ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

7月27日(土) 曇り
昨年7月28日に初めて白山に登ったが、昨年は花が少ないとの評価・・・。それでも沢山の花を見れたので、今年も7月最終土日を狙って登山を計画した。
一人ではと言うことで同期のKさんと一緒に登ることにした。
Kさんは百名山をかなり登っているらしいが白山は未踏。ならばいっしょに行きましょうと言うことで約束が成立!
早々と準備をすることにした。でも、今年は梅雨明けがはっきりしない・・・。未だに北陸は雨の予報が続いている。週間予報でも期待出来そうに無いが、決めたスケジュールは消化せねばならない・・・。Kさんは飛行機の予約もしているのです。風来坊は、J‐WESTのカードなので延期すれば良いのですが、同伴者はそうもいかない。後は行くのみ!
前日の19時に待ち合わせして、お気に入りの「いな葉村」で食事を済ませて、21時30分には寝た・・・。明日は山です。風来坊は2時過ぎまで爆睡。
Kさんは夜中の雷などで十分寝れなかったらしい・・・。
先ずは2時半前に起きて、準備をする。いつも2時間以上かけて準備をするので、時間に追われて慌てて、3時45分待ち合わせの場所へ。Kさんは私を探していたようです。
一緒にレンタカーに乗り、途中コンビニで昼食を買って一路、市ノ瀬へ。昨年より少し早い時間に着きましたが、バス待ちの人が少ない・・・。天気予報が悪いのだろうか・・・?風来坊は今朝の天気予報を見ていません。後は運任せ・・・。
5時25分発のバスにゆっくりと乗れて、別当出合へ。
着いて少ししたら雨がパラパラ。風来坊はカッパの下着を身に着けて出発。5時55分。
d0182075_17264556.jpg
吊り橋を渡るが、運悪く団体さんの集団の中に入ってしまった。人数が多いと結構揺れる吊り橋。横揺れだったので酔わなかったが縦揺れだったら酔ったかも・・・。
団体さんは20名以上。追い越しは厳しそう・・・。昨年より早く出発したので「まぁ良いか」と後について登ります。
d0182075_1732165.jpg
途中で、団体さんが後の人に道を譲ってくれた。ここは一気に前へ。出発時にパラパラ来ていた雨は止んでいます。
そこで中飯場でカッパを脱ぎます。6時35分。結構時間がかかりましたが、カッパを脱いで、急に涼しくなりました・・・。
d0182075_17344121.jpg
砂防新道の道は登りやすいが、昨日の雨で濡れているので滑りやすい。注意しながら登ります。
下の方ではオオウバユリやヤマアジサイが咲いていましたが、ここからも花が多い。
d0182075_17445019.jpgd0182075_17453677.jpgd0182075_1746949.jpg






d0182075_17502283.jpgd0182075_17503350.jpgd0182075_1750415.jpg






昨年、開き始めのキヌガサソウ(白くない)を上の方で見たのを覚えていたので、少し不安になる。上は未だ早いのか・・・。
そんな不安を持ちながら甚之助小屋へ。ここまで1時間50分、小屋のちょっと前で休憩したので仕方ないか・・・。(昨年は1時間40分、でも休憩を除くとほぼ同じ)時間を気にするのは帰りのレンタカーを返す時間を気にしてです。Kさんは1年ぶりの登山とのこと。そこが気になりますが、Kさんはゆっくりでも休まず登るタイプですので、何とかなると思っていました。ここでは雨は止んでいますが展望は無い・・・。
d0182075_17545745.jpg
雨にならないだけでも良いかと思い登ります。
ここからは早い、と言うかポイントがあり休みながら行ける。少し登ると南竜分岐。直登コースを選択。
d0182075_1813599.jpgd0182075_1814681.jpg
d0182075_1821719.jpg
d0182075_1834375.jpgd0182075_184047.jpgd0182075_1841492.jpg




d0182075_1861242.jpgd0182075_1863799.jpg
d0182075_1865557.jpg
今日は花を専門に写すしかないと思っていました。景色は無理だし・・・。
d0182075_18114228.jpg
こんな感じで何も見えません・・・。
d0182075_18121995.jpgd0182075_18123449.jpgd0182075_18124783.jpg





d0182075_18135847.jpgd0182075_1814950.jpg
d0182075_18142240.jpg
そして延命水。Kさんもたっぷり飲みました。勿論、風来坊も・・・(笑)
d0182075_1817939.jpg
そして5分で黒ボコ岩。
d0182075_18191893.jpg
ここでややシャリバテ気味のKさん休憩。
ここで休んでいると次々と人が登ってきました。それだけでなくガスも上がって晴れてきました!
d0182075_18211221.jpg
下が見えてきました!ちょっと期待してしまいます。このまま晴れてくれ!15分ほど休んで室堂へ。
d0182075_18215956.jpg
d0182075_18221120.jpg
クロユリがありました!石川県の県花です。風来坊はここ白山のクロユリしか知りません。1年ぶりの再会。嬉しい!下で不安に思ったのが杞憂でした。
d0182075_18235447.jpg
d0182075_182439.jpg
木道を少し歩いて、登ると別山が見えました。あっという間にガスが晴れてきました。最高です!
そして40分弱で室堂。
d0182075_18253694.jpg
ここでも10分ほどの休憩。室堂を出発したのは9時45分。まだまだ早い時間です。
d0182075_18275873.jpg
室堂から直ぐにクロユリの群落。ここだけでなく室堂周辺にいっぱいあります。
d0182075_18285883.jpgd0182075_18291353.jpgd0182075_18292591.jpg





そして山頂。
d0182075_1830781.jpg
d0182075_18302073.jpg
ここで、剣ヶ峰や大汝山を見ながら昼食タイム。
d0182075_18332454.jpg
ここで25分ほど休憩。周囲の山は良く見えませんが、晴れただけでも満足。人も増えてきましたのでお池巡りへ。
d0182075_18342859.jpgd0182075_18344597.jpg








お鉢から見た御前峰。
d0182075_18373982.jpg
そしてお池巡りで花を楽しみます。
d0182075_18392368.jpg
5つ花の付いたハクサンコザクラ。
d0182075_18393914.jpg
クロユリも再び。
d0182075_18395026.jpg
そして、昨年見なかったハクサンシャクナゲ。木の中に隠れるように咲いていますので、なかなか良い花がありませんでしたが、これは道沿いに咲いていた中で一番良かったです。
d0182075_18403280.jpg
室堂に戻ったのが、12時過ぎ。ここで少し休憩して帰ります。
d0182075_18435413.jpg
人が増えてきました。山は早めに下る。後で情報を聞くと正解でした。
黒ボコ岩から観光新道を下ります。
d0182075_18452374.jpgd0182075_18454286.jpgd0182075_18455838.jpg





d0182075_18462658.jpgd0182075_18464150.jpgd0182075_18465556.jpg更にこの花。
d0182075_18511744.jpgd0182075_18513499.jpgd0182075_1854651.jpgまだまだ
d0182075_185535.jpgd0182075_18555146.jpgd0182075_18592128.jpg





そして、殿ヶ池で少しお休み。
d0182075_1901075.jpg
ここから少し下ったところにまだまだお花がありました。
下は珍しいオオシラビソの実。最初は松ぼっくりかと思いました。
d0182075_1921086.jpg
そして砂防新道でも見かけたが遠くて写せなかったサンカヨウ。可憐で綺麗でした。
d0182075_1922014.jpg
まだまだ続きます。
d0182075_1961113.jpgd0182075_1962779.jpgd0182075_1965945.jpg
そして、室堂から3時間程で別当出合へ。下の写真は途中の下山路です。
d0182075_199268.jpg
15時過ぎに着いて、15時10分のバスで市ノ瀬へ。市ノ瀬ビジターセンターでの情報によると午後になって室堂付近は雷雨になったとのこと・・・。やっぱり山は早めが良いですね。
ビジターセンター前の日本秘湯の会の永井旅館で汗を流す。(600円)
d0182075_19112528.jpg
ここから金沢に帰り、18時前にレンタカーを返して、金沢駅近くの居酒屋で一杯。19時43分のサンダーバードで帰る。幸い寝過ごすことなく京都に帰りました。良い一日でした。Kさん、ありがとうございました。
百名山をかなり登っているKさん曰く、「こんなに花が多い山は初めて」。喜んで貰って良かったです。
しかも、こんなに花が多い山が京都から近くにあるのは幸せと改めて感じました。

来週は出張を利用して八ヶ岳へ行こうと思っていましたが、仕事のこともあり「山断ち」しようと決めました。
たまには好きなことを止めねば・・・。願掛けです。
by furaibow581203 | 2013-07-28 19:15 | 山歩き | Comments(12)
7月25日(木) 曇り
今日は富山で仕事。夕方には魚津で勉強会。勉強会を終えて富山市に戻ったのは20時を過ぎていた・・・。
夕食でもと行ったのが、富山の繁華街「桜木町」にある「金泉」。
路地の奥にあり、知っていないと絶対に行かないと思われる・・・。外観もこんな感じ。
d0182075_5595066.jpg
でも、意外なことに繁昌しているらしく、隣に「銀泉」「銅泉」と姉妹店が出来ている!
d0182075_605931.jpg
予約もしていなかったが、たまたま席が空いていて、カウンターに通される。店内は結構若い二人連れが多い。
どちらかと言うと若い人向けなのか? 店内はこんな感じです。
d0182075_632391.jpg
先ずは突出しでビール。
何といなりが突出し。私が好きな金沢のいな葉村も突出しに押し寿司など出るのだが、北陸はそんなお店が多いのだろうか?面白いです。
d0182075_6253576.jpg
そしてきゅうり。トマト味の味噌ダレ?と付けていただきます。
d0182075_6263059.jpg
ビールの次は日本酒。富山では立山でしょう。
d0182075_627391.jpg
エイヒレのあぶり。
d0182075_6272090.jpg
日本酒がすすみますが、飲み過ぎ注意です(笑)
そして、美味しいと評判のハムカツ。
d0182075_6274565.jpg
想像したハムカツよりかなり身の厚いハムカツでした。
最後はゲンゲの干物。
d0182075_6292221.jpg
面白いお店でした。外観で想像するより値段はそれなりにするのでそのつもりで行かないとびっくりするかも知れません。
by furaibow581203 | 2013-07-28 06:31 | グルメ | Comments(2)
7月22日(月) 曇り時々晴れ
今日は土用丑の日。そんなことはすっかり忘れていました・・・。
朝のニュースは昨日の参議院選挙の結果だけ。いつもなら土用丑の日の鰻屋のニュースがあっているはずです。鰻が好きな風来坊もすっかり忘れていましたが、鰻屋さんは賑わったことでしょう・・・。

それはともかく、今日はお得意先の方と食事会。気軽なお店が良いとのことで、お得意先の方に決めてもらったのが石山駅近くの「きりん」
京都から電車で直ぐ。駅から3分とありますが、3分で間違いなく着きます。
d0182075_20121540.jpg
お店は中二階にある感じでした。中は綺麗で、店員さんも親切そう(親切でした)。
約束の時間の25分ほど前に来たのですが、既にお待ちになっていました(失礼)。
先ずはビールで乾杯。突出しが出てきました。
d0182075_20154063.jpg
三つとも美味しかったです。
そして、刺身を食べた後に出てきたのが水ナス。関西ではこの時期には食べたいナスです。
d0182075_202431.jpg
浅漬けの水ナスとアボガドを一緒にいただきます。
そしてさつま揚げ。
d0182075_20174429.jpg
この頃には日本酒を冷でがんがん飲んでいました。
そのため、このあとの写真はあるのですが、口にした記憶がありません・・・(恥)
d0182075_20195031.jpg
d0182075_2020077.jpg
翌日、聞いたらすべて食べて、飲んだそうです・・・。
帰りはちゃんと電車に乗って帰ったのですが、電車の中で約束したことも忘れていました(驚)。翌日、手帳に何か書いていましたので聞いたら約束していましたよと言われて、次からは飲み過ぎ無い様に注意しようと思った日でした。(でも、いつも学習能力無し)
記憶があるまでは少なくとも良いお店でした(笑)。
by furaibow581203 | 2013-07-23 20:27 | グルメ | Comments(6)
7月20日(土) 晴れ
今週どこに登るか、決めていなかった。また、土日のどちらに登るかも決めていなかった・・・。
朝起きて、意外に涼しかったので急遽、行くことに。
で、山は? 迷った末、昨年同じ時期に登った蓬莱山から間違えて降りてしまった(途中で引き返しました)コースの雰囲気が良さそうでしたので、そこを登ることに決めました。
コースは、坊村で降りて、しばらく林道を歩き、牛コバ~白髭淵~夫婦滝~汁谷~打見山。時間に余裕があればそこから比良岳を縦走しようと思って準備をして、いざ出発。
坊村へは出町柳7時45分発のバスなのでゆっくり目で大丈夫だが、夏場はもう少し早い時間に出来ないものかと思うのは私だけでしょうか?
出町柳には結構な人。2台のバスが満員で出発。1時間ちょっとで坊村へ。
直ぐにトイレを済ませてストレッチ。準備完了して歩き始める。バス停から直ぐ近くにある「比良山荘」
d0182075_7234617.jpg
お店の方にパンフをいただきましたが、結構良いお値段。ここで食事するにはかなりの出費が・・・。でも、お金があれば来てみたい雰囲気のお店でした。(宝くじが当たったら来よう!)
そして近くの神社で今日の無事を祈る。今日のコースは看板に書いてある通り。
d0182075_7263860.jpg
白谷コースですが、見ると3時間30分とある。武奈ヶ岳へは2時間30分だが、先日歩いた時に2時間15分ほどかかっているので、結構時間がかかりそう。でも、沢沿いのコースなので涼しいのではと期待して歩く。
先ずは舗装路の林道。途中から未舗装の林道を歩く。先に歩いている人がいるので心強い。
d0182075_7293875.jpg
20分ほどで三の滝の水場。
d0182075_7301860.jpg
ここで皆さん、最初の休憩を取られるようで、そのまま進む風来坊は結局一人歩きに。比良山荘で冬は熊料理が美味しいですと聞かされていたので、一人は不安だが鈴を持ってきたので安心?して歩きます。
d0182075_733511.jpg
牛コバです。ここまで40分。ここから登山路らしくなります。
d0182075_7334364.jpg
良い雰囲気の森。今日の山歩きの選択は良かったかなと思えた瞬間。
でも、しばらく歩いて行くと橋が・・・。
d0182075_738072.jpg
何となく頼りなさげな橋。でも、思ったよりしっかりしていて良かったです。橋から見る沢と森。
d0182075_73979.jpg
白谷コースは沢沿いにほぼ歩くコース。夏場にはぴったり。
d0182075_7401511.jpg
ただ、鈴鹿山脈ほどではないが、ヤマヒルに注意と書いてあったブログがあったので、気を付けながら歩きます。近くの皆子山もヤマヒルが出るらしい。
しばらくすると急登の始まり。いよいよかと覚悟を決めて登ります。
d0182075_7423588.jpg
坂の途中に綺麗なキノコ。トマトみたいな赤がきれいですが、きっと毒キノコでしょうねぇ・・・。
d0182075_7431050.jpg
そして木の階段。
d0182075_743295.jpg
これも何となく頼りなさそうですが大丈夫です。登り始めて1時間30分で白髭淵。
d0182075_7444240.jpg
登山路にはこのような案内版があるので分かりやすい。白髭淵への道は崩れているようですので、川に降りて何とか行きました。雰囲気があります。
d0182075_747015.jpg
登山路は少し急登がありましたが、そんなに長くなく登りやすいコースです。少し沢から離れてきました。
d0182075_7475713.jpg
白髭淵から30分ほどで夫婦滝。登山路から少し入ったところにありますが、ゆっくり見て帰って往復10分程度。
d0182075_7495357.jpg
ここからは再び沢沿いに。
d0182075_751512.jpg
そして本日唯一の渡渉箇所。すれ違ったグループの方が怖かったと言われていましたが、ロープに頼らないようにして歩く方が歩きやすい。直ぐに渡れます。
d0182075_753090.jpg
先ほどの方からお見事と拍手をいただきました(苦笑)。
狭い道が続きますが、良い雰囲気です。
d0182075_7542348.jpg
青い服を着ているのは釣り人でした。イワナが釣れるそうです。ゴンドラ駅から降りてきて、釣りをしているようです。でも、この後に若者が数名降りてきて水遊びをしそうでしたので、後はきっと釣りにならなかったと思います。
ここからの景色をどうぞ・・・。
d0182075_7554797.jpg
d0182075_7561094.jpg
d0182075_756941.jpg
ヤマアジサイも水に合います。
d0182075_7565828.jpg
そして夫婦橋。
d0182075_757568.jpg
昨年はこの辺りで登って来た人に聞いて、間違った方向に降りていると知った場所です。
この辺りからスキー場が近くなりますので人工物が増えてきます。クリンソウの湿地もあります。
d0182075_833749.jpg
そして、ゲレンデ。
d0182075_84737.jpg
ここから木戸峠へ行けそうに地図には書いてあったのだが、分かりにくい。スキーのリフトの付近にはロープが張ってある。
d0182075_949749.jpg
「今日のコース」の文字の右下の分かれ道があるのだが、案内も無い。で、仕方なくゲレンデを登って琵琶湖バレーの遊び場へ。(緑色の線が今日歩いたルート、黄色がショートカットの道)
d0182075_871944.jpg
打見山の近くを通り、景色を堪能。琵琶湖がきれいに見えます。
d0182075_881889.jpg
人も前を飛んでいきます(笑)
d0182075_89024.jpg
遊び場の少し下にハンモックの広場。ここまで3時間10分。12時になりましたので、昼食。ハンモックで休憩・・・。
d0182075_8104814.jpg
と言う訳にもいかず、20分ほどの食事・休憩で歩き始めます。12時30分ですので比良岳へ縦走することにしました。
途中、アサギマダラが・・・ 比良山系は蝶が多いと先日、八経ヶ岳にご一緒した方から聞いていましたので見れるかと期待していましたが、期待通りで嬉しい!
d0182075_8133111.jpg
でも、なかなか羽根を開いたところを写せませんでした。そして、ゴンドラ。
d0182075_814185.jpg
昼食後、歩き始めてからクロトノハゲまで20分。ここから比良岳へ分かれます。真っ直ぐ降りると志賀駅。
d0182075_8301494.jpg
ここからの道が少し危ない。
先ずは腐りかけの橋。来年になると風来坊の体重なら間違いなく折れそうです。
d0182075_817448.jpg
そして斜めで渡れない橋(でも、橋が無くても大丈夫)
d0182075_8182577.jpg
最後は崩れた場所。ここは慎重に・・・。
d0182075_8184956.jpg
クロトノハゲから15分で木戸峠へ。
d0182075_8191984.jpg
スキー場を登って、打見山付近を周回するより近道が良いなと思って、道を探すと直ぐ近くの場所にリフトの駅。
d0182075_8311815.jpg
登山路からゲレンデが見えた時に左にあったリフト駅と思われます。駅から直ぐに木戸峠に行けますので、次からはこちらへショートカットした方が1時間ほど早いし、クロトノハゲからの少し危ない道を通らずに済みます。
木戸峠からの道はとても歩きやすい。しかし、人は少ない。
d0182075_8251243.jpg
比良岳の近くに「小さい秋」が・・・。
d0182075_8254838.jpg
そして比良岳(1,051m)。展望はありません。
d0182075_826676.jpg
一旦、下って再び登ります。比良岳が見えました。奥が打見山。
d0182075_8282198.jpg
そして、烏谷山(からとやま、1,077m)
d0182075_8335210.jpg
展望が良い山です。でも山頂は狭い。
d0182075_8343698.jpg
おまけに山頂までの案内が無く、この案内板の隣りの木の左側から登ります。
d0182075_8344636.jpg
そして荒川峠。ここで少し休んで体を休めます。大分、気温が上がってきました。クロノトハゲからここまでに出会ったのは若い二人組の男性だけ。何でも北小松から歩いてきたらしい!さすが、若いがちょっとバテていたようでした。縦走出来たのでしょうか、気になるところです。
d0182075_836596.jpg
ここまで5時間20分。初めての道ですが、下りの道も歩きやすい。
d0182075_8381534.jpg
途中から杉林をジグザグに下ります。
d0182075_839021.jpg
杉林が終わる辺りに水場。
d0182075_8393918.jpg
ここで頭を冷やす。気持ち良い!
再び自然林になります。
d0182075_8404110.jpg
そして登山口へ。
d0182075_8405065.jpg
ここから、舗装路を真っ直ぐ下ります。突き当りになり、どちらへ行こうか迷います。文中の地図の写真では真っ直ぐ行けるようになっていますが、行けませんので、右に曲がって歩きます。数十メートルm程歩いたら、右に下に降りる舗装された道(でも古くて汚い)。そこを下ると水路とトンネル。20m程のトンネルを歩いて外に出たらヤブ。でも、左に回り込むと大きな道路に出れました。直ぐ近くの十字路を琵琶湖方面に歩いて行くと・・・
d0182075_845196.jpg
この先の信号を下ると直ぐに志賀駅。着いたのが15時58分。少し急げば56分の電車に間に合ったかも・・・。でも、疲れていたので駅で水を補給、上着を着替えて京都に帰りました。
今日のコースは、スキー場から木戸峠へショートカットすると危なくなく、花も楽しめそうな感じで、気に入りました。これから、どこに登るか困ったら、このコースにしようと思いました。良かったです。でも、良いコースと思うのですが、本などには全く紹介されていません。新発見をしたようで更に満足の一日でした。
by furaibow581203 | 2013-07-21 08:51 | 山歩き | Comments(2)
7月15日(月)曇り時々晴れ
今日は海の日、そして博多祇園山笠の追い山があるので博多の人にとっては「ヤマの日」
風来坊は、海を優先して一昨日のリベンジで糸島へ釣りに。
知人のSさんと釣具屋で待ち合わせして、幣の浜へ。
幣の浜の松原は昨年マツクイムシのためか、ほぼ全滅。復活には何十年かかるのだろう。また、昔のようにきれいな松原が戻って欲しい。

それはさておき、日の出前で暗いが明かりを準備して山笠のスタートとほぼ同時に釣り始める。
オイサ~!
d0182075_1371922.jpg
まだ、日が昇っていません。今の時期は5時15分過ぎが福岡市の日の出です。
しばらくすると朝焼けがきれい!
d0182075_1382526.jpg
肝心の釣果はと言うと、まずまず釣れるのですが型が小さい。
で、野北へチェンジ!
d0182075_139214.jpg
一昨日、仕掛けが無く釣れなかった場所でリベンジ。
それなりに釣れたのですが、小さなキスばかり。
d0182075_13102023.jpg
9時前にSさんと相談して納竿。ヤマでは無いので、一本締めは無しで…。

家でキスを捌いて、数を数えたら33匹。
次は8月の夏休みの期間に大きなキスを求めて帰ってきます。
Sさん、残しておいて下さいませ。
by furaibow581203 | 2013-07-15 13:15 | キス釣り | Comments(2)
7月14日(日)曇りのち晴れ
昨日は大恥を晒したので、今日は挽回したい…。でも、山での挽回って、無事に行って帰ることかな。
またまた、男性同士の山歩き。今日はS・TAROUさんがお付き合いしていただける。感謝!
待ち合わせ場所は曲渕ダム近くの水源池バス停。7時30分の待ち合わせにしていたが、きっと早く来られると7時過ぎには着いたが、既に来られていた…。風来坊の車で登山口まで行く。時間の節約と体力の消耗を防ぐ目的。S・TAROUさんにも賛同していただき登山口へ。
先客は一台。準備して7時20分くらいに出発。今までの登り口より少し回り道して登るようになっています。
d0182075_17304433.jpg
d0182075_17305188.jpg
今日の最初の花はカラスウリ。昔は気持ち悪いと思っていたが、良く見るとヒゲの花びらがかわいい。
d0182075_1732458.jpg
そして、多分、トリアショウマ(間違っているかも)。
d0182075_17323095.jpg
今日は、S・TAROUさんに先頭を歩いていただいています。ロケットスタートのS・TAROUさん、暑さを警戒してか、比較的ゆっくりと歩いていただいているようなので、風来坊も付いて行けます(笑)。
d0182075_17345716.jpg
そして時折、花の撮影もしていただけるので、後姿と花をカメラに収めます。下はハンカイソウ。
d0182075_17354918.jpg
アゴ坂峠と直登の分岐まで70分。少し休んで登ります。
直登コースに入ると雨の跡があちこちに。アジサイには雨が似合う。
d0182075_17375975.jpg
直登コースをゆっくりと登り、最後の急登を登ります。S・TAROUさん、ここでも軽く登っていきます。
d0182075_1739435.jpg
そして、峠に着きました。期待したのはここでの風。でもさっぱり。山頂まで直ぐですので登ります。
S・TAROUさんが「ホトトギスは咲いているでしょうかねぇ」と言われたので「未だ、早いでしょう」と即答したら、直ぐ近くにホトトギスが咲いていました(恥)。
d0182075_17412261.jpg
そして山頂。
d0182075_17413894.jpg
登山口から2時間弱。山頂の看板が変わっていました。山頂はガスで視界はゼロ。
でも、涼しい風が吹いています。
山頂での休憩はそこそこにブナ林の散策。
d0182075_1744356.jpg
30分ほどの散策でブナ林を楽しみました。やっぱり良いですね。
今日は、当初、S・TAROUさんに金山から小爪峠への縦走をお願いしたのですが、この暑さでは縦走はと断られたのです。今日の天気なら出来そうでした。でも、良い風を感じられた従走路でした。
d0182075_17504864.jpg
帰りはアゴ坂峠から下ります。山頂近くの分岐から40分ほどでアゴ坂峠。ここで小休止。
15分ほどで直登との分岐へ下り、そのまま登山口へ。
d0182075_17522487.jpg
水の音を感じながらの山歩きは夏には最高!11時40分には下山。4時間20分ほどの山歩き。この時期にしてはダメージは少ない。下山する途中で、井原山のオオキツネノカミソリが咲いているようですが、行きませんかと悪魔のささやき。これに応じるS・TAROUさん。交渉成立!

で、次は糸島峠を通って水無鍾乳洞の登山口へ。コヨーテさんのブログで咲いているのは知っていた。
d0182075_1833857.jpg
橋の手前にいきなりありました。
d0182075_1841955.jpg
カメラと傘を持っての散策。下の方はそこそこ咲いていました。
d0182075_1863920.jpg
d0182075_186539.jpg
ハグロソウもありました。
d0182075_1872048.jpg
こちらの登山路も良い。
金山との違いはこちらが女性が多い(笑)。
群生地のオオキツネノカミソリはこれから。
d0182075_189534.jpg
でも気持ちが良い登山路、そして緑。
d0182075_1893137.jpg
d0182075_1893914.jpg
今日の一番の見どころはここだったと…。
d0182075_18122891.jpg
そして最後は鍾乳洞の冷風。12度くらいでした。
d0182075_18131166.jpg
知らない人もお誘いして涼み。離れたくありませんが、身体を冷やして帰ります。

帰りは一山一麺で、ふくちゃんへ。
d0182075_1814327.jpg
14時30分を過ぎていましたが、ちょっと待ちました。相変わらず多い。
食べたのが、15時過ぎになりましたので替え玉はせず終わり。
福岡を満喫した良い一日でした。ホークスも何とか勝ったし…。
by furaibow581203 | 2013-07-14 18:20 | 山歩き | Comments(8)
7月13日(土)晴れ
7月の三連休、福岡に帰っての予定は、キス釣り、金山そしてキス釣り。
糸島半島のキスを全部釣り上げるくらいの意気込み!

ただ、前夜は最終の新幹線で帰ったので寝たのが1時前。さすがの風来坊も6時起き。
干潮が6時過ぎなのであわてることもないと、ゆっくりと準備して、出掛ける。
そして、7時40分にはいつもの釣り場へ。
d0182075_3201865.jpg









で、今日の釣果はこれでした…。
d0182075_3204962.jpg
!?…。
何と、何と、予備の仕掛けを準備していませんでした(大恥)。
一投目にライントラブル。力糸を結び直し、仕掛けをと思ったら、予備の仕掛けが無い!
さすがに仕掛け無しでは釣れません…。
エサは海に返してあげ、うなだれて帰る風来坊。

気持ちを切り替えて、いつもの理容店に予約の電話をして、帰ります。途中で明後日の仕掛けの材料を姪浜の釣具のポイントに買いに行きました。700円ほど材料を買って支払いをしたら、お店の方が
「野球、行かれますか?」
「ええ、時々(今年は行っていないけど)」
「今日の券を昨日貰ったのですが、行けないのでいかがですか?」
「良いんですか?」という事でいただきました。
多分、私より先に来た人にも声を掛けたのでしょうが、朝の早い時間に来る人は、これから釣りに行く人がほとんどでしょう。今日の券と言われてもお断りしたのでしょうね。
そこへ、釣りも出来ずに帰ってきた風来坊が現れたと言うことです。

散髪を済ませて、先ずは仕掛けを作ります。これが無ければ明後日もダメです。
d0182075_3305445.jpg

d0182075_3312197.jpg
5セット準備して、いざ、ドームへ!
ヤフオクドームには飾り山。
d0182075_3322070.jpg
いわゆる、山笠シリーズ。
d0182075_3325555.jpg
場内に入ると、今日負けると最下位転落のアナウンス。
交流戦、優勝の勢いは今は無い…。でも頑張ろう!
d0182075_3342616.jpg
気合を入れましたが、結果は新聞・ニュースでご確認を…。
でも、娘と野球観戦に行けて良かったです。
ありがとう「釣具のポイント姪浜店」の店員さん。
by furaibow581203 | 2013-07-14 03:41 | キス釣り | Comments(2)
7月11日(木) 晴れ
京都の町は祇園祭が本格化して少し混雑してきた。そろそろ山鉾が組み立てられる頃。そうなると四条烏丸周辺を中心に混雑します。今度の三連休は賑わいそう。

今日は昨日の福井と違い、快晴。日差しが痛い・・・。外回りの社員にとっては辛い季節。
となれば、夜はビールが欠かせません(笑)。
京都駅前の「石庵」へ。初めてのお店です。
大阪が本店のチェーン店ですが、対馬の石焼を参考にしているらしい。
d0182075_5313975.jpg
富士山麓の溶岩を使っているとかいないとか。
石を熱します。ちゃんと温度計で計測します。
d0182075_53382.jpg
250度くらいまで上げるそうです。温度が上がってきて、ようやく材料が到着。
d0182075_5334671.jpg
するとお店の方が焼いてくれます。今日の係は「すーちゃん」と言う女性。
d0182075_5343846.jpg
イカとシシャモを焼いてくれました。サラダも来ました。
d0182075_5352125.jpg
次は鶏を焼きます。
d0182075_5355590.jpg
最後は野菜。
d0182075_536814.jpg
そして、連れが注文したのが菊池米(七城米)を使ったと言う釜飯。
d0182075_537558.jpg
大阪が本店ですが、九州を意識したお店でした。
三連休は福岡に帰って、九州を堪能しようっと・・・。
by furaibow581203 | 2013-07-12 05:38 | グルメ | Comments(2)
7月10日 曇り
今日は富山から福井へ移動して、仕事。19時30分過ぎに仕事を終え、京都に帰る前に軽く食事。
繁華街にある「本伊勢(もといせ)」へ。カウンターで二人で飲みます。
この時期、ビールは外せません・・・。
d0182075_52108.jpg
惣菜の揚げと大根、イカを炊いたのを注文します。
d0182075_524865.jpg
大将お勧めのもずく。美味しかったです。
d0182075_53199.jpg
次は刺身。
d0182075_541442.jpg
そして、どじょうの唐揚げ。
d0182075_53444.jpg
ビールから日本酒へ変わります。大きな唐辛子を焼いたもの。
d0182075_551377.jpg
京都の万願寺とうがらしとは少し違います。でもあっさりして良い。
最後は揚げを焼いたもの。
d0182075_561415.jpg
最終電車で帰らねばなりません。1時間ちょっとでお店を出て、駅へ。
あとは寝て帰りましたが、乗り過ごすことなく無事に帰りました。
by furaibow581203 | 2013-07-12 05:08 | グルメ | Comments(2)
7月7日(日) 曇り時々晴れ
昨日は二度目の愛宕山、その前は四度目の山上ヶ岳、三度目の伊吹山ときたが、今日は初めての八経ヶ岳と弥山。山と渓谷社の本では大峰山としてこの八経ヶ岳を挙げている。風来坊は大峰山は山上ヶ岳と思っているが、女人禁制なので女性は百名山を登れないことになる・・・。そのためなのかは分からないが、八経ヶ岳(1,915m)が大峯奥駆道の最高峰、近畿最高峰でもあるので百名山になっていると勝手に推定している。
京都から140kmの場所にあるので車なら日帰りが可能。今日は9月の富士山登山に備えて靴を新調し、ストックも買われたお得意先の方の練習場所としてここを選びました。富士山とは山の雰囲気は違いますが、この時期に暑くなく登れるし、オオヤマレンゲも良い時期です。一度は行ってみたいと思っていました。
朝、5時20分にお得意先の方をお迎えして出発!天川村の川合までは山上ヶ岳までと同じ。ここから国道309号を走る。行者還トンネルまで12kmとありますので直ぐに着くかと思いましたが、ここからが狭い、くねくねの道。途中、みたらい渓谷を過ぎ、川迫ダムも過ぎ走りますが、川迫川の綺麗なこと!ダムも水量が少ないものの水がとても綺麗でした!川沿いから山沿いに走り30分ほどかかって7時40分過ぎに到着。トンネル手前の広い場所に停めました。どうやらトンネル辺りは満車のようです。
d0182075_5283094.jpg
ここに着くまでは一台の車も見なかったのですが、ちょっと前に着いたような人が大勢。準備をしていると筑豊観光のバスも到着。北九州からのツアー。今日の夜のフェリーで帰るとのこと。さすが百名山になっているだけのことはあります。
準備を済ませて、7時45分頃出発。この辺りで1,100mなので涼しい。7,8分で登山口。
d0182075_5293391.jpg
登山口の駐車場は満車。途中の道も路肩に停めています。風来坊たちが停めた場所で正解でした。今日も男三人衆の山歩きですが、他のグループは女性客も多い。そんなことは気にせず、登りましょう!
木の階段を登ってしばらくはほぼ平坦な道。「楽ですね」などど話しながら歩いていると橋。
d0182075_532922.jpg
この橋からが急登。道が歩きにくい。段差があり、木の根もむき出しになっているので、結構、きつい。
d0182075_534929.jpg
休憩を適宜取りながら登ります。風来坊もこの辺りでは昨日の疲れが少し残っていると思っていましたが、お得意先の方も前夜深酔いしたらしく結構きついと思っていたそうです。もう少しゆっくりと行けばよかったと思ったのは最後になってから・・・。
d0182075_4222993.jpg
コアジサイがありましたが、先週の山上ヶ岳が綺麗でした。でも、花があると良いですね。
登りの斜面にはシャクナゲがいっぱい。春には綺麗なことでしょう。大分、上まで来ました。
d0182075_423571.jpg
そして、大峯奥駆道が見えてきました。ミヤコザサが林床を飾っています。
これはヤマブキショウマでしょうか?
d0182075_4252311.jpg
50分ほどで大峯奥駆道の分岐へ。
d0182075_4265086.jpg
ここで小休止。今日はここまでの登りと聖宝ノ宿跡から弥山小屋までの登りがきついようですが、ここからしばらくは軽い登りと下りを1時間ほど。休んだ後、尾根筋を歩きます。
d0182075_4291468.jpg
d0182075_4292137.jpg
途中、倒木が多いヶ所に来ました。結構大きな木が倒れています。かなり年数も経過している感じです。もしかしたら伊勢湾台風の時でしょうか・・・。
d0182075_4303767.jpg
20分ほどで弁天の森。
d0182075_4311469.jpg
ここが1,600m地点。ここから軽い下り。
この辺りからバイケイソウが増えてきます。
d0182075_4335322.jpg
そして、25分ほどで聖宝ノ宿跡。
d0182075_433021.jpg
この像は、聖宝理源大師。かなりの高僧らしいですが、知りたい方は自分で調べて下さい(笑)。
ここから泥でぬかるんだ道などを登ります。
d0182075_4372362.jpg
途中からが木段も続きます。途中で展望の良い場所で一休み。
d0182075_4381595.jpg
大日山が分かりやすいので、稲村ヶ岳や山上ヶ岳が分かります。(写真左側)
聖宝ノ宿跡から45分で弥山小屋。
d0182075_4411345.jpg
立派なトイレもあります(有料、当然ですが)。小屋は200人ほど泊まれるらしいが予約制とのこと。
ここから弥山へ。小屋の横に弥山の標示があります。
d0182075_4444525.jpg
直ぐに弥山山頂。
この社が山頂のようです。
d0182075_4453130.jpg
ガスがかかって写真が曇っています。でも、涼しい。
弥山と名前が付く山はあちこちにありますが、風来坊は初めてでした。では、八経ヶ岳へ向かいましょう!一旦下ります。そして登り始めるとオオヤマレンゲ保護区。
d0182075_4481029.jpg
登山路の脇にあるかと思っていましたが、保護区を通って八経ヶ岳に向かうようです。ここからは、オオヤマレンゲとカラマツソウが目立ちます。カラマツソウは蕾が多いですが、オオヤマレンゲは花が沢山。
d0182075_4501271.jpg
d0182075_4503312.jpg
d0182075_4503511.jpg
カラマツソウで開いていたのがこれだけ。
d0182075_4512099.jpg
こちらは何の花?
d0182075_451325.jpg
保護区を通りぬけ、岩場の道を登ると近畿最高峰の八経ヶ岳へ。
d0182075_4532774.jpg
ガスで周囲が見えません。
d0182075_453270.jpg
でも、急にガスが晴れてきました。弥山小屋が見えます。
d0182075_45343100.jpg
周囲の山も見えました。ここが山奥深いことが良く分かります。こんなところに良く来たなぁ~。でも、最高!人が増えてきましたので引き返します。
保護区の中のナルコユリ?アマドコロ?
d0182075_4561645.jpg
弥山小屋手前で、八経ヶ岳が綺麗に見えました。
d0182075_4565690.jpg
小屋の周囲のテーブルで昼食。11時30分。登山口から3時間半。予定通りです。おにぎりを食べ、、水分を補給して小屋の近くの国見八方覗きへ。
d0182075_4595063.jpg
この辺りは木が無いのに苔が綺麗。
d0182075_503277.jpg
と言うことはガスっているか雨が多いのでしょう。そんなところで今日はガスも晴れてきてとてもラッキー。周囲の山を鑑賞。
d0182075_52887.jpg
ここで八経ヶ岳を再び見てから下山します。丁度12時。
d0182075_524759.jpg
結構、人が登ってきますので待ちながら下ります。下りは楽チン。聖宝ノ宿で小休止して、気持ちの良い森を歩きます。弁天の森を過ぎた辺りに小さな花。
d0182075_55234.jpg
しゃがんだところ足が吊りかけました。塩を補給し、クエン酸の飴を舐めしばらく休みます。この花の名前は風来坊にとっては「アシツリノハナ」(多分ヤマトウバナのようです)
大丈夫そうなので再び歩いて、大峯奥駆道分岐へ。ここからは1㎞で400mの下り。足が気になりましたので少し筋肉を伸ばそうとしたら、再び吊りかけました・・・。再び、塩を舐め小休止。どうやら大丈夫そう。一気に下って橋まで戻ります。ここの川で顔を洗い、靴の泥を落とします。
d0182075_51119.jpg
そして14時5分登山口。足も大丈夫で良かった。道路脇のアジサイがきれいです。
d0182075_5122023.jpg
この辺りも良い気温。涼しいとまでは言いませんが、気持ちの良い風を感じます。やっぱり山で無ければ味わえません。遠いけど来て良かった。
来た道を帰って、天川村川合から少し奥に行ったところの温泉で汗を流します。
その名も「天の川温泉」
d0182075_5145310.jpg
今日は七夕ですので丁度良い!でも、彦星ばかりで織姫はいませんでした・・・。
汗を流してすっきりして京都へ。お得意先の方にも喜んでいただけました。至高の一日。

来週は福岡に帰って、キス釣りとどこかの山歩きの予定です。
by furaibow581203 | 2013-07-08 05:39 | 山歩き | Comments(4)