ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

白鳥山~銚子笠(熊本県八代市泉村)

10月29日(土)晴れ
大分前にポンちゃんから「脊梁の国見を歩きませんか?」とのお誘いがあった。
烏帽子岳・五勇岳・国見岳の周回コースらしい・・・。
国見岳は9年前の12月に一度行っただけ。
烏帽子岳は九州百名山の一つですので、いづれ登らねばと思っていましたから、即答でOKしました。
いよいよ日にちも近づいて、プランを練り込む時期にポンちゃんとお話すると
土曜日大金峰~小金峰で、日曜を国見岳周回がご希望の様子。
大金峰・小金峰は標高が国見と違うので、紅葉の進みが早ければ、この案でも良さそうだが、
遅そうな場合は他のプランが良いかもと思って、白鳥山~銚子笠の代案を提案。
これが受け入れられ、プランは決まった。
あとは天気が心配。日が近づくと土曜日は悪そう・・・。
ポンちゃんに土曜日が悪い場合は日曜だけの変更もありかと相談したら、「土日とも登ります!」
と断固たる決意を聞かされた。
ならば仕方ない。登るのみ。でも、天気、良くなってください・・・と祈った。
前日には曇りのち晴れ予報に変化したが、金曜の雨が夜まで残っていた。

4時過ぎに家を出て隊長の家までバイクで向かう時には細かい雨が少し。
まだ残っていると思いながら、ポンちゃん家に行くとポンちゃん、「晴れましたね」と嬉しそう。
上を見上げると星が出ていました。良かった・・・。

5時前に福岡を出発し、山へ。
二本杉峠を越えて、少し先の梅の木吊橋で小休止。
吊橋を渡り、奥の梅の木轟の滝へ向かいます。苦手な吊橋を渡って先へ進むと
小さな昇龍の滝の横を登ります。
d0182075_03561787.jpg
階段を登って行くと奥に梅の木轟の滝。
d0182075_03562833.jpg
高さ38mの滝。案内などによると岩場を流れるように落ちる女性的な滝とあったが、
この日は水量が多くて迫力がありました。

滝見物を終えて、白鳥山の登山口へ。
風来坊が考えた登山口は上ノ内谷登山口。
ポンちゃんが地図で選んだ地点がピッタリ。で御池登山口とあるが・・・。
d0182075_03563729.jpg
グリーンウォークのコピーを確認したら、「御池登山口の道標がある」と書いてありました。
間違いない。でも、上ノ内登山口と併記してあるとありがたいです。
登山口の少し先の道路脇に駐車して9時過ぎに出発。
入って直ぐから自然林の中を歩けます。良いですね。
d0182075_03564872.jpg
折角のこの森の中はゆっくりと味わいたい・・・。
そんな気分になりました。隊長、ポンちゃんも満足そう。
d0182075_03565682.jpg
踏み跡ははっきりとしていませんが、テープがあるので大丈夫。
でも、時々立ち止まって確認しながら進みます。
d0182075_03570335.jpg
最初は雲が多かったですが、次第に日差しも当たり始めます。
大きな木も良いのですが、足元のコケもなかなかの味わい。
d0182075_03571178.jpg
こんな雰囲気を味わえて、遠くまで来たかいがあったというものです。
登山口から1時間20分ほどで御池へ到着。
d0182075_03571819.jpg
池と言っても湿地みないな感じです。周回して進むと一ノ池。
d0182075_03575874.jpg
ここから少しのところにドリーネと言われる窪地。
d0182075_03580857.jpg
金属のネットに囲まれていました。
そしてここから緩やかな傾斜を登っていくと平清経住居跡。
d0182075_03582050.jpg
白鳥山も国見岳同様9年前に来たことがありましたが、この標識はその時とほとんど変わらない感じです。
(手帳を調べたら、2007年5月13日白鳥山・時雨岳・銚子笠とあるのですが、ほとんど覚えていません)
そしてさらに登って行くと白鳥山(1639m)。
d0182075_03583035.jpg
風来坊は二度目ですが、お二人は初めてですので先に踏んでいただきました。
今日は銚子笠まで行き、時間に余裕があれば時雨岳と決めていましたので、
先ずは銚子笠へ向かいます。
d0182075_03583961.jpg
中央右の丸い山が銚子笠。遠く感じますが、1時間ちょっとで行けるはずです。
ここからの縦走路では紅葉が楽しめました。
d0182075_03584766.jpg
青空も増えて来て、色が鮮やかに。
d0182075_03585672.jpg
d0182075_03590803.jpg
上だけでなく、足元も良い。
歩く人が少ないからでしょうか・・・、登山路に敷き詰められたふかふかのコケの絨毯の上を歩けます。
d0182075_03591962.jpg
贅沢な山歩きです。
銚子笠が近づくと森の雰囲気も変わります。
d0182075_03592969.jpg
小さめの木が多くなりました。
緩やかな最後の登りを終えると銚子笠(1486m)山頂。
d0182075_03593760.jpg
ここで昼食。ポカポカして気持ち良い。
30分ほど休んだら引き返します。
d0182075_03594796.jpg
途中、この縦走路のブナの主の写真撮影を。
d0182075_03595569.jpg
ポンちゃんに根元に立っていただきましたが、この木の存在感は凄かった。
縦走路には立ち枯れの木が何本もありました。おかげで見通しはとても良い。
d0182075_04000484.jpg
白鳥山への最後の登り返しを何とか登って、時間を見ると14時前。
時雨岳往復は2時間ほどかかると知り、今回はパス。
横才越・七遍方面へ少し寄り道した後に、登山口へ帰ります。
d0182075_04001260.jpg
帰りにはキノコ採りの方と少しお話しましたが、皆さん、袋が重そうでした。
15時過ぎに下山して、今日の宿泊予定地の樅の木吊橋駐車場へ。
当初の予定とは違う吊橋に近い駐車場がトイレもきれいだったので、食堂の方に聞くと「良いですよ」
と言っていただいたので、ここで宿泊の準備。
隊長とポンちゃんは段取りよくテントの設営、テーブルのセッティングを済ませます。
準備が完了して16時30分ごろ、お待ちかねの乾杯!
d0182075_04002195.jpg
風来坊はビールの後、焼酎へ。
暗くなる頃にはすっかり酩酊。どうやって寝たのか・・・。
紅葉は思ったより少なかったけど、良い山歩きを楽しめました。
隊長、ポンちゃん、ありがとう・・・zzz。

今日の行程
 登山口9時6分→御池10時26分→白鳥山10時49分~56分→銚子笠12時6分~31分
 →白鳥山14時1分→登山口15時9分





by furaibow581203 | 2016-10-31 05:02 | 山歩き | Comments(14)
Commented by aibex at 2016-10-31 06:48
青空と紅葉のコントラストが美しいですね~
やはりこの時期は晴れの登山がいいですね(*^^*)
Commented by 風来坊 at 2016-10-31 06:55 x
おはようございます、ヒロさん。
熊本にお邪魔しました。
ヒロさんは、三俣だったようですね。
脊梁は割と早い時間から晴れてくれて楽しめました。
土日とも天気が良くて、遠出した甲斐がありました。
Commented by tinnan1515 at 2016-10-31 09:06
風来坊さん、おはようございます。
脊梁の山、白鳥山・銚子笠を満喫なされたご様子。
天候に恵まれ素晴らしい秋空、とても気持ちが和んだ事でしょう。
最高の乾杯ビールとなりましたね。
Commented by furaibow581203 at 2016-10-31 09:38
うすきハッピーリタイアメントさん、こんにちは。
脊梁の山、うすきさんは五家荘大縦走を歩かれていますので、
足元にも及びませんが、今回、その一部をつまみ食いしてきました。
心配された土曜日の天気も回復して、脊梁を楽しむことが出来ました。
脊梁は、縦走して楽しむのが面白そうと思った次第です。
テントを買おうか・・・、迷い始めました(笑)
Commented by higetias at 2016-10-31 19:02 x
風来坊さん、こんばんは。
週末は五家荘の山と聞いていましたのでポンちゃんのリクエストで多分国見岳だろうと思っていましたが、前日は白鳥山~銚子笠だったんですね。
私どもは13時前後は水上越を挟んですぐ西側をウロウロしていました^^
天気が早めに回復していい光景を楽しめましたね。
ひょっとしたら五木の道の駅でお会い出来るかと思っていましたが、会ったのは何といーさんでした! 
電話したときはすでに夢の中だったようですね^^
国見岳の記事も楽しみです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-10-31 19:40 x
こんばんは。
higeさんが書かれているように、我々は五木の道の駅で宴会中でした。
もしかして今回は3人を拉致できるのでは~~だったのですが・・・
いーさんも拉致しそこない、朝 目が覚めた時はいーさんはどこかへ出発した後でした^^
いつも思うのですが、レポが早いですねぇ~~
Commented by yamabakanikki at 2016-10-31 22:44
こんばんは~☆
白鳥山 大好きです、初めて訪れた時 帰りたく無いと!
上ノ内谷登山口からも、素敵なコースです。
また行きたくなりましたが、なかなか遠くて長崎から
約5hと遠く、往復10h この時間が惜しく・・・
でも、投資するその価値は十分にある脊梁なのですが♪
 
Commented by ポンちゃん at 2016-10-31 23:03 x
こんばんは、風来坊さん
2日間お世話になりました。
今まで脊梁は国見岳の周辺の山を歩いていましたのでやっと核心部を歩くことができました。
白鳥山は、やはり大木と苔が素晴らしかったですね。
ウエノウチ谷も最高でした。
でも、いつ寝てるんですか?(笑)
Commented by 寝太郎 at 2016-11-01 00:23 x
この季節、原生林の山はいいですね。まぁ、新緑の時も、冬の明るい枯木立もいいですけどね。
かなり行きたくなりましたが、もう紅葉は終わりっぽいですね。国見岳のレポートを拝見し、行ったつもりになろうと思いますので、アップよろしくお願いします。
Commented by 風来坊 at 2016-11-01 04:41 x
おはようございます、higetiasさん。
同じ山域を楽しんでいたようですね。
この時期の脊梁は初めてでしたので、うれしかったです。
今回は、樅の木が移動距離も少なく、宿としてよかったですが、
ご一緒できれば更に嬉しさが倍増しましたね。残念です。
と言っても、風来坊は暗くなったら撃沈していましたので、
多分、何も覚えていないと思います・・・。
Commented by 風来坊 at 2016-11-01 04:45 x
信ちゃん、お早うございます。
電話の着信に気付いたのは、翌日の3時ごろでした(笑)
さすがにその時間には電話やメールははばかられ・・・。
でも、もしかして脊梁に来られているのでは?とは察しできました。
同じ山域を楽しんだと思うと何となく嬉しいですね。
次は宝満でお会いしましょう!
Commented by 風来坊 at 2016-11-01 04:49 x
おはようございます、山馬鹿さん。
毎年、山馬鹿さんたちが脊梁をテント泊されるのが良く分かりました。
日帰りより、長い時間浸っていたいところでした。
二本杉峠までの道やその先の林道など苦労(今回はポンちゃん運転)しますが、
苦労のし甲斐があるところですね。
Commented by 風来坊 at 2016-11-01 04:54 x
ポンちゃん、おはようございます。
今回は遠いところまでご案内頂き、ありがとうございました。
烏帽子岳は、どこから登ろうかと思っていましたので、助かりました。
上ノ内谷からの歩きは、翌日も無い雰囲気でしたので、結果オーライでした。
宿泊の準備など何かとお世話になり、感謝申し上げます。
>でも、いつ寝てるんですか?(笑)
多分、会社で寝ています(爆)
Commented by 風来坊 at 2016-11-01 04:57 x
おはようございます、寝太郎さん。
脊梁の自然林は良いですね。
今回は登山口から自然林を楽しめたので、満足しました。
国見岳のレポ、昨日、今日と鹿児島に出張していますので、
しばしお待ち下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード