ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2017年 03月 14日 ( 1 )

3月12日(日)晴れ時々曇り
昨夜のテントでの飲み会、夜が弱い風来坊にガック隊長やポンちゃんが飲みすぎ注意の信号を送ってくれたおかげで何とか撃沈せずに最後まで起きていました。
その分ぐっすり・・・。一度目覚めたものの再び寝て、朝、起こされるまで寝ていました。
こんなことは珍しい。あわてて朝食の準備や片づけをします。

ところで、今日の企画を何でしたかと言うと・・・
昨年秋、久連子から上福根山、山犬切、積岩山を周回したshevaさんのヤマレコの記事を見たのです。
10時間を切るタイム・・・。
これが可能なら九州百名山の未踏の上福根山、山犬切、積岩山、3座を1日で踏破できる!
シブチンの風来坊にとってはとても魅力的でした。ただ、陽が短い時期はちょっと厳しそう。
脊梁の地図で確認するとコースタイムは13時間を超える。
陽が長くなってきた今の時期なら可能かもと計画。
ガック隊長、ポンちゃんも巻き込んで登ることにしました。
さらにポンちゃんが寝太郎さんにも声を掛けてくれたので計4名で歩くことに。
オコバ谷の福寿草(陽が当たらないと開いてくれない)を見たいと言うポンちゃんのリクエストに応えて、shevaさんの記事とは反対の奥座向から積岩山、山犬切、上福根山と時計の反対廻りで周回する計画とした。
そうすればオコバ谷・白崩平の福寿草に陽が当たる時間に間に合うと判断。

久連子古代の里の駐車場は8時から開くらしいが、チェーンがしていなかったのでここに駐車。
計画では岩宇土登山口から歩くつもりでした。
d0182075_18451994.jpg
未だ薄暗い中、準備して6時過ぎに出発。
最初は積岩山登山口方面を目指して歩きます。ヤマメの養殖をしていた名残も。
しばらく登ると・・・
d0182075_18500681.jpg
少し行き過ぎてしまい引き返したら、この案内板がありました。
引き返したのはナビで確認したから。YAMAPのナビが早速、役立ちました(嬉)
ここから入る。
最初はトラバースする。しばらく歩くとネットがある突き当り。
d0182075_18513382.jpg
ここから登りますが、急登が待っています。
d0182075_18520002.jpg
笑いたくなるような急登を登ります。
しばらく登るとようやく緩やかになり、一息つきます。
d0182075_18572867.jpg
でも、少し先から再び急登。でも最初ほどでは無くホッとします。
登って行くと坂の途中で最初のピークである奥座向の標識に出合う。
d0182075_18592607.jpg
ここまで2時間と思っていたのですが、1時間40分で到着。
元気が出ますねぇ。少しでもタイムを縮めるのが今日の課題ですから。
ここから少しずつ標高を上げますが、アセビなどの低木のヤブ漕ぎが待っていました。
d0182075_19084404.jpg
ヤブをクリアして50分で積岩山。今日の目的の九州百名山1座目。
d0182075_19075940.jpg
まだまだ先は長いので、休みもそこそこに歩きます。
次は岩茸山。熊本ではキノコのことをナバと言いますので、読みはイワナバヤマです。
(さも知っていたかのように書きましたが、読み名を見て知っただけです(笑)ナバ=茸は知っていました。)
d0182075_19103057.jpg
岩茸山は昔は積岩山だったようで近くにこんな案内板がありました。
d0182075_19122661.jpg
次は蕨野山ですが、ここからは気持ちの良い縦走路が待っていました。
d0182075_19140107.jpg
そして蕨野山へ到着。
d0182075_19143374.jpg
3時間ほど経過したので、ここで行動食でカロリーを補給。
元気が出ました。
ここまでの道を振り返ると、まだまだ少ししか歩いていません。
d0182075_19205299.jpg
頑張りましょう!
鷹巣山へは40分弱。
d0182075_19215302.jpg
順調です。これなら計画通りいくかと思いました・・・。
先頭は入れ替りで務めます。ここでは寝太郎さんが軽快に先導。
速いので後ろを気にして下さいました。
d0182075_19235026.jpg
先に見えるのがこれから歩く縦走路。まだまだ先にありました。
先は長いと思うのですが、気持ちの良い縦走路に癒されます。
d0182075_19244493.jpg
とっても素敵!
d0182075_19253827.jpg
ねっ!良い感じでしょう?
五木トンネルからの登山路を過ぎると石楠山(しゃくなんやま)西峰に到着。
d0182075_19262671.jpg
そろそろお昼にしたいところですが、もう少し先まで。
石楠山東峰でと思ったのですが、お腹も空いたのでここで昼食。
d0182075_19285257.jpg
少しでも荷物を軽くしようと食べて、荷物は軽くなりましたが、身体がその分重くなり変化無し(笑)
この時点で距離を測ると未だ半分も来ていません。
気合を入れて歩き出す。途中で稜線を見ると大分歩いたのが分かりました。
d0182075_19314812.jpg
でも、まだまだ先は長い。ガンバ!
次の山犬切と思ったところがここ。
d0182075_19325777.jpg
違いました・・・。ちょっとがっかり。まだまだ先でした。
何とか気合を入れ直して登って・・・。
d0182075_19350068.jpg
ドリーネを過ぎるとようやく山犬切の山頂。
九州百名山、2座目をゲット!です。
d0182075_19354722.jpg
南山犬切との表示ですが、山と渓谷社の地図帳ではここが山犬切。
次は七遍巡り。でも、ここ辺りでは疲れがピークに。足が進みません。
こんな形の木を見て気持ちを切り替えます。
d0182075_19371482.jpg
一度折れたのでしょうかねぇ。木の生命力に脱帽。
風来坊も頑張らねば!
そして七遍巡りへようやく到着。
d0182075_19394663.jpg
次の北山犬切までは約1時間。この辺りから想定タイムが怪しくなりました。
何度かアップダウンを繰り返して林道に出合います。
d0182075_19414145.jpg
ここから登り返して、北山犬切への分岐を目指します。
d0182075_19424831.jpg
登っている途中、キツツキの穴を見っけ。撮影して、しばし休憩。
d0182075_19435230.jpg
何とか登り終え、北山犬切へ向かいます。
d0182075_19445073.jpg
そして今日の中では鋭鋒の北山犬切に到着。
地元の方はここを山犬切と言うらしいが、何となく気持ちは分かりました。
d0182075_19453263.jpg
ここで登りはほぼ終わりと思っていたのですが、間違いでした・・・。
でも、景色は最高。国見岳もきれいに見えて満足。
d0182075_19464328.jpg
分岐に戻り、今日歩いた稜線を確認。
d0182075_19483649.jpg
残すはいくつかのピークがある福根山。
先ずは下福根山へ。
d0182075_19500777.jpg
ここから尾根が狭くなります。
d0182075_19503559.jpg
中福根山へは道を少し間違えヤブ漕ぎ。
結構大変でした。手前で右に巻かないといけなかったようでした。
苦労して中福根山へ。
d0182075_19520021.jpg
ここから急登になり、ヘロヘロ。
前福根山と思われるピークで今日歩いた稜線を再確認。
右から歩いてきました。3枚に分けて撮影。
下の写真の右端の斜めの尾根を登り、左(東)に進み
d0182075_19535108.jpg
ずーっと、左に歩きます。
d0182075_19540856.jpg
そして北に進路を変えて、歩いたのです。
d0182075_19542717.jpg
人間の歩くスピードは侮れませんね。休まず歩けば何とかなります。
ここからは「もう少し」とポンちゃん。
風来坊は何度もあと少しと言い続け、ガック隊長の顰蹙を買いましたが、本当にあと少しでした。
上福根山(1645m)に到着。今日、九州百名山では3座目。
d0182075_19555534.jpg
全体では15座目のピーク。
山頂のマンサクは一つだけ開いていた。代わりばんこに撮影します。
d0182075_20025829.jpg
でも、今日の最初の花で癒されました。
時間が厳しくなりましたので、岩宇土はパスすることにしました。
あとは下るだけ。
ここからポンちゃんが先導。激下りの始まり。
d0182075_20021775.jpg
1時間のところを半分で通過、さらに下ります。
d0182075_20043846.jpg
そして、ようやくオコバ谷を下り、白崩平へ。
福寿草、間に合いました!
d0182075_20053804.jpg
d0182075_20055108.jpg
白崩平からみた風景です。
d0182075_20063473.jpg
あとはゆっくりと下るだけ。
d0182075_20072347.jpg
途中の沢で泥まみれの登山靴の泥を落として、下山します。
d0182075_20081393.jpg
ここからは林道。
ようやくのんびり出来ました。そして舗装路へ。
d0182075_20091685.jpg
15分ほど歩くと、古代の里。
何とか17時に間に合いました。
d0182075_20100925.jpg
荷物を片付けて、ポンちゃんが用意してくれたノンアルで乾杯!
d0182075_20110047.jpg
乾杯した後、スタッドレスの寝太郎さんは二本杉峠経由で帰るのですが、ノーマルタイヤの風来坊は県道25号経由で帰りますのでお別れの挨拶。
今日はお付き合いいただき、ありがとうございました。

想定していたよりは時間がかかりましたが無事に踏破。
雪が残っていたので歩きにくかったのも影響したかも知れませんが、雪が無くても時間は余り変わらないかも。
4人で歩いたので、この時間で歩けたと思っています。一人なら挫折したでしょう・・・と言ってもエスケープ出来るのがほとんどないので歩き通すしかないのですが・・・。
ここを歩くのは気温が低くて、陽が長い時期が良いと思います。
単独よりは少人数の複数が良いでしょう。大人数もそれはそれで大変と思います。
なだらかながらもピーク数が多いのでアップダウンも多く、ハードなコースです。

ヤマップはこちら→



by furaibow581203 | 2017-03-14 03:09 | 山歩き | Comments(22)