ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

面白山(山形県山形市)

10月12日(月) 晴れ
東北の山歩き、最終日は面白山(おもしろやま)へ。
珍しい名前です。
今回は栗駒山の後には鳥海山、月山と思っていましたが、天気や紅葉の様子で変更もありうると考え
宮城・山形の山を分県登山ガイドでいくつかピックアップしていました。
その一つが面白山だったのです。
最終日は、朝の天気や予報を確認して月山か、面白山に決めようと前夜決めました。
夜には星も見えていたのですが、空が明るくなると月山のある西の方は雲がかかり、
面白山のある東は雲がかかっていませんでした。
予報でも、日本海側は曇りか雨になるところもある一方、太平洋側は晴れるでしょうと。
面白山は宮城県と山形県の県境で太平洋側に近いですので、こちらに決めました。
折角なら天気の良い方に登りたい。しかも、面白山のネーミングは良い。
九州の人でこの山に登ったことがある人は少ないでしょう。
風来坊の山友さんのブログでも見た記憶はありません。人が登っていない山に登りたい!
天気予報を聞いた5時半頃、道の駅を出発してナビの案内に従って登山口へ向かう。
1時間ほどでJR仙山線面白高原駅上の駐車スペースに停めて準備をする。
d0182075_2295843.jpg
この案内板の前に3台ほどの駐車スペースがありました。
すぐ横にはトイレ。水洗できれいなトイレでした。
帰りのことも考えて荷物を整理する。シュラフは車の中で広げて少しでも乾かすようにしました。
準備完了して出かけますが、6時57分に列車が来ますので待ちます。
線路脇の白い建物は旅館。
駅の写真を撮っていたら、仙台へ帰る人がここから降りてきていました。
面白山を歩いて泊まり、朝帰るとのこと。日帰りしないところが良いですね。
d0182075_22131480.jpg
写真を撮ってから出発。
駅の上を通って天童高原方面に進むと直ぐに登山口があります。7時にここを出発。
d0182075_22141674.jpg
登山口から少しの間は谷筋ですが、あとは尾根の登りが続きます。
しかも登りはほぼ真っ直ぐの登り。
d0182075_22151975.jpg
登って、少し平らなところがあり、再び真っ直ぐの登り。
紅葉もところどころで見られます。
d0182075_22155619.jpg
自然林が気持ち良いです。
松が多いところもありました。
d0182075_22163881.jpg
そして登りが続きます。
d0182075_22181547.jpg
標高を稼いでいくと色づいた葉が増えてきます。
d0182075_22184736.jpg
1時間ほどで長左衛門道を横切るところへ。
d0182075_22194446.jpg
この道は車用では無さそう。
ここから再び同じような登りが続きます。
d0182075_2221922.jpg
少しずつ木が低くなっていきました。
d0182075_2221599.jpg
大分登って来て、ようやく展望が少しずつ楽しめるようになりました。
下の写真の左のピークが面白山でしょうか・・・。
d0182075_2223916.jpg
紅葉も赤や黄色だけでなく混色のものも楽しめます。
d0182075_22242884.jpg
先が見えると元気も出ます。
登り始めて2時間弱で面白山山頂(1,264m:別名 北面白山)到着。
d0182075_22261567.jpg
山頂からの展望は360度。
月山の方向は雲がかかっていて良く分かりません。正解だったかなぁ・・・。
南側にはテーブル状の特長のある山が見えます。
d0182075_22274584.jpg
大東岳です。この山も候補として準備していました。
北の方はこんな景色。こちら方面では候補として船形山を準備していましたが、宮城県側からのルートしか調べていませんでしたので、止めました。
d0182075_22282092.jpg
山頂には5分ほどいて周回します。
振り返った面白山。山頂付近は紅葉がきれい。
d0182075_2229116.jpg
尾根沿いを歩いて中面白山へ。その手前から再び振り返りました。
「く」の字形の稜線を歩いてきました。
d0182075_2230021.jpg
中面白山(1,223m)は山頂の標識が良く分かりませんでした。
山頂と思われる付近で風を避けて、おにぎりでガソリン補給。10分ほど休んで下山開始。
d0182075_22315059.jpg
先ほどの大東岳が近くなりました。右は南面白山。北面白山から4kmほど離れているらしい。
笹の高原帯を下ると長左衛門平へ。
標識に従って右に折れます。少し進むと分岐があり、そこは左に下ります。
そこからの下りの道は広くブナ林も良い感じです。
d0182075_22362798.jpg
ここからの下りは谷筋です。
d0182075_22365323.jpg
沢沿いの道は今回初めて。
d0182075_22374285.jpg
紅葉も良いのですが足元のコケも良い感じです。
d0182075_22381793.jpg
なだらかな下りを降りていくと緑が増えてきます。
d0182075_22385965.jpg
でも、もみじがきれいに色づいているのも時折楽しめます。
d0182075_22393853.jpg
この頃、ようやく登山客に出会う。
それまでずーっと一人。時々、大きな声で熊へ合図を送っていましたが、もう心配なさそう。
手作りの吊り橋もどきもありまして、なかなか面白い。
d0182075_22413120.jpg
遠くに滝が見えると下山口が近い。
d0182075_22421963.jpg
4時間ほどの山歩きを楽しむことが出来ました。
一応、これでも累積標高差1,000m、距離も10kmほどのコースです。
予定していた鳥海山、月山は登れませんでしたが、珍しい名前の面白山と紅葉を楽しめて満足。

今日の行程
  登山口7時→長左衛門道出合8時6分→山頂8時54分~8時59分→(途中10分休憩)
  →長左衛門平9時59分→下山口10時58分

汗は、蔵王温泉で流したい!
今回、銀山温泉、肘折温泉に入りましたが、締めはやっぱり有名な蔵王温泉でしょう。
そのために少し急いで歩いたのです。
1時間ほど走って、蔵王温泉に到着。目についた温泉に飛び込む。
450円、安い!と思いましたら、石鹸、シャンプーが無い温泉でした(笑)
d0182075_22462118.jpg
でも、風呂から紅葉も楽しめて良かったです。
温泉らしい硫黄の匂いのする良い湯でした。
風呂からだけでなく車中からも蔵王の紅葉を楽しんで、一路仙台空港へ。
途中、宅急便の手配も済ませて、16時20分発の飛行機に乗って福岡に帰りました。
今年は、北海道、東北、関東、信越、北アルプス、北陸、中国、四国とあちこちへ遠征しました。
さすがに遠征はこれでおしまい。
自由に遊ばせてくれる家内に感謝しなければいけませんね。



by furaibow581203 | 2015-10-15 03:19 | 山歩き | Comments(4)
Commented by tinnan1515 at 2015-10-15 04:45
風来坊さん、おはようございます。
東北山旅を存分に楽しまれましたね。
最後の山が面白山。初めて知る山名でした。
東北の紅葉を堪能されたあとは九州ですね。
今年は日本縦断の山歩きを大いにエンジョイ。
奥様に感謝ですね。    
Commented by furaibow581203 at 2015-10-15 04:58
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
早いですね!?
>最後の山が面白山。初めて知る山名でした。
皆さんのこんなコメントを頂けるのが嬉しいのです(笑)
今週からは九州の紅葉を楽しみます。
今年は本当にあちこちに行きました。家内には感謝、深謝です。
Commented by 山馬鹿 at 2015-10-15 22:31 x
こんばんは~☆
 面白山、いや~ 実に素晴らしい山に~
 眺望・綺麗な絨毯ロード・紅葉・ブナ・・・ 静かな山・・・
 無名の名山が、後々記憶にしっかりと。
 荒島岳の翌日に行った「瓢ヶ岳」がまさに! 
Commented by furaibow581203 at 2015-10-15 23:13
山馬鹿さん、こんばんは。
この時間に風来坊が起きているのは珍しいですが(笑)・・・。
面白山、名前だけでなく、楽しめる山でした。
風来坊の記憶に閉じ込めておきたいので行かないで下さいませ(笑)
地元の方は早朝から登るより、ゆっくりと楽しまれる山のようでした。
でも、それが幸いして静かな山歩きが出来ました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード