ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

野間岳と磯間嶽(鹿児島県南さつま市)

5月17日(日) 曇りのち晴れ
GWに母親の都合が悪かったので帰らなかったのだが、今週は家の手伝いなどをしようと鹿児島に帰省。
土曜日は午後から雨も上がったので家のことを済ませる。
なら、日曜は山に行こう!(笑) 家内からは帰省の目的は最初から山では?と冷やかされる・・・。
朝早く起きて、3時半過ぎには出発。先ずは遠い野間岳へ。
5時前に登山口に着くが、さすがに暗い。次の磯間嶽のナビをセットしたりして時間を潰す。
明るくなった5時14分出発。
d0182075_318270.jpg
写真では明るく写っていますが、実際はもう少し暗かったです。
登山口から入って、左に野間神社。参拝して右側を通って登ります。
しばらく舗装された道を登る。少し登ったところに県内の市町村の樹木を植えてあります。
d0182075_32132.jpg
舗装路から階段になる。
上に行くにつれ傾斜が急になります。
d0182075_322127.jpg
登り始めて24分。一等三角点のある山頂(591m)へ。
少し展望の良い場所へ向かいます。ここが一番高いと思われるところ。
残念ながら、展望は良くありません。が、この高さで雲海が見れました!
d0182075_3242326.jpg
反対の方向には雲の上にぽつんと顔を出した開聞岳も見えました。
5分ほど景色を楽しんで下山。登りとあまり時間が変わらない20分ほどで登山口へ。
数日前からの雨で足元は悪かったです。
次の磯間嶽へ向かう前に駐車場の前に流れていた水で靴を洗う。
磯間嶽は岩場が続くようなので靴はきれいにして行こうと。

野間岳から30分ちょっと走って磯間嶽が近くなる・・・。すると雲の中に怪しげに浮かぶ山影・・・。
d0182075_3305332.jpg
磯間嶽のようです(帰りに確認したらそうでした)。
登山口は直ぐに行けたのだが、駐車場所が無い。
登山口前に2台ほど駐車できるスペースがあるのだが、ショベルカーが1台停まっていて、
もしかして作業するなら邪魔になる。
そう思って路駐するものの、これも落ち着かない。
やっぱり駐車スペースに駐車。・・・と、ここで10分ほど時間が経過しました(笑)。
d0182075_3341325.jpg
6時56分スタート。10分ほど林道を歩きます。
途中、イノシシを見ましたが幸いに逃げてくれました(ホッ)。
ここからが登山道のようです。
d0182075_3354197.jpg
中に入ってしばらく登ると直ぐに岩場があります。
これが意外に手強い。雨の影響で足場が悪く滑りやすい。慎重に登ります。
d0182075_3371083.jpg
何とか登りますが、この先登れるのか心配になったほど。
そんな気持ちを癒してくれたのがこの花。
d0182075_338328.jpg
初めて見る花です。調べましたところ、キキョウランと思われます。
先に進むと大坊主岩。
d0182075_3394372.jpg
今回は山と渓谷社の分県登山ガイドの地図を参考に登りました。
でも、地図には左に行くようになっているのですが、文章は右へ巻くと書いてあり迷うところがあります。
この先がそうです。右に巻くのが正解です。
岩場を越えて行けば迷うことも無いのでしょうが、こんな岩場もあり、巻く方を選びます。
この登山路はロープが多いのですが、擦り切れそうなロープもありロープばかりに頼る訳にはいかないと感じてしまうのです。歩くと分かります。
d0182075_3422891.jpg
でも、巻くと言っても道が分かりにくい。少し迷ったりしてここでも帰ろうかと思ったほど。
ようやく見つけた道を登って先へ進みます。ここの登山路はテープはあるのですが、数が少なく、色も褪せていますので分かりにくい。よく探して登らねばいけない山です。
他の場所でもよく調べなければいけませんでした。
岩場を過ぎて樹林帯に入るが、この先も意外に急。しかも濡れているので滑る。
木を掴みながら1時間ほどで325mのピーク。
d0182075_3455836.jpg
ここから左に折れます。鞍部へ下り、再び登ります。
途中景色が見えそうな場所へ行きますがまだガスっています。
d0182075_3472155.jpg
磯間嶽の先端に登れるのか・・・。濡れた岩場が心配になってきます。
何度かアップダウンをしますが、岩場は相変わらず慎重に歩かねばいけません。
d0182075_349147.jpg
ピンクのタツナミソウがありました。こんな時だけはほっとさせてくれます。
再び登っていくとようやく日が差してきました(嬉)。岩場よ、乾いてくれ!そんな気持ちです。
d0182075_3503774.jpg
登り詰めるとこのルートで一番標高が高い中嶽(394.5m)。
d0182075_3514318.jpg
ここから少し歩くと再び岩場。
下はワンコ岩です。乗った写真を撮る余裕はありませんでした・・・。
d0182075_3524250.jpg
岩場周辺にはシャリンバイがあるとGWにご一緒した外西さんに聞いていました。多分散っていると思っていましたが、何とか片鱗だけは楽しめました。
d0182075_354370.jpg
先へ進むと磯間嶽が見えます。あんなところへ行くのか・・・。今日は弱気な風来坊。
d0182075_355652.jpg
この先から激下り。滑るので慎重に下ります。また、岩場を巻くのに迷ったりと大変。
しばらく格闘して分岐へ出ます。ここが磯間嶽の山頂直下です。見上げると写真で見た光景。
d0182075_3565491.jpg
最初の取り付きの鎖が短く足場も滑りやすいので難しそう。慎重に登ります。
最初の2mほどを登るとこんな感じ。
d0182075_3581068.jpg
登り始めはちょっと慎重になりましたが、ここから先はそれほどでもありません。
でも、慎重に鎖をたどって登ると磯間嶽山頂(363m)
d0182075_40190.jpg
登山口から2時間半。約300mの登りにこれだけの時間がかかるとは驚き。
そよかぜさんが前に登られた時に最強の低山かもと書かれていましたが、確かにそう思いました。
折角なので山頂の標識がある場所から先端まで進みます。
d0182075_422174.jpg
先端へは最初は行けるかなと思ったのですが、意外に大丈夫でした。
でも、人が多い時には気を付けましょう。
周囲の展望は霞んでいて先ほど登った野間岳が確認できたくらい。開聞岳は気付きませんでした。
今日は昼過ぎには福岡へ帰るつもりでしたので、山頂ではゆっくりせず下山開始。大浦登山口へ。
下山路も雨で土砂が流れて分かりにくい。
d0182075_444578.jpg
慎重に道を確認しながら下ります。大分下ったところでサワガニ発見。脱皮したてでしょうか・・・色が無い。
d0182075_454329.jpg
山頂から20分で大浦登山口。ホッとします。
ここから林道を歩いて駐車した場所へ。20分ほどで戻りました。
途中、舗装路が雨で陥没したところもありました。車に帰って着替えていたら地元の方に出会ってお話ししました。その方によると陥没したところは、この週の雨で陥没したとのこと。
それだけの雨が降ったのなら、今日登山路が歩きにくかったのも仕方ないですね。
本当に手強い山でした・・・。
でも、山で迷った時にこんな花に出会えました。
d0182075_492511.jpg

d0182075_493376.jpg
地元の方はガンセキランと言っていました。
岩場に咲く花のようです。道迷いもたまには良いことが・・・。
今回の登山で九州百名山に選ばれたことがある山、146座中100座登りました。残るは46座。
来年中に達成できるか、ちょっと厳しいかも知れませんがチャレンジしてみましょう・・・。

今日の行程
  野間岳
  登山口5時14分→山頂5時38分~44分→登山口6時5分
  磯間嶽
  登山口6時56分→登り口7時5分→325ピーク7時56分→中嶽8時42分→分岐(山頂直下)9時24分
  →山頂9時26分~31分→分岐9時33分→大浦登山口9時51分→登山口10時10分
by furaibow581203 | 2015-05-18 04:16 | 山歩き | Comments(18)
Commented by tinnan1515 at 2015-05-18 05:26
風来坊さん、おはようございます。
九州百名山に選ばれた146座中の100座目をふる里の山で達成、おめでとうございます。
低山でありながら最強の山、記念の山となりましたね。
ガンゼキラン参考になりました。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-18 05:39
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
丁度100座目の節目、故郷で登れたのは嬉しかったですが、手強い100座目でした。
うすきハッピーリタイアメントさんも磯間嶽を登られる時には当日晴れるのはもちろんですが、前日の天気も重要ですので参考にされて下さいませ。
ガンセキラン、エビネかと思いましたが違うようですのでもう少し調べてみます。
Commented by aibex at 2015-05-18 17:53
こんにちは、ガスがかかった磯間嶽は神秘的ですね~

しかし濡れた岩場は危険極まりなかったでしょう!

ここはやはり野間岳とセットになりますよね(^.^)

しかし100座目ですか!凄いです!
私も九州百名山を挑戦中なのですがまだまだ先が長いです(^_^;)

Commented by kabuto1952 at 2015-05-18 19:11
こんばんは。百峰目の達成おめでとうございます。残りが多いとは言えとりあえずは一区切りのラインですね。磯間岳は花の名所でもあるらしいですね。岩石ランなんて初めて知りました近ければ四季折々登りたい山でもありますね。残りの百名山に共通の山がまだまだ残っておりますので、是非御一緒したいと思いますので是非とも宜しくお願いします。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-18 19:38
こんばんは、ヒロ(aibex)さん。
ガスの中に浮かんだ磯間嶽が幻想的でしたので、そちらの写真を使いました。
風来坊の気持ちを斟酌していただきありがとうございます(嬉)。
九州百名山を登るならどうしても野間岳とセットにしてしまいますね(笑)。
風来坊は地元が鹿児島なので別々でも良いかと思いましたが、野間岳とセットが良いですね。
ヒロさんと九州百名山でお会いするのを楽しみにしています。

Commented by furaibow581203 at 2015-05-18 19:41
いーさん、こんばんは。
ようやく三分の二が終わったところです・・・。
しかも残るは遠い山ばかり・・・。
今回の磯間岳、当初思っていたより珍しい花に出会えて良かったです。
いーさんももう一度磯間嶽にチャレンジして下さいませ。
岩稜コースです。風来坊もお供しますよ。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-05-18 21:00 x
こんばんは。
山へ登るために実家に帰るのか~~(笑)
まさしく奥さまの言われるとおりですね。
磯間嶽、低山ですが登り甲斐のある山だったでしょう。
岩稜コース、楽しかったです。
駐車場がないのが難点ですね。
Commented by 山頂の凧 at 2015-05-18 21:27 x
こんばんは。
磯間嶽、満喫されたようですね。
あとは、ザイルを少し練習していただきましたら、
根子岳縦走、いつでもご案内いたします。
Commented by ポンちゃん at 2015-05-18 21:52 x
こんばんは
よさそうな山ですね!
福岡県に引っ越してもらえばいつでも登れるのに~!(笑)
ガンセキラン、キエビネにも似ているようですが少し違うのですね。
また登りたい山が増えました。
減ることはないですね(爆)
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 03:39
おはようございます、信ちゃんさん。
>山へ登るために実家に帰るのか~~(笑)
GWに帰っていたとしてもやっぱり山には行ったでしょうね・・・。
立派な山馬鹿になってしまいました(笑)。
磯間嶽、本当に面白いと言うか登り甲斐のある山でした。
確かに駐車場が2台分しか無いのが難点ですね。路駐は出来そうですが、地元の方によると警察も良く通るそうです。実際に取り締まるかどうかまでは聞き損ねましたが、何とかして欲しいですね。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 03:50
凧さん、おはようございます。
凧さんもGWに行かれていらっしゃいましたよね・・・。
当初の計画では凧さんの2,3日前に行くつもりでした(笑)。
磯間嶽は岩稜コースを是非歩かれて下さい。
ザイルを使えるところが多いと思います。
>根子岳縦走、いつでもご案内いたします。
それだけはご勘弁くださいませ。今回の磯間嶽でも何度か帰ろうかと真剣に思いましたので、根子岳は絶対に無理です(爆)。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 03:55
おはようございます、ポンちゃんさん。
磯間嶽、なかなか手ごわい面白い山です。
登ったあとに調べましたが、珍しい花が多い山でもあるようです。
エビネかと思ったガンセキラン、これは絶滅危惧種になっていました。道に迷って良かったです(笑)。
ここの岩稜コースは晴れた日(前日大雨も止めた方が良い)が絶対条件と思いました。
Commented by massuru2013 at 2015-05-19 04:59
おはようございます
一区切りの100座目おめでとうございます
やはり肉まんさんが手こずっただけあって、大変そうな山ですね
私が野間岳に登った頃は、磯間嶽は百名山に入れてなかったので知りませんでした
146は面倒なので、私は「新版九州百名山」だけでカウント
していますのでこの山には挑戦しないかもです(^^;)

ガンゼキランは、30年ほど前に栽培していたことがありますが
園芸品としては、葉に点々と斑が入る品種のホシケイランの方が多いかもです
でも、かなり大きくなるので、ラン小屋に入れるとちと邪魔でした(はい)
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 06:45
マッスルさん、おはようございます。
磯間嶽、最後の登りですが、足場が乾いていれば最初のとっかかりをクリアすればあとはそれほどでもありません。チャンスがあれば花と一緒に楽しまれて下さい。
ガンセキラン、地元の方の話では葉に黒い点が入るものとそうでないものの二種類があるそうです。私が見たのは葉に点が入らないものでした。
Commented by yamanosoyokaze at 2015-05-19 07:58
おはようございます。
磯間嶽 なかなかの山でしたでしょう。
特にこの周回コースはルートもよくわからないし、危険個所もいっぱいで、遠くに磯間嶽が見えた時には、卒倒しそうでした。笑
お宝にも出会えてよかったですね~
こちらにもあるようですが、超希少種です。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 09:53
おはようございます、そよかぜさん。
磯間嶽、最強の低山と思いました。
登山口から2時間半かかっても標高300mですから(笑)。
確かにルートは分かりませんでした。2,3日前の大雨の影響もあったかと思いますが、どこを進むのか慎重に歩かねばならないルートでした。帰ろうにも帰りも怖そうだし、山頂直下まで行き、無理そうならそのまま下山しようとも思ったほどです。
上半身もかなり使いましたので腕の筋肉痛が今日まで続いていますが、ちゃんと昨日から痛かったです(笑)
ガンセキラン、地元の方に聞くまでは黄色いエビネとばかり思っていました。名前も分かり良かったです。
Commented by rollingwest at 2015-05-19 13:02
九州は一番輝いている季節!バリエーションありますね。
今日から夏期休暇を前倒し取得して九州山行きの準備中です。明日から山仲間と2人で宮崎県の大崩山(敗退した昨年のリベンジ)に挑戦してきます。その後は別れて一人で尾鈴山、さらには高千穂峡・西都原古墳・青島神宮・鵜戸神宮など天孫降臨や神武天皇関連の史蹟を徹底的に廻って来る計画です。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-19 13:53
rollingwestさん、こんにちは。
明日から宮崎の山と史蹟巡りの旅ですか?
今週は晴れの日が多そうですので大崩山のリベンジが果たせると思っていますが、気を付けていらっしゃいませ。
良い夏休みになりますよう祈っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード