ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

羊蹄山(北海道虻田郡倶知安町)

7月16日(土) 晴れ
今年の夏の遠征は、北海道に決めた。出張利用ではありません(笑)
北海道の山は6年前に札幌市内の藻岩山と昨年の摩周岳くらいしか登っていないので、
ちゃんと登山をしたいと言うのがその理由。
4日間で羊蹄山、暑寒別岳、富良野岳、大雪山旭岳を登ろうと計画した。
欲張りな計画とも思ったが、折角なので体力が続けば登りたいですよねぇ・・・。
羊蹄山は独立峰で、お鉢廻りが面白そう。暑寒別岳は雨竜沼湿原を通るコースを選択、歩き甲斐がある。
そして富良野岳は花が楽しめ、旭岳と併せて十勝連峰・大雪山系の展望も楽しめると考えたのです。
出掛ける前の天気予報(金曜朝)では4日間とも晴れになっていて、「よし、やったー」と思って出掛けました。
さてさて、その後どうなったのかお付き合い下さいませ・・・。

15日夕方17時前に新千歳空港に着き、レンタカーを借りて羊蹄山の倶知安(くっちゃん)コース登山口の
半月湖野営場へ向かったが、20時を過ぎ暗くなったのでルスツの道の駅で一夜を過ごすことにした。
2時過ぎに起きて、準備して登山口へ向かう。
下の写真は真狩(まっかり)を過ぎたところからみた羊蹄山。
d0182075_2341351.jpg
蝦夷富士と言われるのが良く分かります。
少し明るくなってきていますが、3時40分です。
4時過ぎに登山口に着きましたが、暗いので少し待って4時25分に歩き始めます。
登山口駐車場には3台しか駐車していなくて、ここに泊らずに良かったと思いました(笑)
d0182075_2362194.jpg
案内板がある登山口。
看板には丁寧な案内が書いてあります。
d0182075_237348.jpg
ガイドブックや看板には倶知安コースと書いてありますが、地元の方などにはヒラフ(比羅夫)登山口の方が通りが良さそうでした。
少し暗い登山路を歩きますが、直ぐにクモキリソウの群落を発見。
d0182075_2393467.jpg
写真は帰りに写したものです。
他にはオオウバユリが目立っていました。
d0182075_24091.jpg
なだらかなコースを歩いて行くと一合目を過ぎた辺りから、傾斜がやや急になります。
ようやく登っている感じになります。この辺りにはエゾタツナミソウがありました。
d0182075_2412172.jpg
エゾアジサイも咲いていてエゾの名前は付くものの九州と似たような花があり、北海道に来ているとは感じず違和感なく歩きます。
d0182075_242376.jpg
一合目半の看板を過ぎると風穴。
d0182075_2422836.jpg
近くまで行きましたが、風は感じませんでした。
そして三合目を過ぎるとところどころで周囲の景色が見えます。
こちらから見えるのはニセコ方面です。朝日を浴びてきれいですね。
d0182075_2435232.jpg
シラカバの木などがある森の中を登って行きます。
d0182075_2443161.jpg
五合目手前でクルマユリがお出迎え。嬉しいですね。
午前中だからなのか、咲いて間もないからなのか花びらがくるりんとなっていなかったので
遠目にはキツネノカミソリか?と思えましたが、クルマユリでした。
d0182075_245990.jpg
そして登り始めて2時間ほどで六合目。
d0182075_2454075.jpg
コースには、一合目から看板がありますので目安になります。
この付近で下山してくる登山客数名ととすれ違いましたが、皆さん山小屋に泊っていた方ばかりでした。
この日は天気が良くて、ご来光だけでなく影羊蹄山も楽しめたと喜んでいました。
そんな楽しみもあるのですね。
更に登って行くとベニバナイチヤクソウ。
d0182075_2514849.jpg
他にはキオン?(orタカネアキノキリンソウ)や
d0182075_2521860.jpg
タニギキョウなど沢山の花が咲いています。
d0182075_2524216.jpg
そして七合目を過ぎてくると今まで以上に木が曲がってます。
d0182075_254349.jpg
更に登って行ったところでタケシマランを見つけました。
高妻山や北岳で探せなかったので嬉しい。
d0182075_256086.jpg
調べるとどうやらオオバタケシマランのようです。
北海道の花の名前は難しいですね。
このレポの花の名前も間違いがあるかも知れませんのでお許し願います。
登山口から3時間ほどで九合目(真ん中やや上の小さいのが案内板)に着きました。
d0182075_2591659.jpg
この辺りは森林限界を過ぎています。
ここからは花が増えました。イワブクロもありましたがあとで紹介。
イワギキョウや
d0182075_303690.jpg
コウメバチソウ
d0182075_305115.jpg
サマニヨモギに
d0182075_311196.jpg
イワベンケイ
d0182075_313076.jpg
など沢山咲いていて足が進みません。
でも折角ですので楽しんで登ることにします。
山頂手前の巻き道をゆっくりと登って行くと、チシマフウロに
d0182075_323613.jpg
ミヤマオダマキ。
d0182075_325693.jpg
山頂方面はこんな様子です。
d0182075_333024.jpg
この斜面に花が沢山咲いているのです。
ハクサンチドリや
d0182075_34755.jpg
トカチフウロに
d0182075_343067.jpg
マルバシモツケ
d0182075_345633.jpg
そして嬉しい出会いのシラネアオイ。
d0182075_353117.jpg
斜面には群生しているところもあるのですが、遠くて写せません。でもしっかりと見ました。
高妻山で一輪しか見れなかったのでとてもうれしかったです。
火口縁に着きました。ここからはお鉢廻りになります。
d0182075_382644.jpg
この辺りは砂礫地になっていますので違う花に変化するのです。
タカネオミナエシ(チシマキンレイカ)や
d0182075_394995.jpg
メアカンキンバイ
d0182075_3102294.jpg
イワブクロが多いです。
d0182075_3104536.jpg
花だけでなく山の様子も紹介します。
火口は三つに分かれていて、一番大きいのが父釜、そして母釜、子釜があります。
d0182075_3123824.jpg
右から母釜(右のくぼみ)、子釜(真ん中のくぼみ)、父釜(中央奥から左奥のくぼみ)です。
歩き易い火口縁を歩いているとユキバヒゴタイの蕾でしょうかねぇ。
d0182075_314893.jpg
火口縁を進むと三角点。
d0182075_3195077.jpg
山頂から少し離れています。
ときどきここを山頂と間違える人がいると地元の方が話していましたので要注意です。
この付近から岩場の道に変化します。
岩場になると違った花が咲いています。
その岩に張り付くように咲いているイワウメや
d0182075_3214938.jpg
イワヒゲ。
d0182075_3222562.jpg
イワヒゲの名前はかわいそうなくらいかわいい花です。
そして羊蹄山山頂(1898m)
d0182075_323532.jpg
九合目から1時間ほどかかりました(笑)
火口があるので東方面の展望が良いです。山頂には2,3人だけ。ゆっくりと楽しみます。
展望を楽しんだらお鉢廻りをして変化する景色を楽しむことにします。
山頂から時計回りに進むのですがしばらくは岩場が続きます。
ここが意外に歩きにくい。コースも少し分かりにくくて火口縁と言うより巻道になります。
d0182075_328161.jpg
でも花を楽しめますのでありがたい。
これはハイオトギリでしょうかね。
d0182075_3284451.jpg
岩場を過ぎて山頂を望みます。真ん中が山頂です。
d0182075_3292516.jpg
父釜はとても大きい。
d0182075_3294852.jpg
岩場を過ぎると真狩コースと出会います。この付近からは再び砂礫地になります。
湖の中に島がある洞爺湖が遠くに見えました。
d0182075_332848.jpg
真狩コース合流地点を過ぎるとエゾノツガザクラの群落。
d0182075_3353475.jpg
そして旧避難小屋付近ではキバナシャクナゲの群落も。大満足。
d0182075_3361485.jpg
旧避難小屋から子釜方面に行くと小さなお鉢廻りになりそうでしたので大回りすることにしました。
少し下って行くとイソツツジの花。
d0182075_3374597.jpg
下り過ぎるなぁと思いながら、進んでいくとお花畑の斜面近くに出ました。
d0182075_3383696.jpg
あとで地図を良く見たら、旧避難小屋から子釜に向かって歩き、途中で左に母釜へ廻ると丁度一周出来るようでした。
準備不足でしたね、反省。でも、一応大回りはしたので良しとしましょう(自己満足)
斜面では再びシラネアオイ。日差しを浴びて輝いてます。
d0182075_3403522.jpg
カメラをズームアップして群生を写します。
d0182075_341536.jpg
地元の方と話すと「シラネアオイはどこにでも咲いているから・・・」と全く興味無しですが、風来坊にとっては嬉しかったです。
あとはゆっくりと下って、11時49分下山。
駐車場(30台ほど)は満車状態になっていました。ニセコの温泉へ向かいましたが、営業時間外でJRニセコ駅前の温泉で汗を流して、明日の暑寒別岳の登山口へ向かいます。
札幌郊外の中山峠では以前「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたアゲイモを買いました。
d0182075_3445217.jpg
3個串に刺してあり350円。
d0182075_3452460.jpg
ボリュームがあり過ぎて2個食べたらお腹が一杯になりました。
一人一串は大変。3人で一串で十分です。
札幌経由になりましたので、思ったより時間がかかり、17時30分過ぎに南暑寒荘へ到着。
今日はここに泊ります・・・。
初日は無事に終わりましたが、南暑寒荘の管理人に天気予報を聞いたら明日(17日)は曇り、
「曇りだったら南暑寒別岳までにした方が良いよ」と言われ、
「今日は南暑寒別岳と暑寒別岳の間でトレランの人がヒグマを見た」とも聞き、
さらに追い打ちをかけるように明後日(18日)、明々後日(19日)は雨と聞き、
かなり落ち込んで床に就きましたzzz・・・。
風来坊が福岡を立つ時にはずーっと天気が良いはずだったのに・・・。

今日の行程
 登山口4時25分→二合目5時5分→四合目5時36分→六合目6時20分→八合目7時6分→九合目7時21分
 →山頂8時22分~29分→お鉢巡り完了9時22分→七合目10時3分→四合目10時50分→一合目11時25分
 →登山口11時49分




by furaibow581203 | 2016-07-21 04:00 | 山歩き | Comments(16)
Commented by tinnan1515 at 2016-07-21 08:17
風来坊さん、おはようございます。
北海道山旅の初日は晴れの天気でよろしかったですね。
羊蹄山に咲く花が豊富なことに驚きです。
しかも、九州では見られない花を沢山拝見させて頂きありがとうございます。
シラネアオイの薄紫の色は素敵ですね。
Commented by 寝太郎 at 2016-07-21 19:21 x
花畑好きの寝太郎としては、頂上部のツガザクラ&シャクナゲが最高です!
スバラシイ!
羊蹄山でこれなら、暑寒別岳がどれほどの花畑なのか興味津々すぎます。興奮して花血が出そうです!
でも雨予報ですか……。今から祈っても遅いですが、是非晴れてほしいです。どうか晴れ間を見せてください。ヒグマは結構ですよ。
Commented by ポンちゃん at 2016-07-21 22:05 x
こんばんは
流石に、花の多い山ですねえ。素晴らしいです。
一度ではとても覚えられませーん。
翌日の天気が気になりますが、それよりもアゲイモ、長崎県のジャガチャンの良く似てますね。お腹にたまりそうです。^^;
Commented by yamabakanikki at 2016-07-21 22:51
こんばんは~☆
 お花博士ですね~ 一時期頑張って覚えましたが・・・
 一つ覚えると、二つ忘れ(笑)
 羊蹄山は蝦夷富士ですか、昭和新山とごっちゃに(大笑)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-21 22:53 x
風来坊さん、こんばんは。
私どもと同じコースだったんですね。ここ、同じだわ~と拝見してました。
風穴。私どもも相方さんが代表で見に行きましたが、何もないよ~とのことで行かなかったのですが、中に「ヒカリゴケ」があるとのこと。
帰ってからわかり、残念至極でございました^^
シラネアオイは私どもの時は花が終わっていました。見れてよかったですね。
北海道はホントにお花が多いですよね。一気に咲きますので見ごたえがありますよね。
Commented by けいこたん at 2016-07-22 00:56 x
北海道は遠くて大きいですね!
お花が次から次へと登場して、しっかり楽しませていただきました。
どれもみんな愛らしいですね。
エゾノツガザクラの群落って本当に素敵ですね!
遠い地のこんなお花達、こんな山!
見せて頂けて嬉しかったです。(*^^*)
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:32 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
>北海道山旅の初日は晴れの天気でよろしかったですね。
ええ、初日は天気が良くて最高でした。
これが続くと思っていたのですが、南暑寒荘へ着いたら・・・。ガクッ・・・。
でも、シラネアオイを見れて嬉しかったです。
続きもぜひ読んで下さいませ。
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:37 x
おはようございます、寝太郎さん。
>でも雨予報ですか……。
暑寒別岳は曇り予報でした(笑)この日までは何とか持ちました。
ヒグマは糞は沢山見ましたが、遭遇せずラッキーでした。
この区間を歩いてる人に大丈夫ですか?と聞くと、皆さん、今までクマに襲われた人の話を聞いていないので大丈夫でしょうと堂々としていたのにはびっくりしました。風来坊だけ、ラジオの音量を最大にして歩いていました(笑)この区間、NHK(567KH)は入りました。ご参考になれば幸いです。
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:42 x
ポンちゃん、おはようございます。
羊蹄山、思っていたより花が多かったです。
花の名前を調べるのが大変で苦労している最中です・・・。
>それよりもアゲイモ、長崎県のジャガチャンに良く似てますね。
長崎のジャガチャンは知りませんでした。今度調べます。
アゲイモはボリュームがあり、一度では食べれませんでした。
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:45 x
おはようございます、山馬鹿さん。
>お花博士ですね~ 一時期頑張って覚えましたが・・・
取りあえずレポするまでは調べていますが、多分直ぐに忘れると思います(笑)
羊蹄山、写真に撮ったのよりもきれいな形をしているところもありました。
さすがにエゾ富士と言われるだけのことはありました。
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:49 x
信ちゃん、おはようございます。
>風穴。中に「ヒカリゴケ」があるとのこと。
えーっ、知りませんでした。残念・・・。
>帰ってからわかり、残念至極でございました^^
コメントに返答しながら落ち込んでいる風来坊です・・・。
案内板に書いていて欲しいですね。
でも、シラネアオイは見れたので満足します。
でも、北海道の人は全然関心が無いですね。
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 03:53 x
おはようございます、けいこたんさん。
北海道の花は九州とは違って名前を探すのが大変でした。
>北海道は遠くて大きいですね!
花も大きいのが多くてびっくりします。
次の暑寒別岳も花が多くて良かったです。
けいこたんさんもぜひ行かれて下さいませ。
Commented by kitatakesi at 2016-07-22 11:26
風来坊さん、こんにちは。
北海道の山素晴らしですね、次から次に見た事のない沢山の花が出てきて感激しました。次の場所もたのしみです。
私には遠くて行ける所ではありません、ご一緒した時に話を聞かせて下さい。
Commented by higetias at 2016-07-22 13:33 x
風来坊さん、こんにちは。
羊蹄山も夏は花の山ですね~。
距離も標高差もあるのにこんなに花があるときつさも紛れそうです。
九州では見れない花ばかりなので風来坊さんも小躍りしながら写真に
収められたことでしょうね。
所変われば品変わると言いますが、花もまさにその通りですね。
稀少な花には価値観を感じても普通に見られると感じないのが人間かも
知れません^^;

Commented by 風来坊 at 2016-07-22 19:31 x
ガック隊長、こんばんは。
>私には遠くて行ける所ではありません
そんなことはありません。長野より時間的には早いくらいです。
日中でも涼しくて、夏は北海道が良いですね。
お話は嫌と言うほど話させていただきます(笑)
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 19:36 x
こんばんは、higetiasさん。
仰る通り、小躍りしながら写しました。
寝太郎さんなら小躍りポーズを写真に収めると思いますが、さすがに還暦近い風来坊には真似出来ませんでした。
最初はタツナミソウやアジサイであんまり変わらないなと思いながら登っていましたが、上の方に行くと全然違いました。
higetiasさんならもっときれいに写されるのでしょうが、風来坊の腕ではこの程度です。
お許し下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード