ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

二度目の沖縄本島の山歩き

3月21日(金) 曇りのち時々晴れ
沖縄の山に初めて登ったのは、2011年2月11日。3年ほど前のことです。
今回、久し振りに週末沖縄出張でしたので、季節も良いし山に登ろうと思っていました。前回は、古宇利島や美ら海水族館を先に楽しんだので、本部富士ともう一つしか登れませんでしたが、今回は山だけに絞りました。
計画では、沖縄本島最高峰の与那覇岳に先ず登って、沖縄そばで一山一麺。その後に本部の山に登って、あとは時間次第で適当な山に登ると言う何ともいい加減な計画。
前日、仕事が終わってホテルに帰ったのが23時前。出来れば朝早く出発したかったので目覚ましを4時半にセットして就寝(風来坊は目が覚めてから出発まで時間がかかる人間なのです)。
時間通りに起きて風呂に入って準備をする。何とか時間短縮して6時に出発出来た。と思って出発してしばらくして携帯を忘れたことに気付く!ホテルを出る時には確認したはずと思いながら、引き返す途中で、前夜コンビニでお財布ケータイとして使った時に、そのままだったような・・・。コンビニに引き返したらありました(ほっ)。
再び、出発します。少し飛ばして行くと8時に国頭村森林公園への分岐に着きました。
d0182075_15172766.jpg
綺麗な案内版があります。ナビで行く時には国頭村森林公園をセットするとここまでは来れます。
ここから10分ほどで登山口。
d0182075_1518865.jpg
既に赤い車が1台駐車していました。トイレもきれい。看板は先ほどと同じような感じで出来ています。
d0182075_1519555.jpg
登山靴を履き、ハブ対策でスパッツも付けて出発。
駐車場から20m程先に林道らしき道があり、ここが登山口の様子。
ちょうど、戻ってきた人に聞くと先ほどの赤い車で来た人でした。何でも虫を探しに来たようです。
d0182075_15232284.jpg
ここにタツナミソウらしい花が・・・。
d0182075_15263449.jpg
後で調べるとアカボシタツナミソウ。写真では青いですが、ちょっと色が綺麗に出ていません。
ここからの道は熱帯の山の雰囲気。
d0182075_1529160.jpg
上を見上げるとヒカゲヘゴ。シダの一種らしい。他のところでも見かけました。
そして水音がすると思ったら、小さな沢が・・・。
d0182075_15292125.jpg
何となくやんばるの森と言った感じ。
d0182075_15303474.jpg
道や道脇の葉に白い花が沢山落ちています。
d0182075_1531817.jpg
エゴノキの花でしょうか・・・。クワズイモの葉に沢山載っていました。
20分ほど歩くと滑りやすそうな石の道。軽く上っています。
d0182075_15325466.jpg
登ると分岐。ヒカゲヘゴの手前に案内板。
d0182075_15351254.jpg
道は分かりやすい。分岐から7、8分で広場。
d0182075_15361034.jpg
看板をアップすると・・・。
d0182075_1536401.jpg
広場からは森が深くなる感じ。道も狭くなります。
d0182075_15372437.jpg
登山路脇にはパイプで作った仕掛けらしきものが散在。
d0182075_15375747.jpg
ハブを獲る仕掛けかと思いきやマングースを獲る仕掛けでした。でも、あちこちにある割には一匹も掛っていません。マングースの勝ちですね・・・(困)。
狭いですが、道ははっきりしています。でも、倒木がいくつもあります。
d0182075_1541826.jpg
d0182075_15411762.jpg
くぐったり、乗り越えたりして歩きます。坂もそんなにきつくありません。
途中から良く見かけたのがこの花。
d0182075_15502756.jpg
オキナワスズムシソウと思います。
そして広場から30分弱で、与那覇岳山頂(498m)。
d0182075_15441388.jpg
一番高いところは504mらしいがどこなのか分かりにくいようですので無理はしません。
山と渓谷社の「沖縄県の山」のルートでは途中に503mの地点があるようです。風来坊の感じではこの辺りか?
d0182075_15455547.jpg
山頂から45分ほどで下山。途中で花見物の男性二人組、子供と親の団体さんに出会っただけ。登山口に戻ったら駐車スペースが無く、登山口付近に駐車しようとしている親子がいましたので、風来坊の車と入れ替えしました。横浜ナンバーの車。転勤でこちらに来て3年。子供さんが大きくなったので初めてここに来たようです。
10時前でしたので、きしもと食堂をナビでセット。11時には行けそうです。
与那覇岳を下って行く途中で見えた国頭の景色。今日は波が高い。
d0182075_155494.jpg


きしもと食堂を出て、15分ほどで古巣岳登山のスタート地点の勝山公民館へ。
左の尖った山が三角山、隣が安和岳、奥のへこんだところに電波塔らしきのがあるのが八重岳、一番右のこんもりした山が古巣岳です。
d0182075_15554340.jpg
ここからしばらくは舗装された民家が点在する道を歩きます。
この辺りはヤギを飼っている家が多い様で、ヤギ刺しなどの看板もあります。鳴き声も聞こえます。
そんな中、道沿いにはシークヮーサーの花に、パパイヤの木。
d0182075_17433460.jpg
d0182075_17434872.jpg
公民館から10分ほどで登山口。シークヮーサーの畑へ入ります。
d0182075_17451768.jpg
畑の中から見える古巣岳。シークヮーサーの花の香りがほんのり・・・。
d0182075_17503949.jpg
畑を過ぎると涸沢の登り。石灰岩の登りが少し続きます。
d0182075_17512934.jpg
登山口から10分弱で分岐。2,3日前に出来たばかりの道標(直ぐ後に出てくる地元の登山客の話です)。
d0182075_17525763.jpg
ここで地元の女性2人が休憩中でした。嘉津宇岳への道を聞きますが、はっきりと知らない感じ。調べなかった風来坊が悪いのですが、余裕があれば嘉津宇岳も視野に入れながら、古巣岳へ向かいます。
この登山路ではこの花が目立ちました。調べましたが名前が分かりません。他にはエビネらしい株もありました。近くの嘉津宇岳にはカツウエビネがあるようなのでそれだったかも知れません。昨年の花が枯れて残っていました。石灰岩の山だけに花は多いのかも知れません。
d0182075_1756126.jpg
岩ばかりかと思っていましたが、少しは土がある登りもあります。
d0182075_17564988.jpg
そして古見台への分岐。
d0182075_17594262.jpg
オーバーハングの岩とありましたので、てっきり上に乗ると思ってこわごわ行くと、岩が上にありました(安心)。
d0182075_17582836.jpg
ここから見える景色が良かったです。でも少しかすんでいるかな・・・。
d0182075_1803120.jpg
ここから再び、石灰岩が続く登り。こんな感じの石・岩ばかり。
d0182075_1812671.jpg
d0182075_1814097.jpg
気を付けながら登ると、古巣岳(391m)山頂。
d0182075_1825467.jpg
嘉津宇岳が見えますが、遠く感じたので引き返しました。(後で前の週に登ったやまごえさんのブログで20分と知り残念!)
岩が尖っているので慎重に下ります。登りとほぼ同じ時間で分岐へ。
ここから三角山へ少し登り、旧日本軍の陣地跡へ。
d0182075_1875497.jpg
ここだけ見て、帰ります。古巣岳は1時間ちょっとで何とか完登。

14時前になりました。ここから登れる山として、帰りの高速から近い石川岳をチョイス。
石川少年自然の家をセットして向かいます。14時30分過ぎに着きました。
d0182075_18121849.jpg
本来は自然の家で受付するのが本当なのようですが、省略して勝手に登山口へ。
d0182075_18133727.jpg
コース図があります。一番短いAコースを選択。
d0182075_18141948.jpg
209mの山なので簡単と思っていたら結構な急坂が続きました。
d0182075_1815546.jpg
登山路には少年の家の登山路らしく木の名前や花の名前の看板があります。
仲にはこんな看板も・・・。
d0182075_18164962.jpg
オカガニの穴とのこと。
d0182075_1817990.jpg
思ったより、きついとお思いながら登って行くと登山口から13分ほどで分岐。
d0182075_18213535.jpg
ここからはほとんど平坦。5分もかからず石川岳山頂(204m)。
d0182075_1823410.jpg
この山頂からは東西に海が見えます。こちらは沖縄電力の発電所かな。
d0182075_18235617.jpg
山頂からは周回ルートで下山。途中の森は沖縄とは思えない感じでした。
d0182075_18252684.jpg
15分ほどで少年自然の家へ。45分の山歩きでした。でも、結構満足。
d0182075_182588.jpg

はなきなぁ~のそばを食べて、那覇空港近くのレンタカー会社へ。国道58号線はかなり渋滞していましたので、時間ほぼピッタリに返却。
ここのトイレで着替えて空港へ。飛行機が遅れて、18時20分過ぎに搭乗。
d0182075_18284775.jpg
帰りの飛行機から雲海に沈む夕日が見えました。窓際では無かったので写真が無いのが残念。
良い山歩きが出来ました。三週連続のニューピークです。
by furaibow581203 | 2014-03-22 15:56 | 山歩き | Comments(4)
Commented by 山馬鹿 at 2014-03-22 20:38 x
こんばんは~☆
ぉっお~ 三山もご堪能されたご様子!
ソウキソバの「ソウキ」は、豚肉のこととか?
沖縄未踏に付き、人から聞いた話ですが・・・
Commented by 風来坊 at 2014-03-23 03:44 x
おはようございます、山馬鹿さん。
三山と言ってもそれほど時間がかかる訳ではありません。多良岳~経ヶ嶽の方がきついと思います(笑)。
ソーキは、豚のあばら肉のことで骨が付いていることが多いです。
硬い骨が付いているのと軟骨が付いているのがあります。骨を外して出てくることもあるようです。
是非、沖縄で楽しまれて下さいませ。
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2014-03-23 05:49 x
 風来坊さん、おはようございます。
沖縄の地で山歩きを大いに楽しまれましたね。
木々が青々と茂り気持ち良さそうです。
シークヮーサーの花の香りは心地良かったでしょうか。
携帯電話の件、宜しかったですね。
Commented by 風来坊 at 2014-03-23 06:01 x
おはようございます、うすきさん。
沖縄の山はなかなかチャンスが無いので、天気もまずまずで良かったです。
南国ならではの木々がある一方、スミレやカタバミなど本土と変わらない花も多く、自然の豊かさを感じました。
シークヮーサーの花は柑橘系の香りでした。花が少し終わりかけでしたのでほんのりと香っていたと推測します。
携帯電話、良かったです。お財布ケータイ時に置き忘れたのは二度目です・・・。三度目の正直にならないように気を付けます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード