ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2017年 06月 05日 ( 1 )

6月4日(日)晴れ
目が覚めて予報を見たら波が2.5mと高いので、キス釣りを早々に諦めて山歩き。
今日は釣りがダメなら、金山の坊主川の未踏ルートを歩くことに決めていました。昨日の反省から(笑)
バイクで花乱の滝登山口へ。登山口を横切る林道が開通しているかと思って歩き始めましたが、
「行き止まり」の看板がありましたので、引き返して、花乱の滝横からの林道を歩くことにしました。
(ちなみに、この林道を帰りにYAMAPでトレースしましたが、坊主滝登山口方面の半分くらいまでしか通じていません。通じるのもまだまだ先と思われますので、ご注意下さいませ)
d0182075_03231271.jpg
舗装路をテクテク歩きます。朝なので良いですが、日中なら歩きたくないですね。
でも、ユキノシタや
d0182075_03232088.jpg
スイカズラなどの花もあり、何とか退屈せずに歩けます。
d0182075_03232692.jpg
40分ほどで千石の郷の入口まで来ました。
d0182075_03233239.jpg
入口の横から登山口へ向かいますが、入口付近でウツボグサ発見。今年初めて・・・
d0182075_03233929.jpg
右のやや狭い道を歩きます。案内板があるので分かります。
d0182075_03234777.jpg
登山口まであと少しのところで、こちらも今年初めてのアジサイ。
d0182075_03235323.jpg
もう少しすると登山路を賑わせてくれることでしょうが、雨が欲しいですね。
アジサイには雨が似合います。
今日は尾根コースを歩く。登山口に女性が一人で居て、お話しする。
d0182075_03235927.jpg
何でも、ここから金山に登り、椎原峠から下山するそう。

では、登りましょうかねぇ・・・。
尾根コースは傾斜が急なところもあり、途中で鉄塔にも出合い、野河内の鉄塔尾根コースと似たような印象でした。同じ山系ですから、似ているのも当然か・・・。
d0182075_03240610.jpg
26番の案内板がある分岐から源流コースへ。
案内板の横にあった源流コースの表示は外されていました。一般の登山路では無いからでしょうね・・・。
でも、分岐を過ぎると先には赤テープなどはありますので、ご心配なく。
ポンちゃんが名付けたソファー岩に到着。
d0182075_03241353.jpg
ここまでの間、クモの巣など多くて、服にゴミが付着していましたので、落とします。
渡渉したあとに、帽子もきれいにしようとして立ち止まっていたら、キンランを発見。
d0182075_03244130.jpg
この標高でまさかキンランに出合うとは思っていなかっただけに嬉しい!
今日はキンランの咲いた後の確認をするつもりでしたが、咲いたところに出合えました。
そして、気になっていた下の滝から沢沿いに遡上する。
d0182075_03244845.jpg
滝の上には少し広い場所があるのですが、タツナミソウが咲いているくらい。
d0182075_03251072.jpg
沢に沿って歩く方が歩きやすかったので、流れを避けながら登ります。
d0182075_03251731.jpg
大きな滝もなく、登りやすいですが、水量が多いときは難しいかも。
d0182075_03252586.jpg
ミゾホウズキやヒメレンゲ、ミズタビラコが咲いていました。
d0182075_03253430.jpg
段差のある滝では、廻りこんで登ります。
d0182075_03254313.jpg
そしてここで流れが二手に分かれます。
d0182075_03255167.jpg
事前の調べでは、左の方が登りやすそうなので、左の沢を登ることにします。
でも、ここも段差があったり、掴む場所が無かったりで、沢を巻いて登ります。
d0182075_03260141.jpg
ここを登りきると流れも少なくなり、涸れ沢に。
だんだん谷も小さくなり、尾根が現れる。地図を確認しながら登るとササが見られるようになる。
さらに登るとブナの木も。縦走路はもう直ぐ。
d0182075_03261037.jpg
支尾根を登って縦走路へ。金山に少し進んだところの展望所から背振方面をパチリ。
d0182075_03263946.jpg
縦走路に咲いている野の花はタツナミソウくらい。
木の花はベニドウダンや
d0182075_03264604.jpg
ヤマツツジなどでした。
d0182075_03265400.jpg
そうそう、花と言えば、登山口で出会った女性とは縦走路ですれ違いました。
登山路もクモの巣があって大変だったと話してくれました。
一般の登山路も人が少ないんですかね、この時期は。
花も良いですが、ここはブナがやっぱり良い。
d0182075_03270211.jpg
ブナの木立を抜ける風に当たりながら、気持ちよく歩いて、山頂へ。
d0182075_03271158.jpg
番所跡で昼食をと思いましたが、先客が2組居ましたので、下ったところの通称、日本庭園へ
d0182075_03273075.jpg
ここで昼食をいただきましたが、虫が居なくて快適でした。
山頂や番所跡では虫が飛んでいましたので、結果オーライ。
昼食を終えたら、縦走路を西へ。ギンリョウソウが少しだけありました。
d0182075_03273820.jpg
昨年見た縦走路のキンラン、今年は出ていないようで・・・(寂)
アゴ坂峠から下ります。
d0182075_03274997.jpg
狭くて滑りやすい急坂を下ったところにあるイチヤクソウ、まだつぼみでした。
d0182075_03275794.jpg
直登コースとの分岐を過ぎ、登山路脇にあるサイハイラン、今年も会いましたね。
d0182075_03280584.jpg
そして13時20分ごろ下山。

今日、もう一度確認したいと思っていたポンちゃんキンラン、探したところ、ありました!
ひと月前に来た時には気付かなかったのですが、あると思ったポイントの2mほど横に。
d0182075_03283903.jpg
結構、みんなで探したつもりでしたが、意外に気付かないものですね。
昨年よりは花の数が少し少なかったようです。でも、会えて良かったです。

今日の行程
 登山口7時15分→坊主尾根登山口8時19分→源流コース分岐9時3分→縦走路10時26分→
 金山11時7分→日本庭園11時20分~55分→アゴ坂峠12時17分→登山口13時18分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2017-06-05 19:08 | 山歩き | Comments(10)