ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

18きっぷ利用:二日連続の山歩き 津波戸山(大分県杵築市)

1月10日(土) 晴れ時々曇り
昨夜寒さを感じながら床に就いたのだで心配していたが、杞憂に終わって良かった・・・。
朝4時半頃目覚めると、体調は良い。7時間の睡眠が良かったかも知れない。
疲れは多少残るものの、今日は午前中で登り終える予定です。
駅のコンビニで朝食を買い、準備を進める。昨日のこともあり、朝食は滑り落ちないものにしました(笑)。
6時58分別府発の電車で西屋敷へ行きます。
d0182075_11453818.jpg
この時期の7時前はまだ暗い。
40分ほどで西屋敷駅。すっかり明るくなりました。駅を出て線路をくぐって右に折れ真っ直ぐ歩きます。
d0182075_1148082.jpg
多分、あれが津波戸山でしょうか・・・。なかなか手ごわそう。低山と侮れません。
駅から20分ほどで駐車場。勿論、夜明け直ぐのこの時間、来ている人は居ない。
d0182075_11504824.jpg
更に進んでいくと登山口。ここまで約30分。
d0182075_11533183.jpg
最初は広めの道だが、直ぐに狭くなる。そして猪に荒らされた道に。
20分強歩くと二番札所。一番札所は気付かず通り過ぎたようだ・・・。
d0182075_11553921.jpg
この裏から西岩尾根に取り付く。いよいよクサリ場が続く難所です。
d0182075_11574584.jpg
岩尾根伝いに登って行くと無明橋。ここを渡って先に進むと思っていました。
d0182075_11582617.jpg
渡って気付いたのが、引き返さねばならないと言うこと。ですから怖い方は渡らなくても先に進めます。
このコースはクサリが無ければ岩尾根を登ると思って良さそうです。そして、ヨコバイへ。
d0182075_1212893.jpg
横に進んだら下るのですが、最後の足場が見えないのがちょっと嫌ですが、背の高い人なら一気に降りれますので安心を。
下から見るとこんな感じ。一番下の方の二つの足場が上からは見えないのです。
d0182075_123721.jpg
一旦、大きく下り再び登ると先ほど下った岩場が見えます。
d0182075_1235044.jpg
再び下って、針の耳。ここは滑りやすいとどなたかのブログで見ていたので慎重に下ります。
d0182075_1252278.jpg
ここはクサリを掴む前の土の部分が滑りやすそう。クサリをしっかり掴めば大丈夫です。
「針の耳」とあるので狭いかと心配しましたが、風来坊でも楽々と通れるところでした(ホッ)。
ここを下るとまたまた登り。山頂方面が近くなっているのが分かります。
d0182075_1265161.jpg
更に登ると三十七番札所。
d0182075_1273164.jpg
右の方に踏み跡があるのでそちらへ下りましたが、違います。
三十七番札所は、上に登らねばなりません。ここまでくれば難所は過ぎています。何度目かの下りを終えると普通の登山路になります。
d0182075_1292860.jpg
少し登ると硯石水がありました。
d0182075_12105835.jpg
一滴ずつ落ちて水が溜まっています。でも、冷たそうなので飲みません。
ここから峠は直ぐ。左に向かうと展望場所があるが更に進むと津波戸山山頂(529m)。
登る時にはどんな狭い山頂かと心配しましたが、まったく大丈夫でした。
d0182075_12132887.jpg
ここまで駅から2時間。山頂は展望が無いので西展望所へ。
d0182075_12143693.jpg
今日はPM2.5の影響なのか展望はさっぱり。
5分ほど景色を楽しんで、9時47分下山開始。
下りは石場が続き、苔があるので慎重に下ります。20分ほど下ったころに夫婦岩が。
d0182075_121701.jpg
この岩の裏手に弘法大師像。
d0182075_12173268.jpg
ガイドブックによれば西岩尾根コースの途中に見えるそうだが、登る時には気付きませんでした。
夫婦岩の少し下から東岩尾根コースへ。登って行くと東岩尾根コースの始まり。
d0182075_1219171.jpg
西岩尾根と比べると山頂方面が少し遠く感じます。
こちらのコースは短く、ほぼ真っ直ぐの尾根コース。
d0182075_12201650.jpg
歩いて行くと登山路沿いに使い終えた鳥の巣。
d0182075_12214199.jpg
登山路沿いにあったので無事に営巣できたのでしょうか気になるところです。
そして八十八番札所で霊場巡りの終了。
d0182075_12223574.jpg
ここから一気に下ります。岩場から林の中へ入り、クサリを伝って下りました。
d0182075_12232182.jpg
あとはそのまま下って西屋敷駅へ。駐車場を見ると軽自動車が一台だけ。意外に登る人が少ないのですね。危険な個所があるので一般向けでは無いかも。でも面白い山でした。
駅に着いたのが11時9分。電車の時間が11時24分とばかり思っていましたが、42分・・・。


30分ほど待って電車に乗り、西小倉で乗り継いで戸畑へ。目指すは戸畑ちゃんぽんの老舗「八福」へ。
d0182075_12271616.jpg
13時30分を過ぎているのに並んでいました。
でも、そんなに待つことなく店内へ。勿論、ちゃんぽんを注文。値段は400円。
d0182075_1229891.jpg
戸畑ちゃんぽんは麺が独特の蒸し麺らしい。写真では分かりませんが細目の茶色っぽい麺でした。独特の味わい。でも、今どきちゃんぽんが400円とは安い。確かにスープはやや薄めですが、この値段では仕方無いでしょう。ちなみにラーメンは350円でした。
14時19分発の電車で博多へ帰り、自転車で自宅に着いたのが16時過ぎ。
今日は次男が成人式のため正月に続き帰ってくるので早めに帰りました。

今日の行程
西屋敷駅7時40分→駐車場7時57分→登山口8時8分(衣服調整)→西岩尾根取付8時34分→無明橋8時42分
→針の耳8時55分→硯石水9時28分→津波戸山頂9時39分→西展望所9時42分
山頂9時47分→夫婦岩10時10分→西岩尾根取付10時12分→西岩尾根から登山路10時30分
→登山口10時42分→西屋敷駅11時9分

費用   電車代(青春18きっぷの残り)1,750円、朝食ほか418円、昼食400円  計2,568円

二日間で1万ちょっとの旅&山歩きに満足。未踏だった犬ヶ岳、求菩提山、津波戸山の三山へ行けた。
春か夏には5回分の正式な青春18きっぷで楽しむのも悪くない・・・。
by furaibow581203 | 2015-01-12 12:45 | 山歩き | Comments(6)
Commented by tinnan1515 at 2015-01-12 18:10
風来坊さん、こんばんは。
二日目は津波戸山でまたまた九州百名山でしたね。
低山なれど結構面白い山歩きができたのではと思っているところです。
ご子息様のご成人おめでとうございます。
Commented by 風来坊 at 2015-01-12 19:05 x
こんばんは、うすきハッピーリタイアメントさん。
今年の登り初めは天気に恵まれて良かったです。
津波戸山、なかなか面白い良い山でしたが、無明橋の往復は想定外で慎重になりました。
一番下の子供がようやく成人になり、あと2年で社会人になって欲しいと願っています。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-01-12 21:41 x
こんばんは~
列車の旅でこちらの山へお出での時は連絡くださいね。
いつでもアッシー君をしますよ。
行橋・新田原(しんでんばる)だったら電車の本数も少し多いです。
けど、電車とバスの時間の接続がいいんですね。勉強になりました。
津波戸山などは紅葉と岩峰で秋の方が登山者が多いと思います。
Commented by 風来坊 at 2015-01-13 06:33 x
信ちゃんさん、おはようございます。
有難いお話、ありがとうございます。でも、出来るだけ公共の交通機関を使えないかを調べるのも面白いと感じました。
ネットで調べられるのは楽ですね。良い時代です。
今回は接続がかなり良く、福岡市から2日間で歩くのにはなかなか良いと我ながら思いました。
津波戸山、紅葉の時期が多いのですね。勉強になりました。でも、多い時期で無くて良かったです。クサリ場では渋滞しそうですね。
Commented by kabuto1952 at 2015-01-13 13:36
風来坊さんこんにちは。三郡縦走までお疲れ様でした。
津波戸山の鎖場で足場の見えない場所が、劔岳のカニの横這い
の第一歩と思われたら良いですよ。高度感は全然違いますが、
風来坊さんの足の長さがあれば全く問題ありませんよ。今年は一気に九州の百名山を踏破されますか。私は残してる脊梁の山は花の咲く時期に詰めたいと思っています。2月のプロ野球のキャンプ見学に合わせて宮崎、鹿児島の数山を詰める予定ですよ。屋久島と壱岐は、5月の連休頃にテント泊縦走の予定です。今年は、かねてから考えていた背振縦走と宝満~英彦山の縦走もやりたいと思っていますが、どんなルート設定が出来るか、近々確かめる予定です。計画が出来ましたらご連絡しますので、賛同出来ましたらご一緒しましょう。
Commented by 風来坊 at 2015-01-13 20:49 x
こんばんは、いーさん。
劔山のヨコバイは風来坊には無理と思っています。劔に登るとしたら早月尾根からでしょうか?
また、九州百名山は146座の半分しか登っていません。昨年少し頑張って20座ほど登って半分ですので、あと2,3年計画が順当ですね。無理せず、他の山も楽しみながら登りたいです。でも、あとで良いと思っていた屋久島。出来れば今年チャレンジ出来るとと密かに思っています(密かでは無いですね 笑)
行けそうな時には行きたいと思っていますので、よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード