ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

熊野古道中辺路①+悪四郎山(和歌山県田辺市)

9月14日(土) 曇り時々晴れ
大分前に肉まんさんからメール。「9月13日に出張があるので、熊野古道でも歩きませんか?」
風来坊も前から行こうと思っていたので、一緒に行くことにした。電車やバスの時間を調べて、宿やホテルの予約を済ませる。風来坊の計画では、14日に滝尻王子から近露王子まで歩き、ここで宿泊。15日に近露王子から熊野本宮まで歩き、参拝した後にバスで新宮まで。夕方18時30分頃に着くので、食事を済ませてホテルへ。16日は6時前にホテルを出発。新宮にある熊野速玉大社へ参拝し、新宮から那智までJRで移動。ここから歩くかバスで那智大社へ行き、熊野三社の参拝を済ませて、那智の滝を見て帰るコース。
段取りは万全、しかし、台風発生のニュース。気になるが、おそらく天気予報の予想より東にずれると期待して14日を迎えた・・・。前日、遅くなり3時間ちょっとの睡眠で京都駅5時44分の電車で新大阪へ。
d0182075_514950.jpg
早い時間だが結構、人がいる。自転車を持っていく若者も。三連休を利用してどこかに行くのだろうか・・・。
新大阪で紀伊田辺行の快速に乗り換え、肉まんさんに先頭車両に乗っていますとメール作成していたら、肉まんさんから「何両目ですか?」のメール。直ぐに返信した。そして、新今宮で合流。3時間ほどの移動なのでその間、睡眠不足を解消する  zzz・・・。
d0182075_546217.jpg
そして9時38分紀伊田辺到着。滝尻王子までのバスは10時15分発。駅の右にある観光案内所で闘鶏神社とバス停の確認をした。その時に何気に渡されたパンフ。最初は気にせずいただいたのだが、これが役に立った!また、案内所の女性が親切にも案内所を出て、「闘鶏神社はこの通りを歩いて3つ目の信号を左ですよ」と教えてくれた。案内されたとおりに行くと闘鶏神社。
d0182075_525220.jpg
名前は闘鶏だが、始まりは五世紀くらいに熊野三山の祭神を勧請した三山の別宮的な存在で、歴代の上皇・公卿が熊野を参詣する際にはここにも参拝していたらしい。風来坊たちも古来からのしきたりを踏襲せねばならない。境内には武蔵坊弁慶(+湛増)の像。
d0182075_5454223.jpg
ここ田辺は弁慶の出身地とされるらしい。神社の近くには生誕の地の碑。
d0182075_530416.jpg
そして、駅前のバス停に向かって歩いていたら、交差点で恰幅の良い年配の方から声を掛けられた。
「どこから来られました?」
「私は京都から、こちらは福岡からです」
「よう来なさった。これからどちらへ?」
「これから中辺路コースを歩いて・・・」と今回の計画を話すと「また、来て下さい」と言われ、手に持っていたドーナツを手渡して「ここのは美味しいからどうぞ」。最後に「また、来て下さい」と言われた。近くにいた方にお聞きしたら駅前商店街の前会長さんとのこと。街へ人が来るのを期待してだろうが、自然に会話して、ドーナツまで渡すのはなかなか出来ない・・・。風来坊にはとても出来ない行為だが、このちょっとした出会いでこの町が一気に好きになった。そういえば案内所の女性もわざわざ外に出て案内してくれた・・・。田辺の人は親切な人が多いのでは。今回の古道歩きの始まりにとても良い経験が出来た。
駅に着いた時には「ここに来るのは最初で最後でしょうね」と話していたのだが、また来てみたいと思い直した。
嬉しい気持ちでバスに乗り、11時頃に滝尻王子へ。トイレなど済ませていよいよ熊野古道を歩きます。
d0182075_552258.jpg
d0182075_5521580.jpg
ここが起点です。直ぐ近くに滝尻王子社。先ずは参拝。今回の歩きの無事を祈る。
d0182075_5545113.jpg
ここから1㎞ほどが急な登りになっている。ゆっくりと歩きながら少し行くと、「胎内くぐり」。折角なのでくぐることに。
d0182075_5584775.jpg
ザックを背負ったままではとてもくぐれない。ザックを置いて再度、くぐる。出口が狭いが、何とか通過。回り込んで元に帰ると、肉まんさんは止めるとのこと。再び登ると直ぐ近くに「乳岩」
d0182075_611568.jpg
d0182075_612322.jpg
すごい話ですね。起点から500m程にある「不寝王子」
d0182075_65983.jpg
まだまだ登りが続く。昨日のお酒がどんどん抜けていくようです・・・。
水分を補給しながら登ると平坦な道になる。
d0182075_663765.jpg
中辺路コースは結構杉林が多いが、手入れが良いので気持ち良く歩ける。勿論自然林もあります。
d0182075_675920.jpg
舗装路とクロスするところもありました。
d0182075_683998.jpg
歩かれているのは、17時までに近露王子まで行って、本宮近くの温泉に宿泊されると話されていたご夫婦。
d0182075_6101297.jpg
d0182075_6102284.jpg
d0182075_6103117.jpg
コフウロ?、シロバナヒガンバナ、ヒガンバナ。古道は花が少なかったですが、民家の近くに花がありました。古道で目立ったのはシコクママコナでしたが、ピンボケでしたので掲載しません・・・。
クロスしたところから登りが続きテレビ塔を過ぎると民家が古道脇に続きます。近くに集落があるようです。
d0182075_615353.jpg
舗装路に出て少し歩くと「高原熊野神社」。
そして休憩所。結構多くの人がいました、どうやら、途中途中を歩く方たちのようです。ここからの景色。
d0182075_618099.jpg
手前にはオミナエシやハギの花。そして棚田。良い雰囲気です。ここで13時前。昼食にしたいところですが、団体さんが歩きそうなので先に歩きます。休憩所の近くは昔、旅籠があったところのようで、こんな看板があちこちにありました。
d0182075_6344670.jpg
そして、林の中に入るとみつばちの箱。今は使われていないようですが、昔は甘いものはこうやって作っていたのですね。
d0182075_6363927.jpg
そして、一里塚。
d0182075_6371317.jpg
ここに丁度、テーブルとイスがありましたので昼食。幸い、団体さんに抜かれることなく昼食を済ませて再び歩きます。まだ4㎞しか歩いていませんので先を急ぎます。歩き始めて直ぐに高原池。
d0182075_6413414.jpg
ちょっと登ったところに大門王子。
d0182075_6424690.jpg
ここから1㎞ちょっとのところに十丈王子。
d0182075_643402.jpg
14時前です。3時間ほどで7㎞ほど歩いてきました。ここから登りが続き、今日のコースで一番高いところ(700m近く)です。登って行く途中に小判地蔵。
d0182075_6515254.jpg
案内板を見ると豊後の国の人がここで小判を口にして亡くなられたのを国主が立てたとありました。旧暦の7月18日ですから、今のお盆のころ。暑さで脱水にでもなったのでしょうか・・・。合掌。
そして、登り詰めると「悪四郎屋敷跡」の看板。
d0182075_6545455.jpg
ここから30分ほどで悪四郎山に行けると書いてある。今日、歩きながら肉まんさんに「今日の歩きは山歩きにカウントするのですか?」と聞いたら「ピークに行けば」と言われていました。そのピークが直ぐ近くに。風来坊は水の心配がありましたので、止めとこうかと思ったのですが、肉まんさん「往復1時間なら近露までも時間は大丈夫です。行きましょう!」と俄然登る気です。
ちゃんと「登山口」の標識もありました・・・(悲)
d0182075_6592351.jpg
直登のダラダラ登りを歩いていると赤テープが張ってあります。(多分、登山禁止なのでは・・・)と思っていたら、「通行注意ですので、登れます」と肉まんさんの嬉しそうな声。赤テープは近くに木を切り出した時に運ぶ鉄ロープが張ってありましたので、これが動いている時などは危ないと注意を促すものでした。テープを過ぎたところで開けたところが見えます。でも、登り始めて12分。きっと違うと思いながら肉まんさんのGPSで標高を確認していただくと770mとのこと。急に元気が出ました。直ぐに山頂。15分もかからずに山頂に着き、ほっとしました。
d0182075_755421.jpg
山頂には三角点もあります。また、展望もあり登って良かったです。来た道を戻って再び古道を歩こうとした時、少し右足に違和感。
今日は水分は摂っていますが、塩分を摂っていません。急いで塩と漢方を飲みます。少し、休んで歩き始めます。
d0182075_7103287.jpg
石組みしてある道もあります。平坦な道の後に、今日最後の急な少し長い登りがあります。足が気になりますのでゆっくりと登っていたのですが・・・。あとちょっとと言うところで右足の太ももの内側がピクッ!危ない!ストックで楽な姿勢を取り、5分ほど休みます。肉まんさんが「座りませんか?」とか「ザックを外しましょうか?」と親切に声を掛けてくれるのですが、今は痛みを感じない姿勢を維持するのが一番良いことを知っていますので、痛みが引くまで待ちました。何とか悪くならずに済みました。先ほど塩と薬を飲んだのが良かったようです。再び、歩いて「上多和茶屋跡」
d0182075_7172315.jpg
ここを過ぎると急な下りが続きます。慎重に下ります。そして16時30分頃に「大坂本王子」
d0182075_7192089.jpg
ここまで来ると近露王子まで2㎞ちょっと。滝尻からは10㎞超歩いてきたことになります。
中辺路コースは500mごとに1番から順に番号を書いた標識がありますので、何キロ歩いたかが直ぐにわかります。標識も綺麗で分かりやすい。
d0182075_725163.jpg
道の駅が見えましたので水を補給します。これで大丈夫。少し登って行くと・・・ 舗装路になり、直ぐに舗装路を離れます。
d0182075_7265078.jpg
先ほど書いたように綺麗な標識です。そしてちょっと登ったところに「牛馬童子」
d0182075_7281144.jpg
本で見たことがありましたが、実物は小さい。50㎝くらいです。その後ろにも・・・
d0182075_7291538.jpg
牛馬童子から下って行くと近露王子の町が見えます。ようやく来ました。
d0182075_731816.jpg
橋を渡ると近露王子。今日は14㎞くらい歩いたと思いますが、詳しい距離は肉まんさんのブログで・・・。
d0182075_7314477.jpg
そして直ぐ近くの「月の家」。今日の宿泊場所です。
d0182075_73231100.jpg
入口にはこんなものが・・・。
d0182075_7325912.jpg
旅館のお父さんに聞くと、季節の度にヒイラギの葉と魚の頭を刺したものを一つずつ代えていくそうです。ヒイラギは魔除けで、魚の頭は身代わりに刺しているのではとのこと。初めて見ました。
旅館の2階に通されて、風呂に入って、18時50分くらいから夕食。
d0182075_7362794.jpg
d0182075_7363595.jpg
量が凄い!これにソーメンまで追加されました。上の写真の押し寿司はサンマの押し寿司で和歌山の名物の一つとのこと。先ずはビールで乾杯。肉まんさんはコップ2杯ちょっとで終わりましたが、風来坊は2本目を注文して、おかずをつまみにしていただきます。普段はご飯は食べないのですが、肉まんさんが茶わんに盛ったご飯を見たら、つい食べたくなりました。新米だそうです。美味しくいただきました。
今日のお客さんは、隣にスペイン人のカップル、京都に住むタイの留学生、新潟からの女性1人客と女性2人組の8名。タイの留学生がスペイン人の通訳役を務めてくれて良かったです。食事が終わる頃にお父さんから明日のことを聞かれる。天気予報が悪く、歩くのは厳しい。近露王子から少し先の継桜王子付近を車で案内するからそれを見た後にバスで、熊野本宮から6㎞の発心王子まで行き、そこから歩く方が良いとアドバイス。この辺りのことに一番詳しい人が言うのでそうすることに決めました。また、参拝の仕方など本には書いていないことを教えていただき、良い旅館に泊まったと思いました。
20時30分過ぎには、買ってきた日本酒を飲むことなく、zzz。
気持ち良く、眠りにつきました。
by furaibow581203 | 2013-09-16 07:52 | 山歩き | Comments(4)
Commented by 山馬鹿 at 2013-09-16 18:39 x
まず一言、ご無事でなによりでした!
(結構、被害が・・・)
やはり人ですね~、我々も再度諸塚村には是非と・・・
宿のおっちゃんも良い人のようで、なによりでした。
Commented by 風来坊 at 2013-09-16 18:52 x
こんばんは、山馬鹿さん。
肉まんさんにもご協力いただき早めに帰る決断をして良かったです。無理は禁物と改めて感じました。無理をしなかったので思ったより危険もなく帰れました。
旅館のお父さんのアドバイスは的確でした。和歌山は好きな県になりました。一度は田辺にも泊まってみたいと思います。
次の三連休は九州で山歩きを楽しむつもりです。天気予報が今のところはまずまずでホッとしています。
Commented by tinnan1515 at 2013-09-17 08:39
 風来坊さん、おはようございます。
肉まんさんのブログで熊野古道歩きと知りました。
素晴らしい山旅でしたね。
人の温もりを感じさせていただきました。
田辺は弁慶の出身地、旅館の入口の光景も勉強になりました。
Commented by 風来坊 at 2013-09-18 06:46 x
うすきさん、おはようございます。
熊野古道は京都に来た時から、一度は歩いてみたいと思ってバスなどの時間を調べていましたので、企画は直ぐに出来たのですが、思うようにいかないのが山旅ですね。でも、良い経験をしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード