ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5月27日(日) 晴れ
以前より、山友さんから案内しますと言われていた青螺山・黒髪山。一度は行ってみたいと思っていました。
時期を選ばないと・・・などと言っていたのだが、風来坊は転勤、山友さんも仕事が忙しそう・・・

で、今回自分で調べて企画した。正面ルートは乳待坊から見返り峠へ登り、そこから黒髪・青螺をピストンするようだが、周回コースが楽しめる竜門ダムからのコースを選択。
今日は、17時50分の飛行機で帰らなければいけないので、早めの時間設定。
7時30分前に竜門ダム駐車場へ到着。
今日のメンバーは、S・TAROUさん、やまごえさん、肉まんさん、そして諸事情で後で遅れて参加のマッスルさん。男5人衆。色気無し(笑)
そう言えば、最近、女性連れで歩いたことが無い・・・

前の車には女性2人連れ。その後ろに車を停める。車だけでも女性の近くに・・・(笑)
他には1,2台しか停まっていない。
準備していると・・・  なんとHiroさん、Haruさんが!久しぶりです。昨年、糸島の山をサイクル&トレックした時以来です。何でも8時にタクさん、平六さんと待ち合わせしているとのこと。
今日は、帰りの時間やマッスルさんとの待ち合わせがあるので、ゆっくり出来ない・・・
・・・と、タクさん到着。お久しぶりです。少しお話して、出発します。
d0182075_428395.jpg
予定より少し遅れて、7時45分くらいに出発。
先頭は、S・TAROUさん。早いです。
d0182075_4304063.jpg
写真がぶれているくらい早い!(笑)
d0182075_431624.jpg
あっという間に見えなくなりました(笑)
少し、ペースを落としていただき、思ったより急登が続く、青牧峠を目指します。
8時27分青牧峠。
d0182075_44291.jpg
時間を参考にしたのは長崎日日新聞社のガイドブック(結構、時間設定が早い)に50分とありましたが、それより少し早かった。S・TAROUさん、恐るべしです・・・。
登りの途中にもありましたが、ここにもギンリョウソウ。
d0182075_4425572.jpg
小休止した後に、青螺山へ。しばらく平坦な道を歩いた後に岩を回り込む道へ。
d0182075_4442484.jpg
d0182075_4443386.jpg
急な登りが続きます。木の根やロープを頼りに登っていくと、ようやく青螺山。8時59分。登山口から1時間14分。写真は少しでも女性をと後から撮影したものです。
d0182075_4453499.jpg
ここで展望を楽しむ。
d0182075_4472658.jpg
でも、霞んでいて展望は今一つ。しかし、何とか伊万里の海も見えました。しばらくしていると大量の虫が・・・。
少し遅れてきた女性2人連れと入れ替わりに、青螺山を後にします。
ここからが、急坂。
d0182075_451436.jpg
そして青螺御前。
d0182075_452885.jpg
一息入れて、また下ります。
しばらく下ったところで展望が開けた場所へ。
d0182075_453088.jpg
目指す黒髪山。
d0182075_4544948.jpg
ここから下っているときにマッスルさんからの電話。遅れるので見返り峠には間に合わないので黒髪山山頂で待ち合わせしましょうと・・・
そして、見返り峠。
d0182075_57527.jpg
乳待坊へは300mとある。結構近い。周回コースを選んで良かったかも。しかも青螺山を先に登るコースで良かったかも。
ここまでの下りもかなり急坂でした。
ここからしばらく歩いたところで雌岩100mの表示、寄り道してみる。
d0182075_595228.jpg
上の写真はその前に展望のある場所から写した左:雄岩、右:雌岩です。雌岩に寄ると、前壁の場所が・・・。へっぴり腰になりながら展望を楽しみましたが、写真を撮る気が・・・
再び、登山路に戻り、巻きながら山頂を目指します。思ったより急登では無いと話していたら、最後の登りに急登。鎖場、ハシゴが続きます。
d0182075_5142815.jpg
d0182075_5144342.jpg
でも、しっかりしているので大丈夫です。
そして黒髪山(天童岩)10時31分。3時間弱で両山へ。
d0182075_5153563.jpg
青螺山が綺麗に見えます。
d0182075_5183340.jpg
ここでマッスルさんを待ちます。朝が早かったのでお腹が空きました。おにぎりを食べ、早めの昼食タイム。
青螺山よりは虫が少ないですが、これからは虫対策が重要になりますね。
マッスルさんと合流して、しばらくしてから下山します。
マッスルさんが案内してくれます。知識豊富なマッスルさんの案内で大変勉強になりました。
d0182075_5221095.jpg
下に来ると沢が・・・
d0182075_5224043.jpg
魚が泳いでいました。ハヤでしょうか・・・
そして橋。
d0182075_523194.jpg
この橋を見て、肉まんさんが前に来た時も同じ廻り方をしたと思い出しました(最初は、逆から廻ったと話していました(笑))
そして、駐車場へ。12時15分くらいに到着。5時間と思っていましたので想定内の時間でした。
途中、花を楽しんだりしましたので、遅れるかと思いましたが、良かったです。
探した花は・・・
d0182075_5274436.jpg
d0182075_5275315.jpg
白いノイバラもきれいでした。
d0182075_5282378.jpg

帰りに、有田温泉で汗を流して、一麺を。温泉の人に聞いて近くの「大ちゃん」へ。
熱いうどんが食べたかったが、風呂上がりだったのでざるうどん(520円)を注文。
d0182075_5302676.jpg
家に着いたのは16時前。
山の道具を片付けて、16時40分には家を出る。
17時50分の飛行機で京都に帰ります。
d0182075_532667.jpg

今日も皆さん、ありがとうございました!
平六さんにお詫び出来なかったのが、残念でしたが(理由は、一緒に登った人のみぞ知る)、良い山歩きを楽しめました。
by furaibow581203 | 2012-05-28 05:34 | 山歩き | Comments(8)
5月26日(土)曇りのち晴れ
朝、5時過ぎに家を出て5時23分大宮発の電車で、伊丹空港に向かう。南茨木でモノレールに乗り換え、7時5分の飛行機に乗る。
福岡に着いたら、先ずは散髪。南庄のいつもの店を9時30分に予約していたが、予定通りに到着。髪を切るのは知ったところが良いので、帰った時に切るようにしている。
以前、大分から長野の松本に単身した時にも、大分で髪を切ることが多かった…。

髪を切って、家に寄り直ぐに着替えて畑へ向かう。畑の前に先ずは一麺。
好きな「ふくちゃん」へ向かう。11時ちょっと過ぎに行ったら、既に8割くらいの人が…
いつもは普通を頼むのだが、スープが多いので写真写りが悪い。で、大盛(650円)を注文。
d0182075_18185550.jpg
スープに埋まらずにチャーシューが写ります(笑)でも、普通を頼んで替え玉をするのが一番かな。
腹ごしらえを済ませたら、ニンニクが残る畑へ。
d0182075_18192947.jpg
いつもの年よりニンニクの株が小さいのが気になる。
d0182075_1820274.jpg
収穫したら、こんな感じ。今までで一番出来が悪かったかも…。ほとんど手を掛けていなかったので仕方ない。
畑のオーナーと話をして帰る。
福岡に帰るまでは、こことはサヨナラです。
写真の範囲内が風来坊の畑でした。しばらく出来ないのは寂しいです…
d0182075_1826144.jpg
敷地にあった睡蓮。
きれいでした…
d0182075_182783.jpg
きれいに処理したニンニク。
でも、手入れが悪かったので大きさにバラツキが…(笑)
d0182075_18274990.jpg
何年後に、畑仕事が出来るだろうか…  そう思うと感慨深い一日でした。
by furaibow581203 | 2012-05-26 18:35 | 野菜作り | Comments(4)
5月23日(水) 晴れ
朝、西洞院通りをずーっと下って、五条通りまで歩いて見た。
家の近くには、千利休が使った水と書かれたところもある・・・
d0182075_535524.jpg
d0182075_536744.jpg
さすが、京都です・・・

更に歩いて、西洞院高辻を少し上がったところに「菅大臣神社」があった・・・
d0182075_514241.jpg
この神社は天満宮発祥の神社とも言えそうないわれが・・・
d0182075_515720.jpg
神社の入口には天満宮降誕の地の碑もある。
d0182075_5154519.jpg
街中にひっそりとある神社。
本殿も小さい。
d0182075_5162241.jpg
でも、大宰府に飛んだという飛び梅もあります。
d0182075_5165873.jpg
意外な発見にびっくりしましたが、折角ですので子供の学業祈願をしました。

さて、昨日福井で昼食を食べた「大宮亭」(坂井市丸岡町)
d0182075_5182558.jpg
この辺りの名物、谷口屋の「竹田揚げ」と辛み大根そばをいただいた。
d0182075_5191947.jpg
d0182075_5192721.jpg
揚げはサクサクとして美味しかったが、辛み大根は辛かった・・・・
お店の入口には菅前総理大臣の色紙が飾ってあった・・・・
こちらに来ても良いのでしょうが、菅大臣神社にも参拝したのでしょうか?
来ていたら・・・・
by furaibow581203 | 2012-05-24 05:23 | その他 | Comments(2)
5月21日(月) 晴れ
朝起きて天気予報を見たら、曇りのち晴れ・・・  ダメだ・・・
そう思って5時過ぎに外を見たら、日が射している!もしかしたら・・・
期待は膨らむ・・・
6時30分過ぎに家を出る。日食グラスで見ると既に欠け始めている。
d0182075_21345187.jpg
何度か見ながら歩く。
途中でグラスを持たない人に貸しながら歩きます。今日は、色々な人に「見ますか?」と声を掛けると皆さん見てくれました。別にナンパしている訳ではありませんでしたが、100%見てくれました。
鴨川でも観測の人が・・・
d0182075_21371599.jpg
今日の京都の空はこんな感じ。
d0182075_21374194.jpg
日食が進みます。
d0182075_2137592.jpg
宮川町ではテレビのクルーが舞妓さんの日食観測を撮影していました。
d0182075_21385242.jpg
金環日食は見れましたが、写真は撮れませんでした(残念)
d0182075_21393339.jpg
でも、見れて良かった・・・
山馬鹿さんの写真が綺麗です。

日食が終わったら、金沢へ出張。昼食は駅前近くの此花町にある「やまぎし」へ
d0182075_21412962.jpg
もりそばが700円。大盛りで900円。リーズナブルな値段です。風来坊は大盛りを注文。
d0182075_21424923.jpg
美味しかったです。

夜は、東茶屋にある焼き鳥の「ちょう吉」へ。
d0182075_2147187.jpg
牛タンとシソ巻。
d0182075_21472278.jpgd0182075_21473097.jpg








ビールを飲んだら、焼酎の水割り。ヤカンが良い感じです・・・。
d0182075_21492431.jpg
更に燻製とキモ。それに鶏モモとソラマメ。
d0182075_21504089.jpgd0182075_2151763.jpg








d0182075_21513463.jpgd0182075_21541827.jpg








最後にスープをいただいて、ご馳走さま。
d0182075_21561316.jpg
店内はこんな感じでした。
d0182075_21563749.jpg
今日は、多分生きている間に見ることのない金環日食を見れて幸せな一日でした。
by furaibow581203 | 2012-05-22 21:58 | その他 | Comments(2)
5月20日(日) 曇り
今週も山馬鹿さんと山歩きです。
山馬鹿さんの提案でクリンソウのある金剛山へ行きましょうと・・・。
調べると近くに大和葛城山がありダイヤモンドトレールとして縦走出来るようになっている。
と言うことで、金剛山と大和葛城山を楽しむことに・・・
早めの出発が良さそうなので、京都発6時9分の快速(下写真左)で大阪、地下鉄、南海電車を乗り継いで、河内長野駅(写真下右)へ7時40分に到着。45分発のバスに乗ります。バスにも多くの人が載っていました。
d0182075_201864.jpgd0182075_2012043.jpg








バスで登山口へ。8時20分前に到着。
d0182075_203246.jpg
近くの民家の石垣に珍しい花が・・・
d0182075_2044552.jpg
山馬鹿さんに聞いたら「オダマキ」だそうです。バス停から少し戻った舗装路を右に登ります。途中にトイレがあるので用を足し、登り始めます。
今日のコースのブログはチェックしたのですが、ちゃんとした地図を探せず、山馬鹿さんが多分、用意していると思ったっら、頼りにしていた山馬鹿さんも地図は準備していないとのこと・・・(冷)
人に聞きながらカトラ谷コースを目指酢ことにします。突き当りの豆腐屋で左に行くように言われましたが、「案内版は無いですよ」と言われて少し不安が・・・。とりあえず、そのまま登っていくと後ろから2人組の方が追ってくる・・・。お伺いしたらカトラ谷を登り、クリンソウを見に行くらしい(ほっ)甘えて一緒について行くことにした。これが大正解でした。しばらく歩くと。
d0182075_3512798.jpg
柵の横を抜けてまっすぐ行っても行けるらしいが、「舗装路が続くので」と右へ進みます。しばらくして、右に折れます。
d0182075_353579.jpg
「これは直ぐには分からないね」と山馬鹿さんと話して後を追います。砂防ダムにかかるハシゴを降りて少し歩くと合流します。
d0182075_3544644.jpg
(左からの道路が、真っ直ぐ行った時の道。再び舗装路が続いて・・・
d0182075_3563362.jpg
工事中の場所。今日はそのまま登れたのですが、工事などしていると迂回しなければならず、面倒とのお話でした。昔の道などを教えていただきながら、登山路に取りつくと、杉林の急登。どうやらこれもう回路の一つだったようです。
ここを抜けると本来のカトラ谷の登山路へ
d0182075_359934.jpg
沢沿いの良い感じのコースです。しばらく歩いていたら、「あっ、クリンソウ!」と山馬鹿さん。
d0182075_424438.jpg
昔、松本に居た時にどこかの山で一度見て以来、久し振りのご対面です。良いですねぇ・・・。
更に歩いて行くと、今度はイチリンソウ。
d0182075_45194.jpg
やや、終わりかけでしたが、十分楽しめます。
何度か渡渉しながら登って行きます。途中、危険個所。でも、足場をしっかりと固めて行けば大丈夫です。
d0182075_472394.jpg
続いてハシゴ。
d0182075_474525.jpg
ここをクリアして、しばらく登ったところに水場。ここまで丁度1時間。
d0182075_482793.jpg
ここで、今日金剛山から大和葛城山へ歩こうと思っていると話したら、金剛山からの下りにある金剛の水とここが飲める水場ですよと教えてくれました。
では、クリンソウの谷を目指しましょう!
d0182075_4132811.jpg
ユキザサもあります。
d0182075_414892.jpg
ここから右へ折れます。知らないと真っ直ぐ行って見れないことがあるそうです。良かったです。ご一緒させていただいて。
この辺りにはユキザサが一杯。
d0182075_4155011.jpg
そしてクリンソウの谷。
d0182075_4162379.jpg
一面、ピンクのクリンソウ。
白花のクリンソウもあります。
d0182075_418214.jpg
d0182075_4183896.jpg
薄いピンクも。
d0182075_419635.jpg
撮影に忙しい。あと3,4日くらいが満開と言った感じでしょうか・・・。でも、大満足。次の人と入れ替わるようにして、クリンソウとお別れ。
次はヤマシャクヤクのあるところへ。
その前にニリンソウの花畑が・・・
d0182075_4221570.jpg

d0182075_4241779.jpg
綺麗でした。そして、ちょっと分かりにくいところからヤマシャクヤクの群生地へ。
d0182075_4261682.jpg
ありました!少し終わりかけでしたが十分です。蕾もありました。
花の多いカトラ谷です。タクさんの言葉を借りれば、「カトラ谷を知らずして金剛山を語ることなかれ」です(笑)
そして、最後の急登を登り詰めると山頂。
d0182075_4355965.jpg
本来の山頂は、葛木神社の裏だそうですが、ご神体なので行けないそうです。山頂にはトイレなど充実しています。
また、金剛山に登った記録を受付するところも・・・ 1万回以上の人もいました。
d0182075_4392333.jpgd0182075_4393892.jpg








本道をあるいて葛木神社へ。案内していただいた方はこの道は余り歩かないそうですが、初めての私たちのために本道を経験していた方が良いでしょうと・・・ 親切な方でした。
d0182075_4404865.jpg
途中の夫婦杉。
d0182075_4411881.jpg
横に碑があり、「二十代は愛、三十代は努力、四十代は我慢。五十代は諦めて、六十代は信頼で、七十代は感謝、そして八十代は一心同体と書いてあります。風来坊は諦めの世代です(笑)
そして葛木神社。八重桜が満開でした。
d0182075_4551544.jpg
丁度、僧が祈祷をしていました。金剛山の山頂はこの神社の奥。
d0182075_45613100.jpgd0182075_4562584.jpg








神社の裏に、ブナ林。
d0182075_4572948.jpg
金剛山、花やブナ林などなかなかの山でした。カタクリが咲く場所もあるそうです。
次に目指す大和葛城山が見える場所がありました。「一目百万本」と言われるツツジで有名な山です。
d0182075_4591167.jpg
山頂近くがオレンジ色に色づいています。今週末が最後の見頃とのニュースも流れていたとのことなので人も多いことでしょう。
d0182075_51894.jpg
ここで、私たちは左へ。案内していただいた二人組は右へ。色々と教えていただいてありがとうございました。ご一緒しなければ、クリンソウ・ヤマシャクヤクに出会えなかったかもと思うと感謝感激です。
ここから水越峠へ歩きます。4.6km。
d0182075_54199.jpg
チゴユリがありましたが、杉林のあまり変化のない道です。下りで良かったかも。分岐から大和葛城山まではダイヤモンドトレールと言われる縦走路です。迷うことは無さそうですが、金剛山の登りとは全く違う景色でした。
途中にある金剛の水。
d0182075_58341.jpg
ここの水をいただいて力を付けます。1時間10分ほどで水越峠。峠には沢山の路上駐車。ツツジ目当てなのでしょう。
ここからの登りは急登と心の準備はしていたが、本当に急登でした。
d0182075_516947.jpg
途中の花の写真を写して、ちゃっかり休憩。ヤマフジと初めてのギンラン。
d0182075_5171466.jpgd0182075_5172856.jpg








ギンランは小さくてかわいいです。山馬鹿さんによると花は開かないことが多いそうです。
d0182075_519645.jpg
途中で腹ごしらえします。おにぎりを2個。魚肉ソーセージ1本。何となく力が湧いてきました。
急登を登り詰めたら、人声がします。
d0182075_5212365.jpg
声のする方に歩いて行くと・・・
d0182075_522324.jpg
「一目百万本」のツツジです。「一目一万人」くらい人が居たかも(笑)
d0182075_5231656.jpg
d0182075_5233983.jpg
いーさんの言葉を借りれば「目が真っ赤になりました」(笑) ツツジを堪能して、山頂へ。
d0182075_524777.jpg
今日は霞んでいて、展望が利きません。13時10分頃に下山開始。どの道を通るか調べていませんでしたので、途中にある道から降りました。下山路は、階段・橋が多かったです。
d0182075_5264376.jpg
今日下山した「櫛羅滝コース」は平成21年の台風で崩壊して歩けなくなったのを、整備したようです。1時間ほどで下山。
登って行くロープーウェイは満員御礼。
d0182075_529577.jpg
ロープーウェイ駅下にバス停。丁度、バスが来たので乗って、近鉄御所駅へ。駅までの道は、登ってくる車が渋滞していました。既に14時30分過ぎです。これから登れるのか他人事ながら心配になりました。
近鉄を乗り継いで、京都駅へ着いたのは、16時40分過ぎ。駅に駐輪していた自転車で家に帰り、色々と用事を済ませて、山馬鹿さんに勧められた「柿の葉寿司」などをつまみにビール・お酒をいただきました。
山馬鹿さん、今日もありがとうございました。
d0182075_5371589.jpg

by furaibow581203 | 2012-05-20 20:14 | 山歩き | Comments(6)
5月17日(木) 曇り
今日は大阪で会議。
その前に腹ごしらえということで、京都駅前のヨドバシカメラ裏にある「勝」へ。
同僚が教えてくれたが、知らなければ来れないところですね・・・・
d0182075_4461271.jpg
店内には先客が10名ほど。
定員は20名弱。5名で行ったのでほぼ満席となった。
定食は揚げ物がほとんど。
ミンチカツ定食(980円)を注文。
丁度、自分たちの前に6名ほどのグループが入ったようで、そちらの料理から作り始めていた・・・。
見ていたら、量が多い!から揚げ定食(900円)と思われるから揚げはすごい量でした!
待つことしばし、ようやく自分たちの料理を作り始めているようです。そして・・・
d0182075_4513139.jpg
これにご飯と味噌汁。
結構、お腹一杯になりました。大阪までの電車で爆睡。
連れが居たので、ちゃんと起こされて無事に新大阪へ。

帰りは、一人で新幹線で帰ったのですが、気が付いたら名古屋。
でも、最終で折り返せたので良かったです。
また、やってしまった・・・  折り返しははさすがに寝過ごさずに京都に着きましたが・・・。
京都駅からの地下鉄も最終でした(冷)
by furaibow581203 | 2012-05-18 04:56 | グルメ | Comments(4)
5月13日(日) 晴れ
GW前に山馬鹿さんから、「GW明けに一緒に山歩きしませんか?」とのお誘い。
こちらに来てからは、1月22日に須磨アルプスをそよかぜさん、山馬鹿さんと歩いた以外はいつも単独行。
願ってもない申し込みに、直ぐに行きますとの返事。
提案があった山は、堂満岳・・・・ 知らない・・・  調べると昨年登った武奈ヶ岳の近くです。
コース設定から待ち合わせ時間まで、山馬鹿さんにお世話になり、比良駅7時38分着の電車に山科から乗る。
最後尾の車両に乗っているとのやり取りをしていたので、一緒に比良駅まで。
登山客が10名ほど同じ登山口を目指して歩いて行く・・・。参考までに比良駅の標高は120mです。
後をついて行く方が良いので遅れて歩きます。
今日目指す堂満岳は綺麗な形をしています。(正面やや左の三角錐の形の山)
d0182075_192081.jpg
後で苦しむことになるとはこの時には思いもしませんでした・・・。
別荘地の中を抜け、イン谷口を目指します。その手前に堂満岳への案内板。迷っていたら、イン谷口から降りてきてこちらへ進むご夫婦がいたので聞いてみると、当初予定したルートより楽そうと聞き、迷わずコース変更!
駅を出てから1時間ほどにある「ノタノホリ」(440m)
d0182075_19172060.jpg
ここで小休止する。
楽と聞いていたが、ここまでは割と急な登りでした・・・。
d0182075_19223834.jpg
休んだ後に登っていくと、琵琶湖が見えます。橋が見えるのは堅田の町のようです。
d0182075_19233343.jpg
そこから少し登ったところにイワカガミ!風来坊にとっては初イワカガミですので早速撮影!
撮影の振りをして休むずるさも50歳を超えると迷わず実行!
d0182075_19255294.jpg
しばらく歩いて巻道になったところで20名ほどの団体客を追い越したら、再び登り。沢沿いの登りです。
d0182075_19271363.jpg
d0182075_19272376.jpg
d0182075_19273162.jpg
沢を直登したあと、ジグザグの登りが続きます。結構、急な傾斜ですのでゆっくり登ります。
今日は先頭に立って、山馬鹿さんのペースにさせないようにしています。大事な作戦です。
尾根に取り付き(710m)、しばらく登るとシャクナゲ!本州での初シャクナゲです!
d0182075_19302287.jpg
色が濃い!
d0182075_19344159.jpg
あちこちにあります。
シャクナゲに元気をもらい、登り始めます。標高が高くなり、新緑も淡い色になりました。
d0182075_19465219.jpg
スミレもきれいです。
d0182075_19503325.jpg
ここから最後の急登が大変でした。
d0182075_19495314.jpg
先に団体客が居たので、その後をゆっくり登って、ようやく堂満岳(1,057m)駅から2時間45分くらいで到着。
d0182075_1949633.jpg
山頂手前にはかわいらしいツクバネソウがありました。
d0182075_19511746.jpg
そして山頂にもシャクナゲ。
d0182075_195146100.jpg
山頂を過ぎた辺りで休んでいたら、こちらの道を教えてくれたご夫婦が通り過ぎて行きます。
お話したら昨年が当たり年で、今年は昨年の2割の花の量しかないそうです(驚)
確かに木は沢山ありますが、全部に花が付いている訳ではありません。昨年は山頂付近がピンクだったそうです(まるで、いーさんみたいな表現)
小休止して、金糞峠へ向かいます。峠に向かう間にもシャクナゲが咲いています。
そして、イワウチワ。
d0182075_4571488.jpg
かわいらしいです。山馬鹿さんによると太陽の方向に向かって咲くそうです。
そして金糞峠。多くの人が休憩していました。
d0182075_4155435.jpg
峠に居た人と話をしたら、ここからの下りはガレ場で多少危ないかもとのこだったので、八雲ヶ原湿原に向かい、そこから降りることにする。時間はあります。
沢沿いのコースは平坦らしいのでそちらに行こうかと思ったら、少し、ぬかるんでいて歩きにくいかもとのことで、登って回り込むルートを選ぶ。でも、結果的にはこちらが正解だったかも・・・。
d0182075_422698.jpg
シャクナゲがこちらにもたくさんあります。
展望が利く場所から堂満岳を振り返ります。
d0182075_4233948.jpg
山の左側の傾斜が山頂までの最後の登りの傾斜でした・・・・。
しばらく歩いていると山馬鹿さんが、「あっ!白山が・・・」
d0182075_4251522.jpg
分かるでしょうか?手前の山の奥に白い頂の白山が見えました。感動!
今年の夏は行くぞ。待っててね、白山。
d0182075_4264128.jpg
しばらく、シャクナゲが続きます。山馬鹿さんも撮影に忙しい。
八雲ヶ原へは北比良峠から回り込みます。北比良峠から八雲ヶ原へは昨年通っていましたが、記憶が定かではありませんでした。八雲ヶ原で昼食。丁度、12時過ぎでした。
湿原にはミズバショウが数株ありましたが、花は終わっていました。
d0182075_4313792.jpg
日陰で食事したら、体が少し冷えてきます。では、帰るとしますか・・・ 湿原を振り返ります。
この辺りは、昔、北比良峠からのスキー場だったようで、その名残があります。
再び、北比良峠。眺めが良いです。
d0182075_4351360.jpg
ここから、ダケ道を下ります。丁度12時45分。ほぼ1本道なので分かりやすいです。
d0182075_438980.jpg
しばらくしたらイワカガミの群落。
d0182075_4384384.jpg
そして白花のイワカガミも・・・
d0182075_4391597.jpg
こちらの道にもシャクナゲが・・・
d0182075_4395299.jpg
緑も良い・・・
d0182075_4401692.jpg
チゴユリもありました。
d0182075_4404010.jpg
撮影ばかりしているのでどんどん抜かれて行きます。
更にツツジ。一つはミツバツツジでしょうが・・・もう一つは不明。
d0182075_4421651.jpg
d0182075_4422834.jpg
1時間20分ほどで大山口に着く。ダケ道にはイワカガミが沢山ありました。
d0182075_4432159.jpg
ここで小休止。この辺りにはタニギキョウが咲いていました。
d0182075_4435844.jpg
ここから、比良駅まで約50分。急げば、14時53分の電車に間に合いそうだったが、ゆっくり歩くことにする・・・。
比良駅に53分発の電車が到着して出発するのを見ながら、比良駅へ。
駅で汗を拭き、上着を着替えて、15時21分の電車で帰りました。堅田で新快速に乗り換えて、風来坊は山科で降ります。
山馬鹿さん、ありがとうございました!
by furaibow581203 | 2012-05-13 19:55 | 山歩き | Comments(8)
5月11日(金) 曇りのち時々雨
今日は日帰りで富山出張。往復6時間。朝7時30分過ぎの電車で富山に向かう。
10時半くらいに富山に着き、お得意先を廻る…。
昼食は2時過ぎ。一緒に同行した人が選んだお店はラーメン。
「昭和食堂」です。
d0182075_2239727.jpg
店内には昔のポスターなどあり、レトロチック!
d0182075_2240385.jpg
注文したのは、濃厚炭鶏麺(730円)ランチタイムはご飯お代わり自由。
d0182075_22401558.jpg
地鶏の焼いたのが乗っています。チャーシューの代わりです。
宮崎で出そうなラーメンですが、富山で作っているとは少しびっくり!宮崎も考えるべし!
薬味は柚子ごしょう(青)ですね。
結構、美味しかったです。丁度、中学生の社会科学習で店内で清掃していたのが印象的でした。

今日は6時前のサンダーバードで京都に帰ります。
風来坊の晩御飯。ビールにお酒。そして三種類のおつまみ。
白えびカマボコ、白えびせんべい、ホタルイカの干物。
d0182075_22442293.jpg
普段はこんな食事がほとんどです…。
by furaibow581203 | 2012-05-11 22:48 | グルメ | Comments(4)
5月10日(木) 晴れ
昨日は電車で寝ぼけて、途中で飛び降りてしまった(笑)
幸い、最終便ではなかったので最終に乗って帰ることが出来た・・・(ほっ)

今日は京都市内を回る。
昼食は蕎麦の「真心」 「しんじん」と読みます。
以前にも来たことがあります・・・・。
d0182075_5352652.jpg
周りは女性客のみ!
確か前に来た時も女性客が多かったような・・・。
主婦のグループが楽しそうに話をしていました・・・
注文したのは天ぷらそば(1,200円)。少し奮発。周囲への見栄か!?・・・
d0182075_537368.jpg
タケノコのてんぷらはこの季節らしいです。
蕎麦も勿論、美味しくいただきました。
by furaibow581203 | 2012-05-11 05:43 | グルメ | Comments(2)
5月8日(火) 晴れのち曇り
昨日は東京で会議、終わって京都に帰り、今日は金沢・富山の会議に出席。
この10日ほどであちこち行きました(笑)
さて、富山での夕食は、桜木町にある「静加」
d0182075_55528.jpg
なかなか洒落た外観。店はカウンターと小上がりで収容人数は多くない。
今日は10名ほどで来たので、奥の小上がりを使うことに…。
お通しは、皿に三種。真ん中は蕗味噌。大根に盛ってあるのが何となくおしゃれ。
d0182075_594627.jpg
先ずは、ビールで乾杯。
今日は飲み放題のコースですが、時間は1時間30分。早く飲まねば・・・(笑)
次はお刺身。
d0182075_5111187.jpg
種類は、甘エビ、ブリ、カワハギ、サバ、タチウオと意外に種類が多かった。
d0182075_5124450.jpg
そして、茶わん蒸し。上のピンク色は何なのか聞いたのだが、忘れてしまった(笑)ピンク色の餡の下に、茶わん蒸しがありました。
色が綺麗なので女性に受けそうな感じです。
そして、タチウオのホイル焼き。
d0182075_515226.jpg
味噌を和えていただきます。
刺身にもタチウオを使っていましたので、無駄なく利用しているようです。
更に、豚肉のステーキ。
d0182075_516551.jpg
高い材料ではなく、上手く材料を使いこなしている感じがしました。
肉の次は、さっぱりと酢の物。
d0182075_5185057.jpg
そして・・・天ぷら。
コシアブラの天ぷらがありました。長野にいた時には良く出ました。懐かしい。
d0182075_5205598.jpg
締めは、おにぎりの茶漬け。
d0182075_5221431.jpg
デザートはアイスクリーム。
d0182075_5225432.jpg
お腹が一杯になりました。写真に写した料理を全部食べたのは久しぶりでした。

翌日の朝の富山城址。
d0182075_524162.jpg
駅前近くに、「越中富山の薬売りの銅像」がありました。
d0182075_525314.jpg
富山には、小さな薬メーカーがたくさんあります。富山らしい銅像ですね。

夕方から金沢でパーティーがあり、最終電車で京都に帰りました。今週は金曜にも富山日帰りがあります・・・
by furaibow581203 | 2012-05-10 05:29 | グルメ | Comments(4)