風来坊が着いたことで起こしたようです。
話をしたら三沢から来たとのこと。
d0182075_181218100.jpg
話している間に続々と車が来ます。山の天気は変わりやすい。早めに出発しよう!5時半に出発。
しばらく歩くと登山口。昔はここに駐車していたようですが数台しか駐車出来ません。
今は下の広いところが駐車場と言うのは当然ですね。
ここから入るといきなりブナが・・・。
d0182075_18162353.jpg
登り始めて30分ほどで分岐。安全なマテ山コースを選択。もう一つの二股コースは最後が急登。しかも沢を渡る。前日大雨警報でしたので無難なコースを選びました。しばらく登ると最後の水場。
d0182075_18233327.jpg
力水をいただきます。ここからがブナ林の連続。その前にクルマユリ。
d0182075_18254053.jpg
そして世界遺産のブナ林が始まります。
d0182075_18261016.jpg

d0182075_18262194.jpg
d0182075_18262894.jpg
ブナ林を堪能しながら登ります。下の花の名前が分かりません。サツマイナモリに似ていますがちょっと違います。
d0182075_18282463.jpg
白神岳はてっきり山頂までブナ林かと思っていたが、上の方は草原になる。昨日の雨で服は濡れてしますが、ここからは花が楽しめました。
d0182075_20552170.jpg
先ずはハクサンシャジン。
d0182075_20584518.jpg
次は、オオバギボウシ。
d0182075_20593490.jpg
そしてイブキトラノオの縦並び。
d0182075_2105230.jpg
こちらはタカネシュロソウ?
d0182075_213168.jpg
濡れながら登って行くとお花畑。
d0182075_2133365.jpg
ニッコウキスゲもきれいに開いています。
d0182075_216711.jpg
そして8時40分頃、白神岳山頂(1,235m)へ。3時間10分ほど。
d0182075_2163754.jpg
雨を覚悟して登りましたが山頂から周囲の景色も楽しめました。白神山地の山々です。
d0182075_2173996.jpg

d0182075_2175021.jpg
山頂で一緒になった人からは遠くに見えるのは鳥海山ではと教えていただきました。
三沢から来た若者も山頂に来ます。二股コースを登ってきたとのこと。話を聞くとちょっと厳しそう。当初の予定通りマテ山コースを下る。9時5分に下山開始。下り始めるとガスが湧いてきました。良い時間に登ったようです。下る途中で団体さんに出会いましたが、先導していた方(地元の方っぽい)は、もう晴れないかもとお話しされていましたので良かったです。
登りの時には気付かなかった蟶山(まてやま、841m)へ。この辺りもガスって来ました。
d0182075_21144210.jpg
珍しい字ですね。下りは2時間25分で下山。
今回の山歩きで登りたかった山の一つの白神岳。良い天気に恵まれて大満足。

これから岩木山へ向かいます。その前に温泉。名前も不老不死温泉。
d0182075_21173064.jpg
海辺にありますが、その前に手前の風呂で綺麗にして、服を着て行きます。行く途中は他の人に見られますので服を着ないと大変です。混浴では無いですが、海辺の風呂は右が女性、左が男性になっています。
d0182075_21191529.jpg
青い海、青い空を見ながらの温泉。満足しました。
次は岩木山へ。山は見えますが山頂は雲が・・・。折角ですので行ってみます。
d0182075_2122511.jpg
時間がありませんので八合目まで車で登ります。1,800円の有料道路。そして駐車場からリフトで登ります。14時20分。
d0182075_2123237.jpg
八合目からはガスっています。でもリフトからは景色を楽しめました。
d0182075_2133726.jpg
昨日は雷雨だったそうなので、これだけでも満足しなければなりません。
リフトを降りて登って行くとガスが少し晴れ山頂が見えました!
d0182075_2135915.jpg
また、ここから少し登ったところで一瞬ガスが晴れ下も見えましたので良かったです。そして、15時に岩木山山頂(1,625m)。
d0182075_21361451.jpg
下りはリフトを使わず登山路を下る。途中にあった花、何でしょうね。
d0182075_21365963.jpg
15時50分に下山。短い間でしたが、青森の二山目を登れて良かったです。
ここから弘前経由で八甲田山の麓の酸ヶ湯温泉近くの駐車場へ。弘前城は結構広く、門しか見ませんでした。そして、酸ヶ湯温泉近くの無料駐車場で宿泊。
着いた時には、霧でさすがに明日は厳しいかと思いながら、ビールとお酒、おつまみを食べて爆睡。
一日に離れた山を二つ登るのはしんどいですね。明日からは一つにしようと思いながら寝ましたzzz。
by furaibow581203 | 2014-07-23 21:52 | 山歩き | Comments(6)
7月19日(土)曇り時々雨
例年ならお盆の前後に夏休みをいただいていた・・・。
でも、今年はこの時期に取ることにした。理由は、風来坊が行ったことが無い県が青森県・秋田県・鳥取県の3県。先ずは東北の2県に行きたい。行くなら東北の山も楽しみたい!お盆の前後は飛行機も混む。
で、海の日を中心とした三連休に夏休み2日を加えて東北へ。昨日は仙台で牛タンで腹ごしらえ。

朝起きて天気予報を確認すると今日行く予定の秋田方面の天気が悪い。最初は栗駒岳でも少し寄ってと思っていたが、雷注意報も出ていたので観光へ切り替える。
8時にレンタカーを借りて、先ずは乳頭温泉へ。有名なところです。行くなら「鶴の湯」との情報は既に入手しています。240kmほどで鶴の湯の入口へ。この時点で11時半。
d0182075_16143159.jpg
手前で見えた秋田駒ヶ岳はガスで見えませんでした。
d0182075_1615980.jpg
後で地元の方に聞いたらこの時期はガスがかかっていることがほとんどとのこと。
早朝で無いと厳しいでしょうね、きっと。
入口から4kmほど走ってようやく鶴の湯へ。TVでも見たことがあります。
d0182075_16164385.jpg
入口をくぐると左右に建物。休憩所や風呂場のようですが、どこでお金を払うか分からない・・・。出会った人に聞いたらここでと教えてもらった料金所。
d0182075_16184748.jpg
500円でいよいよ温泉へ。でもほとんど汗をかいていないので何となく変な感じ。
奥の混浴大露天風呂へ。でも当然ながら女性は誰も居ません(笑)。
d0182075_16203219.jpg
ここの湯は下から湧いてくるそうです。ですから下は砂利が敷いてあります。
d0182075_1621166.jpg
雰囲気を味わって、次の角館へ向かう。
途中の展望台で田沢湖が見えました。
d0182075_16283274.jpg
角館に着いたのが13時前。以前秋田で勤務していた人に聞いていた風雅へ向かうが予約で貸切。諦めて車を走らせていると角館名物の蕎麦との看板。思わずそこへ。
d0182075_1631543.jpg
店内に入ると「あゆ天そば」(1,600円)がお勧めらしい。
先に入っている人も注文して食べていましたので迷わず注文。
しばらくして出て来ました。鮎はまずまずの大きさ。頭から全部食べれると言う。
d0182075_1634715.jpg
このあゆの天ぷらが絶品でした!骨も柔らかく、薄い塩味が鮎の美味さを引き立てていました。満足。
お腹を満足させて、角館の武家屋敷の観光へ。
d0182075_1639676.jpg
今まで見た武家屋敷は道が狭い、でも、ここは広い。武家屋敷と言うと敵に攻められにくいように道幅は狭かった印象だがここは違う。一番展示が多い青柳家へ。
d0182075_16421048.jpg
入って直ぐに屋敷入口。昔の家だと感じるのは入り口が低いこと。
d0182075_16425819.jpg
館内はカメラOK。風来坊はフラッシュをたかないのだが安心して撮影。
先ずは台所です。
d0182075_16462038.jpg
そして江戸時代の武具が飾ってあります。火縄銃や刀剣。
d0182075_1647348.jpg
d0182075_16471542.jpg
鎧兜もあります。
d0182075_16474250.jpg
屋根裏にも展示。さすがに天井が低い。
d0182075_16481172.jpg
さらに進むと明治時代の展示。カメラや軍服。
d0182075_16491028.jpg
d0182075_16491928.jpg
青柳家を出ると少し人が増えていました。今日は天気予報が悪かったのでこれくらいでしょうが、もっと多くて良いところです。
d0182075_16505270.jpg
角館の観光を済ませて向かったのが男鹿半島。
半島の入口には、この地方独特の「なまはげ」が迎えてくれます。
d0182075_1652349.jpg
折角、男鹿半島に来たので近場の寒風山へ。
d0182075_16535257.jpg
車で登りました(笑)。この時間帯は大雨警報が出ていたのですが雨は降らず・・・。
なまはげ館を目指したが、子供連れが多かったので入館せず本日の宿泊地へ。
途中、西側にこんなものが・・・。
d0182075_16563386.jpg
d0182075_16564462.jpg
雪よけでしょうかね。
能代市を通り、八森の道の駅へ。18時40分。
d0182075_16581584.jpg
ここはギリギリ秋田県。秋田の地酒を楽しみます。真ん中の「雪の茅舎」が美味しかったです。
d0182075_16591955.jpg
大雨警報の出ていた能代市、この日は花火大会でしたが無理と思っていたら19時30分過ぎに雷かと思う花火の音が聞こえてきました。30km離れていましたが、音だけ楽しみながらzzz・・・。
仙台からここまで490km。疲れました・・・。
by furaibow581203 | 2014-07-23 17:03 | 遊び | Comments(2)
7月18日(金) 晴れ時々曇り(福岡)
仕事を終えて、19時15分発の飛行機で仙台へ。仙台駅へ着いたのは22時前。
予約した「一仙」へ歩く。ここは会社の人から教えてもらい今日が三度目の訪問。
d0182075_4385043.jpg
お店は地下にあります。週末で賑わう店内へ入って「真とろたん定食」(2,550円税別)を注文。
d0182075_4412666.jpg
ビールを飲んで待っていると出て来ました!
d0182075_442812.jpg
厚めに切った真とろたん。食べるとこんな感じです。
d0182075_443097.jpg
たんを食べながら、ビールの次は日本酒へ。東北は日本酒の宝庫です。
d0182075_444664.jpg
追加でほや酢(780円)を注文。東北ならではのお酒のアテ。
d0182075_4462297.jpg
日本酢は乾坤一と一ノ蔵を合わせて二合半ほど。明日の運転に差し支えないところで止めます。
最後に定食のご飯とスープをいただきます。ご飯は半分にしていただきました。
d0182075_4472070.jpg
いよいよ明日から東北の山歩きと観光。明日は天気が悪そうなので観光になるかも・・・。無理せずに楽しみます。では・・・。
by furaibow581203 | 2014-07-19 04:49 | グルメ | Comments(8)
7月12日(土) 曇りのち雨
今週は台風8号の影響を受けて、右往左往の毎日。風来坊の出張にも影響が・・・。
そんな状況だったので山のことは後回し。10日大過なく台風が過ぎてホッと・・・。週末は土曜日がまずまず、日曜日は曇り予報となった。釣りと山をどうしようかと思っていたら、11日の朝6時にかずさんから山のお誘い。
出勤前に突然のメール。とりあえず、S・TAROUさんと肉まんさんにメール。肉まんさんは既に予定を決めているとのお返事。かずさんなら花が良いかなと思い、由布岳を提案。遠慮がちな返事にはどこでも良いとありますが、確認すると由布岳には行きたそう・・・。先週、倉木山に行ったばかりだが、風来坊も由布岳は久し振りでしたし、いーさんやうすきさんがレポされたヤマオダマキを見てみたいと思って由布岳に決めました。
結局、かずさん、S・TAROUさんと3人で行くことに。7時半過ぎに登山口に着いたが、無料駐車場は既に満車(悲)。500円の有料駐車場へ停めて7時50分に出発。
d0182075_3471999.jpg
今日は道草隊の隊長が参加していますので、時間がかかると思っていました。また、花を探せねばとも。草原を登って林の手前にハンカイソウ。先ずは最初の道草。
d0182075_3495014.jpg
今日は午前中は晴れかと思ったが、曇り。でも、とても涼しい。
この時期にしては良いコンディション。
d0182075_3511540.jpg
合野越の休憩所で休んで出発しましたが、この時、既に1時間経過。林の中を過ぎて明るい登山路へ。
d0182075_3523965.jpg
今日はシライトソウが目立ちます。
d0182075_353390.jpg
イヨフウロが無いかとゆっくり登ります。山腹の展望の良い場所から見えた九重方面。
d0182075_3541510.jpg
最近、遠くが見えない山歩きばっかりでしたが今日は良く見えました。しかも涼しい。
7月の半ばではありえない。
期待したイヨフウロは無く、いよいよ最後の登りに入ります。まだ先にあるかと思っていたところでヤマオダマキ。
d0182075_3570100.jpg
そしてマタエ付近では花がいっぱい。ヤマアジサイやシモツケ。
d0182075_3581031.jpg
d0182075_3581947.jpg
マタエの直ぐ上のヤマオダマキ。
d0182075_3585782.jpg
これから上にもヤマオダマキがあちこちに。当然、道草になります。
d0182075_3594644.jpg
そしてようやく3時間ちょっとで東峰(1,583m)山頂へ。
d0182075_403945.jpg
山頂で昼食。眺めが良い、そして気温も最高。今日はセブンイレブンのおにぎりが100円でしたので3個も食べました。でも途中で何も食べませんでしたので美味しかったです。(おやつをたくさん食べられた方は後で大変だったようです・・・)
11時半過ぎに下山開始。
d0182075_423728.jpg
西峰と湯布院の町。西峰はクサリ場で渋滞。あそこは一方通行にした方が良いと思うのですが・・・。
マタエで外西さんにお会いしました。ヤマオダマキなどを楽しみに来られたとのこと。スリムになられてますます山歩きに磨きがかかりそうでした。お先にとお話しして下ります。
下りでもイヨフウロを探しながら下りますがありませんでした。諦めて下って行くと後ろから聞こえる足音が増えたようなので譲ろうとしたら外西さん。一緒に下ります。下りは1時間40分ほどで降りました。

次は雨乞牧場へ花散策。外西さんに先導していただき花を探します。
先週見た花は既に終わっています。カキランも先週のは終わっていましたが、きれいなものがありました。
d0182075_48243.jpg
そして先週見なかったホタルブクロとカワラナデシコ。
d0182075_491427.jpg
d0182075_492618.jpg
1週間違いで違う山野草。奥が深いですね。由布岳をバックに花を写しました。
d0182075_411924.jpg
d0182075_4112297.jpg
d0182075_4113278.jpg
d0182075_411431.jpg
d0182075_4115686.jpg
花散策が終わったら、雨が降り始めました。良い時間に山歩きが出来ました。
汗を流して帰ります。仕事が忙しそうなかずさん、リフレッシュできましたでしょうか・・・。

4年前の7月11日にブログを始めて5年目に入りました。昨日の時点でアクセスしていただいた回数が95,000回余り。見ていただいた方には感謝申し上げます。
5年目の第1回目の山歩きは昔住んでいた大分の由布岳。選んだわけではありませんが、縁があるのかも。

PS:お詫び:コメントにヤマオダマキは初めてと書きましたが、木曽駒ヶ岳のしらび平駅付近で見ていました。
        お詫びいたします。
by furaibow581203 | 2014-07-13 04:25 | 山歩き | Comments(13)
7月11日(金) 曇り時々晴れ
今日は風来坊が昔お世話になったお得意先の方に28年振りに熊本の松橋町に会いに行く。
28年振りか・・・と思っていたが、よくよく考えれば27歳の時に転勤でご挨拶して以来ですので、その時の年齢よりも長い時間ご無沙汰していたことになります。
お久し振りにお会いしたお得意先の方、少しダイエットされていましたがお元気そうで良かったです。
また、お世話になりたいと思っています。でも、覚えてもらって嬉しいですね。

仕事が終わって、昼食でもとリサーチした蕎麦屋へ。
松橋ICから5分ほどのところにある「蕎麦処かのこ」
d0182075_475821.jpg
松橋の町の中心部から国道266号を嘉島町へ向けて走るとこんな感じでお店があります。
駐車場に車を停めて玄関へ。
d0182075_494596.jpg
普通の民家をお店にしたようで、店内はこんな感じです。
d0182075_4101948.jpg
庭が見える縁側に座ります。
d0182075_4104580.jpg
注文したのは人気らしい「さくらひつまぶし丼セット」(1,050円)。
d0182075_411389.jpg
先ずは蕎麦をいただきます。そばの香りがして良い感じ。最近蕎麦を食べていなかったので改めて蕎麦の良さを感じました。
そして、さくらひつまぶし丼。馬肉の佃煮風のお肉がのっています。ネギや紅生姜など混ぜて半分ほどいただいてダシをかけます。
d0182075_4142745.jpg
この間、10分もかからなかったかと・・・(笑)。
福岡からは遠いですが、山の帰りの麺に試したいですね。
by furaibow581203 | 2014-07-12 04:16 | グルメ | Comments(4)