ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2月26日(日) 曇り
天気予報は曇りだが、山沿いは雨か雪とのこと。家から見える西の山もガスがかかっている・・・。
仕事も残っているし・・・ で、まずは会社へ。仕事を済ませたら買い物。
洗剤やらそろそろ切れそうです。家内のありがたさを感じながら買い物を済ませて家に帰る。
京都駅近くの興正寺を通ると・・・  梅の花。
d0182075_6284642.jpg
思わず、自転車を降りて中に入る。白梅は未だでしたが、紅梅は大分咲いて、良い香りを漂わせています。
d0182075_6301436.jpg
隣は西本願寺。
風来坊の家は西本願寺派。昨年、外からお祈りしましたが、中は初めて。
折角の機会なので、中へ参拝します。(世界遺産ですが、拝観料無料)
d0182075_63429100.jpg
門をくぐると広大な敷地。
記念撮影の台もあります。
d0182075_6355558.jpg
本殿も大きい。
全部写すには大分下がって写さないと入りませんでした。
d0182075_6364810.jpg
中に入って参拝。
亡き父の冥福を祈ります。合掌、礼拝。
d0182075_6374844.jpg
大きな銀杏の木もありました。黄葉の季節は綺麗なことでしょうね。
d0182075_638409.jpg

by furaibow581203 | 2012-02-29 06:39 | その他 | Comments(4)
2月25日(土)
昨日の予報通り、朝から雨。
天気なら永平寺や一乗谷などを歩きたいと思っていたが、迷う・・・。
いつもなら朝早く朝食を食べるのだが、ホテルの方から受験生が7時半くらいまで多くなりそうですと言われていたので、遅めの朝食。
朝のニュースなどを見ていると雨はそんなにひどくなさそうなので、行くことに決めた。
えちぜん鉄道で永平寺口まで行く。そこからバスが接続している。
8時56分福井駅発の列車に乗る。
d0182075_1885581.jpg
一両編成の列車。
25分ほどで永平寺口駅。
d0182075_18102997.jpg
バスで15分ほど行くと永平寺に到着。
参道を登ると永平寺が見えました。
d0182075_18113739.jpg
開祖の道元禅師は比叡山で出家し、最初は京都に道場を作ったのらしいのですが、1243年波多野義重公の要請でこちらに移ったとのこと(永平寺パンフより)全体図は下の通り。
d0182075_18223356.jpg
建物を外から見るのかと思っていたら、中に順路があり靴を脱いで参拝します。着いた時にはまだ、掃除が終わっていないのでと少し待たされる。
掃除の場面も見たいと言っている人も何人かいました(確かに・・・)
最初に入ったのが、傘松閣。156畳敷の広間。天井の絵は昭和5年当時の著名な画家144名によるものらしいです。
d0182075_1821463.jpg
d0182075_18215741.jpg
廊下を歩いて行きます。
d0182075_18231421.jpg
中雀門のようです。どんどん歩いて行くと一番奥の法堂(はっとう)へ。
d0182075_18235944.jpg
帰りは違う廊下を歩いて戻ります。下まで降りてきたら三門がありました。永平寺で一番古い建物だそうで、1749年に再建されたものらしいです。
d0182075_18252529.jpg
両側にある四天王は平成20年に修復されたものらしい。
最後は祠堂殿。全国の信者が納めた位牌が並んでいました。
d0182075_18304662.jpg
1時間弱で永平寺の参拝を終え、今度はバスで福井駅まで戻る。
雨が止まないので一乗谷は諦め、早めに帰ることにする。
電車まで時間があったので、駅近くの柴田神社へ。
駅近くのアーケードや繁華街のすぐ横にあった。
d0182075_18332313.jpg
d0182075_18333385.jpg
勝家が築いたと言われる九層の天守閣の城の模型(北の庄城)と勝家像。お市の方と三姉妹の像があった。
昨年は大河ドラマ「江」があったので、観光客も多かったことでしょう。

駅に帰り、福岡の家に水ようかんと羽二重餅を宅急便で送る。
福井では、冬に炬燵で水ようかんをいただくのが習慣とのこと。
d0182075_1837336.jpg
二つともそんなに高くないので郵送料と値段が変わらなかった(笑)
自分には焼きサバ寿司。普通は1,000円なのだが、前日?のものが800円で売っていましたので、迷わずそちらにしました(笑)
d0182075_18381250.jpgd0182075_18383189.jpg








焼きサバ寿司は京都に帰ってからいただきました。
by furaibow581203 | 2012-02-25 19:01 | 遊び | Comments(4)
2月24日(金)
今日は富山から福井へ移動。夜遅くまで仕事があるので宿泊です。
お昼は、得意先に行く途中にある「けんぞう」
福井出身の社員にどこの蕎麦が良いのか聞いたら、迷わず「けんぞう、月曜定休」と教えてもらったので、本日同行した社員に聞いたら、途中にあると言うので、風来坊も迷わず「けんぞうへ行こう!」
30年以上前に亡くなった父の名前も「ケンゾウ」でしたので行かねばなりません。
13時40分ごろに行くと店内には数人のお客さんだけ。
d0182075_14563816.jpg
14時で閉店なのでした。セーフです。
普通の一人ずつの蕎麦もあるが、ざるに盛ったそばを頼む人が多いらしい。
二人なので六合そば(3,000円)を注文。結構、良い値段です・・・。
先ずは、つゆが出てくる。
d0182075_14592093.jpg
おろしそばなのだが、自分で皿に盛り、おろしつゆを掛け、ネギや鰹節を載せていただくらしい。
左手前の白いつゆは辛味大根のつゆ。こちらは辛味大根の搾りかすのようです。これにそばつゆを入れて食べても良いらしい。風来坊は、両方楽しみました。
d0182075_1521695.jpg
これが六合蕎麦。一玉500円(笑)
一玉を箸で取り、皿に盛ったのがこれ
d0182075_1533081.jpg
一玉の量はそんなに多くありませんので、男なら三玉以上は食べそうです。
太めの蕎麦を美味しくいただきました。個人的にはもう少し細目が好きなのですが、この食べ方には合っているかも知れませんね。
店の場所は・・・
d0182075_1554895.jpg
直ぐ近くに有名な「黒龍」の蔵元があると聞き、少し寄り道。
d0182075_1571243.jpg
店内はこんな感じです。
d0182075_15123295.jpg
覗くだけのつもりが、つい1本買ってしまいました(笑)

仕事が終わり、福井に行ったら行って欲しいと言われていた「ベリーグッド・バー」へ
d0182075_1599100.jpg
カクテルをいただく。季節のカクテルを是非、注文するようにと言われていたので頼んで出てきたのが右の方(笑)
ストローが2つありましたが、もちろん一人ですすりました
d0182075_15105765.jpgd0182075_1511524.jpg








今日の季節のカクテルは女性向のようでした。
by furaibow581203 | 2012-02-25 15:13 | グルメ | Comments(2)
2月22日(水) 晴れのち雨
以前から紹介しようと思っていたのですが、延び延びになっていたこと・・・
京都の町を歩いて、最初の頃に気づいたことです。

先ずは、消火器とバケツが玄関に置いてあること。
d0182075_20393171.jpg
全部の家にある訳ではないようですが、木造の家が多い地区や町内によって多い地区がある感じです。
例えば、こんな感じにバケツが並んでいます。
d0182075_2041264.jpg
こんなに置いてある家もあります。
d0182075_2042895.jpg
木造でなくても置いてあるところもありました。
d0182075_20432043.jpg
京都は何度も町を焼かれているのでこのような準備をしているのでしょうか・・・・?
でも、バケツ一杯の水で少しでも消火に役立てば嬉しいですね。

もう一つは地蔵尊。
京都に5,000ほどあると言われています。
京都の住所は小さな町がたくさんあり、町の名前だけではどこか地元の人でも分からないと言います。
その町毎?の区画単位で地蔵尊があります。
例えば風来坊のマンションにはマンションに組み込んでこんな感じで作ってあります。
d0182075_20491893.jpg
最近は荒らされることの無いように鍵がかかっているものが多いです。
d0182075_20504394.jpgd0182075_2050538.jpg








d0182075_205148100.jpgd0182075_20515771.jpg








地蔵尊に消火器がセットになっているものもありました。
京都の人にとっては当たり前のことのようですが、風来坊には珍しい光景です。
by furaibow581203 | 2012-02-22 20:55 | その他 | Comments(2)
2月21日(火)
今日は入社2年目までの社員の研修日。これから成長して活躍して欲しい人材です。
研修が終わって、懇親会は京都駅に隣接する伊勢丹の10階にあるイタリアンレストラン。
北陸に帰る社員のことも考えると京都駅に近いのが便利なのです。
伊勢丹のレストラン街は初めての風来坊。
d0182075_20354172.jpg
店内は綺麗です。
d0182075_20361790.jpg
案内されたテーブルからは京都タワーが見えます。
良いロケーションです。女性も多かったのですが、風来坊などのオッサンより素敵な男性と来たかったことでしょう(笑)
d0182075_20375423.jpg
テーブルにはアルコールランプがセットされ、良い雰囲気です。
先ずはビールで乾杯!
d0182075_20393162.jpg
オードブルが運ばれて来ました。
d0182075_20401569.jpg
魚にはみょうがのスライスも載っていて和風のテイストも感じます。
そしてスープ。
d0182075_20422642.jpg
更に、ピザが・・・
d0182075_2043018.jpg
そして、パスタ・・・
d0182075_20434334.jpg
最後はデザート。
いつもは全部食べない風来坊ですが、今日の写真の料理は全部いただきました。
d0182075_20451070.jpg
今日の若手がこれからの会社を背負って欲しいものです。
そのためにはまだまだ教えることがたくさんあります。
これからの成長を楽しみにして、食事会を終えました。

店の電話:075-365-7765
by furaibow581203 | 2012-02-21 20:47 | グルメ | Comments(2)
2月18日(土) 晴れ時々雪
この日、どこの山にするか迷っていたが、2週前に金山に登った際にマッスルさんから金敷城山~金立山縦走が出来るらしいですと教えられていたのや天候を考え、近場のこの山に決めた。
今日は、のどかさん、アキさん、S・TAROUさん、マッスルさんの5人。
弘学館裏のキャンプ場に集合して、巨石パーク(有料)に移動して登る計画。
予定していたキャンプ場の駐車場は狭いので、弘学館入口を過ぎて左にカーブした正現神社前の駐車場で皆さんを待つ。(キャンプ場は弘学館を目指して校門近くまで登ってから校内に入らず真っ直ぐ進む道を行けば大丈夫です)。最初、学校を避けて真っ直ぐ登ったら、学校の駐車場で行き止まりでした。
皆さん、続々集合。出発前、のどかさんから巨石パーク入口付近に無料で停められる場所があると聞く。
行ってみると巨石パーク入口とうどん屋の間に数台停められる場所があった!
上からより、下から登るほうが良いし、300円助かった(笑)
でも、巨石パークの方には何となく申し訳ない感じです。
d0182075_60043.jpg
ここから登ります。巨石パークの経験者はのどかさんですが、あんまり記憶に無さそうです・・・ 
舗装路を登っていくと、登山路(巨石群入口)です。
d0182075_615398.jpg
入口にある説明や案内版を頼りに登ります。
d0182075_6551.jpg
烏帽子の雫と書いてある小さな滝。
しばらく歩くとようやく巨石が現れます。①番から順に見て行きました。
下は2番目の道祖神石。神妙に祈るのどかさんとアキさん。
交通安全の守護神とのことです。
d0182075_674161.jpg
次々と巨石が並ぶ。
次は、6番の造化大明神。
d0182075_613322.jpg
石の下をくぐれますが、石が落ちたら、圧死間違い無しの大きな石でした。
更に7番目のイナリ石。おにぎりに見えるのでイナリ石と名付けてあるらしい。
d0182075_6154091.jpg
皆さん、撮影中です。
そして、ブログなどでも紹介される10番の烏帽子石
d0182075_617386.jpg
解釈に困る石もあるのですが、これは分かりやすい。
ここから引き返そうとしたが、近くに11番目の御座石があるので行ってみることに。
余り、期待していなかったのだが、行ってみて良かった!
d0182075_620461.jpg
長方形の平らな石。
ほぼ水平で座って瞑想に耽れそうな石でした。
この上におそらく12番目があったのではと思われますが、ここで引き返して、天の岩戸石へ向かいました。
これが15番?目の天の岩戸石。チョックストーンになっています。
d0182075_6291529.jpg
この近くに大きな石があり、近所の方からあそこの石から佐賀方面が見えると聞き、行ってみます。
手前から見ると登れそうに無かったのですが、裏に廻ると簡単に登れました。
佐賀市方面が綺麗に見えます。名付けて「展望石」(番外)
d0182075_6261368.jpg
登り始めて既に1時間30分が経過しました。道草隊の本領発揮です(笑)
でも、初めて行く場合は楽しんで登るのが良さそうです。
金敷城山を目指します。
d0182075_6322135.jpg
登山路はこんな感じでとても良い雰囲気です。
夏場は暑そうですが、冬の今の時期や紅葉の最後の時期などには良いのではと思います。
そして、ようやく金敷城山(425.5m)
d0182075_6335888.jpg
ここまで既に2時間。
3分の1くらいの距離しか歩いていませんが、お腹が空いた人が・・・。
今日居ない妹さんが乗り移ったかのようなセリフです。やっぱり姉妹だなと思いました(笑)久し振りの山歩きとのことですし、シャリバテは良くありません。途中の少し風をしのげそうな場所で早めの昼食タイム。
エネルギーを補給して、名尾峠を目指します。峠近くだけ少し道が狭いです。林道の関係で無理しているのかも知れません。
一旦、林道に出会い、右に10mほど歩くと石地蔵。
d0182075_6394966.jpg
石地蔵の裏手に赤テープが見えます。
そこから再び、縦走路。軽いアップダウンを繰り返し、鉄塔。
d0182075_6411917.jpg
以前、そよかざさん・山馬鹿さんが来られた時はここで昼食されたようです。
確かに、風も防げて、座りやすい場所もあります。
更に、縦走路を歩きます。久し振りののどかさん、ややきつそうですがあと少しと騙しつつ、電波等が見えるところまで来ました。
d0182075_6441984.jpg
ここから少し歩いて、柵を回りこみ、林道から少し登ると再び小さな電波塔。その裏が金立山山頂(501.8m)
d0182075_6464610.jpg
頂上に来ていた人にお願いして記念撮影。ここまで3時間45分。
金立山に詳しいマッスルさんの勧めで少し下の上宮で休憩。
下りは1時間以上かかりそうなのでとエネルギー補給や水分の補給をします。
では、下りましょう!
d0182075_650548.jpg
下山は、登りが無いように回り込むような道を選んでいただきました。
途中にある縁結岩。木がくっついています。
d0182075_6523010.jpg
岩を削って、木を置いているものもありましたが、岩のくぼみに引っ掛けると止まります。
風来坊も1本くっつけました。
更に下ったところに吹上観音。(写真中央より斜め左上にあります)
d0182075_6543656.jpg
観音様に今日の山歩きを感謝します。
d0182075_655301.jpg
木の橋を渡ったところが、この金立山の公園地図で7番の場所。ここから少し下るとキャンプ場です。
そして舗装路を歩いて、車をデポした場所に到着。
約5時間の山歩き。楽しい山歩きが出来ました。
縦走路では人に合いませんでしたが、良いコースです。

駐車場で、のどかさん、アキさんとお別れして、マッスルさんに巨石パークまで送っていただきました。
帰りには、のどかさん達に聞いた「ときわ屋」の白玉饅頭を買って、佐賀空港近くのラーメン「いちげん」へ行きましたが、タッチの差で休憩時間。間に合いませんでした。
仕方なく、佐賀を後にして帰宅。ラーメンは楽しめませんでしたが、良い山歩きでした。
お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました!

PS:先々週、金山に登り、先週は金閣寺。そして今週は金敷城山~金立山縦走と「金」が続いています!
来週は宝くじで一攫千金だ!縁結岩で木も付いたことですし・・・。
」四部作の完成に乞うご期待!
by furaibow581203 | 2012-02-19 07:02 | 山歩き | Comments(12)
2月14日(火) 曇り
今日、明日と富山・金沢出張。
最初の訪問先は氷見。京都から特急サンダーバードで高岡駅へ。そこで氷見線に乗り換える。
d0182075_18194575.jpg
初めて乗るローカル線。氷見線で有名なのは「ハットリ君列車」乗ることは出来なかったが、写真を写すことは出来た!
d0182075_18221423.jpg
列車の中では、ハットリ君の声でアナウンスがあるらしい・・・。
藤子不二雄が氷見・高岡出身なのでこの電車がある。
目指すは氷見駅。高岡駅から30分。途中にある雨晴駅。
d0182075_1825457.jpg
この駅の手前に雨晴海岸があった!
晴れた日にここから見える立山連峰は絶景らしいが・・・  今日は曇り。残念・・・。
d0182075_18263146.jpg
そして氷見駅。
d0182075_18265912.jpg
ここから担当者と待ち合わせて得意先を訪問開始。
氷見から高岡に戻り、得意先を訪問して仕事が終わる。
富山駅近くの店で食事。
突き出しに刺身。刺身は真ん中はブリ、右にはサバ、左下にはカワハギに肝を乗せたもの。種類も多く、美味しくいただきました。お陰でお酒も進みました(笑)
d0182075_18291765.jpgd0182075_1829436.jpg








d0182075_183032100.jpgd0182075_18304181.jpg








ゲンゲの吸い物と蕎麦で締める。
良い店でした。この店はまたレポします。
バレンタインデーでしたが、チョコとは全く縁のない一日でした(笑)
by furaibow581203 | 2012-02-18 18:35 | その他 | Comments(2)
2月11日(土)~12日(日) 晴れ
連休を利用して、知人が来京。
一緒に京都の町を観光することになった。

先ずは、金閣寺。正式には鹿苑寺と言うらしいが、金閣寺の方がしっくりします。
9時開門。拝観料400円。一番乗りして、中に入る。
入ると直ぐに金閣寺が見えます。鏡湖池越しに見える金閣寺。
d0182075_4594065.jpg
少し風があるので池面が揺れていますが、風が無ければ綺麗に池にも映ることでしょう。日が差した方が綺麗でした。
裏に回ると・・・
d0182075_521584.jpg
二階の屋根から飛び出している棒のようなものは雨樋ではないかと思われます。
次は龍安寺。石庭で有名な寺です。拝観料500円。
d0182075_5164217.jpg
東西25m、南北10mの空間に15個の石と砂で出来ていますが、良さは良く分かりませんでした。
まだまだ修行が足らない証拠ですね。
d0182075_5195847.jpg
裏庭には水戸光圀公から贈られたというつくばい。真ん中の四角を口の字に見立てると周囲の偏や旁と合わせて「吾唯足知」(われただたるをしる)と読めるらしい。
近くの仁和寺へ行くつもりでしたが、龍安寺が期待を下回りましたのでパス!
(知った人から仁和寺が良いと言われました)
この後、嵐山電鉄で嵐山へ。大分、人が増えてきました。
おなじみの渡月橋。
d0182075_610519.jpg
ぶらぶらとして帰ろうとしたら、立派そうなお寺。天龍寺。世界遺産でした。
庭と建物の両方を見れるには、拝観料600円。
d0182075_6131755.jpg

d0182075_6175852.jpg
建物の中にはダルマや龍の絵が・・・
d0182075_6135572.jpgd0182075_614590.jpg








庭も立派です。風流な川も流れています。
d0182075_6151380.jpg
裏から出ると竹林。
冬にはライトアップされてきれいな竹林を楽しめます。
d0182075_6193513.jpg

ここから移動して東山方面へ。
d0182075_7182649.jpg
お馴染み、清水寺。
工事中の箇所もありましたが、舞台はきれいに見えました。
そして、知恩院。
d0182075_7194416.jpg
大きなお寺でした。
こちらも本殿は平成30年まで工事とのこと。文化財を修理するのには時間がかかるのですね。

翌日は、宇治へ。
d0182075_721543.jpg
京阪宇治駅近くの宇治橋。
参道を歩いて平等院へ。10円玉の絵の平等院です。
d0182075_7221815.jpg

中にある博物館に昔の鳳凰が展示してあったり、CGで昔の色を再現しています。
出来たときはとても華やかなものだったのでしょう。
d0182075_7235263.jpg
横の建物は小さな部屋しかなさそうな感じです。
そして、近くの宇治上神社へ。こちらも世界遺産と言うので訪ねてみました。
d0182075_7254113.jpg
古い神社形式が残っているということらしいのですが、手水場が珍しかったです。
d0182075_7265166.jpg
本殿は小さな神社です。
d0182075_727349.jpg
こちらは本殿前の建物ですが、砂が盛ってあるのは上賀茂神社と同じでした。
最後に、東福寺へ。三門が特別公開だったので登りましたが、立派な三門。
d0182075_7294056.jpg
ガイドさんから説明を聞いていたら、三門の天井近くの柱に書かれている空想の動物「マハラ」は水を司るらしい。インドではマハラだが、日本ではシャチホコに名前が変わったとのこと。名古屋城などにシャチホコがあるのは、火事にならないように水を司るマハラ(シャチホコ)を置いているからと聞きました。50歳を過ぎてまたまた知る知識。

これで今回の観光は終了。
天気も良く、良い観光が出来ました。
by furaibow581203 | 2012-02-13 06:20 | 遊び | Comments(4)
2月8日(水)
金沢の小松周辺の得意先を訪問して、翌日は福井市を訪問する予定。
福井市に初めて宿泊する。
夜は駅前の秋吉へ。
d0182075_682353.jpg
写真は翌日の朝、店へ行き撮り直したものです。
秋吉は福井が本店で、あちこちにチェーン展開しているお店。
京都にもありますが、福井出身の人に聞くとやっぱり福井の秋吉が良いらしい・・・。
綺麗な店内の二階に案内される。
ビールと焼き鳥を注文。
ここは、5本単位の値段設定になっています。ですから一人ではなかなか大変そうです。
一串は九州の串の半分ほどの量ですが、5本単位ですからこんな感じになります。
d0182075_6132489.jpg
ステンレスの上に並んでいますが、ステンレスは温められているので、冷えないようになっています。なるほど・・・。
お店は満員でした。お客が多いときには2時間で入れ替えにしているとのことでしたが、2時間で次のお客さんが来ました(笑)

翌日のホテル付近。
d0182075_617054.jpg
歩く人の足元に注目。
長靴やブーツで通勤です。こちらでは普通の靴ですと濡れて大変です。
この辺りは融雪の水が流れていますので積雪が少なそうですが、横の通りは・・・
d0182075_6185271.jpg
30㎝以上の積雪の朝でした。
by furaibow581203 | 2012-02-10 06:19 | グルメ | Comments(2)
2月7日(火)
今日は、京都に来てから何度か足を運んだ「まる藤」へ。
ちょっと訳ありの理由での会食でしたが、写真は撮れました。
気に入っているお店なので初公開。
場所は、大和大路を上がって、建仁寺を過ぎ、どんぐり通りと交差する少し手前。
魚が美味しく、値段も京都にしては安いと思います。
今日は5,000円のコース。

藤の字が丸く囲ってあるだけなので、少し分かりにくいかも。でも、隣に「はっとり洋品店」の看板があるのでそれが目印。(朝、撮り直した店の写真に変更しました)
d0182075_633268.jpg

最初に出てきたのは、タケノコとハマグリの煮物。
d0182075_4445539.jpg
先ずは、ビールで乾杯。
そしてお刺身。
d0182075_447177.jpg

器は小さいですが、ブリ、タコ、イカ、マグロ、エビ、カキ他に白身が2種類と種類は豊富。
こうなるとお酒が・・・。  ヒレ酒を注文。
d0182075_4465754.jpg
この器の形がかわいいです。
初めて見たとき今まで飲んだヒレ酒と違った出し方でしたので、すごく印象に残っています。
d0182075_4485197.jpg
次はカモ鍋。
浅い鍋にカモ、ネギ、三つ葉、餅を入れて味わいます。
冬は鍋が温まります。お酒でも十分温まっています(笑)
d0182075_4503656.jpg
これはカニの身を餡で煮込んだようなもの。出された時には覚えていたのですが、忘れました。
あつあつなので冷ましながらいただきます。
更に、フキノトウとタラの白子の天ぷら。今日の料理は春を感じさせます。
d0182075_45251.jpg
もう一品、イワシの煮つけと菜の花。
d0182075_4551347.jpg
最後に、ご飯とお味噌汁。
お腹が一杯になりました。
d0182075_4562024.jpg
初めて来たときに食べたシメサバがすごく美味しく、とても気に入っています。
お店は狭いですが、美味しい店です。


また、美味しいものを食べていると思われますが、今日の昼食は仏光寺の近くの定食屋。
カウンター7,8席ほどの弁当も一緒に売っているお店。「ますや」
d0182075_511363.jpg
メニューはこんなものです。
d0182075_515928.jpg
昔懐かしいナポリタン(450円)にスープ(50円)
d0182075_533978.jpg
普段はこんな食事ばかりです(笑)
by furaibow581203 | 2012-02-08 05:05 | グルメ | Comments(2)