ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

八方ヶ岳(熊本県山鹿市)

11月4日(土)晴れ
昨日から家内の実家の菊池に帰っていました。
片づけを手伝わねばいけないのですが、遠慮があって風来坊は粗大ごみ状態・・・。
邪魔になるなら、いっそのこと山へ(笑)
で、菊池の代表的な山の一つの八方ヶ岳(もう一つは鞍岳)へ登ることにしました。
朝、そっと起きて矢谷渓谷キャンプ場へ。
もう少し先まで行けるのですが、時間があるので手前から歩きましょう。
d0182075_18521404.jpg
7時10分過ぎに閉鎖されたキャンプ場の中へ。
橋を渡り、受付の事務所の裏から登山路へ。沢沿いの道を歩きます。
ここのキャンプ場の名物と思われる滝すべり。
d0182075_18533172.jpg
奥に滝が流れています。
歩き易い道を進むと舗装路に出会う。右に進んだところに分岐。
d0182075_18550869.jpg
初めて来た時はここの右のスペースに駐車しました。ここは左に歩きます。
舗装路を登って行くと登山口。
ここまで車で来れます。6、7台ほど駐車可能。
d0182075_18563496.jpg
ここからも沢沿いの道。薄暗い道を歩きます。
階段状の滝が良い感じ。
d0182075_19000698.jpg
その次には女滝、子滝とありましたので、男滝だったかも。
登山路は整備されています。手作りの柵。
d0182075_19013732.jpg
そして木のハシゴがある場所。
d0182075_19031019.jpg
ハシゴが濡れて滑りそうなので少し怖い。左横の岩場を登りました。
登ったら、水神。
d0182075_19041979.jpg
美味しそうですが、まだ喉は乾いていません。
沢が枯れて来て、そのまま谷を登って行くと穴川分岐。
d0182075_19093201.jpg
ここからは尾根沿いの道に変わります。
この付近からの紅葉が良い感じ。
d0182075_19103852.jpg
光が無いので鮮やかでは無いですが、雰囲気が何とも言えません。
d0182075_19113228.jpg
少し展望が開けた場所からの写真。だいぶ色づいています。
d0182075_19144514.jpg
二度目のハシゴ。最初のは腐っていそうだったが、ここは大丈夫そう。
使わせていただきました(笑)
ここをクリアしたら、すぐ上にコマ岩。
d0182075_19382386.jpg
コマが斜めになっているのが良く分かります。良く名付けましたね。
標高が高くなって、日が差し始めました。日が差すときれいです。
d0182075_19395622.jpg
先日は黄色が目立ちましたが、今日は赤もありました。
d0182075_19414090.jpg
紅葉を楽しみながら山頂へ。そして山頂。2時間弱。
d0182075_19422626.jpg
晴れていますが、少し霞んで展望は今一つ。
10分ほど居たら、下山開始。
d0182075_19434346.jpg
下山路の分岐までは日が差して紅葉が良い。でも、分岐からは日陰になり・・・。
植林地をジグザグに下ります。
d0182075_19450952.jpg
しばらく下ると、蟹足岳分岐が。
d0182075_19461639.jpg
先日信ちゃんのブログを見るまでこの道があるのは知りませんでした。
今日初めて歩きます。
(ここから先は経験者が良いと思います。特にカニのハサミ岩からの下りが大変なので。)
踏み跡があるので何とか分かる道を進むと再び分岐。
d0182075_19475201.jpg
ここは蟹足岳を目指して右に。
d0182075_19544983.jpg
そして、蟹足岳山頂。展望は無い。
d0182075_19553971.jpg
ここから先に行けそうなので行きましたが、下りで道迷いして、戻って引き返す。
分岐まで引き返して、カニのハサミ岩へ歩きます。(その方が良いと思います)
そしてハサミ岩へ登ります。
d0182075_19595414.jpg
この取付きが厳しそう。でも、手入れしたあとと思われるので登れます。
木の枝に静かにをかけて登りましたが、風来坊の体重までは大丈夫でした。(体重は秘密)
そしてカニのハサミ岩へ。八方ヶ岳がきれいにみえます。
d0182075_20022830.jpg
先端はこんな感じ。朝見たところに来たのです。(奥がハサミ岩でしょう)
d0182075_20031925.jpg
では、下山しましょう。
ここからの下りは激下り。ロープがありますが、道なき道を下る。
(ロープが無いと道が分からないでしょうね)
ようやく林道が見えたらホッとする・・・。
d0182075_20052229.jpg
あとはそのまま歩いて、キャンプ場へ。
d0182075_20055180.jpg
今日は花はほとんどありませんでしたが、マツムシソウが山頂で残っていて。
d0182075_20064652.jpg
他にも花のあとなど見れて良かったです。
明日は英彦山に行くぞ!

今日の行程
 キャンプ場7時12分→登山口7時33分→穴川分岐8時25分→山頂9時12分~12分→
 蟹足岳分岐9時58分→蟹足岳10時13分→カニハサミ岩10時34分→キャンプ場11時24分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2017-11-04 18:30 | 山歩き | Comments(10)
Commented by ポンちゃん at 2017-11-04 22:15 x
こんばんは、風来坊さん
粗大ごみ状態?作戦?確信犯?^^;
矢谷渓谷キャンプ場、子供とキャンプに行ったことがあり懐かしい場所です。
「はなのあと」分かりますよ~
私も昨日「はなのあと」を見つけましたから~
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-11-04 22:29 x
風来坊さん、こんばんは。
粗大ごみ状態?いえいえそんなことはないと思いますが・・・(笑)
あの取りつきは怖かったですよ~
そしてあの激下り、ロープがあるからルートもわかりますが・・・
そのまま下っていきそうでした。
Commented by 風来坊 at 2017-11-04 23:22 x
ポンちゃん、こんばんは!
家内の実家ではなかなかすることも無く・・・。
山に行くのが一番でした(笑)

ホークス、優勝して良かったです!
矢谷渓谷、楽しそうでしたので、孫が出来たら行こうかな(笑)
多分、無理かも・・・。
Commented by 風来坊 at 2017-11-04 23:26 x
こんばんは、信ちゃん。
レポを詳しく読まずに、ハサミ岩行ってしまったと思いました。
蟹岩岳からは行けずに引き返し・・・。
何とか行けました。
ハサミ岩でのポーズ、一人でしたので撮らずに済んで良かったです。
よくまぁ・・・、行かれましたね。下りはもっと大変でしたが。
Commented by tinnan1515 at 2017-11-05 15:01
風来坊さん、こんにちは。
九州百名山の八方ヶ岳に登られたのですね。
私は未だに未踏ですのでいつかは登らなくては思うばかりです。
青空と紅葉、そして山頂に咲いていたマツムシソウ見頃でしたね。
Commented by へこさん at 2017-11-05 21:54 x
風来坊さん、今晩は。
八方ヶ岳が地元の山とは、しかもマツムシソウがまだ見れるとは、驚きです…羨ましく感じます(#^.^#)
怖いもの見たさでカニのハサミ岩を一度は…
と思いますが、とても許可が出そうにありません。

ホークス日本一、やりましたね👊
Commented by 風来坊 at 2017-11-06 00:58 x
うすきハッピーリタイアメントさん、こんばんは。
八方ヶ岳、今度が三回目でした。
いづれも矢谷渓谷からの歩きで、今回は違う登山口からと思ったのですが
カニのハサミ岩へ行ってみようと思って、同じところからにしました。
初めて行くなら、矢谷渓谷からが面白いと思います。
その内、一度はぜひ!
Commented by 風来坊 at 2017-11-06 01:11 x
へこさん、こんばんは。
八方ヶ岳、家内の地元の菊池の人は一度は行っているようです。
登山口は違うようですが・・・。
>怖いもの見たさでカニのハサミ岩を一度は…
取付きの木の階段がしっかりとしているなら大丈夫と思います。
私の体重を支えてくれましたので(笑)
>ホークス日本一、やりましたね👊
ありがとうございます!昨年のうさを晴らせました!
Commented by けいこたん at 2017-11-06 22:45 x
風来坊さん、こんばんは。
八方ヶ岳、うなるばかりです。
う~~む、う~~む、難しそうです。
九州百名山、う~~む。
奥様のご実家で所在ないというのは、ご両親がお元気だということで、それはとてもいいことですね。
Commented by 風来坊 at 2017-11-07 00:59 x
けいこたん、おはようございます。
>八方ヶ岳、うなるばかりです。
カニのハサミ岩に行かなければ、難しくはありません。
もしくは、蟹足岳で引き返して、従来の登山道を周回するのは安全策ですね。
家内の実家、義母が住んでいて何とか元気にしていますが、
だいぶ齢ですので、家内や娘が時々手伝いに行っています。
今回は何か手伝いでもと思って参加したのですが、役に立てず・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード