ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2016年 05月 22日 ( 1 )

5月21日(土) 晴れ
20日出張で東京へ。折角なので山歩きを計画。
この時期は丹沢のシロヤシオが楽しめるのではと丹沢を選択。
以前からシロヤシオはぜひ見てみたいと思っていました・・・。
仕事を終えてから、小田急小田原線の渋沢駅へ向かう。
素泊まりなので駅付近で夕食を済ませて、翌日の食料など買い込んで大倉山の家へ。
暗くなった大倉バス停に着いたら、若い男性から声を掛けられる・・・???
何でも広島から百名山を登りに来たらしいが、駐車場が無くて困っているらしい。
大倉山の家へ電話するついでに聞くと、敷地内に停めてくれるとのことなので一緒に山の家へ。
広島の若者は駐車代1,000円で泊ることに。トイレも使えそうで良かったですね。
風来坊は一泊3,000円の山の家でしたが、風呂に浸かってビールを飲んで寝れたのは良かった。
でも、飲み足りなかったか、早くに目が覚めてしまった・・・。
適当に準備して3時半にはいつでもスタート出来るようにしていましたが、いかんせん暗い・・・。
ようやく白み始めた4時15分に山の家を出発。
d0182075_3113257.jpg
背広などは山の家に置いたままで出掛けます。事前にお願いしていました。戻ったら、山の家で着替える計画。
舗装路を進んでいくと登山口。
d0182075_3134224.jpg
最初は植林地を登り、その内植林と自然林が混ざってくる道を登ります。
30分ちょっと登ると見晴茶屋。
d0182075_315441.jpg
ようやく日が差してきました。
ここを過ぎると大倉尾根、またの名をバカ尾根の始まり。
d0182075_3161279.jpg
さすが東京に近いだけあって登山路は整備されています。しかも広い。
d0182075_3164488.jpg
でも、登り一辺倒ではなく途中平坦なところがありますので、それほどきつくない。
バカ尾根のネーミングは可哀そうです。
キンランがあったのは嬉しかった。きつさも和らぎますね。
d0182075_3175072.jpg
平坦な道の様子です。
d0182075_3193284.jpg
登山路脇を見ているとキンランかギンランらしいのが結構ありましたので、これから楽しめるだろうと思っていたらギンランにも遭遇。
d0182075_3204112.jpg
そして歩き始めてから1時間30分強で堀山の家。
大倉尾根にはあちこちに小屋がありました。やっぱり東京に近いだけのことはあります。
d0182075_3212810.jpg
ここを過ぎると再び登りが始まります。
d0182075_3215313.jpg
登りが続きますね・・・。
d0182075_3222320.jpg
足元の草花を探していたら、これは風知草では?
d0182075_323236.jpg
家で育てているのは斑入りの園芸種ですが、こちらは多分自然の風知草と思います。
登って行くと木が低くなり、展望が晴れてきます。振り返ると・・・。
d0182075_3243643.jpg
ここから少し登ったところが花立山荘。こちらの裏のトイレを使わせていただきました。
d0182075_3252911.jpg
丹沢の登山路はトイレが整備されていてとても良い。100円の利用料は安いですね。助かります。
展望があるのですが、残念ながら霞んでいて富士山は見えず・・・。
今日は遠望より近くの花を楽しみましょう。ようやくミツバツツジがあらわれはじめました。
d0182075_328889.jpg
そして塔ノ岳も見えました。
d0182075_329771.jpg
ここからは登りもきつくありません。
d0182075_3293552.jpg
ミツバツツジを楽しんで
d0182075_3295570.jpg
d0182075_330586.jpg
出発して3時間弱で塔ノ岳到着。
d0182075_3305734.jpg
さすがに人は少ないがそれでも何人かいるのはさすが首都圏の山ですね。
山頂にはネットの中にレンゲツツジもありました。
d0182075_331574.jpg
休憩もそこそこに丹沢山へ向かいます。
少し北斜面を下って行くと・・・。シロヤシオです!
d0182075_3324438.jpg
丹沢方面とシロヤシオを写してみました。
シロヤシオはゴヨウツツジとも言われますが、確かに葉が5枚ありますね。
d0182075_3335110.jpg
ミツバツツジもあるのですが、この辺りはシロヤシオが満開。
d0182075_3343122.jpg
とても良い・・・。
d0182075_3345735.jpg
あとで聞いたら昨年は花がイマイチだったらしいのでラッキーでした。
下るとミツバツツジが満開なのですが・・・。
d0182075_335573.jpg
シロヤシオが満開のところではまだまだでした。
d0182075_3363032.jpg
でも、良いですね。
d0182075_3365288.jpg
今日はシロヤシオが目当てでしたので大満足です。
丹沢山までの縦走路には足元にもかわいい花がありました。
d0182075_3391310.jpg
最初開く前のを見た時にはサバノオ?とも思ったのですが、日差しを浴びて開くと違います。
帰ってから調べたらツルシロカネソウ。先ほどのはめしべがピンクでしたが、白のもあります。
咲いてからの日数経過で変化するのでしょうかねぇ・・・。
今日は縦走路以外の登山路にも沢山ありました。
d0182075_34056100.jpg
他にはクワガタソウや
d0182075_3411683.jpg
マイヅルソウ。
d0182075_3414225.jpg
ツクバネソウやワチガイソウもありました。思っていたより花が多かったです。
塔ノ岳から1時間ちょっとで丹沢山へ。
d0182075_3425557.jpg
まだ8時過ぎですが、朝食は2時過ぎに食べたのでお腹が空きました。パンをいただきます。
今日はピストンするつもりでしたが、時間も早いので鍋割山に廻ることに。
まずは塔ノ岳へ引き返します。
d0182075_3451339.jpg
塔ノ岳は丹沢山より100mほど低いのですが、それほど低く見えませんでした。
シロヤシオは塔ノ岳の北斜面に多いのですが、縦走路にもあります。
d0182075_3465216.jpg
それを楽しんで歩きますが、やっぱり北斜面のシロヤシオがきれい。
d0182075_3473194.jpg
最後にもう一枚。
d0182075_3475345.jpg
塔ノ岳に戻ったらやっぱり人が増えていましたね。
大倉尾根を少し下りましたが、登ってくる人、人、人。
鍋割山への道にそれると人は少なくなりました。
d0182075_3493414.jpg
ミツバツツジやツルシロカネソウなどを楽しんで歩きましたが、これは何でしょうね?
d0182075_3502372.jpg
葉っぱはミツバツチグリに似ているのですが、分かりませんでした。(もしかしたらシロバナノヘビイチゴかも)
塔ノ岳から1時間弱で鍋割山へ。
d0182075_3513083.jpg
こちらに来ると結構人が増えてきた。予想外。
展望を楽しんでから下ります。
d0182075_3522246.jpg
下って行くとヤマツツジが。
d0182075_3524647.jpg
今日は、色々なツツジを楽しめて良かったですね。
鍋割山からの下りは結構急。大倉尾根の方が歩き易いのではと思いましたが、こちらを登ってくる人も多い。
d0182075_3541118.jpg
すれ違いながら下って行ってようやく沢に出ました。
d0182075_3544369.jpg
ここからは6km弱の林道歩き。西山林道って言うらしい。ようやく林道が終わりましたね。
d0182075_356539.jpg
ここから一旦植林地を歩き、大倉に帰ります。歩き始めて8時間。
山の家に帰ったら、昨日の広島の若者が帰っていて広島に帰る準備をしていました。声を掛けてお別れ。
風来坊は山の家で汗をタオルで拭き、背広に着替えて、バスで渋沢駅へ。
駅前の地元の人気店「阿闍梨」で一番だしラーメン(700円)をいただく。
d0182075_358587.jpg
羽田で帰りの飛行機を眺めながらビールを。
d0182075_359264.jpg
こちらは昨夜の「なんつッ亭」のマー油ラーメン。元々は熊本ラーメンだそう。
d0182075_412535.jpg
渋沢では阿闍梨とこの店がダントツの人気らしい。
山とラーメンを堪能出来ましたね(笑)。秦野を満喫。
4月初めに峰入りのために一度は捨てた丹沢山(笑)でしたが、かえって良い時期に登れました。

今日の行程
  大倉山の家4時15分→堀山の家5時47分→花立山荘6時26分→塔ノ岳7時7分→丹沢山8時12分~23分
  →塔ノ岳9時19分→鍋割山10時12分→大倉山の家12時16分
by furaibow581203 | 2016-05-22 04:02 | 山歩き | Comments(10)