ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

晴れの摩周岳(カムイヌプリ)(北海道川上郡弟子屈町)

6月19日(金)晴れのち曇り
金曜午前中でボランティアが終わってから、折角の機会ですので山歩きをしました。
午後からの時間ですので比較的簡単に登れる山と言うことで観光と山歩きを兼ねて
摩周湖と摩周岳(カムイヌプリ:神の山の意)へ。
第一展望所の駐車場(有料500円)へ駐車して展望所から先ずは一枚パチリ。
d0182075_6522124.jpg
摩周湖と言えば布施明の「霧の摩周湖」が風来坊の年代(50代後半)では必ず頭に浮かぶはず…。
ですが、晴れの摩周湖でした(嬉)。中央右の火口のような山が摩周岳です。
湖をぐるりと半周、7.2km歩くコース。ガイドブックには4時間半とあるが4時間で帰ってくるつもり。
すでに14時前。普通なら今から登る時間ではありませんが、折角ですから行きましょう!
d0182075_6522959.jpg
展望所の横からコースがスタートします。
少し歩くと摩周岳が左に見えるようになります。コースに入ってすぐからエゾノクサイチゴやオオヤマフスマなどの白い花が足元を賑わせてくれます。
d0182075_652397.jpg
そして北海道らしいシラカバ林。
シラカバは成長が早いので草地に早く生える木らしいです(野鳥の会の方から聞きました)
d0182075_6524897.jpg
この辺りを過ぎるとしばらく摩周湖が見えなくなりました。
d0182075_652566.jpg
歩き始めて1.5kmを過ぎると白い花から青色系の花が目立ちます。
まずはエゾフウロ。
d0182075_653233.jpg
この山系にはチシマフウロもあるらしいですが、帰ってから二種類あると気付き、違いをお見せすることが出来ませんでした。準備不足でしたね…。
次はハクサンチドリ。
d0182075_653795.jpg
そしてヒオウギアヤメ。これは毒があるので牧草地にあっても食べられずに残ってしまうそうです。
d0182075_653172.jpg
青に押されていますがゴゼンタチバナや
d0182075_653288.jpg
ツマトリソウも頑張っています。白と青の競演。
d0182075_6533790.jpg
歩きやすそうな草原ですね。気持ち良かったです。
d0182075_6534576.jpg
ここはスタートして4.2km地点。54分で到達。
ここで女性二人組に会いましたが、この方々が最後の方のようでした。ですからこの後はクマが出ないか冷や冷やしながら歩くことになり、少しペースが上がりました。
摩周岳が近くになりましたね。
d0182075_654682.jpg
歩いていくと登山路にミヤマオダマキ。嬉しいです。
根室の町にはいたるところにミヤマオダマキが咲いていましたので珍しくはありませんが、
やはり山で見るのが嬉しいですね。
d0182075_6541423.jpg
そして登山口から70分で5.6km地点。西別岳への分岐です。ここから1.6kmで山頂。もう近いです。
d0182075_6542317.jpg
1Kmほどは同じような道を歩きますが、残り400mほどでようやく登り。
この辺りでヨツバシオガマを発見。今日はこの1株しか見つけられませんでした。
d0182075_6543159.jpg
登っている途中から山の火口側を写します。とても登れそうな感じではありませんね。
d0182075_6544095.jpg
登山路は火口の外側を歩きます。
こんな感じで全然怖くありません。
d0182075_6544890.jpg
歩き始めて1時間38分で摩周岳(857m)山頂。
思った以上に歩きやすく、思ってた以上に花が多いコースでした。
d0182075_654577.jpg
少し曇り始めたのと遅くなりたくないので5分ほど展望を楽しむだけにしました。
火口の縁の部分は切り立っています。
d0182075_655629.jpg
後ろは摩周湖の裏の部分。
右の端は浅くて少し色が違っていて良い感じでしたが、写真では分かりにくいですね。
d0182075_6551418.jpg
山頂付近にはキクバクワガタと思われる花や
d0182075_6552282.jpg
エゾツツジの蕾と思われるものなど登山路とは違った花を楽しむことが出来ました。
d0182075_6553085.jpg
山頂から少し下ったところで写した西別岳。こちらも花が多いそうです。
時間に余裕がある時は両方楽しむのが良いですね。今回は仕方ありません。
d0182075_6553984.jpg
帰りはひたすら歩き登山口へ。もうすぐ終わりに近づいたときに西側に高い山。阿寒岳のようです…
d0182075_6554849.jpg
結局、3時間10分で摩周岳登山完了。
日没までは時間はありましたが、曇って少し暗くなっていましたので急いで良かったです。
車で川湯温泉へ向かう途中で第三展望所へ寄り、違う角度の摩周湖を写しました。
d0182075_655573.jpg
d0182075_656478.jpg
摩周湖と摩周岳の両方を楽しめた良い山歩きでした。
このコースなら足が強くない方にも大丈夫。しかも花多数。
近くには川湯温泉があり、汗も流せます。他にも温泉は沢山ありますが川湯が近いですね。
温泉で汗を流して斜里町へ。途中で雨になりました。
明日は百名山の斜里岳に登る予定ですが、結果は如何に…。

今日の行程
  登山口13時58分→3.1km標識14時40分→4.2km標識14時52分→5.6km標識(分岐)15時8分
  →山頂15時36分~41分→分岐16時2分→4.2km16時18分→3.1km16時31分→登山口17時7分
by furaibow581203 | 2015-06-23 04:54 | 山歩き | Comments(8)
Commented by kabuto1952 at 2015-06-23 05:43
おはようございます。ボランティア活動はお疲れ様でした。霧のかからない摩周湖は運が良くないと見渡せないそうですよ。展望の素晴らしい日に周回トレッキングが出来て最高でしたね。花も涎が出るくらいに豊富でしたね。私も行きたくなりました。梅雨の無い北海道ですので、来年のこの時期には計画を練って行きたいと思います。熊が恐いですけどね(笑)
Commented by tinnan1515 at 2015-06-23 05:44
風来坊さん、おはようございます。
”霧の摩周湖”は大好きな曲です。
でも山歩きとなれば晴れが一番。天候に恵まれてよろしかったですね。
景観が素晴らしい。そして、花が多いのには驚きです。
Commented by 風来坊 at 2015-06-23 08:47 x
おはようございます、いーさん。
確かに良い日に行けて運が良かったです。
歩き易いとは予想していましたが、花が思った以上にあって最高でした。
北海道は広くて札幌が晴れでも他のところでは雨になったりしていて難しいですね。
真夏の8月が一番安定しているかも知れません。
Commented by 風来坊 at 2015-06-23 08:51 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
霧の摩周湖も見てみたかったのですが、やっぱり晴れが良かったです。
摩周湖を見ながら霧の摩周湖を唄うのを忘れていました。
いーさんが行きそうですので、クマ除けに唄ってもらいましょう(笑)
花も多そうな山です。手軽に行けるのも良いですね。
良いチョイスだったと自画自賛しています(笑)
Commented by rollingwest at 2015-06-23 08:59
摩周湖で晴れたとは心がけがいい証拠ですね!摩周湖は過去2回行きましたが摩周岳は登ったことがないので憧れです。湖の裏にある神の子池にも行ってみたい・・!
Commented by ポンちゃん at 2015-06-23 20:33 x
こんばんは!
ボランティアで遠征ですか~?
何でも利用してしまうその貪欲さ、見習わなければ(笑)
それにしても、絶景と多くのお花たちに囲まれ、ナイスな北海道旅行でしたね。
Commented by furaibow581203 at 2015-06-23 21:02
こんばんは、rollingwestさん。
好天に恵まれて摩周湖・摩周岳を楽しむことが出来ました。
神の子池、ノーマークでした・・・。
でも、道東は九州からは乗り継ぎもあり遠いですね。
多分、もう行くことは無いと思いながら歩きました(笑)
Commented by furaibow581203 at 2015-06-23 21:07
ポンちゃんさん、こんばんは。
ボランティアは飛行機代が会社持ちでしたので、宿泊費と食事代が自前でした(笑)
最初はボランティアよりその後の山歩きがメインと思っていましたが、ボランティアで色々と勉強できて良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード