ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

3月29日(土) 曇りのち雨
ちょっと前に青春18きっぷを使っての山歩きの話になった・・・。
そこで考えたのが、別府まで行き、そこから鶴見岳へ登り、由布院へはバスで移動。その後、日田から日田彦山線経由で帰ると言うルート。鶴見岳は登ったことが無いし日田彦山線も乗ったことが無いので良いかなと思って、山友さんと話していたら、宮島・弥山にも行けるとの話。
宮島・厳島神社、日本三景の一つ。松島と天橋立は行ったことがあるが、宮島は無い。
丁度、桜も咲いて綺麗な頃かも知れない。行きたくなった・・・。
そこで調べてみると朝4時46分の電車で行き、宮島口へ着くのが10時21分。何と5時間半の移動。
宮島へのJRフェリーも18きっぷが使える。博多から宮島口まで4,770円、フェリー170円。往復で9,880円が青春18きっぷなら安い。あとはきっぷを手に入れるだけ。ネットオークションを見ると4,000円前後で売られている様子。金券ショップを探してみたが、意外に無い。ある店では5枚つづり(11,500円)を買って1回分使って売ると良いとアドバイスされたが、25日頃の時点で4枚7,000円で買入れしている。とすれば差引き1回分4,500円か・・・。でも、切り離せないので売りに行けるのは3月末。その頃にはもう少し安くなっているだろう。何しろ4月10日が期限なのです。
博多駅付近の金券ショップを何店か探していたらありました!
d0182075_12152071.jpg
1回分3,500円。因みに2回分が同じ店で6,000円で売られていました。
もう少しすれば安くなるかもと思いましたが、無くなる恐れもあります。これを買って行くことにした。
宮島の弥山は調べると1時間半ほどで登れるらしい。往復3時間、厳島神社の観光などで2時間ほどとすると16時過ぎには電車に乗れると計画。16時16分で帰ると21時30分頃に博多。18時過ぎでも当日中には帰れます。天気も良くなさそうなので混まずに楽しめるのではと曇りのち雨の予報であったが、決行。
朝4時46分博多発ですので、公共交通機関は無い。当初は、博多駅周辺の駐輪場へ駐輪するつもりだったが、帰りには雨は間違いなさそうだったので、朝、会社まで自転車で行き、そこへ駐輪。帰りは地下鉄で帰っても自転車はそのまま置いたままで大丈夫です。
家を4時に出て4時半に会社。この時間は福岡は曇り。予定通り4時46分出発。
小倉、下関、岩国で乗り換えて、予定通りに宮島口へ。
d0182075_12282120.jpg
フェリーはJRだけかと思ったら2社で運航。それもそれぞれ10分間隔。すごい人気です。間違えて違うフェリーに行ったら隣ですと言われてそちらへ。間違えたが予定通りの10時30分発のフェリーで宮島へ。
d0182075_12322523.jpg
フェリーから写した厳島神社の鳥居と弥山。
この時間はまだ雲は高く降る気配は無さそう。でも、予報では午後から雨。気になります。
こんな天気の中、宮島は人・人・人・・・。ちょっと想定外。
d0182075_12321190.jpg
今日は8時40分頃が満潮ですので2時間後なら満潮に近いのではと思っていましたが、少し引きかけていました。
d0182075_12353864.jpg
厳島神社は山の後に見る予定ですが、その頃には潮が引いている時間。まずは海の中の厳島神社です。
近くの五重塔と桜。ピンクが鮮やか。
d0182075_12364739.jpg
これだけ見て、先ずはあなごめしの「ふじたや」へ。会社の人のお勧めの店。
d0182075_12392973.jpg
事前の調査では11時開店となっていましたが、11時前から開けたようです。既に10名ほどの先客。あなごめし(2,300円)を注文。30分超でようやく出て来ました。
d0182075_12395159.jpg
丼が熱い!あなごやご飯が冷えないようにでしょうか・・・。
食べ終わってお店を出ると12時が近い。これは想定外。
店の中にあった本や案内図を参考にして、登りは大聖院コースを登り、大元コースを下ることにした。
先ずは大聖院へ参拝。外国人が結構多い。
d0182075_12473662.jpg
12時ちょっと前に大聖院登山口から登り始めます。登って直ぐのところに白糸の滝。
d0182075_12525962.jpg
このコースは整備されて石段が続きます。道幅も広い。
d0182075_12534731.jpg
この時間なので降りてくる人と出会うばかり。ほとんど平坦なところが無く、登るだけが続きます。
d0182075_1256982.jpg
展望の開けたところから厳島神社を望みます。
このコースは平成17年の台風の被害でしばらくは登れなかったようです。
途中には「〇丁」と書かれた石があります。下の写真の左の石には八丁と表示。山頂までは二十四丁ですので三分の一の地点でしょうか・・・。
d0182075_1315685.jpg
八丁の石のすぐ近くに十丁の石がありました(笑)。
あれっと思いましたが、台風で崩れた時に流されたものを適当な場所に置いたのではと思われました。
d0182075_1332051.jpg

d0182075_1333337.jpg
土砂が痛々しいですね。
ここを過ぎた辺りは人工物が目立ちました。台風の後、整備したのでしょう。
そして、登って行くと仁王門。大元コースと合流する地点です。
ここから登って弥山本堂へ向かいます。
d0182075_1355458.jpg
弥山本堂へ行くには右に行かねばならないのを本堂手前で左に登ってしまう。
でも、どちらでも大丈夫です。登って行くと御山神社の表示。折角ですので参拝。
d0182075_1311524.jpg
そして、水掛地蔵。右手前に井戸みたいなところがありました。
d0182075_13133018.jpg
山頂手前にはこの山の名物の「干満岩」
d0182075_1314367.jpg
d0182075_13145339.jpg
上の写真の穴の水が潮の満ち引きと同じように上下するらしい。
しかもしょっぱいらしい。(味見はしませんでした)
そしてここから直ぐが弥山山頂(535m)。1時間10分弱。広島県の山は初めて。
四週連続のニューピークです。
d0182075_13202632.jpg
山頂には綺麗な展望台。
d0182075_13205693.jpg
展望台から見える山頂はこんな感じ。
d0182075_13212933.jpg
江田島は霞んで分かりにくい。この頃から雨がパラパラと・・・。
d0182075_13215722.jpg
山頂で景色を楽しんだら下ります。今度は逆の方へ。二十四丁の表示がありました。
d0182075_1324580.jpg
山頂近くには大きな岩があります。
d0182075_13244068.jpg
d0182075_13245168.jpg
岩場を過ぎるとツガの木が目立ちます。枯れ木も多い。独特の雰囲気。
d0182075_1328173.jpg
そして弥山本堂へ。写真は本堂ではありません。
d0182075_13285897.jpg
本道から下って、大元コースとの分岐。地図があります。
d0182075_1329759.jpg
大元コースは道が狭いが、雰囲気は良いです。木があるので傘はほとんど差しませんでした。
d0182075_13295221.jpg
こちらでも枯れ木が見えるところがありました。
d0182075_13302753.jpg
急坂を下り、ようやくなだらかになったところで登山口が近くなります。
d0182075_13311727.jpg
弥山は昔からあるだけにいたるところに地蔵やお堂がありました。

大元公園に来ると鹿があちこちに。鹿は無視して先ずは清盛神社へ。
d0182075_1334734.jpg
そして潮が引いた鳥居へ向かいます。
d0182075_13343856.jpg
鳥居の木に触れます。
d0182075_13351448.jpg
そして厳島神社へ。拝観料300円。京都より安い(笑)。
d0182075_13365995.jpg
でも、人が多いですね。あちこちで写真を撮っています。
d0182075_13373511.jpg
d0182075_1337443.jpg
朱色の柱などがきれいですね。次に来る時には満潮の時に見てみたいです。
丁度、結婚式もあっていました・・・。沢山の人に見られて大変でしょうね。
d0182075_13434367.jpg
お土産にしゃくしを購入。200円の安い方。
d0182075_13425122.jpg
厳島神社を終えたら、近くの大願寺へ。伊藤博文お手植えの九本松があります。
d0182075_13463425.jpg
この後、宝物収蔵庫を見て帰ることに。途中に鹿が。しかもカメラ目線(笑)。
d0182075_13482214.jpg
帰りに再び、鳥居。
d0182075_13505621.jpg
フェリーから再び、宮島を。
d0182075_13513373.jpg
宮島口に着いたら、予約していたあなごめし弁当を取りに行きます。有名店の「うえの」。
ここも会社の人のお勧めのお店。食事は15時半頃でも30分待ちでした。
d0182075_135338100.jpg
あなごめし弁当1,680円。電車に乗る前にビールを買って予定より少し早い15時40分の電車に乗ります。
電車の中であなごめし弁当を・・・。
d0182075_13554331.jpg
昔ながらの絵柄が何とも言えない。
我慢できずに予定より早く封を切る。中身はこんな感じです。
d0182075_13574175.jpg
ビールと共にいただきます。漬物3種(奈良漬け・大根漬け・がり)が何ともいい感じ。美味しかったです。

電車の中で海音寺潮五郎の「天と地と」を読みました。「天と地と」は昔、父親がNHKの大河ドラマが好きだったのでドラマは見ましたが、本は見ていませんでした。TVでは謙信役の石坂浩二と信玄役の高橋幸治の印象が強かった。本を行き帰りに上中下巻の中の半ばまで読みましたが、そこまでは20歳くらいまでの自国を治める過程だけです。信玄との川中島の戦いのイメージが強かったドラマでしたが、もう40年近く前の話ですので記憶が曖昧でした。下巻になると信玄との戦いになると期待しています。

家に着いたのは22時。18時間の遊びでした・・・。そのうち11時間は電車。
しばらくは普通電車は乗りたくないな・・・。

次に青春18きっぷを使う時には、無理せず、しかも切符が手に入れば・・・くらいの気持ちが良いですね。
by furaibow581203 | 2014-03-30 14:31 | 山歩き | Comments(10)
3月28日(金) 晴れ
今日までは晴れで、週末は天気が崩れる予報・・・。出来れば週末にキープしていたいが、それは無理。
ならば、晴れを楽しみましょう・・・。
折しも桜が満開。会社近くの東長寺の境内の桜。
d0182075_5112764.jpg
弁当を買って、花見としゃれこむ人が意外に多い。でも、気持ち良さそう。

夕方は関連会社の異動があり、ご挨拶。そのまま帰ることにした。
少し足を延ばして福岡城址の桜を見に行く。
d0182075_51483.jpg
大分、日が長くなりました。18時を過ぎていますが、まだ明るい。
人もそれなりに歩いています。
d0182075_515613.jpg
これからライトアップがきれいになりそうですが、まだ早い。
d0182075_5155778.jpg
待ちきれず写真を撮る人が・・・。
d0182075_5162781.jpg
風来坊もその一人。でも、ライトアップを待って三脚を準備している人が結構いました。
d0182075_5172224.jpg
最後に自宅近くの団地のライトアップ。こちらは和風です・・・。
d0182075_5175621.jpg
きっと今日は夜桜で一杯の人が多いことでしょうね。
by furaibow581203 | 2014-03-30 05:18 | その他 | Comments(2)
3月24日(月) 晴れ
タイトルを書いて恥ずかしい感じです(笑)。風来坊には縁のない世界とお思いでしょうが・・・
先週、長崎に行った際にお得意先の方から教えていただきました・・・。
d0182075_446222.jpg

これが、「あいもこいも」です。
ボトルがかわいい・・・。
タイトルの「愛も、恋も」ではなく
じゃがいもとさつまいもを使っているので
地元の言葉で、あいつもこいつも使って作ったので
「あいも こいも」になっているとのこと。
でも、「愛も、恋も」にも通じます。
早速、会社の女性に何人か見せました。
最近、結婚した社員は「愛も恋も」は良いですねと・・・。
結婚したばかりなのに「恋もしたくなったの?」と聞いたらそんなことは無さそうでした(ほっ・・・)。



実際に飲んでみると、焼酎にしては飲みやすい!2人ほど女性に飲んでもらいましたが、好評。
d0182075_4533576.jpg
ラベルと見ると何と平戸の志々伎で作っています!
志々伎と言えば志々伎山。
平戸のマッターホルン。
数年前に行きました。
遠かったですが、良い山でした。
その町で作られているのです。
じゃがいもは紫色のじゃがいもを使っているらしいのですが、蒸留するので色は無色。
でも、いも焼酎のような独特の臭みもなく、人気がでそうな感じ。
ネーミングが良いですよね。
まだ、そんなに置いていないようなので気になる方はラベルのところへお問い合わせくださいませ。



そして長崎と言えば壱岐の麦焼酎。
d0182075_502435.jpg
何と限定3,000本の一つ。
d0182075_511076.jpg
息子の高校の同級生が少し前まで風来坊の家に泊まっていました。
壹岐出身なので、予備校の施設を出た後しばらく寝泊りする場所がないので家に来ていたのです。
息子が色々と相談できる友達らしいのですが、確かに良い子でした。
息子よりしっかりしている・・・。
そして、気になる結果は・・・。
d0182075_54180.jpg
最難関の大学に合格しました!
この焼酎は合格前にお世話になったからといただいたものです。
43度と言う度数ですので、ウィスキー並みです。壹岐は麦焼酎の発祥の地。色々な麦焼酎があります。
今回、他にもいただきましたのでしばらくは長崎の麦焼酎を楽しみます。
by furaibow581203 | 2014-03-25 05:11 | その他 | Comments(8)
3月23日(日) 晴れ
3月1日に車谷のホソバナコバイモ観察に出かけたが、芽が出てはいるもののまだ早かった・・・。
マンサクも見れずじまい・・・。で、再び行くことに。
d0182075_5105634.jpg
朝日がきれい。今日は好天の中、歩けそうです(嬉)。
S・TAROUさんと待ち合わせて二人で行く。登山口には人も多い。9時15分頃出発。
今日は不覚にもS・TAROUさんが先頭を歩くスタイルになった・・・。快調に飛ばすS・TAROUさん。
d0182075_510281.jpg
そしてここで急停車。しばらく動かなくなりました。
ホソバナコバイモが沢山咲いています。
d0182075_5131491.jpg
d0182075_5132054.jpg
d0182075_5132821.jpg
先日初めてご一緒した方が音を出しそうと表現されていたが、まさしくそんな感じ。
誰も居ない時には音が鳴っていることでしょう・・・。
d0182075_5155088.jpg
今日は朝は少し寒かったもののだんだん暖かくなっている。もう春ですね。
水の音が気持ち良さそう・・・。
d0182075_5165853.jpg
林道を過ぎて渡渉するところに来たら、チャルメルソウも咲いているのがありました。
d0182075_518866.jpg
勿論、キツネノカミソリも葉が伸びて来ています。
d0182075_5184026.jpg
そしてワサビも葉が出ていました。
d0182075_519282.jpg
今日の2つ目のお目当てのマンサクも咲いていました。
d0182075_5193725.jpg

d0182075_519456.jpg
ここのは花が少なかったですが、沢山ついている木もあります。ちょっと遠いですが・・・。
d0182075_520401.jpg
矢筈峠が近くなりました。こんな芽も出ています。春!って感じがします。
d0182075_5212976.jpg
矢筈峠まで、1時間55分ほど。今までで一番時間がかかったかも知れませんが、花が楽しめて良かったです。
そして縦走路を歩きます。ミツバツツジの蕾も膨らんできています。
d0182075_5251936.jpg
峠から30分で唐人の舞。金山方面、少しかすんでいます。
d0182075_5261789.jpg
12時40分に鬼が鼻岩。ここで昼食タイム。
d0182075_5265584.jpg
風もなく、上着も着なくて大丈夫です。おにぎりを温めるのも今回が最後かも・・・。
ここから猟師岩山までマンサクを確認しに出掛けました。
d0182075_5282699.jpg
鬼が鼻岩への分岐付近のマンサクは咲いていましたが、まだこれからでしょうか・・・。途中のマンサクもこれからと言った感じでした。シャクナゲは花芽が付いている木が少ない。期待しない方が良さそうです。
西椎原峠から下ります。この付近のツクシショウジョウバカマ。まだ早いと思っていましたが咲いていました。
d0182075_532187.jpg
d0182075_53292.jpg
下りは苦手なはずのS・TAROUさん、今日は跳ぶように下って行きます。ついて行くのがやっと。
写真もこれだけ(笑)。
d0182075_5344097.jpg
峠から45分で下山。6時間弱の山歩きを楽しむことが出来ました。
by furaibow581203 | 2014-03-24 05:36 | 山歩き | Comments(6)
3月21日(金) 曇りのち時々晴れ
沖縄の山に初めて登ったのは、2011年2月11日。3年ほど前のことです。
今回、久し振りに週末沖縄出張でしたので、季節も良いし山に登ろうと思っていました。前回は、古宇利島や美ら海水族館を先に楽しんだので、本部富士ともう一つしか登れませんでしたが、今回は山だけに絞りました。
計画では、沖縄本島最高峰の与那覇岳に先ず登って、沖縄そばで一山一麺。その後に本部の山に登って、あとは時間次第で適当な山に登ると言う何ともいい加減な計画。
前日、仕事が終わってホテルに帰ったのが23時前。出来れば朝早く出発したかったので目覚ましを4時半にセットして就寝(風来坊は目が覚めてから出発まで時間がかかる人間なのです)。
時間通りに起きて風呂に入って準備をする。何とか時間短縮して6時に出発出来た。と思って出発してしばらくして携帯を忘れたことに気付く!ホテルを出る時には確認したはずと思いながら、引き返す途中で、前夜コンビニでお財布ケータイとして使った時に、そのままだったような・・・。コンビニに引き返したらありました(ほっ)。
再び、出発します。少し飛ばして行くと8時に国頭村森林公園への分岐に着きました。
d0182075_15172766.jpg
綺麗な案内版があります。ナビで行く時には国頭村森林公園をセットするとここまでは来れます。
ここから10分ほどで登山口。
d0182075_1518865.jpg
既に赤い車が1台駐車していました。トイレもきれい。看板は先ほどと同じような感じで出来ています。
d0182075_1519555.jpg
登山靴を履き、ハブ対策でスパッツも付けて出発。
駐車場から20m程先に林道らしき道があり、ここが登山口の様子。
ちょうど、戻ってきた人に聞くと先ほどの赤い車で来た人でした。何でも虫を探しに来たようです。
d0182075_15232284.jpg
ここにタツナミソウらしい花が・・・。
d0182075_15263449.jpg
後で調べるとアカボシタツナミソウ。写真では青いですが、ちょっと色が綺麗に出ていません。
ここからの道は熱帯の山の雰囲気。
d0182075_1529160.jpg
上を見上げるとヒカゲヘゴ。シダの一種らしい。他のところでも見かけました。
そして水音がすると思ったら、小さな沢が・・・。
d0182075_15292125.jpg
何となくやんばるの森と言った感じ。
d0182075_15303474.jpg
道や道脇の葉に白い花が沢山落ちています。
d0182075_1531817.jpg
エゴノキの花でしょうか・・・。クワズイモの葉に沢山載っていました。
20分ほど歩くと滑りやすそうな石の道。軽く上っています。
d0182075_15325466.jpg
登ると分岐。ヒカゲヘゴの手前に案内板。
d0182075_15351254.jpg
道は分かりやすい。分岐から7、8分で広場。
d0182075_15361034.jpg
看板をアップすると・・・。
d0182075_1536401.jpg
広場からは森が深くなる感じ。道も狭くなります。
d0182075_15372437.jpg
登山路脇にはパイプで作った仕掛けらしきものが散在。
d0182075_15375747.jpg
ハブを獲る仕掛けかと思いきやマングースを獲る仕掛けでした。でも、あちこちにある割には一匹も掛っていません。マングースの勝ちですね・・・(困)。
狭いですが、道ははっきりしています。でも、倒木がいくつもあります。
d0182075_1541826.jpg
d0182075_15411762.jpg
くぐったり、乗り越えたりして歩きます。坂もそんなにきつくありません。
途中から良く見かけたのがこの花。
d0182075_15502756.jpg
オキナワスズムシソウと思います。
そして広場から30分弱で、与那覇岳山頂(498m)。
d0182075_15441388.jpg
一番高いところは504mらしいがどこなのか分かりにくいようですので無理はしません。
山と渓谷社の「沖縄県の山」のルートでは途中に503mの地点があるようです。風来坊の感じではこの辺りか?
d0182075_15455547.jpg
山頂から45分ほどで下山。途中で花見物の男性二人組、子供と親の団体さんに出会っただけ。登山口に戻ったら駐車スペースが無く、登山口付近に駐車しようとしている親子がいましたので、風来坊の車と入れ替えしました。横浜ナンバーの車。転勤でこちらに来て3年。子供さんが大きくなったので初めてここに来たようです。
10時前でしたので、きしもと食堂をナビでセット。11時には行けそうです。
与那覇岳を下って行く途中で見えた国頭の景色。今日は波が高い。
d0182075_155494.jpg


きしもと食堂を出て、15分ほどで古巣岳登山のスタート地点の勝山公民館へ。
左の尖った山が三角山、隣が安和岳、奥のへこんだところに電波塔らしきのがあるのが八重岳、一番右のこんもりした山が古巣岳です。
d0182075_15554340.jpg
ここからしばらくは舗装された民家が点在する道を歩きます。
この辺りはヤギを飼っている家が多い様で、ヤギ刺しなどの看板もあります。鳴き声も聞こえます。
そんな中、道沿いにはシークヮーサーの花に、パパイヤの木。
d0182075_17433460.jpg
d0182075_17434872.jpg
公民館から10分ほどで登山口。シークヮーサーの畑へ入ります。
d0182075_17451768.jpg
畑の中から見える古巣岳。シークヮーサーの花の香りがほんのり・・・。
d0182075_17503949.jpg
畑を過ぎると涸沢の登り。石灰岩の登りが少し続きます。
d0182075_17512934.jpg
登山口から10分弱で分岐。2,3日前に出来たばかりの道標(直ぐ後に出てくる地元の登山客の話です)。
d0182075_17525763.jpg
ここで地元の女性2人が休憩中でした。嘉津宇岳への道を聞きますが、はっきりと知らない感じ。調べなかった風来坊が悪いのですが、余裕があれば嘉津宇岳も視野に入れながら、古巣岳へ向かいます。
この登山路ではこの花が目立ちました。調べましたが名前が分かりません。他にはエビネらしい株もありました。近くの嘉津宇岳にはカツウエビネがあるようなのでそれだったかも知れません。昨年の花が枯れて残っていました。石灰岩の山だけに花は多いのかも知れません。
d0182075_1756126.jpg
岩ばかりかと思っていましたが、少しは土がある登りもあります。
d0182075_17564988.jpg
そして古見台への分岐。
d0182075_17594262.jpg
オーバーハングの岩とありましたので、てっきり上に乗ると思ってこわごわ行くと、岩が上にありました(安心)。
d0182075_17582836.jpg
ここから見える景色が良かったです。でも少しかすんでいるかな・・・。
d0182075_1803120.jpg
ここから再び、石灰岩が続く登り。こんな感じの石・岩ばかり。
d0182075_1812671.jpg
d0182075_1814097.jpg
気を付けながら登ると、古巣岳(391m)山頂。
d0182075_1825467.jpg
嘉津宇岳が見えますが、遠く感じたので引き返しました。(後で前の週に登ったやまごえさんのブログで20分と知り残念!)
岩が尖っているので慎重に下ります。登りとほぼ同じ時間で分岐へ。
ここから三角山へ少し登り、旧日本軍の陣地跡へ。
d0182075_1875497.jpg
ここだけ見て、帰ります。古巣岳は1時間ちょっとで何とか完登。

14時前になりました。ここから登れる山として、帰りの高速から近い石川岳をチョイス。
石川少年自然の家をセットして向かいます。14時30分過ぎに着きました。
d0182075_18121849.jpg
本来は自然の家で受付するのが本当なのようですが、省略して勝手に登山口へ。
d0182075_18133727.jpg
コース図があります。一番短いAコースを選択。
d0182075_18141948.jpg
209mの山なので簡単と思っていたら結構な急坂が続きました。
d0182075_1815546.jpg
登山路には少年の家の登山路らしく木の名前や花の名前の看板があります。
仲にはこんな看板も・・・。
d0182075_18164962.jpg
オカガニの穴とのこと。
d0182075_1817990.jpg
思ったより、きついとお思いながら登って行くと登山口から13分ほどで分岐。
d0182075_18213535.jpg
ここからはほとんど平坦。5分もかからず石川岳山頂(204m)。
d0182075_1823410.jpg
この山頂からは東西に海が見えます。こちらは沖縄電力の発電所かな。
d0182075_18235617.jpg
山頂からは周回ルートで下山。途中の森は沖縄とは思えない感じでした。
d0182075_18252684.jpg
15分ほどで少年自然の家へ。45分の山歩きでした。でも、結構満足。
d0182075_182588.jpg

はなきなぁ~のそばを食べて、那覇空港近くのレンタカー会社へ。国道58号線はかなり渋滞していましたので、時間ほぼピッタリに返却。
ここのトイレで着替えて空港へ。飛行機が遅れて、18時20分過ぎに搭乗。
d0182075_18284775.jpg
帰りの飛行機から雲海に沈む夕日が見えました。窓際では無かったので写真が無いのが残念。
良い山歩きが出来ました。三週連続のニューピークです。
by furaibow581203 | 2014-03-22 15:56 | 山歩き | Comments(4)
3月20日(木)~21日(金)
水曜日の長崎出張ではちゃんぽんを食べる機会が無かったので、沖縄では麺に拘りました(もっと仕事に拘れと叱られそうです(笑))。20日(木)に沖縄に仕事で宿泊することになりましたので、21日は山を登ることにして途中で沖縄そば食べました。山のレポは次にして先ずは麺の食べ比べ。
20日の昼は那覇市識名にある沖縄での食べログ2013年人気No1の「てんtoてん」。
d0182075_554587.jpg
場所は分かりにくく、案内板があるものの駐車場も狭い。また、狭い道を通って行くのですが反対から来る人も居て、そんな時は大変そう。
今日も一旦、周回して駐車し直ししました。新入社員の運転では傾斜のある駐車場に停めるのが大変そうでしたので風来坊が駐車しました。
店内は小ぎれいです。
d0182075_589100.jpg
玄関から見えるところは座るようになっていますが、階段を下ったところにはテーブルもありました。
木灰すば(630円)を注文。一緒に行った社員はこれに古代米おにぎり(157円)を注文。
先ずは古代米おにぎり。横の肉みそが美味しいらしい。今日は前日のお酒が過ぎたのでおにぎりを食べる元気がありませんでした。次は食べたいですね。
d0182075_5105584.jpg
そして木灰すば。
d0182075_5111910.jpg
スープが美味しい。麺は普通のそばと違っています。独特の食感。
d0182075_5115964.jpg
これが人気の秘訣なのでしょうね。

翌日の与那覇岳登山の後に11時にきしもと食堂八重岳店(本部町字伊野波)へ。11時前に着いたので未だ誰も居ません。
お店の横のフジがもう咲いていました・・・。
d0182075_514431.jpg
11時に一番乗り。自動販売機できしもとそば中(650円)を注文。朝はヨーグルトだけでしたので、ブランチです。
d0182075_5153974.jpg
ここのが美味しいと前日聞いたので、少し遠回りしてきましたが、麺とスープ、肉のバランスが良いと思いました。食べた後に近くの山原そばが満車状態でしたのでこちらも気になりますね。

そして古巣岳、石川岳を登ったあとに食べたいと寄った「はなきなぁ~」(宜野湾市喜友名)
d0182075_5184062.jpg
16時前でしたが、夕食にするつもりであぶりとろソーキそばセット(790円)を注文。
前回美味しいと思ったので、今回前の二店と比べて評価してみたいと思ったのです。
d0182075_520967.jpg
ここは肉が美味しいのです。スープや麺も美味しい。

今回、三店舗の沖縄そばをいただきましたが、それぞれに美味しい・・・。スープと麺、肉のバランスが微妙に違うので一概にどこが良いのかとは言えなくなりました。沖縄そば、なかなか奥が深い・・・。
でも、また食べる楽しみが出て来ました。ご馳走さまでした。
by furaibow581203 | 2014-03-22 05:26 | グルメ | Comments(4)
3月17日(月) 晴れのち雨
今日は長崎出張。
お昼はちゃんぽんを食べたいとお願いして、岩川町の「岩川飯店」へ。
d0182075_6394578.jpg
メニューを見るとソボロチャンポンの表示。聞いてみるとタマネギと海鮮ものが入っているとのこと。
d0182075_6403815.jpg
グレードの高いソボロチャンポンを注文。出て来ました。
d0182075_6411420.jpg
見た目には海鮮ものは多く感じられないが、イカやアサリ、エビが入っていました。
スープがクリーミーで美味しい。次は普通のちゃんぽんで良いかも・・・。

そして夜はお客様と東古川町の「菜魚」(なお)へ。
d0182075_6441158.jpg
玄関には赤いマンサク。色々なマンサクがあるのですね。
今日のメインはふぐ刺し。
d0182075_645018.jpg
風来坊のお気に入りはクジラのサエズリ(舌)。
d0182075_6454017.jpg
これは美味しかったなぁ・・・。
最後に締めのお寿司。
d0182075_6462270.jpg
今週は水曜日も長崎へ。今度はどこのちゃんぽんを食べようかな・・・。
by furaibow581203 | 2014-03-19 06:46 | グルメ | Comments(4)
3月16日(日) 晴れ
今日は暖かいとの天気予報。2月初めに行ってから手入れのしていない畑仕事をする決意!
また、借主から頼まれた垣根の手入れもしなければ・・・。年初めにしてから何もしていません。
年初めに手入れした垣根。
d0182075_1920369.jpg
でも、残っているところがあります。
d0182075_19211153.jpg
簡単そうで厄介な垣根なのです・・・。結構、疲れました・・・。何とか見れるようにしました。
山歩きの方が楽でした・・・。
d0182075_1922947.jpg
垣根の手入れの前後に畑の手入れ。先ずは雑草がはびこるタマネギ畑の雑草取り。
d0182075_1924320.jpg
白マルチをはがして雑草を取ります。
白マルチは地温を上げるとのことで初めて使いましたが、雑草には温室みたいで雑草の方が元気。
時間をかけて、雑草を取りました・・・。何とか終わりました・・・。
d0182075_19253479.jpg
そして白マルチをかけて復元します。
d0182075_1926258.jpg
この後、サヤエンドウの支柱を作ります。
d0182075_19265437.jpg
そしてソラマメの雑草取り。
d0182075_19271754.jpg
畑仕事を終えたのが、17時。
畑に行く前に買った高菜。畑の横で干していました。これを漬物にします。
d0182075_19284646.jpg
しばらく漬けると古漬けになります。
高菜は冷凍できますので、漬かったら絞ってビニール袋に入れて冷凍すれば大丈夫です。
夏はこれを解凍して、家内に高菜炒めを作ってもらっています。
by furaibow581203 | 2014-03-16 19:33 | 野菜作り | Comments(4)
3月15日(土) 晴れ
今日はいーさん企画、信ちゃん&俊ちゃんご夫妻案内の黒岩山・障子ヶ岳の山歩きです。
参加者は、上の3名にクゥさん、natsucocoさん、S・TAROUさんを加えた6名。
福岡からS・TAROUさんと二人で参加。太宰府ICから見える背振が真っ白!もしかして小石原の峠などは大丈夫かと心配しましたが、何とか無事に到着。待ち合わせ場所の英彦山大権現はうっすらと雪化粧。
d0182075_4544183.jpg
d0182075_4544872.jpg
良い雰囲気です。今日の山歩きは楽しくなりそう・・・。
そして全員集合して9時頃に先ずは黒岩山へ向かいます。信ちゃんさんには地図まで用意していただきました。いつもすみません。お蔭でどこを歩いているのか良く分かりました。
最初は杉林を歩きます。日が差してなかなかの雰囲気。
d0182075_4584854.jpg
しばらく歩くと黒岩山への分岐。小さな案内板があります。
d0182075_4592550.jpg
ここから急坂を少しジグザグに登ります。
d0182075_502586.jpg
尾根筋に出たところで展望の良い場所がありました。
d0182075_515350.jpg
岳滅鬼山が見えます。向こうも白いですね。反対側には英彦山も見えましたが、木が邪魔で写真は無理。でも白くてきれいでした。
ここでの時間が一番長い休憩でした。ここから少し登ると黒岩山(878m)。10時過ぎ。
d0182075_534865.jpg
先週の経ヶ嶽に続くニューピーク。
ここから急な坂を下ります。雪で道が分かりにくいですが赤テープが頼りになりました。
d0182075_561765.jpg
25分ほどで林道へ出ました。ここからしばらく林道を歩きます。
d0182075_571656.jpg
30分ほど歩くと障子ヶ岳への登山口。
d0182075_575939.jpg
最初はそれほど急でも無いですねなどと口にした途端、急な坂になりました(笑)。
d0182075_585584.jpg
途中で英彦山が見えます。
d0182075_593698.jpg
でも、登り始めて30分ほどで障子ヶ岳山頂(948m)。今日二つ目のニューピーク。
d0182075_5104983.jpg
ここから25分ほど先の三角点を目指します。
ここの縦走路が気持ち良かったです。
d0182075_512968.jpg
そして三角点。俊ちゃんさんが見つけてくれましたが、良く分かるなと言った場所にありました。
d0182075_5134792.jpg
そして英彦山がきれいに見える伐採地に戻ります。
d0182075_5142775.jpg
そしてこれから下るところも良く見えます。
d0182075_5145811.jpg
どうやって下るのでしょう・・・。
最初の取り付きが分かりません。さすがの信ちゃんさんも分からない様子。伐採した杉の木が邪魔です。
でも、何とか木を避けて降りていくと道に出会いました。ここからは歩きやすいのですが下に降りると雪が融けてどろどろ。三角点から1時間ほどで無事に下山。4時間ほどの山歩き。
d0182075_519339.jpg
でも、あんなところを下ったのですが、3人の女性は何とも平気な様子。信ちゃんさんは何度かご一緒していますので知っていましたが、今日初めてのお二人もなかなかの健脚のご様子でした。
大権現の雪はすっかり融けて、日差しが暖かい。
d0182075_5211444.jpg
ここで昼食。そしてお腹を満足させたら、目の保養に出かけます。
先ずはセリバオウレン、ホソバナコバイモ。
d0182075_5234659.jpg
d0182075_5235654.jpg
寒い中、咲いていました。
そして初めて見るツチグリ。
d0182075_5245527.jpg
さらにショウジョウバカマ。
d0182075_5252150.jpg
まさかこの時期に見れると思っていませんでした。
最後にお目当てのミスミソウ。可憐な花でした。
d0182075_5261311.jpg
花を楽しんだ後には信ちゃんさんお点前の抹茶。
d0182075_5265854.jpg
ご馳走さまでした。何から何までありがとうございました。
花を楽しんだら皆さんとお別れ。風来坊とS・TAROUさんは杷木の筑後川温泉へ。
d0182075_5281922.jpg
ここ桑之屋は500円。でも掛け流しでお湯が良いのです。
意外に人も少なく露天風呂は二人で独占でした。
最後は麺をと言うことでS・TAROUさんにお付き合いいただき近くの長崎屋へ。
d0182075_5312146.jpg
ラーメン450円です。
d0182075_531494.jpg
おばあちゃんが作ってくれたラーメン。
d0182075_5321644.jpg
あっさり目の塩とんこつと言った感じでしょうか・・・。
今日も山と麺を楽しみましたが、皆さんありがとうございました。お蔭で初物尽くしの一日でした。
また、ご一緒しましょう!
by furaibow581203 | 2014-03-16 05:00 | 山歩き | Comments(12)
3月10日(月) 晴れ
仕事帰りに新規開拓で博多駅前の「夢市門」へ。食べログでは評価の高い焼き鳥屋なのです。
d0182075_458268.jpg
店の名前は音だけ聞くと「無一文」になりそうな高いお店と思いそうだが、結構安いらしい・・・。
お店に入って、ビールとお勧めの品を注文。
先ずはきゅうり。
d0182075_501018.jpg
鶏のささ身を割いて火を通したものがアクセントになって美味しい。
そして馬スジの煮込みを巻いた卵焼き。
d0182075_505370.jpg
甘辛く煮込んだ馬スジが良い感じです。
更にカキフライと地鶏のモモ焼き。
d0182075_53214.jpg
ちょうど人数分あるので少しずついただけます。
メインの焼き鳥。皮は50円、豚バラは80円とこの辺りでは安い値段です。
d0182075_5674.jpg
お野菜も食べなきゃと言うことでトマトスライスとソラマメ焼き。
d0182075_572677.jpg
d0182075_573632.jpg
そしてメニューを見ていて見つけたタンテキ(牛タン焼き800円)。
d0182075_583490.jpg
一緒にここに来た人が一番気に入ったタンテキでした。
牛タンをこの値段で出してくれるお店がなかなか無いので、満足してもらいました。
次から牛タンを食べたい時にはここに来ることになりそうです。
サイドメニューも充実していて、面白いものもあります。
こちらはポテトサラダカツ。ポテトサラダをカツにしています。なかなか面白い。
d0182075_5115070.jpg
久し振りの新規開拓でしたが、大成功。帰りに携帯に電話番号を登録しました。
by furaibow581203 | 2014-03-12 05:13 | グルメ | Comments(2)