ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

2015年 07月 27日 ( 1 )

7月25日(土) 晴れ
先週は台風11号の影響で北岳・間ノ岳を諦めた…。
先月の斜里岳棄権に続き、期待していた夏山の遠征が思うようにならない。
今回の遠征は、夏山のトップシーズンなので人気のアルプスや八ヶ岳を避けて、妙高連峰の火打山に登ることにした。そして、秘境と言われる秋山郷に泊まり、翌日は苗場山に登る計画。当初は、妙高山に登ろうと思ったが、火打山のほうが花が多いとの情報で、火打山に変更した。
今週も週半ばまでは台風12号の影響が心配されたが、何とか大丈夫そうになり、ほっとした。
金曜日、本社での仕事を終えて東京から長野へ新幹線で移動。長野駅でレンタカーを借りて妙高高原へ。
事前に調べた休憩所はトイレは閉鎖されていたが、暗くて探すのが面倒なのと早くビールを飲みたかったので、そこで車中泊することにした。
翌日、近くのコンビニのトイレを借りて用を済ませて、笹ヶ峰登山口へ行く。
薄暗い路を走り、登山口駐車場に到着。駐車場は広く、トイレもある。
ここで車中泊しても良かったかも知れないがコンビニのトイレのほうがきれいかも。
準備運動をして、4時46分登山届を出しゲートをくぐって登山開始。
d0182075_7105573.jpg
最初はブナが混じる自然林の中を歩く。木道がきれいに整備されていて歩きやすい。
d0182075_711188.jpg
40分ほど歩くと黒沢橋。
ここで十日市から来た方に追いつかれ、少しお話しした。
話の後、お二人は風来坊より先にどんどん進んでいきました。
d0182075_711872.jpg
橋を渡って少し進むと十二曲が始まる。案内板が設置されています。
d0182075_7111429.jpg
結構大変な登りかと心配しましたが、それほどでもなく10分ちょっとで登り切ります。写真のような登りです。
d0182075_7112229.jpg
登りきる前に木の隙間から北アルプスが見えた。今日は天気も良さそうです。
d0182075_711298.jpg
登山口付近ではツクバネソウを見かけたがそれ以外ではズダヤクシュの花が終わったものが多かったのだが、十二曲を過ぎると花が増えてきた。
先ずはマイヅルソウ。
d0182075_7113593.jpg
他にはゴゼンタチバナもありました。
そしてキヌガサソウ。
d0182075_7114145.jpg
さらにエンレイソウ。
d0182075_7114758.jpg
黄色のオオバミゾホウズキも増えてきます。
d0182075_71157100.jpg
極めつけが風来坊の好きなサンカヨウ。
サンカヨウの花は純白で清楚という言葉がぴったりと思うのです。
d0182075_712974.jpg
まだまだ花が出てきます。ミツバオウレン。
d0182075_7121984.jpg
何とショウジョウバカマもありました。
d0182075_7122877.jpg
イワカガミに
d0182075_7123772.jpg
ツマトリソウ。
d0182075_712466.jpg
花がどんどん続きますので登りが辛くありません。
気付くと木が低くなっていました。少し進んだところが富士見平。富士見平まで1時間50分ほど。
d0182075_712549.jpg
先月摩周岳で見かけたズダヤクシュ。今回はきれいに写せました。
d0182075_71319.jpg
富士見平からは登りらしい登りはありませんが、下がぬかるんでいて歩きにくい。
でも花はあって楽しませてくれます。
下ばかり見ていましたが目を上げると火打山の姿が見えてきました。まだまだ遠いですね。
d0182075_713963.jpg
葉っぱの感じで多分モミジカラマツ。
d0182075_7131687.jpg
アキノキリンソウ?も。
d0182075_7132369.jpg
本当に退屈しません。2時間半ほどで高谷池ヒュッテが見えてきました。
d0182075_7133045.jpg
ここから先はしばらく湿原の風景と花が楽しめます。
d0182075_7133746.jpg
コバイケイソウに
d0182075_7134561.jpg
ミズバショウもありました。遠かったのでズームで写しましたが何とか撮れていました。
d0182075_7135364.jpg
ヒュッテの方を振り返るとこんな感じ。
d0182075_714053.jpg
さらに足を進めるとハクサンコザクラ。かわいいです。
d0182075_714974.jpg
雪も残っていて久し振りに雪の感触を味わえて満足。
d0182075_7141625.jpg
ヨツバシオガマに
d0182075_7142622.jpg
ハクサンチドリ。
d0182075_7143579.jpg
クルマユリもありました。
d0182075_7144384.jpg
そして天狗の庭。
この近くの池に映った火打山の写真が良く紹介されていますが、今日は風が強くてダメでした。
d0182075_7145045.jpg
まだまだ花は続きます。ワタスゲの群落。
d0182075_7145888.jpg
イワイチョウも咲いています。
d0182075_715922.jpg
湿原を過ぎるとヤマハハコに
d0182075_715219.jpg
ヒメシャジン。ヒメシャジンは群落になっているところもありました。
d0182075_715305.jpg
ミヤマホツツジのメシベのくるりんが何となくユーモラス。
d0182075_71538100.jpg
振り返ると妙高山(写真左奥)が近くに見えます。
d0182075_7154830.jpg
ヤマオダマキに
d0182075_7155637.jpg
ミヤマオトコヨモギ。
d0182075_716471.jpg
エゾシオガマも。
d0182075_7161282.jpg
そしてウメバチソウ。九州では秋の花もこの時期に楽しめます。
d0182075_7162015.jpg
次からは黄色の花五連発。トップバッターはミヤマコウリゾナ?
d0182075_7162922.jpg
マルバダケブキ。
d0182075_7163795.jpg
オタカラコウ。
d0182075_7164579.jpg
ミヤマキンポウゲに
d0182075_7165361.jpg
締めはウサギギク。
d0182075_717031.jpg
次はネバリノギラン。
d0182075_7171055.jpg
山頂直下まで花の連続。
そして登山口から4時間弱で火打山(2,462m)山頂。
風が強い。登っている途中で会った人は立って居られないくらいとおっしゃっていたが少し弱まってきたよう。
それでもなかなかの風が吹いています。
d0182075_71717100.jpg
今度は展望を楽しみます。
手前の影火打、焼山の奥には北アルプス。
d0182075_717248.jpg
北アルプスの南側には槍ヶ岳が見えます(写真はズームアップしています)
d0182075_7173378.jpg
そして富士山も見えました。
d0182075_7174163.jpg
北側には日本海も。
d0182075_7175357.jpg
日本の主な山々を堪能出来ました。
景色を楽しんでいたら体が冷えてきましたので下山します。
d0182075_718180.jpg
帰りも同じ花を楽しみながら下り、天狗の庭近くに戻ってきました。
風がなければ逆さ火打山が見れるのですが、残念。
d0182075_718976.jpg
湿原の景色も良い。ハクサンコザクラの群落。
d0182075_7181937.jpg
足元にはアオノツガザクラ。
d0182075_7182620.jpg
ミヤマキンバイも。
d0182075_7184758.jpg
高谷池からのぬかるんだ道を歩いて帰ります。
この頃には登ってくる人とかなりすれ違いました。皆さん、花を楽しみに来ているようです。
火打山、さようなら。また訪れたい山になりました。
d0182075_7185519.jpg
そして大好きなサンカヨウにもさようなら。
d0182075_719390.jpg
十二曲まで来るとぬかるみも少なくなります。
d0182075_7191416.jpg
下って黒沢橋手前の沢の水で熱くなった頭を冷やしました。
d0182075_7192223.jpg
再び林の中を歩き、12時過ぎに下山。大満足の火打山登山でした。
d0182075_7193252.jpg
今日は花の写真をたくさん載せましたが、写真以外にもベニバナイチゴ、ゴゼンタチバナ、タニキキョウ、ヒメウメバチソウ、タカネニガナなど本当に多くの花に出会えました。

今日の行程
  登山口4時46分→黒沢橋5時28分→十二曲(5時38分~50分)→富士見平6時37分
  →高谷池ヒュッテ7時18分→天狗の庭7時35分→ライチョウ平8時10分→山頂8時39分~56分
  →天狗の庭9時47分→富士見平10時41分→黒沢橋11時39分→登山口12時8分

ここから秋山郷へ移動するのですが、少し寄り道して飯山の富倉そばをいただくことにします。
富倉地区にある「はしば食堂」
d0182075_7194230.jpg
店内は民家の居間にテーブルを置いただけのシンプルなつくり。
d0182075_7195219.jpg
座るとおかずが出てきます。山菜を調理したもの。
普通は1テーブルにセットで出てきて200円だそうですが、風来坊は一人でしたので写真の分で100円。
これをつまみながらお茶をいただきます。
d0182075_720026.jpg
そして富倉そば(800円)。
戸隠のボッチ盛りに少し似た感じの盛り付け方です。
オヤマボクチの葉の繊維をつなぎに使っていますのでつるつるっとした食感。汁はやや甘めでした。
以前、松本に居たときに食べれなかった富倉そばをいただけて満足。
d0182075_720981.jpg
そして秋山郷へ。15時過ぎに今日の宿、苗場荘に到着。
ビールを飲んで近くの小赤沢の温泉で汗を流しました。
18時から夕食。再びビール(笑)
おかずの品数が多い。まずはイワナの刺身。
d0182075_7201681.jpg
天ぷらはマタタビやドクダミの葉もありましたが、美味しかったです。
ドクダミの葉は天ぷらにすると独特の匂いがしないのに驚きました。
d0182075_7202539.jpg
鍋は鹿肉を炊いた感じ。
d0182075_7203424.jpg
イワナの塩焼きも出てきて
d0182075_720444.jpg
最後は山菜ごはんとお味噌汁。
d0182075_7205146.jpg
大満足の夕食でした。日本酒も苗場山という地元らしい銘柄をコップで4杯(1杯250円、安かった!)
昨夜が車中泊であまり寝つけなかったので、その分までたっぷりと寝ました・・・zzz
by furaibow581203 | 2015-07-27 07:20 | 山歩き | Comments(12)