ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

5月31日(土) 晴れ
昨夜は夜が遅かったので、今朝は運転は出来ず家の仕事などを済ませる。
午後からキス釣りへ。満潮が11時前なので12時50分頃から下げ潮を狙って昼間に釣り。
いつもは早朝に行くのだが仕方ないですね。お酒が残っていると大変です。
今日も先週行った野北の西の端。
d0182075_2054318.jpg
先日同様、一投目に二匹。次は四匹と倍に増える(嬉)。
d0182075_20552055.jpg
でも、先週よりは数が少ないかな・・・。しかも小さいと思っていたら・・・。
d0182075_2056733.jpg
20㎝を超えるのが釣れました。
今日は家内と娘は夕方から野球観戦。送るつもりでしたので16時前には納竿したい。場所を変えて、様子を覗います。
d0182075_20581154.jpg
場所を移動して二投目に五本針に五匹。これが嬉しいのです!。
d0182075_20593612.jpg
でも、型は小さい・・・。3時間ほどで32匹。
昼から釣ったにしては上出来でしょう・・・。
明日は山の予定です。
by furaibow581203 | 2014-05-31 21:00 | キス釣り | Comments(2)
5月30日(金) 晴れ
今週は出張の連続だった・・・。
月曜は珍しく小倉で宿泊、火曜日福岡での会議の後に熊本で宿泊。そして木曜日は長崎へ出張、宿泊。
そして今日は朝早くのかもめで福岡に帰って、熊本へ。
会社の偉い方が来ていましたので、少し豪華な昼食と言うことで熊本城を見れる「城見櫓」へ。
4階の部屋からは熊本城が良く見える。
d0182075_945469.jpg
そして料理は熊本名物を並べた豪華なランチ。
d0182075_9454672.jpg
この後福岡に帰って、夜までお仕事・・・。さすがに飲み疲れしました・・・。折角少し減りかけたか?と期待した体重もきっと元に戻っていることでしょう・・・(悲)。

週末、体を動かして少しでもカロリー消費しなければ!
by furaibow581203 | 2014-05-31 09:49 | グルメ | Comments(2)
5月25日(日) 曇り
今月8回目の山行は、未踏の鶴見岳&鞍ヶ戸へ。
ミヤマキリシマが見頃を迎えると思ったが、そこは内緒にして参加を募る。今回は、S・TAROUさん、デンターさん、肉まんさんの4人。コースは「大分県の山」(山と渓谷社)のコースをほぼ踏襲。違うのがスタートが別府ロープウェイの駐車場から。7時40分頃に着いて準備。駐車場にはほとんど車は無い・・・。
d0182075_352671.jpg
最初は砂防ダム工事の作業路に添って歩き、杉林のところから登り始める。杉林にはヒトリシズカやフタリシズカが多い。今はフタリシズカが見頃。
d0182075_3564928.jpg
ジグザグに登って行くとようやく御嶽権現社へ。
d0182075_357569.jpg
ここで今日の無事を祈って登って行くと自然林と杉林が混成する。南登山路と山頂への分岐を過ぎると自然林が増える。
d0182075_40286.jpg
途中にはアルファベットで何地点、標高と次のポイントまでの距離、山頂までの距離などが表示されているので分かりやすい。
大分登ってきたところでミヤマキリシマガ見える。山頂が近くなったのだろう。
d0182075_424928.jpg
山頂まで5分の分岐で先ずはロープウェイ駅付近のミヤマキリシマを見に下ります。
d0182075_435489.jpg
d0182075_44270.jpg
なかなか見事です。シロバナのミヤマキリシマもありました。
d0182075_444764.jpg
残念ながら展望は無い。ガスが下から湧いてきます。
そして2時間20分で鶴見岳(1,375m)山頂へ。
d0182075_461150.jpg
そして山頂の上宮。
d0182075_482473.jpg
ここでも展望は無く、馬の背に下ります。ここからは道が狭くなります。
d0182075_493092.jpg
林の中に黄色の花。この花は何でしょうね。
馬の背に着いたのが10時40分頃。今日は別府で一麺の予定でしたので早めに昼食。
ここから30分で鞍ヶ戸Ⅲ峰へ行けるらしいので行く。結構狭くガレ石などがあるので気を付けて登ります。ハシゴもありました。
d0182075_413277.jpg
でも、こちらのミヤマキリシマが良かった。
d0182075_4134434.jpg
こちらの白い花もなんでしょう?
d0182075_4145652.jpg
そしてようやく鞍ヶ戸Ⅲ峰(1,344m)へ。Ⅰ峰、Ⅱ峰は表示がありませんので皆で多分ここでしょうねと言うことにしましたが、ここの様に表示があると良いですね。
d0182075_4164959.jpg
ここの西斜面がきれいでした。
d0182075_4171656.jpg
本来ならば由布岳をバックにミヤマキリシマを撮りたいのですが、生憎ガスでうっすらとしか山容が見えません。
d0182075_4181662.jpg
名残惜しいですが、引き返します。再び西斜面のミヤマキリシマ。
d0182075_4191144.jpg
帰りには少しガスが晴れて来て鶴見岳は綺麗に見えるようになりました。
d0182075_4195231.jpg
コバイケイソウも花芽を出していました。
d0182075_4202081.jpg
馬の背に戻って少し休憩。ここから西ノ窪と言われるところまでジグザグに下って、南登山道を下ります。途中に踊り石。
d0182075_4214942.jpg
何でも、地震予知能力があるらしく予知すると石が踊るので踊り石と名付けられたらしい。
ここを過ぎ、分岐へ合流し、駐車場を目指します。そして13時50分頃下山。約5時間、11kmを超える山歩き。肉まんさんと風来坊は初めての山。思ったより人も少なく良かったです。鶴見岳より鞍ヶ戸が山らしかったですね。
別府IC近くの堀田温泉で汗を流して、肉まんさん一押しの胡月へ。だが、無情にも臨時休業。二つ目の候補は昼休み中。と言うことで一麺は無しで帰ります。
皆さんを送って家に着いたのは17時30分過ぎ、良い時間になりました。お付き合い下さいました皆さん、ありがとうございます。
31日に行けば9回目となりますが、朝少し仕事がありますので近場の山しか行けません。果たしてどうなるか・・・。
by furaibow581203 | 2014-05-26 04:30 | 山歩き | Comments(12)
5月24日(土) 晴れのち曇り
朝、熊本のホテルで目覚めて朝食を食べて福岡に帰る・・・。
まだ、少しお酒が残っているかも・・・。水やコーヒーを飲んでゆっくりして酔いを覚まして、先ずは畑へ。
先週、虫が湧いていたサヤエンドウとソラマメを片付ける。枯れ始めた苗より虫の処分が大変。苗を抜くと当然虫の居場所が無くなります。見える虫だけでなく地中のネキリムシもいる。何とか隣の人の畑に迷惑を掛けないようにしました。
タマネギにも虫が付いて大きくなっていません。今年は不作でした・・・。でも自業自得ですね。
今日は30度近いとの予報の中、汗をしたらせて作業を続ける。朝飲んだ水分はすっかりなくなったよう・・・。
畑の作業を済ませて、今年初めてのキス釣りに出かける・・・。
5月11日に私を師匠と呼ぶ知人のSさんが既にキス釣りを開始していました。そのメールをいただいていましたので一応師匠の立場としては「行かねばならない!」。まあ、理由はともかく・・・。行けるのは嬉しいです。

最初に向かったのは大口海岸。でもサーファーなど先客で場所が無い。次は昨年久々に行った二見ヶ浦。
ここも投げるには今一つの様子。潮が引いた時に行く野北のある場所へ向かうことにした。
d0182075_20382941.jpg
今年初めてのキス釣り。
胸が高まります。先週初めて準備した新しい針を試してみる。
第一投を投げて引きます。この瞬間が良いのです・・・。
そして・・・今年の第一投の結果は下に。3匹でした(嬉)。
d0182075_20404577.jpg
第二投目は四匹。
d0182075_2048057.jpg
数は釣れるが型は小さい・・・。でも・・・
d0182075_20412891.jpg
20㎝近いダブルも。15時半から釣り始めて投げれば必ず釣れます。今年は幸先が良いと思っていましたが、潮が満ちてきましたので40分ほど投げたところで場所を移動。
でもこれが失敗。と言うかそのままギリギリまで最初の場所で粘った方が良かったと反省。
場所を変えたところ風も強くなり、しかも当たりも無い。3回投げたところで納竿。結局1時間で14匹。実質40分で14匹ですのでまずまずと思わねばなりませんね。

釣りに行く前に寄った小戸のラーメン屋「船津商店」。以前よりチェックしていましたが今日が初めて。
大盛りラーメンが500円。消費税増税の今、安いです!
しかも美味しかったです。麺が細いのが画竜点睛を欠くのですが、なかなかでした。
d0182075_20515373.jpg
今年は釣りも頑張ります!
by furaibow581203 | 2014-05-24 20:56 | キス釣り | Comments(6)
5月23日(金) 晴れ
今日は熊本出張。しかも宿泊。当然飲み会ありです(笑)。
今日のお店を聞くと鉄板焼きとのこと。ステーキかな?でも今日の予算では厳しいなと思って行くと・・・。
今日のお店は「大ちゃん」。諸般の事情でこの店は外せない! そう思いました。
d0182075_20201547.jpg
最初の突出しにはひょうたんの漬物。風来坊50数歳にして初めてです。
d0182075_20211293.jpg
梅酢漬けにしてあったようで美味しかったです。次は熊本定番の馬刺し。
d0182075_20223424.jpg
次からは焼き物が続きます。エビ、カキ、そしてカキフライ。
d0182075_20231771.jpg
d0182075_20232688.jpg
d0182075_20234966.jpg
そして今度はホルモン鉄板焼き。
d0182075_20252978.jpg
そしてようやく牛肉が出て来ました(嬉)。
d0182075_2026635.jpg
締めはお好み焼きです。
d0182075_20263599.jpg
d0182075_2026452.jpg
お腹が一杯になりました。久々にこの後二次会へと突入しました(酔)。
by furaibow581203 | 2014-05-24 20:28 | グルメ | Comments(2)
5月22日(木) 晴れ
今日は宮崎日帰り出張。お得意先廻りです。
午前中の仕事を済ませて昼食。場所は児湯郡川南町にある「ゲシュマック」
d0182075_585537.jpg
国道沿いに看板があるのですがお店は少し中に入ったところにあります。
シャレた外観のお店。まさか宮崎市から離れた場所にこんなところがあるとは!?
d0182075_5101878.jpg
ランチは1,080円でいくつか種類がある。若い人は人気のロースステーキとソーセージを注文。風来坊は少し高めの1,300円の新メニューランチを注文した。
先ずは豚肉三種盛り。
d0182075_5122838.jpg
それぞれ味わいが違って美味しい。次はサラダ。
d0182075_513070.jpg
こちらも美味しい。そしてメインディッシュ。
d0182075_5133430.jpg
スペアリブとロース肉の香草巻き、ソーセージです。パンにはレバーパテ。
因みに若い人のメインはこちら。
d0182075_5143324.jpg
美味しかったです。なかなかの人気店のようでした。
お店には売店もあります。
d0182075_5155328.jpg
さすがに冷蔵ばかりなので買いません(笑)。でも、こちらに来ることがあったら寄りたい店です。

そして夕方、得意先回りを終えて若い社員と18時30分過ぎに別れます。飛行機は20時20分。
時間がありますので宮崎駅近くの「酔仙」(宮崎市錦町)へ寄ってから帰ることに。
d0182075_5192788.jpg
先ずはビールと赤鶏のたたき。
d0182075_5195223.jpg
タマネギスライスと一緒にいただきます。
d0182075_5202834.jpg
そしてモモ肉の炭火焼き。
d0182075_5205296.jpg
追加でおび天。
d0182075_5211362.jpg
焼酎を一合飲んで電車の時間が近づきました。お勘定を済ませて帰ります。ちなみにこれで約2,500円。なかなか安くて美味しい良いお店です。今日は昼も夜も満足。

空港では1回ロビーでさつき展。金賞のさつき。きれいですね。
d0182075_5232823.jpg
最後に目の保養も。
なかなか良い一日でした。
by furaibow581203 | 2014-05-23 05:25 | グルメ | Comments(6)
5月18日(日) 晴れ
3時ごろに目を覚ましたが、二度寝して5時過ぎからブログ作成。ようやくアップしたらいーさん、肉まんさんは既に昨日の霧立越のレポをアップされていた!コメントを入れ、朝食。
10時前に図書館・電気店へ行く準備をして出かける。電気店へはGWに買ったソニーのTX‐30の記録媒体がmicroSDを使わねばならないのにサービスでいただいたのが古いSDだったので交換してもらうため。
d0182075_50846.jpg
右手前が新しいカメラです。左奥は普段使ってるカメラが故障した時用の代替機です。
今まで使っていたソニーのTX‐5ですが、買って1年ちょっと過ぎたところで手振れ防止用のモーターが故障。修理代1万5千円ほどで泣く泣く修理。修理後2年半で最近同じ症状が出ました。そこで代替機を使っていたのですが、今まで使っていないので使い慣れない・・・。そして大きい。で、こちらは再び代替機になってもらい、新しいのを購入した次第です。

この後畑へ行き、ソラマメとサヤエンドウを収穫。虫が湧いて葉が食べられてしまい大きくならないまま収穫せざると得ませんでした。来年は多少の消毒は考えねばなりません。
そして、キス釣りの準備。道具をチェックしていたら針と仕掛けが足りません。
d0182075_565882.jpg
釣り針を買って、せっせと糸結び。でも器械が結んでくれますので大丈夫です。針と糸を結ぶのは大変ですので重宝します。
仕掛けもこれだけしかありません。
d0182075_583062.jpg
今日は仕掛けを作るまでには至らず、お酒を飲みましたので、平日に時間を作りましょう。

天気は良かったですが、畑以外はインドアな休日でした。
by furaibow581203 | 2014-05-19 05:11 | その他 | Comments(4)
5月17日(土) 曇り
4月30日に白岩山に来て、この頃がヤマシャクヤクやシャクナゲがきれいなのではと思って山行を計画。
山友さんにメールで連絡。ご賛同いただいたのはS・TAROUさん、いーさん、やまごえさん、肉まんさんの4名。
いつもなら車で皆さんを拾いながら行くのだが、朝が早いのと帰りが遅くなりそうなことなど考えて旧シェルパ福岡の駐車場で集合。時間前に集合していただいたので早めに出発。
高速も混むことなく、一般道も遅い車もなく予定より少し早めの7時40分過ぎにゴボウ畠へ。既に4台が駐車していて少しびっくりした。先に来ていた方とお話したら水呑の頭付近までのシャクナゲ鑑賞に延岡から来られたとのこと。
準備をして8時に出発!今日は往復20km、7時間以上になる縦走です。
前回はほとんど芽が出ていなかったこの辺りも新緑が・・・。
d0182075_658514.jpg
登って行くとミツバツツジが。
この辺りのはツクシミツバツツジと案内板。
d0182075_6595222.jpg
シャクナゲとヤマシャクヤクとばかり思っていましたのでこれにはびっくり。
白岩峠までは23分。順調です。以前ここまで50分もかかったことが嘘のようです。
でもここから扇山までは9kmですので、急ぎましょう・・・のはずがミツバツツジの撮影が忙しくなります(笑)。
d0182075_73266.jpg
d0182075_731029.jpg
峠から20分以上でようやく白岩山へ。囲いの中に入るとユキザサがきれいです。
d0182075_744084.jpg
そして山頂。前回あった古い標識は取り払われていました。
d0182075_753783.jpg
後で扇山で出会った人から聞いたところによると先週が白岩山の山開きがあったそうですからその前に取り払われたのだと思います。ちょっと寂しいですが、仕方ないですね。
南斜面へ降りるとヤマシャクヤクがあちこちに咲いています。
d0182075_781139.jpg
ナツトウダイもまだありました。
d0182075_783140.jpg
東南方面の斜面にはヤマシャクヤクがたくさん咲いていました。さすが花の白岩山です。他にもこれから色々と咲きそうな感じの山野草がありました。ここで撮影タイム5分ほど。肉まんさんが心配そうです。実は私もそうなのですが、扇山も初めてとのこと。時間的なことを心配されていましたので、ここからスピードアップ。でも、花が・・・。
d0182075_7125361.jpg
縦走路の右下にはシャクナゲとミツバツツジが見えるのです。
d0182075_7133060.jpg
そして縦走路から左に登って水呑の頭(1,646m)。昔はこちらが白岩山だったところ。ここまで1時間10分。宮崎県の山(山と渓谷社:この後に本と出たらこの本のことです)では1時間とありますので10分の遅れ。
d0182075_7144990.jpg
再び縦走路に戻って歩きますがミツバツツジとシャクナゲが足と止めてしまいます。
d0182075_71755.jpg
馬つなぎ場まで急がねば。
でも途中の見晴らしの良い岩場は寄らねば。
d0182075_7182010.jpg
そして水呑の頭から1時間で馬つなぎ場。ここで5分ほど休憩。ここからは登りになります。
d0182075_7192881.jpg
ここから1時間10分で扇山山小屋。本の通りくらいの時間がかかってここまで来ていますのでゆっくりと歩くわけには行きません。出発!
でも、珍しい花に足が止まります。
d0182075_7224395.jpg
オトコヨウゾメといーさんが教えてくれました。
そして二本ブナ。
d0182075_7241536.jpg
この先に平家ブナと本にありましたので、どんな巨木かと期待しながら歩いていたらようやくありました。
d0182075_7251327.jpg
平家ブナの倒木の跡でした・・・。期待していただけにちょっとがっかり。
そして本とほぼ同じ時間で扇山山小屋へ。いーさんがここに荷物を置いて行くとと言われましたが、閉鎖中でしたのでそのまま登ります。
最初の急登をちょっと登ると緩やかな登り。シャクナゲがあちこちに。
d0182075_729267.jpg
このシャクナゲは岩に根を下ろしていました。
d0182075_729562.jpg
そして歩いて行くとようやく山頂が見えてきました。
d0182075_7302719.jpg
そして歩き始めて3時間40分超で扇山(1,661m)へ到着。
d0182075_7315911.jpg
山頂に着いたら先ずは食事。今朝早起きして2時半頃に朝食を食べたのでお腹が空いていました。いつもは2個のおにぎりですが、今日は20Kmですので3個にしました。
食事を済ませてようやく景色を見る。霧立越を振り返ります。
d0182075_7374256.jpg
山頂にはシャクナゲだらけ。でも少し痛んでいます。先週も来た人に聞くと先週が良かったそう。でもこんなのも残っています。
d0182075_7391319.jpg
食事休憩を済ませて、12時15分扇山を出発。
d0182075_740594.jpg
扇山山小屋を過ぎて見晴らしの丘。この辺りの杉の木は枯れています。でも紅葉したように見えます。
d0182075_742876.jpg
ここの縦走路は急な登りも少なく、歩きやすい。気持ちいですね。
d0182075_743063.jpg
そして二本ブナを過ぎます。二本ブナの近くに同じく二本のブナ。こちらは兄弟ブナと名付けよう(笑)
d0182075_744361.jpg
馬つなぎ場まで1時間5分。ここで少し休んで、これからの登りに備えます。
でも、そんな急な登りは無く歩きやすい。行きに見た花をまた激写。
d0182075_7455765.jpg

d0182075_746788.jpg
そして白岩峠からは下り。
d0182075_7465730.jpg
今日は扇山で前に傷めた左ひざに違和感がありましたが、最後の下りでは痛みに。ストックを頼りに下ります。
そして帰りは3時間5分で10kmを走破。15時20分下山。皆さん、お疲れ様でした。
登山靴を脱ぎ、上着をTシャツに着替えて帰ります。途中の「佐俣の湯」まで時間はかかりますが、ここのお湯が良いのです。お風呂で汗を流して福岡へ。駐車場へ帰ったのは19時前。ここで皆さんとお別れ。お付き合い下さいましてありがとうございました。

霧立越、秋の紅葉も見たくなった・・・。
by furaibow581203 | 2014-05-18 07:54 | 山歩き | Comments(16)
5月11日(日) 晴れ
今月7日目の休日ですが、今日で6回目の山歩き。6/7は今後も無いかも(笑)。
かずさん、S・TAROUさんと9時に観世音寺駐車場で待ち合わせ。調べると9時からの利用になっているので先ずは畑に行き、少し手入れをします。7時前に到着。
d0182075_564582.jpg
全体は上の写真の通りですが、個々に見るとタマネギがようやくタマネギらしくなってきました。
d0182075_574432.jpg
ソラマメは来週には収穫できるかな?
d0182075_581334.jpg
サヤエンドウは大分伸びてきており終わりが近そうです。
d0182075_585313.jpg
畑から見える鬼ヶ鼻岩方面。くっきりと綺麗に見えました。
d0182075_594331.jpg


駐車場に着いたのは8時55分頃。お二人は既に準備も済ませてお待ちでした。9時からの利用とあったのですが、24時間使える感じ。お待たせしました。
四王寺山は初めてです。今回はS・TAROUさんに完全お任せ。昨日も歩いていましたので本も見ていません(反省)。先ずは9時5分に出発。観世音寺の境内を歩きます。
d0182075_5135570.jpg
お寺を出て左に行き、直ぐのところを右に曲がります。
d0182075_5144583.jpg
ピンクのカタバミが綺麗でした。しばらく行くと岩屋山への登山路。少し山歩きらしくなりました。
岩屋山を目指していると今日はナルコユリがたくさん。あちこちにありました。
d0182075_5163390.jpg
そしてヤマツツジ。
d0182075_5165228.jpg
道草をしながら1時間ほどで岩屋山。次の大原山を目指します。
d0182075_5175692.jpg
相変わらず快調なS・TAROUさん。どんどん歩きますが、後ろが付いてきませんので待っていただきます。
同じく1時間ほどで大原山(355m)。
d0182075_5194959.jpg
ここからはもみじ谷まで下りが続きます。
途中にあったウラジロの新芽。Yの形が面白いですね。
d0182075_521216.jpg
風来坊は2番目に歩いているのですが、こんな感じで道草が続いています(笑)。
d0182075_5215839.jpg
もみじ谷付近ではホウノキが何本もありました。新緑がきれい。
d0182075_5224165.jpg
花が咲いているのですが遠くて写せません。でも小さなホウノキがあって近くで写せました。
d0182075_5233554.jpg
こんなに近くで見たのは初めてです。
この辺りはもみじが多く、紅葉の頃も良さそうです。そしてメタセコイアもありました。
d0182075_5245492.jpg
12時前に鮎返しの滝。
d0182075_5265585.jpg
ここからは登りになります。百間石垣。この山域にはところどころ石垣があります。山全体が大野城だったのでしょうね。
d0182075_5282158.jpg
ここを過ぎて少し登ったところで昼食タイム。晴れて気持ちが良いです。この日は太宰府は30度になったと後でニュースで見ましたが、乾燥してたためかそんな感じはしませんでした。
食事を終えて、今日の最高峰、大城山(おおぎやま・おおきやま、本によりふり仮名が違います)を目指します。
途中の野外音楽堂。こんなところに作ってもだれも利用しないでしょうね。
d0182075_5322643.jpg
13時過ぎに大城山(410m)。隣には毘沙門天がありますので感謝の参拝を済ませてからです。
d0182075_533093.jpg
そしてこれからは下り。途中で展望の良い場所へ。太宰府ICが近いです。
d0182075_534332.jpg
そして逆の展望の良い場所にはもうヤマボウシが咲いていました!
d0182075_5351134.jpg
S・TAROUさんから3時間と聞いていましたが、5時間弱でようやく下山。S・TAROUさん、前の記録では4時間だったのを3時間と勘違いされたそうですが、それより1時間オ-バーの山歩き。昨日の尾鈴山より長く歩きました(笑)。
d0182075_538015.jpg
観世音寺で菩提樹の木を始めてみました。もう少しすると花が咲きそう。一度は見てみたいですね。
今日はS・TAROUさんに何から何までお世話になりました。これで101回目です。200回に向けてのスタートでした。かずさんも満足された様子、色々と食べ物を準備されているのが面白かったです。また歩きましょう。

翌日、私を師匠と呼ぶSさんからキス釣りの報告。野北近くで2時間で20㎝クラスが8匹とのこと。
もう釣れ始めましたか・・・。こちらもシーズンに入ります。
by furaibow581203 | 2014-05-16 05:42 | 山歩き | Comments(6)
5月10日(土) 晴れ
5月9日に宮崎への出張・宿泊が決まった時から10日には宮崎の山に登りたいと計画。最初は大崩山のつもりでした。丁度延岡までの高速が通じて登山口まで2時間ちょっとで行けそう。ガイドブックでは往復8時間とあるので早めに出発すれば帰りの飛行機には十分間に合う。そう思っていたら、信ちゃんさんから10時間はみた方が良いとの話を聞く。確かにハシゴなども多く、渋滞すれば時間が掛りそう。そこで選んだのが尾鈴山。宮崎を代表する山の一つでもあり、山と渓谷社が選ぶ日本二百名山のひとつでもあります。時間的にも十分余裕があります。期待していたら週初めの予報では曇り予報。しかも悪くなる曇り。でも、水曜日の夜の予報から良い方向に変わりました。木曜の朝の予報では晴れ。家内に宅急便で道具を送るようにお願いしました。
そんなこんなで迎えた土曜日の朝。朝食にはバナナ2本と飲むヨーグルト。レンタカーで尾鈴キャンプ場をセットして高速を使わずに向かう。
下の写真は帰りに撮ったもの。
d0182075_418249.jpg
こちらは行きに撮った滝。
d0182075_418977.jpg
キャンプ場近くの道からは狭くなり、大丈夫かなと思いながら進んでいくと1時間20分ちょっとで登山口へ。
d0182075_4213797.jpg
こちらには既に2台が駐車。10台ほど停められるとありましたが、上にも駐車場があるとのことでそちらへ。
d0182075_421507.jpg
先客が1台。大分からの若い女性で佐伯から来たそうです。佐伯から2時間とのこと。
後ろから追いかけるのも何なので先に歩くことにしました。登山口駐車場近くの甘茶滝。
d0182075_4233941.jpg
下に降りて写真を撮りましたが、上からの方が良かったです。
林道をテクテク歩いていると5分弱で尾鈴山への登山口。
d0182075_4245961.jpg
ここから最少は階段があり、そして杉林の急登をジグザグに登ります。
d0182075_4254990.jpg
登り始めて7分ほどで一合目の看板。
d0182075_4264375.jpg
ここは九合目までずっと看板がありました。一合登るのにかかる時間は大体7,8分程度です。
登って行くとギンリョウソウが。
d0182075_4274161.jpg
そして距離の表示もありました。この後距離の表示に気付いたのは500mだけ。見落としたのでしょうね。
d0182075_428378.jpg
しばらく登って行くと白い花。調べても分からないと思っていたら「いーさんのブログ」でハイノキの花を掲載していました。同じ花でしたので名前が判りました。いーさん、さすがです。ありがとうございました。
d0182075_4301039.jpg
三合目を過ぎた辺りから自然林が良い。
d0182075_4305299.jpg
五合目少し休憩。登山口から40分弱。ガイドブックでは駐車場から50分とありましたので同じようなペース。今日は時間に余裕があるので尾鈴山をゆっくりと楽しみたい。
七合目付近のモミの木。尾鈴山にはこんな木があちこちに点在します。良いですね。
d0182075_4335820.jpg
更に登って行くと登山路に垂れ下がるようにアセビ。
d0182075_4344842.jpg
こちらはシキミのようです。調べると有毒植物とのこと。用心用心。
d0182075_43664.jpg
そして9.5合目付近の展望の良いところへ。
d0182075_4363986.jpg
山頂よりここが展望が良いです。
d0182075_4404940.jpg
ここから直ぐのところに尾鈴神社の鳥居。
d0182075_4412485.jpg
お賽銭をあげて参拝します。今日の山歩きへの感謝と無事を祈願。
d0182075_4421559.jpg
山頂付近の美林。ブナやヒメシャラが良い。来て良かった。
d0182075_443584.jpg
そして登山口から1時間30分で山頂。
d0182075_44425.jpg
山頂は展望はありませんが、少し下ったところからこれから目指す長崎尾方面を見ます。
d0182075_4445876.jpg
山頂近くからミツバツツジがありましたが、今日のお目当てはシャクナゲ。果たしてどうだろうか・・・。期待しながら山頂で少し休憩していると佐伯からの女性に追いつかれる。「結構、きつかったです」と言いながら風来坊と同じペースで登って来ています。話をすると結構登っているようです。「良いですね、若い時から山歩きをしているなんて」などと話して先に歩き始めます。
山頂を振り返ると緑がきれいです。
d0182075_4492820.jpg
でも、これからはシャクナゲがいっぱいありました。
d0182075_450743.jpg
下から見ても花付きの良さが分かるほどです。
d0182075_4503574.jpg
アップで写します。
d0182075_4505212.jpg
縦走路にはヤブレガサがたくさん。
d0182075_4512521.jpg
またまたシャクナゲ。と言うよりずっとシャクナゲが切れ間なくある感じです。
d0182075_452475.jpg
縦走路は歩きやすい。
d0182075_4522991.jpg
満開と蕾のミツバツツジを見かけたので写真を写します。
d0182075_4531059.jpg
そのために縦走路を少し降りて写していたらそこにヒカゲツツジ。
d0182075_4534664.jpg
丁度追いついた女性に教えます。感謝されましたが、まだまだあるでしょうと言いながら先を歩きました。でも、今日見れたのはそこだけでした。教えて良かったです。(後で会った宮崎の方に聞いたらGWの頃が満開だったそうです)
縦走路はまだまだシャクナゲのオンパレード。
d0182075_4552223.jpg
そしてミツバツツジも負けていません。
d0182075_4555033.jpg

d0182075_456129.jpg
そしてちょっとしたピークでアケボノツツジの残りが・・・。待望の青空とアケボノツツジです。
d0182075_457668.jpg
尾鈴山もきれいに見えます。
d0182075_4573147.jpg
そして尾鈴山山頂から1時間ちょっと掛けて長崎尾へ。ここで先行者に追いつきました。結構大勢の人。登山口近くの2台で来ていた人達でした。広島から来たとのこと。2台に乗れたのだろうかと思うほど大勢いましたので、先を歩かせていただきます。
d0182075_4595139.jpg
長崎尾から10分ほどで分岐。ここから下ります。
ここからもシャクナゲが多いとガイドブックにありましたが、まだ蕾のシャクナゲもありました。昨年に比べて今年はシャクナゲの花付きが良いそうです(こちらも先ほどとは別の地元の方情報)
d0182075_522611.jpg
そして白いシャクナゲ発見!最後のほうで見れて満足。
d0182075_5393.jpg
分岐から50分ほどで林道へ。
d0182075_544313.jpg
ガイドブックでは林道を直ぐに横切るように登山路があるはずですが、少し探してもありません。仕方なく林道を下ると100m程のところにありました。
d0182075_561589.jpg
15分ほど下ったところが林道広場。ここに駐車して登っている人も多そう。ここにあった車は全部宮崎ナンバーでした。
d0182075_565966.jpg
ここには水があります。頭を冷やして顔を洗う。気持ち良いです。
d0182075_575018.jpg
そして林道を下って車を停めたところへ。歩き始めて4時間半。良い山歩きが出来ました。ここでおにぎりをいただきます。
食事を終えても12時半前。さて、どうしようかと考えて日向のクルスの海へ向かうことにした。

1時間ちょっとで先ずは馬ヶ背へ。案内板に解説が。
d0182075_5101911.jpg
少し歩いて行くと断崖絶壁の岩場が見えます。
d0182075_5113972.jpg
更に進むと先端へ。
d0182075_512457.jpg
先端から見える景色。
d0182075_5122629.jpg
天気が良いので海もきれいです。
次はクルスの海。馬ヶ背から車で直ぐです。
d0182075_5131495.jpg
こちらにも解説。
d0182075_5133262.jpg
そして展望所から見るクルスの海。
d0182075_514048.jpg
鐘があるので鳴らして祈ります。勿論、仕事のことや家族や自身の健康のことです(笑)。
d0182075_5145650.jpg
見物も終わったので宮崎へ。向かう途中美々津の近くで温泉がありましたのでそこで汗を流して着替えます。
16時頃に宮崎市内に到着。昼食もおにぎり2個だけでしたのでお腹が空いてきました。
そこで宮崎では有名な「おぐら」へ。ここはチキン南蛮で有名なところですがちゃんぽんも良い。
d0182075_5175080.jpg
久々にいただきました。量もたっぷり。でも、麺は細かたっけ?忘れていました。
車を返して空港へ。ビールが美味しい。
d0182075_5191970.jpg
空港で1時間以上待ってようやく飛行機へ。
d0182075_519436.jpg
良い一日でした。福岡からだと遠い尾鈴山ですが、宮崎からは近い尾鈴山に大満足。さすが二百名山!
そして宮崎の海も楽しませていただきました。
by furaibow581203 | 2014-05-12 05:21 | 山歩き | Comments(8)