ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

大金峰・小金峰と保口岳(熊本県八代市)

4月8日(金)曇り
4月初めのこの時期、花は来週楽しむことにして、九州百名山の山を登ることにした。
残りの百名山は、祖母傾方面や脊梁、大隅半島、屋久島ですので、先ずは脊梁方面へ。
遠いので、2日間のプチ遠征。高速代・ガソリン代の節約です(笑)
花の時期ではないので、花の少なさそうな大金峰・小金峰を先ずは歩くことにした。
福岡を6時に出発して、高速を使い登山口に着いたのは8時40分頃。
d0182075_522309.jpg
既に1台駐車して準備中かと思ったら、直ぐに急いで出発して行った・・・。
聞けたのは「次は京丈山に登る」の言葉だけ。九州百名山を目指しているのでしょうかねぇ・・・。
でも、この時間に降りてきているとは何時に登ったのでしょう。
大金峰と小金峰の往復は分県登山ガイドには5時間20分(13㎞)とある。風来坊は4時間30分程度と予測していた。9時から登って下山が13時過ぎ、そして移動して保口岳に14時から登って17時頃には下山の予定。遅れれば、翌日に変更と思っていた。それだけにこの時間の下山にはびっくり。
準備して8時50分出発。取付いて直ぐのところにまむし注意の看板。
杉林を登って行くと、自然林と植林が混ざるほとんど平坦な登山路になる。
d0182075_5243654.jpg
このように案内板がしっかりとあちこちに設置されていて道に迷うことは無い。40分ほどで大金峰への分岐へ。
d0182075_5253986.jpg
看板の左を登ると5分弱で大金峰(1396m)山頂。
d0182075_526295.jpg
山頂の木に葉が無かったのですき間から少しだけ展望があったが、ガスで分かりにくかった。
次は小金峰へ向かいます。こちらもほとんど平坦ですが途中スズタケで歩きにくい箇所もある。
d0182075_5282834.jpg
下は「攻」への分岐。
d0182075_529517.jpg
一旦林道に出るが、60mほどで再び、登山路に入る。
d0182075_5295180.jpg
大金峰から1時間弱で小金峰分岐。
d0182075_5303899.jpg
ここから5分強で小金峰(1377m)山頂。
d0182075_5311180.jpg
こちらは展望がまずまず。
d0182075_5313056.jpg
山頂の標識の左奥のシャクナゲの蕾は多かった。結構びっしりついている。咲いたらきれいでしょね。
d0182075_5322147.jpg
思ったより早く着いたので、保口岳に登れそうな気がしてきた。
帰りを急ごう。でも、途中で嬉しいものを発見。
d0182075_5334258.jpg
天然のシイタケです。初めて見た。
大金峰への分岐付近で、昼食のおにぎりを頬張る。景色は相変わらず・・・。
d0182075_535654.jpg
そして3時間20分で下山。12時過ぎ。これなら保口岳も余裕で行けそうです。

保口岳登山口へは1時間ほどで到着。
途中の道は石がたくさん落ちていてタイヤが乗らないように注意して運転しました。
d0182075_5371788.jpg
登山路に入ると竹が混ざり、ゴミも混ざる荒れた道。
これが九州百名山?って感じの道です。そんな中を登って行くと廃屋のような民家。
d0182075_5385711.jpg
民家の左に案内板があり、そちらへ進む。
直ぐにササがある急登になり、それを過ぎると杉林の急登に。
d0182075_5402660.jpg
登り詰めると林道に出会い、林道をジグザグに歩く。
でも、荒れていますね。この時期で良かったかも知れない。
d0182075_5411878.jpg
案内やテープに従って登って行くとようやく山らしくなる。
d0182075_542664.jpg
岩場を登ると直ぐが普賢峰(南峰)。
d0182075_5424768.jpg
北の方向に見えるのが保口岳のようです。
d0182075_543181.jpg
進んでいくと山頂近くでヒトリシズカ。今年初めてなので嬉しい。
d0182075_5441499.jpg
そして保口岳(1281m)山頂。山頂はヤマシャクヤクが多い。
d0182075_5593481.jpg
咲いているのが無いかと探しましたが、これが一番先に咲きそうと思われるものでした・・・。
d0182075_5455591.jpg
ピストンで帰るのも面白くないので分県登山ガイドのルート通りに林道へ廻りこんだ。
でも、林道はところどころ落石がある。
d0182075_5472532.jpg
大雨の後などには歩かない方が良いかも知れませんね。
2時間20分ほどで下山したが、この山が九州百名山に選ばれているのは途中にあった鬼山御前の伝説があるからだろうと推定。ですからそこには寄った方が良いと判断して立ち寄りました。
d0182075_5492991.jpg
先ずは看板で謂れを確認。
すぐ横の鉄製の階段を登る。
d0182075_5501263.jpg
さびていてあと何年かすると崩れそうでしたが、無事に登ると乳水の説明板。
d0182075_5512494.jpg
折角なのでいただきました。
d0182075_5515159.jpg
美味しかったです。
この後、佐俣の湯まで引き返し、温泉で疲れをいやす。泊りはここの道の駅と思ったが、車が多い。
清和文楽邑の道の駅まで移動して、ここでビールを飲み、翌日の計画を確認して就寝。
でも、今日保口岳まで登れたのは良かった・・・zzz。

大金峰・小金峰の行程
  登山口8時50分→大金峰分岐9時32分→大金峰9時36分→小金峰分岐10時30分→小金峰10時37分
  →登山口12時10分
保口岳の行程
  登山口13時9分→普賢峰14時10分→保口岳14時25分→登山口15時24分



by furaibow581203 | 2016-04-10 05:57 | 山歩き | Comments(6)
Commented by ポンちゃん at 2016-04-10 16:57 x
こんにちは
13㎞の登山道を3時間20分?
時速4㎞。平地並みの速さですね。(驚き)
九州百名山も着々と制覇されているようで、凄いとしか言いようがありません。
翌日の山はさて何処へ?
お天気も良く最高の山日和だったのでは?
Commented by furaibow581203 at 2016-04-10 17:53
こんばんは、ポンちゃん。
>時速4㎞。平地並みの速さですね。(驚き)
最初はそんなに早く歩けないと思っていましたが、ほぼ平坦な道でした。
九州百名山、残りは遠いので一泊二日で効率良く登ろうと思っています。
>お天気も良く最高の山日和だったのでは?
金・土と思ったより晴れず、期待外れでしたが、却って良かったかも。
気温は高く、もうすっかり春ですね。
Commented by yamabakanikki at 2016-04-10 22:07
こんばんは~☆
 よか山系ば、よかペースで、歩きなったですね~
 迷子にならんごつ、自然を堪能してください。
 ヒトルシズカちゃん、もぜぇ~♪ (笑)
   
Commented by furaibow581203 at 2016-04-11 02:51
山馬鹿さん、おはようございます。
計画していた通りに歩けて良かったです。
金曜からの3日間、山と畑で疲労困憊でした・・・(笑)
ヒトリシズカは丁度、日差しを浴びていて輝いていました。
花は無いと思っていただけに嬉しかったですね。
Commented by tinnan1515 at 2016-04-11 13:33
風来坊さん、こんにちは。
九州百名山を2座制覇され着実に進んでおられますね。
歩く速度が時速4㎞とは素晴らしい。
翌日も3座踏破されているとは凄いの一言。
お疲れ様でした。
Commented by furaibow581203 at 2016-04-12 03:29
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
大金峰~小金峰の間はほとんど平坦ですので平地並みに歩けます。
登山口で出会った人も多分早かったと思います。
うすきさんも参考にして下さいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード