ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

12月29日(日) 曇り
21日に干しておいた白菜を23日に漬けていた・・・。
2日間干していたので良い感じの干し具合となった。これを23日に漬けたのだ。
d0182075_5223214.jpg
1日程度の干しでは、白菜の白い部分の乾燥が進まず、水が上がりにくい。今回は良い干し具合になった。
これに塩を振り(白い部分には一枚ずつ少し塩を塗りながら)、下の昆布・柚子・唐辛子を振り掛ける。
d0182075_5252950.jpg
あとは漬けるだけ。今回は早く水が上がったので、6日後の今日、タッパーに入れて、冷蔵庫へ。
d0182075_527127.jpg
年末年始の白菜漬けの完成です。
買うと高いので、白菜漬けと高菜漬けは自分で作りますが、2年間は単身でしたのでお休み。
2年振りの漬物作りを楽しむことが出来ました。
by furaibow581203 | 2013-12-30 05:29 | その他 | Comments(4)
12月28日(土) 曇り時々雪
登り納めは、背振山系の盟主である「背振山」に決めて、皆さんにご案内。
今日の参加者は、S・TAROUさん、マッスルさんと風来坊の3人。男3人衆です。
9時に椎原バス停集合にしていましたが、遠い人が先に来る例に漏れず、お二人とも先に到着。
風来坊もそこは読んで少し早めに行きました。
お二人を乗せて、船石橋まで登ります。準備をして歩き始めたのが9時。
d0182075_6512442.jpg
歩き始めると、直ぐに雪がちらつきます。
林の中に入っても雪は続きます。お二人には最後にお話ししましたが、気になったのは駐車した辺りの積雪。
積もってしまったら帰りが大変・・・。そんな心配をしながら登ります。
d0182075_6592370.jpg
林道を横切る辺りでは更に雪がひどくなります。
下の写真でも分かるほどです。
d0182075_701314.jpg
この辺りから積雪や凍結がひどくなりましたので、アイゼンを装着。
登って行くと木々に雪が積もって行くのが分かるくらいの感じ。
d0182075_745849.jpg
登り始めて90分強で矢筈峠。まずまずのペース。
舗装路には雪がたくさん残っている。先週のものと思われる踏み跡を歩いて、背振山を目指します。
11時過ぎに山頂へ。
d0182075_7791.jpg
山頂は風がやや強い。
少し早いが山頂の小屋で昼食タイム。風が凌げて助かりました。
食事を済ませる頃には少し日が差してきました。気象台のレーダーも見えます。
d0182075_794917.jpg
金山も見えました。
下山を始めます。山頂近くの森の積雪はこんな感じでした。
d0182075_710529.jpg
上には青空が少し広がります。
d0182075_711255.jpg
舗装路を歩いていたら、佐賀方面や遠くに雲仙もうっすらと見えました。
d0182075_7121289.jpg
今日の天気でこれだけ楽しめたら満足です。
後はほとんど下るだけ。舗装路から縦走路へ入り、雪が落ちてくるのを避けながら歩きます。
唐人の舞へ寄り道。
d0182075_7135654.jpg
いつもは登る岩、誰も登っていませんでした。ここから福岡市も見えていました。福岡・佐賀方面の眺望を楽しめて良かったです。
椎原峠から下りますが、朝からの積雪のせいか、踏み跡がありません。
下って行くと水場(ちょっと飲む気がしない水場ですが…)のミニ氷瀑。
d0182075_7181828.jpg
ここを過ぎると雪も少なくなります。そろそろアイゼンを外す頃かなと思いましたが、杉林のところまではと付けたまま下って来ました。
d0182075_7194364.jpg
メタセコイアの林のところでアイゼンを外して、下山。14時過ぎ。5時間ほどの山歩きを楽しみました。駐車した辺りの雪は融けていて、杞憂に終わって良かったです。
下って行くとバス停にバスが待機。お二人の車が出せません。バスが見える辺りでバスの出発を待ちます。マッスルさんに調べてもらってバスの発車時刻を確認したら、定刻より10分ほど遅れてようやく出発。
ようやく、帰ることが出来ました。
今年もお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

登り納めですので、今日も麺で締めます。締めは「ふくちゃん」
d0182075_726431.jpg
15時過ぎなのに未だ外で並んでいました。
並んで待って、ようやく出てきたラーメン(550円)
d0182075_727144.jpg
こちらもお世話になりました。

来年も山歩きを楽しみたいと思っています。皆さん、良いお年をお迎え下さいませ。
by furaibow581203 | 2013-12-29 07:27 | 山歩き | Comments(8)
12月22日(日) 晴れ
今日はS・TAROUさんと背振の予定だったが、前日に難所ヶ滝からの三郡へ変更。
メールのやり取りをすっかり忘れていて、携帯を確認して思い出した…。でも、朝が早かったので余裕で対応できました。早起きは三文の徳でした(笑)。
8時30分過ぎに駐車場へ到着。一番上の駐車場は満車だったが、すぐ下の駐車場は空があり、そこへ駐車。準備をして8時40分頃出発。
d0182075_4222836.jpg
昭和の森に着く前に若杉山などが見えたのですが、雪が積もっているのが分かりましたので、期待して登ります。駐車場付近も少し積雪していますので、今日は雪の山歩きを楽しめそうです。
d0182075_4244330.jpg
最初の渡渉、先行する女性軍団は少しおっかなそうに渡渉していましたが、無事に渡りました。林道で追い越し、先を急ぎます。
d0182075_4272092.jpg
登り始めると雪が増えてきました。ツララまで〇〇mの標示があるので分かりやすいです。更に登ると雪が増えてきます。
d0182075_4282354.jpg
小ツララはほんの少しつららがありました。そこから215mで難所ヶ滝。登り始めて1時間10分弱で到着。先に数名のグループが記念撮影をしていました。
d0182075_4301360.jpg
氷瀑はまだまだこれからの様子。
d0182075_4331441.jpg
あと2回くらいは寒波が来ないと大きくならないかも・・・。
でも、ここからの青空もきれい。
d0182075_4345030.jpg
そして、再び滝。
d0182075_435854.jpg
今日は難所ヶ滝から左に登り三郡を目指します。風来坊はこのコースは初めて。登って行くと雪もきれいですが、青空もきれい!
d0182075_437084.jpg
d0182075_437741.jpg
しばらく歩いていたら、降りて来た方が声を掛けてくれます。後ろにいたので気付きにくかったのですが、やまごえさんにお会いしました。今日は宝満山で朝日を写そうと登ったのだそうですが、間に合わず(しかも雲で見えなかったそうです)三郡まで歩いてこれから難所ヶ滝を見て帰るとのこと。しばらくお話をしましたが、久し振りに山でお会いして良かったです。
d0182075_4405941.jpg
白い世界が続きます。でも、時折、雪が落ちてきて背中や頭に降りかかってきます。背中とザックの間にも雪が…。雪を落として歩きますが、それも楽しい。上に行くと木の上の雪が少なくなってきます。
d0182075_4432835.jpg
でも、日の当たりにくいところは雪が残っていて、白銀の世界。
d0182075_4441885.jpg
まるで雪のトンネルです。
d0182075_4444443.jpg
縦走路を歩くと踏み跡がしっかりとついています。アイゼンは付けずに歩きましたが、時々滑りながら歩きます。
d0182075_4463128.jpg
ブナ林のところもきれい。
そして、S・TAROUさんお気に入りのハイウェイへ。
d0182075_4472758.jpg
d0182075_44736100.jpg
ここまで来ると三郡山もあともう少し。
d0182075_4485227.jpg
レーダーがある建物を過ぎて、舗装路も30㎝程の積雪。青空がとってもきれいでした。
d0182075_4501569.jpg
そして三郡山。
d0182075_450387.jpg
山頂には4,5名の先客。ここまで2時間半。少し早いですが、山頂から下ったところにあるベンチで昼食。おにぎり1個。今日はマッスルさんがされているようにおにぎりをレンジで温め、タオルとホッカイロで包み、更に保温の容器に入れましたので結構、暖かく美味しかったです。以前は冬はサンドイッチを作っていましたが、コンビニでおにぎりが楽です。マッスルさんに感謝ですね。今日1個にしたのは帰りに麺を狙っていたからです。
食事をしている間に多くの方が三郡へ向かっていきました。私たちはそろそろ下ります。縦走路ではすれ違う人が増えてきました。
d0182075_458794.jpg
17名の団体さんもいました。
d0182075_4583960.jpg
途中、雪が大分落ちてきたと思ったのですが、北斜面などではまだ残っています。
うさぎ道へ入ると再び雪の世界。
d0182075_4593132.jpg
ずーっと下って、ようやく分岐へ。
d0182075_501271.jpg
ここでアイゼンを外す。ここからはあと少し。雪も少なくなりました。
d0182075_5111100.jpg
登ってくる人もまだいましたが、下山したのは13時40分ですので、難所ヶ滝だけなら十分間に合います。約5時間、雪を楽しめて満足。
今日は、登りではアイゼンを付けませんでしたが、ある程度積雪があれば付けた方が滑るストレスと無縁で今度からは早めに装着しようと思いました。
S・TAROUさんを送り、野間の行徳屋へ。
d0182075_55201.jpg
一番人気の「塩ラーメン」(650円)を注文。
d0182075_56531.jpg
塩がマイルドな印象。
昨日行った「ゆきみ屋」(福大の裏にあります)の塩ラーメンとはまた違った印象。
d0182075_571753.jpg
ゆきみ屋はシャープな塩ラーメンの印象。
d0182075_58204.jpg
前回行った時に少し塩がきつい印象でしたのでお店の方に話したら、今回は美味しくいただきました、塩ラーメンの食べ比べも出来て良かったです。
by furaibow581203 | 2013-12-23 05:10 | 山歩き | Comments(16)
12月15日(日) 晴れ
今日は遠方の山のお誘いもあったのだが、近場の山を歩くことにした。
お付き合いいただいたのは、S・TAROUさん。9時にグリーンピアなかがわの駐車場でと打ち合わせたが、何とグリーンピアなかがわは12月~2月は休園。入口前の広場に駐車して、9時ちょっと前に出発。
出発前に1台車が来て、その時点で3台駐車。
d0182075_3254425.jpg
公園の駐車場に停めると100円かかるが、階段歩きを省略できるのでと思ったが、残念。今日もS・TAROUさんは快調に登って行かれる。257段の階段を登ったところで衣服調整(本当は呼吸調整)。
公園の中を少し通り、再び山道へ。
d0182075_330216.jpg
S・TAROUさんは相変わらず、快調に歩かれる。しかも、今日はカメラを忘れられたとのことで写真を撮ることもなくどんどん歩かれる。付いて行くのがやっとの風来坊。
登り始めて1時間弱とのところが、S・TAROUさんの好きな場所。
d0182075_332116.jpg
振り返るとこんな感じ。
d0182075_3325616.jpg
グリーンピアなかがわからの九千部山は、急な登りが長く続くことが無く、何とかS・TAROUさんに付いて行けます。山頂近くに面白いものがありました。
d0182075_3351658.jpg
d0182075_3352497.jpg
上の写真は分かりにくいですが、ラジカセの上に網が張ってあります。ちゃんと「鳥類標識調査 環境省」の旗と横には「山階鳥類研究所」の文字。そして調査員の名前まで明示してあります。山階鳥類研究所って聞いたことがあると思い、帰ってから調べたら、秋篠宮文人親王を総裁とする研究所でした。ご苦労様です。近くにいた調査員の方に聞いたら朝から何羽か網にかかったとのこと。調査員の方は車で来ているので、ここから直ぐ山頂です。
d0182075_3413964.jpg
先に展望台に行ったのですが、九千部山頂(948m)の標識を先に載せます(偽装?)。
展望台からの景色。奥が背振山ですが、かなり霞んでいます。
d0182075_343550.jpg
福岡方面も霞んでほとんど見えません。山頂までは1時間20分ほど。
ここから石谷山までの縦走路を往復します。
d0182075_3441228.jpg
石谷山までの縦走路は最初、少し入り口が分かりにくい箇所がありますが、今日は難なくクリアして快調に進みます。
縦走路にコマユミ?の紅葉が…。今年最後の紅葉か…。
d0182075_3464974.jpg
そして、S・TAROUさんの好きな場所②
d0182075_3472327.jpg
この辺りまでは冬枯れの道が続きます。でも、段々と常緑樹が増えてきます。
d0182075_3481544.jpg
九千部山から3㎞にある石谷山(754m)に着きました。
d0182075_349679.jpg
先客が8名ほど。直ぐに折り返して九千部山に戻って昼食を食べることにします。石谷山までは50分弱。
引き返す途中にグリーンピアなかがわへ降りれる分岐があるのですが、林道工事で降りれないとロープが張ってあります。
d0182075_3533820.jpg
先週の釈迦ヶ岳・御前山の際にも歩行禁止の看板があったが、難なく歩けたので大丈夫かと思いますが、今日は君子危うきに近寄らずでピストンします。九千部山頂手前の分かりにくい分岐で出会った人がカラビナさん二人連れ。S・TAROUさんとしばらくお話ししていました。風来坊はお名前は凧さんのHPで何度か見たことがありますが、お会いするのは多分初めて。出発の際に来た車で来られたようです。
お話も終わって、九千部山頂にあるテーブルで昼食。風も丁度無く、ぽかぽか陽気の中での昼食は美味しい。
12時30分に下山開始。先ほどの調査員の方とお話ししてそろそろ調査を終えますとお聞きして、網の辺りを歩いていたら…。
d0182075_41818.jpg
二羽もかかっています。直ぐに引き返してお知らせしたら、後で取りに行きますとのお返事。
帰ってから調べたら「ジョウビタキ」のオスのようです。渡り鳥で冬に日本に来るそうです。下の足に標識が付いていますので以前にもかかったようですね。
でも、網にかかった鳥を見れて良かったです。この頃はラジカセを回収して鳴き声で呼び寄せていませんでした。オスが近くで二羽かかっていましたので縄張り争いをしているところで網にかかったのではと思いました。
そして、下って行くと登りの際に見えた林道工事が近くで見えます。
d0182075_471618.jpg
d0182075_472752.jpg
登山口にあった案内板を見ると、青色の林道が右上で終わっている地点のようです。でも、そこで終わりではないでしょうから来年以降は林道を横切ることになりそうです。ちょうどS・TAROUさんの好きな場所の近くを通りそうですので、残念です。
d0182075_495593.jpg
何度か渡渉します。
そして階段を下ります。
d0182075_4104574.jpg
13時40分過ぎに下山。
山歩きの際に今日は今年何度目かの話をして、S・TAROUさんと1回くらいしか違わないと思いますなどと話していましたが、今日で40回目。40回を超えるのは4年連続。ブログを始めてから回数が増えました。一番お付き合いいただいているS・TAROUさん始め、皆さんに感謝。S・TAROUさんの40回達成まであと3回ありますので、何とかご協力したいです。

帰りは麺を食べることなく、大人しく帰りました。
by furaibow581203 | 2013-12-16 04:22 | 山歩き | Comments(12)
12月13日(金) 曇りのち晴れ
鹿屋から鹿児島に帰ってきたのは20時前。
3人で食事でもと言うことで何軒か電話するが、12月の金曜日。忘年会も真っ盛りなのか満員のお店ばかり。
そこで、天文館近くのグルメ通りの「鳥人(とりんちゅう)」へ電話してみる。何とか大丈夫。
この店は小さく、時間もかかるので忘年会向きでは無いので電話してみましたが、正解でした。
d0182075_6491120.jpg
カウンターに3席の空席。ギリギリでしたね。ラッキーです。
この店は鳥皮が有名。時間をかけて焼きますので、最初に注文しても出てくるのは一番最後。
下の写真が焼いているところの皮です。これは他のお客さん用。
d0182075_652586.jpg
先ずはキャベツと大根おろしが出て来ます。この店も4年振りくらいなので大根おろしをどのように使うか忘れましたのでお店の人に聞きます。直接食べたり、串と一緒に食べても良いそうです。口をさっぱりするためらしい。
そして、とりんちゅうサラダ。鰹節(生節)の厚く切ったのがのっています。
d0182075_654851.jpg
鹿児島らしいサラダ。次からは串。肝の後にささ身。
d0182075_656732.jpg
そして豚バラ。
d0182075_6562542.jpg
手羽先は、開いて焼いてあるので食べやすい。
d0182075_6565464.jpg
そして最後に鳥皮。焼き始めからすると随分と細くなっています。
d0182075_6573924.jpg
久し振りでしたが、美味しかったです。明日への活力源になりました。
週末でしたので、母親のところに泊まって、翌日年末の大掃除でも手伝うことにしました。
by furaibow581203 | 2013-12-15 07:00 | グルメ | Comments(2)
今週は月曜日に宮崎日帰り、水曜日が北九州から熊本を廻って日帰り、金曜日は鹿児島に出張。
それぞれの場所で麺を楽しみました。ちゃんぽんで揃えたかったけど、鹿児島ではラーメンになりました。
以下にそれぞれのお店をご紹介します。

12月9日(月) 曇りのち雨
「正一」(宮崎県えびの市) の「ちゃんぽん」(630円)

中華料理屋さんです。お店も新しい。
d0182075_6223526.jpg
お店の入口付近の小庭にギボウシの花が枯れかかってはいたものの、あったのにはびっくり。さすが宮崎。
ちゃんぽんを迷わずチョイス。
d0182075_6251322.jpg
宮崎では「おぐらのちゃんぽん」が有名ですのですが、ここのちゃんぽんも美味しかったです。この店の食事は量も多そう…。ちゃんぽんは丁度良い量でした。

12月11日(水) 曇り
「あめや」(熊本市中央区練兵町)の「ちゃんぽん」(700円)

夜は居酒屋。昔、風来坊が熊本で仕事をしていた時には、朝ごはんから晩ごはんまでお世話になりました。
今はお店も改築しまして、綺麗になりました。
d0182075_630720.jpg
ですから、女将さんや息子さん夫婦も良く知っています。14時過ぎで夜の準備中でしたが、合間に調理していただきました。
d0182075_631872.jpg
昔から良く食べていました。懐かしい…。家内も良く知っているお店です。
次は夜、ゆっくりとお酒でもいただきます。

12月13日(金) 曇りのち晴れ
「とくだラーメン」(霧島市隼人町)の「ラーメン(中)」(650円)

鹿児島に出張し、隼人でお昼仕事を済ませて、鹿屋へ移動する前に寄りました。
d0182075_6344722.jpg
自動券売機で、ラーメン(中)とごはんを注文。
鹿児島ラーメンの特徴は漬物が食べ放題のお店が多いことですが、この店も大根の漬物がありました。
d0182075_637550.jpg
ごはんに合います。
そしてラーメン。
d0182075_6373053.jpg
鹿児島では珍しいしょうゆトンコツスープです。
1時ごろに寄りましたが、結構人が多く、人気店のようでした。なかなかこの辺りでお昼をいただくことが無いと思うので貴重な体験でした。
by furaibow581203 | 2013-12-15 06:41 | グルメ | Comments(6)
12月8日(日) 晴れ
朝、6時20分待ち合わせのS・TAROUさんの自宅近くに6時10分頃に着いたのでお知らせしようとメールを打っていたら、メールが来た。見るとそよかぜさんから「油山に行きませんか?」とのお誘い。3人で協議してお返事しますと返信して、肉まんさんとの待ち合わせ場所へ。実は風来坊は油山には行ったことが無いのでお誘いに乗りたい気持ちもあったのだが、待ち合わせまで一旦、家に引き返さなければならない。これはちょっと辛い…。他のお二人は油山は既に行かれているし、肉まんさんが釈迦ヶ岳が初めてとのことでしたのでこちらをチョイス。そよかぜさんには協議の結果、予定通りに行きますとお返事して出発。
広川ICから降りて、国道3号線、442号線を経て杣の里渓流公園に着いたのは8時20分前。山と渓谷社の分県登山ガイトには20台ほど駐車出来そうに書いてあったが、道路脇に綺麗に縦列駐車するのでしょか?
今日はまだ3台目ですので道幅が広い場所に駐車して、準備をする。
そして8時30分ちょっと前に出発。
d0182075_4202772.jpg
最初は杉林の中を歩きます。踏み跡が少なく、慎重に道を探しながら歩きます。途中何度か渡渉します。
d0182075_4213314.jpg
45分ほどで林道に突き当たり、左に行くと再び登り。ここからの登りが急です。でも、しばらくすると自然林に代わり、展望の開けたところに来ました。
d0182075_4231097.jpg
青空がきれいです!
ここからが鎖場などが続く登り。
d0182075_4253282.jpg
以前、肉まんさんが御前岳に登った時は雪で、アイゼン無しだったので怖かったと話していましたが、確かに雪でアイゼン無しでは辛いでしょうね。そして10時ちょっと前に御前岳(1,209m)山頂。
d0182075_4274761.jpg
風来坊はこちらは初めて。風もそんなに強くない。展望は抜群。ここから釈迦ヶ岳へ縦走します。少し急な下りをやり過ごして振り返るとピラミダルな御前岳が…。
d0182075_4304860.jpg
縦走路で一人出会いましたが、他には人は居ません。静かな山歩きです。縦走路の笹は背が高いものと低いものが場所によってありました。
d0182075_4322723.jpg
展望の良い場所から御前岳を見るとやっぱり御前岳は三角錐の綺麗な山容です。
d0182075_4334731.jpg
ここから少し下って、釈迦ヶ岳への最後の登りへ。岩場がありますが、危険ではありません。でお、慎重に登って行きます。
d0182075_435387.jpg
山頂が近くなってきました。北側の斜面には残雪が。
d0182075_4354127.jpg
そして二度目の釈迦ヶ岳(1,229.5m)。御前岳から約1時間。
d0182075_4363827.jpg
ここからも展望が良い。万年山や九重方面、八方ヶ岳などが見えます。でも、少し風が出て来ましたので先を急ぎます。レーダードームのある普賢岳に立ち寄り、ここで昼食。おにぎりをいただきます。ここでは風もほとんどなく少しのんびりしました。
そして下山します。登山口で道路が崩壊している箇所があると書いてありましたので、周回する予定でしたが、取りあえず林道を何度か横切り、登山路を下ります。
d0182075_4431212.jpg
何度か目の林道で、回り道せずに、崩壊していると書いてある方へ向かいました。途中、崩壊したところを修復中の箇所がありましたが、難なく通れます。でも、この辺りの林道にはあちこちに落石がありましたので、歩く際には自己責任で細心の注意を払う必要があるでしょう。
d0182075_4474696.jpg
これが八ツ滝の一つの幸運の滝でしょうか?
そして吊り橋。
d0182075_4484039.jpg
吊り橋には公園からしか行けないようです。13時過ぎに下山。4時間30分ほどの山歩き。天気も良く最高でした。ただ、この辺りには温泉がありません。汗をかいたので着替えて、帰ります。途中、ラーメン屋があれば寄るつもりでしたが、やり過ごしてそのまま福岡へ。15時前には福岡に着き、皆さんと別れて家に着いたのも15時40分。家内が風呂を準備してくれたので汗を流して、ビール。良い一日でした。風邪も悪くなることなく、早めに寝ました。
by furaibow581203 | 2013-12-09 04:54 | 山歩き | Comments(8)
12月7日(土) 晴れ
今日は朝から先ずは畑へ。
前回は芽を出していないソラマメのあったが、今回は全部芽を出してくれていた。
d0182075_16163556.jpg
周りの雑草は寒いこの時期は成長が遅くて助かる。でも早めに雑草を取り、次はサヤエンドウの手入れ。
d0182075_16173243.jpg
一ヶ所に2つの苗に間引きして、小さな竹の枝を添えて苗が風にあおられないようにする。
もう少ししたら、大きな竹を刺して、サヤエンドウが伸びるようにしなければならないが今は小さな枝で十分。畑があるところは平地より少し寒いので北側に風除けをビニールで作ってみた。
d0182075_16222576.jpg
最初、袋で苗を一つずつ囲もうかと思ったが、日が十分当たらないとと考え、風除けだけにしてみた。どうなるのか今後の参考にしたい。
そしてタマネギ。枯れた葉を摘み取り、こちらも雑草を取って、本日の手入れ完了。
d0182075_16233951.jpg
これだけでも2時間近くかかってしまった。
この後、図書館や買い物もあるので直ぐに帰る。しばらくは手入れの必要は無さそう・・・。
でも、頼まれた畑の周囲の手入れが待っている・・・。こちらが大変なのです…。
by furaibow581203 | 2013-12-08 16:27 | 野菜作り | Comments(2)
12月3日(火) 晴れ
宮崎から朝一番の飛行機で福岡へ帰る。9時から急用が出来ましたので。
飛行機から霧島や桜島、開聞岳が見えましたが、プロペラが邪魔になり綺麗に写せません。下の写真は霧に覆われた人吉盆地。
d0182075_452352.jpg
びっしり覆われていますので晴れるのには時間がかかったことでしょう。
福岡で用事を済ませて、次は長崎。お昼は長崎に着いてからいただきます。
長崎駅から歩いて10分ほど、県庁近くの永楽苑へ。
先週の大分の蕎麦は永楽庵。こちらは永楽苑です。間違わないようにします。
d0182075_4541536.jpg
ここは「しいたけ肉そば」が美味しいのだが、今の風来坊のテーマはちゃんぽん。普通のちゃんぽん(550円)では無く、特製ちゃんぽん(800円)を注文。
d0182075_4563651.jpg
ここの特製ちゃんぽんはカキが入っているので注文したのですが、昔より少なくなった気が…。でも、あっさり目のスープと色々な具の味を楽しみました。次に行く時はやっぱり、しいたけにするか…。
by furaibow581203 | 2013-12-06 05:00 | グルメ | Comments(4)
12月2日(月) 曇りのち晴れ
今日は宮崎の営業所会議に出席。会議の後の懇親会は焼肉。
みょうが屋と言う珍しい名前。でも、人気店らしい・・・。何でもプロ野球のキャンプの頃には連日満員らしい。
お店に行くと、外観はとても人気店らしくない…。
d0182075_414519.jpg
店内は小上がりのテーブル席とカウンター。もしかしたら奥にも座敷があるのかも知れない。
d0182075_421205.jpg
先ずはビールと牛スジの煮込みで乾杯!
d0182075_421571.jpg
牛スジは美味しいが、これは家内の作る牛スジ煮込みに軍配を上げたい。
そして、最初はタンとさがり。塩をまぶしてあり、焼いた後に柚子か何かのしぼり汁を付けていただく。
d0182075_4231166.jpg
d0182075_4231999.jpg
タンは少し厚めのと薄めの2枚。さがりも大きいのが2つずつ。
次は右からヒレ・サーロインなどなど(笑) 写真の肉は4人分です。
d0182075_4261410.jpg
ここまででかなり満腹に。しかし、次は定番のカルビー。
d0182075_4265732.jpg
昔なら難なく食べれたカルビーがこのタイミングで出てくると辛い…。若い人に譲る…。
最後にはホルモン関係。
d0182075_4282335.jpg
締めに焼き飯が出てきた!取りあえず写真だけは撮る。
d0182075_429918.jpg
雪の雷山~井原山の疲れの影響か、少し風邪気味。鼻声がひどい。
でも、肉は美味しかった。さすが人気店だけのことはあります。次は体調の良い時にチャレンジしたいですね。
食事を済ませたらホテルへ帰り、爆睡。
by furaibow581203 | 2013-12-05 04:35 | グルメ | Comments(6)