ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

西登山口からの由布岳(由布市)

7月2日(日)曇りのち晴れ
ポンちゃん企画の「西登山口から登る由布岳&お鉢巡り」に参加することに。
風来坊は西登山口を歩いたことがありませんので楽しみにしていました。
参加予定の2,3名が諸事情などで不参加となり、大分からうすきハッピーリタイアメントさん、寝太郎さん参加、福岡からはポンちゃんと風来坊参加の計4名で歩く。
中央登山口で待ち合わせて、うすきさんと寝太郎さんの車をデポ。
西登山口(岳本登山口)には駐車場が無いので、集合前に下見したら県道沿いに1日500円の駐車場があったので、そこに駐車して歩くことにした。駐車場から100mちょっと歩いたところが西登山口。
d0182075_02322732.jpg
かなり地味な登山口です。二百名山の登山口とは思えないほど(笑)
登山口の標高は500mで山頂までは1,000m以上登ることになりますので、割とハードなコース。
駐車場も無いので敬遠されているのでしょうね。
登山道も地味です。歩いている人が少ないと感じます。
d0182075_02335646.jpg
植林の中をしばらく登って行くと、植林が終わりそうな気配に。
この時間はガスがかかっていて山頂は全く見えません。
d0182075_02353563.jpg
ここからもう少し登ったら草原に出る。
防火帯を登るか、低いササが繁る草原を選ぶようですが、花が期待できる草原を登ります。
d0182075_02360537.jpg
少し晴れてきて山頂が見えそうになりました。
でも、曇っているためか気温が上がらず、涼しい中歩けて嬉しい。
草原ではシライトソウや
d0182075_02380350.jpg
ハンカイソウを楽しみました。
d0182075_02384881.jpg
ササが濡れていたら理由を付けて先頭を譲らねばと思ったところですが、濡れていなかったのでそのまま歩きました(笑)
森の中ではヤマツツジが満開。
d0182075_02392526.jpg
登り始めて1時間半ほどで合野越へ。ここで少し休んで山頂を目指す。
西登山道では誰にも会いませんでしたが、合野越からは多くの登山客と出合う。
下山してくる人も多い。朝早かった皆さんはガスで何も見えなかったようでした。
ガスは晴れそうになったり、またガスったりで一進一退が続く。
d0182075_02430638.jpg
ナツトウダイなのか、家で調べましたが、小さくて違いが分かりませんでした。
d0182075_02432179.jpg
クモキリソウが割と標高が高いところにあって意外でした。
d0182075_02433558.jpg
そしてマタエまでは3時間弱。まだ、ガスっていました。
d0182075_02441053.jpg
マタエからは時計回りでお鉢巡り。
先ずは西峰へ。
登り始めの場所にネバリノギラン。ノギランとの見分け方を学習。
風来坊でも分かるくらい簡単でした。
d0182075_02442369.jpg
ヤマアジサイはまだまだこれからですね。
d0182075_02443921.jpg
西峰への難所も寝太郎さん、ポンちゃんは軽々と。
d0182075_02450360.jpg
ここをクリアして登って行く途中でガスが晴れてきました。
東峰がうっすらと見えるようになって幻想的。
d0182075_02452403.jpg
西峰到着時には山頂の高さくらいまではガスが晴れました!
d0182075_02453945.jpg
湯布院の街も見えています。
ガスは湧いてきますが、残ることもなく晴れになりそう。
d0182075_02455199.jpg
お鉢巡りは一旦鞍部に下って、登り返す途中が難所。
ここの下りが足場を確認しながら慎重に下らねばなりません。
d0182075_02460538.jpg
そしてオオヤマレンゲの木へ。
うすきさんに場所を教えていただき、きれいなオオヤマレンゲをパチリ。
d0182075_02462189.jpg
まだ咲いたばかりのようで、きれいでした。色白です。
こちらもあでやか。
d0182075_02463496.jpg
オオヤマレンゲの美人姉妹と言ったところでしょうか・・・。
d0182075_02464936.jpg
しばらくこの木から離れられませんでした。貴婦人の吸引力はさすがです。
ようやく登り直して上のほうまで行くと東峰と西峰、両方が写せる。
d0182075_02470404.jpg
もちろん、お鉢の底も写せました。
d0182075_02472139.jpg
先ほどまでは、ガスが出たり消えたりでしたが、すっかりなくなりました。
そして東峰へ。山頂の左(南)の岩がかなり崩壊しています。
d0182075_02473502.jpg
そしてお鉢巡り70分で東峰山頂。
標識の右(南)にロープが張ってあるのは上の写真を見れば納得ですね。
d0182075_02474883.jpg
山頂には山ガールが大勢。さすがに人気の山です。
山頂の西下の平たんな場所で昼食タイム。
今日はサンドイッチにしましたが、冷たい麺にすれば良かった。
昼食時にカメラのレンズを拭きました。上の山頂の写真までは真ん中やや左下がうっすらと白くなっていたのに気付いたからです。
山頂付近から見えた景色。手前には湯布院盆地、遠くには九重連山が見えて良い。
(こちらはレンズがきれいになったあと)
d0182075_02480647.jpg
マタエに下る途中では、ポンちゃんがヤマオダマキを丁寧に探す。
すると多分、これ一輪しか咲いていないと思われるのを執念で見つけて、順番に撮影。
d0182075_02482522.jpg
他の登山客も何事かと順番待ちで行列発生!(笑)
6月にきれいだったミヤマキリシマの残り花も少しだけあって何となく嬉しい。
d0182075_02483704.jpg
目的のオオヤマレンゲとヤマオダマキはきれいな花を見れて大満足。
マタエからは滑りやすい登山路を慎重に、かつ迅速に下ります。何せポンちゃんが先頭ですから。
d0182075_02485058.jpg
途中の日差しが当る登山路は猛暑でしたが、林の中は涼しくて木のありがたさを痛感。
でも、ここから最後の草原が灼熱地獄に(笑)
d0182075_02490201.jpg
と思うでしょうが、ヒメユリを写すとそんな感じには見えませんね。
d0182075_02491718.jpg
横断歩道は手を挙げて、車に停車を促して渡りました。
d0182075_02495055.jpg
そしてポンちゃんが用意してくれたノンアルで乾杯!
今日の下山時は暑かったので、いつもより数倍も美味しくいただきました。
d0182075_02500166.jpg
いつもありがとうございます、ぽんちゃん。

場所を移動して、花を探しました。オオバギボウシはつぼみ。
d0182075_02501881.jpg
カキランはあちこちで開いていました。
d0182075_02502968.jpg
最後はヒメユリのアップを。
d0182075_02504197.jpg
他にもアソノコギリソウやオカトラノオなど数種類ありましたが、腕が悪くて・・・。
駐車場まで送っていただき、そこでお別れ。
温泉で汗を流しましたが、最後に水風呂にすれば良かったと反省。
湯上り後も汗が流れて、帰宅後ビールで補給しても翌日朝まで脱水症状が続いていたようでした。
皆さんもこれからの時期、脱水にはご注意を!

今日の行程
 西登山口7時7分→合野越8時41分→マタエ10時3分→西峰10時26分→東峰11時33分~12時4分
 →中央登山口13時47分
YAMAPはこちら

by furaibow581203 | 2017-07-03 02:51 | 山歩き | Comments(14)
Commented by tinnan1515 at 2017-07-03 19:49
風来坊さん、こんばんは。
昨日は大変お世話になりありがとうございました。
また、色々なお話を聞かせていただき楽しかったです。
山行計画の方も着々と進んでいるようで、日に日に楽しみが深まっていることと思います。
私も今から遠征登山のアップが楽しみな一つとなりそうです。
Commented by ポンちゃん at 2017-07-03 20:44 x
こんばんは、風来坊さん
昨日は、車の運転からなんやら、有り難う御座いました。
西登山口から登りますと、結構達成感のある登頂になりましたね。
狙いの花にもほとんど会うことができ大いに楽しんだ一日になりました。なんといっても東峰到着と同時に晴れ上がって、最高のタイミングだったなあ!と、風来薬師と寝太郎キリシチャンのおかげと深くこうべを垂れて感謝いたしております。
次回ご一緒するときもこの念力を維持していただきます様、切にお願い申し上げます。
Commented by 風来坊 at 2017-07-04 00:49 x
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
日曜日はお疲れ様でした。私は一日でバテましたが、あの天気で二日歩かれたうすきさんの体力に脱帽です。
日曜の体たらくで、遠征が不安になってきました。
食料だけでなく、暑さ対策も準備いたします。
Commented by 風来坊 at 2017-07-04 00:53 x
ポンちゃん、おはようございます。
こちらこそ、計画・連絡などありがとうございました。
ポンちゃんがホワイトカラー、私はブルーカラーの役割でした。
天気は本当に恵まれました。出発の時間の設定をしたポンちゃんのお陰です。
ガスっていなかったら猛暑で山頂にたどり着いていなかったかも知れません。
今回で体力の無さを痛感しましたので、しばらくは楽勝の山歩きに専念します(笑)
Commented by けいこたん at 2017-07-04 06:08 x
おはようございます、風来坊さん。
この日は暑かったですよね。
暑いと体力を奪われてヘトヘトになりますが、風来坊さんの写真からはちっともそんな感じがしません。
強豪4人でスイスイ登って、お花を楽しんで、サラリと下りてきた感じです。
文章とコメントとで、どっぷり暑さを感じました。
お疲れ様でした。
これからの季節、暑いのと虫は嫌だなあ。
Commented by 風来坊 at 2017-07-04 06:44 x
おはようございます、けいこたん。
この日は下界は暑かったですが、由布岳は下山し始めるまで天国のような気温でしたので、助かりました。
ですから、割とスイスイ登れて、楽しくお鉢廻り、下山は暑さで最後にヘロヘロでした。
気温差が大きかったのが最後に堪えました。
今週は背振方面に行こうと思っていますが、暑さ対策は氷の塊を頸に当てる方法を・・・と思っています。虫は雨が流してくれないでしょうかねぇ。
Commented by yamabakanikki at 2017-07-04 20:10
こんばんは~☆
シライトソウ&オオヤマレンゲの花、綺麗ですぅ~♪
暑いのはどこも同じですが、これでも山は涼しい・・・
遠征 楽しみですね~ いずこを狙われているのか その日まで
楽しみに! オダマキも、まっこち よかです!
  
Commented by 寝太郎 at 2017-07-04 23:30 x
日曜日はどうも有難うございました。
ポンちゃん同様、我々に合わせてくれたかのような天気の変化は、風来薬師さまのおかげと感謝しております。登りの序盤で刺激的な山行計画をご披露頂いたおかげで、前日の疲れが吹き飛び、楽しく歩くことができました。刺激的山行も天候に恵まれることをお祈り申し上げます。(私が祈るまでもない気もしますが)
Commented by 風来坊 at 2017-07-05 03:34 x
山馬鹿さん、おはようございます。
日曜の由布岳は下山し始めた頃までは本当に涼しくて快適でした。
でも、太陽が出ると暑くて・・・。
遠征は以前から面白そうと思っていたルートですが、日曜の由布岳の下りでバテているようでは厳しいかも。週末、鍛え直します。
Commented by 風来坊 at 2017-07-05 03:38 x
おはようございます、寝太郎さん。
連日の山歩き、お疲れ様でした。風来坊にはその体力がもう無いようです・・・。
そして、時事ネタをブログに使う脳力も無く、ナイナイ尽しです。
唯一、晴れ男と思っていたのですが、5月の佐渡でそれも打ち砕かれ・・・。
再度、修業を行って遠征に臨む所存です。お祈り、ありがたくいただきます。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-07-05 15:06 x
風来坊さん、こんにちは。
西登山口もなかなかいいコースのようですね。
ここはまだ通ったことがありませんので、元気になりましたら歩いてみたいですね。
お目当てのたくさんのお花に出会えてよかったですね。
お姫さんは毎年会いに行くのですが、今年は皆さんの画像でガマンします。
遠征、楽しんできてくださいませ。
Commented by へこさん at 2017-07-05 19:50 x
風来坊さん、今晩は
素晴らしいお仲間と素晴らしいコースを楽しまれたようで、
素晴らしい1日でしたね。

「いつかこのコースも歩いてみたいね~」
って、我が家のひーちゃんに誘いをかけたら、
ヘルメットを被らんといけんところはいけん!
と即座に却下されてしまいました(・・;)
Commented by 風来坊 at 2017-07-06 05:11 x
信ちゃん、おはようございます。
西登山口、昔はこちらがメインだったのかも知れませんね。
信ちゃんが歩かれていないとは意外です。
無料駐車場が無いから少ないのでしょうが、今回500円の駐車場があるのが分かりましたので、いつかご一緒しましょう!
ヒメユリ、来年ぜひ楽しんで下さいませ。
遠征、今回のバテバテで歩き通せるか、少し心配になりました。
Commented by 風来坊 at 2017-07-06 05:16 x
おはようございます、へこさん。
西登山口から合野越まではヘルメットが必要な個所はありません。
ご安心下さいませ。
植林地を抜けてから、防火帯か草原の中を歩くかの二通りありますが、草原の方が道がなだらかで、花も期待出来そうと草原を歩きました。
人も多くなく、静かに歩けるのでへこさん向きと思います。
いつか花の多そうな時にぜひ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード