ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月27日(土) 晴れのち曇り
今日は夕方から仕事。明日は天気が悪そうなので早いうちに登ることも考えたが、シーツの洗濯などすることも多いので諦めて、先ずは洗濯、掃除。そして会社に行き少し仕事をして11時前に来たのが、鯖寿司の「千登利亭」(ちどりてい)。11時開店なのだが、店の戸が開いている。
店を覗いて、店主に聞くと良いですよと応じていただいた。
実は今週、お昼を食べた洋食のお店の方から、京都に色々と鯖寿司を出す店はあるが、ここのが一番と聞き、早速の訪問をした。一昨日には行きつけの店の隣に座った人にも聞かれて、ここを教えたばかりだったので、一度は来なければと。
食べログでチェックしたら丁寧なコメントがあり、鯖寿司などのセット「若狭」(1,780円)をお勧めしていたので、それを注文。待つことしばし、「若狭」の登場。
d0182075_1357183.jpg
d0182075_13572483.jpg
鯖寿司が二切れ、鱧寿司が二切れに巻きずしが三つ。それに京ちらしにお吸い物。なかなか贅沢です。
先ずは鯖寿司からいただく。鯖の味をかみしめながらゆっくりといただきます。美味しいです。
お吸い物もダシが利いて美味しい。美味しくいただきました。
九州では新鮮な鯖を刺身でいただくことが多いですが、刺身だと鯖の味わいを楽しむと言うよりは歯ごたえを楽しむ感じで、風来坊は少し酢でしめた鯖の方が好きです。鯖が美味しかったので次に来る時には鯖寿司(1,800円、六切れ)にします。
まだ時間も早く、他にお客さんも居なかったので店主と少しお話をしました。壁には葉ランの切り細工。
d0182075_147187.jpg
d0182075_1471211.jpg
真ん中の方から切り込みを入れて、外側を最後に仕上げるそうですが、年齢的に目が悪くなって今は出来ませんと話してくれました。
店内はこんな感じで小さなお店です。
d0182075_149318.jpg
京都の有名な鯖寿司では1本4,000円ほどするのは目にしていましたので、今まで食べませんでしたが、ここは1,800円と3,600円の2種類があるので助かります。祇園のお茶屋さんでもここの鯖寿司を使うお店が多いそうです。
d0182075_14111932.jpg
店の外観はこんな感じ。
d0182075_14181657.jpg
川端通りから団栗通りに入って、大和大路に突き当たる少し手前左(北側)にあります。
木曜が定休日で、11時~20時まで。
メニューは店内に木札に書いてありますが、写真付きのメニューが壁にあります。多分、写真のメニューが人気があるのかも知れません。
d0182075_14252454.jpgd0182075_1425593.jpg








鯖ばかりが嫌なら「若狭」、鯖を楽しみたいなら「鯖寿司」でしょうか・・・。
でも、それなりの値段ですのでたまに奮発して・・・となるでしょうね。
by furaibow581203 | 2012-10-27 14:26 | グルメ | Comments(2)
10月24日(水) 晴れ
最近、家から会社に歩いて行く際に横の通りを歩いている。
今日は綾小路通りを歩いて見た・・・。綾小路通りは四条通りから一つ南側(下った)の通り。
油小路通りから歩き始め、最初にあったのが「杉本家」市内最大級の町家らしい。
d0182075_4281383.jpg
d0182075_4282676.jpg
そして少し歩くと大原神社。間口が狭い神社ですが、京都にはこんな神社がたくさんあります。
d0182075_4291142.jpg
烏丸通りの手前の奈良漬けの店。ここも大きい町家です。
d0182075_430860.jpg
烏丸通りから東に行ったところの新明神社。
d0182075_4304462.jpg
案内板によると昔、「ヌエ」と言う怪鳥を退治する際にここの神社で矢を祈願してから退治した謂れがあるらしい。
d0182075_4341424.jpg
その前にあるお店が焼き鳥の「常木屋」
d0182075_4355797.jpg
ここは10月に転勤した方が好きで良く通っていた。風来坊も先週2回目の訪問をしました。
外がからっとして中が柔らかい厚揚げ。厚揚げを焼いているようです。
d0182075_4374423.jpg
勿論、焼き鳥も美味しい。
d0182075_4381053.jpg
焼き鳥以外ではせせりの甘辛揚げや湯葉揚げなども美味しかった。
d0182075_4385758.jpgd0182075_4405325.jpg








そして高倉通りの角にあるにこみの「鈴や」
d0182075_44269.jpg
床屋を改造したようなお店。
メニューは・・・
d0182075_4422782.jpg
一度、行ってみたいお店です。電話番号もチェックして登録。月曜が定休日。座席数も少なそうなので電話で確認して行かねば・・・
少し先には旅館もあった。
d0182075_4483497.jpg
そして寺町通りの神社が突き当りで終わり。
d0182075_4491824.jpg
京都は碁盤の目になっていると言いますが、現在は必ずしも綺麗に碁盤の目になっている訳ではありません。でも、それはそれで面白いです。
by furaibow581203 | 2012-10-25 04:54 | その他 | Comments(2)
10月21日(日) 晴れ
昨日に続き、今日も山歩き。今日は京都新聞のバスツアー(弁当付き6,800円)。家から15分ほどの四条大宮7時出発なので朝がゆっくりです。20日の山上ヶ岳のブログをほとんど作成して時間に間に合うように出かける。
今日は天気予報では晴れ。昨日と同じ晴れの紅葉が楽しめそうですが、気になるのはバスツアーの7時出発、21時到着のスケジュール。山頂の滞在は4時間とあるので8月の木曽駒ヶ岳のバスツアーが頭をよぎります・・・。
7時20分に京都駅を出発して、いざ、大台ケ原へ。途中のトイレタイムではそんなに混んでいないのでこれならかなり早く着くかと安心していたら、添乗員の人が「山に近いところでの渋滞次第です」と。
ようやく、大台ケ原へ20㎞過ぎの表示が出て、山登りの道になったと思ったら・・・。
d0182075_4484283.jpg
狭い道を降りてくる車とすれ違い。全く進まない時間も多いです。この時間に下るのが悪いと思っていたら、山頂の駐車場が満車でどうしようもないのでUターンしている車とのこと・・・。
先が思いやられますと思ったら、駐車場に着いたのは13時40分。京都から6時間40分もかかりました。集合時間は16時30分に設定されましたので山の時間は2時間40分ほど。集合時間の10分前には帰ってこないと失礼ですから。
今日は4時間あるので7km(旅行会社のマップでは9kmとありましたが、分県登山ガイドでは7㎞の表示)のフルコースを予定していたが厳しそう・・・。でも折角なので最高峰の日出ヶ岳(ひでがたけ)や大蛇嵓(だいじゃぐら)も行ってみたい!
先ずは日出ヶ岳へ。
d0182075_458127.jpg
道幅が広いので追い越すのも楽です。広葉樹だけでなく針葉樹もある森は雰囲気があります。
d0182075_459943.jpg
20分ほどすると日出ヶ岳への分かれ道。
d0182075_4594973.jpg
木の階段を登ります。
d0182075_501235.jpg
この辺りの紅葉。
d0182075_503178.jpg
そして登山口から30分で日出ヶ岳山頂へ。(山頂は地図を見ると三重県大台町のようです)
d0182075_511558.jpg
山頂からは昨日登った山上ヶ岳などの大峯山系が綺麗に見えます。反対側は熊野灘の海も見えます。
下の写真は熊野灘方面の写真(海が分るでしょうか?)
d0182075_525570.jpg
山頂の展望台で360度の展望を楽しむと再び歩きます。
d0182075_541122.jpg
今日のコースはフルコースでも500m程の標高差ですので軽い上り下りが続きます(最後が160m程のアップダウン)。
振り返ってみる日出ヶ岳です。
d0182075_561080.jpg
正木ヶ原に来ました。この辺りはトウヒの立ち枯れが・・・。トウヒの墓場のようです。
d0182075_572838.jpg
d0182075_57391.jpg
ここを過ぎると、牛石ヶ原。ここには神武天皇の銅像がありますのでしっかりと写真撮影。
d0182075_59265.jpg
そして歩き始めて1時間10分ほどで大蛇嵓への分かれ道。この辺りの紅葉は赤がありました。
d0182075_5104058.jpg
そして、大蛇嵓へ。
d0182075_512289.jpg
先端に行き下を見るとこんな景色です。
d0182075_5123938.jpg
振り返ると・・・
d0182075_513527.jpg
大蛇嵓を堪能したら帰ります。
d0182075_5134386.jpg
大蛇嵓への分かれ道に戻ったのが15時10分。ここからシオカラ谷に下って登るコースが今日一番の標高差(一応120分のコース)ですが、今までのペースからすると行けそうなのでこちらへ向かいます。
20分ほどでシオカラ谷に着きました。これなら余裕で帰れそう・・・。沢で汗をかいた顔を洗います。
d0182075_5171834.jpg
他の人も同じようなことをしています。
ここからは余裕が出来たので紅葉を楽しみます。
d0182075_5203147.jpg
d0182075_5204398.jpg
d0182075_5205376.jpg
ゆっくりと登りましたが、そんなに時間はかかりません。そうしていると駐車場まで300mの表示。あと少しです。
前を行くご婦人、木立の中でも傘をさしています。
d0182075_5223832.jpg
私の知っている山友さんは傘を違う使い方をされていました(笑)が、この方は正統派ですね。
そして駐車場。
d0182075_5235198.jpg
9kmを2時間15分。16時前に着いてしまいました。ヤマケイの7kmが正しいような気がします。
添乗員の方たちとお話ししていたら体が冷えてきます。閉店しようとしている売店に慌てて入り、ビールを買って、バスの中で乾杯。
帰りは、16時半出発して四条大宮に着いたのが20時半。スムースに帰りましたが、それでも4時間。
遠い遠い大台ケ原でした。でも、霧が出ることが多い大台ケ原、今日みたいな快晴は珍しいとのこと。
車の渋滞には参りましたが、一応フルコースを歩けて良かったです。
by furaibow581203 | 2012-10-22 05:29 | 山歩き | Comments(4)
10月20日(土) 晴れ
今日は再び肉まんさんが関西出張とのことで、一緒に大峯山系の山上ヶ岳へ行くことに。
d0182075_55417.jpg
今年6月、山馬鹿さんと待ち合わせたように、橿原神宮前で同じ電車に乗って下市口へ。
ここからバスで約1時間。着いたのは洞川温泉バス停。
d0182075_555753.jpg
ここから1時間ほどで登山口へ。途中のごろごろ水。肉まんさんは初めてでしたので少し飲ませていただきました。
d0182075_571324.jpg
前回同様の時間で駐車場に着きます。ここでしばしトイレ休憩。
d0182075_581216.jpg
山がきれいに見えます。車が少ないと思ったら、信者の方が参拝するのは5月3日~9月23日の間で山頂のお寺も閉まっているとのこと。ですから駐車している車は登山客だけらしい。
女人結界門をくぐります。
d0182075_5545419.jpg
杉林の続く緩やかな登りを歩きます。登山口から1時間ちょっとでお助け水。
d0182075_5562187.jpg
少し、喉を潤して再び登ります。段々と自然林が増えてきます。
d0182075_5571273.jpg
d0182075_5572194.jpg
稜線が近づきました。紅葉もきれいです。ここまでに会った人は一人。静かな山歩きです。この山を選んだ時には世界遺産の大峯奥駆道を紹介したいと思ったのですが、参拝の行者さんが多くて肉まんさんが嫌がるかと心配したのですが、杞憂に終わりました。
そして、洞辻茶屋がある奥駆道に出会います。
d0182075_605535.jpg
ここから山上ヶ岳までの道が世界遺産の一部。ゆっくり堪能していただきます。
d0182075_62783.jpg
d0182075_621751.jpg
笹の緑が綺麗です。紅葉も良い時期のようです。
d0182075_631969.jpg
d0182075_632967.jpg
前回、山馬鹿さんと歩いた時にここの山の紅葉は黄色が多いかなと話していましたが、山上ヶ岳では赤も少しありました。
そして鐘掛岩。
d0182075_651677.jpg
d0182075_65249.jpg
しばらく登ったところの「西の覗」日本三大荒行の一つらしい。
ここからの眺めはこんな感じですが、少し腰が引けて良い構図ではありませんね。
d0182075_68044.jpg
そしていよいよ大峯山寺。
d0182075_683434.jpg
勿論、お寺は閉まっています。ここで昼食。
d0182075_693251.jpg
こんな景色を見ながらの昼食。今日もラーメンを作ります。
そして、山上ヶ岳の山頂へ。
d0182075_6103897.jpg
ここから稲村小屋のある山上辻へ向かいます。山頂からは稲村ヶ岳や大日山(右の尖った山)が見えます。
d0182075_612024.jpg
山頂から下った場所から山上ヶ岳の西斜面を写しますが、葉が大分散っている感じです。
d0182075_6131514.jpg
急斜面に取り付けられた階段を下りレンゲ辻へ向かいます。
d0182075_6141733.jpg
d0182075_6142914.jpg
そしてレンゲ辻。ここにも女人結界門があります。
d0182075_6151558.jpg
したがって、ここまで出会った登山客は男性のみ。ここからアップダウンの少ないトラバース道。
d0182075_6161424.jpg
d0182075_616279.jpg
そして山小屋のある山上辻へ。
d0182075_617718.jpg
ここに着いた時間が14時10分。ほぼ前回と同じペースで歩いています。ここから少し急げば稲村ヶ岳を往復して最終のバスに間に合うかと思いましたが、ここは無理せずゆっくりと下山することに決めた。これが後で考えると正解だった。
d0182075_6192781.jpg
d0182075_6193946.jpg
d0182075_6195151.jpg
段々緑が多くなってきました。杉林で記念撮影をしている人が居て、何かと思ったら・・・・。
d0182075_621397.jpg
マンモス杉。確かに目もはっきりしてマンモスのようです。これは前回気づきませんでした。山馬鹿さん、今度来る時にはご案内します(笑)稲村ヶ岳に関するブログでは良く写真が出ているそうです。
そして、下山。村営の温泉センターで汗を流して、バス停に近い「亀清」へ
d0182075_2101884.jpg
写真は帰る前に写したので暗いですが、店を訪ねた時にはまだ明るさが残っていました。この店はチェックはしていたのですが、温泉に入る前に店の前を通った際にカップルで来ていたかわいい女性が「美味しいですよ」と言っていましたので、必ず寄るからとお約束してしまいました(笑)
ビールと子持ち鮎の焼き(840円)を注文。
d0182075_2151857.jpg
これが美味しかった。女性が言っていた通り!肉まんさんは骨まで愛して食べたほどです(笑)更にサービスのおつまみ。左の皿にはシメサバ以外に真ん中の茶色のは蛸の卵。右の皿はフカ。共に初めての経験。山深いここでこんな魚をサービスで味あえるとはびっくりです。稲村ヶ岳に行かずにここに寄る時間が出来たのが先のコメントの答えです。
d0182075_2163362.jpgd0182075_2163739.jpg








次は日本酒。勿論、地元の「大峰山」
d0182075_2175743.jpg
サービスのおつまみは更にマグロの頭の身などもいただきました。
最終のバスで下市口へ。少し贅沢に特急で帰ります(近鉄は特急料金が要ります)
d0182075_2113538.jpg
でも、満足の一日でした。肉まんさん、お付き合いいただきありがとうございました。山馬鹿さん、この山系を教えていただき感謝します。
by furaibow581203 | 2012-10-21 06:23 | 山歩き | Comments(8)
10月16日(火) 晴れ
今日は、東京へ出張。新幹線で向かいます・・・。
d0182075_2274098.jpg
今日は天気が良いので、富士山が綺麗に見えると良いなぁ~と思いつつ新幹線に乗り込み、先ずは伊吹山を写す。
d0182075_2285711.jpg
そして、名古屋を過ぎ、しばらくして富士山が見えるはず・・・  

でもガスがかかっていて全く見えません。残念でした・・・。
東京について遅めの昼食。東京駅のラーメンストリートは13時30分を過ぎても人の行列。直ぐに諦め、焼き鳥丼の「栄一」へ向かうが昼の営業は終わっていた・・・(悲)
近くの定食屋を覗き、「穴子天丼」(950円)を注文。
d0182075_22122336.jpg
穴子が二匹載っている!
この場所にしては安いと感動したのだが、天ぷらの揚げ方が風来坊の好みではありませんでした・・・。
もう少しからっと揚げていれば美味しいのになぁ~と思いつつ食べました。
仕事が早めに終わりましたので、東京駅丸の内本舎を見学に・・・。
d0182075_22153722.jpg
d0182075_22154361.jpg
立派ですね。近代的な建物も良いですが、年数の経過した建物は味があります。周りでもカメラを構える人ばかりでした。
そしてモノレールで羽田へ。東京から富山へ移動です。
途中で夕日が沈む富士山が見えたのですが、カメラが間に合わず写せたのは下の写真。
d0182075_22181033.jpg
でも、富士山が見えて満足。
富山では7月に初めて行った富山駅近くの「かど番」で食事。
福岡から来た登山客と一緒になりました。好天に恵まれ、剱岳と立山を楽しんだそうです。
羨ましいと思ってホテルで早めに就寝。

17日(水) 晴れのち雨
朝の富山は快晴。ホテルの部屋から立山方面を見ると日の出前。
部屋からでは建物が邪魔になるので15階の食堂に行って写真撮影。だんだんと日の出が近づきます。
d0182075_2224232.jpg
d0182075_22241346.jpg
あと少しで日の出です。
そして、日の出。ダイアモンド剱岳!
d0182075_2225785.jpg
いーさんの写真には負けますが、タイミングはばっちり!剱岳が呼んでいるようでした。来年、チャレンジしようかな・・・。
富山から金沢へ移動して、昼食。先週の船員厚生食堂で今日は海老フライ定食(1,000円)を注文。
d0182075_22274664.jpg
海老が6匹ありました。風来坊の年齢では少しボリュームが多いかな・・・。海鮮丼が丁度良い量な気がします。
そして京都に戻り、会議の最後に出席して会食。
家に帰ったら、葉書が・・・・
d0182075_22294691.jpg

西芳寺の葉書の返事が来ました。
第一希望の12月2日でOK。
これで、京都の世界遺産17ヶ所に全部行くことになります。
京都に来て1年ちょっとで全部行けるのはラッキー!
紅葉が綺麗だと苔の緑と紅葉の赤を楽しめると期待しています。
これで、ソフトバンクホークスが勝っていれば最高でしたが、逆転負け・・・
世の中、甘くないです。
by furaibow581203 | 2012-10-17 22:40 | その他 | Comments(4)
10月14日(日) 晴れのち曇り
小松の近くでゴルフをした後、帰るために小松駅へ。でも、駅近くからは交通規制。
駅の手前で降りてみると・・・・
d0182075_5165339.jpg
お祭りの様子。
看板を見ると第37回どんどん祭りとありました。舞台が2つあり、1つではKMT48の演技が・・・。
今や全国どこの町でも、○○○48がありそうです・・・。
d0182075_5192060.jpg
d0182075_5192786.jpg
他にはコマツの雪かき車やカニクレーン。
d0182075_5201845.jpg
d0182075_5203219.jpg
自衛隊も宣伝しています。装甲車に、パイロットの人形。
d0182075_5211920.jpg
d0182075_5213055.jpg
午前中、ゴルフをしている時に戦闘機が2機発進していたのでスクランブルでもあったのですか?と聞いたところ、隣の町で航空ショーをやっているのでそちらに向かったとのこと。戦闘機の爆音は凄かったです。ジェット機と比べてはるかに凄いエンジンを搭載していると改めて感じました。
そして、懐かしい昔のバス。でも新車のように綺麗でした。
d0182075_5254580.jpg
小松駅の構内には昔の列車のエンブレム。
そよかぜ号と言うのもあったのですね。そよかぜさん、今日はどこの山に行かれているのでしょうか・・・
d0182075_5271087.jpg
雷鳥は普通のバージョンと特別列車のバージョンがありました。
d0182075_528716.jpg
d0182075_5281682.jpgd0182075_5282942.jpg








そして、白山号。クロユリが描いてあります。
d0182075_5293422.jpg
食べ物の屋台も沢山。能登のカキを使った料理の屋台。
d0182075_5302843.jpg
その店でカキフライ(500円)とビールを買って、予定より1時間早いサンダーバードで京都に帰ります。
d0182075_5315061.jpg

時間つぶしに丁度良いお祭りでした。
by furaibow581203 | 2012-10-15 06:24 | その他 | Comments(2)
10月13日(土) 晴れ
今日は、15時過ぎの電車で金沢へ移動。
山は厳しい…。 で、選択したのが久しぶりの京都世界遺産巡り。17ある世界遺産の内残っているのが「高山寺」と「西芳寺(苔寺)」。苔寺は、今週、12月の初めに申し込みの往復葉書を出したばかり。(苔寺は一部のネットでは1ヵ月前からとなっているが2ヶ月前です)
今日は、予約の要らない高山寺へ。高山寺までの距離を調べると12kmほど。少し登りがありそうなので1時間ほどと見込み、8時30分の拝観開始に合わせて、7時40分に家を出発。
途中の景色を楽しみながら、登り続ける・・・。
d0182075_1828441.jpg
御経坂が今日のピーク(約180m)。ここから下って一気に高山寺へ。8時30分過ぎに到着。
高山寺表参道の表示があるが、自転車を停める場所が無い・・・。
d0182075_18295180.jpg
50mほど行くと駐車場。
裏参道の表示。手入れをしている人に自転車を停める場所を聞く。
今は混雑しないので無料ですとの嬉しい返事。
d0182075_1831547.jpg
ここから登り、入口で入山料500円を払い、中へ入る。まだ、人の姿を見かけない・・・。少し登ったところで表参道へ向かう。
d0182075_1833115.jpg
もみじが多い。紅葉の頃には綺麗と思う。観光客も多いだろう。でも、今日は人の姿を見かけない。
世界遺産を独り占めしている!ゆっくりと登り、金堂へ。
d0182075_183530100.jpg
そして下ったところの開山堂。
d0182075_18355983.jpg
すぐ下に、日本最古の茶園。
d0182075_18362913.jpgd0182075_18363828.jpg








そして、メインの石水院。明恵上人が後鳥羽院より学問所として賜った建物(パンフより)。ここでようやく先客がいた。先にこちらに来た様子。
d0182075_18401564.jpg
拝観料600円を払い、中へ上がる。ここは写真撮影OKと聞きました。入り口に写真撮影禁止とありましたので確認したら大丈夫とのこと。
d0182075_18412118.jpg
ここは鳥獣人物戯画(模写)があります。本物は京都国立博物館にあるそうですが、今は工事中で見れないと思います。第二巻から四巻までの縮小模写絵がありました。
d0182075_1846131.jpg
d0182075_18465160.jpgd0182075_18463254.jpg








次は第三巻。
d0182075_1848992.jpgd0182075_18481517.jpg








最後が第四巻。
d0182075_18491068.jpgd0182075_184921100.jpg









そして、一番有名な絵。こちらは縮小ではない。次の写真が教科書に出てきます。
d0182075_1850118.jpg
d0182075_18504747.jpg
d0182075_18501985.jpg
d0182075_185121.jpg
運慶作の犬の木彫り。志賀直哉が座右に置きたいと思ったそうです。
d0182075_18533010.jpg
石水院の中はこんな感じです。
d0182075_18552373.jpg
ゆっくり鑑賞して「高山寺」をあとにする。帰りは表参道から。
次は、西明寺へ。
d0182075_18563336.jpg
朱色の橋を渡り、中に入ります。
d0182075_18574776.jpg
門を入ると建物の中へ入るにはお金がいるようですが、財布の紐を締めて建物を鑑賞する。
d0182075_1859894.jpg
もみじが色づいていました。あと1ヵ月のすると綺麗に紅葉するのでしょうね。
d0182075_1903377.jpg
そして最後は神護寺。ここに自転車を置き、階段を登ります。
d0182075_1912255.jpg
10分ほどで楼門。
d0182075_1924362.jpg
拝観料500円を払い、中へ入る。
d0182075_1931933.jpg
金堂です。上の写真では分かりにくいですが、近くで見ると朱色が綺麗です。
d0182075_1941048.jpg
そして、ここの目玉。かわらけ投げ。
d0182075_1944773.jpg
2枚100円。大きさは写真で見る通り小さいです。
d0182075_19115562.jpg
皿を裏にしてスナップを効かせて投げるそうです。
投げる場所は・・・
d0182075_1961164.jpg
上手く投げると上昇気流に乗って綺麗に上がるそうですが、風来坊の投げた皿は真っ逆さまに落ちて行きました(笑)100円なのでもう一度チャレンジしようかと思いましたが、諦めました。

帰りは、御経坂まで上った後は下りのみ。丁度、昼になったので麺。円町の「山崎麺二郎」へ。
d0182075_1985324.jpg
塩ラーメンとチャーシューごはん。950円はちょっと高いかな・・・。
でも、京都の世界遺産17の内16をゲット。年内に最後の苔寺に行けるでしょうか・・・。

15時過ぎのサンダーバードで金沢へ。今日は金沢の「六角堂」
d0182075_19171046.jpg
鉄板焼きのお店です。皆さんの予想通り美味しくいただきました。(写真は無し)
d0182075_19174194.jpg

by furaibow581203 | 2012-10-14 19:12 | その他 | Comments(4)
10月10日(水) 晴れ
今日は1964年に東京オリンピックが開催された日。若い人は知らないでしょうが、晴れの特異日と言うことでこの日が開会式に選ばれたということはある程度の年齢以上の人は知っています。
このブログの訪問者は多分、全員知っていそう・・・(笑)
48年前のこの日に開会式が行われましたが、今日も全国的に晴れ。すごいですね・・・。

さて、今日は金沢出張。今日は諸般の事情で、手土産を準備。
日持ちがしない阿闍梨餅をお持ちすることにしたので、前日に買うより当日が良いだろう・・・。でも電車の時間もギリギリなので開店前に訪問。事前に電話で事情をお話ししていましたが、「他のお客さんのこともあるのでそんなに早くは開店できませんが、直ぐにお渡しできるように準備はしておきます」との言葉通り、領収書までちゃんと準備してありました。感謝!
d0182075_2165719.jpg
以前に一度店の前を通ったのですが、観光客、地元の人らしき人など人が絶えることが無い感じでしたが、さすがに開店間際でしたのでゆったりとしていました。よく見ると盆栽も手入れが行き届いている。
d0182075_219814.jpg
京都駅でも売っているので本店に来る機会はそんなに無いと思いますが、また来てみたいと感じる雰囲気でした。

9時40分京都発のサンダーバードに乗り、お昼に金沢到着。
早速、仕事へ!ではなく、アポイントの関係で取りあえず昼食でも・・・で連れて行かれたのが金沢港にある「厚生食堂」
d0182075_2111235.jpg
漁船員のための食堂らしいのですが、一般客も入れます。港に隣接して店があります。
d0182075_21124271.jpg
店内には「船員厚生食堂」ののれん。
d0182075_2141506.jpg
注文したのは人気の海鮮丼(1,000円)。
出てきたのが下の写真。
d0182075_2114660.jpg
d0182075_21141226.jpg
甘エビ・マグロ・カジキマグロ?・イカ・タコ・アナゴ・イクラの7種。寿司飯は味付けされているので醤油はそんなに使わなくても美味しくいただけます。
追加でカキフライ(500円)を注文。3人でシェアします。
d0182075_21164866.jpg
500円で6個ありました。写真には5個しか写っていませんが、先に風来坊が1個食べてしまいました(笑)
メニューは下の写真の通り。
d0182075_2118555.jpg
d0182075_21181533.jpg
値段を見るとそんなに安くないと思う定食もあるかも知れませんが、サンマ定食はサンマを2匹使っていました!(遠目で他のお客さんのサンマ定食を観察していました。食べることへの執着は自分のことながら感心します(笑))他のフライ定食もフライがたくさんありました。メニューを見ると500mlの缶ビールが400円。安いです。一度、夜に来て飲んで食べてみたいと思います。
店の外は直ぐ海。
d0182075_21205814.jpg
そして近くには海上保安庁の船も停泊していました。
d0182075_2122481.jpg

来週、金沢に来るのですが再訪しようかな・・・。
by furaibow581203 | 2012-10-10 21:29 | グルメ | Comments(6)
10月8日(月) 晴れ
三連休の最後はキス釣り。落ちギスのシーズンに入るのでこれが今年最後のキス釣り。
今年は今日までに6回の釣行で141匹。平均23.5匹だったのですが…。
天気晴朗なれど波高し。今日の玄界灘は日本海海戦の日よりは波が高くは無いと思うが、キス釣りには波が高い。シーズン初めの遠投の頃なら何とか大丈夫な波だが、この時期は岸近くで釣れるので厳しい波。試練の波でしょう(笑)
今日は釣り弟子のSさんと一緒に釣り納め。Sさんも今日が最後と決めているらしい。
波が高いのは知っていたので、波際が深い大口海岸を見るが厳しそう…。そこで近くの西ノ浦へ。
d0182075_15443696.jpg
いきなり、Sさんが20㎝強(後の報告では23㎝)のキスを釣る。場所選びは完璧の風来坊…。そう思ったが、その後は二人ともさっぱり。風来坊は何かに引っ掛けて仕掛けが切られる…。場所を移動してもダメ。
今日は9時が干潮なので、段々厳しい時間になるのは知っているが、それにしても…
で、場所を波の少ない岐志へ。
d0182075_15484065.jpg
波はない。でもキスもいない岐志でした…。
何投か投げた後に、ここを諦め福ノ浦へ。
ここも波は無いが、少し釣れたのでしばらく釣るが小さい。再び移動。
野北の東海岸が波が無さそうなので、ここで最後の釣り。Sさんは少しずつ釣っているようですが、風来坊は糸が切れたり、絡まったりでほとんど釣りにならない…。
12時近くになったので納竿。
今日のお魚はこれだけ(悲)
d0182075_15565951.jpg
Sさんを送り、車を洗車して家に帰りました。3日間たっぷり車を使いましたので車内も清掃して、明日からは家内に気持ち良く使ってもらおう…。

スズキの子は煮付けにしてビールを飲みました…。
苦いビールでしたが、キス釣りの外道でスズキ(子とはいえ)が釣れたのは初めて。帰福の時だけのキス釣りでしたが、今年も楽しめました。
冬の間に来年の準備をしっかりとして、また楽しむつもりです。

風来坊のブログのアクセス数ではキス釣りの記事が多い。皆さんの参考になっているのか分かりませんが来年も見ていただけたら幸いです。
by furaibow581203 | 2012-10-08 16:04 | キス釣り | Comments(10)
10月7日(日)晴れ
昨年、京都に転勤する前に最後に登ったのが由布岳。調べると10月8日にかずさん、S・TAROUさんと一緒。丁度、1年振りの由布岳です。
今日は、S・TAROUさん、マッスルさんと男衆3人で待ち合わせして、7時30分過ぎに登山口に到着。しかし、既に無料駐車場は満車。初めて有料駐車場(500円)に停める。既に30台以上は駐車している…。この時点で15,000円以上の収入。他人の懐具合が気になります(笑)
d0182075_37230.jpg
準備して、8時前に登山口を出発。
今日の予定では、中央登山口から登り、マタエからお鉢巡りして合野越に降りて飯盛ヶ城で花散策を楽しむつもり。少し早めに帰り渋滞を避けると言う完璧なプラン。
プランは良かったが、天気が…。由布岳の山頂にガスが掛かっている…。
d0182075_310537.jpg
でも、ガスが上がりそうな気配なので、頂上に着く頃には晴れていると期待して登る。
草原を歩き、自然林の中に入る。由布岳は杉林が少ないのでとても気持ち良い…。
d0182075_3241385.jpg
30分ほどで合野越。ここで少し休憩。
d0182075_3245171.jpg
ここからはジグザグの登山路が頂上付近まで続きます。段々、木が低くなってきました…
d0182075_327876.jpg
そうすると、次は草原に変わります。するとお花の登場。センブリが1株。ヤマラッキョウは沢山ありましたがこの辺りは蕾が多いです。しかも小さい。マッスルさんに拠ると一度登山路の脇の草が刈られているので再び芽を出したので小さく、蕾が多いのでしょうと。さすがです!
d0182075_3305725.jpg
d0182075_3311035.jpg
マタエに近づくとトリカブトやイヨフウロがありました。そしてマタエ。
ここから西峰回りで一周します。
d0182075_3331845.jpg
先ずは鎖場の直登。
d0182075_3335110.jpg
d0182075_3335977.jpg
そして、横にトラバース。ここが結構渋滞する。丁度、怖がりの方が壁にしがみつくようにしている。良く見ると鎖にカラビナを通して横に這っている。そこまでして…と思うのだが怖いのだろう…。
d0182075_3383353.jpg
却って歩きにくいのにと思いながら待っているとようやく通り抜けてくれた。風来坊の前にいた若い女性は簡単に通り過ぎた。身体を鎖に近づけすぎると却って歩きにくいのを知っているようでした。
ここを越えるとあと少しで西峰山頂。
手前にはフクオウソウや色のきれいなヤマラッキョウ。
d0182075_3393467.jpg
d0182075_3394251.jpg
そして西峰。
d0182075_340539.jpg
のんびりしたかったが、怖がりの方が居たグループが先にお鉢巡りに行きそうだったので、お断りして先に行かせて頂く。これが正解でした。今日の風来坊のナイスな判断。
西峰を下ったところにはトリカブトの群生。滑りやすいところを気をつけて降りるとお鉢巡りの最低点。ここから登り返します。
d0182075_3443582.jpg
岩場を登り、そして少し下りもありですが、結構、足場の確保が難しい箇所がある。
d0182075_3461114.jpg
d0182075_3461952.jpg
お鉢巡りが初めてのマッスルさん(ちょっとびっくり)ですが、難なくこなして行きます。
登りきったところからガスの合間に見えた鶴見岳。
d0182075_3481350.jpg
ここからの岩場も意外に気を付けなければいけません。
そして東峰。山頂の標識が折れていました…。
d0182075_3492348.jpg
ここで昼食タイム。昨日に続き、ラーメンをいただく。冬は直ぐに冷めたりするので、この時期が一番ラーメンを楽しめそうな気がします。そしてマタエに向かいます。
d0182075_3512268.jpg
上の写真の真ん中にナイフエッジのような場所があります(登山路の直ぐ右の尖った尾根)。マッスルさんは初めて西峰に登った時、ここを登ったそうです。すごく怖かったと話していました。でも、マッスルさん以外にも歩いた形跡がありました…。
初めての方は黄色の案内を良く見て登って下さい。
湯布院の町が綺麗に見えるようになりました…。
d0182075_3571587.jpg
マタエより上の西峰や東峰にはホソバノヤマハハコの群生がいっぱい。
d0182075_3582736.jpg
12時前に下山し始めましたので、沢山の登山客とすれ違います。
そして再び自然林まで下ると…
d0182075_404640.jpg
ちょっぴり紅葉が…。
でも、まだまだ緑が多い由布岳です。
d0182075_41266.jpg
合野越から飯盛ヶ城へ登ります。登り始めて直ぐにあったヒゴタイ。色はほとんど残っていませんでしたが、わずかにルリ色の気配が…。由布岳をバックにパチリ。
d0182075_43486.jpg
そして飯盛ヶ城山頂。
d0182075_433259.jpg
山頂手前に昨年沢山あったセンブリは今年は少ない。マッスルさんに拠るとセンブリは2年草なので年によっては咲いていないこともあるそうです。勉強になりました。
でも、数株のセンブリが目を楽しませてくれました…。
d0182075_455884.jpg
昨年たくさんあったウメバチソウが今年は少ない草原。
d0182075_464550.jpg
そして下山。
d0182075_47799.jpg
由布岳山頂が綺麗に見えていました。14時前に下山。約6時間の山歩き。楽しかったです。
ウメバチソウを探しに他の場所へ…。ありました!蕾が沢山ありましたのでこれからのようです。
d0182075_493669.jpg
そして、由布岳が綺麗に見える温泉で汗を流して、帰ります。渋滞もさほどでもなく、鳥栖SAでマッスルさんとお別れ、そしてS・TAROUさんを送り、家に帰ってビール。その後、焼酎ですっかり酔ったところで、散髪の予約の電話をしたら明日は休みとのこと。今からなら大丈夫と言われ、酔っ払ったまま家内に送ってもらい散髪を済ませました。長い一日でした。

でも、昨年かずさん、S・TAROUさんと登った時に何故、お鉢巡りをしなかったのだろうと思っていたのですが、昨年のブログを見返したら風来坊の大学の同級生の送別会があったので早めに帰ったようです。かずさん、失礼しました!1年越しのお詫びです。
また、帰福の度にお付き合いいただいているS・TAROUさん、色々と花を教えていただいたマッスルさんに感謝します。最後に、好きなように遊ばせてもらっている家内にも大感謝です。

三連休の最後の明日はキス釣りだ!落ちギス、釣れるでしょうか…?
by furaibow581203 | 2012-10-08 04:18 | 山歩き | Comments(6)