ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

英彦山ミステリーツアー(福岡県添田町)

4月2日(日)曇り時々あられ・雪・雨
先週、ポンちゃんから英彦山に詳しいTさんと英彦山を歩くので行きませんか?のお誘いメール。
英彦山も魅力的なフィールドですので、直ぐに参加表明。
でも、どこをどうやって登るかは知らないまま。人任せの風来坊です。
集合時間に着いたのは、信ちゃん&俊ちゃん、higetiasさん&mamatiasさんにポンちゃん。
風来坊は隊長の車で参加。そして今日の強力な助っ人、Tさんに、Mさん。
お二人を知らないポンちゃん、隊長、風来坊が簡単なあいさつを済ませたら別所駐車場9時過ぎに出発
d0182075_03233767.jpg
英彦山神社の参道を横切り、昨年スピンオフ企画で歩いたところから入山。
d0182075_03243554.jpg
橋を渡ります。ここから少し先までは昨年歩いたのですが、そこから先は未知の世界。
後ろを付いて行くだけですので、どう曲がったのかさえ不明。
しばらく歩くとやせ尾根の岩場を通り過ぎて・・・。
d0182075_03261378.jpg
と思ったら、谷に下り、渡渉。
d0182075_03270245.jpg
知っている人でも分からなくなるような位置関係。
不明なまま付いて行くと、大きな親子三代窟(ポンちゃんの発言を参考に名づけました)へ。
とても大きな親窟。
d0182075_03285976.jpg
その下に、子窟(下写真手前)・孫窟(同奥)と続く。
d0182075_03295593.jpg
岩場の多い英彦山では、このように岩場の空間を利用して修行をしていたらしいのです。
そして、しばらく歩き、急な斜面を登ります。
d0182075_03325451.jpg
すると何と!ミツマタの群落地へ到着。
d0182075_03333351.jpg
修行僧が収入源としてミツマタを植えた名残とのこと。
アップで写します。
d0182075_03354324.jpg
ポンちゃんは以前来たらしいがルートは違っていたとのこと。
群落地奥の立派な石垣の横を登って
d0182075_03362395.jpg
上に登ると、上の方の斜面にも群落が。
d0182075_03365917.jpg
これだけの量で和紙を作れば、それなりの収入になったのでしょうね。
良い群落地を教えていただきました。でも、多分、二度と来れない(笑)

この後、沢筋の道を歩きます。
d0182075_03393897.jpg
だんだんと道がしっかりしてきたと思ったら、石垣が見えてきました。
d0182075_03402287.jpg
修行僧が住んだ坊の跡なのでしょうね。
立派な庭園風の場所もあって、なかなかの雰囲気。
d0182075_03421608.jpg
一旦、陽が差したと思っていたら、急に暗くなり、あられが降ってきました!
d0182075_03424336.jpg
まるで立ち入りを拒むよう。でも、Tさんは構わず案内を続けてくれます。
途中の石像に祈りをささげ
d0182075_03444437.jpg
玉屋神社にも立ち寄り参拝して、怒りを鎮めるかのよう・・・。
d0182075_03445545.jpg
風来坊もお祈りを捧げました。
ご神木にもお祈りを・・・。
d0182075_03454047.jpg
さらに小さな窟を巡って
d0182075_03462084.jpg
大南神社の横の窟で昼食タイム。
暖かいカップ蕎麦が胃に沁みます・・・。さらに甘いカフェオレで糖分補給。
d0182075_03475521.jpg
休憩のののち、再び、案内されたのはドクロのように見える窟。
d0182075_03485395.jpg
しかし、こんな場所に良く来るねぇ・・・と言った場所にありました。
さらにびっくりしたのが、観音窟。
d0182075_03504658.jpg
岩で出来た観音扉が窟の中に作ってあります。
文字を見ると元禄14年、赤穂浪士討ち入りと同じ年なんです(higeさんが教えてくれました)
こんな場所に良く作ったと思いますね。
あとはやせ尾根を下って
d0182075_03532990.jpg
近くの窟を見て
d0182075_03533262.jpg
最後に昨年もみた双戸窟(一番ドクロに見えます)も見て
d0182075_03542219.jpg
今日のミステリーツアーの終わり。
Tさん、先導してご説明いただきありがとうございました。
Mさんは最後尾で脱落者が無いように気を配っていただき、無事に歩き終えました。

今日のミツマタは圧巻でしたが、他にもゲンカイツツジや
d0182075_03563209.jpg
コショウノキや
d0182075_03572730.jpg
ホソバナコバイモの花を楽しむことが出来ました。
d0182075_03572868.jpg
あられやひょうに雪、雨と目まぐるしく変化した天気の中で貴重な山歩きを楽しめて良かったです。

今日の行程
 別所駐車場9時4分→大南神社12時2分~26分昼食→駐車場14時52分
YAMAPは一般ルートでは無いためお休み。


by furaibow581203 | 2017-04-03 04:00 | 山歩き | Comments(15)
Commented by ポンちゃん at 2017-04-03 06:12 x
おはようございます、風来坊さん
昨日は、目まぐるしく変わる天候の中ミステリーツアーに参加いただき、お疲れ様でした。
4月に雪を見るとは思わなかったですね。
それにしても、凄いところを案内していただきました。
往路で歩いたコースは、地形図にも残っている古道のようで初めて歩いた時に比べ踏み跡やマークも有りずいぶん人が歩かれ始めているんだなあ!と思いましたが、ミツマタの群生地は感動でしたね。
それと、観音窟も驚きでした。
来週の天気が気になるところですが、念力でよろしくお願いいたします。^^;
追記:ガーミン治りました。
Commented by 風来坊 at 2017-04-03 06:52 x
おはようございます、ポンちゃん。
タイトルはポンちゃんの案をそのまま使おうかと思ったのですが、
あまりにも芸が無いと思って、変えました(笑)
今回の山歩きで考えたのはこれだけです(爆)
普段、風来坊では歩けないルートを案内していただき、良かったです。
お誘いいただき、ありがとうございました。
英彦山は霊山だけに奥が深くて・・・。ご案内のお二人のお陰です。
>ガーミン治りました。
隊長がホッとしていると思います。
Commented by tinnan1515 at 2017-04-03 08:11
風来坊さん、おはようございます。
まさに見所いっぱいのミステリー登山でしたね。
英彦山の奥深さを伺い知ることができました。
天候の方も曇り時々あられ・雪・雨と大変でしたね。
Commented by 風来坊 at 2017-04-03 08:59 x
うすきハッピーリタイアメントさん。
昨日は、天気もミステリアスな中で、英彦山の奥深さを堪能してきました。
昔の人びとが山を信仰していたのが、少しだけ分かった気がします。
これからも、安全に気をつけて山を楽しみたいです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-04-03 09:44 x
風来坊さん、おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
ミツマタの群生地、それに窟巡り、そして雨・霰・雹・雪となんでもござれの天気でしたね。
以前、相方さんと英彦山をうろうろとしたときに歩いた場所もありましたが、記憶が飛んでおりました。
また声掛けするときがあると思いますので、その時はまたお出でくださいね。
それにしてもアップが早いですねぇ(驚)
Commented by けいこたん at 2017-04-03 18:36 x
ミステリーツアーという名にふさわしい山行ですね。
登り下りも険しそうですが、それ以上に「未知」の英彦山を見せていただきました。
はー、こんなところがあるのですか、はー、こんなところもーーと、所謂開いた口が塞がらないというようにポカりんと見てしまいました。
フー、こんな見たことのない世界が英彦山にはあるのですね。
感想がハーとか、フートかしかなくてすみません。
でも、私にとっては、はー、凄いの世界でした。
見せていただきました。
羽金山も開幕戦も気になるところがあるので、今からお邪魔します。(#^.^#)
Commented by けいこたん at 2017-04-03 18:46 x
言い忘れです!!
ミツマタ凄い!!
ミツマタとご神木に感動しました。
Commented by yamabakanikki at 2017-04-03 21:25
こんばんは☆
>YAMAPは一般ルートでは無いためお休み
そんげんところが、素晴らしい♪
羽金山は2回?、でもショウジョウさんは未だ。
た~んとあるのは確認していたのですが・・・
  
Commented by 寝太郎 at 2017-04-03 22:34 x
あられにも負けず、やせ尾根も進み、窟でひとやすみし、英彦山を巡る。まさに修行ですね。
風来”坊”ってお坊様でしたのでしょうか。
それにしてもミツマタの畑(?)はスゴイですね。杉の林の中に花園があるとは意表を突かれます。
Commented by 風来坊 at 2017-04-04 04:41 x
おはようございます、信ちゃん。
信ちゃん人脈で英彦山の知られざる世界を楽しむことが出来ました。
ありがとうございます!
天気もめまぐるしく変わりましたが、何とか無事に歩けて良かったです。
英彦山は知っていることがほとんどないので次の機会にも参加したいです。
声掛け、待ってます~~。お願いします!
Commented by 風来坊 at 2017-04-04 04:45 x
けいこたん、おはようございます。
>開いた口が塞がらないというようにポカりんと見てしまいました。
私も、同じように感じて歩いていました(笑)
どのように歩いているのかも良く分からず、でも、帰ってから軌跡を
確認すると、なるほど・・・という感じに案内していただいていました。
ミツマタの群落地も凄かったですし、玉屋神社も初めてで感動し、
狭い岩場で滑りそうでおっかなびっくりのスリルも満載の山行でした。
Commented by 風来坊 at 2017-04-04 05:03 x
山馬鹿さん、おはようございます。
羽金山のショウジョウバカマ、私の前に15名の団体さんが山頂を踏まれていましたが、名簿を見たら長崎の方でした。
遠くまで来られるほど有名になったのはのぼろのお陰と思いますが、
既にご存知だったのですね、さすがです。
英彦山は一般ルート(多少踏み跡もありましたが)ではないので
紹介しない方が・・・。
一つの山を究めるのでもすごいと感じた一日でした。、
Commented by 風来坊 at 2017-04-04 05:07 x
おはようございます、寝太郎さん。
>風来”坊”ってお坊様でしたのでしょうか。
そうです、夜ごと寝床で念仏を唱えています。
前にご一緒した時に聞こえませんでした?
ミツマタの群落地は、必見ですね。
急に視界には行った時の感動が・・・。ご案内出来ないのが残念です・・・。
Commented by higetias at 2017-04-04 18:40 x
風来坊さん、こんばんは。
先日はお疲れ様でした。
タイトルのミステリーツアーがぴったりとくる内容ですね~^^
おまけに天気までミステリアスで・・・。 あんな天気は滅多に出遭えないですね。
英彦山に宿る霊力が風来坊さんを歓迎していたのかも知れません。
観音窟の銘文には元禄14年と書いてあったんですか!
すみません! 討ち入りは元禄15年12月14日です^^;
Commented by 風来坊 at 2017-04-05 06:33 x
higetiasさん、おはようございます。
英彦山、奥が深い山ですね…。
まだまだ知らないことだらけですので、何かの機会にご一緒させて下さいませ。
討ち入り、私は全く知りませんでしたが、この機会に覚えます。
元禄15年…。いつまで残っているか…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード