ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

ガスの背振山(福岡市早良区)

7月8日(土)曇りのち晴れ
朝起きたら曇り、山に雲はかかっているものの段々と取れてきそう。
これなら大丈夫と山歩きの準備をする。
このところ行っていない車谷を歩くつもりです。
昨年調べ損ねた花を再調査したい!7時過ぎに登山口に着き、準備して出発する。
まだまだ暗い登山路ですが、雨に濡れているためか緑を濃く感じる。
d0182075_03251467.jpg
ゆっくりと歩いているし、氷を頸に当てて登っているので全然暑くない。
林道に出合って、水の流れを見るとやや多いかなと言った程度。
d0182075_03270974.jpg
これならこの先の渡渉も大丈夫と判断する。
ここから上に探している花があると思われるのでさらにゆっくりと歩を進めます。
ヤマアジサイが増え、ヤマホトトギスの蕾を見つけて急登を登ると渡渉地点。
d0182075_03291129.jpg
思っていたより水量が多くなく、難なく渡れました。
ゆっくりと歩いていますが、誰も来ません。静かな山歩きを楽しめます。
花を探しながらさらに登って行きました。
ここのヤマアジサイが好きなのですよねぇ・・・。
d0182075_03321982.jpg
上から見ると。
d0182075_03325499.jpg
晴れているともう少しきれいに写ったかも知れませんが、お許しを。
そして矢筈峠へ。
d0182075_03334474.jpg
この辺りに着いたら、まだガスが残っていました。
最初は矢筈峠から椎原峠へ向かうつもりでしたが、時間も早いので背振へ向かいました。
ガスでブナ林が幻想的。
d0182075_03345593.jpg
ただ、山頂近くになったら遠くで雷鳴が・・・。
ですから山頂には長居せず、写真だけ。10時前でした。
d0182075_03362032.jpg
気象台の建物の庇の下で昼食。
d0182075_03371324.jpg
冷やしソーメンにしようかと思っていたのですが、他のことをしたので時間が無くコンビニの冷やし中華。
でも、これが美味しいんです。
そして縦走路を歩く。
d0182075_03382850.jpg
だいぶガスも取れ、緑が一層濃くなりました。
ヤマツツジも咲いていましたね。
d0182075_03391751.jpg
緑が本当にきれいでした。
d0182075_03400359.jpg
そして西椎原峠から下ります。
d0182075_03394998.jpg
こちらの緑も楽しんで。
d0182075_03410364.jpg
12時半に登山口に着きました。降りてみても車は他になく、独り占めでしたね。
さてさてお目当ての花でしたが・・・、ひとつはありました。
d0182075_03423389.jpg
コケイランモドキと思われます。アップで写すと・・・
d0182075_03430873.jpg
なぜかこの時期にあるらしいと言うのは昨年調べていて分かったのですが、昨年は見つかりませんでした。コケイランと思っていたのですが、調べるとコケイランモドキではないかと。この時期に咲くようです。先週、山帽子さんがかくし水付近で見ていたのもコケイランモドキと書いてありました。
コケイランモドキは昨年3月に新種として発表されたばかり。以前からあったのでしょうが、コケイランと思われていたようです。割と下の方で終わった花と上で終わり間際の花を見つけました。
もう一つのクモキリソウは見つけることが出来ず、残念ですが、来年の楽しみに残しておきます。
カキランは咲いていると思っていましたが、期待通りに。
d0182075_03460746.jpg
他の花もアップで写してみました。アカショウマの花をアップで。
d0182075_03485592.jpg
最後はヤマアジサイで締めます。
d0182075_03492086.jpg
良い山歩きを楽しんで満足。

今日の行程
 登山口7時14分→矢筈峠9時21分→背振山9時48分
 →気象台(昼食)10時25分~38分→西椎原峠11時32分→登山口12時31分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2017-07-09 03:51 | 山歩き | Comments(17)
Commented by tinnan1515 at 2017-07-09 07:55
風来坊さん、おはようございます。
暑さ対策、効果抜群の様ですね。
大変山行になりました。
冷やし中華、次の山行時には持参したいと思います。
コケイランモドキは初めて知る花で勉強になりました。
Commented by 風来坊 at 2017-07-09 09:05 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
暑さ対策、150㏄くらいの氷の塊を作って、頸に当てます。
薄手のタオルでくるんで首に巻きますが、2時間程度は大丈夫です。
2時間も経てば、山頂に着くか、上に行きますので、それで十分。
でも、濡れ鼠になってしまうのが欠点です。
コケイランモドキ、先週山帽子さんがナツコケイランとも云われていましたが、正式にはコケイランモドキのようです。
Commented by けいこたん at 2017-07-09 12:00 x
暑さ対策、必要ですよね。
汗ぐっしょりになると、歩く気が失せてバテバテになりますもの。(//∇//)
夏は嫌だなーって思います。
ヤマアジサイの色が涼しげでホッとしました。
いい感じです!
Commented by 風来坊 at 2017-07-09 13:24 x
こんにちは、けいこたん。
風来坊の暑さ対策は女性にはお勧め出来ず、すみません。
汗ぐっしょりの前に、水で背中からぐっしょりになってしまいます。
でも、昨日は氷も要らないくらい涼しくて良かったです。
ヤマアジサイ、青色が涼しげで良かったです。
Commented by ポンちゃん at 2017-07-09 18:52 x
こんばんは、風来坊さん
車谷の花も次々と発見され、マイスターの道一直線ですね~ヽ(^。^)ノ
コケイランモドキ、やはり色味が少し違うように思いました。
あそこのヤマアジサイは、大群生で見ごたえありますよね。
尾根筋にガスがありましたので、涼しかったことでしょう!
Commented by 風来坊 at 2017-07-09 19:17 x
ポンちゃん、こんばんは。
コケイラン、違う時期に咲くのが不思議でしたが、違う種類と知り納得しました。
ランフェチのポンちゃんもきっと見たがると思いました。
来年、クモキリソウと一緒に探しに行きませんか?
ヤマアジサイ、やっぱりご存知ですね、毎年見たい風景です。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-07-09 19:21 x
風来坊さん、こんばんは。
暑さ対策、昨年の車谷の時に対処法を見せていただきました^^
このところ暑くて・暑くて~~たまりませんわー(~_~;)
買い物・病院以外は出かけておりません。
おとなしくしているので、痛みもだいぶ軽減しました。
今しばらくは、もう少し養生しようかと・・・
Commented by 寝太郎 at 2017-07-09 21:13 x
今回の豪雨は脊振山地が生成した積乱雲によるものと報じていましたが、脊振山地の方は特に沢が溢れている訳でもないのですね。
引続き花を探索する姿勢にはお見それするばかりで真似ができませんが、うなじに氷(アイスノン?)、お昼に冷中は、さっそく真似させて頂きます。人の脊振見て、我が脊振なおすであります。
Commented by yamabakanikki at 2017-07-09 21:43
こんばんは~☆
ヤマアジサイ&深緑、大好きです。
お初の花をご鑑賞、素晴らしい!
 
Commented by へこさん at 2017-07-09 22:32 x
風来坊さん、今晩は
ヤマアジサイが宝石のように見えます♪
ジャストタイミングでしたね。
コケイランとモドキの違いがいまいち分かりません。実物を見れば、違いがハッキリ分かりますか?
Commented by 風来坊 at 2017-07-10 03:29 x
おはようございます、信ちゃん。
>おとなしくしているので、痛みもだいぶ軽減しました。
良かったですね。でも、しっかりと完治して楽しんで下さいませ。
どうせしばらくは暑くて大変です。
Commented by 風来坊 at 2017-07-10 03:39 x
寝太郎さん、おはようございます。
脊振山地の降水量はそれほどでも無かったので出かけてみました。
沢の水量もそれほど多くなく、安心して登れました。
でも、雷鳴は嫌ですね。
うなじに氷は、氷のかたまりそのものです。ですから、融けて背中からおしりまでびっしょりになります。下山後は全部着替えねばなりません。ご注意を!
Commented by 風来坊 at 2017-07-10 03:41 x
おはようございます、山馬鹿さん。
雨にはアジサイが似合いますね、やっぱり。
コケイランモドキは見分け方は良く分からないものの、咲く時期や写真を見ると多分、モドキの方かと・・・。
Commented by 風来坊 at 2017-07-10 03:44 x
へこさん、おはようございます。
ヤマアジサイはきれいでした。雨で濡れると一層輝く気がします。
コケイランモドキ、私も良く分からないのですが、咲く時期やネットで公開の写真を見ると私が見たのもモドキと思われました。適当ですみません。
Commented by 山帽子 at 2017-07-10 07:10 x
始めてお邪魔しました。
たびたび、覗きにはお邪魔しておりまして、それに1~2回
お会いしたことも有りました。先日はまたお会いできましたね。
さて、コケイランモドキで花談義が盛り上がっていて、楽しい時間
皆さん共有されていまして、遅まきながら、自分も参戦させて頂きました。コケイランとコケイランモドキはまず咲く時期が違いますよね。極端か狂い咲きでもない限り、いくら野草でも2か月近く咲き続けることはちょっと考えにくい。
いつも連るんで歩く、私の花師匠&カメラ師匠的な友人がいますが
その方の解説と画像がわかりやすいかと思い、ご紹介しますので
ご参考までに、
https://blogs.yahoo.co.jp/monnamihei
Commented by 山帽子 at 2017-07-10 08:08 x
追記(別友人の資料より)
コケイランに似ているが、花が小さいことや唇弁の隆起が板状であること
唇弁の中央部より側裂片が分かれること。 蕊柱は太く短い点で異なる
韓国産を含め、本種には花粉塊柄があることが、もっとも重要とされる
コケイランより花期が1ヶ月~二か月近くほど遅い。コケイランは萼片と側花弁が披針形(尖っている)なのに対しコケイランモドキは短くて尖らない
追資料ですのでご参考されてください。
細かい違いは自分も目視ではわかりませんね。
Commented by 風来坊 at 2017-07-10 21:05 x
こんばんは、山帽子さん。
初コメント、ありがとうございます。
花は以前は興味が無かったのですが、山友さんに刺激されて少しずつ
種類を覚えたつもりでしたが、まだまだ修行が足りないと今回思い知りました。
コケイランモドキ、昨年初めて学会で認められたくらいですので
素人に分かれと言うのが無理と思います。
教えていただいた山帽子さんのご師匠の写真を見ると違いが鮮明です。
花の見分け方、知れば知れほど難しいと感じます。
だからこそ、面白いのですね。
これからも色々と教えて下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード