ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2017年 03月 05日 ( 1 )

3月4日(土)晴れ
井原山、背振山と続いたので、今日は久し振りに金山に登ろうと決めていた。
コースは10年近く前に歩いただけの坊主ヶ滝から登ろうと。
そんなところへポンちゃんから「明日はどこへ?」のお尋ねメール。
「坊主ヶ滝から金山のつもり」と応えると一緒に歩くとのお返事。
ならばと、隊長にもお誘いのメールを送り、了解をいただいた。
ルートをもう少し詳しく調べたら、坊主ヶ滝コースから西山方面へ登っている人もいるよう。
ポンちゃんに地図を取り込んでいただき、当日、登りながら判断することにした。
水源池バス停で待ち合わせ。
ここに車を2台デポし、隊長の車で坊主ヶ滝登山口近くの林道に駐車。
ここを8時過ぎに出発。5分ほどで坊主ヶ滝登山口へ。
d0182075_03454388.jpg
登山口には簡易トイレも設置してあります。では登りましょう!
すると3分ほどでこんな景色に!!
d0182075_03470758.jpg
林道工事が行われています。
橋の奥には坊主ヶ滝が見えます。以前はもっと山深い場所にあった印象でしたが・・・。
土曜でしたが、工事は行われ、コンクリートミキサー車も。
工事を横目に、坊主ヶ滝へ。
d0182075_03493722.jpg
滝の右横から狭い斜面へ取付き、登ります。クサリ場など変化があって面白いが、慎重に。
最初は沢沿いに進むが、小屋が見えるところからは沢から離れ尾根へと登ります。
d0182075_03513775.jpg
これが結構な急登。話すふりをしながら休み休み登ります(笑)
登山口から40分ほどで坊主ヶ滝尾根コースへ合流。
d0182075_03541490.jpg
尾根コースは踏み跡もしっかり。でも途中、上の写真のようなところもあります。
20分ほど進むと分岐。
d0182075_03551273.jpg
坊主川源流コースとあります。
ポンちゃんにYAMAPで取り込んだ地図を確認してもらうとこのコースで行けそう。
ならば行ってみましょうかと難路と書いてある左へ足を進める。
d0182075_03565926.jpg
ご覧のように踏み跡は最初はしっかりしている。1人だとためらいますが、3人ですので心強い。
d0182075_03581240.jpg
直ぐにロープが張ってある渡渉地点に着くが、水量が少なく、難なく渡れます。
赤テープを確認しながら進みます。思ったより難路では無いなと思いながら歩くと・・・。
d0182075_03595537.jpg
割と広めの明るい谷で思っていたより気持ち良い。
3人とも満足しながら歩きます。来て良かった・・・。
ポンちゃんが気づいたこの滝もなかなか良い感じ。
d0182075_04013394.jpg
源流コースですので渡渉を何度かしますが、道もしっかりしています。
草が無いから歩き易いのかも知れませんね。
d0182075_04024281.jpg
だんだん沢が小さくなり、沢から離れてくると源流地点と思われるところへ到着。
d0182075_04034207.jpg
ここから少し先の急登を登ると西山への登山路の鞍部に出合う。
d0182075_04044603.jpg
意外に歩き易い道でしたが、水量が多い時期や草が多い時期は気をつけなければと思います。
ここから西山へ。地図があったので西山へは少しヤブ漕ぎして(笑)
d0182075_04064988.jpg
ポンちゃんは西山は初めてとのこと。喜んでいただきました。
ここで少し休んで金山を目指します。
今度はちゃんと登山路を歩きますが、西山の周囲も以前よりは歩かれているようです。
あちこちに手作りの標識がありました。いつか地図を持ってチャレンジしたいと思います。
ポンちゃんにYAMAPの使い方を教えてもらうと何となく欲しくなりました。便利そう。
でも、ポンちゃんのように使いこなせるか・・・。多分無理かな(笑)
西山から縦走路へは100mちょっと登ります。これが結構堪える。
d0182075_04121978.jpg
でも、周囲の景色も登るにつれて明るくなり、なかなか良い。
そして縦走路に合流。
d0182075_04132285.jpg
ここからは慣れ親しんだ縦走路です。今日は風も無くとても気持ち良い。
d0182075_04140887.jpg
マムシ注意の看板がある展望台で背振方面を。今日は霞んで遠望は無し。
d0182075_04153096.jpg
少し進むと今度は金山がきれいに見える場所へ。
d0182075_04160191.jpg
そしてブナ林の縦走路を堪能。
d0182075_04163253.jpg
縦走路を50分ほど歩いて金山へ到着。先客も居ました。
d0182075_04172457.jpg
山頂から少し引き返した陽だまりの場所で昼食。食後のココアも楽しみました。

帰りは昨年3人で歩いた秘密の場所の自然観察。
d0182075_04185493.jpg
お二人のGPSに記録が残っているので探せましたねぇ・・・。
無事に観察も終えて、花乱の滝へと下ります。
d0182075_04201287.jpg
最後はまだ行ったことが無いと言うポンちゃんと花乱の滝へ寄り
d0182075_04205921.jpg
水源池バス停に戻りました。今日のこのコースで休憩込み7時間近く。
なかなか面白いコースでした。お気に入りになりそう。
(記事を書いた後に、調べていたら2009年12月6日に三瀬峠から金山、西山、坊主川源流コースを肉まんさんに案内していただいていました。記事を見ても覚えておらず、風来坊の記憶がいかにいい加減かを再認識いたしました。したがって未踏ルートではありませんでしたが、記憶的には未踏でしたのでタイトルはそのままにしています。お許しを・・・)

隊長、ポンちゃん、お付き合いいただきありがとうございました。
自然観察も出来て、満足しました!
ショウジョウバカマの群生地、落ち葉に覆われて目立ちませんが、芽は大きくなっています。
d0182075_04234994.jpg
エビネも生きています。
d0182075_04241709.jpg
ワサビは葉は小さいですが、これから大きくなるのでしょうね。
d0182075_04245835.jpg
改めて背振の自然の豊かさを感じた一日でした。

今日の行程
 林道駐車スペース8時12分→坊主ヶ滝登山口8時18分→尾根コース合流9時1分→分岐9時21分
 →西山登山路分岐10時7分→西山10時21分~25分→縦走路出合11時3分→金山11時51分~12時23分
 →アゴ坂直登分岐13時30分→花乱の滝登山口14時20分→水源池バス停14時59分



by furaibow581203 | 2017-03-05 04:29 | 山歩き | Comments(14)